おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
絆ノ章
「あなたが・・・・・・『黒猫』さんだったのね」

あの日果たせなかった約束。

あなたはまだ、あの場所で私を待っていてくれてますか?
もう一度だけ、私を信じてくれますか?

この声があなたに届くのならば、
今度こそ伝えたい事があるのです。


「聞いてくれる?」


【CALLING~黒き着信~プレイ日記22】


●<2周目> 絆ノ章(キズナノショウ) 神楽凛

ついに最後の章まで来ました!
最後はやっぱり凛ちゃんのターン。
界、醒、憑、痕、徨、還、繋、哭、怨ときて、最後に『絆』。
今まで繋いで来たものが、ようやく報われると思えるタイトルですね!
・・・・・・犠牲も多かったけど。

前回の続きで、凛ちゃんが談話室で色々思い出した&気付いた所からスタート。
談話室には何もないようなので、まずは廊下へ。
すると、携帯から着信音が。

白江「朝霧麗子だ・・・・・・ 朝霧麗子が『境界』の根源のはずだ・・・・・・ 霊とは、電話を通じてのみ・・・・・・対話が出来る・・・・・・ 朝霧麗子を止められるのは・・・・・・もう、君しかいない・・・・・・」

・・・白江さん!?
嬉しいけど、声が・・・声がもう・・・。
しかも、「君しかいない」って・・・それって・・・。

電話が切れると、今度は白江さんのアップが画面いっぱいにドーン。
霊となってしまった姿で、ゆっくりこちらへ向かって歩いてくると、途中でなにやらメモの様なものを落とし、そのまま階段方法へと歩いていくのが見えました。

・・・とりあえず一言叫んどくか。

天野のバカヤロウ。

やっぱりバッチリ白江さん取り込まれてるじゃないですか・・・orz
ホント、なんて事してくれたんだあのメガネ。
今思えば、携帯が壊れてたのも奴の仕業じゃなかろうな・・・。


気を取り直して。
白江さんを追いかける前に、白江さんが落としたメモを入手。

▼番号メモ4
ア サ  ギ
    リ レイ コ

9 9 7-6

     0  0 -


  1 8  4


白江さああああああんんんんん!!!!!(泣)

このメモ、絶対霊になってから書いたんだよね。
番号をメモってたそぶりもなく天野さんに襲われちゃったし。
消えかけの理性と、霊として暴走しそうになる体をおしてここまで頑張ってくれたんですね。
自分が死んでしまってもなお、凛ちゃんを助ける為にここまでしてくれるなんて・・・。
ホント、なんていい人だ。
心までイケメンじゃないか。
何だか零4作目の長さんを思い出してしまったぜ。

凛ちゃんを導くように階段を下りていく白江さん。
凛ちゃん@プレイヤーも、白江さんを追って1階へ。
一応調べられる部屋や場所は全て調べてみたところ、1階のエレベータ前の床で『午のキー』を入手しました!
違う章では落ちてなかったから、この章じゃないと拾えないんですね。


麗子ちゃんの元へ向かう前に、受付カウンターに携帯が置いてあるのを発見。
あれ?凛ちゃんはちゃんと携帯持ってるのに、何で携帯落ちてるんだ?
ここにあるって事は、まだ何かしなきゃいけないんだろうか・・・。

とりあえず、ゲッ・・・・・・院長おおおおおおお!!!!!

クソッ!テメッ・・・ふざけんなマジで!!
もう後は麗子ちゃんに電話するだけ~みたいな雰囲気だったじゃない!
何で最後の最後で出てくるんだよ!
もうちょっと空気読んでよ!(笑)

何とか院長を振り解いた後、もう一度携帯に手を伸ば・・・・・・!?!?!?

・・・えぇぇぇ~・・・。
このタイミングで携帯パクッてく手まで登場って・・・。
カウンター内から手が出てきて置いてあった携帯取られるって・・・。
お前ら、最後の最後まで仕掛けすぎだよ。
どんだけ目立ちたいんだよ。
結局拾えないなら置いとくな(笑)


ギリギリまでしっかり驚かせてくるハドソンに尊敬と憎悪を抱きつつ(笑)、玄関待合室へ。
麗子ちゃんに近づくと、ムービーに突入。


凛は麗子へ近づくと、持っている携帯を取り出し、麗子の携帯へと電話をかけた。
鳴り始めた携帯に気付き、麗子が携帯に出る。

凜「あなたが・・・・・・『黒猫』さんだったのね」

麗子が携帯を耳に当てたまま、凛に向き合う形でゆっくりと立ち上がった。

凜「聞いてくれる?・・・・・・私、約束をやぶったわけじゃないの。あの日、ここへ向かっていたのよ。本当に・・・・・・ でも、途中で交通事故にあって。そしてここに運びこまれて・・・・・・ 偶然だけど、隣のベッドにいたんだよ。もし、私が目を覚ますのが、もう少し早ければ・・・・・・」

