おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
塔の上のラプンツェル
友人と観てきた映画第二弾。
実はハシゴしてました(笑)


【塔の上のラプンツェル】


●あらすじ

深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、母親以外の人間に会ったこともなかった。ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり……。(シネマトゥディより)



王道ファンタジーチックで、めちゃくちゃ面白かった!
流石ディズニーと言わざるをえない!
しょこたんの吹き替えも、普通の声優さんだといわれても違和感ないくらい上手かった!

大冒険あり、感動あり、恋愛あり・・・って書くと、流れは凄く王道なんだけど、王道だと感じさせないくらい一気に物語りに引き込むあの魅力と、原作とは全く違った設定の素晴らしい世界観!
物語のテンポや流れも凄く良かったし、本当に最高でした(*´▽`*)

こちらもナルニア同様、3Dで見たんだけど、ランタンが空へと上っていくシーンは本当に必見!
戦闘シーンでも3D効果が十分に発揮されてて、3Dで見て大正解でした。


個人的にツボだったのが、ラプンツェルを塔から連れ出してくれたのが、助けに来てくれた王子様!・・・・・・ではなく、偶然逃げ込んできた泥棒だったという事。
お姫様には王子様をっていう単純な組み合わせじゃないのに、なんか凄くキュンときた!

泥棒のくせに、妙に優しくてお人よしで恨めない性格のフリン(ユージーン)。
お調子者で3枚目雰囲気を漂わせる彼だけど、決めるときはしっかり決めてくれた!
自らの命より、ラプンツェルの自由を選んだシーンは本当にジーンとさせられました。

ヒロインのラプンツェルがまた素敵で、こちらにも激しくキュンとさせられた!
塔に18年も閉じ込められてるのに、素直で前向きで明るく、勇気もある。
しょこたんも言ってたけど、ラプンツェルを見てると、自分も新しい1歩を踏み出す事に怯えてないで、勇気を持とう、頑張ろうって思えてきて、本当に心がほっこりさせられました。

あと、脇役達も魅力的なキャラばかりで、本当に良かった!
カメレオンのパスカルは可愛いし、警護隊長の馬のマキシマスは男前だし、酒場の荒くれ者達は怖そうに見えて凄くいい人たちという素敵なギャップを持っている。
こういう所でもちゃんと楽しませてくれるのがいいですね!


一方、今回の一番の悪役を勤めた魔女・マザー・ゴーテル。
自分の欲望の為だけにラプンツェルを誘拐し、幽閉し、騙していた彼女。
子供も見る映画だからってのもあるだろうけど、ラプンツェルがあれだけ素直で前向きな良い子に育ったところを見ていると、実はそんなヒドイ人じゃないんじゃなかろうか・・・なんて思ってしまう。
もちろん誘拐&幽閉はかなりヒドイ事なんだけども。
でも、だからといってラプンツェルに暴力を振るうわけではなく、むしろラプンツェルの好きなものを作ってあげたり、ラプンツェルの為に3日もかけて絵の具を買いに行こうとしたりと、優しい一面もあるんだよね。
そして何より、ラプンツェル自身も、真相を知るまでは母親として彼女を愛していたという事実。
最後は残念な結末を迎える事になる彼女ですが、口ではあんな事を言ってたけど、何だかんだラプンツェルに対して本当の愛情も持っててくれてればいいな、なんて思いました。


最後に、心に残ったセリフを一つ。
ラプンツェルと一緒に船に乗り、ランタンを待ってる間にフリンが言った一言。

「夢を叶えたらまた次の夢を探せばいい」

夢を見失った人、勇気が出なくて悩んでる人に是非見てほしい素敵な映画でした。


スポンサーサイト

[テーマ:腐女子の日記 | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/03/21 23:29】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<3周目クリア! | ホーム | サンヨウジム!VSバオップ、ヒヤップ、ヤナップ!!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1554-a37596d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。