おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ナナシノゲエム
ついにナナシノゲエムをスタートしました。

とりあえず、スタッフのお茶目っぷりはよーく分かった(笑)


【ナナシノゲエムプレイ日記1】


●あらすじ

ある日、携帯ゲーム機に謎のゲームが配信される。
送り主は、ゲームにハマって最近あまり学校に現れない先輩だ。
先輩の恋人である友人に頼まれ自宅へ様子を見に行くことになったが・・・・・・
そこで待っていたものは想像を絶する光景と、新たに配信されてきたゲームだった。
はたして、死が訪れる一週間の内に呪いのゲームに隠された謎を解き明かすことができるのか─────?


このタイトルの由来は、ゲーム内で主人公に送られてくる名前のないゲーム・・・『名無しのゲーム』って意味だとばかり思ってたんですが、妹にどんなゲームか説明した所、妹がもう一つ意味がある事に気付いたらしい。

『 7 死 のゲーム』

主人公に送られてくるゲームは、『プレイすると一週間(7日)で死ぬゲーム』・・・。
上手い事かけてあったんですねぇ。
だからカタカナだったのか。


●登場人物

▼主人公(あなた)
私立南都大学2回生の20歳。文学部国文学科に在籍。
どこにでもいるような、ごく一般的な大学生。

▼尾高 文人(おだか ふみひと)
愛称オダカ。南都大学3回生、21歳。高級マンションで一人暮らし中。
ゲームにハマって学校にあまり来なくなり、留年の危機にある。

▼長沢 理子(ながさわ りこ)
愛称リコ。南都大学2回生、19歳。主人公の女友達で、尾高の恋人。
好奇心旺盛で、何ごとにも首をつっこみたがるタイプ。

▼大山 法基(おおやま ほうき)
南都大学社会学部現代社会学科の准教授、35歳。
独自のマルチメディア論を展開している。極度のチェーンスモーカー。


主人公は性別と名前を自分で決めれるのですが、友人からの進めでこんな事になりました↓

・性別 → 男
・名前 → カンダ


「自分の名前入力するなんてそんな恐怖倍増な事、絶対やりたくない」って言ってたら、友人が「じゃあ神田にすれば?アイツ、原作じゃ幽霊ではビビってなかったし」と言ってきたんだ。
ついでに、「お前の大好きな神田を操作してると思えば恐怖もぶっ飛ぶさ」と言われた。
ぶっ飛ばねぇよ!

・・・って思ったけど、主人公の名前が『神田』ってのは神田ファンとして凄く魅力的だったので、友人の言うとおり、『カンダ』で進めたいと思います(笑)
よく考えたら、零3作目も追いかける相手の名前が『ゆう』ってだけで張り切って進めてたもんな。
あながち冗談でなく、本当に恐怖がぶっ飛んでくれるかもしれない(笑)


●アトナノカ

「知ってる?なんかさぁ、遊ぶと一週間で死んじゃうゲームがあるんだって」
「マジ?それ、なんて都市伝説?最近そうゆうの多いじゃん。ほら、コインロッカーに捨てられた赤ちゃんが母親に復讐する話とかさ。でも、そんなゲームあるならカレシにやらせてみよっかな。最近うまくいってないから」
「ちょっ、それってヤバくない?」


彼氏殺人計画という何とも恐ろしい会話からスタートしましたが(笑)、どうやら『遊ぶと一週間で死ぬ呪いのゲーム』の噂は都市伝説みたいに結構知れ渡ってるみたいですね。

ちなみに、この世界ではここ数年、携帯ゲーム機『ツインスクリーン』・・・略して『TS』が空前の大ヒットとなり、人々がゲーム機を携帯する事は珍しいことではないらしい。
TSって、つまりはDSの事ですよね(笑)
んで、DS同様、お店何かに行くと、TSソフトの体験版配信やネットワークプレイができるTSステーションなんかもあって、いつも人だかりができるほど大人気なんだとか。
なるほど。主人公もTSを持ち歩いてて、それに謎のゲームが送られてくるって寸法か。


南都大学 現代社会学科講義 領域横断情報学概論

大学で授業を受けてる真っ最中の主人公のTSから何やらポローンと音が。
なんぞ?と思っていると、どうやら例の呪いのゲームが送られてきたらしい。

『ハイシンカンリョウ オダカ → カンダ』

送り主の『オダカ』ってのは、主人公の先輩にあたる尾高文人先輩ですね。
呪いのゲームを可愛い後輩に送ってくるなんて、どんな鬼畜な先輩だ。

TSを開いてみると、ゲーム画面はまんまDSでした(笑)
このままゲームをスタートしろって事なんだろうけど・・・DSのスタート画面でいう所の、ゲームのタイトルが書いてある部分に、よく見ると『アトナノカ』って書かれてる・・・。


早速ゲームをスタートしてみる。
大学といえど、授業中に突然ゲームを始めるとはなかなか強いな主人公。
・・・私もやった事ありますけども(笑)

ゲーム自体は、ファミコンのRPG(ドラクエとか)みたいな雰囲気のものでした。
たまに画面がチラついてたんだけど、これってそういう仕様なんだよね?
間違っても中古で勝ったが為にバグってるとかじゃないよね?(笑)

