おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ポケモンコンテスト!スイレン大会!!
リセット6日目にして、ついに色違いフワンテ出ました!
全体的に黄色くて、口の×部分と紐の先(手?)が水色のフワンテ!

いやぁ頑張った甲斐があった!
ホント、一体何回くらいリセット繰り返しただろう。
途中、本気でDSのボタンが壊れるんじゃないかと思った(笑)

とりあえず1分くらい(無意味に)ワタワタしちゃったけど、クイックボールで無事1発ゲット完了。
今回捕まえた子は、穏やかで打たれ強い♂。
特性は『ゆうばく』でした。

ちなみにこの子のニックネームは、妹にリセット手伝って貰ってる時から決定してました。


私「色フワンテ出たら、お前ニックネーム付けていいよ」
妹「え?マジで?じゃあ、『GB』って付けよ」
私「GB?何かの略?」

妹「ゴールデンボー・・・」

私「ああああああ!もういいよ!何か分かった!分かってしまった!」
妹「色違いは黄色くて丸っこいんやろ?まさにGBじゃん」(いい笑顔)
私「そんな下ネタに走るくらいなら、『カレーまん』にするわい」


・・・という訳で、色フワンテのニックネームは『カレーまん』になりました。
この会話の前に肉まんの話してたもんでつい・・・。
友人に話したら、「何故その時の案をそのまま採用するんだ」と言われたけど、そんなん新たに考えるのが面倒だったからに決まってるじゃないか(笑)

今思えば、黄色(金色)で丸いといえば、ティムキャンピーがいましたよね。
もちろん今更変える気はありませんが(笑)

さて、無事色フワンテもゲットしたし、またストーリーの方も頑張って進めたいと思います!


──────────


話は変わって、アニポケ見たので続きから感想です。


【ポケモンコンテスト!スイレン大会!!】


まさかこんな展開になるとは思わなかった!
今回で5個目のリボンゲットするもんだとばかり思ってたぜ。
はー、まさかここでも負けを挟んでくるとは。

でも、展開は予想外だったけど、ヒカリの精神的な成長が見れたのは凄く良かったなぁ。
ヒカリ、最近になってまた一段と成長したよね。


本編。
ついにスイレンタウンへと辿り着いたサトシ達。
来るコンテスト当日に向け、早速サトヒカで特訓開始。
フタバ祭の時、ハヤシガメのエナジーボールごっくん見て何か閃いたって言ってた通り、ごっくんパワーチャージ法の特訓みたいですね。

タケシの説明によると、このごっくんパワーチャージは、『ポケモンが自分と同じタイプの技を取りこんで、全身から放出する技(エネルギーチャージ)』らしい。
そうか、あれはそういう原理だったのか。

ハヤシガメを先生に、マンムーが氷の礫でごっくんパワーチャージ。
すると、マンムーの背中の毛が凍りつき、鋭い氷の毛が背中から生えた姿に!
ハヤシガメの場合は背中の木々が光ってたけど、マンムーの場合はこうなのか。
タイプやポケモンによって全然違う魅せ方ができそうな技ですね。
でも、他のポケモンっていったら、逆にどの子がどの技を食べて~とか想像つかないなぁ。
技とポケモンの相性なんかも関係しそうだし、案外難しい技なのかも。
勝手なイメージとしては、飲み込むまでは出来ても、それを放出させるのが案外難しそう。


それを見ていたヒノアラシは、自分も出たいと炎を吹き出し猛アピール。
ヒノアラシはコンテスト好きというよりは、何にでも興味ある好奇心旺盛な子なのかな?
これだけやる気があるなら、今後、コンテストでも色々と頑張ってくれそうですね!

でも今回は、一次はポッチャマ、二次はマンムーで行くので、ヒノアラシはお預け。
ほっぺをプクーと膨らませて拗ねてるヒノアラシが可愛い!

