おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
しんいちはやっぱりそういうキャラでした
この間進めたCALLINGのプレイ日記です。

零4作目に引き続き、まさかの病院探索。

学校という大きな恐怖スポットを使ったくせに、病院まで使っちゃいますか。
スゲェ・・・スゲェよハドソン・・・。
人が何を怖がるか見事に熟知してやがるよ・・・。


【CALLING~黒き着信~プレイ日記5】


闇は身体を包み込むと、心の内側から蝕んだ。
身体は粒子となり、電波の流れに押し流され、内側へと落下していく。
完全な闇。
それは"虚無"だった。
永遠とも思える一瞬の後、私は"虚無"に漂う記憶の形骸の上で、再び結晶化する。


カッコいい事言ってるけど、さっぱり意味が分からん(笑)
誰だこのポエマーは。
要は、『境界に取り込まれて死んじゃったけど、幽霊となって復活するよ!』って事でいいですか?


●徨ノ章(オウノショウ) 神楽凛 パート1

そろそろ白江さん来るかなと思いきや、前回に引き続き、凛ちゃんのターンみたいです。
そっか、白江さんはもう少し先になるのか。

さて、前回は恐怖の学校を無事脱出!
携帯を使って転移してきた先は、ネットカフェの1室でした。
最初に目に飛び込んできたオンラインゲームの宣伝ポスター、地味に怖ぇ・・・。
『ひとりきり』ってどんなゲームだよ。
このポスターにパスワードが書いてあるのも発見したので一応メモ → 『未辰未未酉寅』

辺りを見渡すと、足元に携帯が落ちてたのでゲット。

直後、背後にPCに向かうバンダナを巻いたオタク男性の霊が出現!
死んでもまだPCやってる辺りにオタクの執念を感じた(笑)
襲ってくるかと思ったけど、椅子から立ちあがるとすぐに消えちゃいました。
そういやあのトリオ、「ネットカフェで男性死亡」とか言ってなかったっけ?
まさかその人が死んだ場所に来ちゃったんだろうか・・・。

オタクが座っていた椅子を見てみると、何やらメモを発見。

▼ネットカフェのメモ
29


何の番号なのかサッパリ検討がつかないので、一旦無視して部屋内を探索。
・・・と思いきや、何やら霊出現音(耳鳴りの様な音)が。
お・・・おぉ・・・ポスターの中で男がもがいてやがる・・・。
こんな狭い部屋の中でもしっかり心霊現象は起こるんですね。

次に、ポスターの下に鍵付きのボックスが置いてあるのを発見。
調べてみると、暗唱番号入力画面に。
そっか!『29』はこれの暗唱番号だったんですね。

そうと分かればさっさと番号を入力し・・・たかったんだけど、仕掛けが難しかった。
左右にダイヤルがついてて、片方を回すと2ケタとも動く仕組みなんだけど、法則が全く分からない。
というか、考える気力すらなかった(笑)
でも、適当に左右をカチカチ回したら普通に開いたし、まぁ結果オーライだよね!(笑)

中に入っていたのは、人形のパーツ。
何でこんなもんネットカフェにあるんだよ!気持ち悪いな!
頭部やら腕やらと全部取り出してみると、底から一枚の名刺を入手。
何故こんな所から・・・(笑)
名刺には、人形師の藤村儀三郎さんという方の携帯番号が書かれていました。

997-818-662

今度はここにかけろって事か?
この部屋からは出れないみたいだし、他にはなにもないみたいなので、早速コール。


転移してやってきたのは、左右に人形が並べてある和室。
辺りを見渡すと、畳の上で倒れている老婆が凛の目に留まった。
意識はないものの、彼女はどうやらまだ生きているらしい。


急に人形のアップ出すのは卑怯ですよ。
不気味な人形といい、倒れてるお婆ちゃんといい、ここ、しんいちが最初にいた家じゃないか!
お婆ちゃん・・・岸辺千代さんがいるってことは、髪の毛が伸びてきて入れなかったあの部屋か。
あれ?でもここって藤村じゃなくて、近藤さん家だよね?
近藤さんの人形師としての芸名が『藤村儀三郎』なのかな?

