おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
首藤剛志さん
10月29日 首藤剛志さんが61歳という若さで永眠されました。


ミュウツーの逆襲
ルギア爆誕
結晶塔の帝王エンテイ
ポケモンアニメ初代~金銀編、ロケット団とあの前口上

アニメ『ポケモン』の世界観を、土台を築き上げてくださった、アニポケの生みの親とも呼べる方。


まだ信じられません。
まさかこんな早く逝かれることになるなんて・・・。
ちょくちょくコラムやブログを覗かせていただいてたのですが、今でもひょっこり更新されそうな気がしてます。

独特の言い回し。
独特の展開。
そして、独特のメッセージ性。
全てが本当に・・・本当に大好きでした。

首藤さんがポケモンを通して、アニメを通して私達に伝えたかった事。
首藤さん脚本、構成の作品を見て私達が感じた事。

首藤さんのコラムには、「漠然と何かを感じ取ってくれればそれでいい」と書かれてましたが・・・私は少しでも首藤さんの『書きたかったもの』を感じ取れたでしょうか?
今となっては聞く術もありませんが、少しでも感じ取れていたのなら幸せだなと思います。

アニポケ第一話を書かれたのが首藤さんでなければ、今の私はなかったかもしれません。
あの話を見て、私はポケモンの世界に、アニポケの世界にハマっていったんですから。


感謝と尊敬の意を込めて、心からご冥福をお祈りいたしますm(_ _)m


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2010/10/29 23:49】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<野沢那智さん | ホーム | 本家サイト更新>>
コメント
>kivaxtuto様
首藤さんが一体どんなラストを考えていたのか。
一体どんな思いでサトシの父親の事やホウオウとの出会いを描いたのか。
そして、それらを今のスタッフ達には伝えてあるのか。

色々疑問もありますが、それらは全て、私達が容易く知りいれるようなことではありません。
ただ・・・そんな中でもハッキリしているのは、首藤さんの作り出した世界は、今もアニポケの中に・・・アニポケスタッフの中に生きているという事です。

自分の考えている事を相手に伝えるという事は本当に難しい事です。
ですから、いくら首藤さんがプロットを残していようとも、首藤さんが思い描いていたものとは全然違う作品になってしまうかもしれません。
しかし、今のアニポケスタッフならば、例え本当に最後の最終回を作る日がこようとも、きっと首藤さんの世界を大切にしつつ、素敵な作品に仕上てくださる事と信じています。
その作品を見るのは、まだまだずーっと先であってくれる事を願いますけどね(笑)
【2010/11/08 15:34】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
小説版のサトシの父親の話や1話にホウオウ出て来た展開は首藤さんが考えた事なのですよねぇ~
2ちゃんねる情報ではサトシの父親の謎だけではなく
サトシがホウオウに出会ったのも特別な意味があるようですが
首藤さんがお亡くなりになられた今、今後のアニポケでこの謎が明かされる事はあるのかなぁ~
(またまた2ちゃんねる情報では首藤さん曰く「アニポケが終わる頃にしか描けない」そうですが
資料とか残っているのですかねぇ~)
【2010/11/07 05:32】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>スモッド様
本当に惜しい人を亡くした、としか言葉が出てきません(TT)
まさかこんなにも早く首藤さんとお別れしなきゃいけない日がくるだなんて・・・。

私なんかが評価すべきではないかもしれませんが、首藤さんは本当に素晴らしい脚本家だったと思います。
あの独特のテンポに込められた、深い深いメッセージ性。
子供心に、それが何を意味するのか分からずとも、何かしら心に響くあの感じ。
本当に大好きでした。

スモッド様の仰る通り、今のアニポケは首藤さんが始められたからこそ、他のスタッフ達も首藤さんを見習い、それを手本とした。
そして、首藤さんが離れた今も、首藤さんの心が今のスタッフ達に息づいてると思うんです。

首藤さんが作られたポケモンワールド。
いえ、ポケモンだけでなく、首藤さんが今まで携わってきた色んな作品。
それらを通して、視聴者は色んな事を教えて貰った。
そんな素晴らしい作品達と出会わせて頂いた事はこんなにも幸せな事なんだと、今になって再確認いたしました。

ちなみにコラムの一文は、コラムの途中で不意にポツっと書かれていたものだったと思います。
とりわけピックアップされるでもなく書かれていたその言葉が、何だかとっても首藤さんらしいなぁと思って記憶に残ってたんです。
首藤さんが作品を通して私達に伝えたかった何か。
少しでも感じ取れてるといいですよね(^^)

私もスモッド様同様、こんな素晴らしい作品達と出会わせてくださった首藤さんに、心から感謝と尊敬の意を送りたいと思います。
向こうの世界でも元気でやってらっしゃる事を祈って・・・。

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/02 14:18】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんばんはスモッドです。
僕もこのニュースを聞いて衝撃を受けました。

僕も米神様同様首藤さんが作る首藤さんにしか出来ないポケモンワールド(言葉やドラマ)が
好きでした。無印~現在も脚本を手がけておられる米村さんや十川さん、武上さん、湯山監督も首藤さんの
物語で始まった以上
この方の背中を見て其々の「ポケモンアニメワールド」を展開されいたように感じます。

首藤さんといえば無印1・2話「身体を這ってでもポケモンを大切にするサトシ」
ロケット団の口上の生みの親、「きょだいポケモンのしま」「ニャースのあいうえお」
「リザードンのたに またあうひまで」など数々の命話を手がけておりました。

無印3話を手がけ、なおかつDPの第1話でヒカリとポッチャマが友情を育んだアリアドスの
きっかけを重ねたのもシリーズ構成を無印から見て、そして自分自身がDPを携え一番よく携わっていた方であろう冨岡さんです。

冨岡さんが描くサトシやヒカリの成長物語の影にはきっと冨岡さん自身が主導さんの下で成長していった
ことだと思われます。

首藤さんのコラムのその一文は知らなかったので、自分も規模に命じたいところであります。

そして最後の一文はまったく同じです。
首藤さんに間接的にも出会いこの素晴らしきポケモンワールドに招待をして頂き。
感謝と尊敬の意を込めて、心からご冥福をお祈りいたいです。
【2010/11/01 19:50】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1406-000573eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。