おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ぽたぽた焼き
瑠璃様からリクエスト頂いた『イケニエノヨル』始めました!
このゲーム、ジャンルが『呪いのゲーム』になってるんだけど、何故普通に『ホラーゲーム』にしなかった。
もうやる前から嫌な予感ムンムンじゃないか。

ご近所の皆様、またしばらく夜中に悲鳴が聞こえるかと思いますが、どうかお気になさらず(笑)


【イケニエノヨルプレイ日記1】


●あらすじ

憑夜見(つくよみ)渓谷。
そこは、神に生け贄を捧げていたという伝承が残る地。
とある大学の仲間5人が、この渓谷に建つ館に集まることになっていた。
楽しい想い出になるはずの小旅行。
しかし、運命は残酷だった。

"オネエチャンヲ タスケテ"

少女の囁きが聞こえてきたとき、シズカに、惨劇のマクガアケル。
5人はカクジツに、ノロイに、死ニチカヅイテイく。

事件から24時間後、ツクヨミ渓谷ヲオトずレタアナた。
アナタハ、ジケンノナゾヲトキアカセルノカ?


事件のあらすじはよく分からないけど、とにかくその『お姉ちゃん』がラスボスだってのは何となく分かった(笑)
少女の声ってのは、ラスボスの妹・・・?
助けてって事は、この子は零1作目の霧江(子供)みたいに主人公の味方になってくれるのかな?

どうでもいいけど、タイトル画面のバックで鳴ってる誰かの足音は一体なんですか。
地味に怖いので是非止めて頂きたい。


●プロローグ

まず最初の説明で、『可能であれば音量を上げてプレイすることを 強く おすすめいたします』と書かれてるのを見て、とりあえずテレビの音量を下げました(笑)
また、Wiiボードを使う事でより臨場感を楽しめるらしいですが、今までの経験上、どう考えてもバランス崩してボードから落ちるのが目に見えてるので、リモコンのみでプレイしていきます。

お次は、登場人物の命名画面。
大学生5人の名前を自由に決める事が出来るらしい。
ポケモン同様、Dグレから神田達の名前でも借りるかなと思ってたんです、が。

画面『名前をお借りしたご友人の安全は保証しかねます』

・・・・・・ですよねー。ホラーゲームだもんね。
デフォ名の、ブルー、イエロー、ピンク、レッド、ブラックでいく事にします(笑)
一応登場人物紹介↓

▼ブルー
イエローに思いを寄せる気の弱い男性。この物語の主人公。

▼イエロー
決断力のある気の強い女性。育ちが良いが、ときどき天然ぶりを発揮する。

▼ピンク
みんなに魅力をふりまく元気な女性。場を盛り上げようとするムードメーカー。

▼レッド
少し乱暴だが、意志の強い男性。ピンクと付きあっている。

▼ブラック
冷静で頼れる男性。父親の持ち物である家に、4人を招待する。


ピンク以外はポケスペ主人公達の名前でもあるのが何かソワソワする。
ポケスペの場合、ブルーは女だけど。

名前入力が終わると、実際の操作画面に移動。
どうやらブルーを操作しつつ、レッド、レッド、ブラック、ピンクから操作説明を聞くコーナーらしい。
まずはレッドから、「俺にポインタを合わせてみろ」って言われたのでやってみた。

レッド「相変わらずノロマだな」

『相変わらず』って事は、いつもブルーはノロマなのか。
そしてレッドはいつもブルーにこんな失礼な事言ってるのか。
レッドはブルーをいつもいじめる・・・もとい、からかってるけど、でも、いざとなったら真っ先に助けてくれるとかだと萌えるんですが、その辺どうなんですかレッドさん。

さり気なくレッドの名前を『ジャ○アン』、ブルーを『の○太』にするんだったとか思ったのは内緒です(笑)

話を戻して。
走り方はリモコンだとB連打らしいんだけど、押しっ放しじゃなく、連打って所が何とも鬼畜ですね。
右手への負担が半端ねぇ。

ちなみに、イエローはちょっと遅れてくるらしい。
あと、窓際に立ってるブラックに話しかけてみると、ここはブラックの親父さんが建てた家で、ブラックも最近まで知らなかったという話が聞けました。

