おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
シンオウリーグ三回戦!シンジVSジュン!!
ポケカ初めてセットの特典・PGLで出会えるシンオウ御三家チェックしてきました。
普通の初めてセット1つと、ガールの方1つ買ったので、2匹分。

結果は、ポッチャマとヒコザルでした。
こういう風にうまーく分かれてくれると、貰えなかったナエトルがスッゴイ欲しくなるじゃないよ・・・orz
あぁ・・・夢特性ナエトルが恋しくて仕方ない・・・。


話は変わって。
アニポケ見たので、続きから感想です。


【シンオウリーグ三回戦!シンジVSジュン!!】


ジュンのエンペルトに泣かされた!

今回はもう、それしか言えない!
あの最後はカッコよすぎるよエンペルト!!
ポッポ肌立ち過ぎて、いっそこのままポッポになれると思った(笑)

シンジについてやジュンについても色々と思う事があったんだけど、それはまた後ほどまとめて語ります。


本編。
タイトルであれ?とは思ってたけど、案の定2回戦は省略でしたね。
サトシの試合も、カビゴンの圧し掛かりでブーピッグ倒した所しか映らなかったし。
あ、でも、カビゴン今回はちゃんと起きてくれたんですね(笑)
オレンジリーグでは、眠ったまま起きなくて、出場させれなかったもんなぁ。

バトル見れなかったのは残念だったけど、とにかくサトシ、2回戦突破おめでとう!

3回戦の組み合わせは、サトシVSコウヘイ!
そして、シンジVSジュン!
サトシとコウヘイが戦う事になるのもビックリだったけど、まさかシンジとジュンが当たる事になるとは。
ジュンの「シンジとバトルしたい」という念願は、リーグという大舞台で叶う事になった訳ですね!
ジュン、本当に良かったねぇ。

ちなみに、数えてみたらこの時点でベスト16でした。
もう16人しか残ってないのか。
サトシとシンジはどこで当たるんだろ?
4回戦?それとも、5回戦?まさかノゾヒカみたいに決勝じゃあるまいな・・・?


組み合わせを見ながら、サトシを応援するヒカリ&タケシ。

ヒカリ「サトシ、頑張ってね!」
コウヘイ「えぇ、頑張りますよ~!ヒカリさんの応援がある限り!」


またお前か(笑)

毎回毎回一体どっから湧いて出たんだ。神出鬼没すぎるだろ(笑)
そして誰もコウヘイを応援してるとは一言も言ってない。
むしろ、サトシを思いっきり名指ししちゃってましたから。

コウヘイ曰く、サトシに勝つ為の秘策があるらしい。
今発表されたばかりだというのに、もう作戦があるとは!
さては、ケンゴよろしく、ヒカリをかけてサトシとのバトルなんかを想定してたな?(笑)
その秘策が何か教えようか?と、ぐいぐいヒカリに迫るコウヘイ。
ヒカリが耳を貸したら、その隙にホッペにチューくらいされそうで恐ろしい。

コウヘイから逃げたヒカリは、ちょうど後ろを通りかかったジュンと激突!
今回のジュンとドンッ!はサトシじゃなく、ヒカリだったか。
ジュンはどうやら、シンジの所へ向かう途中だったらしい。

ジュン「俺達はこの大会参加者の中で、誰がどう見ても実力No.1。その優勝候補同士の2人が、ついに激突するんだ!これはもう、ビックバン並みに衝撃的な事だぜ!」
ヒカリ「・・・だから何なの?」
ジュン「だから、シンジにそれを伝えに行くんだよ!」


相変わらずアホの子炸裂なジュンが愛しくてしょうがない。
ビックバン並みに衝撃的だったのは、恐らくジュンと、ジュン&シンジが大好きな視聴者だけだよ。
えぇ・・・私もビックバン並みの衝撃だと思いましたさ(笑)

やめといた方がいいと、シンジの物真似をしてジュンを止めるヒカリ。

ヒカリ「シンジに会ったら、きっとこう言われるわ。『お前、誰だ?』」
ヒカリ「もし覚えていてもこうよ。『お前など俺の相手ではない』」


ヒカリの中にあるシンジのイメージが凄くよく分かった。
特に一つ目の物真似!
以前「お前誰だ?」って言われたの、まだ根に持ってるんだろうか(笑)

そんな忠告を、やっぱり聞く耳持たずで駆けだしていくジュン。
流石ジュン、君なら止められてもシンジの元へ向かってくれると思ってました!
自分で見聞きした事しか信じないってのは、ジュンの欠点でもあるけど、長所でもあるよね。
ジュンがそんな性格だからこそ、この後決戦前夜のシンジが何してるか見れたんだし。
何より、私が単にシンジを見たかっ・・・ゲフンゲフン。
とにかく、ジュン、グッジョブ!(笑)


その頃ロケット団は、場所替えしてもらい、良い場所に店舗を移して営業中。
・・・ですが、前回と打って変わって、全く売れる気配なし。
帰りがけの客はイマイチ購買意欲が薄いらしい。
ロケット団のポケモン達の人形やブロマイド、バッジなんかも売ってる上に、オマケとして招きニャース人形やムサリーナ人形が付いてくるなんて、私なら絶対買ってるけどなぁ。

