おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
開幕!シンオウリーグ・スズラン大会!!
アニポケ本編の感想です。

いやぁ流石シンオウリーグ、初っ端から飛ばしてますねー。
コメントで教えて頂いてたものの、まさか本当にあの幻ポケ出しちゃうとは・・・。
アニポケスタッフなら何かやらかすと思ってたけど、やらかしすぎだろ。
教えていただいた時にもビックリしたけど、実際に観てもう一回ビックリしたわ。


【開幕!シンオウリーグ・スズラン大会!!】


今回からOP・ED共に変更!
OPは、「サイコー・エブリデイ!(BAND VERSION)」。
EDは、「君の胸にLaLaLa」。
どちらも凄く良い感じでした!

OPの方は想像していた以上に雰囲気がガラッと変わっててちょっとビックリ!
でも、凄くカッコよかった!
サビ部分の男性ボイスのハモリが良い味出してた!

EDの方は前記事で語ったので割愛させていただきます。


本編。
ついに始まったシンオウリーグ。
前回の感想にも書いたけど、ここまで来たんだと思うと、凄く感慨深いです。

サトシの第一試合の相手は、ナオシさん。
ナオシさんも言ってたけど、この2人が戦う事になるなんて、本当に運命的ですよね。
ナオシさんは、サトシ達に出会って、シンオウリーグとコンテスト両方に挑戦を決めた。
あの出会いがなかったら、ナオシさんはこの場にいなかったかもしれない。
シロナさんの『一つの命は~』ってあれ、シンサトだけでなく、皆にも言える事なんだよなぁと改めて実感。

でもそうなると、ヒカリとは戦えなかったのがちょっと残念。
サトシとヒカリ、2人がいたからこそ今のナオシさんがいるんだもんね。
ノゾミとのセミファイナルではかなり良いバトルを見せて貰ったけど、ヒカリとのバトルもやっぱ見たかったな。

まぁ終わった事を言ってても仕方ありませんね。
今はリーグに集中しよう。


第一試合は3VS3のバトル。
来る明日に備え、夕飯を食べながらどのポケモンで行こうかと悩むサトシ。
ナオシさんといえば草・虫タイプが主流。
しかし、ヒカリの言う様に、コンテストではミミロップという異色ポケも使っていた。
何を出すか分からない上に、使えるのが3体だと本当に悩みますね。

どうでもいいけど、君達が食べてるそれはマッ○ですか?
もしそうだとしたら、その・・・赤いアフロのマスコットキャラとかいたりしないんですか?
いや、いっそのこと某四天王がイメージキャラクターとかになってたりしませんか?(笑)
あぁ・・・誰かさんのせいでこんなどうでもいい事ばかり気になる・・・。

話を戻して。
悩んでるサトシの後ろを通り過ぎていくシンジ。
スルーしたのワザとで、実はサトシ達から話しかけてくるの待ってましただったらどうしよう(笑)
態度に出してないけど、サトシの事絶対気にしてるだろうし、そこにいて気にならない訳ないと思うんだ。

シンジ曰く、相手の作戦や相性を考慮し、最高の3体を用意したらしい。
もう選んじゃったのか!早いな!
一体どの3体にしたんだろう?
今まで出した子以外に、新たにゲットしてる可能性もあるし、凄い気になる。

サトシ「俺だって負けないぜ!気合で勝ち抜いて、お前と戦う!」
シンジ「甘いな。ここに集まっているのは、8個のバッジを持ったトレーナーばかり。気合だけじゃ勝てない」


シンジってば相変わらず厳しいなー。
でも言ってる事はやっぱり的を得てる。
リーグは言わば、強豪トレーナーだけが集まっている場。
作戦もなしに気合だけで勝ち進めるほど甘くはないんですよね。

歯を噛み締めるサトシに、ふと昔の喧嘩ムードを思い出したけど、昔よりやっぱ安心して見てられるなぁ。
サトシも変わったけど、決定的にシンジが変わったと思うんだよね。
以前はサトシなんか全く眼中にないって感じだったけど、今は違う。
さっきも書いたように、シンジにとってサトシはそこにいればつい気になってしまうレベルの存在になった。

何より、『シンオウリーグで戦おう』といったあの約束。
あれがあったからこそ、シンジはサトシに「気合だけじゃ勝てない」なんて叱咤したんじゃないかと思う。
本気のサトシとこのリーグで戦う為には、途中で負けて貰っちゃ困るもんね。


一方ロケット団は、屋台の場所取り、及び説明を受けていました。
やっぱり今回も屋台やるんですね。
リーグでのロケット団屋台もそろそろ恒例になってきたなぁ。

しかし今回は場所取りのクジでハズレを引いた様で。
いくら場所がないとはいえ、1つだけあんな離れた場所だなんて、もはやイジメにしか見えねぇ(笑)


その夜。
シンジに言われた事を思い出し、ベッドの中で悶々悩むサトシ。
さっきは思わず歯を噛み締めてたけど、やっぱりシンジの言ってる事は正しいと理解してたんですね。
だから言い返せなかったんだろうけど。
しかし・・・サトシにこれだけ影響を与えちゃうなんて、シンジはやっぱ凄いな。
サトシがそれだけシンジの強さを認めてるって事なんだろうと思う。
昔は反発し合ってただけに、こんなにシンジの意見を素直に聞き入れれるようになったサトシがまた凄い!