ピンクは、何喋ってたか記憶に薄い・・・っていうか、何故か下半身を調べられた事にビックリした挙句、まんまと調べてみたら驚きのセリフを言った衝撃で、普通に話しかけた時何言ってたか吹っ飛んだ。

ピンク「あんまりジロジロ見ないで。恥ずかしいよ・・・・・・。ブラックもいるし・・・・・・ね?」

・・・ブラック?
そこはブラックでいいんですかピンクさん!?
アナタ、レッドとお付き合いしてたんじゃなかったんですか!?
てか、レッドがいる前でブルーとイチャイチャする事に関しては問題ないと、そう言いたいんですか!?
ちょっ・・・その辺、もう少し詳しく(笑)

・・・って思って何度も話しかけたけど、一向に教えてくれなかったので、諦めてドアをオープン。

それから24時間後、5人は忽然と姿を消した
彼らに一体どんな災難が降りかかったのか・・・・・・
あなたは事件から24時間後の渓谷に訪れ、6つの不思議な体験をするでしょう
それは、隠された物語を解き明かすカギとなるかもしれません・・・・・・


『渓谷に訪れる』って、今の家に来る事になるんだよね?
予想以上に綺麗な家だから、今回はあんまビビんなくて済むかも!

・・・と思った事を、速攻で後悔する羽目になったのは言うまでも無い(笑)


プロローグを見終わると、『ソノゴ・・・』という章が追加されていました。
6つのステージがあり、うち5つが選択できるようになってたので、1から順に進めていきたいと思います。


●ソノゴ・・・ 1.雨の廃屋
『雨の降る夜、渓谷の呪われた廃屋へとあなたをいざないます・・・・・・』


人里離れた渓谷で、道に迷ったあなたは、突然激しい雷雨におそわれました
幸いにも、雨をしのげそうな廃屋を見つけ、急いで駆け込んだのですが・・・・・・


なんでこの人は人里離れた渓谷なんか来ちゃったのか・・・。

★廊下の奥へ進め

★マークのこれ↑は、画面に表示された指示です。
ミッションってほどでもないけど、どうすればいいかちゃんと指示が出るらしい。

今回は、逃げ込んだという廃屋の玄関からスタート。
しかし、入ってすぐ、廊下の奥へと続く血痕を発見し、速攻回れ右をして、玄関の扉に向かってAボタン。

画面『激しい雨が降っている・・・・・・ 外へ出ないほうがいいだろう・・・・・・』

いやいやいや、床の血痕をもっとよく見てくれ。
どう考えてもこんな殺人現場っぽい家にいる方が危ないだろ。
雨が降ってようが雷が鳴ってようが、いっそ外の方が安全だと思います。

とりあえず、床の血を調べようとしたAボタンを押したら、懐中電灯の電気が消えて思わず絶叫。
どうやらAボタンで懐中電灯のオンオフも兼ねてるらしい。紛らわしいな!
今までのゲームじゃ調べれない場所でもAボタン連打してたから、絶対間違る・・・orz


玄関で立ち止まってる訳にはいかないので、恐る恐る廊下の奥へ。
途中の扉は開かなかったり、打ちつけられたりしてるので、そのままスル・・・・・・うっ!?
・・・打ちつけられた扉の前を通り過ぎようとしたら、中からノックの音が・・・。
誰よ・・・ここから出してって事?嫌な予感しかしないから嫌だよ。

前へ向き直ると、廊下の奥を曲がって歩いていく少女を目撃。
あの子が説明書に書いてあった『少女』ですかね?
追いかけろって事だろうけど、その前に階段を発見したので、ちょっと上ってみる事に。

そこには扉が一つあるだけだったけど、扉は開かず。
1階の奥に進むしかないのかと振り返ったら、天井に顔をめり込ませてる男性霊を発見し、早くも絶叫。
えーと・・・彼は一体何してるんでしょうか?
てか、コイツの下通らないと戻れないってどうなのよ。
コイツさ、絶対下通ろうとした瞬間にボトッ・・・・・・って、ほらなああああああ!!!!!
ほーらやっぱり落ちてきた!絶対来ると思ったんだ!
思ってたけど叫んだよチクショウ!
妹に「今、落ちてくる事予想しとったよね?何で叫んだ?」って怒られたじゃないか!(笑)