千代さんが心配なので話しかけてみると、ムービー発生。

目を覚ました老婆は、ゆっくりと辺りを見回した。
「わたし、どうしちゃったのかしら・・・・・・」
彼女もまた、境界へ取り込まれた一人だった。


凜「おばあさん、おばあさんはどこからここへ来たんですか・・・・・・?」
千代「あぁ・・・・・・お人形さんがいっぱいねぇ・・・・・・。ほら、あのお人形なんて、あの子、れいちゃんによく似ていない・・・・・・?」
凜「あの・・・・・・おばあさん、聞こえています?」
千代「ここはどこなんだろうねぇ・・・・・・。あら、あなた、どこかで見た顔ね。ごめんなさいね。最近すっかり忘れっぽくなって・・・・・・。ほんと、年は取りたくないねぇ・・・・・・」


説明書には『ハイテク婆さん』なんて書いてあったのに千代さんってば・・・。
れいちゃんって誰ですか?お孫さんですか?それとも黒澤怜さん(@零3作目)ですか?(笑)

ここでふと、どこかで携帯が鳴っている事に気付いた凜ちゃん。
そういえば転移してきたんだから持ってない&まだ拾ってないんでした。
足元付近に落ちてないかとキョロキョロすると、人形が置いてある台の近くに携帯があるのを発見。

早速拾って・・・・・・うおおおおい!誰だお前えええええ!!!

携帯拾おうとしたら、台座の下から手が出てきて携帯パクられたんですが!?
もー訳が分からん・・・何という罠だ・・・。
しかもまだ携帯鳴ってるし・・・。どこで鳴ってんだよ・・・。

前に覗いてた扉は、数体の人形が置いてあって、それらをどかさないと扉が開かない仕組み。
逆側の扉は全く開かず。
結局人形をどかすしかないんだけど、何やらどかす順番があるそうで、間違う度にダメージが!
ついでに、間違う度不気味な女性の笑い声が聞こえて凄い怖かった・・・。

何かヒントはないかと探してみると、扉左横の人形台座にて、辰のキーを発見。
あ、そういえば例のパスワード、このキーを集めて入力すると、オマケが見れるらしいですね。
よく見たら説明書にしっかり書いてありました(笑)

その後、人形が並んで写ってる一枚のヒント写真も発見!
この写真通りの順に人形をどかしてみると、見事扉がオープン!
はー全く面倒な事させやがって・・・人形なんてどれからどかしても同じだろうよ(笑)

さて、扉を開けた先は案の定、しんいちで覗いてた物置部屋でした。
物置にも携帯はないので、廊下を通り、しんいちが最初に起きた部屋へ・・・・・・ふぉう!!
・・・いえ、何でもありません。
ちょっと廊下の天井から日本人形が降ってきて、軽くビビっただけです。

一応落ちてきた人形調べと・・・あれ?勝手に消えたぞおおおおおおおおおお!?!?

・・・天井から逆さづりになった大量の人形に見降ろされてりゃ、そりゃビビるよね・・・。

その先に進むと、今度はしんいちが最初にいた部屋の扉や壁から大量の髪の毛が伸びてるのを発見。
これは中に入っちゃいけない気がするぞ(笑)
という事で、先に突当たりのトイレからチェック。

・・・とか思ったらまたトイレに閉じ込められた・・・orz
なんなん・・・このイジメ、ホントなんなん・・・。
今回は上から覗いてるとかはなかったけど、閉じ込められたって事実がもう恐ろしいです。
このゲームは一体どれだけトイレをトラウマにしようとしてるのか・・・。

トイレ以外は回る所がないので、意を決して髪の毛の伸びてた部屋をオープン!
さっきからずっと鳴り続けていた携帯は、やっぱりこの部屋に落ちていました。
しかも、わざとらしくベッドの下なんかに。
調べてみると、覗きマークまで出ちゃうというオマケつき。
なんかくるだろ絶対・・・。

半やけくそ気味に調べてみると、なんとベッドの下に隠れてるしんいちを発見!
お前、ここに戻って来てたのか!
てか、どこに隠れてるんだよ(笑)

