おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ピカチュウポッチャマくっつかないで!!
どんどん遅れてってるけど、ようやくアニポケ見ました!

これを是非とも神アレでやっていただきたい(笑)
コムイさんならきっと出来るよ!
二人をメロメロにする薬とか機械とか、絶対軽く発明出来ちゃうって!
あぁむしろ、ノアの罠とかイノセンスの奇怪現象でもいい。
メロメロ状態になってくっついてろ神アレ!(笑)
そして、最初は人為的にメロメロだったけど、気づいたら本当にメロメロになってればいいじゃない。

ふっふっふ・・・アニポケ見てから神アレ妄想が止まらないぞ。
どうしたらいいんだ(笑)

さて、続きからアニポケ感想です。


【ピカチュウポッチャマくっつかないで!!】


ポケモンで同性愛が認められたカオス・・・いや、神回と呼ぶべきでしょうか?(笑)

くっついたのがポケモン同士で良かったですね。
人間同士・・・例えば、サトシとタケシとか、サトシとシンジとか、サトシとシゲルとかだったら、物凄いカオス回になってたと思う。
私みたいな腐ったお友達は喜ぶけど(笑)

ピカポチャも同性だけど、見た目的に萌えよりも可愛い!ってのが先にくるんだよね。
というか、ポケモン同士でムニムニしてるのが本当に可愛い。
強いて言うなら、動物が寒さ対策で一箇所に団子状になってるあのイメージ。

そうなってくると、次に目がいくのは、そのトレーナー達。
ピカポチャが離れないから、必然的にサトヒカもピットリ。
もうその光景が可愛くて萌えて可愛くて萌えて!(笑)
サトヒカ好きには本当に堪らない回でした(*´▽`*)


内容の方は、前回に引き続き、今回も気持ちの問題についてピックアップされてました。
前回は、人の心を呪文で変えた所で、本当の仲直りとは言えないという事。
今回は、ポケモンの心を機械で操った所で、本当の仲良しとは言えないという事。
結局、本当に仲良くなりたいのなら、ちゃんと自分でぶつかっていかなきゃいけないって事だよね。
人の心もポケモンの心も、操って何とかするものじゃない。
個人の意思を尊重する事が大切、という事でしょうか。
結局どちらも操るのに失敗してる辺りが、それを忠実に物語ってる気がします。


何だか前置きが長くなっちゃいましたが、本編。
ナレーションで『ナギサシティを目指し~』って言ってたのに思わず反応してしまった。
ナギサシティ、もうすぐなんですね!
ギンガ団との最終決戦とかもあるけど、今からウキウキしてしまう。

ナギサシティへと向かう途中、とある町のポケセンに立ち寄ったサトシ達。
そして、いつも通りジョーイさんへと猛烈アタックするタケシ。
今回はなかなか長めだったなぁ。
よくまぁ毎回こんなバリエーション豊かな口説き文句を思いつくものだよね。
何気に、長さに比例してグレ様からの毒づき後アクションも大きくなってる気がする(笑)
毎回毎回懲りないなぁと思いつつ、毎回これがないと寂しいと思っちゃう自分が恨めしい。


荷物を置いた後は、早速トレーニング。
しかし、外へ行く途中、ポッチャマがピカチュウに激突!
ピカチュウは思わず電撃を出してしまい、ポッチャマが激怒。
どうしたポッチャマ。
いつもはこんな事でここまでキレるお前じゃなかっただろ。
むしろ、ドジ踏んでピカチュウの電撃浴びるのなんていつもの事だろ(笑)

怒るポッチャマを止めるサトヒカ。
こうしてると、何だかとっても親みたいだなぁ。

しかし次の瞬間、ピカポチャが目をハートにしてギュー!すりすりすりすり。

早くもピカポチャきた!

