おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
全身から溢れるNへのラブ!
レシラムに選ばれたのは、真実を求めた僕。

ゼクロムに選ばれたのは、理想を求めた君。

どちらが本物の英雄か確かめる為のバトル。



勝ったのは、君だった。



【カラー】




「久しぶりだね、トウヤ」

数ヶ月ぶりに会った君は、元々大きな目を、更に大きくしてこちらを見つめていた。
食べていたヒウンアイスを落としかけながら。

「・・・・・・N?」

ポツリ呟かれた音が、優しく耳の奥をくすぐる。
高すぎず、低すぎず、穏やかな波に揺られているような心地よい声。

僕はこの声が好きだ、と思う。
しかし、今までトウヤの声を聞いた事はそんなに多くない。
というのも、彼は基本的に無口だからだ。
お喋りな僕とは正反対。
まぁ、これまで僕が一方的に話すばかりで、彼の話を聞く機会自体なかったんだけども。


「何でここに・・・?」

不思議そうに尋ねるトウヤ。
それもそのはず。
あの日・・・どちらが英雄か決める為に、トウヤに挑んで負けた日。
僕はレシラムと共に「サヨナラ」と言い残し、イッシュを飛び立った。
トウヤも、まさかこんなに早く再会するとは思ってなかったんだろう。

「レシラムがね、ゼクロムに会いたいって聞かなくて」

レシラムとゼクロムは、元は一つだった存在。
遠く離れていても、お互いの居場所を感じとれるらしい。
だから、レシラムにゼクロムの気配を探ってもらい、ここまで来たんだ、と説明する。

「・・・レシラムがゼクロムに・・・?」
「うん。立ち話もなんだし、場所移動しようか?こんな街中じゃ、2匹を出したら騒ぎになっちゃうし」
「あ・・・うん」





やってきたのは、ヤグルマの森の奥深く。
ここなら人もめったに来ないし、レシラムとゼクロムを出しても目立たない。

早速2匹をボールから出すと、互いに懐かしむ様に身体を寄せ合い、話し始めた。
彼等も彼等で、積もる話があるのだろう。

その様子を微笑ましく見ていると、ふと視線を感じた。
頭一つ下、隣にいる彼の顔に目をやると、彼は真っ直ぐこちらを見つめていた。

「えーっと・・・トウヤ?」

話しかけてみるも、返事は返ってこない。
ただただ、じっと真っ直ぐな瞳が僕の顔を捉えている。

・・・怒っているのだろうか?
急にいなくなって、急に帰ってきたのだから、それが当たり前なのかもしれない。
怒らせるつもりはなかったんだけどな。
僕はポケモンの気持ちは分かるけど、人間の気持ちは今一つ分からない。
・・・僕は、不完全だから・・・。


僕が困っていると、トウヤは急に視線を逸らし、その場に腰を下ろした。
その一挙一動をボーっと見ていると、再びトウヤの瞳が僕を捉える。

「座れば?」
「えっ・・・あ、うん」

促され、隣に腰を下ろす。
折角会えたのに、なんか気マズイな・・・。
どうしよう・・・。

「・・・・・・で?」
「へ?」

何が「で?」なのか理解できず、思わず質問を質問で返す。

「だから、僕に会いに来た理由」
「理由?・・・って、さっきも言った通り、レシラムが・・・」
「嘘付け」

キッパリと否定され、言葉を続けられなくなる。

「・・・なんで?」
「何となく」

あんなにキッパリ否定したくせに、理由は酷く曖昧で。
でも、トウヤの言葉に迷いは感じられない。

敵わない、と思った。



「・・・この数ヶ月、レシラムと色んな所に行ってみたよ。そして、色んな人に出会った」

ゆっくりと今までの事を話しだす。
色んな職業の人間と触れ合った事。
色んな所にいるポケモンを見てきた事。
トウヤは、いつもの様に、何も言わず静かに聞いてくれている。

