おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
家に帰りたくなくなるゲーム
物凄く遅くなってしまいましたが、呪怨、ついにクリアしました!

瑠璃様が、最終章は例えるなら『希望の先に見えた絶望』と仰ってたんですが、まさにその通りでした。
あそこで持ち上げといて一気に突き落とすあの戦法。
ホント、AQさんってば鬼畜なんだから・・・orz


救いなんかなくてもいい。
感動的なストーリーなんかどうでもいい。
とにかく怖い体験がしたい。
理不尽な展開もどんと来い。

・・・とお考えの勇者様。
是非『呪怨』がお勧めです。


【恐怖体感 呪怨プレイ日記その5】


●呪われた我が家 明穂

何とか家まで辿りつき、中へと入った。
しかし、懐中電灯に照らされた廊下には、何故か物が散乱していた。
驚き、辺りを見渡してみると、今入ってきた玄関の扉が、大量の髪の毛で封鎖されているのに気がついた。

明穂「アイビーが!アイビーが!・・・あの白い女は何なの?!お母さん、お父さん、兄さん・・・みんなに電話しても誰にも繋がらない!いったい何が起きてるの!?」


明穂生きてた!

説明によると、どうやらアイビーが身代わりとなってくれて、どうにか逃げる事が出来たらしい。
そうか・・・アイビーが自分の身を犠牲にしてご主人様を・・・。
・・・アイビー・・・(´;ω;`)

で、家族に電話しても繋がらなくて、明穂はとりあえず家に戻ったと。
他の家族も同時刻、あんな事になってたからねぇ・・・。
てか、そもそも、帰るべき家が呪いの元凶ってどうなのよ。
自宅ってのは安心できる場所であってなんぼだろ。

なのに、この安心できる要素が一つも見当たらない家ったらもう・・・。
人が住んでると思えないほど物の散らかった廊下。
人の出入りを拒む様に玄関の扉に巻き付いた長い髪の毛。
何故か点かない電気。
懐中電灯片手に自宅に入っていかなければいけないというこの状況。
・・・色んな意味ですでに理不尽すぎる。

1歩目を踏み出す事すらも怖いので、まずはその場であちこち見渡・・・・・・!?!?!?
・・・今、二階の窓から伽椰子っぽい影が覗いて・・・・・・いや、見間違いだ見間違い。
見間違いだと思わなきゃ進めない(笑)

廊下にあがるとすぐ、どこからか電話の音が。
どうやら右の部屋から聞こえてくるっぽいけど、カギがかかってて開かないので一旦スルー。
奥の部屋・・・・・・は何故扉の前に血塗れの段ボールが置いてあるんでしょうか。
頼人兄ちゃんが持ってた例の段ボールを思い出してとっても嫌な予感がするのですが・・・。
しかも段ボールから髪の毛が伸びて扉を封鎖してるし。
恐ろしいので近寄らずに左の扉へ。

左の扉の中は、お風呂場になっていました。
脱衣所のカゴにて、アルカリ電池を入手。
まさかこれが今ステージ最初で最後の電池になろうとは思ってもいませんでした。

続いて、隣の浴室をチェックすると、浴槽から腕がにゅ~。

出てくると思ったよコンチクショウ!
伽椰子本人が出なかっただけマシだとでも言いたいんですか?
全然マシでも何でもねぇよ!
リモコン操作で何とか回避し、廊下へ脱出。

残るトイレは何もなかったので、お次は二階へ。


上ってすぐの部屋は、雰囲気的に明穂の部屋・・・かな?
押し入れを調べてみると、開いた瞬間に猫が飛び出してきて思わず絶叫。
猫め・・・ビックリさせやが・・・・・・って!お前もいるんかい俊雄!!!
しかも押し入れの壁にはまたもや俊雄の落書きが。
ビビらせた上に人の部屋にまで悪戯しおってえええ・・・!

扉を閉めると同時に、恐らく1階の入れなかった部屋のものと思われる『部屋の鍵』を入手。
まだシツコク電話が鳴ってるので、今行きますよと部屋から出・・・ようとしたら、足元に黒猫出現。
ん?また俊雄か?と思いきや、横を見てビックリ。

ベッドの上に大量の黒猫がいるではありませんか。

何この癒し空間(*´▽`*)

・・・なんて少しでも考えた私がバカでした。
もちろん和んで終われるはずもなく、次々と明穂に襲い来る黒猫達。
何この猫乱舞!ぬっこぬこにしてやんよ!?
いや、今は別にいいよ!こんな時じゃなくて、もっと平和な時に頼む!