思わず叫んだサトシの声で起きてしまった皆。

サトシ「あ、いや、何でもない。ごめんな、起こしちゃって・・・」

あえて何も言わず、相談もせず・・・か。
夜中ってのもあるだろうけど、サトシはあくまでも『自分で』決めようと思ってるんだろうな。
なんてたって大切なリーグ戦だもんね。

一人ベランダへ出て星空を見上げるサトシ。
サトシを心配して付いてきてくれるピカチュウが優しい。
バッジケースを取り出したサトシは、今までのジムバトルを回想。
懐かしいなー。
負けた事もあったし、勝ったとしてもかなりギリギリだった事も何度もあったよね。
その間には、シンジとのイザコザもあったし、ポケモンの育て方についての悩みも耐えなかった。
でも、その度に何とか道を切り開いてきて、ついにここまで来た。
毎シリーズ、当たり前の様にそれをこなしてるけど、これって本当に凄い事だと思う。

サトシ「俺は今まで、ポケモンと共に、仲間と共に戦ってきた。一緒にトレーニングし、励まし合いながらバトルして、バッジをゲットしてきたんだ。・・・そうだ、信じればいいんだ。ポケモン達を。それが俺のバトルなんだ。これまでも・・・これからも!」

今まで色んな事があって、サトシは凄く大きく成長した。
シンジや他の皆との出会いを経て、バトルスタイルにも変化が見られるようになった。
そんな変化の中でも、サトシの中でずっと変わらなかったもの。

ポケモンを信じて戦うという事。

いくら戦術や作戦が変わろうとも、絶対に変わらないサトシの信念。
これこそが、サトシのバトルスタイルの基本であり、一番根底にあるものなんだよね。
本当にサトシらしい信念だ。

なんか、ここにきてようやくサトシが『自分らしいバトル』という物を理解できた様な気がする。
今までだって理解してなかった訳じゃないけど、今までは無意識にそうだっただけって感じ。
でも今は、それこそが自分のバトルを作る根底にあるんだと気付いた。
そして、そのスタイルをこれからも貫き通すと決意した。
上手く言えないんだけど、これはかなり大きな決意だったと思う。
サトシは自分の夢、ポケモンマスターにまた1歩近づけたんじゃないだろうか。

ところで、サトシのこのセリフ、全部心の中で喋ってた事だよね?
普通に頷いてたけど、ピカチュウには聞こえてないはずだよね?
流石親友・・・いや、心友!
言葉なんかなくっても考えてる事は全部お見通しだぜって事ですね(笑)


翌日。
ポケセン前にて、超ダッシュでやってきたジュンとサトシが思いっきり激突!
最近ジュンとサトシのドン!がなかったから、久しぶりのドン!に思わず和んでしまった。
やっぱジュンはこうでないと!(笑)

あと、倒れてるサトシに妙な色気を感じてしまった。
あのポーズはなんか・・・なんかヤバい・・・エロい(笑)
そしてピカチュウさんの怒り方が尋常じゃない(笑)
サトシを倒されて怒ってるのか、自分が落とされた事に怒ってるのか・・・。
前者だと私が嬉しい。

ジュン曰く、スッゴイ組み合わせの3体でチームを作ったとかなり自信満々。
シンジもそうだったけど、一体どの子を選んだんだろう?
昔は行き当たりばったり戦法だったけど、ジュンもかなり実力付いてるし、ちゃんと作戦も考えてありそう。
ちなみにジュンは第一試合だそうで。
だから焦ってたのか。このドタバタ、ジュンらしいなぁ。

一体ジュンはどの3体にしたんだろうと話していると、今度はヒカリの背後からコウヘイが登場。
ちょっ・・・コウヘイ怖っ!!

コウヘイ「ヒカリさんの疑問には、全てこの僕がお答えしますよ。んっふ」

コウヘイがヒカリの事大好きなのは凄ーくよく分かった。
分かったけど、それもう優しさじゃない。
ストーカーとか変態とか言われる類に一歩踏み入れてるぞ(笑)


その頃ロケット団は、誰も来ないような会場の裏にて必死に売り子をしていました。
ハズレとはいえ、あまりの裏っぷり、あまりの端っこ。
誰もいないのに必死に声をあげる3人に、思わず切なくなった(笑)

いっそハブネークに頼んで強制的に客を連行して来ようと言い出すムサシ。
それはもう屋台じゃなくて押し売りですよ(笑)
でも、何やらニャースが良い作戦を思いついたようで。


そんなこんなで始まったリーグ戦。
1試合目だったジュンは、無事一回戦を快勝!
試合は省略だったからジュンの組み合わせは分からなかったけど、やっぱりエンペルトは入ってるのか。
ジュンの一番の相棒だもんね!

ルンルン気分で会場を後にするジュン。
しかし、その帰り道にすれ違ったトレーナーに何かを感じたらしく、思わず立ち止まる。
このトレーナー、本当に何者なんだろう・・・。
すれ違っただけであのジュンさえも怯ませるって、相当だよね。


一方サトシも、ついにナオシさんと対決!
ナオシさんは初っ端からロズレイドを投入。
そういやこの子、ナオシさんの最初からいた手持ちっこなんだよなぁ。
ヒカリとのバトルでスボミーからロゼリアに進化したあの子。

対するサトシは、ムクホークを投入。
ナオシさんが最初から持ってたポケモンで勝負なら、サトシはシンオウで最初に捕まえたポケモンで勝負。
しかも、どちらも最終進化系。
シンオウ初ポケモン同士、ついにここまで来たって感じで、最初を飾るにふさわしいバトルですね!

