おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ポケモンドクター・タケシ!
アニポケ見ました!

毎回毎回忘れがちになるけど、タケシだってまだ15歳なんだよね。
凄く頼りになるし、知識も凄いし、大人びた意見言ってくれるけど、まだ『子供』と呼べる年なんだよね。

自分の能力をしっかり見つめなおし、将来の夢転向・・・か。
ちょうどタケシくらいがそんな年なのかもしれませんね。
思い返せば、私もそれくらいの年に将来の夢が変わった覚えあるもん。


【ポケモンドクター・タケシ!】



コメントで教えて頂いたのですが、DP初期のポケモン講座で、『ブリーダーを目指す人の中には、そのままポケモンドクターへ転向する人もいる』と紹介されてたらしいです。
アニポケスタッフが一体いつからタケシの夢転向を考えてたかは分からないけど、ゲームの黒白の製作期間を考えると、もしかしたらこの時から伏線が張られてたのかなぁ・・・。
タケシがピンプクゲットしたのも、この回への伏線だったっぽいもんね。


本編。
フタバタウン行きの船の甲板にて物思いにふけるタケシ。
前回の最後のタケシを見てから考えてたんだけど、タケシの夢にはさ、サトシやヒカリみたいに、定期的にジム戦やコンテストに参加ってのがないんだよね。
ユキさんみたいに表彰される事はあれど、『定期的に実力を確認できる場』とはちょっと違う。
裏を返せば、その分、いつでも自分の実力を発揮出来てるって事だけど、『定期的に実力を確認できる場』がない事で、自分が本当に成長してるのかが、自分には見えてこないんだろうね。

実際はタケシだって常に努力してるだろうし、確実に前へ進んでる。
でも、それを知ってるのは周りだけで、タケシ本人は気付いてない。
更に、一緒にいるサトヒカが目に見える形で成長を見せてるのも、タケシを焦らせた要因の一つなんだと思う。
結果は目に見えた方が頑張れるっていうしね。


話をストーリーに戻して。
タケシにどうしたのかと尋ねるサトシ&ヒカリ。
2人がどこまで感じとってるかは分からないけど、少なからずタケシが元気ないのを気にしてくれてるんですね。
タケシがこんな風に悩むのってあんまなかったもんね。

それはさておき、皆これから、一度自宅へ帰るつもりらしい。
「港に着いたらお別れ」なんて聞くと、いよいよ最終回かと思って寂しさが込み上げてきた・・・。
でも、ヒカリの提案で、港ですぐバイバイではなく、一度ヒカリの自宅へ寄る事に。
だよね。これですぐバイバイだったら、寂しすぎて違う意味で泣くわ(笑)

そこへ、ピチュー、ピィ、ププリン、ルリリ、ヒメグマ、ムチュール、ソーナノが登場!
何この可愛いベイビィポケモンの集団!
誰だこんなハーレム作った素敵トレーナーは!

・・・と思っていると、この子達を追ってノブコさんという女性が登場。
滑って転びそうになったノブコさんをパット支えるタケシがカッコよすぎる。
ノブコさんはポケモン保育園の見習い保育士で、この子たちを預かっているんだとか。
ポケモン保育園・・・大変そうだけど、なんと素晴らしい仕事だ!
いつもこんな可愛いベイビィポケモンが見れるなんて幸せすぎるだろ!

皆やんちゃで全然言う事を聞いてくれないというノブコさんに、タケシは「真剣に接していれば、ポケモン達もちゃんと向き合ってくれるようになる」とアドバイス。
流石ブリーダー!ポケモンとの接し方に関してはプロですもんね。
相手の心を開かせる為にはまず、自分から真剣な心で接しなければいけない。
ポケモンとの付き合いにしろ、人付き合いにしろ、凄く大切な事ですね。
特に子供ってそういう事には凄く敏感だからなぁ。


一方、コイキング型潜水艇でサトシ達一行を追跡するロケット団。
最近ずっと陸ばっかだったから、コイキング型潜水艇も久しぶりだなぁ。
その途中、新しく取り付けたらしいお宝探知レーダーに反応が!