これ、前置き部分でも書いたけど、普通に可愛いと思ってしまった。
普段あんなに腐った意見バンバン飛ばしてるのに(笑)
あの抱きつく直前の両手を広げてぴょーんとしてる瞬間が特に可愛い!
是非ともセットでお持ち帰りしたいくらいだぜ。

ところで、この音楽は冬○ナですか?
あのメロディは絶対そうだよね。
今になってこれを持ってくるとは思わなかった(笑)

そんな2匹を見ても、BLの世界へダイブしたと思わない3人が素敵。
3人とも純粋な心を持ってるんだなぁ(笑)


その頃、ポケセンの裏にある研究所では、何やら怪しい研究をする博士が一人。
今回のゲスト・コダマ博士。
思わず大総統とお呼びしたくなるお声ですね(笑)(@ハガレンネタ)

何やら研究が上手くいってないらしく、書類を散らかすコダマ博士。
その書類を片付けるのは助手のロケット団。
いきなりロケット団が助手しててかなりビックリした!
どうやら今回は、腹を空かせてウロウロしてる所を助けられてバイトする事になったらしい。
そうか、また腹空かせてたのか・・・。

書類整理に飽きた所で、買い物へと逃げるコジロウ&ニャース。
お前ら、さり気なく簡単な仕事ゲットしたな。

一人取り残されたムサシの隣には、何故だか激しく睨みあうコイルとヌオー。
勘のいい人・・・じゃなくても分かっただろう。
根本的な原因はお前らか(笑)


戻って、ピカポチャサイド。
↑いつもはサトシ達とかって書くけど、今回ばかりはピカポチャ優先してしまった(笑)

くっついたまま離れないピカポチャを、何とか引き離そうと頑張るサトヒカ。
サトヒカがあれだけ力いっぱい引っ張ってるのに離れないとか、どんな怪力だピカポチャ!
ポケモンの底力を見た気がした(笑)

それでも何とか引き離す事に成功!

・・・と思いきや、ピカチュウが電撃を放ち、サトヒカが手を離した途端、またもやギュー。
続いて、一旦ポッチャマをボールに戻すものの、勝手に出てきて結局ギュー。
苦手な電撃にも、モンスターボールにも負けないポッチャマが凄い(笑)

まるで磁石みたいにくっ付いたままのピカポチャ。
もし磁石みたいになっているのなら、背中合わせにすれば反発しあうかもしれないとタケシは推測。
しかし、これまた失敗。
何て言うか・・・ピカポチャの怪力、本気で凄いな!(笑)
10歳児といえど、あんなにも必死で引っ張ってるのに、あれだけ抵抗をみせるとか、どんだけ凄い力でくっついてたんだよって話だよね。
あーでも、たまに自分より大きい&重いもの支えたりもしてるし、やっぱ力はあるのか?
ポケモンすげぇ・・・ピカポチャすげぇ・・・。

結局どうしようもないので、ジョーイさんに相談してみる事に。


一連の様子を茂みから見ていたコジロウとニャース。
コジロウは何も気付いてないっぽいけど、ニャースは面白い事になってると感じ取った様子。
コジロウより頭良い・・・というか、悪い方向にばっか知恵が働くなニャース!
流石化け猫ポケモン。
化け猫って言ったら、悪戯っ子のイメージあるもんね(笑)


ポケセン内へと戻ってきた一行。
そこには、更にカオスな光景・・・もとい、可愛い光景が広がっておりました。

ゼニガメとライチュウ。
マリルとルクシオ。
オクタンとメリープ。

皆、ピカポチャみたいに急に離れなくなったとの事。
なんかオクタンとメリープが異様に気になった。
オクタンの足に絡まるようにモコモコメリープの毛が見えてるのがめっちゃ可愛かった!
地味に一番ツボったかも(笑)

第一印象的に、一番CP的にツボったのが、マリルとルクシオ。
ルクシオの前足部分にマリルがすっぽり収まってるのが可愛かった!
この体格差萌え!なんか凄い好き!

ライチュウ&ゼニガメコンビについては後々(私的に)爆弾発言があったので、そっちで語ります。

そして、そんな中でも一番萌えたCPが、サトヒカ(笑)

そんなに密着されると思わず顔がニヤけて本当にヤバい。
サトヒカ可愛すぎる!
二人で一緒にピカポチャ抱っことか、どんだけ私を萌え殺したいんだ!
いいぞもっとやれ!もっとくっついちゃえ!(大興奮)


そんな中、タケシがくっついたポケモン達の共通点を発見。
くっついたのは、水タイプと電気タイプのポケモンだけ。
・・・って事は、実はパチリスとブイゼルにも関係ある話なんだよね?
ピカポチャみたいにボールから出てると影響あるけど、最初からボールに入ってると影響ないのか。
んで、さっきの実験を見た限り、一度メロメロになると、ボールに戻しても継続しちゃうと。