ムクホークVSロズレイド。
最初はナオシさんが甘い香りで先制!
回避率が下がった所にマジカルリーフを撃ち込まれ、地に落ちるムクホーク。
効果今一つなのにあのダメージか!
流石ナオシさんのポケモン、相性だけじゃ打ち砕かれないよう、しっかり育ててあるんですね。

その隙にソーラービームの準備を始めるロズレイド。
お・・・おぉ・・・もう最後のトドメにかかっちゃうの?
相性の悪さを考えると、どんだけレベル差あったんだこの2体・・・。

しかし、間一髪サトシの呼びかけに応え、ムクホークはソーラービームを回避!
そのままブレイブバードで一発逆転!
ロズレイドを破り、最初の勝利はサトシとムクホークの手に。
今回展開早いなぁ。


ナオシさんの2体目は、アーマルド。
やっぱ新ポケモン連れてきたか!
一応虫タイプも入ってるけど、岩タイプが付いてる分、飛行にも効果抜群の技がある。
タケシの言うとおり、厳しい戦いになりそうですね。
それでも、サトシは勢いに乗ってるから大丈夫、と信じてくれるヒカリが頼もしい。

実はこれ、グラフェスの時と対になってるよね。
グラフェスでサトシがヒカリを最後まで信じ抜いてくれたように、ヒカリもまた強く深くサトシを信じてる。
タケシが冷静に分析してくれるのはグラフェスも今も同じってのが、良い感じに対比感を表してるんだよなぁ。
グラフェスの時、ヒカリを支えたのは、タケシの分析とサトシの応援。
今サトシを支えてるのは、タケシの分析とヒカリの応援。
3人のこの信頼関係が本当に大好きです。

ムクホークVSアーマルド。
ムクホークにはブレイブバードのダメージがあるので、インファイトで一気に決めようとするサトシ。
・・・が、アーマルドはそれを守るで防御。
アニメ版の守るは凄いダメージ食らってる様に見える(笑)
怯んだ隙にロックブラストを撃ち込まれ、前のダメージも相まってムクホークダウン!
流石ナオシさん、簡単には勝たせてくれませんね。

相変わらサトシなら絶対に大丈夫と言い切るヒカリが、グラフェス時のサトシに被る。


そこへ、慌ただしくジュンが登場。
ジュンがさっきすれ違い、違和感を感じたあのトレーナー。

なんと彼は、ダークライ1体で1回戦を勝ち抜いてしまったらしい。

あまりにナチュラルに居すぎて、一瞬「へ~、強いの連れてんなぁ」くらいの感想でスルーしかけたぜ。
いやいやいや何やっちゃってんのスタッフ。
ダークライって・・・まさかのダークライって・・・。
どんだけ凄い展開持ってきてんだスタッフ。

まぁ、そもそもヒードランを連れてた彼が出てた時点でおかしいなとは思ってたけどね。
しかも、コメントで教えていただいた情報によると、彼はなんとモブキャラだったそうじゃないですか。
ヒードランをモブに使うスタッフなら、これくらい何らおかしくない・・・全然おかしくねぇよ・・・。
多分珍しいと思ってんのは視聴者だけだよ(笑)
ダークライにカイリキーが負けるなんて・・・とか思っちゃったのも視聴者だけだよ(笑)

そして、こんな凄い話をしてるのに、サトシの応援に集中して全く聞いてないヒカリ。
ヒカリの重要度 サトシの応援 >>>(超えられない壁) 幻のポケモン なんですね。
そんなサトヒカが大好きです。 

サトシがバトルしてると気付いてタケシとヒカリの後ろへ座るジュン。
二人の後ろが不自然に空いてるからずっと気になってたけど、やっぱジュンが座る用だったか。
ちゃんとサトシの応援してくれるジュンがいいですね!
すっかり主人公組の仲間って感じでなんか可愛い。


サトシが次に出したのは、前回進化したばっかりのマグマラシ!
これはいい勝負になりそうだ!

・・・って所で、一旦ロケット団サイドへ。
端っこに飛ばされたロケット団は、商品を持ち出し、人通りの多い場所で試食会を開いてました。
おぉ!これは良い作戦!(どんな作戦かピンときた)
ニャース、本当に頭いいなー。
どうでもいいけど、私はチルット綿あめが食べたいです。


戻って、リーグ戦。
アーマルドに吹っ飛ばされるマグマラシ。
一方で、アーマルドもかなりのダメージを負っている様子。

実況「試合はどっちに転んでもおかしくない状況です!」

カ ッ ト か よ 。

マグマラシの見せ場って思ったら、もう終盤戦ですか!
早い!展開早いよスタッフ!時間がないのは分かってるけど早いよおお。

両者最後の攻撃は、ツバメ返し(マグマラシ)とシザークロス(アーマルド)!
あらまぁ、マグマラシってば、いつの間にツバメ返し覚えてたんだ。
あと、アーマルドがシザークロスする際、一瞬体内に手引っ込めたのがなんか妙に好きだった。

マグマラシのツバメ返しが見事にヒットし、アーマルドがダウン!
しかし、アーマルドのシザークロスも地味に効いてた様で、マグマラシも同時にダウン!
ここは相討ちか・・・本当に接戦だなぁ。
残すはどちらも1体のみ。
1回戦から本当にハラハラさせてくれますね!


サトシは何を出すんだろうと言ってるヒカリの背後から、またもやコウヘイ登場。
ちょっ・・・またもやコウヘイ怖っ!
いつからそこにいたんだよ!
もっと普通に登場できないのかお前は(笑)

コウヘイ曰く、一回戦は軽く突破できたらしい。
ジュンにコウヘイ・・・どんどんライバルが勝ち上がってってますね!