ムサシ「もしかして金?銀?プラチナ?」
ニャース「ルビー?サファイア?ダイヤモンド?はたまたパールにゃ?」


スタッフったらお茶目なんだからもう(笑)
ところで、クリスタルとエメラルドはスルーですか。そうですか。

そんなこんなで、ドククラゲ達の守るお宝を無理やり強奪したロケット団。
しかし、頑張って奪ったお宝はなんと、ジュースの王冠。
しかも、フェリーの売店だけで売られ、すぐに販売中止になった幻のミックスオレ・カレー味の王冠らしい。
確かにコジロウにとっちゃめっちゃお宝ですね(笑)
・・・ミックスオレ・カレー味か・・・美味しそうに思えない(笑)

当然、怒り出したドククラゲ達は、ロケット団へと攻撃。
いきなり理不尽に攻撃された挙句、宝物まで奪われたんじゃ、そりゃ怒るわな。
てか、こんな王冠をお宝として大切に守ってたなんてドククラゲ達可愛いな!
「わぁ!これ何だろう?凄く綺麗!(お目目キラキラ) よし、宝物にしよう!(`・ω・´)」
↑こんなん考えて、激しく悶えてしまった。


一目散に逃げたロケット団は、勢い余ってサトシ達の乗る船に激突!
何とか間一髪船へと逃げ込むものの、今度はちょうど甲板へ出てきたサトシ達と激突。
更に、ロケット団を追ってドククラゲまでもが船に乗り込んでくる始末。
ロケット団にとってはなんという災難続き。
・・・原因を考えると、もちろん自業自得ではありますが(笑)

怒っているドククラゲ達は、ロケット団、並びにサトシ達に向かって毒針を発射!
ピカチュウがアイアンテールで全て叩き落とすものの、その拍子に毒状態になってしまう。
アニメで毒針で毒状態ってあんまなかったから、珍しい気がしてしまう。
ゲームじゃよくあるのにねぇ。

船内へと逃げ込むロケット団と、それを追うドククラゲ達。
ピカチュウはタケシがモモンの実で解毒。
その間に、ドククラゲ達の後を追いかけるサトシ&ヒカリ。
さり気なく出たいつものこの役割分担が、タケシの将来にあんなに関係する事になろうとは思ってなかったよ。

パニックに陥る船内。
演出的に、ドククラゲが船に攻め込んできた宇宙人に見えた(笑)
そんな中、ノブコさんを守ろうとして全員毒状態になってしまったベイビィポケモン達。
特に毒づきを食らったピチューは重症な様子。
何この感動的な展開!!
やんちゃでノブコさんの言う事聞いてくれないなんて言ってたけど、ちゃんとノブコさんのポケモン達を思う気持ちはこの子達に届いてたんじゃないですか!
なんて良い子なんだこの子達!


その頃、ドククラゲ達に追い詰められたロケット団の元へと辿りついたサトシ&ヒカリ。
少し遅れて、回復したピカチュウと一緒にタケシも合流。
ロケット団に対して怒りを露わにするドククラゲ達を見たタケシは、ロケット団に何をしたのかと尋問。

ムサシ「何にもしてませんよ」
ニャース「そうニャ!海底で平和に暮らしていたドククラゲを蹴散らしたり・・・」
コジロウ「ドククラゲ達が大切にしていたこの王冠を、無理矢理奪い取るなんて事する訳ないだろ!」


説明ありがとうございます。
嘘を付くつもりが、うっかり本当の事を言っちゃうこのドジっぷりが可愛い(笑)
オマケに、王冠をワザワザ付き出すもんだから、ツルっと落としてしまうという致命的ミス。
せめてポロッと本音を言っちゃうだけに止まってれば良かったのにねぇ。

タケシはその王冠を拾うと、王冠を囮に甲板へドククラゲを誘導。
タケシが王冠を海へ投げ込むと、それを追って海へと帰って行くドククラゲ達。
王冠返してもらえばそれでOKだなんて、どんだけ単純なんだ!ホント可愛いなアイツ等!
しかし、この騒ぎの原因が王冠一つかと思うと、何だかとっても複雑な気持ちになる(笑)


一安心したのもつかの間。
今度は、毒状態になってしまったベイビィポケモン達を治療する為のモモンの実がないという緊急事態に!
こんな時に限って船に医療設備がないなんて、本当にタイミング悪いですね;;
倉庫内の積み荷からモモンの実を探すものの、なかなか見つからない。
ようやく奥の部屋で発見したと思いきや、ロケット団が思いっきり食べてました。
お前らもなんてタイミング悪い事しちゃうかな!
こんな時に限って何故モモンの実をチョイスしたんだ!