何気に思ったんだけど、これって組み合わせ変えれないんだろうか。
この場のポケでいうなら、オクタンとピカチュウ、メリープとポッチャマみたいな。
一応『メロメロ状態』になってる訳だから、最初にくっついた相手にメロメロと認識される、と取るなら、最初にくっついたペアで固定だよね?
うーん・・・あれだけ密集してても変わらなかったし、そっちの線が有力かな。


窓からこっそり聞いてたニャースは、博士の研究に関係があるのではとピーン。
これは使えると勝手に納得してたけど、コジロウはポカーン。
思いっきりおいてけぼりじゃねぇか(笑)

研究所に戻ったニャースは、早速作戦開始。
コダマ博士によると、博士はポケモン同士を仲良くさせる機械を作っているらしい。
名づけて、『仲良しルンルンくん』。
ニャース「ネーミングのセンスはいまいちなのニャー」
こら!思ってもそこは言っちゃダメだろ!
・・・って、私も人の事言えないネーミングセンスしてるけど(笑)

博士曰く、ポケモンの技『メロメロ』をデジタル変換し、アンテナから電波として飛ばす事で、どんなに仲の悪いポケモンでも仲良しルンルンになるんだとか。
メロメロをデジタル変換・・・って、博士は天才ですか!

コダマ「更に!この実験が画期的なのは、本来性別の違うポケモンにのみ効果のあるはずのメロメロを、その垣根を越えて影響させる事ができるのじゃ!」

博士ってば、超さり気なく同性愛認めやがった(笑)

ちょっ・・・何コレ!何やっちゃってんのポケモン!
そんな事言われると、シンサトとかシゲサトとかノゾヒカとか自重せずにやっちゃうぜ?(笑)
とりあえず、今回は本当に神回なんだと心底思った。


博士がこの研究をし始めたのは、手持ちのコイルとヌオーが原因らしい。
とにかく仲が悪くて喧嘩ばかりの2匹。
そんな2匹をどうにか仲良くさせたくて作ったのが、この『仲良しルンルンくん』だとか。
その心意気は認めるんだけどねぇ。
そもそも、機械でポケモンの心を動かそうってのが間違いなんだよね。
結局は本当の解決にならないというか・・・。

仲良くする事は確かに大切だけど、喧嘩して本音をはっきり言い合える関係も凄く大切だと思う。
仲良く、にも色んな種類があるし、中には上辺だけの『仲良し』だってある。
そういう意味では、きちんと喧嘩しあえる相手の方が、本音を曝け出して付き合える分、一番の『仲良し』といえるのかもしれませんね。
例えば、神アレとか神アレとか神アレとか(笑)

ピカポチャがくっつく前に喧嘩してたのも、そういう事を意味してたのかも。
たまに喧嘩もするけど、息もピッタリで仲良しな2匹。
本音で付き合えてるからこその関係なんだろうなと思います。


話を戻して。
ピカポチャ達にはしっかり影響が出ているにも関わらず、一向に喧嘩を止めないヌオーとコイル。
とりあえず、もう少し出力を上げてみちゃうお茶目な博士。

その影響で、更にくっ付くピカポチャ達。
サトヒカももっとくっついちゃえと思ったのは秘密です(笑)

タケシ曰く、「性別が同じポケモンがこんな状態になる事はまずありえない」との事。
そこから、何か人為的なものが影響してるんじゃないかと推測。
色んな観点からここまで推理するタケシは流石ですね。
ブリーダーだけあって、ホントよくポケモンを見てるなぁ。


一方、研究所では、やっぱり睨みあったままのヌオーとコイル。
こいつら見てると、なんか神アレ思い出すなぁ。
喧嘩ばっかとか仲悪いとか、もはやそれは私の中で萌えへの合言葉だぜ(笑)

その陰でこそこそと今回の作戦を練るロケット団。
まずはムサシにあの機会はほとんど完成している事を説明。
今回はこの機械を使ってピカチュウゲット作戦ですか。
確かにニャースとピカチュウが仲良くなれば、楽勝ゲットできるもんね。
彼等のいつでもどこでもどんな時でも役に立ちそうなものは利用する貪欲精神が素晴らしい。
とりあえず、このまま装置完成までバイトを続けながら待つ事に。

そんな中、ヒートアップしたヌオーとコイルのバトルに巻き込まれ、装置が一時ストップ。

・・・したかと思いきや、コダマ博士が再びスイッチオン。
まるで儚い夢の様に一瞬の出来事だった(笑)
溜息をつく一同だけど、ライチュウのトレーナーの少年は、「これはこれでいいかも」とポツリ。

