おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
トゲキッス舞う!王女さまのポケモンコンテスト!!
アニポケ見ました。
OPで見てからずっと気になってたトゲキッスゲット回!

続きから感想です。


【トゲキッス舞う!王女さまのポケモンコンテスト!!】


トゲキッスといえば、トゲピー&トゲチックの進化系。
そして、トゲピー&トゲチックといえば、初代ヒロイン・カスミ。

・・・って事で、トゲキッスゲット回にはもれなくカスミも再登場しちゃうんじゃないかとワクワクしてたんですが、全くもってそんな気配も感じさせないまま終わりました。
まぁそもそも、ヒカリそっくりの王女様登場ってストーリーの、一体どこにカスミが出るんだって話だよね。
うん・・・予告の時点で分かってたさ・・・orz


本編。
カタクリタウンのポケモンコンテスト会場にやってきた一行。
ヒカリはもう5個目のリボンゲットしてるので、このまま素通り予定・・・だったんだけども。
突如現れた謎の美女に呼び止められました。

美女「ヒカリ様でございますね。お待ちしておりました」

王女様の侍女さんかなというのはすぐ想像ついたけど、まさかヒカリの事知ってたとは!
てっきり偶然バッタリ出会って、ヒカリと王女様がそっくりだから入れ替わり~みたいになるかと思ってました。

意気込んでナンパするタケシがグレ様に毒づきされるのはいつもの事。
そういやダイパももうすぐ終わりなんだって考えてふと思ったんだけど、最初は「・・・え?ポケモンがツッコミやっちゃうの?」なんて思ったけど、見慣れるとこのやり取りは本当に和みますね。
タケシにしたらとんだ災難だけど(笑)

話を戻して。
彼女の名前はフリージアさん。
フリージアさん曰く、「ヒカリ様に王女様となって頂く為、お迎えにあがりました」との事。
これだけ聞いてると、本気でヒカリが王女に選ばれたみたいだなぁ(笑)

何の事か分からないままフリージアさんに案内され、とある大きなお屋敷へやってきた一同。
そこにいたのは、親善大使として訪問中の王女様・サルビア。
この子がヒカリそっくりの王女様ですね!
予告でもそっくりだと思ったけど、本当に瓜二つですねー。
他人の空似どころか、もはやドッペルゲンガーを見てるようです(笑)
声はかかずさんか。
金銀でミカンちゃんの声やってらした方ですね!

サルビア王女は自称ヒカリマニアで、コンテストやタッグバトルは全て観ているのだとか。
たまたま見たコンテストとかでヒカリファンになって、そのままズブズブと・・・って感じだろうか。
例のタッグバトル大会までチェックしてるとは、本当にヒカリ大好きなんですね。
一緒に旅をしてるサトシやタケシまでしっかり覚えてる辺りが本当に凄い。
流石マニアを名乗るだけあるなぁ(笑)

ヒカリに憧れてるだけあって、自分でもコンテストに出場してみたくなったというサルビア王女。
しかし、この街にいる間は公務で忙しく、そんな余裕はない。
そこで、自分とそっくりなヒカリに、コンテストへ行ってる間だけ入れ替わってもらえないか、という事らしい。
理由は分かったけど、なんて大胆な作戦思いついちゃうんですか王女様!
双子ならともかく、他人の空似で入れ替わりってそうそう聞く話じゃないからね。
フリージアさんも止めなくて良かったんだろうか(笑)


そんな視聴者のツッコミも虚しく、王女様衣装に着替えたヒカリ。
一度本物のドレスを着てみたかったと大はしゃぎ。
うんうん、女の子なら一度は憧れちゃうよね(笑)
王女様衣装なヒカリが可愛い!
サルビア王女とヒカリが並ぶと、双子を見てるみたいでなんだかホンワカしちゃいますね。

続いて、サルビア王女もヒカリの服にお着替え。
おぉ!まさにヒカリ!本当に鏡を見てるみたいです!

サルビア「随分身軽なお洋服ですね。ちょっと恥ずかしいですわ」

あー・・・ですよね。
結構大勢の人達が前々から思ってたと思うよ。
アニメじゃ誰も突っ込まないからあれが普通かと思ってたけど、やっぱあれ短いんだ(笑)

とりあえず着替えも済んだ事だし、気持ちを入れ替えるついでに、サルビア王女の手持ちポケもお披露目。
サルビア王女のパートナーは、トゲキッス。

・・・って、トゲキッスでっか!!