「でも・・・分からなかった」

人を好きだというポケモンは沢山いた。
ポケモンを大切にしている人も沢山いた。

しかしその一方で、ポケモンを傷つけ、道具としてしか見ていない人も沢山いた。
そいつらの犠牲になり、苦しんでいるポケモンも沢山いた。

人とポケモンは確かに分かりあえる。
しかし、本当にそれでいいのだろうか?
その陰に隠れてはいるけれど、苦しんでいるポケモン達は、確かに存在している。
中には、かつて人間を信じ、共に歩んでいたポケモンもいた。
しかし、人間に裏切られ、人間を怨む様になった。

そんなポケモンが言った一言が、今も僕の中に引っかかっている。


───── 最初から、人間なんて信じなければ良かった ─────


楽しい時間だって確かにあった。
だけど、それ以上に心の傷が大きすぎて・・・。

やはり、ポケモンは人間から解放されるべきではないのだろうか。
そうすれば、彼等はもう悲しい思いをする事もないはずだ。

・・・でも、そう考えた時に必ず思い浮かぶのは、トウヤの事だった。
ポケモンと心を通じ合わせ、共に生きるトウヤ。
トウヤが間違っているとは、今の僕にはどうしても思えない。



「何が正しいのか、僕にはもう分からないよ・・・」

膝を抱え、目を閉じる。
トウヤに会えば何か分かるかもと思ったけど、やっぱり分からない。
トウヤのポケモンがトウヤの事を好きなのは凄く伝わってくる。
でも、それだけで本当に、ポケモンと人間が共存できる理由になるのだろうか?
プラズマ団の目的・・・ポケモンの解放は、本当に間違いだったのだろうか・・・?


2人の間に静かな時間が流れる。
聞こえてくるのは、ポケモンの鳴き声と、風が木々を揺する音。


先に口を開いたのは、トウヤだった。


「Nはさ、あの時、何で僕に勝てなかったか・・・分かる?」

何を言い出すのかと思った。
あの時僕がトウヤに勝てなかった理由なんて、簡単だ。

「僕よりトウヤの方がポケモンの事を理解していたから・・・」

僕以上に、ポケモンと心を通い合わせていたトウヤ。
元々バトルの実力があった上に、ポケモンとの信頼関係もあったんだ。
人間の事も、ポケモンの事も分かっていない不完全な僕が、勝てるわけがない。


しかし、返ってきたのは、予想外の言葉だった。


「違う」


驚き、思わずトウヤの方へと顔を向ける。
トウヤはレシラムとゼクロムを見ており、横顔しか見えない。

「僕には、Nみたいにポケモンの言葉なんて分からない。・・・だけど、これくらいは分かる」

トウヤが、ゆっくりと僕の方へ向き直る。



「皆・・・Nと離れたくなかったんだ」



さっきまで楽しそうにじゃれていたはずのレシラムとゼクロムも、いつの間にかこちらを見ていた。

「覚えてる?ゾロアークが、後少しの所で技を外した事。・・・ゾロアークだけじゃない。アバゴーラも、アーケオスも、ギギギアルも、バイバニラも・・・レシラムも、皆肝心な時に何かしらミスった事」

思い返してみると、確かにそうだ。
あのバトルは、肝心な時に皆ミスを犯していた。
技を外したり、ここ一番で先制を取られたり、急所に当てられたり・・・。

「でもそれは、単に運が悪かっただけじゃ・・・」
「1つの試合中に、そんな都合よく皆が皆ミスると思う?」
「・・・・・・」

信じられなかった。
だって僕は、不完全なのに・・・。
本物の英雄にはなれなかったのに、何故・・・。


トウヤは更に続ける。

「それに・・・ゼクロムだって、本当はNを助けたかったんだ」
「ゼクロム・・・が?」

どういう事なんか、サッパリ理解できない。
だって、ゼクロムが選んだのはトウヤじゃないか。
そもそも、僕を『助ける』という意味が分からない。

そんな僕の戸惑いが伝わったのか、トウヤが少し笑った。
普段あまり表情を崩さない彼の、めったに見れない笑顔。
僕を少しでも和ませようとしてくれてるのだろうか?

