おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
黒白同時スタート
SS終わってないけど、PGLでの配布物の期限が迫ってるので、黒白を先に進めました!
黒白での色んな違いを見たいので、黒白同時プレイ。

前書いた通り、基本的には黒主体で進めていき、プレイ日記も黒中心で書きます。
・・・といっても、メンバーゲットし終えるまでは白についても結構書くと思うけど。


▼目標 : 1月31日までに、黒白共PGL入れるようになる・・・てか、入る!


【黒白プレイ日記1】

※黒白で色分けしてみましたが、見えにくい場合はご一報くださるとありがたいです。特に白Ver部分(笑)
※一度白をクリアしているので、突然先のネタバレを口走ってるかもしれません。


今回のOP、何度見ても音楽も映像も今までのポケモンと全然違うなって思う。
あ、もちろん良い意味で。
シリアスかつ凄く壮大な物語がスタートするって感じで、凄くワクワクします。
なんか、FFとかそういうRPGのOPみたい。

あと、OP映像のNとゲーチスがめちゃくちゃイケメン。
女神達もめちゃくちゃ麗しい。
初っ端からこんなにニヤニヤさせて私をどうしたいのか。


まずは主人公と、文字タイプ選び。

★黒
・主人公 : 男・ツバサ(ホイッスルの椎名翼くんより)
・文字 : 平仮名


☆白
・主人公 : 女・自分の本名にしてあるので割愛(笑)
・文字 : 漢字


折角なので、性別も逆、文字タイプも逆にしてみました。
幼馴染2人の紹介も聞き、いざ冒険スタートです!


アララギ博士から主人公の家に届けられた3匹のポケモン。
箱には、『・・・・・・この手紙と一緒に3匹のポケモンを届けます。君と君の友達とで仲良く選んでね。それではよろしく! アララギ』というメッセージ。
今回はおつかいや偶然ではなく、アララギ博士からプレゼントされて冒険の旅に出るんですね。

主人公と一緒に部屋にいたのは、気難しいけど真っ直ぐな男の子・チェレン。
遅れてやってきたのは、マイペースだけど頑張り屋な女の子・ベル。
チェレンはカッコイイし、ベルは可愛いし、こんな幼馴染がいるなんて主人公が羨ましすぎる。
ついでに、男主人公はカッコ可愛いし、女主人公はセクシー可愛いし、どんだけ最高なんだカノコ幼馴染ズ!

そういえば、チェレンがベルに、「君がマイペースなのは10年も前から知っているけど~」って言ってたけど、主人公達は今シリーズも10歳なんだろうか・・・?
もっと大人っぽく見えるなぁ。


前置きはさておき、早速ポケモンを選びます!
先に進めてた白1ではポカブを選んだので、今回は黒でミジュマル、白でツタージャを選択しました。

★黒
主人公 : ミジュマル
ベル : ポカブ
チェレン : ツタージャ


★白
主人公 : ツタージャ
ベル : ミジュマル
チェレン : ポカブ


ベルは主人公に不利なポケモン、チェレンは主人公に有利なポケモンを選ぶんですね。
選び終わるとすぐ、レポートもポケモンのステータスチェックもする暇なく、ベル&チェレンと2連戦。
厳選しようとしてる人になんと優しくない設定か(笑)
2連戦もする前にステータスくらい見せてくれたっていいじゃない。

▼ベル
ポカブ♂ レベル5

▼チェレン
ツタージャ♂ レベル5


まぁ最初だし、ひたすら体当たりしてりゃ勝つだろ。

・・・と、タカをくくってたら、厳選中、1回ベルに負けました(笑)

まさか負けるとは思ってなかったから、思わず噴き出したわ。
油断大敵ってこういう事を言うんですね。
いやはや、こんな初っ端から学ぶ事になるとは思ってなかったぜ(笑)

あと、余談だけど、ベル戦が終わった後、チェレンがベルと主人公のポケモン回復してくれるのにキュンとした。
チェレンっていつもこうやってベルと主人公の世話焼いてそうなイメージがある。
・・・こっそり、チェレンとベルってお似合いだと思ってます(笑)

2連戦が終わると、部屋がグチャグチャになったので、ベル&チェレンは主人公ママに謝りに1階へ。
ようやくレポート&ステータスチェックが出来るようになりました。

★黒
ミジュマル。
意地っ張りで血の気が多い♂。
神田っぽい子、思ったより早く出てくれました!
プラチナのユウも意地っ張りだったけど、今回は更に『血の気が多い』だなんて、ますます神田っぽいな。
今作でもいいネタ提供期待してます(笑)


★白
ツタージャ。
臆病で気が強い♀。
よっしゃあああああ!!!♀出た!10回以内で♀が出た!!!
しかも性格めっちゃ可愛い(*´▽`*)
臆病だけど気が強いって、きっと「べ、別にあんたなんか怖くないわよ!(ビクビク)」みたいな感じだよね。
何このかんわいい子!ありがとう神様!


