おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第202夜 変わる世界
遅くなりましたが、SQ・Dグレ読みました!

携帯サイトで人気投票やってたけど、SQでもやるんですね。
ハガキで応募との事なので、また投票しとこうと思います。
言わずもがな、例のアイツに(笑)

ちなみに期限は2月3日まで。
SQのハガキ出す時にでも一緒に出してくるとします。
→とか言ってるうちにもう出してきました。
 いかにこれ書くのが遅いかよく分かる(笑)


【第202夜 変わる世界】

※小説のネタバレも含むので、読んでない方は閲覧注意。



●扉絵

『ヨッシーぬいぐるみに寄りかかるラビ&後ろにアレン&リナリー』

ラビが一番目立ってるのは、やっぱウサギ年だからだろうか(笑)
寄りかかってるのもヨッシー(ウサギ)ぬいぐるみだし。

しっかしこのラビ、本当にカッコいいな!
この誘うような色気漂う表情が本当に堪らん。
髪下ろしてるのがまた妙な色気を漂わせてて、物凄くけしからん。
後ろのアレン&リナリーとさり気なくお揃いの衣装なのもけしからん。
何その素敵なお揃いっぷり!
思わず手足をバタバタしてニヤケました。

・・・しかし、折角ティーンズが揃ってるというのに、そこに神田がいないのが寂しい・・・。
早く戻って来てくれる事を心より祈ってます。
妹が言ってた死亡説なんてスルーです。
星野先生はそこまで鬼畜じゃないって信じてる。


──────────


●あらすじ

プレゼントボックスの散らばる暗い空間の中。
その真ん中にただ一つ置かれたベッドに、ロードが腰掛けていた。
ベッドで横たわっているのは、人間Verの千年伯爵。
14番目と会うのが怖かったらしく、泣き疲れて眠っている。

ティキ「なんで 「14番目」のそばにイタイ(ハート)ってデレてたじゃん?」

しかし、ロードは妖しく笑うだけで何も答えない。
伯爵の事を全て分かってるとでも言いたげなロードに、「妬けるね」と冗談っぽく返すティキ。

ティキ「なぁロード 俺らは千年公に忠誠を誓ってる だからどんな命令も従うし その役目を疑ったりしない でもやっぱどうしても感情ってもんがあるからさ 「理解」したくなっちゃうんだよ」


2人が会話している間、別の空間では、シェリルとフィードラによって、ブックマンとラビが捕えられていた。
ブックマンと、項垂れ苦しむラビの前で、優雅に腰掛け本題を話し始めるシェリル。
ロードの話では、ブックマンは35年前、先代のノアと懇意にしていたらしい。
そして、「14番目」とも何やら因縁が・・・。

14番目をノアに迎えるにあたって、14番目の弱点でも聞きたいのか?と尋ねるブックマン。
だが、シェリルはそれを笑って一蹴する。

シェリル「本気で迎え入れるわけないだろう 14番目は必ず殺してやる だが、ハートからは死んでも守れといわれた なぜ?」

先ほどまでのおどけたものから一変、シェリルの表情が険しいものへと変化。
伯爵が「14番目のそばにイタイ」とまで言った理由が理解できないとブックマンに詰め寄る。

シェリル「『14番目』の全てが知りたい あなたが保持する全ブックマンの記録を虱潰しにね!!」

ブックマンの顔に冷や汗が流れ、余裕が消えた。

シェリル「あぁ 「蝕(フィードラ)」の寄生蟲(ポワズ)がJrとチャオジー・ハンの体内にいることを忘れずに その歳でまた後継者を失うなんて嫌でしょう?」

その言葉に、意識朦朧としながらも驚愕するラビ。
ラビの背後では、フィードラが目玉の沢山ついた舌を薄気味悪く伸ばしてみせていた。


一方教団でも、倒れていたチャオジーが医者に診て貰っていた。
しかし、チャオジーの中にいるのは、ノアの能力で出来た寄生蟲。
教団にしてみれば全く未知の病原体で、しかもノアが関係しているとなると尚の事下手に手を出ない。
弟分であるチャオジーの苦しむ姿に、己の無力さを嘆くキエとマオサ。
2人を宥めているマリがふと、人の気配に振り返る。

リナリー「アレンくんや・・・神田が・・・ ラビたちまで・・・?」

そこには、呆然と立ち尽くす、傷だらけのリナリーがいた。


所変わって。

『あと少し…少しだけでよかったから僕を信じてほしかった…』
『トクサ ごめん ほんとにごめん…』

記憶の中で、札に捕らわれたまま泣き崩れるアレン。
あの時自分がアレンを信じていれば・・・。
リンクの表情に後悔の色が浮かぶ。

司教「ハワード・リンク監査官!?」
リンク「は、はいっすみません」

不意に名前を呼ばれ、ハッとして顔をあげると、そこにはヴァチカンの司教達がいた。

司教「報告を アレン・ウォーカーの様態 第二使徒の所在はまだ吐かないのですか?」

現在行われているのは、今回の事件に関する報告会。
メンバーは、司教達の他にルベリエ、コムイ、バク、レニー、ズゥ、そしてリンクがいる。
ルベリエに促され、リンクはシドロモドロになりながらも報告を続けた。