早くも勇気をへし折られながら1階の奥へと進むと、曲がり角で一通のメールが届きました。
この主人公も携帯使うのか。CALLING思い出すなぁ。

携帯『もっと もっと きりきざむ ぽたぽた ぽたぽた ぽたぽた ぽ た ぽた もっと もっと 生贄を』

妹「・・・ぽたぽた焼き食べたい」

なんでコイツは毎回毎回こんなシュールなコメントをしてくるんだろう。
恐怖が笑いに変わるのは大いに結構だけど、笑い過ぎて逆に先に進めない(笑)

曲がって奥へ行くと、ちょっと開けた場所に扉が一つありました。
辺りを見渡すと、右の壁から手がブラブラ出てるのを発見。
ビビらされてばっかなのもムカツクので、どりゃあ!と突撃してみたら、何もせず消えて行きました。
よし、なんか分からんが勝った(笑)

手以外は何もないようなので、扉を開き、その先の廊下を更に奥へ。
途中で扉が勝手に開いたけど、まぁ自動ドアなんてよくある事ですよね。
床の血がその扉に続いてるけど、別にビビってねーし。

近づいたらまたもや勝手に閉まったので、今度はこちらからオープン。
中は洋式のトイレでした。・・・・・・血塗れの。
天井に大きな穴があいてて、そこから血が滴ってる模様。
・・・トイレでまたこのパターンかよ・・・。
このパターンにはとっても嫌な思い出しかないので、赤い女が出ないうちに早々に退散したいと思います。

トイレから出ようと扉を開くと、廊下に人形が置いてあるのが見えてビックリ。
・・・したと思った瞬間、間髪いれずに目の前を少女が駆け抜けていって、更にビックリ。
ビビらせるか案内するかどっちかにしてよ!
オマケに、廊下の人形はどの方向から見ても主人公見てるし・・・。
こういう人形、ちょっと多すぎると思います。


少女の後を追い、廊下の先へ行ってみると、一番奥は壁が壊れてて通路を塞いでいました。
先へは進めないので、その近くの扉へ。
恐る恐る先へ進・・・・・・ほおおおおい!!!

・・・いえ、何でもないです。
チェンソー持った血塗れの男が奥の棚の陰から倒れてきただけです。
妹曰く、見た目的に多分ブラックではないかとの事。
この人、説明書に描いてあったチェンソー男だと思うんですが、確かにブラックの姿と凄い似てる!
もしもしブラックさん(仮)?大丈夫ですか?

????「・・・・・・くそッ やっぱり呪いを・・・・・・絶つことはできないのか・・・・・・ 海に・・・・・・拒まれた・・・・・・ なぜだ・・・・・・何かが足りないのか・・・・・・ 誰だか知らないが・・・・・・今すぐここから逃げたほうが・・・・・・いい・・・・・・」

ですよね!やっぱり逃げるべきですよね!ホント、私もそう思う!
もう無理して呪い解く必要ないよ!自分も呪われる前に逃げろ主人公!

・・・まぁ、どうせ戻っても外へ出れないのは分かり切ってるんだけどね・・・orz
ホラーゲームの主人公達ってホント、度胸あり過ぎて困る。

もう一度ブラックを調べてみるも、すでに息絶えており、反応はなし。
そうか・・・ブラックは結局ここで死んじゃうのか・・・。
いっそブラックの持ってたこのチェンソー持っていきたいけど、幽霊にチェンソーって効くんだろうか・・・。
そういう物理攻撃ってやっぱ効かない気がするんだよなぁ。
ブラックは一体何と戦ってこんな血塗れになったんだよ・・・。


部屋の更に奥へ行ってみると、ソファーで塞がれた扉の奥に、女性の霊が立ってるのが見えました。
おふっと思って、左側を見てみると、今度は割れた壁の隙間から、奥の通路に立つ例の少女を発見。
お?あの子がいるって事は、こっちが正解か?

ほいほい、今そっち行きますよおおおおおおおおお!?
ちょっ・・・何だ今の罠!
少女に近づいたら、近くにあった棚倒れてきたんだけど!
部屋の奥には危険な霊がいるからそっちはダメよって事だったのかもしれないけど、教え方が激しすぎるよ!
もっと優しく教えてよ!
よく見たら、壁の割れ目付近にまた首が勝手に動く人形2体もあるしさ・・・。
ホント、どこに誘ってんのあの子・・・。

割れ目に入り、更に奥へ・・・・・・と思った途端、さっきの封鎖された扉の奥に立ってた女性霊が、ゆっくりこちらへ向かってきてる様子が目に留まりました。
ちょっ・・・何こっち来てんのお前!
幽霊だからって調子乗ってすりぬけてくんじゃねぇぞ!