拗ねたヒノアラシを抱っこして宥めるヒカリ。
その様子に嫉妬するポッチャマ。
ヒカリの一番はいつでも自分でありたいという独占欲の表れですか?
ポッチャマはどんだけヒカリが大好きなんだ。
冗談でポチャヒカ(CP的意味で)なんて言ってたけど、なかなか冗談っぽくなくなってきたぞ。
ヒノアラシに対する対抗心がよりそうさせてるんだろうけど、それがさらに恋心に見える(笑)

ヒノアラシもヒノアラシで、ヒカリに抱っこして貰ったらすぐご機嫌とか、ヒカリ大好きすぎる。
ポッチャマ&ヒノアラシでヒカリの取り合いはまだまだ続きそうだなぁ(笑)


一方ムサシは、今回は風邪でダウンしてる様子。
前回サメハダーに追われた時にでも湖に落ちたのかな。
かなりフラフラだけど、それでもコンテストに出ようとする心意気がアッパレです。
でも、立ちあがった途端にフラフラくてーん。

そんなムサシを抱きとめたコジロウ・・・とニャース。

ごめん、この際ニャースは目に入らなかった設定でいいですか?(笑)
何この素敵なコジムサシーン!!
あの体勢は確実にしっかり抱き止めてるよ!
ふぉっほう!ありがとうスタッフ!!
コジロウはくてっとなったムサシが可愛くてキュンキュンしてればいいよ。
熱で蒸気した頬にも思わずドキッとしてればいいよ。

その後、「ったくもー」とか言いながら、ムサシを抱え起こすコジロウにもニヤリ。
お姫様抱っこor抱きあげるくらいしてくれても良かったけど、これはこれで萌えるなぁ。
弱ったムサシと甲斐甲斐しく世話するコジロウ。
いいねいいね!かなり萌える!!

そんな中、ムサシはコジロウを見て良い事を思いついたとポツリ。
これがあれに繋がるわけですね(笑)


コンテスト当日。
控室にて、出番を待つヒカリの元へやってきたサトシ達。
ドレスアップしたヒカリを「この中で一番素敵」と褒め、サトシに同意を求めるコトネ。
こらこら、サトシにそっち系の話題を振るんじゃない!

・・・なんて思ってたのに、サトシが普通に「そりゃ一番に決まってるさ!」なんて言いだすもんだから、一瞬かなり焦っちゃったぜ。
予想と反して、続いて出てきたのは、「優勝はヒカリだからな!」という応援の言葉。
ですよねー。あのサトシが分かってる訳なかった(笑)

でも、今のヒカリにとってはサトシのこの言葉こそが一番の応援になるんだろうな。
コンテストは『ポケモンを魅せる』場。
そして、ヒカリが目指すのはトップコーディネーター。
自分が褒められる事も嬉しいだろうけど、コンテスト前なんかは自分のコーディネーターとしての腕を褒めて信じててくれる事の方が一番嬉しいんじゃないかと思う。
あ、あくまでもヒカリの場合は、だけど。
オシャレには興味あるけど、いざとなるとポケモンの方が中心になっちゃうって感じ。
そういう所は本当にサトシとそっくりですね。

似た者同士、気合を入れてハイタッチ!
サトヒカのハイタッチはやっぱり良いですね!
お互いに支え合って、元気をもらってるって感じ。


その近くで何やらこそこそしてるムサリーナに気づいたコトネ。

きた!コジロウのムサリーナ変装(女装)!(笑)

予告で何故コジロウが・・・?と思ってたけど、風邪ひいたムサシの代役だったんですねー。
あまりの違和感のなさに思わず噴き出した。
三木さんの高音ボイスがまた素晴らしい(笑)

それにしてもヒカリ、ムサリーナがいて凄い嬉しそうですね。
実際にムサシは結構実力あるし、ヒカリもライバルとして認めてるんだろうな。

ムサリーナの服を可愛いと褒めるコトネだけど、コジロウはバレないうちに退却。
どうやらコジロウはあまり乗り気じゃないみたいですね。
女装が嫌というよりは、知り合いがいるのが余計気まずいのかな?
女装は無印時代からこれでもかってくらいやってるもんね(笑)

コジロウとは逆に、手抜きは許さないと気合満々なニャース。
ニャースは優勝してムサシを元気づけたいらしい。
何てお母さん・・・いえ、ムサシ思いなんだニャース!
いつもムサシに酷い目にあわされてるけど(笑)、やっぱりムサシ大好きなんですね!