リモコン入力で回避し、急いで部屋から脱出。
電話がシツコク鳴ってるけど、一旦無視して2階にある他の部屋も探索してみる事に。


右奥の引き戸の部屋に入ってみると、和室になっていました。
部屋に入った途端、何かノートらしきものの映像が明穂の脳裏にフラッシュバック。
ビビって回ったのは言うまでも無い。

奥の段ボールの上に1冊の本が置いてあったので調べてみると、頼人兄ちゃん回で集めた日記でした。
アイテム画面と同じように右ページに穴が開いており、そこからギョロっとこちらを見つめる目玉が・・・。
そんな所まで再現しなくてもいいのに全くもう・・・。

他には何も無いので、部屋から出・・・・・・恒夫さん!?

え!?ちょっ・・・なんで今恒夫さんが現れたの!?
幽霊になって家に戻ってきたって事!?
娘を助けに来たのかと思いきや、ビビらせるだけビビらせて、何をするでもなく消えちゃうし、一体何なのよ。
今幽霊として姿を見せたって、娘の恐怖心と不安感を煽るだけですよ。

二階の一番奥の部屋はまだ入れず。
トイレも特に何も無かったので、いまだ鳴りっぱなしの電話に出るべく、もう一度一階へ。


明穂の部屋で拾った部屋の鍵を使い、さっき入れなかった扉をオープン。
そこはリビングになっていました。
入ってすぐの所にあるテレビを調べると、砂嵐や人影の映った部屋、目のアップが映りました。
このゲームのテレビ、ホントこんなんばっかですね。
あ、もちろん伽椰子の声つきでした。

ずっと無視し続けてた電話に近付くと、またもや人影が出現。
思いっきりビビってぐるぐる回ってよく見えなかったけど、段ボール持ってたから頼人さん・・・かな?
もー・・・幽霊になってまで段ボール運んでないでいいよ。
まさかあの血塗れの段ボール置いたの、頼人さんじゃないだろうな?

気を取り直して電話を調べてみると、アイビーの鳴き声と伽椰子の声が録音されてました。
アイビー、もしかしてまだ戦ってる・・・?
まだ生きてたりするのか?

アイビーの無事を祈りつつ、部屋の奥へ行くと、またもやフラッシュバック現象が。
今度は女性の姿が見えたので、恐らくこの家に住んでた頃の伽椰子・・・かな?
どうでもいいけど、急にそういう映像見せるの止めて下さいます?
こっちは心の準備なんて出来てないんだからな!
いきなり女の人が見えたらそりゃ叫んで回るわ!

オマケにここで電池切れでゲームオーバーになっちゃうし、ホントこの家怖い。

最終章ビビリ度1

『まさに最恐のビビリです。現実逃避のクセがあるうお座。このゲームをプレイしたことで遠くの世界に行ってしまったときはみんなで見送ってあげましょう。』

結構本気で、いっそここで諦めて現実逃避したいと思った。


2回目のチャレンジ。
リビングで電話に出て、女性の映像を見た後、左側にある扉をオープン。

・・・しようとしたら、背後のソファーに俊雄くんが座ってました。
膝の上で手パタパタしてる仕草が悔しいけど可愛い(笑)
こっちに気付いた途端、いつも通り「ニャー!」と鳴き声を上げてダッシュで逃げて・・・ん?あれ?

今、俊雄くんパンツ履いてた!?

なんか腰辺りにパンツの線みたいなものが見えた気がしたんですが!?
ここにきてまさかの真実発覚!?
今の今まで全裸だと思ってたのに!
何この期待を裏切る真実!
最終章で何プレイヤーのささやかな夢までブチ壊してくれてるんですかAQさん!(笑)


地味にガッカリしながら隣の部屋に入ると、少し広めの和室になっていました。
右の障子付近に近付くと、またもや女性の姿がフラッシュバック!
こんな所でフラッシュバックが来るなんて誰が予想出来るだろうか。
一体どんだけ回らせれば気が済むんだ伽椰子め。
ホント、最後の章だからって全力で驚かしにかかってますね・・・orz

この部屋には電池も何もないようなので、左にある扉をををををををををを!?!?!?