いやいやいや、いくらなんでもデカすぎやしませんか?
どう考えても1.5m以上ありそうなんですが。
てか、タケシと同じくらいってのはどうなんだ。
タケシが1.5mしかないのか、このトゲキッスがデカイだけなのか・・・。

まぁでも、トゲキッスはやっぱ可愛いですね!
あの丸っこい鳥の様なフォルムが凄く好きです。
声はメリッサさんの声をされてた井上さん。
なんか今回ジムリーダーボイス多いな!

そこへ、執事さんが登場。
ヒカリ扮する王女様を残し、サトシ達はバレないうちにサルビア王女扮するヒカリを連れてコンテスト会場へ。
執事に怪しまれ、うっかり「大丈夫大丈夫!気にしなーい」なんて普通に喋っちゃうヒカリがなんか可愛い。
いきなり王女様口調って言われても難しいよねぇ。

ところでこの執事さんの名前はセバスチャンで宜しいでしょうか?(@ポケスペネタ)
お嬢様の名前はプラチナじゃないけど、ヒカリにそっくりだし、もうセバスチャンでいいと思うよ(笑)


さて、コンテスト会場に到着したサルビア王女達。
サトシもタケシもちゃんと敬語使ってますねー。
同じくらいの年だからどうなるかと思ってたけど、ちゃんと立場とか考えてるんだね。
昔は年上にも普通にタメ口とか多かっただけに、こういう所はしっかりチェックしてしまう。
さり気なくタケシがポッチャマを持つって配慮も書かれてるのが細かいなぁ。

中に入っていく一同を、偶然見かけたロケット団。
ムサシもやっぱり今回出場するんですね。
ムサシにとっても5個目のリボンがかかった大切な試合になるんだもんね!

しかし、すでに5つリボンを持ってるはずのヒカリが出場すると知り、戸惑うムサシ。
「妨害する気ね!」なんて勘違いして怒りに燃えてたけど、この意見は思わず納得。
もうグラフェス行けるのにまだ出るなんて、他のコーディネーターにしたら妨害以外の何物でもないもんね。
ううむ・・・王女様の為とはいえ、ある意味やっちゃいけない事しちゃってる・・・のか?

オマケに、普段のヒカリとは全然違う口調で、「ムサリーナさんはいつもお会いしてるお友達」とか「コンテストに出るのは長年の夢だった」とかうっかり口を滑らせちゃうサルビア王女。
何だか危なっかしいなぁ。
あんまり下手な事言うとすぐバレちゃいそうだよね。
まぁこれくらいで見破られないのがアニポケマジックだけど(笑)


その頃ヒカリは、親善大使として色んな貴族の方と謁見中。
疲れっぷりを見る限り、このヒゲの人を含めてかなり謁見したっぽいですね。
まだ終わらないの?と尋ねるヒカリに、フリージアさんがニッコリ笑顔で一言。

フリージア「あとほんの80組ですから」

フリージアさん、それは『ほんの』とは言いません。
庶民にしたら『まだまだ』の領域です(笑)


戻って、一次審査の行われてるコンテスト会場では、ムサリーナが演技をしていました。
今回の使用ポケモンは、メガヤンマ。
原子の力を鋼の翼で砕いた後、銀色の風で更に細かく切り刻み、光の雨を会場に降らせるメガヤンマ。
ムサリーナの演技、かなり本格的になってますね!
昔は体を張った演技で笑いを取って~とか、適当にやったら偶然いい感じに~的なのが多かったけど、最近の演技は、最初から最後までバッチリ考えてあるし、綺麗に決まってる。
ムサシも本格的にコーディネーターらしくなってきましたよね!

続くエントリーは、サルビア王女扮するヒカリ!
あれ?サルビア王女、ドレスは着ないんですね。
てっきりコンテスト衣装もヒカリから借りてあるのかと思ってたのに。

サルビア王女の使用ポケは、もちろんトゲキッス!
ボールから出す時の掛け声は、「トゲキッス!エントランス!」
毎回思うんだけど、この掛け声もホントよく考えてあるよね。
その人達にあった掛け声にしなきゃいけない上に、今までのキャラと被っちゃいけない。
結構難しいと思うんだよね。

それはさておき、ボールから光のティアラを纏って現れたトゲキッスが凄く綺麗でした!
流石王女様のポケモンだけあって気品に満ちてますねー。

肝心の演技の方も、練習してたというだけあって凄く綺麗に決めてくれました。
波導弾をゴッドバードで分散させた後、エアスラッシュで砕き、光のオーロラを演出。
これまた王女様らしい、気品あふれる演技でした!
トゲキッスが天使みたいなだけに、なんか天国へ迷い込んだようなそんな感じ。
サルビア王女も、普段着なのに、まるでドレスを着てるかのように感じさせる動きの上品さが素晴らしかった!