ついに始まった一次審査。
ヒカリは今回、1番目なんですね。
パートナーは宣言通りポッチャマ。
渦潮を上へ飛ばし、我慢でそれを受け止める。
技と技がぶつかったエネルギーで、ポッチャマの体を青く輝かせる、という演出。

ポッチャマのボディをより一層際立てる演出になってるのが良いですね。
水の中で青く光るポッチャマが凄い綺麗だった!
ヒカリは本当に、技・テクニック・ポケモンの魅力を上手く引き出せるようになってきたなぁ。
一次審査は心配しなくてももう大丈夫かなって気にさせてくれる。


それにしても、一次審査を『一発芸大会』と評しちゃうコトネには笑わせて貰った。
一発芸大会・・・見る人を楽しませたり感動させたりって意味では確かに一発芸と同じかも。
まぁ、一発芸なんて枠からは明らかに飛び出てるから、やっぱりしっくりはこないんだけどね(笑)
でも、中にはこれぞまさに一発芸!なんてパフォーマンスをしちゃうコーディネーターもいたり。

その代表が、今回のムサリーナ代理コジロウとニャースの演技。
コジロウが丸い物体を投げ、ニャースがそれに向かって乱れひっ掻き!
目にもとまらぬ速さで粉々になった塊は、パラパラとコジロウ&ニャースの持つ汁入り器の中へ。

まさか一次審査でラーメン作るとは思わなかった(笑)

懐かしの刀削麺ネタ!
全国のラーメンファンに捧ぐってこういう事だったのか!
そういえばニャース、前に「一肌脱ぐ」って言ってたけど、これの伏線だったのかな?
今回はたまたまムサシがダウンしちゃったけど、本来はムサシと一緒に出るつもりだったのかも。

おぉ!しかもユウサクまでちゃっかり再登場してる(笑)
ムサシがコンテストやってるって知ったから、ちゃんと見ててくれたんですね。
憧れの先輩がコンテストで刀削麺披露してくれるなんて嬉しかっただろうなぁ。

ヒカリ「ムサリーナさん、また芸風変えたのね」
いいえ、中の人間が変わったんです(笑)

コジロウもニャースもコンテストの快感に気分も盛り上がってきたみたいですね。
コジロウはさておき、もしかしたら今後はニャースもコンテスト要因として参戦するのかな?

その頃、テレビでコンテストを見ていたムサシは「私よりウケてる」とぷっくー。
勝ってほしいけど、自分より目立つのはダメとは何という我儘っぷり(笑)
こういう女王様な所がムサシらしいなぁ。


一次審査は2人共、無事通過。
ここでコトネからヒカリに素朴な疑問が一つ。

次にヒカリが使うポケモンはマンムー。
しかし、マンムーは今日が初めてのコンテストでデビュー戦。
5個目のリボンがかかった大事なコンテストなのに、何故ベテランメンバーではないのか。

言われてみれば確かにそうなんだよね。
負けられないって思うなら、慣れてない子よりも慣れてる子でやった方がずっといいに決まってる。
そんな疑問にヒカリは笑って返答。

ヒカリ「5個目だからって特別な事じゃないもの。いつも通りチャレンジするだけ!」

これが今回の敗北の伏線になってたんだろうな。
これについては色々思う事があったので、結果発表後の感想で語ります。


二次審査。
どうでもいいけど、さっきからコトネ&カズナリの為にコンテストの説明がちょこちょこ挟まれてますね。
さり気なく視聴者にも、コンテストについて改めて説明って感じ。
親切設定だなぁ(笑)

まずはヒカリの1回戦。
マンムーVSグランブル。
ごっくんパワーチャージと目覚めるパワーの組み合わせが本当に素敵でしたね。
氷にめざパがキラキラ映ってるのが凄く神秘的だった。

それプラス突進の組み合わせで、相手のグランブルは一気に戦闘不能に。
これには私も、ヒカリ同様、あれ?もう終わり?なんて思っちゃいました。

控室に戻ったヒカリは納得のいってない様子。
普通のバトルと違い、これは魅せるバトル。
突進一撃で勝っちゃったんじゃ、試せる技も少ないし、そりゃ物足りないよねぇ。

そして恐らく、これもヒカリ敗北への伏線。
ヒカリが物足りないって感じたのはきっと、マンムーの「勝ちたい気持ち」とヒカリの「勝ちたい気持ち」が上手く噛み合ってない証拠なんじゃないかなぁ。
マンムーの気持ちが、ヒカリの気持ちに追いついてないんじゃないかと思った。