麗子は何も言わずにじっと耳を傾けている。

凜「これは言い訳だよね・・・・・・約束守れなかったのは事実だから。ごめんなさい・・・・・・ごめんなさいって、今更だよね。もう、取り返しつかないよね・・・・・・」

凜の声が震える。

凜「もう、私がここの住人になるのも、時間の問題だと思うの・・・・・・ そうなったら『黒猫』さんと一緒にいるよ、私。なら、もう寂しくないよね・・・・・・?辛かった事も、それで忘れられる・・・・・・?」

麗子は何も答えず、スッと凜の隣を通り過ぎていった。



セリフ自体は1周目と同じなんですね。
あの時は携帯がなかったから伝わらなかったけど、今度は携帯があるから伝わったはず!
これで麗子ちゃんの誤解も・・・・・・

麗子「信じられない・・・会いに来てくれてたなんて・・・」

おーーーーーーーーい!!!!!
何何!?何でまた追いかける展開なの!?
信じられないって何!?
全部説明したんだから信じてよ麗子ちゃん!!!

・・・あ、でも1周目と違って画面が明るい!
これ、千代さんターンできた病院みたいな雰囲気じゃん!
やっぱちょっと違うんだ!

・・・あ!そっか!これであの部屋で麗子ちゃんを止めればいいんだ!
よーし!待ってて麗子ちゃん!
・・・待っててっていうか、めっちゃ目の前歩いてるけど(笑)


麗子ちゃんを追いかけ、辿り着いたのは302号室。
やっぱりここか!


凜が扉を開けると、そこには窓際に立ち、今にも自殺しそうな麗子の姿があった。

凜「ダメェエエ!!!!!!」

凛と、あの日の日比野の姿が重なる。
麗子を止める為、叫び、走り出す凜と日比野。

あと3歩。

あと2歩。

あと1歩。

必死に麗子へと伸ばした手は──────────



─────届いた!!!

やった!やったよ凛ちゃん!
やっぱり凛ちゃんの声は、凛ちゃんの気持ちは、麗子ちゃんに届いてたんだ!

あの日、届かなかった日比野さんの手は、長い時を経て、ようやく麗子ちゃんに届いたんですね。
やっと抱きしめてあげる事が出来たんだ。
良かった・・・本当に良かった・・・。


しかし、麗子の体はすでに窓の外へと乗り出しており、重力に逆らえず2人は窓の外へと落下。


・・・って、結局落ちるんかい!!!

いやいやいや、そこはしっかり抱きしめて、皆助かって万歳!・・・じゃないの!?
結局凛ちゃんが死ぬ事に変わりはないの!?
おいいいいいいい!!!!


落下しながら、何とか体勢を変えようともがく凛。
麗子の体をどうにか自分の方へと向かせると、そっと、しかし力強く抱きしめた。

蘇るのは、今までの記憶。

事故に遭い、病院に運び込まれた凜。
日比野の笑顔。
道人の笑顔。
千代の笑顔。

そして、夕子から初めて携帯を手渡されたあの日。
「せめて声だけでもいつでも届くように」
そう言って優しく笑う夕子に、麗子もまた嬉しそうな笑顔を返した。



~ EDロール ~



ゆっくりと光の粒子になり、消えていく麗子。
暗闇に残ったのは、凜だけ・・・。


明るいモヤの中、鳴り響く着信音。
ピッと音を立てて電話に出てみると・・・・・・


麗子「・・・ありがとう・・・」



麗子ちゃん・・・ちゃんと分かってくれたんですね。
凜ちゃんの気持ちを。
凜ちゃんが、ちゃんと約束を守っていた事を。

最後の「ありがとう」でまたじわ~っと画面が滲みました。


ベッドの上で目を覚ました凜。

凜「あ・・・・・・私の・・・・・・部屋?」

見慣れた光景。
いつも通りの朝。

凜「私・・・・・・生きている?」

確かめるようにゆっくりと辺りを見渡す。
すると、ベッドのふちに1体の黒猫のぬいぐるみが置いてあるのを発見した。
いつも麗子ちゃんが大切そうに抱えていた、あの黒猫のぬいぐるみが・・・。

凜はぬいぐるみを手に取ると、愛おしそうにそっと抱きしめた。



凜ちゃん生きてた!!!

良かった・・・!
本当に良かった・・・!!!
あのまま凜ちゃんも結局死ぬんじゃないかってホント不安だったんだよ。
良かったしか言ってないけど、本当に良かった!

麗子ちゃんは自殺しちゃった後だから、状況的にはもう手遅れだったかもしれない。
でも、麗子ちゃんの魂だけでも、ちゃんと救われてるといいなと思います。


しかし、4人も主人公いて、男女比率は2:2だったというのに、結局生き残れたのは女性だけだなんて・・・。
プレイ日記21でも書いたけど、本当にホラーゲームにおける男性生存率低すぎるだろ。

犠牲があるから救いがあるってのはとっくに知ってるんですよハド・・・いえ、サドソンさん。
えぇ、螢が見事に身を張って実演してくれたおかげで、しっかり教えていただきましたとも。

でもね、螢は2周目以降はちゃんと助かるルートがあるんですよ。
螢は2周目以降はちゃんと助かるルートがあるんですよ!
大事な事なので2回言いました。

私「3周目では白江さん生還ED見れるかな・・・」
妹「そんな螢みたいな事無理やろ」



3周目で白江さん生存EDが見れるなんて素敵な事、本当にないんですか・・・?