「ゼクロムが僕を選んだんじゃない。Nが僕を選んでくれたんだ」
「僕が、トウヤを・・・?」
「Nは、僕を一番気にしてくれてただろ?だからゼクロムは、僕に力を貸してくれたんだ。Nが一番気にかけている僕と一緒に戦う事で、Nを助けるために」

じゃなきゃ、伝説のポケモンであるゼクロムが、クイックボール1発で捕まる訳ないだろ、とおどけて見せる。

トウヤはあの時、ゼクロムをクイックボール1つだけで捕まえて見せた。
戦う事なく、傷つけることなく、ゼクロムを仲間にした。
それこそがトウヤが英雄である証だと思っていたが、違うのだろうか・・・。


「僕はNが思ってる程凄い人間じゃないよ。バトルにだって何度も負けた事があるし、知らず知らずのうちに人やポケモンを傷つけてしまった事だって沢山ある、不完全な人間だ」

『不完全』
その言葉にピクリと身体が反応する。
トウヤを見ると、まるでそれを狙っていたかのような表情で僕を見ていた。

「人間は・・・ううん、人間だけじゃない。ポケモンだって、誰しもが皆、不完全なんだよ、N」

トウヤの瞳が真っ直ぐに僕を捕えている。
逸らせない。

「不完全だからこそ、助けが必要になる。不完全だからこそ、温もりを求める。だから、人間とポケモンはお互いを求めあい、助け合おうとするんだ」

だから、と一息置き、再びあの言葉を口にする。

「お前のポケモン達は皆、お前と共に生きたいと願ったんだ」


レシラムとゼクロムに視線を戻し、トウヤは続ける。

「ゼクロムは分かってたんだよ。レシラムを通して、お前のポケモン達が、お前と離れなくないと思ってる事を・・・。そして、Nも本当はそう感じている事を・・・。だから、不完全な僕に力を貸してくれたんだ」

レシラムとゼクロムが、ゆっくりと頷いて見せた。

「Nは、人間を好きだと言ったポケモンを見たのは、僕のポケモンが初めてだと言ったよね?・・・でも本当は、もっと前から知ってたんだろ?人を・・・Nを好きなポケモンがいるって事」



脳裏に、忘れたはずの記憶が蘇る。



傷つけられたポケモン達。
それを介抱する幼い僕。

「ごめんね・・・ごめんね・・・」

人を信じられないという彼等に、僕は何度も謝った。
精一杯の愛を持って接した。
もうこれ以上、傷つけない為に。
大好きなトモダチだから。


そして、いつしか彼等も僕には心を開いてくれる様になった。

でも・・・・・・


『大好きだよ、N』


その言葉を、僕は記憶の底に封じ込め、知らないふりをした。
ポケモンを解放するには・・・僕がポケモンと別れるには、そうするしか方法がなかったんだ。




気がつけば、僕は声を上げて泣いていた。

何が悲しいのか分からない。
何が嬉しいのか分からない。
色んな感情が後から後から込み上げて来て、涙が止まらなかった。

そんな僕を、優しく抱きしめ、子供をあやす様にトウヤは言う。

「偉そうに言ってるけど、僕も本当は何が正しいのか分からない。人間とポケモンは確かに分かりあえると思うけど、Nの言う様に分かりあえない人達だって確かに存在してるんだから」

でもね、と今度は僕の顔を覗きこむトウヤ。

「僕達は分かりあえると知ってるからこそ、傷ついたポケモン達を助ける事だって出来ると思うんだ」
「ポケモンを・・・助ける?」

トウヤがコクリと頷いてみせる。

「ちゃんと分かりあえてる人とポケモンを引き剥がすのは可哀相だけど、プラズマ団の言う通り、ポケモンを傷つけている人からは、一時的にだけでもポケモンと離れさせた方がいいと思うんだ。そして、傷ついたポケモンを助け、傷つけた人を説得する。それは、人とポケモンが分かりあえると分かっているからこそ出来る事だろ?」


