おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第102話 「約束のコトバ」
近くのショッピングモールでセールやり出したので、早速覗いてきました。
前から狙ってたヤツも安くなってたので、思わずゲット!
本当は名古屋に向けて出費抑えるつもりだったけど、無理だった(笑)

いや、でもあの服は結構前からあるから、そろそろ消えるかもしれないしさ。
今買わないで後悔するよりは・・・ね(笑)

ちなみに今回買ったのはニット、スカート、レッグウォーマー、タイツ。
レッグウォーマーとタイツは思いっきり衝動買いでした。
買うつもりなかったのに・・・。

他にも何点か気になるヤツあったけど、何とか我慢。
でも、土曜日の夜にもう一回行く予定だから、その時が怖い・・・。


さて、Dグレアニメ見たので続きから感想です。


第102話 「約束のコトバ」


レベル4の攻撃を受け、倒れるヘブラスカとリナリー。

レベル4「まだ人がいた。そこで何をやってるんですか?」

そういうお前こそ、そこで何をしでかしてるんだ。
手に持ってる人を一体誰だと心得ている。
水戸光く・・・神田ユウであらせられるぞ(笑)
オマケにあの高さから躊躇なくポイ。
お前はどんだけ神田ファンを敵に回したいんだ。

更に、近くにいたコムイさんが目にしたのは、レベル4に頭を踏みつけられたリナリー。
可愛いリナリーを踏みつけるなんてレベル4め・・・!
ボロボロになったリナリーは確かに健気で可愛いけど、それはやっちゃダメだろう!
でも、こんなにムカつくのに声がめっちゃ可愛くて心底恨めない自分が憎い(笑)


リナリーが思い描く世界。
千年伯爵もAKUMAも全部夢で、コムイさんと過ごす普通の日常。
つまらない小説のオチの様な世界。
読者はがっかりするかもしれないけど、リナリーにとってはそれが一番の願いなんですね。

小さいリナリーと長髪コムイさんが素敵だった!
リナリーは可愛いわコムイさんはカッコいいわ、なんと素敵な兄妹だ。
是非ともお隣に住みたい。
あわよくば家に押しかけ合える仲になりたい(笑)

教団に来る前はこんな感じで二人で生活してたのかな?
コムイさんが家事をして、たまに失敗。
それを二人で笑いあって・・・。
ほのぼのした雰囲気なのが余計涙を誘うなぁ。
リナリーの願いがあまりに普通で、その普通さがまた戦争の辛さを引き出してて、本当に辛い・・・。

こんな想像をリナリーは教団に来てから何回も・・・。
リナリーの気持ちを考える度にイノセンスへ怒りがこみ上げてくる。
イノセンスは力をくれるけど、それが適合者の幸せに繋がるとは限らないんだよね。
スーマンもそうだったし・・・。


辛すぎる現実。
イノセンスは目の前にあるのに、届かないリナリーの手。
「お願い、大嫌いな神様。私に力を返して」
レベル4に踏みつけられながらも必死に手を伸ばすリナリーが健気すぎる!

「僕を見なさい」と何だかとっても偉そうなレベル4。
見て欲しいならまずその足どけろよって話だよね(笑)
頭踏まれてちゃ、見れるものも見れません。

そんなリナリーのピンチに駆けつけたのは、クラウン・クラウンを纏ったアレン!
リナリーを守るようにレベル4の前へと立ちはだかったアレンがカッコいい!

やっつけたはずのアレンを見て驚くレベル4。
・・・いや、驚くっていうか、楽しんでる?
この時のレベル4には、『ピンチ』って感覚がなさそうに見える。
絶対的な力・・・自分にはそれがあると過信してるって感じ。
過信っていうか、この時点では確かにその通りなんだけども・・・。

レベル4に圧倒され、壁に叩きつけられるアレン。
駆け寄ったコムイさんは、アレンの体が本当は動かせる状態ではない事に気づく。
動けない体をクラウン・クラウンで操り、無理やり動かすって本当に無茶だよね・・・。
でも、無茶でも何でも今はやるしかない。
アレンも、リナリーも・・・。
この辺り、皆が皆本当に痛々しくて、思わず目を背けたくなるなぁ。


リナリー「もう・・・嘆くのは、疲れたよ・・・」

イノセンスの元へと辿り着き、イノセンスと共鳴を始めたリナリー。
ここから思いっきり身構えました。
もちろん、いつ泣いてもいいように(笑)