更に、ポケモンが苦しんでる事を伝えると、モモンの実とピカチュウの交換を条件に指定。

タケシ「そんな事を言ってる場合じゃないんだ!」
ニャース「そんな事を言ってる場合ニャ!」
ムサシ「だって私達、悪役だもん!」


申し訳ないくらい噴き出した(笑)
そういやロケット団って本来はこんな事言ってもおかしくない『悪役』のはずなんだよね。
前回までサトシの応援してたし、一瞬凄い意外に感じてしまったよ。

そんなロケット団を容赦なくはたくで吹っ飛ばしたピンプク。
ナイスピンプク!
ロケット団の皆さん、お疲れ様でした(笑)


結局残ったのは、モモンの実が1個だけ。
他の乗客に聞いて回るも、手に入ったのはモモンの実×2個と、万能粉のみ。
自分がゲーム進めてる時は、常に状態異常回復アイテム沢山持ち歩いてるんだけど、アニメじゃ沢山持ち歩いてるような人はなかなかいないんですねぇ。
船でこんな事が起こるとは誰も思ってなかったってのもあるんだろうけど。

そこへ一人のお婆ちゃんが、毒消しに効くからとフエン煎餅を持ってきてくれました!
まさかアニメでフエン煎餅が拝めるとは!
ルビサファ関連のものが登場すると、ついルビサファリメイクフラグ?なんて思っちゃいます(笑)

これらの物を調理してドリンク状にし、ポケモン達に飲ませていくタケシ。
不謹慎だけど、哺乳瓶で毒消しドリンクを飲むピチューがもんのすごく可愛かった。
症状に応じてテキパキ処置していくタケシもカッコいい!

このドリンクのおかげで、徐々に快方へと向かいだしたポケモン達。
しかし、毒づきを食らってしまったピチューだけは容体が一向に善くならない。
ゲームじゃすぐ治せるけど、アニメじゃそんな簡単に治せないんですね。
毒状態のまま「ごめん!ポケセンまで頑張って!」なんて言ってた自分にちょっと自己嫌悪したよ・・・。

不安気なノブコさんを前に、「すまない・・・。俺にも分からないんだ」と珍しく弱気なタケシ。
タケシだって凄腕ブリーダーといえど、まだ子供だもんね。
いきなりこんな重要な役割を担う事になって、しかもその為の道具もないんじゃ、弱気にもなるよね。


そんな中、ジョーイさんの乗った救助艇がこちらへ向かっているとの連絡が。
タケシは船員さんにお願いして、ジョーイさんと会話する事に。

ジョーイ「私達が到着するまで手を尽くしてみて」
タケシ「でも、自分は一介のポケモンブリーダーでして、これ以上何をすれば・・・」


タケシの珍しい弱音シーン。
『ブリーダー = 医学も勉強してる』とはいえ、『ブリーダー = 医者』じゃないからねぇ。
タケシの中では、医者でもないんだからと、自分を卑下する気持ちもあったんじゃないかなぁ。

しかし、そんな弱気なタケシに、ジョーイさんは「まだやれる事はあるはずだから考えて」と一喝!

ジョーイ「あなたがやるしかないの」

15歳の少年になんちゅうプレッシャーですかジョーイさん!(笑)

まぁ今はタケシだけが頼りだろうし、仕方ないんだろうけど。
あれだけ乗客に聞いて回ってるのに誰も「自分が診てあげよう」と言わないって事は、恐らくこの船で医学について学んでるドクターやブリーダーは、タケシだけだったんじゃないかと思うんですよ。
そんな中でタケシまで諦めてしまえば、それこそピチューが危ないもんね。
ピチューを助けたいのはジョーイさんも同じ。
だからあえて厳しく一喝したんだろうね。

その思いを受け取ったタケシは、「はい、分かりました。全力を尽くします」としっかり返事。
この相当のプレッシャーの中、再び落ち付いて自分を取り戻すってのは並大抵の難しさじゃないと思う。
それでも、ここで気をしっかり持って体勢を整え直したタケシは本当に凄い!
大人でも難しい事だけに、この冷静さは見習いたいものです。
ゲームやってる最中なんか特に、よくパニックなってるしね(笑)