目からウロコ、とはまさにこの事を言うのだろう。
僕はずっと、必ず白黒つけなければいけないと思っていた。
傷つけられているポケモンを見殺しにするか。
それとも、完全にポケモンと人間を離してしまうか。

でも、どちらも正解じゃなかったんだね。

白でもなく、黒でもない、第三の答え。

白にも黒にも染まっていない、透明なキミが出した答え。



「僕にも出来るかな」

呟くと、

「Nなら大丈夫。きっと出来るよ」

トウヤは笑顔で背中を押してくれた。
トウヤの優しい声が、僕の心にじんわりと温もりを広げていく。


また一筋、涙が頬を伝った。









「もう行くのか?」
「うん、早速やりたい事が見つかったからね」
「そっか」

ニッと嬉しそうに笑うトウヤに、僕も笑顔を返す。

今日はトウヤの笑顔が沢山見れた。
僕が大好きなあの声も沢山聞けた。
それだけでも十分なのに、トウヤは僕の夢まで一緒に探してくれた。

来て良かったと、心から思った。


「それじゃあ・・・」

レシラムに乗ると同時に、トウヤが叫ぶ。

「N!」

下を見れば、笑顔のトウヤ。



「また会おうな!」

「トウヤ・・・」



かつて「サヨナラ」と言って別れた時、本当はもう二度と会わないつもりだった。
彼は英雄で、僕は不完全な存在だと思ったから。

だけど、今は違う。



笑顔で頷き、僕はトウヤに言葉を返した。






「ありがとう」












レシラムの背に乗り、大きな青い世界へと飛び立つ。

空はどこまでも青く、澄み渡っていた。
白い雲がゆっくりと流れていく。
下には、カラフルな街が広がっている。



「レシラム・・・世界は、綺麗だね」


レシラムが嬉しそうに微笑んでいる。


「世界は、こんなにも鮮やかだったんだね」







白と黒しかない僕の世界に色をくれたのは、透明なキミだった。


キミの世界はいつも透き通っていて、色んな色を反射して、クルクル表情を変える。


それが、僕には羨ましかった。


だから、僕はキミを選んだんだ。




僕の世界には、まだほんの少しの色しかないけれど。



でも、きっとこれからは、自分の力で増やして行けるはずだ。






大好きなトモダチと共に。





【FIN】



──────────


突然全身からNへのラブが溢れだしたので、以前柚木様からリクエスト(?)を頂いた、『人を信じない、愛を知らないNと、皆に愛され、Nをも導こうとする男主人公』のお話を書いてみました。
どこが?という突っ込みはなしの方向でお願いします(笑)
書きたい事がありすぎて全部詰め込んだら、結局何を書きたかったのか分からなくなったぜ・・・。
とりあえず、一回書きたい事をまとめてから書くという事を覚えようか、私。


余談ですが、ゼクロムをクイックボール1発で捕まえたというのは、私の実話です。
まさか捕まると思ってなくて、思いっきりビビった(笑)
でも、それがまるで、「一緒にNを助けよう」って言ってるみたいで、本当に感動しました。

しかし、その直後の選択肢↓

画面『ゼクロムを手持ちに加えますか?』

 はい
→いいえ


だって、その時連れてきたメンバーで完璧にNとゲーチスの対策考えてあったんだもん・・・。
ゼクロム、本当にごめん(笑)


あと、Nのポケモンが肝心な所でミスってくれたのも実話だったりする。
あの時は「ラッキー!」としか思ってなかったけど、小説に書いたような捉え方をすると、感動的だよね。


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/01/28 23:30】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<拍手返信 | ホーム | コンサートとかでよくあるアレだと思うんだ>>
コメント
>スモッド様
ななななんと!こんな駄文を読んでくださったのですか!?( ̄□ ̄;)
その上、こんなにお褒め頂けるなんて・・・!!
本当にありがとうございます!
一度筋書きを立てたわけではなく、本当にただ自分の書きたい事をバーッと書き殴っただけだったので、上手く伝わってるかとても不安だったのですが、そう言って頂けて凄くホッとしました(*´▽`*)