やっぱりバトルを見て興奮が絶頂になってる時を狙う為、会場内で営業したいというロケット団。
その為には、まずここで売り上げを伸ばす必要がある。
まずは何故売れないのかしっかり考えてみよう、という事に。

ロケット団「「「全てはサカキ様の為に!」」」

・・・一体いつからサカキ様の目的が出店になったのか。
彼らは一体どこへ向かっているんだろう(笑)


一方、PCルームでは、シンジがジュンのデータを調べていました。
そういや1回戦の時も、完璧な組み合わせを考えたって言ってたっけ。
サトシとのフルバトルの時もそうだったし、シンジは相手が誰であれ、事前準備はバッチリやる派なんですね。
こういうコツコツした作業もまた、シンジの強さに繋がってるんだろうな。

そして、サトシとシンジのアイコンタクト。

ジュンをスルーしての、見事なまでのアイコンタクト。
ライバル同士、意識しあってますねー。
やっぱ色々強いトレーナーはいれど、お互いが一番気になってるんだろうな。

そんな中、シンジが自分のデータを調べてる事に気づき、感激するジュン。
思わず「ジュン感激!」なんて言っちゃうジュンが本っっ当にバ可愛い。
どんだけシンジ大好きなんだ。
私はそんな君が大好きです(笑)

ジュン曰く、いくら自分のデータを調べても無駄らしい。

ジュン「俺は1日毎・・・いや、1時間毎・・・いやいやいや!1秒毎に進化している!」

予告のあの名言はこれか!
1日でも1時間でもなく、1秒毎に進化。
そらどんなスピードだ(笑)
まぁ、こういうせっかちなのがジュンらしくて大好きな名言だけどね。

自分とシンジのバトルが事実上の決勝戦だと浮かれるジュンに、シンジから冷静なお言葉が。

シンジ「俺達のバトルは、数ある3回戦の一つにすぎない。実力を過信すれば、油断が生じるぞ」

グリーンさあああああんんんんん!!!(@ポケスペ)

・・・ハッ!つい取り乱してしまった!
いやだって、シンジがポケスペのグリーンさんみたいなセリフ言っちゃうからつい(笑)
『実力を過信すれば油断が生じる』
これって、グリーンさんもレッドさんに言ってたよね。
やだもう!アニポケスタッフったらサービスいいんだから!
・・・・・・別にポケスペ展開を狙った訳じゃないだろうけど(笑)

それにしても、こんな悟りきったカッコイイセリフを10歳が言っちゃうなんて・・・。
グリーンさんにしてもシンジにしても、本気でカッコよすぎるだろ!
彼らが10歳(グリーンさんも当時10歳だった)なんて信じない・・・信じられない・・・。

さらに、シンジからオマケの嬉しい一言。

シンジ「お前とのバトル、楽しみにしている」

お前はファンを作るコツでもマスターしてきたのか。
カッコよく悪い点を忠告しておきながらも、なおかつ、「楽しみにしている」と対等の意見まで述べる。
そんな絶妙の言葉かけられたら、男女問わず思わずキュンってなるわ。
そりゃジュンもシンジの大ファンになるさ。
このやりとりだけで、一体何人のシンジファンが増えた事か・・・。
末恐ろしい奴だぜ・・・。

あ、そういやこの、喜ぶジュンを見て、ヒカリとタケシが苦笑いしてるシーン。
よくよく見ると、サトシだけ笑いもせずにじっとシンジの出ていった扉を見つめてたんだよね。
サトシなりに、シンジの言葉でまた何か思う事があったのかも。
アイコンタクトはしてたけど、結局シンジとサトシは一言も会話してなかったしね。


シンジが去った後、しっかり予習をするサトシ&ジュン。
サトシがPCをマトモに使ってる・・・!!!
・・・って、のは前にも驚いた気がするから、あんま騒がないでおこう(笑)
昔は使いこなせなかったけど、最近じゃ普通に使えるようになったんですね。

にしても、何だかんだ言いつつ、2人共シンジに感化されてるなぁ。
あの言葉がよっぽど身にしみたに違いない。

しかし、過去のデータをいくら調べても、もしデータにないポケモンを出してきては意味がないというジュン。
ある意味正論ですね(笑)
けど、過去のデータだって、調べて損はないはず。
例えデータにないポケモンが出てきたとしても、相手の傾向とかバトルスタイルが見えてくるかもしれないし。
逆に言えば、データにあるポケモンが出てこれば、それこそ儲けもんだしね。

ちなみに、サトシの方もあまり収穫は得られず。
コウヘイは、『セオリーの通用しない、七色のポケモン使い』。
掴みどころがない厄介な相手らしい。
ごめんねコウヘイ。そんなに強かったなんて、君の事侮ってたよ(笑)
そういやタッグバトル大会でも、ヒカリと一緒にかなりいい線いってたもんね。

