おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
Dグレ小説3巻 感想その2
小説本編の感想です。

書いてみたらちょっととあるキャラの登場部分だけ異様に長くなったので、蝋花の話のみ。
アレンの過去話はまた別記事としてアップします。


【Dグレ小説3巻 感想その2】


●乙女ラプソディ

とにかく蝋花が可愛かった!
なんなのあの乙女・・・。
あの純粋純愛一直線っぷりが本当に可愛くて仕方ない。
恋する乙女はやっぱ見ててキュンキュンしますね(*´▽`*)

個人的に、原作の展開がアレンにとってかなりキツイだけに、蝋花のこの一途さには本当に癒されます。
最後辺りに出てきた一文にもあったように、きっとこの先何があっても、彼女はひたすらにアレンを信じ、アレンの味方であり続けてくれるだろうなと思わせてくれるのが、一アレンファンとして本当に嬉しい。
もちろんアレンの味方は他にも沢山いるけど、今後の展開を思うと、こうして1人でも多く信じてくれてる人がいるってのはかなり重要になってくるのではないかなと思うので。


あとは物語に沿って順番に。

蝋花、科学班の正式な一員に昇進。
そういや初登場時は見習いだったもんね。
登場こそ少ないけど、アレン達が頑張ってる傍らで、蝋花達も地道に頑張ってたんだなぁ。

蝋花の変化といえばもう一つ!
蝋花はアレンと出会ってから、アレンの為に可愛くなりたくて髪型や眼鏡を変えたらしい。
髪型は気付いてたけど、眼鏡は全く気付いてなかったよ!
ビックリして見返してみたら、本当に違ってた。
星野先生スゲェ!!


バクちゃんに付き添って、本部へやってきた蝋花。
バクちゃんと別れて最初に出会ったのは、科学班の男性陣に囲まれたエミリアちゃん&ティモシー。
エミリアちゃん、やっぱモテるんだ!
そりゃこんだけ可愛い女の子が入ってきたらほっとけませんよね!

そして、その傍らで嫉妬に燃えるティモシー。
なんという微笑ましい光景か。

ティモシー「お前らいい加減にしろー!エミリアは俺の専属家庭教師なんだぞ!」
↑「何でいるんだよ」とか言ってたくせに、やっぱり嬉しかったんじゃない。
しかもさり気なくエミリアは俺のもんだ宣言。
ティモシーやりおる(笑)
現時点じゃエミリアちゃん的にどうかなってのがあるけど、もう少し大人になれば・・・ゴニョゴニョ。
頑張れティモシー!私は君を応援します!


お次は食堂。
ボネール姉さん&ジェリーさんで、リーバー班長に何を食べさせるか戦争勃発中(笑)
さり気に、ボネール姉さんが登場してくれたのが嬉しい!
ティモシー編ではホント、いい存在感を醸し出してくれてたもんなぁ。

しかし、巻き込まれてぶっ倒れたリーバー班長が本当に不憫(笑)

ここで挿絵が一つ。
『アレンに「はい、あーん」するのを妄想する蝋花と、背後にボネール姉さんVSジェリーさん』。
蝋花がアレンに食べさせようとしてるものが一体何なのか判断が付かないけど、とりあえず、よく見るとパンダ型とウサギ型だったのには思わず笑った!
ブックマンとラビって事ですか?
なんというオイシイ事してくれたんだ星野先生!
出来れば、アレンが食べようとしてるのがウサギ型であればもっとオイシかっ・・・ゲフンゲフン(笑)


廊下を歩いていると、リナリーと遭遇。
リナリーは公式で超絶美少女!
ですよねー、同性の目から見てもかんわいいもんね!(*´▽`*)
どっかで書いた気がするけど、神田をリスペクトする前まで一番好きだったDグレキャラはリナリーでした。
もちろん今も大好きです!・・・感想読んでたらひしひし伝わってると思うけど(笑)

そんなリナリーをイヤラシイ目で見るペック班長。
気持ちは分かる。分かるけど止めろペックさん。
そんなんするから変態班長とかって言われるんだよ。・・・私に(笑)

そこへコムイさん参上!
忙しいだろうに妹のこういう危機にはいち早く察知して駆けつけるあなたが大好きです。
しかし・・・まだ懲りずにコムリン作ってたのか(笑)
また原作でもコムリン騒動みたいなドタバタギャグも読みたいなぁ。

フェイ補佐官に見つかり、怒られてタジタジなコムイさん。
何気にいいコンビだよね、この2人も。
コムイさんに振り回されながらも、最終的にはしっかり暴走を止めてくれるってのが良い!
中央庁の息がそんなにかかってないんなら、彼女もアレンの味方になってくれるといいなぁ。