ヒカリはあくまでもコンテストバトルとして、『魅せて勝ちたい』。
片や、マンムーはコンテストで魅せたい気持ちはあるものの、今はまだ、『何でもいいからとりあえず勝ちたい』って気持ちの方が大きいんじゃないかと思う。
だからこそ、手加減抜きで突進決めちゃって、マンムーはそれでも「よし!勝てた!」だったけど、ヒカリは「あれ?もう終わり?」ってなったんじゃないかな、なんて。


気持ちを切り替え、セミファイナル。
ヒカリと当たったのは、コジロウ、もとい、ムサリーナ。
いちいち言いかえるのが面倒なので、ここから先はコジロウに統一しときます。

マンムーVSマスキッパ。
・・・ごめん。コジロウのマスキッパの出し方に思わず噴いた(笑)
ボールにチュってコジロウ!ボールにチュって!!
シールもハートな辺りが、コジロウのマスキッパへの愛を感じました。

飛びだして早々、やっぱりマスキッパに噛みつかれるコジロウ。
体を張った演技として評されてるけど、思いっきり素ですね(笑)


肝心のバトルの方は、ヒカリが早速ごっくんパワーチャージを指示。
しかし、マンムーが飲み込む前に、マスキッパのつるの鞭で氷の礫を奪われてしまう。
これは1回戦から切札を出しちゃったのが仇となりましたね。
こういう意表をつく技は、大体が一発勝負。
なかなか攻略法が編み出されないようなものならまだしも、攻略法がすぐ分かってしまうような技なんかは特に、二回目以降は使い難くなるもの。
どうせなら最後の最後まで切り札として取っておくべきでしたね。
んで、どうしようもなくなった時、またはファイナルで使うとか。

2~3回使うにしても、タイミングがまた悪かった。
相手が弱ってる訳でも油断してる訳でもなく、むしろ相手の出方を窺ってるという、いわば相手の動きに一番集中してるバトル開始直後。
サトシがシンジ戦でやったミス(ハヤシガメの光合成)と同じミスだったかな、なんて思った。


見せ場を奪われ怒るマンムー。
そんなマンムーにマスキッパが氷の礫を投げ返し、思いっきりヒット。
この攻撃で更に我を忘れて怒り狂うマンムー。

ヒカリの指示を待たずにまさかの大暴走。

ヒートアップしたマンムーにヒカリの声は届かず。
闇雲に突進するマンムーと華麗に交わすマスキッパ。
バトルというより、もはや闘牛って感じですね。

攻撃が当たらない事でますますヒートアップしちゃうマンムー。
怒り任せで放っためざパや原子の力もマスキッパは華麗に対処。
挙句の果てには、つるの鞭で引きずられ、そのまま審査員席へドーン。
そしてそのまま試合終了。

もちろん勝ったのは、コジロウとマスキッパ。
ヒカリはセミファイナルにて敗北。

途中から嫌な予感はしてたものの、まさか本当に負けちゃうとは・・・。
正直、今回で5個目のリボンゲットだと思ってたので本当にビックリでした。
さすがDP・・・すんなりとは先へ進ませてくれませんね。

バトルは冷静さを欠いた方が負ける。
それはトレーナーだけじゃなく、ポケモンも同じ。
トレーナーがいくら冷静でいても、ポケモンが暴走したんじゃ意味がない。
トレーナーとポケモンが心を通じ合わせ、お互いに自分の力を発揮しなければ優勝はできない。
分かってた事だけど、こういう話を見ると改めて難しい事なんだと実感させられました。

何だかセキエイ大会でのサトシとリザードンを思い出してしまった。
あの時もサトシの命令を聞かずにリザードンが大暴走しちゃったんだよね。
まぁあれはリザードンがサトシを認めてなかったのが主な要因だけど。


落ち込むマンムーに、「次頑張ろう」と笑顔で励ますヒカリ。
控室に戻った後、サトシ達が心配して駆けつけてくれたけど、ヒカリは落ち込んでる様子はなし。

コトネ「負けたっていうのに、ヒカリン、ポジティブね!」
今コトネがこう言えるのも、全てヒカリが過去にあの敗北を味わったからですね。
何で負けたのか分からなくて、ずっとモヤモヤしてて・・・。
自信も失くして、スランプに陥って・・・。
こういうのを見る度、あの経験は確かにヒカリを成長させたんだって思えて何だか嬉しくなりますね。