そこへ、「そこが僕の魅力ですから」と言いつつ、またもやコウヘイ登場。
やっぱりおるんかい(笑)
流石ヒカリのストーカー。

・・・と思いきや、今回はヒカリを追っていた訳ではなく、ちゃんと調べ物をしていたんだとか。

コウヘイが調べていたのは、ダークライ使い・タクトについて。

あのダークライ使い、タクトって名前なのか。
コウヘイの調べによると、彼はダークライ1体で1回戦、2回戦を突破。
それだけでなく、なんと8つのジム戦もダークライ1体だけで突破してきたらしい。
どんだけ最強のトレーナー出てきちゃったんですか!!
あのダークライ、カイリキーぶっ倒しちゃったくらいだもんな・・・。
ちょっとやそっとの強さじゃ、一切喝采歯が立たない気がするぜ・・・。

てか、この人をこんなに引っ張るって事は、もしかしてサトシと当たっちゃったりするのか?
コウヘイ戦の次かその次にこの人とやって、まさかまさかのサトシ勝利。
で、準決勝か決勝でシンジとバトル、みたいな。
そんな事になったら、それこそ興奮でビックバンレベルの大爆発起こせそう(笑)


話を戻して。
コウヘイが去るや否や、「考えていても仕方ない!当たって砕けろだ!」と意気投合するサトシ&ジュン。
ヒカリの「砕けちゃまずいんじゃ・・・」という突っ込みがナイス(笑)
そんなヒカリの突っ込みを綺麗にスルーし、興奮のあまり走り出す2人。
なんという似た者同士だ(笑)
タケシ曰く、「熱い心を抑えきれないんだよ」。
ナオシさんのように、音楽で心を落ち着かせるという結論には絶対行かないのが2人らしいなぁ(笑)

更に、走りながら「あそこに見えるのが自分の勝利の星だ!」「いやいや、自分のだ!」と言い争う2人。
何という見事な熱血バカップリ!
何というバ可愛い2人!
お前らどんだけ私をニヤケさせるんだ。
こっそり言い争いに参戦してるピカチュウがまた、サトシと似た者同士過ぎてニヤリ(笑)


翌日。
3回戦からはメインスタジアムに場所を移して行われるんですね。
更に、1試合ごとにバトルフィールドがランダムにチェンジするらしい。
ベスト16ともなると、フルバトルではないにせよ、やっぱ気合入ってますね!

3回戦第一試合は、岩のフィールド。
戦うのはなんと、初っ端からシンジとジュン!
シンジとジュンの試合が、第一試合だったのか!
あんな中途半端な所に表示されてるから、てっきりもっと後だと思ってたよ(笑)

ジュンの最初のポケモンは、エアームド!
ジュンも新しいポケモン揃えてきたんですね。
てっきりゲームと同じ手持ちで最後までくるもんだと思ってたから、これにもビックリ!

対するシンジは、ブーバーン。
ブーバーンを見ると・・・てか、炎ポケを見ると、どっかの誰かさんを思い出してキュンとしてしまう(笑)


エアームド(ジュン) VS ブーバーン(シンジ)。
まずは、エアームドが先制で撒菱!
おぉ!ジュンが頭を使ったバトルをしてる!(←失礼)
飛行・浮遊持ちには効かないものの、交代牽制という意味では良い手ですね。

しかし、ブーバーンの火炎放射1発でエアームドがダウン!
サトシ達も驚いてたけど、効果抜群&エアームドは特防が低いとはいえ、まさか1撃で決めちゃうとは・・・!
流石シンジのブーバーン、よく育てられてますね。
シンジの強さは伊達じゃない。
このたった1発の攻撃だけで、それが凄い伝わってくる。


ジュンが次に繰り出したのは、炎タイプに強いエンペルト。
エンペルト(ジュン) VS ブーバーン(シンジ)。
初っ端から、大技ハイドロカノンがブーバーンに直撃!
おぉ!これはやったか!?
・・・と、思ったけど、ブーバーンは倒れる気配なし。
そういやブーバーンって特防高かったっけ。
でも、撒菱がある以上、そう易々と交代はできないし、これはジュンが有利。

・・・かと思いきや、シンジ、普通に交代を宣言。
ちょええええええ!?
折角ジュンが良い罠張ったのに、普通に交代させちゃうんかい!
しかも、普通にダメージ受けちゃうリングマに!?
いや、きっとシンジの事だから、撒菱のダメージも考慮した上で、交代した方がいいと選んだんだろうな。
こういう一瞬の判断が勝負を分けるっていうしね。

それを見たジュンも、リングマと相性のいいサワムラーにチェンジ。
この子もお初ですね。
ジュンも色々ポケモン揃えてきたなぁ。


サワムラー(ジュン) VS リングマ(シンジ)。
まずはビルドアップで攻撃&防御を上げるリングマ。
あーこういうの、地味にいやらしいよね。

その隙に、お得意のメガトンキックをリングマに決めるサワムラー。
リングマもアームハンマーで反撃に出るものの、サワムラーに軽くかわされてしまう。
岩の上に立ち、腕を組んでリングマを見下ろすサワムラーが凄いカッコ良かった!
ジュンのサワムラーは、特訓で素早さを最大まで上げてあるらしい。
どうりで早いはずだ!