リンク「・・・・・・か、完全黙秘です この数日・・・ウォーカーは尋問に一切答えません 覚醒の進行も定かにできず 自白剤が入ってるのを恐れてか食事も水以外口にしない状態です」
司教「狡賢いサタンめ 己の立場を理解させるべきではないのか 腹を貫かれても平然としているのだろう 多少手荒い事でも…」

憎憎しげに呟く司教。
この言葉に、今まで黙っていたズゥが異議を唱えた。

ズゥ「お言葉ですが 神田ユウはアルマ=カルマと共に死んだのです もう戻らん・・・ この数日で六幻を覆い尽くした異様な錆が適合者を失った証でしょう ウォーカーはただ仲間の意志を守ろうとしているだけです 何卒・・・何卒彼にご慈悲を・・・」

ズゥの手には、異様なまでの錆が表面を覆いつくし、まるで石の様になった六幻があった。
もう戻らない者を探しても意味は無い。
だからアレンに許しを・・・。

しかし、司教から放たれた言葉は、「黙れ」という否定の言葉だった。


雨がしとしと降り出した頃。
食堂では、「おまちッッどーん!!!」というジェリーの掛け声と共に、大量の食事がテーブルに並んでいた。
腹が減っていは戦は出来ぬ。
メソメソする前に、何かやろうと思うのならまずは栄養を付けろ、という事らしい。
こんな時に食欲など出ないというクロウリーに、強制的に料理を口に入れるジェリー。
その隣で俯いていたリナリーにも、リーバーが「食べろ」と肉まんを差し出していた。

その声に顔を上げ、ようやく科学班メンバーの傷が増えている事に気付いたリナリー。
訳を問うてみると、アレンを科学班に見せて欲しいとルベリエに直訴しに行った結果らしい。

キャッシュ「よく調べればもしかしたら『14番目』の記憶を取り除く方法が見つかるかもしれないってさ おかげで一班は非難の的だけどね」

キャッシュの背後には、盛り上がる一班を睨む団員達。

リナリーの脳裏に浮かぶのは、この間まで見ていた日常の光景。
アレンと神田が喧嘩して、それをラビが止めに入って、ブックマンやマリが呆れながらそれを見物してて・・・。

涙目でキュッと唇を結び、しっかり顔を上げたリナリー。
ここで弱気になっていても何も始まらない。
自分も頑張らなければ。
決意を新たに、リーバーから受け取った肉まんにかぶりついた。

しかし、そんな盛り上がりを遮るように、生卵をぶつけられたジョニーと通りすがりの男性一人。

団員「冗談じゃねぇ ノアは処刑すべきなんだよ」

聞こえて来たのは非難の声。
喧嘩腰に叫ぶジジと呆然とするジョニー。

男性「あのぉー ワタシはただ通りがかっただけなのですが・・・・・・」

その声に振り向くと、そこには卵塗れになった丸眼鏡の男性が立っていた。
顔だけでなく、彼の持っていた料理もぐちゃぐちゃになっている。
急いで平謝りし、一緒に食事をどうかと誘うリーバー。
その申し出をやんわりと断ると、男性は笑顔で意味深な言葉を残し、立ち去っていった。

男性「アレンを処刑したりなんてしませんから大丈夫ですよ」

皆が呆然とする中、ツキカミだけが「あん人・・・」と引っ掛かりを見せていた。


一方、報告を終え、アレンの幽閉されている蝋へと赴いたリンク。
扉を蹴破り、見張りを下がらせると、持っていたお粥をアレンの顔面に押し当てた。
突如降ってかかった災難に思わず仰け反るアレン。

リンク「ジェリー料理長のおかゆです 用心深いキミに信じてもらえるよう「工夫」してもらいました 中央庁は一切調理に関与してませんから、食べなさい!!!」

おかゆの中には、『Be Shit Lvellie!!(ルベリエのくそったれ!!)』と書かれている。
それを見たアレンは、数日振りに食料を胃へ運んだ。
こっちを見ようとしないリンクに、今度はアレンから話しかける。

アレン「リンク あの時責めるようなこといってごめん」
リンク「・・・・・・やっと言葉を話したと思ったらそんな事ですか!!!」

叫ぶリンクに、アレンが気まずそうに頬をかく。
自分よりもまず他人の事ばかり考える少年に、リンクの心が動く。

リンク「家族みたいなものでした」

語り始めたのは、自分の身の上話。
サード達との昔の思い出。

リンク「親を失って 教会に物乞いに行くうち群れるようになって テワクとキレドリはまだ幼かったし 自然とみんなで守ろうって 生きる為に暗部に引き取られて、私たちはいつしか人形のようになった」