てか、3周目ってやった方がいいんだろうか?
この後、今まで集めたパスワード入力したら、ほとんど埋まっちゃったんですよね。
それに、EDムービーみたいなのもあったから、多分白江さんが生きるEDはないんだろうと思うんですよ。
イコール、これ以上変化がないのなら、ここで区切ってもいいのかな、なんて。

一応、まだ倒されてみてない霊もいるので、死亡通知全部集める為にやるのもありかなとは思うんだけど・・・。


このプレイ日記を読んでくださってる方で、『3周目で○○をやってみてほしい』とか、『死亡通知全部集めて掲載してほしい』とか思う方がいらっしゃれば、コメントか拍手にてお知らせください。
1人でもそういう方がいらっしゃるようなら、このまま引き続き3周目に突入したいと思います。


あ!あと、余談ですが、デブの持ってた食べ物は、バナナじゃなくて『ラード棒』というお菓子でした。
設定画に詳しく書いてあってめっちゃウケた(笑)


2周目クリア特典画像↓

2周目クリア

わぁ~全員集合写真だ!
・・・とかって和んでた、のに。

ちょっと見えにくいけど、よく見たら白江さんの左横に赤い女がいるうううううう!!!!!


※赤い女からの手紙に関しては、次の記事にてアップしたいと思います。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/03/01 23:27】 | CALLING~黒き着信~ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<やっと会えた | ホーム | 天野なんかもう絶交だ!(by白江さん)>>
コメント
>暁様
ありがとうございます(≧▽≦)
結構時間がかかりましたが、ようやくクリアにこぎつける事ができました!

ホラーゲームってホント、怖いくせに凄く感動的だったり、考えさせられる内容だったりするから困りますよね。
麗子ちゃんの感じた悲しみや絶望。
夕子さんの出した苦しい決断。
凛ちゃんの優しさと、それを伝えられなかったもどかしさ。
そして、少しの誤解とタイミングの悪さが招いてしまったすれ違い。
人って本当に些細な事でこんなにも簡単に死に追い詰められるのかと思うと、本当に悲しくてなりません(><)
途中で何度麗子ちゃんの誤解を解いて助けてあげたいと願った事か・・・。

同時に、暁様の仰る通り、人と人との繋がりの大切さ、家族の有り方など、凄く大切な事も沢山教えてもらいました。
ホラーゲームって怖いですが、こういう大切な事を教えてくれるのがいいですよね(^^)

次回のプレイ日記はまだいつになるか目処が立っていませんが、またアップしましたら覗いてくださると嬉しいです♪

では、コメントありがとうございました☆
【2011/03/07 14:16】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>時崎様
ありがとうございます(≧▽≦)
物凄く怖かったですが、ここまでこれたのも時崎様や皆様からのアドバイス&励ましがあったからです!
本当に感謝しています♪

次のゲームは、とりあえずお勧めされた呪怨を考えています。
しかし、気になる事が一つありまして・・・。
調べてみると操作性がかなり悪いという情報を見つけてしまったんですよ。
ただでさえうちのWiiは反応が悪いので、あまりに反応が悪いと、途中で断念する事になるかもしれません(><)

あと残る問題は、しばらくは私生活の方が忙しいので、ゲームをする時間が取れるかどうかですが・・・これが一番厄介ですねlll(-_-;)
いつ開始できるかまだ目処は立ってませんが、気長にお待ち頂けると嬉しいです。

最後に、2周目クリア特典の画像について。
これではなかったんですね;;
ギャラリーにあるこれと同じ画像ですか。
了解です!
また今度写メってブログにアップさせていただきますね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/03/07 11:56】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
クリアおめでとうございます!
もう読んでるだけで目頭が…ホラゲに限ってよく考えさせられる内容だから困る。

麗子ちゃんのような子が現実にもいるのだと思うと、どうにかしてあげたくなる…
このプレイ日記を読ませて頂き、改めて人との触れ合い、家族の大切さ、繋がる思いやりを考えることができました。
次プレイ日記も楽しみにしてます。ただ、無理はせずに(´・ω・`)
【2011/03/06 04:37】 URL | 暁 #QgrDOeKc[ 編集]
クリアおめでとうございます!
長かったような、短かったような・・・次は是非、呪怨または、ナナシノゲエムをやってください!おすすめですよ。
あと・・・一つ言わせてもらうなら、この写真じゃないです。
ギャラリーを見てください。
この写真のカラーがあります。それが俺のリクエストしたやつです。
【2011/03/05 22:08】 URL | 時崎 #PFREbF8g[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1530-462a159c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。