今改めて思い返せば、ヒカリは最初から負ける事も視野に入れてたのかも。
もちろん普段も負ける事は十分に予想してただろうけど、今回はそれ以上に。

要は、言い方は悪いけど、今回のコンテストは『マンムーお試し編』だったんじゃないかと。
グラフェスへ挑む前に、マンムーの実力を確かめたかったんじゃないかなぁ。
ヒノアラシもそうだけど、マンムーは今までコンテストに出た事なかったし。
何より、マンムーは他の子達と違って気性が荒く、時にはヒカリが制御できない事もある。
命令は聞くようになっても、暴れん坊&自由なのは変わってないマンムー。
そんなマンムーをいきなりグラフェスで出して本当に大丈夫なのか・・・。
マンムーを信じてない訳じゃないけど、そういう可能性も踏まえてのチャレンジだったのかも。

本番じゃなきゃ分からない事はいっぱいある。
今回のコンテストで、自分とマンムーのこれからの課題が見えた。


これらのセリフも、ヒカリは最初からそれを知る為に今回のコンテストでマンムーを使ったという事を示唆してるんじゃないかなと思いました。

なんにせよ、ヒカリの言うとおり、これで問題点がハッキリしたというのは事実。
今日の失敗は次の成功への第一歩。
マンムーも反省してたみたいだし、次こそはリボンゲットで大丈夫!して欲しいですね。


そして、今回の優勝者はムサリーナ、もとい、コジロウ!

まさかあの勢いで優勝までしちゃうとは思わなかった!
コジロウ凄い!
途中で変装がバレて退場になるかとばかり思ってたよ(笑)
何気にコジロウもコーディネーターとしての素質あるのかも。

ムサシもスイレンリボンを受け取って万々歳!
・・・!!抱きついた!!

ムサシがコジロウ(とニャース)に抱きついた!!

すみません、ニャースが嫌いなんじゃないんです。
むしろ大好き過ぎるくらい大好きです。
・・・・・・が、コジムサの為にちょっとアレだったのでつい(笑)

ムサシが「愛してるわ~」なんて言うもんだから思わずドキッとしたけど、コジロウやニャースに向けてじゃなく、リボンに向けてだった。
どうせならコジロウに言えば良かったのに(真顔)

しかし、リボンは嬉しいけど、拍手の多さが自分より上だったと二人に詰め寄るムサシ。
一次審査の時のあれ、まだ気にしてたのか(笑)
もう二度と休まないと誓いを立てるムサシを見て、溜息つきつも、楽しかったしムサシも元気になったからいいかと微笑みあうコジロウ&ニャース。
二人とも、結局ムサシの事大好きなんですね。
やっぱいいなぁ、ロケット団。

そういえば、ムサシはこれでリボン3つ目。
やっぱグラフェスにも来るのかな?
ムサシがグラフェスに出場する事も楽しみにしたいと思います。


EDの『ドッチ~ニョ?』。
最後の歌詞の『ドッチ~ニョ 上かな 下かな? ドッチ~ニョ 左か 右かな?』の後。
前回は『ドッチ~ニョ×4 うえ~!!』でピカチュウアップの皆の集合絵だったけど、今回は『ドッチ~ニョ×4 ひだり~!!』でミミロルアップでピカミミ絵(ポッチャマ&グレ様も)でした。

この原理で行けば、下と右はポッチャマとグレ様のアップかな?
どんなイラストが来るかちょっと楽しみです。


次回はサトヒカ&カズコトでタッグバトル!
シンオウ御三家VSジョウト御三家の対決ですね。
何かカズナリのワニノコが光ってたんですが、まさか進化!?
うわーうわー、どっちが勝つんだろ?
凄い楽しみ!

でも、次回でもう二人は離脱しちゃうのか・・・。
最初からコンテスト見るまでって話だったけど、ちょっと残念。
どうせならもう少し一緒に旅してくれても面白かったのに。

カズナリとコトネがどうなるかが一番気になる(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2009/10/21 14:33】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(12) |
<<反抗期 | ホーム | 第95話 「羊と犬」>>
コメント
>kivaxtuto様
サトシがアチャモ&ミズゴロウゲット!
確かにそれは宣伝にもなりますし、面白いですね(≧▽≦)

ただ、友人から聞いた話では、BWではサトシがイッシュ御三家を全てゲットするらしいんですよ。
だとしたら、アチャモ&ミズゴロウが加わる=誰を省くかになっちゃいますし、そう考えるとちょっと難しいかもしれません(><)