思い浮かぶのは、寒さや飢えと戦いながらも、笑顔のあった日々。
アレンは思わずリンクを見つめる。

リンク「サードに償うべきは私です」

己の未熟さを嘆くように、己の滑稽さを悲しむようにリンクが言葉を搾り出す。
自分がAKUMAの卵殻をルベリエに渡したばっかりに・・・。

リンクの話を聞き終えたアレンは、落胆するように呟いた。

アレン「・・・・・・・・・・・・・・・・ああ・・・・・・ほんとダメだなぁ」

思いがけない言葉に、リンクは思わずアレンを見返す。

アレン「こうして知れば 僕はもっとサードと仲良くできたのに 進んで半AKUMAになったってだけで 嫌悪に近い情を抱いてました」

知る事で変われる事もあった。
神田やアルマだってもしかしたら生きて・・・。
知らない事の恐ろしさと、知ろうとしなかった自分の愚かさに涙を流すアレン。

そして、14番目の事も嫌悪するだけで何も知らないという事に、ようやく気付いた。
マナの弟だった人。
何故ノアを裏切ったのか。
何故千年伯爵になりたいのか。

アレン(知れば 何か変える事ができるんじゃないか)

そう考えた瞬間だった。
ドクンとアレンの心臓が大きく高鳴り、瞬時に肌がノアのもとへと変化していく。
持っていた茶碗がアレンの手から滑り落ち、音を立てて割れた。

熱い。
息苦しい。
意識が持っていかれる・・・。

リンクが駆け寄り、ぐったりとしたアレンを支える。
しかし、アレンは短く息を吐くだけで、一向に収まる気配は無い。

「眠らせるな 眠ったら最期だ 深く取り込まれてアレンが消されてしまう」

突如かけられた声にリンクが振り向くと、食堂にいたあの丸眼鏡の男性が立っていた。
リンクの代わりにアレンの身体を支え、アレンの様子を伺う。

リンク「カ、枢機卿(カーディナル)・・・! な なぜここに・・・」

枢機卿と呼ばれた男性は、「大丈夫だよ 今治してあげるからね」と優しくアレンに囁きかける。
問いかけに答えない枢機卿に、門番は何をしているのかと入口を見やるリンク。
しかし、そこにあったのは、倒れた門番と鴉の姿だった。

枢機卿「みんな アレンを心配しているよ」

不穏な気配を感じ、枢機卿に疑いの眼差しを向けるリンク。

枢機卿「とくに 「ハート」の御方がね」

枢機卿の左手の指が、溶けるように刃物の様な形状へと変化していた。



──────────


泣き疲れて眠るラスボスなんて初めて見た(笑)

いやかっわいいな伯爵!
泣きながら疲れて眠っちゃうとか、どこの子供だコンチクショウ!
思わずキュンときちゃったじゃないか!
一瞬母性本能くすぐられたわ!(笑)

なんていうか・・・伯爵ってホント子供っぽいよね。
見た目は大人だし、大人な意見も沢山言ってる割に子供っぽい所沢山あるよね。
こういう所もなんかマナを思い出しちゃうんだよなー・・・。
マナも子供っぽいあどけなさっていうか・・・そういう部分があるし。
マナは小説で、「自分は17歳の少年だったけど、ある日起きたらおじさんになっていた」って言ってたけど、実は伯爵の性格なんかも、それと何か関係してるのかなぁ・・・?
小説感想で書いた私の説が正しいなら、関係あるんだろうとは思うんだけども。

てか、マナが『泣けない』って言ってるのに対し、伯爵は見事なまでの泣き虫。
これって、『マナ=伯爵』説が正しいのならば、マナが本来持たなくてはいけない『泣く』という感情が、マナの中ではなく、伯爵の中にあるから・・・とかだったりして。


それはさておき、伯爵が泣いてたのは、14番目が好きだからこそ・・・なんでしょうね。
好きだから、会いたかったし、傍にいたいと思った。
でもその反面、好きだからこそ、相手の気持ちを聞くのが、どんな態度で接してくるのかが怖かった。
こういう所を見てると、本当に伯爵って人間なんだなって思う。

そんな千年伯爵と以心伝心なロードちゃん。
ロードちゃんの人間Verもちょこっとだけお久しぶり!
やっぱ人間Verロードちゃんは可愛いですね!
神田の思い出の中から帰ってきた後はまたずっと人形だったからなぁ。

あと、ティッキーに「色っぽい」と称されたロードちゃんの笑み!
ホント、見た目の年齢にそぐわないほど色っぽいよ!
どうしたのその顔!どこで覚えたのそんな笑み!
伊達にこの姿で35年前以上生きてる訳じゃありませんね。
見た目すらも超越して内側から滲み出す大人の色気・・・って事ですか?
ありがとうございます(笑)