1階に降りてみると、チェレンとベルがママに部屋をめちゃくちゃにした事を謝罪中。
「いいの、いいの」と笑って許してくれるママが素敵。
チェレンがアララギ博士に御礼を言いに行くと言い、研究所へ。
ベルは一度家に戻るらしい。
主人公も研究所へ向かおうとすると、ママからライブキャスターをゲット!
DSi持ってないから、役立つのはゲーム内オンリーだけど(笑)

そうそう!家から出ると、コロモリが飛び立っていったんですが、これ時間によって違うみたいですね。
白1進めた時は昼だったんですが、飛び立っていったのはマメパトでした。

あと、幼馴染ズとのバトル後でセーブして、一旦中断した後、また電源入れたら、季節は『冬』だったんですよ。
だけど、家から出ると、突如季節が『春』に変化。
もう月によって季節が決まってるのかと思ってたけど、違うんですね~。
しかし、折角春になったけど、あと数日で夏になっちゃうぞこれ(笑)


研究所へ向かうと、チェレンからベルを迎えに行って欲しいと言われたので、ベルの家へ。

・・・の前に、チェレンの家へ寄り道。
チェレンのママのセリフが黒白で違ってたので、ちょっとメモ。

黒「チェレンったら研究所にいるのね、きっと。何ていうか、律儀というか生真面目なのよね、あの子」
白「これからもチェレンと仲良くしてね。あまり感情とか表に出さないし、一緒にいて大変かも知れないけれど」


これは主人公の性別による違い・・・なのかな?
チェレンくんは律儀で生真面目で、あまり感情を表に出さない子なのか。
何その萌える設定。見た目からして好きなのに、ますます大好きになりました。

ベルの家。

ベル父「だめだめだめーっ!!」
ベル「あたしだって……ポケモンを貰った立派なトレーナーなんだもん!冒険だって出来るんだから!」


お父さんの反対を押し切り、飛び出していくベル。

ベル「あっ……大丈夫だよ。……大丈夫!あたし、研究所の前で待ってるからね」

お父さんは可愛い娘を旅に出すなんて、よっぽど心配なんだね。
大丈夫!ベルちゃんは責任もって私が面倒見ま・・・ゲフンゲフン(笑)


研究所の前でベル&チェレンと合流し、中へ。
アララギ博士とご対面!
「ハーイ」が口癖の、元気のいい美人博士!
いいなぁ・・・こんな美人博士が近くに住んでるなんて羨ましすぎるぞカノコ幼馴染ズ・・・!!

ここでようやくポケモンのニックネームが決定。

★黒
ミジュマル♂のNNは、もちろん『カンダ』
立派な侍になれよ!


★白
ツタージャ♀のNNは、『はやつき』にしました。
由来は、小学校で強制的に覚えさせられた『富山県の7大河川名』です。
手持ちメンバーのNNに何かしら共通点を持たせようと思って、6~8個(レギュラーメンバーは全8匹になる予定なので)あるもの考えたら、なんかこれしか出てこなかった。
これだから私の脳内ってやつは(笑)

余談ですが、ツタージャのNNは、『早月川』から。
富山県の上市町、魚津市、滑川市辺りを流れてる川です。


さて、ニックネームが決まると、今度はアララギ博士からポケモン図鑑がもらえます。

アララギ「ポケモン図鑑を完成させる為、冒険の旅に出かけるよね!」

 はい
→いいえ

アララギ「もう!わたしが聞きたいのは、世界を切り開く勇気ある言葉だけなの!!」

ごめん、つい癖で(笑)

素直に『はい』を選び、ポケモン図鑑をゲット!
今度はポケモンの捕まえ方を教えるから、1番道路へ来てほしいと言い残し、研究所を出て行くアララギ博士。
追いかける前にチェレン&ベルに話しかけると、チェレンのセリフが少しだけ違ってました。

