おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
救ってほしいのは
久しぶりに行ったゲーセンでの戦利品↓

(`Д´*)(*´∀`)

これがめっちゃ神アレに見えてしまった私は重症かもしれない・・・。
もちろん、(`Д´*)が神田で、(*´∀`)がアレン。
しかし本当は、(`Д´*)でもなく、(*´∀`)でもなく、(´・ω・`)が欲しかったんだ・・・。
(´・ω・`)を狙ってる最中、偶然取れたのが上記画像の2つでした。
そして結局(´・ω・`)は取れず・・・くそぅ・・・orz


話は変わりますが、続きから柚木ちゃんへの誕生日プレゼント第二弾。
『シリアス甘々な神アレ小説』です。
・・・シリアス甘々にちゃんとなってるかは怪しいですが(笑)


【柚木ちゃんへ 神アレ小説】

※神田の過去編(コミック21巻)まで読んである事を推奨します。
※でも、神田の過去編が始まるほんのちょっと前のお話・・・のつもり。
※ティモシー編前後と考えると一番辻褄があうかもしれない。



「誰かを救える破壊者になりたい・・・」


そうオレに呟いたその後ろ姿には、先日までの強さは全く垣間見えなくて。
子供の用に泣きじゃくる姿は、酷くか弱く見えた。

(本当はお前が一番救ってほしいんじゃねぇのか?)

あの時オレは、震える細い肩を見ながら、そんな事をぼんやり考えていた。



【救ってほしいのは】



真夜中午前2時。
ソイツは突然部屋にやってきた。

暗闇の中でも目立つ真っ白な外見に、細っこい体。
幾分か低い位置にある顔に視線を落とせば、えへ、といつものワザとらしい笑顔を向けてきた。
本心の見えない仮面の笑顔に内心イラつきながら、一先ず用件を聞いてみる。

「こんな夜中に何の用だ」

オレはお前に用は無いとばかりにぶっきら棒に言い放つ。
もちろん、開かれた扉はいつでも閉められるよう、ドアノブにしっかりと手を掛けたままだ。

「急に神田に会いたくなって」

これでもかという程ニッコリと作られた笑顔は、更にワザとらしさを増している。
普段からコイツのこの胡散臭い笑顔は、カッコいいやら可愛いやらと女共に言われているが、オレにとっては鳥肌が立つだけの気味悪いものでしかない。
作られた笑顔なんざ、何故好き好んで見たいと思えるのか。

眉間に皺を寄せ、無言で扉を閉めにかかると、慌てて隙間に足を挟まれる。

「わー!ちょっと待って下さい!冗談ですって!」
「くだらねぇ事言ってないでさっさと用件を言え」

今何時だと思ってるんだ、と文句も忘れずに付け足す。
途端、さっきまでの胡散臭い笑顔は消え、申し訳なさそうな笑顔が表へと出てきた。
この笑顔もまた、オレはあまり好きだと思えないのだが。

「えーっと・・・あの・・・ラビから怖い話を聞いてしまって、怖くて眠れなくて・・・」

おずおずと申し訳なさそうに、言いにくそうに呟かれた理由。

嘘だ、と直感的に感じた。

いつものモヤシなら、例えこれが本当でも、それを素直に言うはずがない。
普段から強がりの意地っ張りではあるが、その性格は細かい部分にまで見事に浸透しているらしく、モヤシはなかなか自分の『弱味』というものを見せたがらない。
それが例えほんの小さな事だとしても。

ましてや相手がオレなら尚の事。
オレとモヤシは普段からよく喧嘩をしている間柄だ。
こんな喧嘩した時にでも持ち出されそうな小さな弱味など、そうそう曝け出すはずがない。

自分の事以外では泣き虫なくせに、自分の事となると変に強がりな性格をしているのだ。
このアレン・ウォーカーという生物は。


しかし、コイツが見えない何かに怯えているというのは本当の事のようで。
俯かれた顔から表情は読み取れないが、キュッと握り締めた手が、その肩が、僅かに震えていた。

でも、それがどうした。
助けてやる義理もなければ、義務もない。

なのに・・・


「入るなら入れよ」

考えとは裏腹に、オレはモヤシを招き入れていた。





部屋に入ると、即座に今まで転がっていたベッドへと足を向ける。

「言っておくが、オレは寝るぞ」

別に特別眠いわけではないが、突然早朝から任務へと駆り出される事もある。
任務がないにしても、早朝からいつも通り鍛錬に向かうつもりでいる。
眠れるときに眠っておきたい、というのが本音だ。