ピチュー達の所に戻ったタケシは、サトヒカにも協力してもらい、早速『やれる事』を実行。
まずはポッチャマの渦潮&ミミロルの冷凍ビーム&ピンプクの叩くで氷嚢を作製。
次に、呼吸しやすくする為、ブイゼルの水鉄砲&ゴウカザルの火炎放射で部屋の湿度を上昇。
更にピカチュウが電気を分け与え、体力も少し回復。
覚醒したタケシの頼りがいありっぷりが本当に半端ない。
てか、毒が消せなくてもまだこんなに出来る事が残ってたんですね。
毒消す事ばかりに気を取られて、私もすっかり忘れてました。

もっと体力を回復させる為、タケシはドリの実&オレンの実をすり潰した特性スタミナドリンクを調合。
早速ピンプクが飲ませようとするものの、今度はなかなか飲んでくれません。
このシーン、結構真剣に、ドリの実が苦いから嫌がってるんじゃないかと思ってた(笑)

皆が心配する中、まるでその思いに応えるようにピンプクがラッキーへと進化!

まさかここで進化が来るとは!
タケシがポケモン達を助けたいと思ってるように、ピンプクもまた、どうにかこの子たちを助けてあげたいと思ってて、その思いが進化という形で現れたのかなと思う。
ピンプク・・・いや、ラッキー!進化、本当におめでとう!!

ラッキーの『タマゴうみ』で、ようやくピチューの容体も安定!
良かった!本当に良かった!
なかなか毒消えないから、私も不安になってましたよ。


その後、ジョーイさんも到着し、ポケモン達も全回復!
ベイビィポケモン達に懐かれるタケシがとってもいいお兄さんで思わずキュンとした。
その様子を見ていたジョーイさんが、爆弾発言をドーン。

ジョーイ「タケシ君って、とてもいいポケモンドクターになれそうですね」

ジョーイさん、あなたのこの何気ない一言が彼の人生を変えました(笑)

「ドクターになったらいつもジョーイさんと居られる」というヒカリのセリフを聞いた途端、いつものようにジョーイさんにデレデレになり口説き始めるタケシ。
もちろんグレ様の毒づきが炸裂!
いつもは笑ってみてるけど、このやりとりももう見れなくなるのかと思うと、本当に泣けてくる・・・。

でも、この直後にまた盛大に噴き出した。

ヒカリ「タケシって変な所もあるけど、改めてポケモンが大好きって分かったわ」
サトシ「あぁ!」
ピカチュウ「ピィカ!」
ポッチャマ「ポチャ!」


ヒカリさん、さり気なくヒドイ事言ってませんか?(笑)
そして誰も否定しないのがまた笑える(笑)


その頃ロケット団は、海の上で小さな筏に乗り、夕飯の魚釣り。
しかし連れたのはまたもやドククラゲ!
今回のロケット団は最後までついてなかったなぁ(笑)


夕暮れを見つめ、先程言われた言葉について考えるタケシ。

タケシ「ポケモンドクターか・・・そういう道もあるんだな」

正直、見終わった直後は、「何故こんな事でポケモンドクターに転向!?」なんて思ってました。
だってタケシは今まで何度もポケモン達を治療してきてるから・・・。
今回は確かにちょっとピンチだったけど、将来の夢を変えるほどか?なんて思ったんですよ。

でも、よくよく考えたら、『何度もポケモンを治療してきた』タケシだらこその選択なんですよね。
人の役に立つ事が好きで、いつも色々と周りの世話を焼いてくれてたタケシ。
ポケモンを治療する時なんかも、誰に言われなくても率先して治療してくれてた。
それこそ、昔も昔、無印時代からずっと・・・。
サトシやヒカリの様にピックアップされる事はなかったけど、ブリーダーとして医学を勉強したタケシには、ポケモンを助ける力があった。その才能があった。

そして今回の事件が一段落ついて、「良かった」と安心してた時のタケシ。
タケシが降板するって知ってるからフィルターがかかってるだけかもしれないんだけど、この『ポケモン達を救う事が出来た』って事に対して、かなりの充実感を感じてるように見えたんですよ。
いつも以上に大変な経験をしたからこそ・・・また、その後の充実感や喜びを身を持って体感したからこそ、ドクターという道に心揺らいだのかな、なんて。

あと、『ポケモンドクター』という道を、こんな風に直接タケシに示唆したのは今回が初なんだよね。
それを機に、自分の得意な事を将来の夢として考えてみるってのは、ありだなと思うようになりました。
冒頭でも書いたように、ブリーダーは医学関係の事も勉強する=ドクターへ転向する人もいるみたいだしね。

欲を言えば、タケシが世界一のブリーダーになる所も見てみたかった。
もっとサトシと一緒に色んな所を旅して欲しかった。

だけど、タケシのポケモンに対する想いが変わったわけでないし、サトシ達との友情が終わるわけでもない。
夢が変わっても、タケシはタケシなんですよね。
タケシの新たなる自分への挑戦を、私も心から応援したいと思います!