一方、ようやく謁見が終わり、グッタリしてるヒカリ。
でも休んでる暇はなく、今度は昼食を兼ねて懇談会に。

ヒカリ「こんなんか~い!!」

今回のセリフ考えたの誰だ(笑)
さっきも「ヒカリだけに光の演出~」とかってかけてたし、ちょいちょい言葉遊び混ぜてるなぁ。


コンテスト会場控室。
一次審査を終えたサルビア王女は、いまだ興奮が冷めやらぬみたいですね。
コンテストに出られた喜びと充実感に満たされてるって感じ。
タケシの言うとおり、お城で暮らしてるとこんな風にハッスル出来る事ってあんまりないんでしょうね。
大会なんかが開かれても、王女様って立場じゃ審査員かゲストばっかだろうし。
でも、自分も出てみたい!なんて我儘も言えず。
・・・いや、言った所で「王女様に万が一何かあったら・・・」とかって止められてそう。
何て言うか、凄い窮屈なイメージ。
お姫様とかって聞くと華やかに見えるけど、私たちが思うよりかなり大変なんだろうなぁ。

そう考えると、こうして自由に旅出来るサトシ達は本当に幸せなんですね。
自分の夢に向かって、こんなにも必死になれるんですから。


お城と言えば・・・でヒカリを心配するサトシ。
サトシ「大丈夫かなぁ?」

・・・大丈夫じゃなかった(笑)
昼食で思いっきり失敗しちゃってました。
でも気持ちは凄い分かる。
あんな上品な雰囲気であんな上品な人達に囲まれれば、いやでも緊張しちゃいますって。
私なんて、ちょっと上品なお店に入っただけでカッチカチですから(笑)


そうこう言ってるうちに一次審査の結果発表。
ムサリーナもサルビア王女も無事通過。
どんどんコンテストは進んで、決勝はムサリーナとサルビア王女がバトルする事に!
王女様やるぅ!
ずっと練習してたとはいえ、初出場で決勝まで来ちゃうなんて凄い!
コーディネーターとしての才能もあるんですね!

早速決勝・・・・・・の前に、サプライズゲストの紹介。

そこにいたのはなんと、サルビア王女に扮したヒカリ!
まさかコンテストのゲストに呼ばれてたとは!
なんか観てるこっちが気まずい(笑)
しかも「頑張って王女様!・・・じゃなくて私!」とか言っちゃうもんだから、更に気まずい。
落ち付けヒカリ(笑)


さて、今度こそムサリーナVSサルビア王女の決勝戦スタート。
ハブネーク(ムサリーナ) VS トゲキッス(サルビア王女)。

エアスラッシュで先制するトゲキッスだけど、ハブネークは黒い霧で受け止め、そのまま反撃。
凄い不謹慎な事書くんだけど、黒い霧に包まれてオロオロしてるトゲキッスがすっごい可愛かった!
なんか、零2作目に出てきたちーちゃん(自分で暗闇を作るのに、暗くなるとオロオロしる霊)を思い出して、思わずキュンとしてしまいました(笑)

その後もハブネークがトゲキッスを翻弄し、かなり優勢に。
巻きつく~上空へ放り投げる辺りの流れが本当に凄かった!
あのダンスも投げるタイミングも鮮やかに決まってたし、ムサシ本当に凄い!
本編では出てないけど、きっとムサシもかなり頑張って練習してきたんだろうな。
AGじゃ本当に適当っていうか、ほぼノリだったけど、今は本気も本気、かなりマジモードですね。
悪役なのに、こんなにもコンテストに情熱を傾けちゃうムサシが素敵で仕方ない。