それにしても、ロードちゃんは本当に色んな事を分かってるんですね。
伯爵が14番目に会いたかった理由も、怖かった理由も、全て把握済みっぽい。
現時点で一番伯爵を理解してるのは、14番目以外だとロードちゃんなんだろうな。


ティッキー曰く、「伯爵に忠誠を誓ってはいるけど、感情があるから理解したくなる」との事。
私的に、ノア達が皆してこんなにも伯爵をリスペクトしてるってのも不思議なんだよね。
一言「それがノアの遺伝子の影響だ」って言ってしまえば済む事なんだけども。
なんていうか・・・感情があるのならば、伯爵を嫌うノアや伯爵を憎むノアなんかも出ないものなのかと。
(14番目の裏切りは、14番目自体がイレギュラーなので別として)
いくら元は一人の人間の遺伝子だったとしても、感情があるのならあってもおかしくないと思うけど・・・。

そう考えると、ノア達も自分の意思で動いてるように見えて、実はエクソシスト達以上に自由がない『操り人形』みたいな状態なのではないか・・・なんて思ってしまう。
自分の意思・感情があるようで、実はその感情すらも操られてる、みたいな。
ロードちゃんの言った『ノア=子羊』って意味が、凄く分かった気がする。


その頃、伯爵には内密でラビ&ブックマンを招待・・・もとい、捕らえたシェリルさん&フィードラさん。
まだ生きてたのは良かったけど、まさか2人共ノアに捕らわれていたとは・・・!!!
裏切ってノア側についた訳じゃないのは安心したけど、状況的にある意味一番安心できない状況じゃないですか!

2人を呼んだ理由は、14番目の事を知るためらしい。
ブックマンは先代のノアと懇意にしており、14番目とも因縁があったから・・・。
ブックマンがノアと関係してたって話、ようやく出てきましたね!
この辺についてももう少し詳しく知りたい。詳細プリーズ。
このままブックマンの謎編に突入しちゃうのもありだと思います。


シェリル「14番目は必ず殺してやる だが、ハートからは死んでも守れといわれた なぜ?」

シェリルさんがこんなにも自信満々、かつキッパリと14番目を殺す気満々宣言しちゃうって事は、「そばにイタイ」とか言いつつ、伯爵も14番目を生かしておくつもりはなかった・・・のかなと思う。
ティッキーの言う事が本当なら、シェリルさんだって伯爵の命令に従うはず。
つまり、「殺すな」とは命令されてないのかな、なんて。
まぁ元々、殺すとまではいかずとも、もう二度と歯向かえないよう何か考えてそうではあったけども。
とにかく、そんな相手なのに『ハートからは死んでも守れ』。
シェリルさんじゃなくてもなんでじゃー!ってなりますね。

何だろう・・・ハートと14番目が接触すると、伯爵にとっては都合悪い事が起こるんだろうか・・・。
なんとなくだけど、『ハートに14番目が殺されないよう守れ』ってのとは違う気がする。
殺す殺さないって問題なら、『イノセンスから守れ』にしなくていいの?って話だし。
わざわざ『ハート』って断定してる辺りがミソなんだろうね。

ラビとチャオジーに寄生蟲を仕込んだことを盾に取り、ブックマンに全て吐かせようとするシェリルさん。
ラビがグッタリしてたのも、チャオジーの様子がおかしかったのも、それが原因だったのか!
丁寧な対応に見せかけて、しっかり逃げ道を塞ぐ・・・流石ノアですね。

あと、さり気なく大切な事言い放ったね、シェリルさん。

シェリル「『また』後継者を失うなんて嫌でしょう?」

ラビの兄(姉?)弟子に当たる人って事ですね。
一体何があったんだろう?
失うって事は、やっぱ死んでる・・・よねぇ。
ラビが教団に揺れてる(リナリーへの恋心や、アレン達との友情など)ように、その人も何らかの事情でノア達に感情移入しすぎちゃって失敗した・・・もしくは、自ら何かの犠牲になった、とかかなぁ。
そうだとすれば、ラビへ必要以上に厳重注意してるのも頷けるし。


んで・・・へー・・・これがフィードラさんの能力か・・・へー・・・。
・・・・・・うん、人を見た目で判断しちゃダメだよね・・・。
・・・ダメだよ・・・そういう偏見がイジメに繋がるんだよ・・・。
分かってる。
分かってる・・・・・・けども。

フィードラさんが生理的にマジで無理(笑)

ごめんフィードラさん・・・ホントごめん・・・。
いや、あの・・・顔とかじゃなくてさ・・・てか、別に顔はどうでもいいんだけどさ・・・。
あの・・・舌がね・・・舌の目玉が・・・。
ホントごめん。
思わず鳥肌たったくらい気持ち悪かった。
折角ノアになったとしても、あんな能力に目覚めちゃうくらいなら、私なら自らエクソシストの前に名乗り出て、「イノセンスで一思いに殺してください」ってお願いしたいレベルで無理だった(笑)

こんなもんがラビとチャオジーの体内に入ってるのかと思うと、ホント泣けてくる・・・。
可哀相だから早く取ってやってくれ。


一方、教団では。
チャオジーは先立って書いたとおり、フィードラの寄生蟲に苦しみ中。
チャオジーを心配してドクターに申し立てしまくりなキエさん&マオサさんがいいですね!
2人にとってチャオジーは本当に弟みたいな存在なんだろうな。

さり気なく2人を制止してくれるマリさんがまた素敵(*´▽`*)
久しぶりにマリさんが見れたのも嬉しかった!