最後、ついにフタバタウンの港へと帰ってきたサトシ達。
おぉ!アヤコさんがお出迎えしてくれてる!

でも・・・ついに次が最後なんですね・・・。


ずっと一緒に旅をしてきた3人とポケモン達。

辛い時。
悲しい時。
嬉しい時。
楽しい時。
いつも傍にいてくれた仲間達。

色んな経験をして。
沢山成長もして。
再び帰ってきたフタバタウン。

そして3人は、それぞれの夢に向かって新たなる1歩を踏み出していく─────


ポケットモンスターダイヤモンド&パール 最終回。
サトシ、ヒカリ、タケシの物語が遂に完結。


次回は思いっきり大号泣します。
・・・てか、予告だけで大号泣した。


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/02/09 23:34】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<本家サイト更新 | ホーム | 気付いたら、数日置きに零新作について考えてる(笑)>>
コメント
>スモッド様
今回は『タケシの成長する姿』というものが見れたのが本当に良かったですよね(≧▽≦)
タケシは今までも十分に頑張ってましたが、成長した自分を出せる場所というのは、サトシやヒカリみたいに『成績』として残るものではないのが、また自分の成長具合が分からず不安にさせる要因だったように思います。
そこへタケシはサトシとヒカリの目まぐるしい成長を一番間近で見ていた一人です。
スモッド様の仰る通り、タケシだってしっかりしてはいますが、完璧ではないのですから、焦りを感じ、自分を少し見失いかけていたのかもしれませんね。

そんなタケシを心配するサトシ&ヒカリ。
スモッド様の仰る通り、こういう風に仲間のことをまるで自分のことの様に心配し、親身になって相談できるって本当に素晴らしいですよね!
今回もそうですが、毎回ゲストの手助けを自然とこなしてるというのも本当に素敵だと思います。
困っていれば、自分に関係なくても助け合える。
現在は人に対する思いやりや繋がりが希薄になってきていると言われてる世の中ですし、私も見習いたいところです。

ロケット団。
今回はしっかりと悪役らしい一面を見せてくれた半面、いつものドジっぷりもしっかり見せてくれたというこのギャップが面白かったですよね(≧m≦)
「だって私達、悪役だもん!」は名言・・・いえ、迷言だと思います(笑)

ノブコさんを守ったチビっこポケ達。
このシーンは本当に、思わず心打たれましたよね!
付き合い方が分からないとボヤいてたノブコさん。
でも、もうすでにポケモン達にノブコさんの想いはしっかりと伝わってて、だからこそノブコさんを助ける為に必死に戦ってくれた。
タケシの言うように、真剣に向き合っていれば、ちゃんと気持ちは伝わるんだなと実感させてくれる瞬間でした。
ノブコさんは本当にいい保育士さんになりそうですね(^^)

弱気になるタケシ。
スモッド様が最初に仰った通り、タケシだって普通の子供なんですよね。
いきなりこんなピンチに出くわして、道具も施設も揃ってない上に、応急手当もなかなか成果を上げてくれないんじゃ、やはり弱気にもなっちゃうのが普通だと思います。

そんな中でのジョーイさんのあの一言は本当に印象的でした!
某漫画の名言で、『諦めればそこで試合終了』という言葉がありますが、本当にその通りですよね。
今、一番助ける力を持っているのは他の誰でもなく、タケシです。
そんなタケシが真っ先に諦めては、他の人達だってどうしたらいいか分からなくなってしまう。
だからこそ『諦めないで』と一喝した。
このセリフを言ってくれたジョーイさんも昔同じ様な体験をし、同じ様に乗り越えてきたのかもしれませんね。

そして、その言葉を受け、冷静になれたタケシが本当に素晴らしい!
これこそ、タケシが今までに培ってきた成長の証だと思うんですよ。
私もよくパニクってるので、是非見習いたい所です(^^)

それにしても、スモッド様の仰る通り、主人公組は本当に出会いに恵まれてますよね!
サトシしかり、ヒカリしかり、今回のタケシしかり。
自分達の将来について、しっかりと的確な助言をしてくれる先輩と出会える事は本当に素晴らしい事だと思います!
その中にオーバが含まれてるのかと思うと、本当に胸に熱いものがこみ上げてきますが(笑)
これからもこんな風に出会いを大切にしていって欲しいものですね(^^)