そして表示された指示がこれ↓

★逃げろ!

はいはいはい逃げるのね!逃げればいいのね!
奥に行けば・・・って、うおおおおおい!!!目の前にも男性霊登場ってどゆこと!?
バックバックバッ・・・いやダメだ!後ろからは奴(女性霊)がしっかり追っかけて来てる!
ええい!こうなったら奴(男性霊)にタックル!!!

・・・なんて効く訳も無く、普通に捕まってゲームオーバーになりました。


画面『 ○月 ○日 ○時 ○分  あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

なんという不吉なゲームオーバー画面。

ちなみに、よくよく説明書を読んでみると、このゲームに出てくる霊達は『イケニエ』という呼び名があり、イケニエに1回でも捕まると、即ゲームオーバーになると書かれていました。
1回捕まると終わりって、ある意味呪怨より鬼畜だな!
・・・現時点での恐怖度は確実に呪怨の方が上だけど。


チャレンジ2回目。
このゲームも呪怨同様、1ステージクリア毎にオートセーブらしいので、ゲームオーバーになったら最初からやり直しなんだと思ってたんですが、今回はブラックが倒れてきた所からスタートでした。
ちゃんと途中からやり直し出来るようになってるのか。
この辺りは呪怨より親切ですね!(笑)

もう一度ブラックに話しかけ、壁の割れ目から廊下へ。
今度はぶつからない様に、柱をぐるっと回る様にイケニエを避け、右の通路へ。
するとその先に扉が一つ見えたので、急いでオープ・・・・・・!?血!?
いや、今はそれどころじゃない。とにかく入ろう。

逃げ込んだ先は、どうやらお風呂場の脱衣所の様子。
めっちゃ血塗れな上に、洗面台の鏡から手まで出てるのに、お風呂場ってだけで「げへへ・・・覗き放題だぜ」って言いながらニヤニヤできる妹が本当にスゲェ。

風呂場を覗けとしきりに急かす妹。
いやいやいや、この血痕、あのお風呂場に繋がってるからね。
風呂場にも今までのホラゲーで嫌な思い出あるし、どう考えてもダメだろ。
私はむしろこの部屋から出たい。てか、もう出る。

そう宣言し、妹の制止を振り切り、勝手に脱衣所からさっきの廊下へ本気で飛び出そうとする私。
呪怨の後だからそんなに怖がらないだろうと油断しすぎてた為、たび重なる恐怖に早くもパニック中でした。

しかし、扉に手を掛けようとした瞬間、さっきの鏡の手が、バン!という物音と共に正体を表し、大絶叫!
だだだだ誰!?誰今の!?よく見えなかったけど、手が出てきて本体が見えたよね!?
すぐ消えて良かったけど、本当に止めろよそういうの!
しかも結局扉開かないし!
くっそー・・・結局風呂場覗きに行かなきゃいけないのかよ・・・orz


一旦ホームボタン休憩を取り、心を落ち着かせてからお風呂場の扉をオープン。
・・・した瞬間に、またもやメールが届きました。

携帯『にげて ここから にげて おふろの なかには お え ん が ねえちゃ の 生贄が たりない』

途中の文が解読不能ですよ送り主さん。
てか、一体誰が送って来てるのこのメール。
『ねえちゃ』とか書いてあるし、やっぱりあの少女?

ところで、扉を開けた瞬間から、風呂の中から女性の嗚咽がずっと響いてるんですが・・・。
何?この声がお姉ちゃん?
何が悲しいのか知らないけど、まずは落ち付いて話あおう。
ちゃんと聞いてあげるから、頼む、襲って来ないでくれ(笑)

辺りを見渡しながらゆっくりと奥へ進んでいくと、一番奥に大きな浴槽を発見。
そしてやっぱりそこへと繋がっている血痕。
どうせ覗いたらなんかあるんだろ?
分かってるよ!覗いてやるよ!さあ来いお姉ちゃん!!