優勝するのは自分だと言い争うジュンとコウヘイ。

ヒカリ「二人とも静かにして!」
ポッチャマ「ポーチャポチャ!」
ジュン「は~い・・・」


↑このやりとりがめっちゃ可愛い!
ヒカリに弱いジュンとか、凄い萌える。
主人公♀とライバルくんの組み合わせ、本当に萌える。


サトシとナオシさんのラストバトル。
ナオシさんが選んだのはもちろん、コロトック!
きっとナオシさんの一番の相棒だもんね。
私もプラチナでコロトック使ってるだけに、凄く愛着あるんだよなぁ。

対するサトシが選んだのは、同じ虫タイプのヘラクロス!
予告で見た時も思ったけど、まさか虫タイプ同士の勝負を仕掛けてくるとは思わなかった!
サトシ曰く、コロトックとヘラクロスの真っ向勝負が見てみたかったらしい。
虫VS虫の勝負か・・・虫キングみたいで面白いですね!

ヘラクロスVSコロトック。
まずはメガホーンと銀色の風のぶつかり合いからスタート。
様子見スッ飛ばして、どちらも最初から全力で来ましたね~!

続いて、早くもコロトックの必殺技・歌うが炸裂!
きた!ナオシさんの音を使ったバトル!
避ける暇もなく、ヘラクロスは眠りの世界へ。
眠っているヘラクロスに、コロトックが連続斬りで迫り、サトシ大ピンチ!!

サトシ「ヘラクロス!寝言だ!」

サトシがねむねごコンボを使った・・・だと・・・!?!?!?
ちょっ・・・ええええええええ!?!?!?!?
何その頭脳プレイ!まさかサトシのバトルでこれが見れるとは思ってなかったよ!
間違いなく今回これが一番ビックリした!
ダークライ登場以上の衝撃だった!(笑)

昔のサトシは、基本的に気合と奇抜なアイディアだけで乗り切ってる感があった。
でも・・・『気合だけでは勝てない』。
シンジが言ってた事を、サトシだってこの旅の中で十分に理解してきた。
それらの経験が、こういう頭脳プレーに繋がったんですね。
サトシ本当に凄い・・・まさかこんな成長を見せてくれるなんて・・・!


寝言で出た気合パンチに吹っ飛ばされるコロトック。
ここでヘラクロスも眠りから覚醒。

そして、ここからはお互いの意地と意地のぶつかり合いに発展。
ヘラクロスは気合パンチ連打。
コロトックは連続斬り。
何度も技をぶつけ合う、泥臭くも男らしい真っ向勝負!

ナオシ「魂を揺さぶられるようだ。こんな体験は初めてです。これがサトシくんの言う、真っ向勝負なのですね!」

コンテストでしか味わえないものがあるように、リーグでしか味わえないものもあるんですよね。
コンテストとリーグ、両方に挑戦するナオシさんは、それを誰よりも実感出来てると思う。

それにしても、ナオシさんってこんな男らしい激しい戦い方も出来たんですね!
コンテストでは優雅に美しく。
リーグでは男らしく激しく。
このバトルスタイルの使い分けは本当に見事だなぁ。

そして、その本気のナオシさんを引き出したサトシがまた凄い!
なんてたって、ナオシさんの魂を揺さぶっちゃったんだもんね。
観てるこっちまで熱くなってきました!


そうそう!あと、忘れちゃいけないのが、シンジ!
控室で真剣にサトシのバトルを見つめる姿に、思わずドキッとしました。
表情からは何考えてるか読み取れなかったけど、少なくともかなりサトシを意識してくれてるみたいですね。
ゴウカザルが進化した時、リーグで戦おうって約束したんだもんね!


戻って、激しい打ち合いの末、両者体力は残り僅か。
そして、両者最後の攻撃へ!

ナオシさんが選択した技は、『歌う』。
寝言で対抗されてしまうかもしれない。
それでも、これが自分のバトルスタイルだから・・・と。
最後の最後まで自分のバトルスタイルを貫こうとするナオシさんが本当にカッコイイ!
人に流されてちゃ、『自分』は表現できないもんね。

対するサトシは、歌うが決まってしまう前に、地面に向かってメガホーンを指示。
地面に突き刺さってるヘラクロスがなんかマヌケで可愛い(笑)

・・・なんて油断した次の瞬間。

地面ごと角で突きあげ、コロトックを吹っ飛ばしたヘラクロス!

何このカッコイイ演出!何あのカッコイイ技のコラボ!
マヌケで可愛いとか言っちゃってごめんなさい!
ヘラクロスめっちゃカッコいいじゃないか!!
大技が綺麗に決まって、その技がまたサトシらしい豪快なもので、本当にゾワッと来ました!
ホント、マヌケで可愛いとか言っちゃってごめんなさい(2回目)

これには堪らず、コロトックついにダウン!

サトシ、1回戦突破おめでとう!!

あのナオシさんを破っちゃうなんてサトシ凄い!
でも、やっぱりかなりギリギリの戦いでしたね。
流石ナオシさん、1回戦からかなり緊張させてくれました。

勝利後、サトシに飛びついて、サトシの頭チューチュー吸ってたヘラクロスがスッゴイ可愛いかった!