タケシが見つけたドクターという道。
スモッド様のコメントを読ませていただいて、あぁそうかと自分なりに更に納得できました!
タケシが今までの経験を生かしてドクターになろうと思えたのは、サトシとヒカリがいたからこそかもしれませんね!
スモッド様の仰るように、サトシとヒカリは今までの経験を自分の糧とし、将来の夢へ活かそうとしています。
そんな2人を間近で見てきたからこそ、タケシも『自分の能力を将来の夢に活かそう』と思えたのかもしれませんね。

タケシは本当にポケモン想いで優しく、また能力も優れてますから、きっといいドクターになることと思います!
サトヒカのように時には立ち止まったりする事もあるでしょうが、どんなときでも挫けず、夢に向かって頑張って欲しいものですね(^^)

次回はついに最終回!
スモッド様からお聞きしてた通り、予告でもう大号泣だったので、バスタオルを用意して鑑賞に望みたいと思います(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/02/14 17:13】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>サトシが愛されてるのなんか好き様
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます(≧▽≦)
同じポケモンファンの方からコメントを頂けるなんて凄く光栄です!!

タケシのドクターへの転向。
私も最初は、あんなになりたがってたブリーダーを止めてまで転向しちゃうの!?とかなりビックリした一人です(笑)
・・・というのも、ご存知かもしれませんが、ブリーダーというのはタケシの昔からの夢であり、実家のジムの為に一度は諦めた道なんですよ。
それが、サトシと出会って、ようやくその夢に向かって歩き出す事が出来た・・・というのが根底にあったので、私にしたら余計「えええ!?変えちゃうの!?」という驚きがありまして。

でも今は、タケシが選んだ道が『ドクター』で本当に良かったと思ってます!
もちろんブリーダーになるタケシを見てみたかったのは本当ですが、タケシには何よりポケモンを助ける事の出来る才能がある。
その為に必死に努力できる根性もある。
そして、感想にも書いた通り、ピチュー達を助けれた時のタケシの幸せそうな顔!
タケシは本当にポケモンが大好きで、ポケモンの為に何か役に立つ事がしたい・・・役に立てる事が嬉しいんだろうなと思ったんです。

何より、仰る通り、タケシ自身が沢山悩んで、自分で出した答えですもんね!
適当な性格の人が決めたんなら大丈夫か?と心配にもなりますが、タケシはその辺もしっかりしてますから、決していい加減な気持ちではないはず。
私もタケシの新たな夢を心から応援したいと思います(≧▽≦)ノ

最終回。
おぉ!サトシが愛されてるのなんか好き様がハマられたのは、最終回以降なんですね!
そこまで感動させた素晴らしい最終回だったのかと思うと、まだ観てないのにもうワクワクドキドキしてきました(*´▽`*)
また、サトヒカ要素もあるそうで、思わず顔がニヤケました(笑)
物凄く期待して鑑賞したいと思います(*´▽`*)

では、コメントありがとうございました☆
もし宜しければ、また覗いてくださると嬉しいです♪
【2011/02/14 15:39】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>toshiki様
まさかここでピンプクの進化が見れるとは思ってませんでしたね!
タケシのポケモンを思う気持ちに呼応するように進化したピンプク。
きっとピンプクもタケシと一緒にポケモンの世話をしている間に、自分もポケモン達を助けたい、役に立ちたいという感情が芽生えてたんでしょうね(^^)

そしてタケシの新たな夢、ドクター!
今まで何度もポケモンを助けた経験とその才能を持ち合わせたタケシには本当にピッタリの夢だと思います!
タケシなら必ずいいドクターになれると思うので、是非頑張ってほしいものですね(≧▽≦)

さて、いよいよ次回は最終回!
私も予告だけで思いっきりボロ泣きしました(><)
これでDPも終わりかと思うと寂しくもありますが、最後までしっかり見届けたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/02/14 14:42】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
タケシは主人公組の中では一番年上というのもありますし、相手が年上であろうとタケシがフォローするという事も結構多いですからね~。
また、大人数兄弟の長男であり、一時期親代わりでもありましたし、kivaxtuto様の仰る通り、タケシは悩んでても自分で解決策を見つけ、人に相談しない事の方が多かったんじゃないかと思います。