今まで信じていたゲーチスに『不完全な人間』だと言い切られてしまったNはきっと、他の人間は完全だけど、自分は不完全な生き物なんだと思い込んでるんじゃないかなと思ってたんですよ。
そして、最後に主人公にいい言葉をかけてくれましたが、N自身の事・・・これからどうするかは何も言ってないんですよね。
イコール、まだ迷いとか戸惑いとか、色々あったまま旅に出ちゃったんじゃないかなぁと。

更に、Nは今までの生活がああでしたから、結構偏った考えを持ってるんじゃないかと思うんです。
そんな子が一人で旅に出て、本当に考えを変える事が出来るだろうか・・・なんて。

この小説には、そんなNにかけてあげたい言葉をめいっぱい詰め込んだつもりですので、それが少しでも伝わっていれば幸いです(*´▽`*)
Nは沢山苦労してきた子だと思うので、これからは自分の為に生きて、めいいっぱい幸せを感じて欲しいものです。

では、コメントありがとうございました☆
【2011/02/02 16:20】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>toshiki様
7賢人探しはもう終わりましたよ~(^^)
Nの話も無事聞くことが出来ました!
遠いところで見かけたという情報、是非次回作でNが再登場してくれるフラグである事を願いたいものですね!

あと、コーンのセリフも聞きました!
サンヨウが17人兄弟だったら、確かに面白そうですよね( ̄m ̄*)
挑戦者側からしたら、最初のパートナーがあの3匹以外のどのタイプであろうとも苦労するって事ですが(笑)

3猿。
おぉ!あの子達はブイズポジなんて言われてるんですね!
確かにブイズ同様、色んなタイプを作ろうと思ったら作れますもんね~。
ワルップやメタップという名前もセンスがよくて、すぐにどのタイプか分かるので凄くいいと思います(≧▽≦)
是非是非タイプ猿シリーズとして今後も増えて欲しい物ですね!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/02/02 14:18】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです、読ませて頂き来ました。感動のあまり思わず何度も読み返しました。
主人公と別れた後のNはどうしてるだろうと?楽しくは過ごしてるだろうけど、光の部分だけとは限らない
そこをしっかりとらえられておられますね、

Nが主人公を選んだというのも「成程」と思わされました。最初のカラクサから気になっていた主人公のこと
そして旅を通して互いに何かを気付いた。レシラムとゼクロムの登場、トレーナーを守るため、力を貸すため
一緒になった、Nだけでない、主人公だって不完全である、心に深く残る一文でした。
ゲーム内ではそこまでは描かれませんでしたが、何気ない行動が、自分が気づいてない内だけで
人やポケモンを木津つかせてしまうことも日常茶飯事、だからこそ仰る通り
助け合える、分かり合える、うまくつなげおられて感服いたします。

そして第3の答えもすさまじい、一時期離すという答え、
ポケモンを介抱し、トレーナーをも改心という名の介抱をする。白や黒などはっきりとした答えだけに
囚われず、もっといろんな答えがある。そんなことを教わりました。

本当に素晴らしい文章でした。また読み返そうと思います。

ではでは
【2011/02/02 10:39】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
米神さんはもう七賢人探し終わりましたか?
コーンが言ってましたが『もしサンヨウシティのジムリーダーが17人兄弟だったら、それぞれがタイプごとのスペシャリストになってるのかもね』という台詞が気に入りました。もし、サンヨウジムリーダーが17人だったら面白いですね。3猿はブイズポジションと言われています。次回作でエスパー猿だの悪猿だの出て来たら面白いですね。
オリジナルサンヨウジムリーダーやオリ猿の画像も見た事があります。例えば、悪猿ならワルップ、鋼猿ならメタップなんて面白そうですね。
【2011/02/01 16:59】 URL | toshiki #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1499-f7b7b3f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。