控室で見てたシンジは何を考えてたんだろう?
お互いに批判しあいながらも、2人共ここまでやってきたんだもんね。
そして、一番気になるライバル・サトシが強敵・ナオシさんを破って1回戦突破。
シンジもシンジで、色々思う事があったに違いない。


一方ロケット団のお店は、ニャースの作戦が功を奏して大繁盛!
商品の良さを無料で知ってもらってお客を呼び寄せる作戦、大成功ですね!
急がば回れ。
損して得取れ。
商売に限った事じゃないけど、努力して、苦労して、ようやく成功するからこそ、何十倍もの価値が生まれる。
ロケット団、人生のなんたるかを本当によく分かってんなぁ。
流石ポケモン界1の苦労人(笑)
シマコさんにも認められてたし、このまま職業を商売に転向しちゃえば、いつでも大成功できそうなのに(笑)


会場の外にて、ナオシさんと会話するサトシ達。
ナオシさん曰く、最後は自分らしいバトルが出来たから、負けはしたけど清々しい気持ちらしい。
サトシとのバトルは、ナオシさんにとって納得のいくバトルになったみたいですね!
自分の全力を出し切って、自分を十分に表現しての負け。
悔しいは悔しいだろうけど、後悔はないんだろうな。

ナオシさんは、このまますぐ修行の旅に出ちゃうらしい。
ナオシさんリーグは最後まで見ていかないのか。
大好きなキャラだっただけに、これはちょっと残念・・・。

また会えたらバトルしようと約束をかわし、ナオシさんは再び修行の旅へ。
コンテストといい、リーグといい、素敵な感動をありがとうナオシさん!
第二のミクリン目指してこれからも頑張ってください!


ちなみに、シンジも3-0の圧勝で2回戦にコマを進めたらしい。
流石シンジ、1回戦から見せてくれますね!


次回予告。

シンジ VS ジュン。

何度でも言うが、本当に飛ばし過ぎだろスタッフ。
グラフェスもそうだったけど、本当に半端ない組み合わせやってくれますね。

しかも、今回予告言ってるの全部ジュンとか、どんだけサービスいいんですか!
思わず予告でも大興奮しちゃったじゃないですか!
あああ次回が・・・いや、次回もスッゴイ気になる!


あ、最後にジュンのセリフについて一つ。

ジュン「俺は1秒ごとに進化してるんだ!」

↑これ、秒単位ってのがジュンらしくて大好きだった(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2010/11/01 23:39】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(13) |
<<詰まった・・・orz | ホーム | 拍手返信>>
コメント
>莉理様
シンオウリーグも本当に素晴らしいものでしたよね!
グラフェスに引き続き、こちらも毎度毎度泣かされました(笑)

私の場合、シンジの変化には違う意味で驚きましたね~。
最終的にはサトシと打ち解けてくれるだろうと思ってたので、丸くなる事は予想してたんですが、なんというか・・・いい意味でシンジらしさが残ってるんですよね。
丸くなったからと言ってサトシと凄くフレンドリーになる訳でもなく、はたまた初期の様に頭ごなしに突っぱねる訳でもなく。
シンジのクールさを損なわせず、それでもシンジの変化が見て感じとれる。
シンジは本当に素敵な成長を見せてくれましたよね(*´▽`*)

ジュンとコウヘイ。
ジュンが来るだろう事は予想してましたが、コウヘイは意外でしたね~。
OPで出てるからまさかとは思ってましたが、まさか本当に来るとは!
てっきり数回限りのゲストキャラで終わると思ってたのに(笑)

ナオシさん。
コンテストの優雅な演技から一転、男くさく逞しいバトルを見せてくれたあのバトルスタイルの変化は本当に流石でしたね!
コンテストでもリーグでも『歌う』を使ってただけに、よりその違いが上手く表現されてた気がします。
彼なら本当に第二のミクリンになれるんじゃないか、なんて思っちゃいますね( ̄m ̄*)

あと、「魂が揺さぶられるようだ!」は本当に素敵過ぎましたよね!
私はナオシさんのその一言に揺さぶられましたよ(笑)
私もナオシさんは大好きだったので、コンテストとリーグ両方で見れて本当に嬉しかったです(*´▽`*)
色んな事に挑戦してる彼ですから、いつかサトシと再会してくれると面白いんですけどねぇ。

では、コメントありがとうございました☆
【2011/09/16 14:15】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
リーグ、開幕ですね~。シンジが結構丸くなっていてビックリ(笑)ジュンもコウヘイも久しぶりに見られてよかったですw

そして!待ち望んでいたナオシさんターン!!
この人が大好きなので、サトシのことを忘れていました・・・ごめん。

とにかく、ナオシお兄様が素敵だったので、それだけで満足です(**)
「魂が揺さぶられるようだ!」は失神するかと思うほど素敵でした!
【2011/09/10 11:27】 URL | 莉理 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
こちらも返信が遅れて申し訳ないです(><)

確かに威力から考えると、虫のさざめきやシザークロスの方が強力ですから、あの技チョイスは言うなれば劣化ですよね(^^;)
アニメ的には色んな技を見せるためだと思うのですが、どうせなら逆にしたほうが良かったかもしれませんね。
リーグでは威力がかなり重要ですが、コンテストなら、技の威力だけでなく、その技をどう使うかも勝負のカギとなってきますから。

個人的に残念だったのが、連続切りは当たれば当たるほど威力がアップしていく技ですから、どうせならその辺りの設定ももう少し活かしてあると面白かったかなと思いました。
まぁこれはこれで素晴らしい戦いだったと思いますけどね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/12/21 16:04】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
思ったのですがナオシさんのコロトックはグラフェスでのノゾミとのバトルでは
「虫のさざめき」や「シザークロス」を使っていたのに
この回でのサトシとのバトルでは「虫のさざめき」や「シザークロス」は使わず
「銀色の風」や「連続切り」を使うなど劣化した様にも見えたので
どうせなら「銀色の風」を使うシーンは「虫のさざめき」、
「連続切り」を使うシーンは「シザークロス」が良かったですねぇ~

*サトシのグライオンはジュンのロズレイドとのバトルで
「シザークロス」と「毒突き」の打ち合いをしているので
サトシのヘラクロスとの「気合パンチ」の打ち合いが
「シザークロス」では不可能とは思えませんし。