シンジ「面白い」

今なんと仰いまして!?
「面白い」?ジュンとのバトルが「面白い」とな!?
ちょっ・・・シンジが!シンジが「面白い」っていったぞおおおおおおお!!!
ジュンとのバトルで「面白い」って!!!
これはさり気に凄い事じゃないか!?

これってやっぱ、ジンダイさんとのバトル、そしてサトシとのフルバトルが影響してるよね。
特にジンダイさんのあの言葉。
「過去と兄に拘り、ではお前は何の為にポケモンと共に歩む? 何の為に戦う?」
あの頃のシンジはきっと、過去に拘って、強くなる事しか見えてなかった。
でも、ジンダイさんに言われ、それではいけないと気付いた。
サトシと出会って、ポケモンバトルを純粋に楽しむ事を知った。
だから、あのフルバトルのシンジは・・・今のシンジは、強いんだよね。
シンジ、本当に変わったなぁ。
基本的な所は変わってないけど、幾分か柔らかくなった分、自分の力を今まで以上に引き出せてる気がする。


バトルに戻って。
連続で切り裂く攻撃を仕掛けるリングマ。
サワムラーは得意のスピードを活かし、全て回避。そして、インファイト!
スピードでかわして隙を見て反撃。これは上手い!

1発リングマのアームハンマーを食らってしまうものの、サワムラーはすぐさま体勢を立て直し、飛び膝蹴り!
飛び膝蹴りのアクションがまたカッコイイ!
ジュンのサワムラーに惚れてしまいそう。
いや、元々サワムラーは大好きですけども。
根性+戦略。
タケシの言うとおり、ジュンも3回戦に勝ち上がってきた力は伊達じゃありませんね!

リングマの気合玉でふっ飛ばされるも、ブレイズキックで上手く反撃したサワムラー。
しかし、火傷を負った事でリングマの特性が発動!
きた!リングマの特性『根性』!!
これでサトシもかなり苦しめられたんだよね・・・。

そして、ブレイズキックとアームハンマーが激突!
攻撃力の上がったリングマのアームハンマーに押し切られ、惜しくもサワムラーはここで敗北。
根性発動したリングマはやっぱり強いですね。
でも、サワムラーもよくやった!

あ、リングマいえば、どうでもいい事だけど、いつか言おうと思ってた事。
リングマの後ろ姿見る度、あの可愛い丸尻尾に和んでしまう(笑)
あのゴツイ見た目であの尻尾は反則だろう。
凄いもふもふしたい(*´▽`*)


その頃ロケット団の出店は、スタジアムに客を取られ閑古鳥。
そんな中、コジロウは、バトルに合わせて商品をチェンジするという斬新なアイディアを思いつく。
アイディアは間違ってない。
間違ってないんだけど、本来そんな早く商品が準備できる訳がない(笑)

しかし、それを女ボスに頼んで本当にやっちゃう辺りがロケット団の凄い所。
てか、それを承認してくれるなんて、あの女ボス、かなりロケット団を高く評価してくれてるんですね。


スタジアムに戻って。
ジュンは残り、エンペルトのみ。
対してシンジは、手負いとはいえ、まだ3体共残ってる。
タケシの言うとおり、ここがジュンの正念場ですね。

エンペルト(ジュン) VS リングマ(シンジ)。
リングマの切り裂く攻撃を、ドリルくちばしで受け止めるエンペルト!
初っ端から大技の激突。
なんか、シンジがジュンに釣られて熱くなってる気がする。
クールかつ自分のペースを崩してる訳じゃないんだけど・・・なんとなく。

続いてリングマは気合玉を放つも、エンペルトに打ち返され、自分に直撃!
ケンゴもやってたけど、エンペルトの弾き返し技、本当にカッコいいな。

この状況を不利だと踏んだシンジは、エレキブルにチェンジ。
最後はエレキブルだったのか!
こちらもブーバーン同様、エレブーを進化させてきたんですね。


エンペルト(ジュン) VS エレキブル(シンジ)。
相性ではシンジが有利だけど、この技なら相性は関係ないと、破壊光線を放つエンペルト。
しかし、エレキブルは雷で破壊光線を相殺。
最後の戦いだけあって、さっきから大技の応酬って感じですね。

反動で動けなくなってる隙に、雷パンチを仕掛けるエレキブル。
・・・が、エンペルトも素早さを上げてあるらしく、間一髪回避。
反動で動けなくなってても使える最強技・『かわせ』(笑)

上手くピンチを切り抜けたかと思いきや、シンジはエレキブルに連続で雷パンチを命令。
エンペルトは何とか全て回避するも、岩へと追い詰められ、エレキブルのギガインパクトが直撃!
更に、続けて雷パンチまで食らってしまう。
流石シンジ、バトルには容赦ないですね。
まぁここで手加減なんかされても、今のジュンは喜ばないだろうけど。

倒れたまま、なかなか立ちあがれないエンペルトに、ジュンが必死に声援を送る。

ジュン「エンペルト・・・頑張れ・・・頑張れ!!エンペルトーー!!!」

その声に応え、エンペルト激流発動!