ところで、ラビは人質として連れて行かれたのに、チャオジーは残されたのは何故か。
ラビはJrといえど一応ブックマンだから連れて行かれたのかなと思うんだけど、チャオジーは意図的に、フィードラの寄生蟲を教団に持ち帰らせるために置いてかれたんじゃないかと思う。
チャオジーを傀儡化して操っちゃおう、みたいな。
頑張れチャオジー!負けるなチャオジー!
ただでさえアレンを敵視してるせいでファンから睨まれてるんだから、たまには良い所見せるんだ!(笑)

そこへやってきたリナリー。
アレンや神田の事も聞いてただでさえショック受けてる所に、ラビやチャオジーまで・・・。
いつも仲良くワイワイやってた人達が一気にこんな事になったんだもんね。
呆然と立ち尽くすリナリーが本当に切ない。
てか、リナリーも怪我酷いんじゃないの?
皆の心配してるけど、リナリーは大丈夫なの?
ううう・・・ホント苦しくなる展開だなぁ・・・。


リンクもリンクで、現在今事件についての報告会真っ最中。
・・・だけど、アレンを信じれなかったことに対して激しく後悔してる模様です。
『トクサごめん』
仲間の為にこれだけ泣かれちゃ、そりゃ信じざるを得ませんよね。
でも、後悔先に立たず。
やつれてるように見えるし、リンクもかなり自分を責めちゃってるんじゃないだろうか・・・。

そしてアレンも・・・。
自分を信じてもらえなかった事以上に、トクサを助けられなかった事を嘆くなんて、どんだけ良い子だ。
アレンのこの自分よりも他人優先精神は一体どこで身に付いたのか・・・。
もう少し位ワガママ言っていいんだよって言ってあげたくなる。

アレンの現状を報告するリンク。

リンク「・・・・・・か、完全黙秘です この数日・・・ウォーカーは尋問に一切答えません 覚醒の進行も定かにできず 自白剤が入ってるのを恐れてか食事も水以外口にしない状態です」

アレエエエエエエエエエンンンンン!!!!!
ご飯大好き!食べるの大好き!得意技は大食い&早食いです!・・・なあの子が断食だなんて!
水だけで数日頑張ってるだなんて・・・!!!
全ては神田とアルマの為なのかと思うと、あまりの健気さに悶えるほどキュンと来た!
あぁもう・・・この健気なアレンを神田に見せてやりたい・・・。

でも、自白剤って結構水に入れませんか?
てか、水は飲むなら、教団側だって水に自白剤入れちゃおうとか思っちゃいませんか?
・・・いや、あえて多くは突っ込むまい(笑)

そんな感動的なアレンの行為もなんのその。
「狡賢いサタンめ」と吐き捨てる司教。
いやいや、お前らほどじゃありませんよ。
「腹を貫かれても平然としているのだろう 多少手荒い事でも…」とか平気で言ってる人が何言ってんですか。

「今事件の一番の原因は、アルマ=カルマがAKUMA化できる状況を作ってしまった事・・・つまり、アルマ=カルマにAKUMAの卵殻を埋め込む計画を立てたルベリエ長官、もしくはそれを命令した上層部に、そもそもの責任があると思われるのですが、その辺りはどうお考えで?」・・・くらい言ってやりたい。
ルベリエさんが、自分には一切責任ねぇよみたいな顔して普通に座ってるのが地味にイラっとする。

ズゥ「お言葉ですが 神田ユウはアルマ=カルマと共に死んだのです もう戻らん・・・ この数日で六幻を覆い尽くした異様な錆が適合者を失った証でしょう ウォーカーはただ仲間の意志を守ろうとしているだけです 何卒・・・何卒彼にご慈悲を・・・」

錆び付いた六幻。
これはあれだよね。
例えば、ポケモンのキャタピーは、バタフリーになる前に、トランセルっていうサナギになるじゃない。
きっとそういう事だよ。
持ち主(神田)が戻ってくるまでなんかのサナギになってるだけだよ。
だって、『適合者を失った証』として六幻が錆びたんなら、なんで『適合者ではなくなった』と言われたクロス元帥のジャッジメントは綺麗なままだったのさって話だもんね。
ヘブラスカにハッキリ「神田はもう適合者ではない」って言わせてないのも気になる所。
これこそが神田復活への伏線ですね、分かります。