黒「他のトレーナーと戦って強くなるよ僕は」
白「他のトレーナーとの実戦を重ねて強くなるよ僕は」


同じ内容でも、漢字の方が難しい表現になってるんですね。
ホント、細かい所まで拘ってあるなぁ。


研究所から出たところで、ママからタウンマップもゲット!
その足で1番道路

チェレン「ベルがね、旅を始めるなら、最初の一歩は皆一緒がいいって」
ベル「ねえツバサ!皆で一緒に1番道路に踏み出そうよ!」
チェレン「じゃ いくよ!」
3人「「「せーの!!」」」


この情景と、今後のベルやチェレンの成長を思うと、何だかとっても涙が出そうになった。
まだ詳しくは書かないけど、最初は「可愛いな!この仲良し幼馴染ズめ!」くらいにしか思わなかったはずなのに、一度クリアしてからこれを見ると、また違った風に感じられますね。

3人で1歩を踏み出した後は、アララギ博士からポケモンゲット方法の説明。
黒は出現ポケもチラーミィも♀だったけど、白は♂になってた。
主人公と逆の性別になってるのか!ホント細かいなー。

説明が終わると、アララギ博士は一足お先にカラクサタウンへ。
ベルの提案により、カラクサタウンに着くまでの間、3人でポケモンゲット競争をする事に。
勝負はどっちでもいいけど、ちょうど黒でも白でもゲットしたい子がいたので、ゲットしていきます。

★黒
捕獲要因として、ミネズミをゲット。
真面目で我慢強い♂。特性は『鋭い目』。
NNは『マリ』です。
今回はマリさんにサポート役をお願いするんだ。
適当に最初に出た子を捕まえただけなんだけど、性格はなかなかピッタリだと思う!
あと特性も、マリさんは盲目だから目は見えないけど、逆に、盲目だからこそ視界を奪われたてもその他の感覚で捕らえてるから命中率は下がらないって意味でいいんでないかい?
ちなみにこの子は、PGLにも連れて行く予定。


★白
白では一気に2匹ゲット。
レギュラーメンバーになるヨーテリーと、こちらも捕獲要因のミネズミ。
こちらは何の拘りもなく進めてるので、今の所、ツタージャの性別以外は厳選する予定はありません。

ヨーテリーは腕白で力が自慢な♂。特性は『やる気』。
性格も特性も、なんという逞しい子・・・!
NNは、黒部川からとって『くろべ』になりました。

ミネズミは、臆病で辛抱強い♀。ツタージャに引き続き、♀2匹目!これは嬉しい!
特性はマリと同じく『鋭い目』。
NNは、常願寺川(じょうがんじがわ)からとって『じょう』
後ほどゲット予定の2匹目の補欠っ子に、残りの3文字『がんじ』とつける予定です。
女の子に『じょう』はどうかとも思ったけど、『嬢』だと思えばギリ大丈夫な気がする(笑)


ベル&チェレンとのポケモンゲット対決は、黒が全員引き分けで、白が主人公一人勝ち。
ここで、初ライブキャスターのお出番!
かけてきたのは、アララギ博士でした。
4枠使ってのテレビ電話、いいですね!
実際に自分がやるのは恥ずかしいけど、ゲーム内のキャラ達だと皆の顔が見れるのが嬉しい!


カラクサタウン。
ポケセンへ行く前に、町中探索。

女性「ある人は言いました。色んな考えがあるから争いが生まれるのだと……。別の人は言いました。色んな考えがあるから世界が広がるのだと……。きっと、どちらも正解なのね」

これってアカギさんとシロナさんの事じゃ・・・!?
うわーうわー!こんな所に前作までのネタ組み込んであるとは!
こういうの見つけると嬉しいですね!

探索が終わると、ポケセンでベルと一緒にアララギ博士からのレクチャーを受けます。
今作はポケセンとショップが同じ建物ってのが便利でいいですね!
ところで、この時のベルがいちいち可愛いんですが、そろそろ一緒に旅に連れてっていいですか?(笑)


ポケセンから出ると、広場でプラズマ団の演説を見物。

ゲーチス「今日皆さんにお話するのは、ポケモンを自由にしましょう、ということです」

トレーナーはポケモンに好き勝手命令している。
仕事のパートナーとしてもこき使っている。
そんな事はないと誰もはっきりと言い切れないはず。
ポケモンとは、未知の可能性の秘めた生き物であり、人間が学ぶべき所を数多く持つ存在である。
私達人間はポケモンを解放するべきである。
そうしてこそ、人間とポケモンは、初めて対等になれる。