・・・と、かなり気合を入れて覗きこんだのですが、浴槽の中は空っぽ。
あれ?あんだけビビらせといて何もいないじゃない。
嗚咽も止んだし、どゆこと?
この肩すかしが逆に怖いんですが・・・。

この時の私の焦りっぷりがよく分かる会話↓

妹「・・・油断するな。後ろにいるぞ」
私「・・・ちょっと待って、一旦落ち付いていい?」

(ホームボタン休憩)

私「ふー・・・・・・よし!油断すんなよ!多分、後ろにいるからな!」
妹「それ私がさっき注意してやった事やろ。何で今自分が閃いた風に言った?」
私「・・・すまん・・・」



意を決してゆっくりと振り向いて・・・・・・みたけど、そこには誰もおらず。
あれ・・・?
どうすればいいんだと思いながら戻ろうとした所で、風呂場内の曲がり角に少女が立ってるのが見え、思わずストップ。そして浴槽までゆっくり後退(笑)
背後にいないと思ったらそこにいたのか・・・。

ゆっくり大回りで近づいてみると、どうやら彼女は誰かと話してる様でした。

少女「おねがい・・・・・・。もうやめて・・・・・・」
????「ごめんささい・・・・・・。でも、私にはもうどうすることもできない。私の意識が完全になくなるまえに・・・・・・おねがい・・・・・・はやく逃げて・・・・・・」


????さんは、少女のお姉ちゃんっぽいですね。
意識が完全になくなる前にって事は、このお姉ちゃん、何かに体を乗っ取られかけてんの?
何そのアレンと14番目みたいな設定(@Dグレ)。

会話が終わると、少女と、姿は見えなかったけどお姉ちゃんらしき気配は消え失せていました。
とにかくここから出ようと、急いで扉へ・・・・・・って、おいいいいいい!!!
どうした!?何故開かない!?開けよ!
こんな所に閉じ込めてどうしようってんだよ!

泣く泣く浴槽の方へ戻ってみる主人公@プレイヤー。
すると、さっきまでいなかったはずの白いワンピースの女性が浴槽の中に立っているのを発見。
むこう向いてて顔は見えないけど、もしかして、あの方がさっきの『お姉ちゃん』ですか?
白いワンピースなんか着るなよ・・・伽椰子(@呪怨)思い出すじゃんか・・・。

・・・・あ!そっか!
さっきのメールの解読不能だった所って、『お風呂の中にはおねえちゃんが』って書いてあったのか!

ユラユラ揺れながら立っている彼女に近づくと、画面が暗転。

迷い込んだ廃屋であなたが見たもの・・・・・・
それは、24時間前に起こった惨劇から繋がる・・・・・・
終わりなき夜のはじまりでした


『雨の廃屋』 クリア



呪怨ほど恐ろしいものはそうそうねぇだろうと油断してたら、かなり怖かった・・・。
でも、これは呪怨と違って悲しくも感動的なお話が隠されてそうですね!
最終的に、あの『お姉ちゃん』を助ければいいのかな?
瑠璃様から教えて頂いた情報によれば、救いのあるEDがあるみたいだし、いっちょ頑張るか!

・・・しかし、なんか絶体絶命な雰囲気で終わったけど、この主人公は大丈夫なんだろうか・・・。
次の章はこの風呂場からスタートになるのかな?

また最後まで頑張りたいと思います!


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/05/11 23:14】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<特別な技を覚えたゼクロム&レシラム | ホーム | 拍手返信>>
コメント
>瑠璃様
はい、ついにイケニエノヨルスタートしちゃいました!
今まで結構ホラゲークリアしてきたので、案外余裕が出てきてるのではないかと油断してたんですが、全くそんな事もなく(笑)
今作も従来通り見事に絶叫させていただきました(^^;)

雷雨か怪しい屋敷か。
絶対雷雨を選びますよね!
私だったらあんな怪しい屋敷内、ウロつこうなんて絶対に思えません(笑)
中に入ったとしても、せめて玄関までですよね(^^;)
ホント、一体何を思ってあの血を辿って奥へ行っちゃうのかあの主人公は・・・。