絶好調なムサシとは裏腹に、途端弱気になってしまうサルビア王女。
しかし、そんな中届いたヒカリの声。

ヒカリ「諦めちゃダメー!」

自分の今置かれてる立場も忘れ、思わず叫ぶヒカリ。

ヒカリ「ずっとトレーニングしてきたんでしょ!?こんなに忙しいのに、トゲキッスと一緒に頑張ってきたんでしょ!?だったら、最後まで頑張って!最後まで諦めないで!」

ムサリーナも言ってたけど、これは確かにフェアじゃない。
・・・けど、短時間ではあるけど、ヒカリは王女様の大変さを身を持って体感しちゃったんだもんね。
王女様の公務の辛さ。
そんな中から時間を見つけ出し、トレーニングする事の大変さ。
それだけサルビア王女がコンテストに情熱を燃やしてて、コンテストが大好きって事なんだよね。

そしてようやく出る事が出来たコンテスト。
・・・きっと王女である限りもう出れないであろうコンテストを、途中で飽きらめるなんてしてほしくない。
例え負けたって、最後まで・・・自分の納得のいくまで頑張ってほしい。
ヒカリの我を忘れた必死の叫びに、そんな想いが伝わってくるようで思わずじーんときちゃいました。


ヒカリの声援でやる気を取り戻したサルビア王女&トゲキッスは、ここから一気に反撃開始!
ハブネークの噛みつく攻撃を神秘の守りで弾き返し、エアスラッシュを決めるトゲキッス。
・・・神秘の守りってアニメじゃこんな効果だっけ?
もはや『守る』じゃないか・・・なんて言わない(笑)

ポイントが同じくらいになった所で最後の一騎打ち!
トゲキッスの波導弾を避け、ポイズンテールを決めようとするハブネーク。
しかし、トゲキッスはそれを上手くかわし、もう一度波導弾!
この辺の避けあいが、本当にハラハラさせてくれました!

最後は波導弾をモロに受けたハブネークが気絶し、バトルオフ。

そして、サルビア王女&トゲキッスが優勝!

初出場で初優勝。
王女様には忘れられない思い出になりましたね。
本当おめでとうサルビア王女&トゲキッス!


コンテスト終了後、控室にて落ち込むムサシ。
コジロウやニャース、ソーナンスが励ますも、出るのはため息ばかり。
まだチャンスがあるとはいえ、ムサシにとっても最後のリボンがかかってたコンテストだったんだもんね。
しかも負けた相手はすでにグラフェス出場を決めてるヒカリ(と思ってる)。
そりゃ落ち込むよなぁ。

そこへ、ヒカリに扮したサルビア王女が登場。
慌てて隠れるコジロウ達。

サルビア「ファイナルステージで戦って頂いた、感謝の気持ちですわ。どうぞ」

ムサリーナにリボンを手渡すサルビア王女。

サルビア「私、今日と言う日は一生忘れません。ムサリーナさんともお会い出来て、とても嬉しかったですわ。ありがとうございました」

サルビア王女はあくまでも『コンテストに出る事』が目的だったんですね。
折角貰ったリボンだけど、それはヒカリ達の協力があったから。
本来は自分が貰うべきじゃない。
そう思ってムサシにリボンを託したのかな。

最初に「こんなお情けリボンなんていらない!」と怒るムサシがまたいいですね!
今までは即ラッキーって言ってそうなものなのに、ちゃんと悔しがってる。
ムサシが立派なコーディネーターである証だと思う。
・・・以前コジロウがゲットしてきたリボンは持ってるけど(笑)

リボンを捨てようとするムサシを必死に引き留めるコジロウ&ニャース。
リボンをゲットするのは容易な事ではない。
それに、これでムサシもグラフェスに行ける。
それを聞いたムサシは、一気に方向転換。

ムサシ「キャンディ・ムサリーナ、カタクナリボン堂々ゲット!」

・・・い、いいのかそれで(笑)
てか、リボンの譲渡自体が果たして許されるんだろうか。
優勝者って大会本部で記録してそうなもんだけど・・・。
あとで王女様が大会本部に説明してくれたのかなぁ?
替え玉出場だからサルビア王女の優勝が無効って事になれば、ムサリーナが優勝で間違いないんだし。

でも正直な所、ムサシには実力でリボンゲットしてほしかったなぁ。
ここまで頑張ったんだし、最後くらいは・・・ね。
とはいえ、コジロウがゲットしたリボンも持ってるし、今更ですね(笑)

なにはともあれ、リボンゲット&グラフェス出場おめでとう!ムサシ!!