エンペルトも特性きたーーー!!
ギリギリの状況でも特性発動、本当にゾワッときますね!
そういや、ユウ(@プラチナのエンペルト)もよく激流発動させて頑張ってくれてたっけ。
・・・・・・いつもギリギリで本当に申し訳なかった(笑)

激流を発動させたエンペルトは、渾身のハイドロカノン!
岩をも砕く水の塊!
これならもしかして・・・・・・と思いきや、エレキブルは守るで完全防御。
そういやシンジのエレブー(エレキブル)、守るを覚えさせてあったんだ!
ゴウカザル進化の時にこれで助けてくれたんだった。

反動で動けなくなったエンペルトへ、エレキブルの雷が直撃!
この時の、エンペルトの歯を食いしばって必死に耐える姿が本当にカッコよかった。

そして、エンペルトは最後まで立ったまま、倒れる事なく気絶

エンペルトオオオオオオオオオ!!!
カッコよすぎるだろコノヤロオオオオオオオオ!!!!
思わず無言で息をのんで見てたんだけど、気づいたら号泣してた。
ポッポ肌立ち過ぎて、危うくポッポになりかけた。
エンペルトは、最後の最後までジュンの気持ちに応えてくれたんですね。
倒れないでくれと願うジュンの為に、気絶してもなお、気力だけであの場に立ち続けた・・・。
なんて泣かせる子だ・・・。

ジュンは初登場時、「勝てなければどんどん新しいポケモンを捕まえればいい」なんて言ってた。
でも、途中全然ポケモンは入れ替わってなかったし、最初から最後までエンペルトも手持ちにいた。
皆、ジュンが口ではあんな事言ってても、本当は良い子なんだって態度で分かってたから信頼が生まれた。
エンペルトの倒れる事のなかった敗北は、ジュンがトレーナーだったからこその奇跡なんだよね。
これ書きながら、また涙出てきた・・・。

結果的には3-0でシンジの完全勝利。
でも、凄くいいバトルだったと思います。

例え負けてもいつも元気印だったジュンが、初めて見せたバトル後のあの表情。
きっとジュンにも色々思う事があったんだろうな。


試合が終わった所で、今度はロケット団の出番。
今日の試合で活躍したグッズを揃えてみた所、読みはバッチリ!
帰り際のお客が殺到し、お店はまたもや大繁盛!
ホント、そろそろ本気で商売始めればいいのに(笑)
絶対大成功して、大企業の社長まで上り詰めれると思う。


夕方、スタジアムを去ろうとするシンジに、ジュンが声をかける。

ジュン「俺、負けちゃったけどさ、自分の力を全部出せたから、悔いはないぜ」
シンジ「いいバトルだったな」
ジュン「ホントか?嬉しいな!いつか世界最強の座をかけて、バトルしようぜ!」
シンジ「ああ」


シンジがちょっと笑った!

口調も凄い優しかった!!
シンジ、本当に丸くなったなぁ。
シンジは今回、完全勝利だったけど、それでもジュンの実力はしっかりと認めてくれた。
そして、ジュンをライバルとしても認めてくれた。
シンジにとっても、今回のバトルで得たものは大きかったんですね。

負けちゃったジュンは残念だったけど、こうして笑って悔いはないと言い切れるのが素晴らしい!
前までのジュンなら、ギャンギャン騒いでそうなのに。
ジュンも本当に成長したんだな。

ジュン「俺、シンジもサトシも、どっちも応援してるからさ!」

↑このセリフがまた素晴らしい!
ジュン、本当に良い子だ。


・・・と、感動してる所に、またもやコウヘイ登場。
最後の最後までオチを持ってくのはコイツなんですね(笑)

くどいようだけど自分には秘策がある、と自信満々なコウヘイ。
コウヘイの秘策って一体何なんだ・・・?


・・・って思ってたのにオイイイイイイ!次回予告うううううう!!!

「恐怖のトリックルーム!サトシVSコウヘイ!!」

タイトルと次回予告で全て分かったよ!(笑)
コウヘイはトリパ使いだったんですね。
そこは・・・そこはもうちょっと引っ張れよ・・・。
いや、こういう所がアニポケっぽいけどさ。

トリパが来た事より、ここで見事に全部ばらされた事に驚いたわ(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2010/11/11 23:49】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<Dグレカレンダー2011 | ホーム | 拍手返信>>
コメント
>スモッド様
今回はサトシがバトルしていないにも関わらず、凄く盛り上がった回でしたね!
グラフェスのノゾミVSナオシさん回を彷彿とさせる、とても素晴らしい回だったと思います(^^)

ヒカリ。
あれだけサトシと一緒にいたのに、全く眼中になかったというのがよっぽどカチンと来てたんでしょうね(笑)
ヒカリは結構人の顔を覚えるのが得意みたいですから(あまり関わりのなかったジュンの事を覚えていたり)、余計気になったのかもしれませんね(^^;)