・・・と思わず笑ったのもつかの間。
なんと、しんいちの姿がスーッと消滅。
携帯電話は普通にゲットしましたが。
え!?あれ?なんで?しんいちは?・・・と思っていた次の瞬間でした。

しんいち、怨霊化して凜ちゃんを襲撃。

しんいちテメェふっざけんなあああああ!!!
「助けてぇ!」はこっちのセリフだコンニャロウ!!
もうそうなったら助けれない・・・てか、そもそも凜ちゃんが助け方知ってると思うな!
あと、お前はいつかそうなると思ってた(笑)

急いで振りほどき、部屋から飛び出すも、まだシツコク追ってくるしんいち。
ここで一瞬、しんいちが部屋から出てくるムービー挟むんですが、ムービー終了後、目の前にしんいちがいて、バック走で逃げなきゃ行けないという鬼畜状況からスタートしたんですよね。
いきなりだからクイックターンなんか頭から抜けてるわ、追いつかれるわでかなりパニックになった。
とにかく、逃げる道といえば一つしかないので、物置部屋・・・もとい、千代さんの待つ人形の間へダッシュ!

・・って、うおおおおい!なんで開かないんだよ扉あああああ!!!

そうこう言ってる間にまたもやしんいちに掴みかかられ、リモコンをブンブンブン。
一応トイレと寝室の扉もガチャガチャやってみるも、どちらも開かず。
どどどどうすればいいの!?おい!ハドソン!!
ハッ!そうか!転移か!今こそあのパソコン室で入手したあの番号にかけるのか!
よーし、そうと分かれば急いでコールを・・・・・・と思ったら、ここでムービーに突入。

突如鳴り響いた黒電話の音。
その音に、しんいちは両耳を抑え、呻きながら消えていった。


そっか、零3作目の真壁先生との密室鬼ごっこよろしく時間制だったのか。
誰だか知らんがグッジョブ黒電話!
でもどうせロクな電話じゃないんだろうなぁ(笑)
ムービーが終わっても案の定鳴りやまないので、寝室へ戻り電話に出てみる事に。

黒電話「約束したのに・・・・・・来るって約束したのに・・・・・・。私の事、もういらないんでしょ。いなくなればイイと思ってるんでしょ・・・・・・。・・・お母さんのバカァ!!」

聞こえて来たのは、例の黒猫ぬいぐるみを持った少女の声。
そして、思いもよらぬ切ない攻撃・・・!
やっぱこの子の言う「嘘つき」はお母さんに対してっぽいですね。

何となく読めてきた気がする。
来てくれるって約束したのに、お母さんは何らかの理由で来れなくなって、でもあの少女はその理由を知らないまま死んじゃって、お母さんを恨んでこの世界を作り出したとかそんな感じじゃなかろうか。

とりあえず、しんいちが消えた事で扉のロックも解除されたっぽいので、千代さんの所へ戻ります。
物置への扉を開けると、市松人形の前に佇む男性の霊を目撃。
人形に何かヒントでもあるのかと近寄・・・・・・!?!?!?!?
ちょっ・・・え!?何何何!?なんで真横に出現しちゃうの!?
「私の人形・・・」?知ってるよ!別に取らないよ!

ビックリしたけど、特に襲われる訳でもなさそうなので、スルーして奥の部屋へ・・・・・・あれ?

千代さんいねぇ・・・。

いやいやいや、何その自由行動。
もしかして、さっきパクられた携帯が出てきて、勝手に転移した?
自由行動は控えてくれよ。心細いじゃないか。
どうしよう・・・とぐるり見渡すと、千代さんのいた場所に、一枚の番号メモを発見。

▼番号メモ1
岸辺 道人  997-618-252  黒宮病院204号室


岸辺・・・って事は、千代さんの旦那さん?
それよりも何故・・・何故病室の番号が書いてある・・・。
病院の映像流れた辺りから怪しいとは思ってたけど、病院来るの早すぎるだろ・・・。

奥の扉はやっぱり開かないので、渋々今の電話番号にコール。


転移してやってきたのは、案の定病院でした。

しかし、いくらなんでも手術室からスタートはないだろうハドソン。

手術室の恐ろしさなめんなよ!
零みたいに廃病院っぽくない・・・てか、今も使われてそうな雰囲気ではあるけど、怖いもんは怖いんだ!