司教「黙れ」

↑お前が黙れ、と思った人は多いはず(笑)


食堂。
エクソシスト&いつもの科学班メンバー達の前に大量の食事を並べたジェリーさん。
ジェリーさんらしい励まし方だなぁ。
メンバーは足りないけど、この『いつもの雰囲気』が、まだ大丈夫と思わせてくれますね。
さり気なくマリさんとミランダさんが並んでるのにニヤけてしまう。

アレンを科学班に見せてくれとルベリエさんに直訴しに行ったという科学班メンバー。
この様子を是非アレンに見せてあげたい・・・。
アレンを信じて、アレンをアレンとして見てくれてる仲間がまだこんなにも沢山いるんだよって教えてあげたい。

ただ、ちょっと気になったのが、その直訴内容について。

キャッシュ「よく調べればもしかしたら『14番目』の記憶を取り除く方法が見つかるかもしれないってさ おかげで一班は非難の的だけどね」

もし彼らが、14番目の記憶を取り除く=消そうとしてるんだとしたら、それはどうなんだろう・・・。
現状では、14番目が伯爵を裏切った理由も聞いてないし、14番目の真の目的も分からないまま。
そんな状況で、本当に14番目がノアってだけで悪い奴って決めていいんだろうか・・・。
話によっては、もしかしたら共同戦線張れるかもしれないって可能性だってあるのにねぇ。
アレンと14番目を切り離したいなら、現状だと14番目の記憶を新たな器・・・それこそ、科学班お得意のロボットなんかに移せる様になるのが一番いい方法だと思うんだけどな。
本当は死人の体・・・とかも思ったんだけど、それもそれでどうよと思ったので、やっぱロボットで(笑)


リナリーが思い出す『いつもの日常』。
リンクの回想でも思ったことだけど、日常=神田とアレンの喧嘩がデフォルトなんですね(笑)
どんだけ喧嘩ばっかしてたんだよアイツ等。
きっと教団内では、アレンといえば神田、神田といえばアレンってくらいセットだと思われてるぞ。
それでなくても私から神田とアレンはセットだって思われてるのに(笑)

頑張る皆の姿に励まされたリナリーは、肉まんをパクッ。
リナリーも本当に強くなったねぇ。
ちゃんと気持ちを切り替えて、今の自分に出来る事を一生懸命やろうとしてる。
リナリーの健気さにも本当にキュンときた。
頑張れリナリー。
すぐには無理でも、きっとまた皆で集まって笑える日が来ると私も信じてる!


しかし、そんな皆の決意を踏みにじるかの様に飛んできたのは、生卵とアレン批判の声。

団員「冗談じゃねぇ ノアは処刑すべきなんだよ」

ムッカつくうううううう!!!
マジでムカつく!・・・・・・けど、気持ちは分かる。
いつ覚醒して敵になって暴れるやも分からない状態の人間に肩入れするほうが難しいもんね。
ましてや、本部は一度ノアに襲撃されていて、その恐ろしさを嫌というほど知っている。
アレンの事をあまり知らない人達に味方になれって方が無理だと思う。

そういう意味では、今アレンに施されてる処置って大正解なんだよね。
上にも書いた通り、いつ牙を向くか分からない人間を野放しになんてできるはずがないし、ただでさえノアが近くにいるってのは怖いだろうに、野放しになんかしたら、その恐怖心を更に煽る事になっちゃうもんね。

でもやっぱアレンを知る読者としては、この言葉は心が痛い・・・。

そんな中登場した新たな登場人物。
司教達と同じ服を着た丸眼鏡のおじさん。

おじさん「アレンを処刑したりなんてしませんから大丈夫ですよ」

なんなのよアンタ・・・通り魔的に凄い重要な事言ってんじゃないわよ・・・。
ツキカミさんだけが反応してたのも気になりますね。


一方、報告を終え、アレンの幽閉されている蝋へと赴いたリンク。
扉を蹴破ったり、持っていたお粥をアレンの顔面に押し当てたりしたのは八つ当たりですか?
アレンの処遇に、リンクも不満を感じている事の表れだと信じてる。

リンク「ジェリー料理長のおかゆです 用心深いキミに信じてもらえるよう「工夫」してもらいました 中央庁は一切調理に関与してませんから、食べなさい!!!」

おかゆの中には、『Be Shit Lvellie!!(ルベリエのくそったれ!!)』の文字。
ナイスジェリーさん(笑)
リンクは中身見たんだろうか?
もし見たんだとしたら、許容したって事だよね。あのルベリエを尊重してるリンクが。
リンクも今回は流石に思うところが色々あったんだろうね。

こっちを見ようとしないリンクに、今度はアレンから話しかける。

アレン「リンク あの時責めるようなこといってごめん」
リンク「・・・・・・やっと言葉を話したと思ったらそんな事ですか!!!」


色んな事を質問して、その度何も答えてくれなくて。
ようやく話した言葉がリンクへの謝罪。
なんかもう、凄いアレンらしすぎて思わず笑顔になってしまった。
こんな状況でもアレンはまだアレンのままなんだって思えて、何だか嬉しくなっちゃいました。