「俺のライチュウとお前のゼニガメ、いっつもバトルする前からすっごく仲が悪かっただろ?」

何その神アレチックな関係!
素敵過ぎるだろライチュウ&ゼニガメ!!
喧嘩っぷるか!お前ら喧嘩っぷるなのか!
もう!大好き!(笑)
やっぱこれ、神アレでやるべきじゃないかと思う(真顔)


その会話を聞いてたタケシは、仲の悪いポケモンを仲良くさせるために、誰かが人為的にやってる事ではないかと推測。
何というピンポイントで当ててくるんだタケシ。
すげぇなタケシ。

その推理を聞き、コダマ博士を思い出すジョーイさん。
仲の悪いコイルとヌオーを持ってると聞いた一行は、早速研究所へ行ってみる事に。

ところで、さっきからサトヒカがどうしても手を繋いでる様に見えて仕方ない。
・・・あれ?もしかして、本気で手繋いでる?
ピカポチャ一緒に抱っこする為に手繋いでる?
何という素敵な絵!
ありがとうスタッフ!!


さて、コダマ博士の研究所へやってきたサトシ達。
ピカポチャを見て喜ぶ博士だけど、やっぱりコイルとヌオーは睨み合い。
今ふと思ったけど、完成しても水と電気しか仲良くならないんじゃ、ニャースとピカチュウが仲良くなってピカチュウゲットなんて無理なんじゃ・・・(笑)

そして、何とも良いタイミングでロケット団の正体をバラしちゃうコダマ博士。
博士、まだ『ロケット団』ってしっかり覚えてないんですね(笑)

バレたんなら仕方ないと、装置を奪って早速逃亡するロケット団。
さっさと準備しちゃおうとか言った直後なのに、よく準備完了してたな!
流石ロケット団、こういう事だけは早いなぁ。

しっかり装置にしがみ付いて、一緒に連れ去られる博士が凄い!
凄い執念だ。
ロケット団は更に、メロメロで何も出来ないピカポチャもゲット。
ここまでは順調だった(笑)


このピンチを救ったのは、何と仲の悪かったはずのコイルとヌオー!
コイルとヌオーの連携プレーで、無事博士を連れ戻す事に成功!
コイルくんにおんぶされて降りてくる博士って図が何か凄い好きだった!
いいなぁ、コイルくんにおんぶ。
可愛い!めっちゃ可愛い!

タケシ曰く、コイルとヌオーは仲が悪かったわけではないらしい。

なんと、バトルの練習をしていただけらしい。

うっそつけお前ら!
ジョーイさんも仲悪いって認識するくらいのアレを、バトルの練習してただけ!?
いやいやいや!
そんなん言ったら、神アレのあれもバトルの練習で通るよ!
つーか、私も普通に仲悪いんだと信じてた(笑)


とりあえず、博士を助けると同時に装置が壊れ、ピカポチャのメロメロも解除!
最後はムクホークがピカポチャを助け、ピカポチャのダブル攻撃でヤな感じー。
ポケモンを出す前に飛ばされるって・・・ロケット団、不憫な子・・・(笑)


くっついていた他のポケモン達も無事離れ、一件落着。
あのライチュウとゼニガメ、また喧嘩するんだろうか・・・。
最後見てる限りは普通っぽかったけど・・・。
これを気にラブラブになっちゃえばいいのに(笑)

ちなみに、ヌオーとコイルに効き目がなかったのは、2匹とも2つのタイプを併せ持っていたから。
途中から何となくそうじゃないかと思ってました。

これに懲りずに研究をやろうと決意するコダマ博士。
本当に懲りないお人だなぁ。
でも是非この調子で頑張っちゃってください。
本気で人やポケモンの心を動かそうとするのはダメだけど、ちょっとした騒動なら大歓迎です(笑)


今日のEDは、下でポッチャマ!
えっへんとふんぞり返るポッチャマをスルーして去っていく3匹がシュールだった(笑)


次回はついにギンガ団編突入!!
ハンサムさん登場に、ロケット団との共同戦線!

サトシ「ギンガ団、今度こそ叩き潰す!!」

サ ト シ (笑)
叩き潰す!か。
めっちゃ気合入ってんなぁ。

シゲルらしき影は見えなかったけど、まだ後なのかな?
早くシゲルに会いたい!


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2009/11/12 23:34】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<灰ノ饗宴Ⅰ | ホーム | 金銀10周年記念ミュウ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1053-cdb2982f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。