遠くからその様子を見ながら、何も出来ずにいるコムイさん。
そんなコムイさんの背中を押してくれたのは、ラビ&神田。

ラビ「行ってやれコムイ。アイツはお前の為に生きてる。分かってんだろ?」
コムイ「・・・」
ラビ「傍にいてやれよ。兄貴だろ?」
コムイ「・・・僕は・・・どうしてやればいいのか・・・分からないんだよ・・・」
神田「何を、今更、言ってやがる!このシスコン!!気いてりゃいちいちメンドクセェ!」
コムイ「か・・・神田くん・・・」
神田「テメェ!何の為に教団に入ったんだよ!」


↑めちゃくちゃ大好きなやり取りなので、つい全ピックアップ。
リナリーを苦しめたくないあまり、どうすればいいか分からなくなったコムイさん。
一番大切な事を思い出させてくれたラビ&神田。
神田もラビも、コムイさんやリナリーの事大好きなんですね。
だからこそ、二人が一番何を望んでいるのか分かってるし、背中を押してあげれた。

本当は二人だってリナリーの傍についててあげたかったんじゃないかと思う。
自分達が傍にいる事で、少しでもリナリーが楽になれるなら、喜んで傍にいてくれたと思う。
だけど、リナリーはコムイさんの為に生きていて。
それこそが、リナリーの戦う理由でもある。
今リナリーの傍にいるのは、神田やラビじゃダメなんですよね。
リナリーの一番大切な家族であるコムイさんじゃなきゃ・・・。
あぁ・・・これ書きながらまた涙がこみ上げてきた・・・。


二人の言葉に、教団に来たばかりの事を思い出すコムイさん。

「ただいま」
そう言ってリナリーの為に教団へと入り、教団を『ホーム』へと変えてくれたコムイさん。
コムイさんの袖をキュッと掴んで泣きじゃくる子リナリーが可愛い!
そして思わず貰い泣き。
リナリーはコムイさんが来てくれてどんなに嬉しかっただろう。
あの過去を見てると、本当に地獄だもんね・・・。

「いってらっしゃい」
「いってきます」
「おかえり」
「ただいま」


コムイさんが入団したのは、リナリーにとってのホームを作る為。
リナリーが笑顔で戻ってこられる場所を作ってあげる為。
自分がリナリーの傍にいる事で、リナリーが少しでも笑っていられるように・・・。

すみません・・・フライングで涙腺崩壊でした・・・。
一番泣けるのはこの後なのに、もうすでに涙で画面がよく見えない・・・。

皆がいるから、この悪夢の様な世界で戦える。
その気持ちが皆を守る力になるのなら、全部終わるその日までイノセンスに付いていくと誓うリナリー。
リナリーが戦う理由は、あくまでも『大切な人達を守る為』なんだよね。
それがどんなに辛いものであっても、大切な人達がいるから戦える・・・。
なんて優しい子なんだ。

「でもね、きっと最後には、兄さんの元に帰ってくるって約束するよ」

「いってきます、兄さん」

「だから、今はお願い。『いってらっしゃい』と言って。また笑って、『ただいま』を言うから」

涙腺崩壊どころか、涙腺ブッ壊れたんじゃないかと思った。
今できる精一杯の笑顔で『いってきます』というリナリー。
そんなリナリーを見て思わず涙するコムイさん。
もうどっちも切な過ぎる・・・。
本当はリナリーだって戦いたくないし、コムイさんだって止めたかったと思う。
だけど、今はそんな意見なんて許される訳がないって分かってるから・・・。
あぁもう、考えれば考えるほど泣けてくる。


手の中で液状になったイノセンスを飲み込むリナリー。
急いで駆け寄り、リナリーの体を支えるコムイさん。
直後、リナリーの両足首にノアの聖痕の様な傷痕が浮かび、そこから大量出血!
原作で見た時以上のインパクトある出血に、思わず声を出してビビッてしまった。
どんだけ勢いよく噴き出してんですか!
ししししかも、血出過ぎ!!
一気に流れだし過ぎですってば!!
そりゃ戦い終わった後くらっとくるよ!

イノセンスの拒絶反応かと疑うルベリエさん。
だとしても、そうだとしなくても、もっと別の方法にして頂きたかった。
どう見ても張り切りすぎだろイノセンス。


その隣へアレンが吹っ飛ばされてくる。
すっかり忘れてたけど、リナリーに集中してる間もまだ戦いは続いてたんでした。
この短時間に、しかも戦いの最中に忘れてた自分が凄い(笑)

ルベリエに離れるよう指示した直後、レベル4が大きな一撃をアレンに向けてドーン。
退魔の剣でその攻撃を受け止めるアレン。
押され気味なアレンを助けたのは、神田&ラビ!