今回はそんなタケシの成長する姿を見れたのは本当に嬉しかったです!
今までピックアップされる事こそ少なかったですが、タケシもタケシなりにずっと努力してましたもんね(^^)
そして見つけた、新たな夢・ドクター!
ポケモンが大好きで、今まで何度も助ける場面があり、その為の才能も兼ね備えてるタケシにはピッタリの夢だと思います!
タケシが選んだ夢を、私も心から応援したいと思います♪

ピンプクの進化。
これは本当に嬉しいサプライズでしたね(≧▽≦)
私もあの怪力はいまだに健在なのか凄く気になってます(笑)
ピンプクの時にあれですから、更にパワーアップしてる可能性もありますよね( ̄m ̄*)
個人的には、あの設定はあのまま残しておいてほしいなと思ってます。
あれもピンプクの魅力の一つでしたし。
もし残ってるんだとしたら、ハピナスになったら、それこそ凄まじい怪力で、ボディガードとしても役立ってくれそうですよね( ̄m ̄*)

タケシ=ブリーダー。
言われてみれば確かにそうですよね。
自分では『ブリーダー』と名乗ってますが、公認されてる場面は今まで出てないですし・・・。
でも、逆に考えれば、ブリーダーには特に『認定証』なんてものはないからこそかもしれませんね。
自分がブリーダーでありたいと思い、それを口にするようになれば誰でもブリーダーといえるのかもしれません。
ただ、ブリーダーに限ったことではありませんが、『凄腕ブリーダー』と呼ばれるのは本当にその中の一握りだけ。
ブリーダーと呼ばれる人達は皆、その『凄腕ブリーダー』だと認められるのを目標に頑張ってるんでしょうね。

ノブコ→タケシ。
これは本当にあってもおかしくなかったですよね!
・・・というか、最初の自己紹介辺りなんか、ノブコさんってばタケシに惚れたか?と思わせるようなくらいタケシを尊敬する態度でしたから(笑)
はっきりとした描写はありませんでしたが、ピンチで即タケシを頼ってきた辺り、実はこっそり心揺らいでたかもしれませんね( ̄m ̄*)

最終回のロケット団。
なんと!ロケット団の行動にはBWに繋がる重要なシーンもあるんですね!
それは凄く楽しみです(≧▽≦)
BWではロケット団も衣装が変わってますし、一体どんな展開を見せてくれるのか、見る前からウキウキドキドキです!
とりあえず、時間があれば今日にでも早速見れたらなと思ってます。
また鑑賞したら感想書かせていただきますね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/02/14 14:25】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです。

タケシメインということで仰る通り次の目標に向けてしっかり足を進めて具体的に進んでいる
2人を目の当たりにしたタケシだけに「じゃ自分は?」って考えるのも無理はない
2人が様々な困難を乗り越えて成長してきましたが、タケシが今回のように状況に陥った時
背中を押されたのはおそらく初めて、今回の出来事で1つ乗り越えて、2人のように自分もしっかり経験を
積んで同じような経験をしても介抱出来るようなドクターでありたいと気が付いたのでしょうね。


タケシを心配する2人
普段タケシのこういった姿を見ないから余計に気になったとは思いますが、思い起こせばエイチ湖で
ヒカリがショーをして励まし、ヒカリが悩みを抱えれば側によって傾聴し後押しをしたり
そうした旅の仲間の反応に気がつき手を差し伸べらえれるって本当に素敵、まるで自分のことのように
仲間のために手を尽くせる。助け合い励まして当たり前、それが自然にできる彼らが素晴らしい。

今回のロケット団
いちいちおもしろすぎる、メカに何の細工を施したかと思いきや王冠を見つけるためであったり
ポケモンのソフトに準えて妄想したり、挙げておられた奪い去ったことを正直に言って挙句の果てに
王冠を落としてしまったり、しまいにはモモンを食べてしまう不始末。あの時の台詞には思わず
自分も笑ってしまった。
でもグランフェでヒカリを励まし、ニャース恋できちんとお礼を言ったり、リーグで創意工夫でお客の心をつかみながら真面目に商売したりなど、うっかり悪役であることを忘れがちなんでちょうどよかったかも?