プラズマ団の話は本当に色々考えさせられますね。
ゲーチスの言うとおり『絶対そんな事ない!』なんて、本当に言い切れないもんなぁ。
だからって、プラズマ団の意見に全面賛成も出来ないけども。

ゲーチスの演説が終わると、人がいなくなるのを待って主人公に近づいてきた一人の青年。

N「キミのポケモン、今話していたよね……」

Nうううううううう!!!!!
会いたかったよN!!!
失礼ながら、初めてこのセリフ見た時は「なんて電波なのNくん・・・(笑)」なんて思っちゃったけど、最初の1歩同様、これもクリア後に見ると色々考えさせられますね。

チェレン曰く、Nは早口。
これは、Nが天才だかららしいですね。
ワザと会話スピード遅くしてみたら、Nの言葉だけ最速で表示されてめっちゃ噴いた(笑)

N「ああ、話しているよ。そうか、キミ達にも聞こえないのか……可哀相に……。ボクの名前はN(エヌ)」

ここでチェレンが、「……僕はチェレン、こちらはツバサ」と、自分だけでなく主人公の分までしっかり名乗ってくれてる辺りに思わずキュンとした。
やっぱ主人公とベルは、いつもこんな風にチェレンに面倒見て貰ってるに違いない。

N「ポケモン図鑑ね……。その為に数多くのポケモンをモンスターボールに閉じ込めるんだ。ボクもトレーナーだが、いつも疑問に思う。ポケモンはそれでシアワセなのかって。そうだね、ツバサだったか。キミのポケモンの声をもっと聞かせてもらおう!」

そういや、モンスターボールの中ってポケモンにとってかなり快適って設定だったよね。
中にはサトシのピカチュウみたいに嫌がる子もいるけど。
一体どんな感じなのか一度見るor体感してみたい(笑)

▼N
チョロネコ♂ レベル7


この時点じゃチョロネコの方がレベル上だったけど、マリの体当たりだけで普通に勝てました。
最初はこういうごり押しが効くのがいいですね!

N「もっと!キミのポケモンの声を聞かせてくれ!」

↑なんかエ・・・ゲフンゲフン・・・いなぁと思ってしまった(笑)

勝利後、主人公のポケモン達の声に驚くN。
「そんな事を言うポケモンがいるのか……!?」なんて言ってたけど、これがEDのアレに繋がるのか。

N[モンスターボールに閉じ込められている限り……ポケモンは完全な存在になれない。ボクは、ポケモンというトモダチの為、世界を変えねばならない」

そもそも、ポケモンを完全な存在にして、Nは何をしたいと思ってたのか・・・だよね。
ゲーチスは分かるけど、Nの夢ってものが本当に見えてこない。
この頃は本当にゲーチスのいいなりになってただけって感じがして、何だか切なくなってきますね。

チェレン「トレーナーとポケモンはお互い助け合っている!」

私もそうだと信じたい。


お次は2番道路へ。
主人公ママからライブキャスターで通信が入ったかと思うや否やすぐ切れてしまい、何だったんだと思ってると、今度はランニングシューズを持って実際に登場!
ママってば、こんな遠くまでわざわざ届けにきてるなんて・・・!
1回カノコに戻らなくて済むのがありがたいですね。
意外な所でお母さんの温かさを感じてしまったぜ。

2番道路を抜け、サンヨウシティに入ろうとした所で、今度は後ろからベルがやってきました。
ベルのポケモンも大分育ったからと、バトルをする事に。

▼ベル
ヨーテリー♀ レベル6
ポカブ♂ レベル7


2匹共カンダで難なく撃破。
ベルはすぐバイバーイって去って行ったけど、どうせ行き先同じなんだから一緒に行きたい。
チェレン、ベル、主人公の3人で一緒に旅すればいいじゃない(笑)


そんなこんなで、サンヨウシティ到着!
ジムへはまだ入れないので、まずは町中探索。
細かい違いなんだけど、左下の家の2階にいるポケモン、黒ではモンメン、白ではチュリネになってました。
ちゃんとこんな所まで拘ってあるんですねぇ。