神田「踏ん張りやがれ!」
ラビ「今はお前しかいねぇんさ!」


来た来た来た!待ってました!!
アレン、神田、ラビの三位一体!!
何が一番素敵って、神田とラビがアレンの背中に手を回して支えてる所だよね!
神アレ的にもラビアレ的にも美味しすぎる(*´▽`*)
これを原作で読んだ時の興奮ップリったらもう、そりゃ萌え死ぬかと思いました(笑)

神アレ・ラビアレ好きの私にこんな密着シーン見せるなんて、そりゃ萌えざるを得ませんって!
アレンの後ろから前に手を回してる神田とラビ。
もう・・・お前らもう・・・っ!!(じたばたゴロゴロ)
こんなん見せられたら、もはやレベル4どころじゃない。
いいぞレベル4、もっとや・・・ゲフンゲフン(笑)

とりあえず、神アレで一時停止、ラビアレでも一時停止してじっくり眺めときました。
神アレは結構いい感じなんだけど、ラビアレの時、アレンが頭しか見えないのが気になる・・・。
何ですかこれは?スタッフは神アレ派ですか?
是非お友達になりませう(笑)


一方、イノセンスを飲み込んだリナリーを調べるヘブラスカ。
血が止まらないって怖いな・・・。
さっき見た時、かなり大量に出血してたし、本気で大丈夫なのかこれ・・・。
血でイノセンスを作るったって、あまりにも出過ぎな気が・・・。
結果知ってるくせに、思わずコムイさん同様オロオロしてしまった。


戻って、レベル4と戦うアレン達。
レベル4の攻撃を何とか防ぎきり、レベル4へと飛びかかっていく3人。
ここのやり取りがまた萌えた!!

まず最初に飛びかかったのは、ラビ。
ラビ「ユウ!」
↑なんていい笑顔なんだラビ!

続いて、神田。
神田「モヤシ!」
↑神田がアレンの名前(あだ名)を呼ぶだけで私は幸せです(笑)

最後にアレンが斬りかかるものの、レベル4はあっさりそれを阻止。
そして、簡単に3人を吹っ飛ばしてしまう。
レベル4「そんなんじゃ、遊び相手にもなんないよ」
この頃のレベル4って本当に圧倒的な強さですね・・・。


リナリーサイド。
イノセンスが通った形跡はあるものの、リナリーの体内にイノセンスが感じられないというヘブラスカ。
イノセンスが体内を駆け巡っていく感覚ってどんなんなんだろ・・・。
いくら適合者とはいえ、リナリー見てると凄く苦しそう・・・。

しかし次の瞬間、リナリーから流れ出た血液が結晶化!
羽を生やした天使の様な形になってリナリーへと近づくイノセンス。
血で出来てなければ綺麗な形してるんだけどなぁ。
いや、リナリーはきっと血までも美しいに違いないけども。

リナリー「イノセンス・・・私の覚悟、受け取ってくれた?」

リナリーに応えるよう、リナリーの血液だけで武器化するイノセンス。
イノセンスはリナリーの想いを全て受け止めてくれたんですね。
皆を守りたいという気持ちを感じて、リナリーと共に戦う事を決意してくれたのかな。
こう考えるとイノセンスっていい奴なんだけどなぁ。

何はともあれ、リナリーのダークブーツ、ついに復活!!


レベル4にふっ飛ばされ、苦しむ神田、ラビ、アレン。
苦しむ神田も色っぽくていいよね(笑)

よく頑張ったね、と言いつつ、アレンにトドメを刺そうとするレベル4。
そこへ、進化したイノセンスを携え、リナリーが参上!!
リナリー「よくもホームをめちゃめちゃにしたわね!」
おおお!リナリーカッコいい!!
弱いリナリーも可愛いけど、こういう強気なリナリーはやっぱカッコいいですね!
戦う女の子ってホント素敵です!