その代わり、ハルカやヒカリのように、一緒に旅する仲間・アイリスかデントがゲットするというのはあるかもしれませんね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/10/25 14:28】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ヒカリがHG・SSの宣伝も兼ねてヒノアラシをゲットした訳ですが
今後RSのリメイク版が出るならアニポケでも宣伝を兼ねて
サトシがアチャモとミズゴロウをゲットしたりして?
【2010/10/23 10:45】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>スモッド様
お久しぶりです(^^)
わわわ!私なんかの稚拙な感想をそんなに熟読していただけたなんて本当に光栄です!
本当にありがとうございます(*´▽`*)

今回のヒカリの成長っぷりには本当にジーンとさせられましたよね。
「負ける事で見えてくるものもある」
ヒカリ自身がこの事をしっかりと学んでくれていた事、そして何より、それをキチンと実行に持っていけた事に感動&感心でした。

負けた後にこれだけキチンと実行に移せたのは今回が初めてだったと思うんです。
今までも十分に理解はしていたと思うのですが、『理解→実行』の狭間でウロウロしてたのが、今回ようやくその壁を乗り越えられたのかな、なんて。

最初は『何で負けたの!?どこが悪かったの!?』だったのが、『負けちゃったけど、次頑張ろう』になって、今回は『負けた事で課題が見えたから、次に繋げよう』になった。
ヒカリは本当に大きく逞しく成長してくれましたね(^^)
スモッド様の仰るように、ヒカリにとってあのミクリカップは本当に大きな機転となっていた事を改めて知ることができました。

私もスモッド様と同じく、ヒカリはコーディネーターとしても一人の人間としても、きっとアヤコさんに負けないくらいの大物に成長してくれると信じてます(≧▽≦)

話変わって、富山のポケモン放送について。
この追いつき方には私もビックリでした!
一時的にとはいえ、まさか毎日ポケモンが放送される日がこようとは(笑)

スモッド様の地域では、先週の日曜にコンテストだったんですね。
でも隣県のUHFではその1話先を放送・・・。
近くの地域でも遅れが全然違うんですね。

ちなみに富山では、2年遅れどころか、そのまま放送されないようなアニメもあります(^^;)
私の好きなアニメもアニマックス以外で放送されてなくて、ケーブルなしでは見れないという悲劇が・・・orz
テレ東系の放送は大体反映されないのが地方の寂しいところです(><)

HG。
おぉ!スモッド様はもうクリアされたんですね!
おめでとうございます(≧▽≦)
現在はポケスロン&バトフロをやってらっしゃるんですね(^^)
プレイ日記を読むのは好きなので、是非拝見させていただきます♪

では、コメントありがとうございました☆
【2009/10/28 11:36】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>メタル様
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます(≧▽≦)

リザードンを呼んでマンムーに指導。
言われてみれば、確かにそれは有効かもしれませんね!
理由はどうあれ、マンムーはあの時のリザードンと似たような状況に陥ってるわけですから。

唯一違うのは、リザードンはサトシの命令を無視してる時に暴走したのに対し、マンムーは命令を聞くのに暴走した事。
リザードンはヒトカゲ時代から大人びていましたが、マンムーのウリムー時代はまだまだ子供って感じだったのが、その違いの要因なのかなと思います。

反抗期を迎えた先輩として、トレーナーとどう向き合っていくか。
メタル様の仰る通り、マンムーにそれを教えるのに一番の適任はやはりリザードンだと思います。

いきなりリザードン登場というのは難しいかもしれませんが、出来ることなら、同じ反抗期を迎えた者として是非マンムーのよき理解者になって欲しいものですよね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2009/10/28 10:33】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>ミッフェル様
確かにジムリーダーの手持ち、結構レベル上がってるらしいですからね~。
生半可な状態で挑んでアイテム使いまくりってのもアレですし、万全の体制で挑むほうがいいかもしれませんね(^^;)
私の場合、何も考えずに挑んで見事に負けてきそうな予感ムンムンです(笑)
ジムリーダーとの再戦、また図鑑完成の時に頑張ってくださいね☆

小指。
ぶつけた場所が微妙にズレてたのは幸いでしたね。
同じ場所だと、傷口抉るというか、本当に痛いですもんねぇ(^^;)
でも、昼の方は靴履くときに当たって痛いというのは辛いですね(><)
せめて関係ない場所ならともかく、小指の先って結構気になっちゃうところですもんね。