ジム前にいた人の証言を元に、トレーナーズスクールへ。
中で道具の勉強をしてたチェレンとバトルをする事に。

▼チェレン
ツタージャ♂ レベル8
チョロネコ♂ レベル8


ツタージャ → マリの睨みつける&体当たりコンボ。
チョロネコ → カンダの水鉄砲連発。

よしよし、チェレンくんにもまだ苦戦せずに勝てるな。


ジム戦の前に、夢の跡地も探索。
ここで貰える3猿、白の方はメンバーに入れる予定なので。

★白
夢の跡地にいるお姉さんから、ヒヤップゲット!
冷静で血の気が多い♂。特性は『食いしん坊』。
NNは、片貝川からとって『かたかい』になりました。
それにしても、何だこのカッコいい性格・・・。
私の中の『ヒヤップ=のんびり屋でちょっぴりおドジ』のイメージが・・・(笑)


黒の方は、残念ながレギュラーメンバーに3猿は入らないので、今回はお預け。
今はまだ受け取らずに、また暇を見て受け取りにきたいと思います。
厳選とかしようと思ったら、時間かかっちゃうしね。


サンヨウジム。
まずは、ジム前にいるデントと会話。

デント「……え?僕がこの街のジムリーダーですけど、君は……?そうですか、ジムに挑戦。それで君……最初に選んだポケモンは何ですか?ミジュマルか……なるほど、草タイプが苦手なんですね。きちんと対策しておいたほうがいいと思いますよ。例えば、夢の跡地でポケモンを鍛えるとか。それでは、中で待っていますね」

忠告ありがとうデント。
私もね、今のままじゃちょーっとキツイかもと思ってる(笑)
白はヒヤップがいるからいけると思うけど、黒が・・・ね。
いつも通りレギュラーメンバー以外はゲットしても使わないルールで行こうと思ってるんだけど、例えバオップ貰ってきても、現時点で使えるのはカンダとマリしかいないんだよね。

SSのワニノコ1匹よりはマシかと思いきや、ワニノコは先に交換で強い技覚えさせてたんだよなぁ。
でも今回はまだ交換できないから、強い技教えて・・・ってのも出来ないし。
何とかごり押しで頑張るか。


とりあえずここで一旦区切って、次回ジム戦&ムンナイベント、そしてPGLをやりたいと思います!


▼黒メンバー
カンダ(ミジュマル♂) レベル10
マリ(ミネズミ♂) レベル10


▼白メンバー
はやつき(ツタージャ♀) レベル10
くろべ(ヨーテリー♂) レベル10
かたかい(ヒヤップ♂) レベル10
じょう(ミネズミ♀) レベル9



スポンサーサイト

[テーマ:ポケモン | ジャンル:ゲーム]

【2011/01/24 23:48】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<燃 え つ き た ! | ホーム | お片づけ最終段階>>
コメント
>kivaxtuto様
kivaxtuto様は、黒では本名を少しもじって付けられたんですね!
私は本名の方は何の捻りもなく本名になってます(笑)

白はお母さんの名前を使ってるんですね!
迷ったときは身近な人の名前ってついつい活用しちゃいますよね( ̄m ̄*)
うちの父もゲームするんですが、よく家族の名前をつけてます。

ミジュマル&ツタージャ。
折角の申し出なのですが、この子達はサトシの手持ちっ子を意識した訳ではない(特にミジュマルの方は、別漫画ネタからきてます)ですし、覚えさせる技はかなり前から決めてあるので、今回は遠慮させていただきます(><)
サトシの手持ちと同じ性別だったのは単なる偶然です(笑)

ポケモン映画。
おぉ!言われてみれば確かに!
ルギアの時もレギュラーではなくともちょろっと映ってましたもんね~。
タケシが出ないポケモン映画・・・長年ずっと見てきただけに、やはりちょっぴり寂しく感じちゃいますね・・・。
でも、よくアニポケでも言われてますが、『出会いがあれば別れもある』んですよね。
映画はもう無理でも、またいつかアニメで再登場してくれる事を楽しみに待っていたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/01/27 09:11】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
因みに自分はブラックでは男主人公の名前を
自分の名字と名前の一部を取った所謂、松潤orマエケンorムラケンっぽい傾向にし
ホワイトの女主人公の名前を自分の母親の名前から取りました!

ミジュマルとツタージャの性別はサトシの個体と同じのようですが
技までアニメを再現したいなら2匹が現在覚えている4つの技を教えますよ!

話は逸れますが「ビクティニと黒き英雄」は初めて劇場版にタケシが登場しない作品ですね!
(レギュラーを降板していた「ルギア爆誕」でもウチキド博士の電話越しで一瞬出ている)
【2011/01/26 11:54】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1494-1dfcc8f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。