【2010/12/15 15:51】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>スモッド様
グラフェスに引き続き、シンオウリーグも最初からエンジン全開ですね~!
このテンションで最後まで乗り切れるか若干不安もありますが、グラフェスは何とか乗り切ったので、リーグも頑張りたいと思います(笑)

決戦前夜。
シンジとサトシは色んな意味でお互いに影響を与えてますよね。
今までこんなにも悩むサトシを見た事があっただろうかと思わせるくらい、シンジに影響を受けた事が読み取れます。
スモッド様の仰る通り、シンジの言ってる事は間違ってないと分かってるからこそ、シンジを認めてるからこそ、サトシはこれだけ悩んだんでしょうね。
同様に、シンジもサトシを認めているからこそ、あえて厳しい言葉を渡したんだと思います。
お互いに悪いところを指摘し合い、より自分の技術を向上させていける。
喧嘩腰なのは相変わらずですが、この2人は本当に素敵なライバル関係だと思います(^^)

そして、それだけ色んな影響を受けた中で見つけたサトシなりの信念。
『ポケモン達を信じて戦う』という事。
スモッド様の仰る通り、DPでは「自分らしさ」というものが非情に細かく描かれており、ヒカリの時もしっかり描いてくれてただけに、サトシでもしっかり描いてくれたのが嬉しいですよね!
自分自身をみつめ、自分らしさを見つけるのは簡単なようで本当に難しい事。
それをしっかり見つけられたヒカリやサトシは本当に素晴らしいですね(^^)

また、これもスモッド様の仰る通り、緊張バリバリな前夜という状況で、こんな素晴らしい行動が出来るサトシとヒカリを本当に尊敬します!
焦ったときはまず、自分を見つめなおす事。
私も大切にしたいと思います♪

応援するヒカリ。
グラフェスの時とのこの対比は本当に素晴らしいですよね!
サトシが応援してくれた分、力をくれた分、自分も精一杯応援する。
等価交換といいますか、貰うばかりでなくちゃんとフィフティーフィフティーであろうとする所が本当に尊敬します。
また、2人がこんなにも応援に専念できたのは、その隣で常に冷静に判断してくれるタケシがいたからではないかと思うんです。
タケシが分析してくれるから、自分は難しい事を考えずに応援に集中できる。
この3人だからこそ築き上げられた素晴らしい関係なんだろうなと思います。

サトシの戦略。
ねむねごは本当にビックリしましたね!
スモッド様の仰る通り、シロナさんの言葉が凄く心に響いた瞬間でした。
シンジと出会ったことは、サトシをこんなにも変えてくれてたのかと思うと、本当に感慨深いです。

ナオシさん。
最後まで自分のバトルスタイルを貫く姿は本当にカッコよかったです!
コンテストとリーグでのスタイルの使い分けも本当に素晴らしかったですよね!
そして、スモッド様の仰る通り、そんなナオシさんの本気を、ナオシさん本来のバトルスタイルを引き出したサトシがまた凄いです!
自分のバトルスタイルを崩さず、なおかつ相手の本気を引き出す。
昔は出来ていなかったはずの事を、今はこんなにも出来る様になった。
こういう面でもサトシの成長が伺い見れますね。

ロケット団。
どんな不利な状況でも諦めず、工夫&努力する事でいくらでも成功できる。
そして、成功したときの喜びは倍以上になる。
あの短い時間でこれだけ大切な事を伝えてくるなんてスタッフは本当にやりますね!
普段は悪役なロケット団ですが、普段から苦労してるからこそ、伝わるものがありますよね(^^)

次回はシンジとジュンのバトルという事で、本当に楽しみです!
またみたら感想アップしますね♪

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/04 16:59】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>toshiki様
ちょっとまとめて返信させていただきますね。

まずはアニポケについて。
ヒードラン使いの彼、勝ちあがってくるかなと思ったら全然でしたね(^^;)
しかし、まさかダークライが出るなんて本当にビックリです!
流石ヒードランをモブに使うスタッフだけあって思い切りがいいですよね(笑)

マグマラシVSアーマルド。
このカットは本当に残念でしたよね(><)
ロケット団も大好きなので、出番が多いのは嬉しいのですが、折角のナオシさん戦なので、カットなしで見たかったです・・・。

ヒカリ。
DPの最終回ももうすぐかと思うと、こんな風にヒカリが一緒にいる事が本当に基調な時間に思えて、それだけでじーんとしてしまいます。
一体どんな風にお別れするのか、最後までしっかり見届けたいと思います!


次に、コメント数の反映について。
うちのブログに限った事ではないのですが、使用しているPC、ネット環境などによって、更新が反映されるまで少し時間がかかってしまう事があるみたいです。
私のパソコンでもたまに更新が反映されるのに時間がかかってしまう事があるんですよ;;
私の場合は、大体遅くても10分~15分くらいで反映されてますので、更新が反映されてないなと思ったときは、少し時間を置いて、もう一度アクセスしてみていただけると助かります。
ご迷惑をおかけしてすみません(><)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/04 15:41】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
そういえばゾロアーク映画のサントラに収録されてましたね!
あれ、まだ一度しか・・・しかも車の中で運転しながらしか聞いてないので、すっかり忘れてました(^^;)
またちょっと聞いてみたいと思います!