そして語られるリンクとサード達の過去。

リンク「親を失って 教会に物乞いに行くうち群れるようになって テワクとキレドリはまだ幼かったし 自然とみんなで守ろうって 生きる為に暗部に引き取られて、私たちはいつしか人形のようになった」

そっか、みんな孤児だったんだ・・・。
リンクがルベリエさんをあんなに慕ってる理由って、サード達と一緒に孤児として彷徨ってる所を拾ってくれたのがルベリエさんだったからとか、そんな感じなのかな?
でも、生きる為に人形のようになったって聞いてると、どうもルベリエさんにいい印象が持てない・・・。
ルベリエさんは可哀相だからとか、そんな優しさでリンク達に手を差し伸べたんじゃない気がする。
なんかもっとルベリエさんの優しさを信じられる情報はないものか・・・。

リンク「サードに償うべきは私です」

リンクは知らなかったとはいえ、何の疑いも無く命令に従い、結果的にこの計画に加担してしまった。
自分があの時少しでも疑問を抱いていれば・・・なんて後悔してるんですね。
これでリンクも少しルベリエさんに対して不信感を抱き始めた・・・のかな?
万一アレンが離脱する事になるなら、是非リンクもついてきてほしい。
2人でサード達を助けよう!なんて言ってればいい。


リンクの話を聞いたアレンは、知ろうとしなかった自分の愚かさを責めだす。

アレン「こうして知れば 僕はもっとサードと仲良くできたのに 進んで半AKUMAになったってだけで 嫌悪に近い情を抱いてました」

アレンはトクサともずっと喧嘩腰だったもんね。
トクサにはトクサの・・・サード達にはサード達の事情があったとは知らずに・・・。
相手を知るのって大変だけど、相手を知らなければ見えてこない事もある。
ポケモンのサトシとシンジだって、相手をよく知らない時はひたすらお互いを否定しあってた。
しかし、お互いの事をよく知る事でお互いを認め合う事が出来た。
アレン達だって、相手をもっと知っていれば、そんな風に分かりあえる事も出来たかもしれないんだよね。

でも、今それに気付けたのは良かったと思うよ。
色々犠牲もあったけど、今からだって遅くない。
これを機に考えを変えていければいいんだよね。
そして是非神田と再会した暁には、もっとお互いを分かりあう為に、今まで以上に交流を!
気付けば傍にいて当たり前レベルになるまで一緒にいればいいじゃない(笑)


気付けたついでに、14番目についてももっと知りたいと思ってしまったアレン。
それが引き金となり、14番目が再始動。
あぁもう・・・ちょっと落ち着いてるのかと思ったらこれだよ・・・。
私も14番目については色々知りたいけど、出てくるの早いってば。
アレンの身体を乗っ取る以外の方法で出会わせてよ。

そんなアレンを助ける為に登場したのが、さっき卵塗れになったおじさん、もとい『枢機卿』。
枢機卿というのは、教皇の次に偉い人の事だそうで。
なんでも、彼等の選挙によって教皇が決まるくらいの権力を持ってるらしい。
ホント、そんなお偉いさんが何故ここに・・・?

しかも、門番ブッ倒して登場って、一体何者ですかおじさん!
リンクじゃなくても疑いたくなるよ!

枢機卿「大丈夫だよ 今治してあげるからね みんな アレンを心配しているよ とくに 「ハート」の御方がね」

アレンの味方ですって感じの意見なのに、なんでこんなに怪しいんだろう・・・。
てか、「ハートの御方がアレンを心配してる」って何!?
ハートの持ち主はアレン以外のエクソシストで、枢機卿は誰がハートかもう知ってるって事!?
うわぁ・・・このおっさん、最後の最後でこんな気になるセリフ言いやがって・・・。

アレンを一番心配してる適合者って言ったら、リナリーしか思いつかないんだけど・・・。

枢機卿の左手の指が刃物状に変化してるのも気になる。
何これ?何かの術?
なんか、イノセンスというより、ノアの能力っぽく見えるなぁ・・・。
なんでもいいけど、とにかくアレンを助けてくれるのなら是非助けてくれ!
出来れば味方である事を願ってます。


アレンの変化、ラビの容体、神田の安否・・・色々気になる事がありすぎる。


スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/01/12 23:58】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<拍手返信 | ホーム | 拍手返信>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/01/29 18:46】 | #[ 編集]
>柚木様
今回は本当に不安要素を一気に発表された感じの展開でしたね!
神田、ラビ、そしてアレン・・・皆が皆大変な立場にいて、リナリーも含めて仲の良かったはずのメンバーが皆バラバラになっちゃって・・・。
こんな展開をみていると、リナリー同様、昔のワイワイ楽しかった光景をもう一度見れるようになってほしいと切実に願ってしまいます(><)
先が気になりすぎて、本当にタイムマシンが恋しいですね!