最後に、元に戻ったヒカリとサルビア王女。
サルビア王女は、ヒカリにトゲキッスを連れていってほしいとお願いする。

トゲキッスを手放すという事は、コンテスト好きなトゲキッスの為ってのもあるだろうけど、何よりも王女様のコンテストに対するけじめなんだと思う。
サルビア王女はこんなにもコンテストが好きなのに、コーディネーターにはなれない。
だから今回だけと決めてヒカリと入れ変わった。
1日だけの、きっと初めての我儘。

1回体験しちゃったら、それこそ止めれなくなりそうなものだけど、ここでちゃんと幕引きしてるのがまた偉い!
自分の立場や周りの影響を考えた上での結論ですね。
サルビア王女はまさに『王女』なんだなぁと思わせる結論でした。

でも・・・サルビア王女が決めた事だから私が何言っても意味ないんだけど、やっぱ可哀相だなぁ・・・。
さっきも書いたけど、サトシ達が自分の夢に向かって歩める事は、こんなにも幸せな事なんですね。

ヒカリもその気持ちを汲み、トゲキッスを連れていく事に。
これでヒカリの手持ちも6匹フルに揃いましたね!
残るはグラフェスに向けて特訓あるのみ!


・・・と思いきや、次回はトゲキッスが命令を聞いてくれなくて何やら奮闘しちゃうっぽい?
なんだろう・・・コンテストで魅せる練習しすぎて、変な癖があるのかな?
どんな話になるのか楽しみです!


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2010/05/28 23:50】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<拍手返信 | ホーム | 日記遅れててすみません>>
コメント
>kivaxtuto様
私は一応声違うなというのは分かったのですが、それでもお二方の声質は似てると思いました!
豊口さんが一人で演じ分けられたといわれたら、思わず信じちゃいそうですよね( ̄m ̄*)

ムサシのリボンゲット。
これに関しては、私もちょっとな~・・・と思っちゃいました(^^;)
kivaxtuto様の仰る通り、リボンを譲るという事は相手に侮辱していると思われてもおかしくない行為です。
いくらサルビア王女に悪気はないにしても、協会のシステム的に考えても正しい行動だったのかは悩むところですよね。

また、やはりここまで頑張ってきたムサシだからこそ、最後は実力でリボンゲットしてほしかったな、なんて(><)
リボンゲットの大変さを知っているからこそ、こういうゲットもありだとは思いますが、折角実力があるだけにちょっと残念だったなと思います。
でも、無理やり奪い取ったわけでも、落ちてるのを拾ったわけでもなく、ちゃんと正々堂々戦って手に入れたわけですから、そこは素晴らしいですよね!
悪役なのに律儀・・・こういう所がロケット団の良い所ですよね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/10/21 15:54】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
*今更のコメントどうもスミマセン・・・

豊口めぐみさんとかかずゆみさんの声質って似てるんですねぇ~
自分はエンディングを見るまで豊口さんが
ヒカリとサルビアを1人で演じていると勘違いしてました・・・

基本的に単純なムサシだから良かったものの
サルビアが天然で悪気が無いとはいえ
リボンを敗者に譲るという行為は
相手のプライドをかなり傷つける行為なので
これならムサシが勝つ展開でも良かったですかねぇ~
【2010/10/21 12:01】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>スモッド様
なんとヤフーブログは5000字までなのですか!( ̄□ ̄;)
いつも感想が長くなっちゃう身としては、FC2さんでよかった、なんて思っちゃいました(^^;)
オデン回なんか、2分割どころか4分割・・・いや、5分割になっちゃいますもん(笑)

さて、本編の方ですが、サルビア王女は本当にヒカリそっくなお方でしたね!
双子を見てるみたいで凄く可愛かったです(*´▽`*)

しかし、入れ替わるとなると予想以上に大変だったみたいで、今回のヒカリは本当にお疲れ様でしたよね。
スモッド様の仰る通り、いきなり王女様をやれと言われても無理ですよねぇ(^^;)
特に口調は癖がありますし。
私がもし同じ立場に立たされたら、ヒカリ以上に失敗してそうです(笑)

口調といえば、やはりスモッド様もサトシの口調をチェックされましたか!
今までタメ口が多かっただけに、これは素晴らしい成長ですよね(≧▽≦)
昔は本当に子供・初心者って感じでしたが、今は一トレーナーとして、先輩として、そういう面でもキチンと成長してると分かるのが嬉しいです。