ロケット団。
ロケット団は大好きなので、出番が多いのは嬉しいのですが、折角のナオシさん戦をカットというのはちょっと・・・ですよね(^^;)
ナオシさんはコンテストでかなりの活躍を見せてくれた、コンテストとリーグの違いを描くにはもってこいの人材。
そういう意味でも、もう少しじっくりとバトルが見たかったですね(><)

ちなみに、マグマラシの噴火はカットされた部分できっとやってくれてたと信じてます!
折角覚えた新技ですから、サトシならきっと使ってくれてたと思いますよ(^^)

アーマルド。
私もそう思います。
同様に、ミミロップはコンテストバトル専用に育てたのではないかなと思うんですよ。
同じポケモンを使うときもあれば、状況によってポケモンを使い分ける。
そのポケモンの特徴を掴んでるからこそ出来る事だと思います。
ナオシさんは本当に凄いトレーナーですね(^^)

サトヒカ。
幻のポケモンよりサトシの応援を優先しちゃうヒカリ。
しかも、見事なまでにスルーしてましたからね~( ̄m ̄*)
これは萌えざるをえません(笑)

ヘラクロス。
まさかサトシがねむねごコンボを使ってくるとは思ってませんでした!
kivaxtuto様の仰る通り、サトシは本当に成長しましたね(^^)
カビゴンにも寝言・・・確かに眠るの大好きなカビゴンにはピッタリの技ですよね。
でも、今までは使ってませんでしたが、今回を機に、今度登場した時にはやってくれるかもしれませんよ( ̄m ̄*)
期待して待ちましょう☆

ゴウカザルやリザードン。
う~ん・・・どうでしょう。
相性ではサトシが優位に立てますが、ナオシさんだって対策を練ってあるでしょうし、逆にナオシさん側のポケモンに効果抜群の技を当てられ、1発KOなんて可能性も無きにしも非ず。
多少有利にはなるものの、楽勝に勝てたとは言い切れないんじゃないかなと思います。
ゲームでも、相性的に楽勝だぜと思ったら惨敗した・・・という事もありますしね(^^;)

サトシとジュンのバトル。
確かに見たかったですよね。
この2人はこれまで何度も戦ってますが、それだけにお互いどれだけ成長したかが伺い見えるバトルになってたと思います。

サトシVSコウヘイ。
予告で気付いてたので全然大丈夫ですよ(^^)
それより、コウヘイも巧みな戦術を使ってくるんですね!
コウヘイは頭いいですから、サトシのねむねご以上の戦術でくるんだろうなぁ。
今から見るのが楽しみです(≧▽≦)

サトシVSライバル達のバトル。
フルで是非見てみたかったですね~!
しかし、全てフルにしてしまうのは尺的にも無理ですし、フルバトルをするにはそれだけ勝ち上がらなくてはいけません。
ケンゴが一次予選で落ちたように、どんなに強くても1回戦で負ける事もある。
皆が皆そこまで必ず勝ちあがれるというのも不自然、というのもあったんでしょうね(^^;)

ドダイトスVSエンペルト。
御三家対決!
確かに見てみたかったですね~!
シンジはともかく、ジュンにとっては折角の大好きなシンジとのバトルですし、是非一番のパートナーを使って欲しかったですね。

コウヘイ。
ヒカリに気持ち悪いと言われたら・・・普通は落ち込みそうなものですが、何故か彼は喜びそうな気がして仕方ありません(笑)

最後に、タイプの勘違いについて。
グライガー&グライオンはないのですが、ダークライの方はむしろ、純ゴーストタイプだと信じてました(笑)
ステータス見て悪だと知ったときは本当にビックリでした(^^;)
他にも、ルリリは水タイプ、クチートはノーマルタイプだと勘違いしてた過去があります。
こういう勘違いってついやっちゃいますよね(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/04 14:30】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです。
しょっぱなからいきなり見所満載のシンオウリーグですよね。

>決戦前夜
サトシがシンジか気になったもの、その逆も話が進むにつれて深まっていきましたね。
ベットでサトシが頭を抱え迷っているシーンは珍しいですが、それだけサトシがシンジの影響を受けた
という根拠でしょう。あのエイチ湖で完勝したシンジが言う言葉は本当のこと、そういう力があるからこそ
これまで勝ってきたこともサトシも分かっているからこそ、迷っていたのでしょう。

そしてベランダでのあの台詞は僕もピックアップして挙げました。シンジをはじめ多くの出会いにより
サトシのバトルスタイルは変化した。だけれども自分の根底にある「信じる気持ち」それはスタイルが
変化しても変わらなかった、寧ろ仰るとおり「自分らしさ」を認識しよりそれを重要視してきたと思います。
コンテストでもバトルでもこの「らしさ」をこのDPでは非常に丁寧に描写されてきただけに
この桧舞台で描かれていてよかった良かった思います。

それにしてもヒカリが前夜にサトシやポケモンたちを前に感謝の気持ちを述べ、サトシが改めて自分らしさを
再認識するシーン。前夜って結構焦ったり、周りが見えなくなることが多いだけに、この2人の行動や
台詞がとても素晴らしく感じますね。大切にしなくちゃ。


>必死に応援するヒカリ
うっかり重要ポイントに挙げていなかった自分がいただけに、しっかり拾っておられていつものことながら
読み取られておられると頷きました。心配するタケシだけど純粋に聡を応援する姿、それは自分が
GFで応援してくれたから、それが背中を押してくれたから、だからこそそれが力に変えられた
ならば今度は自分が応援する。それがまるで当たり前のように自然に出来るヒカリと冷静に判断できる
この3人は僕も本当に大好きです。
ダークライの話が耳に入っても、ジュンやコウヘイが入っても兎に角真っ直ぐにサトシを信じて応援する
ヒカリの姿はサトシにとって大きな力だったでしょうね。