ノブコを守れ
このシーンは自分も写真つきで残しただけに合致してうれしかったです。自分では付き合い方がわかないと
悩んでいたけれど、きっとノブコの一生懸命な姿があのポケモン達に伝わっていたんでしょうね
きっと立派な保育士さんになれそうです。

大ピンチに陥ったのを救ったのは
ジョーイさんの言葉がとても印象的でしたね、一介のブリーダーでなすすべがなく、弱気になるタケシ
ピチューを助けたいのに、自分の無力さを感じてしまったのかもしれません、そこに喝を入れた

オーバ(←ここ注目ね 笑)などの四天王から大きなことを得たサトシのように
ミクリや先輩のハルカから大きなことを得たヒカリのように
命を支え、それを仕事とし、命の重さを知っているプロからの助言がタケシにも来た
(そう考えると彼らは本当に出会いに恵まれてる)
仰る通りジョーイさんも助けたい気持ちは同じ、助かる可能性を0にしない方法、それはわずかでも可能性を
考えてそれを尽くす、あのわずかな会話でジョーイさんはタケシならそれができる力があることも見抜いた
からこそより厳しく喝を入れたのかもしれませんね。

そしてそれを受け冷静になるタケシが本当にすごい、ゲームでも仕事でも焦りやすい自分にとって
こうした力が身に着けられるよう肖りたいところです。

ポケモンドクターになる
自分も次回予告を見るまでは「?」状態だったんですが、確かにタケシならではかもしれませんね
ブリーダーとして木の実による知識、けがをした時の治療法、そうした知識を持っている
2人がこれまでの経験を糧に自分をもっと伸ばしていこうと目標を立てたことを目の当たりにし
そして今回の出来事を経験し、そし極み付けのプロからのドクター推進、自分もこれまでの経験を
糧にして、世界中のこうして苦しんでいる、助けを求めているポケモンを助けたい、今回の出来事で
もっと知識と経験を積んでいけば、その夢もかなえられるかもしれない。
タケシにそんな心境の変化があったのでしょうね。

仰る通りテレビ中継など日に当たることはないだろうけれど、ポケモンが元気になって笑顔を見せてくれる
のがとてもやりがいであり、最高の喜びなんでしょうね、新たな夢をつかんだタケシ 頑張ってほしいところです

さてとうとう次回は最終回、バスタオル用意して、今までの191話の想いをこめながら
見ていきましょう。

ではでは
【2011/02/14 10:55】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
こんばんは。
突然ですがコメントさせて下さい。

ポケモンドクタータケシ!確かにタケシは今までずっとブリーダーになりたいと言っていました。
ドクターに変わるのは納得できない人もいたかもしれませんが、私はなぜか納得できてしまいました。

人の夢は周りがとやかく言っていいものではない!
自分で決めるまのだと思ってるんで。
まあ言ってもポケモンだしアニメですけどね


最終回は私の地方では数ヶ月前の放送でした。
私がDPにハマったのは最終回後でした
まあそれだけ私にとっては見てみようかなと思えた最終回でした。
サトヒカ要素も少しありますよ。
期待してて下さい!
【2011/02/14 01:27】 URL | サトシが愛されてるのなんか好き #ZaUT1M7A[ 編集]
タケシのピンプクがラッキーに進化したのは意外でした。タケシが遂にポケモンドクターになりました。次の回はいよいよ最終回です。予告だけで号泣してしまいました。
【2011/02/13 18:27】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
女性へのナンパ癖を除いたとしてもタケシは決して完璧な人間じゃなく悩んだりもしますが
周りの人がタケシに頼る事が多い分自分の本心が相手に伝わり難い事もあるのかな!
そんなタケシの新たな夢はドクター!
まぁ理由はどうあれブリーダー修行よりもサトシの保護者としての面が強かった気もしますが
ブリーダーとしての経験がこんな才能に目覚めさせたのは良いですね!
タケシは今後も悩んだり挫折したりするでしょうが自分の夢に向かって頑張って欲しいです!

自分が言ったサプライズとはピンプクの進化ですが
タケシのピンプクがラッキーに進化した今、あの怪力がどの位の物になってるか気になりますし
更にハピナスに進化したらどの位凄い事になるのか気になりますね!

そういえばタケシのポケモンブリーダーという肩書きはあくまで自称(志望)で
公認で認められた訳ではないのですかねぇ~

それとノブコがタケシに惚れる展開があってもおかしくなかったですかねぇ~

そして最終回ですが勿論感動の別れがメインですが
最終回のロケット団は後のBWの行動に繋がるのでそれも楽しみにして下さい。
【2011/02/13 04:19】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1509-1791c9d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。