そんなヒカリの忠告を綺麗にスルーして己の道を突き進むジュン。
これは本当にジュンらしくて面白いですよね!
自分で見聞きしないと納得できないってのは、ジュンの長所でもありますよね( ̄m ̄*)

そして、ジュンの行動にシンジが一体どうでるか私もかなり気になってたんですが、これは良い意味で予想を裏切られましたね~!
口調は変わらないものの、言ってる内容は明らかにジュンの為を思っての発言でしたもんね。
最後の「楽しみにしてる」なんて、以前なら絶対に言わなかっただろうに。
シンジもサトシ達との出会いを通して、本当に成長したんですね(^^)

シンジVSジュン。
スモッド様の仰る通り、私もジュンの戦法にはビックリでした!
初登場時なんて「なんとかしろ~!」という無茶苦茶な命令を出してた子とは思えないくらいの、現実ゲームでも使われてる見事な戦法。
ジュンも長い旅の中で、キチンと学び、強さを身に付けてきてたんですね。
サトシやシンジだけでなく、ジュンもまた大きく強く成長してきた。
あまり細かくは描かれていませんでしたが、ジュンがこれほど成長できた影には、少なからずサトシ達との出会いが影響してるんでしょうね(^^)

シンジ「面白い」。
この瞬間、シンジはようやくジンダイさんのあの言葉を素直に受け入れる事が出来たのではないかと思うんです。
今までのシンジは、バトルは楽しむものではなく、勝たなければいけないものって感じでしたから。
そして、そのキッカケとなったのがサトシとのフルバトル。
ジンダイさんからの忠告後にあのフルバトルがあったからこそ・・・自分と正反対のサトシとバトルが出来たからこそ、ジンダイさんの言葉をより深く理解する事が出来たのではないかなと。
サトシとシンジを見ていると、人と人との出会い、それらが生み出す奇跡の凄さが身に沁みて伝わってくるような気がします。

ジュンのエンペルト。
最後まで倒れなかったあの姿!
本当にカッコよかったですよね(*´▽`*)
それだけジュンとエンペルトの間の絆が深いんだという事が凄く伝わってきて、気付かないうちに涙が溢れていました。
他の子ももちろん頑張ってましたが、今回のMVPは是非エンペルトに捧げたいです。

バトル後のシンジ。
シンジ、本当に丸くなりましたよね!
サトシとのバトルで学んだものは、こういう対人関係についてが一番大きかったかもしれませんね。
スモッド様の仰る通り、実力ではシンジの方が上のはずなのに、シンジは度々サトシとサトシのポケモン達に驚かされてました。
その裏にあったのは、サトシはポケモンに対し、等身大の目線で共に戦ってきたという事。
勝てば御礼を言いながら褒めてやり、負けても頑張ってくれた事に御礼を言う。
何より、バトルは『勝たなければいけないもの』ではなく、『ポケモンと一緒に楽しむもの』として捉えている。
その違いが、シンジの心境に変化を招いたんでしょうね。
シロナさんのあの言葉が本当に強く感じられる瞬間ですね(^^)

バトル後のジュン。
悔しいは悔しいでしょうが・・・それ以上に笑顔で相手の実力を認めることが出来る。
ヒカリもそうでしたが、今の自分の実力を全て出し切る事が出来たと、あれだけハッキリ言い切れるのが凄いです!
人間はどうしても見栄を張っちゃいますから、『己の実力を過信せず、今の自分を受け入れる』というのは凄く難しいと思うんです。
それを、こんなにも簡単にやってのけれるほどに成長を見せてくれたジュンやヒカリは本当に素晴らしいですよね(^^)
スモッド様の仰る通り、それだけトレーナーが頑張ってくれるからこそ、ポケモン達もそれに応え様としてくれるんですよね。
アニポケを見る度、本当によく作りこまれてるなと感心させられます。

ロケット団。
彼らは本当に商売に向きすぎですよね(笑)
毎回大成功を収めてるんですから、そろそろ自分達の才能に気付くべきだと思います( ̄m ̄*)

次回は、コウヘイのトリパが炸裂!
一体どうやってサトシが切り抜けるのか、凄く楽しみです(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/17 11:49】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです。
サトシバトルしていないのにものすごく熱くなるバトル、そしてまたもや描かれた前日のひと時
見ごたえありましたね。

>前日のとき
ヒカリがまだ「お前誰だ?」が気になっててそれがシンジであるとイコールしてたのはびっくりしました。
気になったことにしこりが残るヒカリですが、サトシと全く性質の違うトレーナーであり、自分を眼中に
おいてもらえなかったことがよっぽど気がかりだった見たいですね。

ジュンですが1秒ごとに進化している言うあのせっかちっぷりや上記のヒカリの言葉もなんのその
一気に突き進み、自分が最も戦いたかったシンジにあこがれるこの純粋っプリが楽しくて仕方ない。