チェンソー男。
妹の勘が・・・ってことは、やはりあの男はブラックだったんですね!
チェンソー男を覚えておくと、終盤で「コイツは!」ってなるんですね。了解です!
一体どういう経緯でブラックがあんな運命を辿ってしまったのか凄く気になるので、しっかり覚えておきたいと思います(^^)

少女。
敵にも味方にもなるんですか・・・。
そして目的が『お姉ちゃんを助けたい』。
彼女はお姉ちゃんを助ける為に必要な人を助け、そうでない人、あるいは邪魔になりそうな人の邪魔をしている・・・という感じでしょうか?
それとも、イケニエになりかけてるから邪魔をしてくるけど、まだ僅かに残ってる良心でお姉ちゃんを助ける為に人助けをしているのか・・・。
またこの子の真実もしっかり最後まで見極めたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/05/23 13:08】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
とうとう「イケニエノヨル」スタート!いや~結構怖いでしょう?このゲームww
スタート地点にある扉でのコメントはツッコミますよね!やっぱり!あまりにも怪しさ全開の屋敷の中歩き回るより雨に濡れる方がずっと安全ですよね。私も米神さんと全く同じこと思いました(笑)
それにしても妹さんって本当に鋭いですね~。まあ私は本当のことはまだ言いませんけど、あのチェンソー男さんを後々まで覚えておくと「あっこいつは!」ってなりますよ終盤で。
あの少女はですね~味方になったり時には敵になったりする最初はよく分からない子なんですよね~。でもあの子の目的は1つ「お姉ちゃんを助けて」な訳ですのでそのために少女は動いてると考えてくれれば良いかと。
それでは次も楽しみにしてます!
【2011/05/20 21:13】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
>愛莉様
笑っていただき、ありがとうございます( ̄m ̄*)
ホント、あの文面を読んでいきなり『ぽたぽた焼き食べたい』はビックリですよね!
ホラー的に考えて、もっと突っ込むべき箇所あるだろうに(笑)
私も、聞いた瞬間盛大に噴出し、しばらくメール画面開いたまま爆笑してました(≧m≦)

初っ端からそんな笑いもあり、一瞬、「案外楽勝かな?」なんて油断もありましたが、このゲームも他のホラゲーに引き続き、結構な恐怖度でした(T▽T)
お風呂場なんか、異様な雰囲気過ぎてなかなか先に進めませんでしたもん(笑)
でも、愛莉様の仰る通り、ちゃんと救いのあるEDを迎えられるというのは嬉しいですよね!
それだけでも、最後まで頑張ろうというやる気が湧いてきます!

ブラック。
私もこんな初っ端からブラックの死亡を確認する羽目になるとは思ってませんでした(^^;)
しかし、あらすじを読む限り、今回の章は、大学生5人(ブラック達)が何らかの事件に巻き込まれた『24時間後』に、偶然ここへ迷い込んだ人が主人公ですから、実は5人の中の最後の生き残りがブラックだったのかもしれません。
他の章を進めていくうちに、誰がどのような運命を辿ったのかとか分かってくると思うので、今後の展開に注目ですね(^^)

バイオハザード。
私はやった事ないのですが、チェンソーが出てくるとは、なかなかデンジャラスなゲームですね!(笑)
そういえば友人のお兄さんもよくバイオを進めてるのですが、手榴弾がどうのって話を聞いた事があります。
バイオは出てくる武器めっちゃ強いですね!
零でカメラになれてると、もうその名称だけで勝てそうな気がしてきます( ̄m ̄*)

最後になりましたが、応援の方もありがとうございます!
また進めたらプレイ日記アップしますね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/05/19 11:06】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
だめだ…。
鈴音様の妹様、おもしろすぎます…((笑

「ぽたぽた焼き」って…
怖い場面でよくそんな事が言えますねww
読みながら思わず吹いてしまいました((ワラ

イケニエノヨル怖そうですね…(-ω-`)
けど前の呪怨よりかはマシなんじゃいでしょうか?…救いがあるだけw

というか私が思った事は
ブラック死ぬの早えェwww
チェンソーとかバイオハザードのゾンビ思い出しちゃいましたww((私のパパンがよくやっているもので

とりあえず、頑張ってください★
鈴音様の感想楽しみにしてますんで(・-・*)ヌフフ♪
【2011/05/17 17:07】 URL | 愛莉 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1596-427ca78e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。