目玉ベロ。
あれはやっぱり気持ち悪いですよね(^^;)
私も本気でないわと思いました。
こんなにも生理的に無理だと思ったキャラは、かなり久しぶりです(笑)
ヤツの寄生蟲が一体どんな能力を秘めているかは分かりませんが、ラビ&ブックマンには是非無事生還を果たし、またアレンと共に戦って欲しい物ですね!
あと、チャオジーも無事生還した暁には、そろそろアレンの味方になってみればいいと思います(笑)

教団の空気。
この空気はアレン好きとしては本当に辛いですよね(><)
柚木様の仰る通り、アレンは誰よりも真っ先に団員を助けに行き、誰よりも一番自分の身を犠牲にしてまで護ってくれたのに・・・。
ノアのメモリーが入れられてるからって、その恩が消えるわけじゃあるまいし、もう少し何とかならないものかと思っちゃいます。
そんな中でも、今までと変わらずアレンを信じてくれるジョニー達の言葉は、本当に安心されられますね!

これから先、柚木様の仰る通り、14番目を庇うという見解をされればジョニー達の立場は今以上に悪くなってしまうと思います(TT)
・・・というか、そもそもアレンと14番目の関係は一体どのレベルで知らされているんでしょう?
アレン=ノアではなく、アレンの中に無理やりノア入り込んだ、という認識になれば、また考えを変える人もいるんじゃないかと思うのですが・・・。
それでもやはり、『ノア』に対する恐怖がその気持ちを打ち消しちゃうのかな・・・?
何にせよ、これから先は『アレンの味方』にとっては本当に厳しい展開になると思いますが、負けずに戦い抜いてほしいですね!

14番目とアレン。
やっぱりネアは根からの悪者には思えませんよね!
千年伯爵にかけていた「俺は何があっても味方だから」というあの言葉。
そして、伯爵の記憶の中の優しい笑み。
やはり私も、柚木様の仰る通り、14番目だけではこうするしか最善の方法がなかったとか、何かしらの事情があって今の現状になったとしか思えません。
マナが愛した大切な弟。
千年伯爵が絶大の信頼を寄せていた大切な人。
彼が一体何を考え、どんな人物だったのか。
この先、アレンの身体を乗っ取る以外の方法で少しずつ明らかになってくれればと思います。
もしアレンの身体を借りるんだとしたら、乗っ取るのではなく、二重人格みたいに入れ替わり方式でお願いしたいですよね!
私も是非14番目とアレンには和解して協力して戦ってほしいと強く願ってます!

最後に、神田について。
私も、彼はアレンのピンチに颯爽とやってきて、アレンを助けてくれるに違いないと信じてます!
六幻はきっと、その為の準備に入ってるんですよね!
あぁ、早くその展開が来ないかなぁ(*´▽`*)
アルマのおかげで新しい能力に目覚めてるという展開もおいしくていいですよね!
是非そうなってくれてる事を願います!
ホント、神田早くアレンを助けにこればいいのに(勝手に決定事項(笑))

来月の展開が本当に楽しみですね!
早く読みたいです(*´▽`*)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/01/21 11:00】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
今回のお話はホントに気になるところだらけでしたよね…!
神田の安否も気になるし、ラビの容態も気になるし、そして何よりアレンの状況!
みんなみんな気になって、今からタイムマシンを探したい勢いです(笑)

そして目玉ベロ、私も鳥肌が立ちました…(;´д⊂)
あの人は見た瞬間から「……うん」ってなってたのに、今回の話で素で「ないわぁ…」と呟いたくらいです^^
ラビとブックマン、無事に教団に戻ってこれるといいんですが…;;

あと、教団の空気!(泣)
ノアには今まで散々苦しめられてきたし、気持ちも分からないでもないのですが、アレンは襲撃された時真っ先にお前たちを助けに行ったんだぞーっ!!と言いたくなりますね…・゜・(ノд`)・゜・。うぅ…
ジョニーたちの立場も、これからどんどん悪くなっちゃうのでしょうか…;

また14番目のことですが、心配事は尽きないにしてもこれでやっと『アレンとネアの和解フラグ』が立ちましたね!(*´∀`*)
ネアが何を考えているのかは分かりませんが、やっぱり私には彼も本当は優しい人なんじゃないか、って気持ちが捨てきれずにいます…(´・ω・`)マナがあんなにも愛していた人なんだもん……。

とにかく、来月が楽しみですね!
絶対絶対、今後アレンがピンチになった時颯爽と神田が助けに来てくれるって私信じてる!!^^(&何かしらアルマの影響で新たな能力を身につけていたらなお萌え…燃える!!)

ではでは、お忙しいのに更新ありがとうございました!
失礼します!
【2011/01/20 00:42】 URL | 柚木 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1477-bcccd9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。