トゲキッス。
あの大きさにはビックリでした!
比較対象である子が小さいというのもあるかもしれませんが、今までのタケシの身長を考えると、どう考えても1.6mはあるんじゃないかなと(笑)
でも、あのフォルムはやっぱり可愛いですね!
元々可愛い系のポケモンだとは思ってましたが、動きがあると余計可愛く見えました(*´▽`*)
鳴き声も優雅なのに、それでいてどこかキュートで、凄く癒されました♪

コンテストでの演技も素晴らしかったですよね!
ボールに貼ってあったシールも、王女様にもトゲキッスにも本当にピッタリな気品ある登場で、思わず私までおぉ~と歓声をあげてしまいました。
演技内容も優雅で可憐で上品で、まさに王女様!
感想にも書きましたが、トゲキッスが天使みたいなだけに、本当に天国にいるような美しさでした(*´▽`*)

ボールから出す時の掛け声。
実はこれ、AGの頃からずっと気になってたんですよ。
ハルカは『ステージオン』、ヒカリは『チャームアップ』、ムサシは『ロケットスタート』など、人によって本当に色んな掛け声があって、しかも毎回その人にピッタリの言葉になっている。
これは本当に凄いことだと思うんです。
キャラが増えればその分言葉選びも難しくなってきますし、スタッフがいかに細かい所まで丁寧に考えてくれてるかが分かって、何だか嬉しくなってきますね(^^)

サルビア王女。
ヒカリの普段着で出たはずなのに、どこか上品さと気品を感じさせるたたずまいでしたよね!
どんな時でも、どんな格好でも、常に王女らしい振る舞いをする。
この辺は本当に流石だと思いました。

控え室での会話以降の感想。
私もスモッド様の感想を拝見させていただいたのですが、凄く参考になりました!
私はどちらかというと王女様視点での見方をしていたので、ヒカリ視点で考えるとそうなるのかと思わず納得するご意見がたくさんあって、本当に素晴らしかったです!
この辺りに関しては、今更ではありますが、そちらにコメントさせていただきますね(^^)

最後に、ムサシのリボンゲットについて。
感想では書ききれなくて、他の方への返信で思わず語っちゃったんですが、ムサシも本当に成長しましたよね!
まだ完全に『卑怯な手』から足を洗ったわけではないかもしれませんが、それにしたってAG時代のような卑怯技は使ってませんし、何よりも自分の実力でリボンをゲットできなかった事を悔しがるというあの姿勢!
ムサシもコンテストにはそれだけ本気なんだと読み取れるのがいいですよね(^^)

リボンとトゲキッスを他の人に託した王女様。
勝手なイメージですが、サルビア王女にとってトゲキッスはサトシでいうピカチュウのような存在だと思ったんですよ。
何もトゲキッスだけがコンテストに出れるポケモンって訳ではありませんが、王女様にとってはトゲキッスこそが自分の夢の象徴だったんじゃないかなと思うんです。
そんなポケモンをヒカリに託すという事は、それだけ強い覚悟があっての事なのではないかな、なんて。
そして、もし夢を託したつもりならば、それは自分の夢を諦め、王女として生きていくと決意下という事。
改めて王女という存在は、国民の上に立つ存在なんだなぁと感心させられた瞬間でした。

さて次回もトゲキッス&ヒカリ中心の回になるみたいですね!
どんなお話になるのか凄く楽しみです!

では、コメントありがとうございました☆
【2010/06/02 14:59】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです
流石米神様 ドッチも好きはしゃいだ回の僕をはるかにしのぐ7000文字もかかれるとは
そして気づいたのは、実は一昨日の放送(グランフェ結末回)の感想書いたらヤフーブログは
5000文字以上は投稿できないらしい 5500文字以上語れたのですが…orz
(分割する方法もあったのですがWCSの帰りだったので気力的に)

さてサルビア王女本当にそっくりでしたね、ヒカリが着替えた後寄って来た時はポッチャマ程では
ないですが驚きました。

トゲキッス様 やっぱり大きいですよね、僕が例の放送で喋ったリスナーとしてコメント送信
しても「でかい」という声が殆どでした。あれで1.5mって まぁマンムー以外皆
高さが小さいので余計に大きく感じるかも?しれませんね
(泣き声でいちいち反応していた&米神様までフォルムお気に入りですか)