一気にやる気がそがれつつ、まずはベッド(手術台?)の上にある携帯をゲット。
直後、何やらリモコンからノイズが聞こえ出しました。
あー、霊の声を録音しろってやつか。
長居したくない手術室にそんな罠を設けてある辺りが流石ですね。

ウロウロと場所を探し出し、録音開始。

看護士「ご免なさいねー。処置しますから、服切りますよー」
医者「脚の他に痛いところある?ここは痛い?」
患者「・・・・・・う、うぅ」
看護士「ライン確保しました。ご免なさいねー。血圧測りますよー」
医者「左脚の写真撮るからポータブル持ってきて。あと血液、クロスチェックにまわして。バイタルは?」
看護士「脈拍112、血圧54の103」
医者「腹部を診るからエコー持ってきて。念の為に頭部のCTも撮るから、連絡お願い。スネの骨が折れてるから。腫れが引いたら手術が必要になるからね」


痛い痛い聞いてるだけで痛い。
こういうの苦手だから、メモってるだけで気持ち悪くなってきた・・・。
ごめん、考え出すと凄い気持ち悪くなってきたので、この辺スルーさせてください(笑)

会話を聞き終わると、今度はベッドの上でカルテを発見しました。

▼救急患者のカルテ
患者名 : (判読不可能)
第9・10肋骨に転位。バストバンド固定で経過観察。左脚脛骨部骨折。腫れが引いたら要ロッド挿入。頭部CT異常なし。打撲痕多数。


さっきの会話の患者さんについてっぽいですね。
なんか凜ちゃんが妙に反応してたんだけど、なんだろう?
もしかして、この患者が凜ちゃんだったりするのか?
凜ちゃんの回想じゃ、昔、交通事故にあって病院に運ばれてたみたいだし。

あ!そっか!分かった!
これ書きながら今ピーンときました!

あの黒猫少女が今回のボスで、生前はこの病院に入院してた。
お母さんが会いに来るって約束をしたんだけど、何らかの理由で会いに来れなかった。
その間に黒猫少女は死んで・・・てか、凜ちゃんの回想じゃ自殺したのかな?
んで、その自殺シーンを、たまたま事故に遭って入院してた凜ちゃんが目撃しちゃった。
死んだ黒猫少女は、約束を守らなかった母を恨んでこの世界を作りだした。

・・・って感じじゃないだろうか?
もっといえば、凜ちゃんの探してる人ってのは、黒猫少女のお母さんじゃないかなと思う。
黒猫少女とは直接面識がある訳だし、HNしか知らない人で関係してきそうな人ってなればね。

しんいちは多分操作に慣れる為の使い捨てキャラだろうから別として(笑)、白江さんや千代さんも何らかの形で関係してたりするのかな?
あの2人はまだ操作してないから、今後明らかになってくれることと思います。


さて、長々書いたけど、ストーリーに戻ります。
カルテを読み終わると、こっちに来いと言わんばかりに出入り口の扉が勝手にオープン。
病院ってだけで怖いんだから、これ以上余計な事すんなよ・・・。

覗き返すの止めろよと念じつつ廊下へ出てみると、廊下の奥に看護士さんの霊が立っていました
そして、誘う様に廊下の奥へと歩いていく看護士さん。
・・・私に付いて来いってか?

とりあえず地図を見て、逆方向にセーブがあるのを確認し、そちらへ猛ダッシュ。
すみませんすみません。
次回は必ず追いかけますんで、今回はこの辺で勘弁してください。
まさかこんな早く病院が来るなんて思ってなくて、かなりテンション下がった(笑)