そんなドタバタの中、リナリー&蝋花を助けてくれたのは、お久しぶりなラビ!
ラビお前コノヤロウ!原作ではブックマンと一緒に急に消えて心配させやがって!
無事でちゃんとアレン達の元に戻って来いよ!
いきなりノア側についてたりしたら泣くからな!
・・・あ、でもノアなラビもカッコいいな・・・見てみたい・・・(笑)

・・・という叫びはさておき。
ラビは本当に美味しい所取りしていく子ですね(笑)
ふっと現れてさり気なくリナリーを支える男らしさ!
更に、さり気なくリナリーと蝋花を安全な場所へと導く気遣い!
何コレ惚れる。

話がそれますが、ラビの恋・・・っていうか、リナリーが誰とくっ付くか本当に気になる。
王道で主人公アレンな気もするけど、一番恋心としてはっきり描かれてるラビな気もする。
神田は・・・神リナが好きだから是非くっついて欲しいけど、あの人の事があるしなぁ・・・。
一応一段落着いたとはいえ、あの人以外にはまだ興味を持てずにいるんじゃなかろうか・・・なんて。
いや、そこからリナリーの愛によって癒されていけばいいだけの話だけども。(←結局神リナ)


話を戻して。
ドタバタやってる近くで、リナリーを盗撮してたバクちゃん。
バクちゃんが本部へ向かうと言ったその時からこの展開を期待してました(笑)

この時、さり気なくリナリーがラビと楽しそうに話してる描写が書かれてるのにニヤリ。
アレリナも神リナも好きですが、ラビリナも大好きです。


蝋花がアレンが腕を広げて待っててくれないかと妄想しながら進んだ先にいたのは、縄で縛られた神田。
周りには、ロブ、ジジ、ブックマンの3人。
神田の胸に飛び込めってことですね!よし、任せろ!(笑)

てか、神田を縛るって・・・神田を縄で拘束しちゃうって!
そんな素敵な事考えちゃったのはロブさんですか?ジジさんですか?それともブックマン?
囚われの神田なんて、もんの凄いオイシイ展開じゃないですか。
ありがとう。妄想が膨らみます(笑)
とりあえず、神田が動けないうちに胸板触ってみたいです。

神田が捕えられた理由は、ブックマンの育毛剤を開発する為らしい。
神田の様な髪になりたい・・・か。物凄く気持ちが分かる。

ロブ「色は黒、髪質やわらかめ、直毛、細い、量は普通・・・・・・と」

神田コノヤロウ!乙女の髪に対する夢を叶えすぎだろ!
ブックマンじゃなくても憧れるよ!
この大和撫子め!
そんな素敵な設定付けられたら、ますます大好きになっちゃうじゃない。

ちなみに神田は、天そばに釣られてこんな事になってるらしい。
ロブさんも言ってたけど、天そばにホイホイ釣られて縛られるなんて可愛いな神田!
アレンに知られたらまたネタにされるぞ(笑)

神田「ちっ・・・・・・。だいたい、ムダだ。あの頭皮はもう枯れている・・・・・・」

↑ヒデェ(笑)
ブックマンは気にしてるけど、ハゲ、別にいいじゃんねぇ。
カッコイイハゲだっているよ。
『三つ目がとおる』の写楽とか。
アイツはめちゃくちゃカッコイイハゲだと思ってる。
実は私の初恋のハゲだったりする(笑)

話が逸れたので元に戻して。
2つ目の挿絵は、『アレンとロードちゃんのキスシーンを想像してショックを受ける蝋花&背後で叫ぶ神田』。
小さいけど、挿絵で神田が見れたのは嬉しかった!

そんな中判明した衝撃の事実。

神田のファーストキスはジジ。

神田のファーストキスはジジ。

神田のファーストキスはジジ。

腹筋が痛くなるくらい笑った(笑)
神田のファーストキスは13歳の時に酔っ払ったジジに奪われたって!
神田ファンにとってはかなり重要な情報を何サラッとギャグにしてくれちゃってるんですか先生達!
ホント、皆して神田いじるの大好きなんだからもう!
いいぞもっとやれ(笑)

でもさ、神田が自己申告してないだけで、もしかしたらジジさんの前にあったかもしれないじゃない。
例えば・・・ほら、一緒にセカンドとして誕生したあの子とか。
セカンドとしてアジア支部にいた頃、偶然誰か・・・トゥイさんとエドガー博士とかのキスシーン見ちゃって、ちょっとした好奇心からアルマとチュってやっちゃってるかもしれないじゃない。
『冬』も『お父さん』も『お母さん』も知らなかったんだから、それくらい真似してもおかしくないと思うんだ。
こんなん言ってるけど、実はアルマだといいなぁ。
むしろアルマであってほしい。
あの人の為にも。・・・・・・と言っておけばちょっとは綺麗に聞こえるだろう(笑)

過去の秘密(笑)をバラされキレた神田は、力任せに縄をブチ切り、六幻抜刀。
神田にとってはバラされたくない事だっただろうけど、私はもっと詳しく聞きたかったぜ(笑)


泣きながら逃げ出した蝋花が次に出会ったのは、チャオジーとマリさん。
遠くにいるミランダさんの悲鳴を聞きつけ、ミランダさん救出へと向かうマリさん。

チャオジー「・・・・・・よく助けに行ってますよね、ミランダさんのこと」
チャオジー「・・・・・・こんなにたくさん団員がいるのに、ミランダさんの声は決して逃さないっていうか・・・・・・」


ナイスチャオジー!ナイスマリミラ!!!