ちなみに痛みで痛みを誤魔化すは、私もたまにやる・・・というか、そんな状況になります(笑)
でもあれって、結局はどっちも痛いんですよね(^^;)
痛いのに痛いのが重なるなんて、本当に災難でしたね(><)
どちらもお大事にしてください。
【2009/10/28 10:22】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
お久しぶりです。スモッドです。
コンテストの感想記素晴らしいです。
思わず頷き、気がつけば5~6回熟読しました。

米神さんが感じられているようにマンムーに笑顔で話しかけるシーン
目標が見えたと語るシーン

あのミクリカップの敗北は、彼女の人生の転機といっても過言ではないくらい大きな経験に
なっているようですね

上記2つのシーン彼女の成長振りに思わずジーンときました。

米神さんが以前考察された「負けないと見えてこない」ことを
リアルに描き視聴者にその重要性を伝えているように感じました。

挫折を味わったり、立ち止まったり、失敗もいくつもしていますが、1歩1歩確実に
コーディネーターとして、1人の人間として成長していく彼女
これも米神さんが書かれていましたが
絶対大物になれると思います。本当にポケモンっていいアニメだなぁ

余談1
富山のポケモン放送一気に追いつきましたね。僕の地域は先週のの日曜が
コンテストでした。しかし県境でもないのに何故か隣のUHFが映り、其方が1話先のお話です。
またポケモンとは別のアニメが東京と比較すると2年くらい遅れているアニメも見ています。

余談2
僕もHGやってます。もうクリアし現在ポケスロン&バトルフロンティア
奮闘中です。

面白みのない文ですが僕のブログ内の「HG冒険記」の範疇に書いてますので
宜しければご覧さい。

ではまた
【2009/10/27 22:15】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
サトシが先輩としてリザードン呼んでマンムーにいろいろ教えてあげたらいいのではないでしょうか。そうすればマンムーもきっとよくなると思います。
【2009/10/27 19:50】 URL | メタル #-[ 編集]
ジムリーダーもいいんですがレベルが上がるの偏る上にレベルアップしてるので
今の手持ちだとちょっと厳しいかなと思ったので・・
ジムリーダー再戦は図鑑そろえるときのレベルアップ用になりそうです。
だってバンギラスとかボーマンダとかめんどくさ・・(ゲフゲフ)

小指はまだ痛いはずです。
はずなのは女の宿命が到来してるせいでそっちの痛みのがひどく
痛みで痛みごまかしてる状態だからです。
踏んだり蹴ったりというのか厄日です。
ちなみに朝と昼のぶつけた場所同じ右足の小指ですが微妙にぶつけた部分違うのでそこまでひどくないです。
(朝のは血出てないですし)
昼のは血出た上に小指の先やらかしたので大変でしたが・・
(怪我がどうこうよりも怪我した場所が靴はくとちょうど接触してそれで痛い)
【2009/10/27 19:01】 URL | ミッフェル #8kSX63fM[ 編集]
>ミッフェル様
バッジ16個ゲットおめでとうございます(≧▽≦)
ついに全ジム制覇ですね!
まずはお疲れ様でした(^^)
皆のレベルは76まできたんですね!
かなり強くなりましたね~(≧▽≦)

とはいえ、物語はここで終わりではありません。
真のラスボス(笑)・レッドがまだ残ってますし、レッドに勝てるようまたレベルアップ頑張ってくださいね☆

再戦といえば、今回はジムリーダー達とも電話番号交換して再戦できるらしいですね。
ジムリーダーだったら手持ちのレベルも高いでしょうし、丁度いいレベルアップになるかもしれません( ̄m ̄*)

小指。
流血騒動って大丈夫でしたか!?( ̄□ ̄;)
ぶつけてジーン・・・というのはよくありますが、血が出るって相当強くぶつけちゃったんですね(><)
しかも同じ場所を2回もだなんて、それは辛い・・・。
私もよく色んな所にぶつかってるので、足元には気をつけたいと思います(^^;)

学祭。
おぉ!今年もDグレBGM使用されたんですね!
使い回し大いに結構だと思います!
Dグレの曲をどんどん広めちゃってください(≧▽≦)
今回はPCに何もない事を私もお祈りしてます(^^;)
【2009/10/27 15:50】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
HG・・バッジ16個ゲットしました。
現在手持ち76レベルです。
今挑んだらレッドにボコボコにされることと思います(苦笑)
レッドにたどり着けるかも疑わしいレベルですが・・