背後に登場するのは卑怯ですよ伽椰子さん!!!

もうホント止めてくれ!お前のアップは苦手なんだってば!!
リモコン入力で回避後、とりあえずホームボタンで強制休憩タイム。
はー・・・精神的に本当にしんどい・・・。
本来安心できるはずの家でこんな目にあってるってのが本当にしんどい・・・。

気合を入れ直して、左の扉からお隣のキッチンへ。
テーブルの上にあるアイテムを拾う為、流し台に近付くと、今度は美津子さんが出現。
皆死んだ後にしっかり家に帰って来てたんですね。
・・・どうせ帰って来てるんだったら、最後に残った大切な娘(妹)を助けるくらいしてよ。
それとも、彼等もまた明穂を死の世界に引きずり込もうとしてるんだろうか・・・。
今の所襲って来ないけど、まさか最後に全員に襲撃されるなんてないだろうな・・・。
そんなんあったら本気で泣くぞ。

お母さんが消えた後、テーブルに置いてある『部屋の鍵』を入手。
これは二階の奥の部屋の鍵かな?
二階へ行く前に、電池は落ちてないかとウロついてると、裏口付近でまたもや女性の姿がフラッシュバック。
明穂に過去の映像見せてどうしたいんですか伽椰子さん。
助けて欲しいなら助けて欲しいで、それ相応の態度で示してよ。
過去の映像をそんな部分部分だけ見せられても何の事かサッパリですって。

キッチンから廊下に繋がる扉は例の段ボールで封鎖されてて開かないので、元来た道を戻って一階の廊下へ。


階段を上ろうとした所で、二階から俊雄がこっちを見ている事に気付いた明穂。
いやいやいや、何無言で見つめてるんですか俊雄くん。
その年でストーカーになるのはいただけないな。
めっちゃ怖いからそういうの止めてくれ。

俊雄は見なかった事にして、二階の一番奥の部屋へ行き、『部屋の鍵』を使って扉をオープン。
部屋に入った途端、またもや人の顔がフラッシュバック!
入った途端とかどんだけビビらせるタイミング狙ってんだ!
せめてもう少し覚悟する時間を与えてくれよ!

あと、今回のフラッシュバック映像は伽椰子ではなさそうだったんだけど、あれは誰なんだろ?
多分俊雄でもなかったと思う。
・・・まぁいいや。

明らかに怪しい半開きのふすまを調べると、血まみれの帽子が上から降ってきました。
ちょっ・・・この帽子、お父さんのじゃないですか!
何でこんな所から降ってくんの!?

明穂もそれに気づいたらしく、携帯を取り出し、恐らくお父さんの携帯だと思われる所にコール。
すると、なんと屋根裏から携帯のコール音が・・・。
天井裏とか・・・ホント、嫌な予感しかしねぇ・・・orz
呪怨のあらすじ教えて頂いた時に、伽椰子は殺された後、屋根裏に放置されたって聞いてるんですよね。
・・・絶対いる・・・よね。

怯えるプレイヤーをよそに、押し入れから屋根裏へと上ろうとする勇者・明穂。
止めろバカ!マジでヤバいって!
お父さんが心配なのは分かるけど、とりあえず逃げて警察に連絡しろよ!
いや、いっそ霊媒師かエクソシストに・・・・・・って、ほらなー!!!
ほーらなんか変な物置いてあった!
血塗れのゴミ袋3つって、どう考えても明穂の家族が入ってるだろ!
ゴミ袋の隣にはこれ見よがしに携帯まで落ちてるしさ!

そして案の定、伽椰子登場。

そう来ると思ってたよ!
思ってたけど、本当に来なくてもいいじゃない!
マジでアップで迫るの止めて!
夢に見るって!ってか、すでに夢にまで見たから!

半泣き状態でリモコンを振りまくると、どうにか屋根裏からさっきの部屋へと脱出できた模様。
・・・・・・あれ?まだ続くの?
電池もヤバいのにどうすりゃいいってんだコノヤロウ。

とりあえず屋根裏から伽椰子が追ってきたら困るので部屋から出・・・

・・・ようとしたところで、本日2度目のゲームオーバー。

最終章ビビリ度2

『まさに最恐のビビリです。現実逃避のクセがあるうお座。このゲームをプレイしたことで遠くの世界に行ってしまったときはみんなで見送ってあげましょう。』

ここまでに電池計2個しかないって、どんだけ鬼畜なんですか・・・orz


チャレンジ3回目。

まさか猫に殺されるなんて思ってなかった。

最終章ビビリ度3

『色々な恐怖がありましたが、いちいち驚いてくれたあなた。素直なうお座らしいと言えますがそれでは心臓が心配。もしもの時はかかり付けのお医者さんに相談を。』

おかしいな・・・さっきまでは普通に回避できたのに・・・。


チャレンジ4回目。

猫おおおおおお!!!!!