次回はあの看護士さんとの鬼ごっこからスタートしたいと思います。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2010/09/19 23:40】 | CALLING~黒き着信~ | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<ポケモン情報色々 | ホーム | 黒白の世界へ   ・・・って言うとなんかDグレっぽいな(笑)>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2014/03/26 22:10】 | #[ 編集]
>mikua様
返信が遅れて申し訳ありません(><)
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます♪
わわわ!零の頃から覗いて頂いてただなんて!!
ありがとうございます!凄く嬉しいです(*´▽`*)

mikua様も月蝕プレイされたんですね!
病院は本当に怖いですよね(^^;)
私は、とにかく何かでそうなあの雰囲気が苦手です。
手術室、霊安室なんかは特に、その場にいるだけでもう怖くって・・・(><)
そんな中、いきなり手術室からスタートとか、ハドソンは本気で鬼ですよね(笑)
一気にやる気をそいでくれましたよ。

「れいちゃん」。
これは零シリーズを知ってると思わず反応しちゃいますよねぇ( ̄m ̄*)
私もずっと零の怜しか浮かんできませんでした。
制作会社が違うので絶対繋がってないとは分かってるはずなのに、今でもれいちゃん=怜と繋がってます(笑)

病院探索となるとあまり気が進みませんが、また頑張って探索していきたいと思います!
進めたらプレイ日記アップさせていただきますので、よろしければまた覗いてやってください(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/10/09 01:39】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
はじめまして!mikuaというものです!
実は、零~zero~をやっていたころから、
このブログをみていました。
でもコメントには踏み切れず…(笑)
今回やっと、コメントです。

病院……私も月触をやっていたので、
病院の恐怖は分かっております(笑)
そして、「れいちゃん」に異様に反応いたしました(笑)
私もあちらのれいちゃんを思い出し…(笑)

これから怖くなっていきそうですね……。
私もドキドキしながらみています。
頑張ってください!!!
【2010/10/04 22:36】 URL | mikua #-[ 編集]
>瑠璃様
ついに病院突入しちゃいましたよ~(T▽T)
こんな早く病院に飛ばされ、しかも手術室からスタートだなんて、かなりテンション下がりました(笑)

ななななんですってええええ!( ̄□ ̄;)
あの凸凹トリオより恐ろしい霊がいるんですか!?
おおお・・・流石病院・・・簡単にはクリアさせてくれないんですね・・・orz

でも、あの看護士さんは大丈夫なようで、少し安心しました!
ついていったら罠だった、なんて事になったらどうしようかと(笑)
という事は、彼女は天野さんみたいに、物語を進める上での進行役みたいな感じなんでしょうか?
遠めで顔は分からなかったのですが、美人さんである事を祈ってます( ̄m ̄*)

しんいち。
ホント、助けて欲しいならまず襲ってくんな!って感じですよねぇ(^^;)
まぁ瑠璃様の仰る通り、どっちにしろ助ける事はできませんが(笑)
彼は今後もあの家に行く事があれば襲い掛かってくるのでしょうか・・・?
あのトリオも含め、幽霊になったけど転移してきちゃった☆なんて事だけはない事を祈りたいと思います(^^;)

では、コメントありがとうございました☆

【2010/09/22 11:58】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちは!とうとう病院来ちゃいましたか。ここはですね学校にいたあの女子高生3人より恐ろしいのではないかという思われる霊が結構いるはずなんで頑張ってください☆あっでも最初に出てきた看護士さんは怖くないですよ!まぁ見た目は怖いですけど(笑)
しんいちは…まあ、あんな感じにほぼ想像どうりになりました(笑)助けてほしかったら襲ってくんな!いやどっちにしても助けられないけど!と私は実況動画見ながら叫んでました(笑)
【2010/09/21 20:43】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
>サキ様
こんにちは!
CALLING、ついに病院に辿り着きましたよ~。
まさか手術室からスタートだなんて思ってなくて、初っ端からかなりビビらせていただきました(^^;)
しかも、早速録音やら勝手にドアが開くやらと、全く休ませてくれない怒涛の展開。
ハドソンさんは本当に鬼ですね(笑)

しかし、これからも恐ろしい展開が待ち受けてるようで・・・。
病院ってだけでもかなりビビッてるので、今まで以上に心してかかりたいと思います!
また進めたらプレイ日記書きますね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/09/21 14:43】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちは、サキです☆
病院に辿り着かれましたか…頑張って下さい!
これからも「うおっ!」と思うような展開が
待っていること確実です。(苦笑)
それでは。
【2010/09/21 11:00】 URL | サキ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1358-6567492d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。