すると、トコトコっと小走りに近寄ってきたモヤシは、オレが入るより前にスルリとベッドに潜り込んだ。

「・・・・・・おい」
「神田が寝るなら僕も寝ます」

しっかりとシーツを被り、寝る体勢万全で宣言してくるモヤシ。

ちょっと待て。
部屋に入れてやるとは言ったが、一緒に寝てやるとは言ってねぇ。

心の中で悪態を付くも、口からは出てこない。
いつもなら考えるより先に言葉が出るんだが・・・。
やはり寝起きでまだ頭が寝ぼけているのかもしれない。

こんな真夜中に喧嘩をするのも面倒だ。
文句の代わりに「勝手にしろ」とだけ言い、モヤシの隣へと潜り込んだ。




カチコチカチコチ。

静かな空間に時計の音だけが小さく響き渡る。

一度覚めてしまった脳みそはなかなか休んでくれず、眠れない時間を持て余す。
ふと隣を見ると、動きこそしないが、モヤシからもまだ起きている気配が感じ取れた。
壁側に向いている為、表情は見えないが、まだ肩が震えている。

・・・泣いているのだろうか?



カチコチカチコチ。

響く時計の音。

いまだ震えたままのモヤシ。


モヤシから視線がそらせない。
胸にザワザワした言いようのない感情が押し寄せてくる。
昔、何度も感じた感覚がオレの体を支配する。

忘れたいのに忘れられない記憶。
忘れたくないのに消えていく記憶。

消えない感情。
消えない感触。

血塗れの部屋。
澄み渡った空。

枯れた蓮畑。

キュウと心臓が締め付けられるような苦しさを感じ、オレは無理やり目を閉じた。






暗闇の中、シーツに包まり、ひたすら『何か』に怯える子供。

何かに縋る訳でもなく、ただ一人で。


本当は誰かに縋りたかった。

助けて欲しかった。


でも、出来なかった。





泣いているのはモヤシだろうか。

それとも・・・。






もう一度目を開くと、徐にモヤシの体を自分へと引き寄せる。

「え!?ちょっ・・・神田!?」

慌ててモヤシが振り返ろうとしたので、ついでに此方を向かせ、更に腕の中に閉じ込めた。
暴れられるかと思っていたが、案外大人しく捕まっているモヤシに、少しホッとする。
パニクって頭が現状をまだ飲み込めていないだけかもしれないが。

暴れられる前に、もう一度しっかりと抱き直し、目を閉じた。
腕の中の温もりに気持ちを集中する。

伝わってくる体温。
聞こえる小さな呼吸音。
ふわりと香るシャンプーの香り。

不思議と、息苦しさが消えていった。


「・・・神田・・・」

心地よいアルトの音が耳の奥をくすぐる。

「ごめん・・・少しだけ・・・」

そう告げると、モヤシはギュウとオレの背に腕を回し、縋るように胸に顔を埋めた。

先程、一瞬だけ見えた顔は決して泣いてなどいなかった。
泣いてはいけない、とでも考えていたのかもしれない。
人恋しくてやってきたくせに、最後までどこかで意地を張っているのがモヤシらしい。

「そのまま寝てろ」

お前の気が済むまでこうしててやるから。


もう一度腕に力を込めると、モヤシももう一度ギュウと腕に力を込めてきた。
混ざり合う体温と、重なる鼓動がとても心地よく感じる。

ふと聞こえた鼻をすする音に、チラリと盗み見てみれば、その顔はついにクシャリと涙で歪んでいた。
先程の綺麗で胡散臭い笑顔と比べ、どう考えても『カッコいい』とか『可愛い』などとは言えない顔。
人の温もりに安心を覚え、隠してあった弱さが現れた、本物の表情。

さっきの笑顔よりも、今の泣き顔の方がよっぽど好きだと思えるのは、オレが捻くれているからだろうか。



でも、出来る事なら・・・


(救ってやりてぇな・・・)


不器用なコイツを。

オレが本当に見たいのは、胡散臭い笑顔でも、こんな泣き顔でもないから。



あの時と同じ様に。
しかし今は、あの時よりももっと近い位置で。

震える細い肩を見ながら、そんな事をぼんやり考えていた。









本当に救ってほしいのは、オレなのかもしれないけど。




― FIN ―


──────────


シリアス → なんとなくクリア出来たんでないかと思ってる。
甘々 → ・・・・・・・・。

柚木ちゃん・・・いえ、柚木様!
本当にすみませんでした!(紐なしバンジージャンプ土下座)
当初はもっと甘くなる予定だったのですが、何故か・・・何故かこんな中途半端な事に・・・。
でも、書いてる本人はめっちゃ楽しかったです(笑)

こんな作品でもよろしければ、貰って下さると嬉しいですm(_ _)m

では、リクエスト頂き、本当にありがとうございました!


スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/02/14 23:20】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<カオスな夢見すぎ・・・ | ホーム | 黒き英雄と、白き英雄>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1513-ac7082c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。