野生ポケモンだけでは経験値いまいちだったので
電話番号できいたトレーナーとの再戦であげてます(その時間内と曜日ならいつでも再戦可能みたいなのでボコボコに・・(苦笑))

ボーっとしてたのか昼ぐらいに右足の小指ぶつけて流血騒動しつつ(危険)
ちなみにその小指朝にも別の場所でぶつけました(遠い目)
そういえば余談ですが学祭、ゼミでまた作品だしたのですがBGMまさかの使いまわしです。
またDグレです(昨年と同じ曲)
まぁ学祭じたいは終わってますけど。
昨年はその後落雷にあい学校のPCがしばらく大変なことになりましたが今年は大丈夫かな・・
(むしろ学祭の前に大変でしたけれど(台風))
【2009/10/26 21:21】 URL | ミッフェル #8kSX63fM[ 編集]
>ミッフェル様
『ドッチ~ニョ?』、やっぱりグレ様Verもあるんですね!
しかもグレ様満載の回にグレ様Ver!
なんという素晴らしい組み合わせでしょう(*´▽`*)
富山では次回がタッグバトルなので、遅れから考えると・・・その次くらいでしょうか?
どんなお話になるかますます楽しみになってきました!
素敵な情報を本当にありがとうございます(≧▽≦)

マンムー。
確かに簡単に5個目ゲットじゃ面白くないですもんねぇ(^^;)
苦難を乗り越えてこそ、手にして感動があるというもの。
それに、現実問題としてもそう簡単にゲットできるようなものじゃないですからね。
あんなに深いストーリーを考えるDPスタッフの事ですから、視聴者により楽しんで貰う為に負けさせたというのは十分ありえると思います。

また、サトシの最後のバッジゲットに合わせようというのもあるかもしれませんね。
ナギサのバッジはギンガ団イベントの後ですから、ヒカリがここでリボンゲットしちゃうと、今度はグラフェスまでお預けなんて事になっちゃいますから(^^;)

あと、ミッフェル様の仰る通り、新しい仲間・ヒノアラシの存在。
ヒノアラシが出るまではマンムーを何とかすればって感じでしたが、ヒノアラシが出る事で、次の大会はまた新しいチャレンジをする事になるんですよね。
そう考えたら、やっぱりここで負けたのはヒカリにとって良かったのかもしれませんね。

『バトルもコンテストもトレーナーの采配一つで~』というのは本当にそう思います。
前に上手くいったからといって、今回も上手くいくとは限らない。
逆に、一度失敗したからといって、今回も失敗するとも限らない。
その辺の見極めが難しいところですよね。

ポケウォーカー。
ワット溜めると新しいステージにいけるのが楽しみですよね(^^)
私はまずレアピカゲットに集中してるのでなかなか堪りませんが(^^;)
現時点では、10万ワットなんて夢のまた夢です(><)
またお互いに頑張りましょう☆
【2009/10/26 15:37】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
EDドッチーニョ。リアルタイムなのでグレ様だけは見ましたよ。
ネタバレになるのでくわしくはいいませんが
その回グレ様回といえるくらいグレ様出てくるので楽しみにしてくださいとだけいっておきます。

ちなみにマンムーのアレはヒカリのそういう考えもありますが
簡単に5つとったら面白みがなさそうとかそんな大人の事情とかいっちゃだめでしょうか?
まぁマンムーもですけどエテボースがぬけた後増えたヒノアラシもヒカリのポケモンである以上はコンテスト参加するという前提な気がするのでヒノアラシの出番考えるとすぐにはヒカリ5つめというわけにもいかないような気がします。

バトルもコンテストもトレーナーの采配ひとつでピンチにもチャンスにもなるという感じですね。


余談:HGレベルアップ中、ポケウォーカー、きいろのもりのレアピカもそうですが、ワットHGに早くためたいので若干控え気味になってます。
ふるさとにはしゃいでるのかピカチュウ♀にかえたらやたらと50Wひろってきてくれるのでよくたまってたり・・。
トレーナーでグレ様使ってくるのみてはやくほしくなったりしつつ(苦笑)
【2009/10/26 09:18】 URL | ミッフェル #8kSX63fM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1031-ff521bb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。