上記の言動にシンジがどう反応するか気になりましたが、この時のかっこよさと楽しみにしている発言は
驚いた、常に自分にもポケモンにも厳しくしているスタンスの彼ですが、それを忠告するにまで至った
ジュンが3回戦間で進んだ実力はあるはず、だからこそジュン自身が本来の力を出し切ってぶつかって
欲しい、ジュンの言動では危うくそれが忘れるのではないか?サトシのバトルを見てお互いに楽しいバトルに
するためにもあえて口に出せるようになったシンジがかっこよかった。

バトル開始
エアームドのまきびし戦法には驚いた、実際対戦でもこのエアームドのまきびし戦術は用いられており
自分もHG時代にフルバトルでこの戦法に振り回されてしまい、敗れてしまいました。
ジュンもシンジの交代をしっかり計算して組んでくるほどの戦術まで身についたんですね。

「面白い」、楽しみ発言を上回りこれも発言するとは、仰るとおりジンダイとのバトルに敗れ
そして勝利したとは言えど、自分が出来なかったモウカザルへの進化へと導く力、戦う理由は人それぞれだけど
サトシが持っているバトルを楽しむ力がそれを引き出したことを理解したのかもしれませんね。

最後まで踏ん張るエンペルトは本当にかっこよかった、自分を大切にしてくれている、そして頑張ろうと
懸命になっているトレーナージュンのために倒れるわけにはいかないという強い気持ちが現れていますね。

>バトル後
仰るとおり本当にシンジ丸くなりましたね、ポケモンと仲間をほめて成長しているサトシの姿を目の当たりに
していた、サトシが相手を認め成長したように勝っているはずのシンジもまた多くの経験を通して
バトルの実力はもとより、こうした対人関係に関しても成長していったんでしょうね。

一方負けたジュンはずのジュンも凄くきらきらしていた、ヒカリvsノゾミに敗れたヒカリもそうですが
相手が自分と最も戦いたかった相手、その相手に悔いの無いよう自分の持てる力を出し尽くした、だから
こそ自分に誇りがもてる、自信が持てる、改めて相手の強さを認識できる、そして次こそこえてみせようと
また頑張れる力になる、リボン返却とあの台詞のヒカリとこの時のシンジとサトシへの台詞
2人とも負けを感じさせないこの立ち振る舞いは素晴らしいです、逞しく成長した姿に感動ですね

こんなジュンだからこそエンペルトも余計に踏ん張れたんだろうなぁ、どのポケモンもそうですが
直接トレーナーとコミュニケーションが取れない関係上、肌でトレーナーの実力も、精神面も見ているし
答える、ヒコザルからゴウカザルへの進化も、グライオンの旅立ちも、マンムーが心を開いたり、コンテストの暴走で申し訳ない表情だったりも、「トレーナーが成長してきてる、自分も頑張ろう」見たいな
心境がポケモン自身にもあった、エンペルトもその1匹だった、旅の最初から居ただけに特に
シンジの成長に答えたかったでしょうね。

>ロケット団
客のニーズに答えられるよう、待つだけじゃなくて、自分から動き出す。前回と言い今回と言い
彼らの頑張りからもまた得られるものがありそうですし、仰るとおり商売として頑張っている
彼らがとても活き活きしていて、転職をお勧めしたいところですね。(お金使いは…)


さて次回 これまた実際ゲームでも戦術が大きく変動する通称トリパ
果たしてサトシはどう対応するのか?お楽しみに
【2010/11/16 14:29】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>toshiki様
おぉ!toshiki様はこの組み合わせを予想されてたんですね!
凄いです(≧▽≦)
私は全く何も考えてなかったので、この組み合わせにはビックリでした。

ダークライ使いのタクト。
8つのジム全てをダークライ1体で、なんて本当に凄すぎますよね!
一体どんだけ凄い実力を秘めてるんでしょう・・・。
こんな人に一体どうやって勝てばいいのか、さっぱり検討がつきません(^^;)
彼の動向にも注目したいところです!

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/16 12:09】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
ご指摘ありがとうございます!
すっかり忘れてました(^^;)
一応気をつけてはいるのですが、曖昧な部分も多いもので、また何か間違えてたらどんどん指摘してやってください(笑)

シンジの指示。
私もちょっと思いました(笑)
アームハンマーとかもですが、一番ビックリしたのが、雷パンチで折角追い詰めたあのシーン。
まさかあそこでギガインパクトが出るとは・・・!
あのまま雷パンチで押し切るか、kivaxtuto様の仰る通り、瓦割りの方が効果的には見込めましたよね。
まぁこういうのもアニポケの醍醐味の一つですが(笑)

ジュン。
ジュンは本当に成長しましたよね!
そして、シンジも。
お互いが良い方向に成長してきたからこそ、今回彼らは分かり合えたんだと思います。
お互いに刺激しあい、高めあっていける。
勝っても負けても良いバトルだったと賞賛しあえる。
ジュンとシンジも良いライバルになりましたよね(^^)