>寝言と魂が揺さぶれる
寝言習得済みは僕も驚きました。ナオシのGFを見ていた彼ですが、それをしっかりこのバトルで
活かしていましたね。勝つための方法としてあらゆる対策を練る。これは特にシンジから学んだ
ことでしょう。それだけにシロナが言っていたあの台詞は本当にこのDPシリーズにおいて
最も重要な台詞だったように感じます。

ナオシも対策されていても最後の最後まで自分らしさを出し切っていたところは凄かった。
コンテストとリーグを両立させるという難題も仰るとおりバトルスタイルの使い分けは並大抵では
出来ないでしょう。でもそれを引き立たせてくれるのが、サトシのバトル。彼もまたスタイルの変化と
いつもの自分らしさを出し切ったまっすぐな気持ちが感じ取れました。

>ロケット団
彼らが商売をすると大抵成功するのですが、この忙しいリーグ戦の合間に視聴者に伝えるべきことがる
位の発想の転換を経ての商売をやるのは驚いた、ニャー巣の発想の切り替え、「まずは知ってもらうこと」
から初め言葉通り、そして米神様の仰るとおり地道にやっていって掴み取った喜びはより嬉しいでしょうし
シマコにも認められた。いつもサトシやヒカリから努力することの大切さを教わるけれど
苦労人の彼らだからこそ懸命にがんばろうとするその姿から学び取れるかもしれませんね。

さて次回も主人公がバトルしないのに燃えますよ
ロケット団にも注目あれ

ではでは
【2010/11/03 10:56】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
最初、投稿したのに、コメント数が1のままだったので、おかしいと思い、書き直したら3になってしまいました。また投稿しても3のままでした。なんでコメント数が1個増えないのでしょうか?今見てもコメント数3のままです。僕のパソコンがおかしくなったのでしょうか?たまたまの不具合でしょうか?
【2010/11/02 17:01】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
あ、さっきエラーが出た為、書き直したら、重複してしまいました。すいません。
【2010/11/02 16:54】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
伝説使いはダークライ使いでした。
ヒードラン使いはやはりすぐに脱落してしまいました。アーマルドVSマグマラシのバトルシーンがロケット団により省略された上、引き分けだったのが残念です。あと、ヒカリとももうすぐでお別れです。
【2010/11/02 16:53】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
伝説使いはダークライでした。
ヒードラン使いはやはりすぐに脱落してしまいました。
アーマルドVSマグマラシのバトルシーンはロケット団によって省略された上、引き分けでした。そこが残念でした。ヒカリともあと少しでお別れです。
【2010/11/02 16:50】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
DPの最終OPの「サイコー・エブリデイ!(BAND VERSION)」は
個人的に通常の「サイコー・エブリデイ!」より好きです。
なおこの曲は「幻影の覇者ゾロアーク」のサウンドトラックにフルで入っています。
http://nicosound.anyap.info/sound/sm11627152
http://nicosound.anyap.info/sound/nm11850302

自分はサトシの重要回にロケット団の出番がそれなりにあるのが邪魔に思える事もあったのですが
流石にマグマラシとアーマルドのバトルが大幅カットされるのはやり過ぎかなぁ~と思うのです。

マグマラシが噴火を使わなかったのって軌道上相手が真上にいないと直撃しないからですかねぇ~
(それとも大幅カットされた試合で使われていたのかな?)

前にも書きましたがナオシはアーマルドをコンテストとバトルの兼任ではなく
普通のバトル用のポケモンとして育てた気がするのですよねぇ~

ジュンが大慌てでダークライ使いの情報を話しても
サトシを応援する事に集中していたヒカリはかなりのサトヒカ要素かな?

ダークライ使いに関して次回更なる衝撃の情報があります。

自分が以前言った「サトシがヘラクロスを使った以前より成長を感じさせるバトル」というのは
寝言の事ですがゲームでの寝言は気合パンチは選べないのですよね(笑)
(まぁゲームとアニメは別物ですが)

どうせなら何もされなくても眠っているカビゴンにも
「鼾」や「寝言」を覚えさせて欲しいですねぇ~
カビゴンは「眠る」も覚えてますし。

ポケモンの世界に「たら」「れば」は無いのは分かってますが
サトシがナオシ戦にゴウカザルやリザードンを使っていればもっと楽に勝てたかな? 

シンオウリーグでシンジとジュンが戦いますが
グランドフェスティバルでヒカリVSケンゴやヒカリVSナオシが見れなかった様に
サトシとジュンのバトル(どうせならフルで)もシンオウリーグで見たかったですねぇ~

シンオウリーグのサトシVSナオシ、シンジVSジュン、サトシVSコウヘイ(ネタバレ?)は
3VS3のバトルですが話数的に無理だったのでしょうが
どうせならこの3試合をフルバトルにしてほしかったなぁ~

シンジVSジュンの予告をしっかり見ればサトシの次の相手がコウヘイだと分かりますが
シンジVSジュンの次の話のタイトルを見ただけでもビックリするはずですし
試合内容を見ればコウヘイも大きなお友達から廃人と称されてもおかしくないバトルをしますよ。

そういえば予告でシンジVSジュンでシンジがブーバーン、リングマ、エレキブルを
ジュンがエアームド、サワムラー、エンペルトを使うのを知ったはずですが
どうせならシンジのドダイトスVSジュンのエンペルトが見たかったですねぇ~

コウヘイはヒカリにはっきりと「気持ち悪い」と言われたら流石にショックを受けますかねぇ~
むしろその気持ち悪い発言を気持ち良く感じる程の性癖の持ち主だったりして(笑)

余談ですがグライガー(グライオン)に毒タイプ、ダークライにゴーストタイプも入っていると
勘違いした事はありますか?
【2010/11/02 04:15】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1401-cb35d9a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。