今回のヒカリ大変でしたね、口調なんか突然切り替えられるわけないですし、食事回のあの
台詞は思わず本音が出た感じ、目を回して倒れても致し方ない

サトシの王女への口調は僕もチェックしました。仰る通り以前ならタメ口が多かっただけに
言葉遣いとか立場とか振る舞いとか随分と様変わりしましたよね

トゲキッス様のボールカプセルがよかった、仰る通り気品に溢れた感じでしたね
ってかあれがティアラなのか装飾品関係全くわからない(適当に冠系かと思ってた)
そして言われてみればボールから出す掛け声の工夫
凄いですよね、コンテストもバトルも含めたら凄い人数のトレーナーでしかも
特徴にあわせる必要がある、こんなところまでチェックされてるとは流石です

僕もサルビア王女普段着なのに王女らしさを感じ取ることが出来ました。

コンテスト控え室辺りから、良い意味書き方僕と違い参考になります。
王女様の窮屈イメージをうまく衝かれてますね。

ヒカリの言葉ではっとする王女
「きっと王女である」前の部分は僕も同じ事書いたのですが、此処から先「頑張ってほしい」
迄の部分が違いました。王女のことを考えたご意見が考慮されていて非常にうまいです。
(僕はヒカリ側から考察してみたので)

そして更に王女がムサリーナにリボンを託した+トゲキッス様を託したり所以の書き方が
また凄いです、目の付け所は流石です。仮に文字制限なくてもこの辺りかけませんでしたので

ムサシのコンテストに賭ける思いは同じように書きました、ミクリカップでの失敗を
活かせるようになったり、他人の作戦をうまく吸収したりなど、ヒカリと同じように成長している
コーディネーターの1人ですね、ニャースに言われるまで断っていたのも、それほどまでに
コンテストに賭ける思いが強いこともひしひしと感じますし

さて次回もキッス様活躍+ヒカリ活躍で更なる大暴走なスモッドである。www

ではでは
【2010/06/01 15:06】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>toshiki様
トゲキッス、ついにゲットしましたね~!
こんな後半に最終進化系をゲット?なんて思ってましたが、自力でゲットではなく、王女様から譲り受けた子だったんですね(^^)

ムサリーナ。
最後のリボンを自力でゲットできなかったのはやはり残念でしたよね(><)
サルビア王女がヒカリのフリをして出場したのがルール違反だとしても、負けは負けですもんね。

ただ、今までのロケット団を考えると、これは凄い成長だと思うんですよ。
今までは卑怯な手を使ってリボンをゲットする事が普通、それが優先でしたから。
でも、今回も含め最近は、キチンと自分の実力でリボンをゲットしようとしている。
今回にしたって、最後は喜んでリボンを受け取ってましたが、最初に「お情けはいらない」と捨てようとしてたのは凄く立派だと思うんです。

ムサシが実力でリボンをゲットしたのは3つだけ。
しかし、残りの2つにしても思い返せば、ムサシは最初は自分の力でリボンを取りたいと意思表示してるんですよね。
無理だと分かってからも、どうしても諦め切れなくて・・・。
だからつい、コジロウに替え玉を頼んだり、サルビア王女がくれたリボンを受け取ったりしちゃったんだと思います。
裏を返せば、それだけムサシがコンテストに対しては本気なんだという事も見えてきますよね。

あれだけ卑怯な手に拘ってた奴等が、いきなり全て改心しちゃうというのもおかしな話ですし、これくらいのなぁなぁ感が今のロケット団にはちょうどいいのかもしれません。

では、コメントありがとうございました☆
【2010/06/01 11:18】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ヒカリ、OPに出ていたトゲキッスを遂にゲットしましたね。ムサリーナさんを素直に優勝させればよかったのにと思っています。でも、ムサリーナさんもGF出場決定です。
ムサリーナさんの今までの流れ
1、ズイ大会でケンゴに勝利し、ゲット。
2、ヨスガジム戦の回でたまたまやってたコンテストに出場しゲット。
3、スイレン大会で風邪をこじらせたムサシの代わりにコジロウが出場し、ヒカリに勝利し、優勝したコジロウがリボンをムサシにあげる。
4、トナリノ大会でゲット。
ラスト、お情けゲット。
【2010/05/31 19:54】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1248-f66e3b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。