なんで猫で2連続死亡なの!?
てか、引っかかれて死亡って、どんだけ猫の攻撃力高いの!?
なんだってんだよー・・・orz

最終章ビビリ度4

『色々な恐怖がありましたが、いちいち驚いてくれたあなた。素直なうお座らしいと言えますがそれでは心臓が心配。もしもの時はかかり付けのお医者さんに相談を。』

そんなにビビった記憶がなくてもビビリ度MAXになる不思議。
猫に殺された=ショボイ=ビビリって事?
最後の診断結果まで理不尽な事しないでよ。


気合を入れ直して、チャレンジ5回目。
今度は上手く猫を回避する事が出来ました。
ようやく先に進めた(笑)

あと、リビングのソファーに座ってる俊雄くんですが、パンツ履いてると思ったけど、やっぱり全裸にも見えた。
どっちだお前・・・パンツ履いてんのか履いてないのかハッキリしろよ。
めっちゃ気になるだろ。
もう一度確かめる為にこのゲーム最初からやる勇気なんか私にはねぇぞ(笑)


その後はキッチンで鍵を取り、2階奥の部屋へ。
屋根裏で伽椰子と遭遇し、リモコン操作で回避した後、急いで廊下へ。

廊下へ出ると、どこからか犬の鳴き声が聞こえてきました。
もしかしてこの声、アイビー!?

私「アイビー生きてたんだ!」
妹「・・・罠に決まっとるやろ」
私「いや、呪いを受けるのは人間くらいだってコムイさん(@Dグレ)も言ってたし、アイビーは無事やったんやって」
妹「ないない」
私「でもさ、『希望の先に見えた絶望(by瑠璃様)』って事は、最後は明穂も死ぬにしても、アイビーとの再会くらいはあってもおかしくないんじゃない?」


めちゃくちゃプラス思考な考えを抱き、ルンルン気分で玄関へと向かうプレイヤー。
一階の玄関へ行くと、さっきまで扉を塞いでいた髪の毛が無くなっていました。
ほらなー!やっぱりアイビーが助けに来てくれたんだ!
扉の向こうにはきっとアイビー!

無事だったのねアイビイイイイイイイイイイ!?!?!?

何でお前なんだよ伽椰子おおおおおおおお!!!!!

何この引っかけ!
最後くらいアイビーと感動の再会させてくれたっていいじゃない!
アイビーと再会して良かった助かったって安心させてくれてもいいじゃない!
絶望のどん底に陥れるのはそれからでも遅くないだろ!
僅かな希望すら踏みにじりおってええええ!!!

・・・って、そうか!これが『希望の先に見えた絶望』か!
なんという僅かすぎる希望・・・orz
つまり、アイビーは呪いに負けたんですね・・・。
ふ・・・ふふ・・・コムイさん(@Dグレ)、人間以外にも呪いって有効みたいですよ・・・。


色んな意味で泣きそうになりながらリモコンを振り、何とか伽椰子を回避。
もう電池ないけど、まだ続くの?

・・・と思っていると、ここからムービーに突入した模様。


玄関の扉を閉めると、明穂はせわしなく辺りを見渡した。
すると、大量の髪の毛と共に、ゆっくり四つん這いで階段を下りてくる伽椰子の姿が目に留まった。
恐怖に震え、立ち竦む明穂は、視線を逸らす事も出来ず、ただ伽椰子が近づいてくるのを見つめていた。