レベル4の攻撃をかわし、アレンを抱えて上へと飛びあがるリナリー。
ラビ「あんな上まで!?・・・ユウ、見えた?」
神田「見えなかった・・・」

この時の神田の表情と言い方がなんか可愛かった!
動体視力には自信あったのにー!って感じなのかな?
神田、可愛いなぁ。

それにしても、リナリーのダークブーツは凄いですね!
リナリーがそんなに高く飛ぶつもりはなかったみたいって事は、それだけパワーアップしてるって事だよね。
その速さについていけず吐きそうになってるアレン。
平然としてるリナリーは流石ですね。
今までずっとダークブーツで戦ってたから、これくらいへっちゃらって感じ。
リナリー、ジェットコースターとか凄い得意そう(笑)

あと、何気に一番凄かったのはティムだと思う。
アレンの剣尻尾に巻きつけて、リナリーの速さについてきたんだもんね。
ティムってそれだけ超スピードで飛べるんだ・・・。


クラウンベルトを伸ばせば大丈夫だから離していいというアレン。
アレン「皆を・・・全然守れなくて・・・ごめん」
リナリー「私もごめん。来るのが遅すぎて・・・」

戦う力を持っていながら皆を守れなかった。
2人の気持ちを考えると本当に切なくなる・・・。

アレン「アイツを止めよう」
リナリー「うん!」


ここからついに反撃開始!
アレンとリナリーの連携が光ってますね!
動きとか魅せ方とか、凄く良かった!

勝てると喜ぶルベリエさん。
しかし、アレンは無理やり体を動かしてるだけだし、リナリーだって進化後初めての発動。
実はギリギリの攻防なんだよね。
不安になるコムイさんの気持ちがよく分かる。

でも、そんな不安をふっ飛ばすかの様に頑張るアレリナ!
アレンがレベル4の腹をブッ刺し、その剣の上へリナリーが飛び降りる!!
この連携が凄い素敵だった!!

リナリー曰く、ダークブーツは以前とは感触が違うとか。
自分の想いにより強く応えてくれるようになったイノセンス。
イノセンスはシンクロすればするほど使いなせる武器だから、原料が『自分の血』ってのは、よりシンクロ率を上げる手段の一つでもあるんですね。

ついにレベル4を倒したかと思いきや、最後の最後に指先がぴくり。
何というホラー映画パターンだお前。


次回はついに最終回。
レベル4との決着後、どんな風に終わるのかが気になる所です。
色んな人の感想は読んだけど、実際には見てないんだよね。


オマケ劇場。
皆が帰った後の教室で、「この教室を乗っ取った!」と喜ぶレベル4。
何やってんだお前(笑)
しかも、アレン達にバッチリ見られてるし・・・。
何というイタイ人・・・。
レベル4が可哀相すぎる(笑)

あと、さり気に神田が皆と一緒に帰ってるのにニヤリとしました。
神田って一人で帰りそうなのにねぇ。
そんなにアレンと離れたくなかったのか(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2009/12/10 20:27】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<危険がいっぱい!コジロウの宝箱!! | ホーム | 切符ゲット>>
コメント
>キムチ様
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます♪
私の感想がお役に立てたみたいで、こちらとしても光栄です(≧▽≦)
いつも神アレの動向を気持ち悪いくらいチェックしてた甲斐がありました(笑)

アレンの背を支える神田とラビ、本当に最高ですよね!
剣を支えるだけでなく、ちゃんとアレンも吹っ飛ばないよう気を遣ってくれる二人が素敵過ぎます(*´▽`*)
こんな素敵シーンを考えた星野先生は本当に神ですね!(笑)

では、コメントありがとうございました(^^)
【2009/12/24 13:29】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
初めまして^^

お邪魔します。

「約束のコトバ」で神田とラビがアレンの背に手を回してるシーンで感謝しています!

私、あのシーンDVDで一時停止してじっくり見てたんです!
あと原作の方も持ってたのに気づきませんでした!

ホンッットに感謝してます♪
有難うございます( ´艸`)
【2009/12/23 23:54】 URL | キムチ #-[ 編集]
>暁様
この辺りは本当に目まぐるしい展開ですよね。
そして、色々と痛い展開も多くて、見てるこっちとしてもハラハラさせられっぱなしです(><)
毎回、気づいたら両手を握り締めて見てますもん(笑)

レベル4。
あの声出しっぱだったら、確かに最強ですよね!
今想像して思わず噴出しました( ̄m ̄*)
でもきっと、あんな大声出しっ放しはアクマでも辛いんですよ(笑)
叫び続けると「きゃああああああ(あの声)・・・ぐぇっほごっほ!!」みたいな(笑)

クラウン・クラウン。
確かにあの剣は人体をすり抜ける剣ですが、掴もうと思えば柄の部分だけは他人でも掴むことが可能なのではないでしょうか?
あとは、アレンの意思一つで他人も触れるかどうか変えられるとか。
あの時は剣を実体化させて攻撃に触れるようにしなきゃいけませんから、必然的に神田達も触れたんだと思います。
あくまで憶測ですけどね(^^;)