マリさんってば常にミランダさんを意識しちゃってるって事ですね!
いつも助けに来てくれるマリさんに、ミランダさんもドキドキしてればいいよ(*´▽`*)

てか、これってマリミラは公式ですよって事でいいんですかね?(ドキドキ)
チャオジーに指摘されてマリさんも赤くなってるし。
原作はかなり大変な事になってるとはいえ、この先マリミラがくっつく事も期待しちゃっていいんですかね!?
よし!その日を楽しみに待ってます!

マリさんが去った後、チャオジーにアレンの居場所を尋ねる蝋花。
あからさまに不機嫌になるチャオジー。
お前・・・やっぱりまだアレンの事気にしてたのか・・・。
まぁあの後、14番目の宿主だって分かったから余計モヤモヤがあるんだろうね。
いつかチャオジーとも和解できるといいんだけど・・・。


チャオジーに教えて貰った先は、遊戯場。
大得意のチェスでキャッシュに負け、王座を奪われてしまったジョニー。

キャッシュ「私とやるにはちょっと早かったね」

キャッシュめっちゃカッコイイ!
何このクールな女王様!ジョニー惚れろ!(笑)
こっそりジョニー×キャッシュも応援してます。

あ、あとこの時のジョニーと蝋花の会話に凄い心打たれました!
アレンは大丈夫だというけど、きっと辛いだろうから蝋花の想いはきっと救いになるはず。
うん、私もそう思うよジョニー。
冒頭でも書いたけど、アレンが今あれだけ辛い状況だからこそ、蝋花やジョニーみたいに、どこまでも真っ直ぐアレンを信じて『仲間』だと言ってくれる人がいる事が、私も本当に嬉しい。
彼らには是非この先アレンの力になってあげて欲しいなぁ。


タイムリミットまで残り10分。
もう諦めて帰ろうとトボトボ歩く蝋花が見かけたのは、ナースさんから告白されてるクロちゃんの姿。
クロちゃんもやっぱモテるんですね!
発動時はカッコよく、普段は優しい・・・このギャップにやられるんですね、分かります。

ギャップといえば、今回のクロちゃんのギャップにもキュンと来ました!
告白されてワタワタ可愛くパニクってると思いきや、バラを見てエリアーデを思いだした途端、キリッと真摯に。
優しく、それでいてきっぱりと告白を断るクロちゃんが本当にカッコよかった。

クロちゃんはまだエリアーデが忘れられずにいるんですね。
こんなにも一途に思い続けるクロちゃんが素敵すぎる!

あと、クロちゃんの言ったこのセリフが凄く心に響きました↓

クロウリー「会いたくても、どんなに会いたくても、会えない人もいるである」
クロウリー「後悔しても遅いであるぞ。今、こんな時代、勇気を出さなくてどうするであるか」


ホントいい事言うなぁクロちゃん。
会える内に会っておかないと、会えなくなってから後悔しても遅いんだよね。
Dグレの世界じゃなくてもよのなか何があるか分からない世の中なんだし。
勇気・・・出せるといいんだけどねぇ。
分かってても難しいって思っちゃうのがまたもどかしいですね。


クロちゃんに励まされ、もう一度走り出す蝋花。
すると、正面から走ってくるアレンの姿が!
良かったねぇ蝋花!
頑張って最後まで走った甲斐があったね!

蝋花の髪飾りにいち早く気付き、褒めてくれたアレン。
何と言う天然タラシ紳士(笑)
自分から言う前に、こうしたちょっとした変化に気付いてくれるのって女の子にとっちゃ嬉しいよなぁ。
蝋花もますますアレンに惚れちゃうってもんですよ。

その嬉しさと今までの苦労とが一気に溢れ、思わず泣いちゃった蝋花。
あーなんか分かる!
苦労して苦労してようやく会えた大好きな人に優しくされて感極まっちゃったんだね。
うんうん、私も悔しいけど某アフロに会えた時こんな感じだった(笑)

最後は、アレンの優しさに触れ、アレンが大好きだと再確認した蝋花。
こんなに一生懸命な所を見せられると、是非アレンと蝋花にくっついて貰いたくなる。
どうなるか分からないけど、蝋花頑張れ!
アレリナも好きだけど、アレ蝋も応援してます!

迷った時は最終的に神アレになればいいと思うよ(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2010/12/27 23:37】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<本家サイト更新 | ホーム | Dグレ小説3巻 感想その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1470-1d10a745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。