そして、伽椰子の顔がアップになり──────────


床に倒れた明穂は、力の入らない腕を必死に懐中電灯へと伸ばす。
しかし、その手は懐中電灯に触れる前に体ごと後ろへと引きずられていく。

ダダダダダッと凄い音を立てて階段、そして二階へと引きずられていく明穂の体。


───── 暗転 ─────


人気のない、物が散らかった家の中。
玄関から階段へと続く血の跡。
その血は、二階奥の部屋の屋根裏へと繋がっていた。

耳を澄ますと、どこからか小さく携帯の着信音が鳴っている。

屋根裏には、3つの血に塗れたゴミ袋。
そして、ゴミ袋の前にはもう一つ、血に塗れた腕が・・・。



「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」



Game Clear



最終章ビビリ度5

『色々な恐怖がありましたが、いちいち驚いてくれたあなた。素直なうお座らしいと言えますがそれでは心臓が心配。もしもの時はかかり付けのお医者さんに相談を。』


どうにか全クリ出来ましたー。
はー・・・やっと終わった・・・orz

てか、本っっっっっ当に救いのないゲームですね!(笑)
足掻いて足掻いて僅かに希望が見える事もあったけど、結局最後に待ち受けてるのは恐怖と絶望だけ。
プレイヤーの頑張る気力を毎回見事にへし折ってくれるゲームでした。
おかげで恐怖を克服するどころか、ビビリが酷くなった気さえするよ(笑)


前置きにも書いたけど、ストーリーなんかはどうでもいい&理不尽な展開ドンと来い!とにかく怖い体験がしたい!・・・と思ってる勇者様にはお勧めなゲームだと思います。
操作性が悪いと言われてますが、慣れればそうでもありません。
ちょっとリモコンを振っただけでもグルングルン回るのはビックリするけど、まぁそういう仕様だと分かってれば、これも大した障害にはならないんじゃないかなと。

あ、でも電池の減りが早いのは結構悩みどころかも。
電池の場所と進むべきルートをあらかじめ把握していればいいけど、私みたいに何も知らずにやろうとすると電池切れでゲームオーバーになる事が多くなる可能性が高いです。
これからプレイされる方は、電池の減りが早くてもイライラせず、大らかな心で楽しんであげてください(笑)


最後に。
アドバイスを下さった皆様!
応援して下さった皆様!
一緒にビビってくださった皆様!

ここまでお付き合い下さり、本当にありがとうございました!


次進めるゲームについては、色々リクエストも頂いてるので、別記事としてアップしたいと思います。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/04/25 23:21】 | 恐怖体感 呪怨 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<リクエスト | ホーム | 沈黙の15分>>
コメント
>瑠璃様
『小さな希望の先に見えた強大な絶望』。
あまりにピッタリな表現に、思わず盛大に噴き出しました( ̄m ̄*)
「アイビーに会えるんだ!」・・・いや、「会えるかも!」。
思えば本当に儚い希望でしたね(T▽T)

あそこでグッドエンドを予想するお気持ち、凄くよく分かります!
私も皆さんから絶望ゲームだと聞いていなければ、確実に明穂はアイビーと共に生き残るんだと思ってた事と思います(^^;)
だからこそ、何もあそこまで徹底的に突き落とさなくてもいいじゃない・・・と軽く凹みましたorz
流石伽椰子さんというべきか、流石AQさんというべきか・・・。
鬼畜過ぎる呪怨に、一層ビビリが酷くなった気すらします(笑)

しかし、どうにかこうにかクリア!
これも皆さんのアドバイス&応援のおかげです!
本当にありがとうございました(*´▽`*)

イケニエノヨル。
こちらもまた進め次第、プレイ日記をアップさせていただきますね(^^)
また色々アドバイス頂けると嬉しいですm(__)m

では、コメントありがとうございました☆
【2011/05/11 17:34】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
そう、「アイビーに会えるんだ!!」その思いこそがすでに「希望」だったわけです。そして、そこから一気に絶望に突き落とされるわけです。これが私が言った「希望の先に見えた絶望」なわけです。言い換えるならば「小さな希望の先に見えた強大な絶望」って感じですねw
私も実況プレイを見てた時はここで一気に絶望に突き落とされて愕然とした記憶があります…「え…!?あ…アイビー!?アイビー生きてたんだ!よっしゃあ!何だか扉の髪の毛も無くなってるし、このまま外に出てアイビーと一緒に逃げてGOODENDで良いよねええええって伽椰子おおおおおお!?」みたいなwww
何にしても呪怨クリアおめでとうございます!ここまで本当にお疲れ様でした!次の「イケニエノヨル」も頑張ってください!私も出来るだけバックアップしようと思います!!それでは!
【2011/05/10 19:04】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1580-31898939
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。