最後に、漢字間違いの指摘ありがとうございます!
見た瞬間、思わず笑いました( ̄m ̄*)
『退料』って・・・意味が分からない(笑)
早速修正させていただきました。
見つけてくださり、本当に感謝です(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2009/12/21 17:55】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>ミッフェル様
言われてみれば、確かにそうですよね!
アレンなんかを見てると、力を望んで手に入れたって錯覚してましたが、アレンだって最初から望んでた訳じゃないんですよね。
ラビやブックマンは何か特殊な事情がありそうなのでさておきとして、神田だって自ら望んでた訳じゃなさそうですし・・・。
望むものには力を与えず、望まないものに力を与える・・・。
一体何が基準なんでしょう。
私としては、血族だからとかそんな単純な事ではなく、適合者達の気持ちや心の問題なんじゃないかと思います。
単純に強く望めばいいと言う訳ではなく、何か全員に通じるキーワードになるようなものでもあるんじゃないかなと。
イノセンス・・・本当に謎が多いですね。

リナリー。
リナリーは確かに後悔してそうですよね。
ただ・・・私としてはあの頃のリナリーと年や状況を考えると、後悔や申し訳なさといった感情は、もう少し大人になるか、もしくは気持ちが落ち着いてからきたものじゃないかと思うんですよ。
目を開けた瞬間にコムイさんがいた時は、もう一度大切な兄に会えた事がただひたすら嬉しくて、その気持ちでいっぱいで・・・。
でも、落ち着いて周りを見れるようになったら、あれ?と疑問が湧いてきた、みたいな。

何はともあれリナリーが後悔して苦しんでることは確かですよね。
こんな優しい子にこんな過酷な運命を背負わせるなんて・・・と、考える度切なくなってきます(><)

退魔の剣・・・もとい、アレンの左腕を握る神田&ラビ。
ぶほっ!!ちょっ・・・なんという素敵な事実ですか!!
ミッフェル様、ナイスです!
言われるまで全然気づいてませんでした!

そうですよね、あの剣、元はアレンの左腕なんですよね。
アレンの左腕を握ってるんですよね(*´▽`*)
神田もラビもグッジョブすぎます!
そして、そんな素敵な事実に気づかれたミッフェル様はもっとグッジョブすぎです!!
ミッフェル様は神様です(*´▽`*)

素晴らしい萌えを本当にありがとうございました☆
【2009/12/21 17:46】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
方舟から帰ってきて一安心つけるかと思ったら卵を取り返しに悪魔が大量侵入し、元帥らによって片付いたと思ったら、今度はレベル4…
今考えたら凄い流れですよね。
この時のレベル4の強さといったら…あの声ずっと出してれば無敵じゃね?とか思ったりしたり(笑)

そういえば、アレンの神ノ道化は人体をすり抜け魔だけを滅する剣なのに、どうしてラビと神田(とティム)は触れられたんだろ…?

あと、大量が「退料」になってますよ~
【2009/12/20 22:16】 URL | 暁 #QgrDOeKc[ 編集]
イノセンス不思議ですよね。
リナリーやスーマンみたく力を望まないモノを選び、家族をひきはなしたり。
力を望む鴉の人たちには適合してなかったり・・。
他の漫画だと力を持つものの子供にも引き継がれる世襲制や遺伝のようなものもありますがDグレにはそれがないんですよね。いまのところ。
血縁者だからと中央庁が適合してないイノセンスを無理矢理適合させようとして咎落ちになっただけで別のイノセンスには適合してたかもしれないというたしか前におっしゃってた説もあるかもしれませんが・・

コムイが来た時リナリーはたしかに嬉しかったかもしれませんがそれ以上に後悔とかどうしようもない気持ちになった気がしますね。
イノセンスに適合してしまったのは自分のせいじゃなくても自分がイノセンスに適合したばかりにと・・
ファインダーなら前に神田のいったように嫌なら出て行けが可能なのかもしれませんが、エクソシストは死ぬまでい続けなければいけないためコムイも必然的にそうなってしまうので・・

そういえばあの剣一応元はアレンの左腕なんですよね。厳密にはアレンのイノセンスですが。
そんな剣一緒に握るラビと神田もえますね。
ただ原作の展開があぁだけにアレがアレンの本来の力じゃない部分もありそうな気がしなくもないんですが・・
【2009/12/20 18:15】 URL | ミッフェル #8kSX63fM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1081-2162dc21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。