シンジ。
シンジにとって、ジンダイさんに言われた事が相当心に染み渡ったんでしょうね。
そして、あの言葉を元に、今まで以上に相手の事を考えるようになった。
今まで以上に、自分のバトルスタイルというものを意識するようになった。
周りの成長っぷりに驚いたというのももちろんあるのでしょうが、シンジなりに視点が変わってきたことが一番の原因かもしれません。

シンオウリーグ。
始まってすぐポンポンとベスト16まで来ちゃいましたが、今までのリーグと比べてやっぱりちょっと早いですよね。
kivaxtuto様の仰る通り、描かれてないだけで、予選なんかもあったのかもしれませんね。

コウヘイ。
コウヘイはヒカリへの対応を見る限り、結構図太い気がするので、あれくらいじゃトラウマにはならなかったんだと思います(笑)

しかし・・・コウヘイは本当に優遇されてますよね。
タッグバトルで終わりかと思いきや、サマースクールで再登場。
そこで今度こそ終わりかと思いきや、まさかのリーグ出場!
こんなにも引っ張ってくるキャラだとは全く思ってませんでした(笑)
そんなコウヘイの使うトリパは一体どんな風になるのか、今から楽しみです!

次回はヨルノズクが何かやってくれるんですね!
また注目して見たいと思います(^^)

ストライクとハッサム。
これは私もちょっと気になってたことがあります!
ハッサムになると素早さが下がるはずなのに、何故あんな素早さ強調型なんだろうと・・・。
アニメで見るとハッサムはストライクの時同様、素早く動くのがカッコよく見えますから、その為の演出もかねてるのかもしれませんね。

ケンジのストライク。
ハッサムになったら・・・どうでしょうねぇ?
kivaxtuto様の仰る通り、ハッサムになることで年齢が上がり、更に動けなくなる事も考えられると思います。
・・・が、案外逆に、寿命がぐーんと伸びて、若さを取り戻したように元気になっちゃうかもしれませんよ( ̄m ̄*)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/11/15 17:42】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
GFでナオシVSノゾミが見れて、シンオウリーグではシンジVSジュンが見れました。予想的中です。ジュンがシンジに負けたのも予想通りです。
ダークライ使いの名前はタクトでした。彼が8つのジム戦もダークライ一体だけで勝ち抜いたのは凄すぎますね。タクトが喋るようになるのはもうちょっと後の話になりそうですね。
【2010/11/15 16:52】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
米神鈴音さんはこの話でブーバーがブーバーンに進化した様に書いてますけど
エイチ湖でのサトシとのフルバトルの時点でブーバーンに進化してるじゃないですか!

後シンジがゲーム的に考えると少し技の選択を間違っていた様な気がするのです
リングマはサワムラーに「アームハンマー」を多用していましたがここは「きりさく」が1番ですし
むしろエンペルトに「アームハンマー」を使うべきでしたよねぇ~
エレキブルだってエンペルトには「ギガインパクト」より「瓦割り」ですし。

基本的な口調は変わらなくてもシンジの成長した態度が見られましたよねぇ~
以前のシンジならジュンの様なタイプはウザすぎたでしょうし。

そういえばシンジはジンダイとフルバトルする前から
バトルの時だけはクール一辺倒ではなく
結構相手の戦法に驚く事が多いのですよねぇ~

後シンオウリーグの1回戦の時点で参加者は64人ですが
何か受付にはいても1回戦の組み合わせ発表の時にはいなかった者がいた様な気がするので
描かれなかっただけで予選はあったのですかねぇ~

そういえばコウヘイはサトシとのバトルでヨノワールを使いますが
サマースクール以降ヨノワールがトラウマにならなかったのですかねぇ~
(まぁあのヨノワールは良い奴なのですが)

それと準レギュラーのジュンが敗退した後に
コウヘイのバトルを見せるとはコウヘイは優遇されてますねぇ~
個人的にある程度戦略を練るが基本的に勢い、気合、根性で攻めるジュンよりも
頭脳派でアニメらしくない渋い技で攻めるコウヘイの方が強かったりして?

コウヘイ戦でサトシが使うポケモンは予告通りヨルノズク、ドンファン、フカマルですが
ドダイトスがトリックルームを使われたらどの位速くなるのやら・・・

次回は予告には無かった2つのサプライズもありますし(ヒノアラシの進化程ではないかな?)
個人的には次回のヨルノズクに驚かせられると思いますよ。

そういえばポケスペのグリーンの事を話題にしていたので彼の話をします
ゲームではストライクがハッサムに進化すると素早さが落ちますが
グリーンのハッサムはそんな描写は一切無く
アニポケに出て来るハッサムもシゲルのを始め
ストライクにも引けを取らないスピード自慢が多いのですよね!

それとケンジのストライクは老齢の為にスタミナが欠けていますが
仮にハッサムに進化したら改善されますかねぇ~
進化してパワーが上がった事でエネルギー消費が激しくなったりするかもしれませんし
進化して精神年齢があがるポケモンがいるのでひょっとして年齢自体が上がるかもしれないので
余計酷くなりますかねぇ~
【2010/11/15 09:45】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1417-b7af3868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。