舞台は水の豊富な『ヴァルナ』という村らしい。
村人に話を聞くと、水不足にならないよう、毎年聖なる泉に人形を捧げる祭りがあるとか何とか。
宿には泊まれないわ道具や武器も買えないわで、一体どうしたらいいのかと色々探っていると、右上にある井戸から『みずのドール』というアイテムを入手しました。
上の方にいる門番2人に話しかけると、ゲームは一旦終了。
こんな中途半端な所でストップかい。


現実に戻って。
授業中に黙々とゲームを進めるカンダが怪しすぎたのか、主人公の女友達・長沢理子が話しかけてきました。
理子は尾高先輩の彼女でもあるらしい。
理子、なかなかの美人さんですね!
気の強そうな所が好きです(*´▽`*)

理子の話によると、理子も尾高先輩から6日前にゲームを送られてきて、自分もプレイしてるとか。

理子「なんかね、それ、プレイすると一週間後に死んじゃう呪いのゲームなんだって・・・。」

単なる都市伝説だと理子は笑ってたけど、こんな普通のゲームじゃ、確かに冗談だって思うよねぇ。
私だって何も知らない状況でこんなん言われたら、冗談だと思って笑うだけですよ。

それはさておき。
理子曰く、このゲームを送ってきた尾高先輩が、最近ゲームばっかやってて学校に来てないらしい。
でも、そろそろ単位が足りなくてヤバいだろうから、連れ出してきて欲しいと頼まれました。
理子が自分で行かないのは、最近喧嘩したばっかりで気まずいからだとか。
いやいや、いっそこの機会に話し合ってくればいいじゃないですか。

理子「ね、お願い!親友でしょ! え・・・?男と女に友情は成り立たない?ん~。じゃあ、この際だからカンダとあたし、付き合っちゃう?」

おいいいい!何この浮気フラグ!軽いな理子!
カンダにはアレンっていう心に決めた子がいるからダメですよ!(笑)

理子「バ・・・バッカ!冗談だってば!」

なんか理子、ちょっと照れてない・・・?
カンダってば、一体どんな反応したんだ・・・。


まぁそんなこんなで、結局合鍵を渡され、先輩の家まで行かなければいけない事になった模様。
呼びにいく相手がモヤシなあの子だったらもっとやる気が出るのに(笑)

操作説明を受けつつ校門から外へ出ると、尾高先輩のマンションへ自動的に移動。

尾高のマンション ファミール天神

カンダ「オダカ先輩、すごいマンションに住んでるんだ。家が金持ちだといいよな。」

尾高先輩金持ちなのか!
しかも凄いマンションに住んでるとか、羨ましすぎるだろ(笑)

調べれるモノはないかチェックしながら奥へ進んでいくと、一番奥で尾高先輩の部屋を発見。
なんかこの部屋だけ柵までついてる!
どんだけいい部屋に住んでんだよ尾高!

カギは持ってるけど、素直に開けるのもアレなので、とりあえずピンポンラッシュ。
これでもかってくらいラッシュしてやったけど、悲しいくらい反応はありませんでした。
今までのゲームだったらここで変な声が聞こえてもおかしくないけど、このゲームは良心的ですね(笑)

合鍵で中に入ろうとドアを調べて開いてみるも、どうやら中でロックされているらしく、扉は開かず。
仕方なく隙間から呼びかけてみるカンダ。

カンダ「オダカ先輩!カンダです!リコが学校に来いって言ってますよ!」

すると、足音が聞こえ、一旦扉が閉まり、ガチャリとロックを外す音がしました。
先輩が出てくるかと思いきや、そのまま扉を開く事なく去っていく足音。
ここで先輩が顔を出さない辺りからしてもうおかしいよね。
でも、辺りが明るいからかまだそんなに怖いって感じはなかったので、躊躇する事なく中へ。

そして、油断してた事を早くも後悔。
何で窓という窓が全部段ボールで隠されてんですか先輩。
何で廊下の奥に見えてる部屋、電気がチカチカしてんですか先輩。
おかしいだろ。どう考えてもおかしいだろ。

とりあえず玄関の扉をチェックしてみると、覗き穴までガムテープで塞がれているのを発見。
更に、一応開くかどうかもチェック。

カンダ「あれ・・・?開かなくなった・・・。」

ですよねー。あるある、そういう事。
大体ホラーゲームに出てくる扉って反抗期なのが多いんだよね(笑)
仕方ないので、勇気を出して廊下へ上がってみると、右側にある扉の前にてイベントが発生。

奥の扉の曇りガラスに、こちらを覗く子供の影が・・・。

影だけだったけど、多分女の子だったと思う。
理子ちゃん、あなたの彼氏は幼女を連れ込んでるから学校に行けないみたいですよ(笑)

↑・・・と、余裕な事を言ってみたけど、この直後、猛ダッシュで玄関までバックしました。
もちろん出れないままだったけどね・・・orz


右のドアは鍵がかかってるらしく開かないので、さっき誰かが覗いてた部屋へ。
何故かチカチカしてた電気が消えてる事にもビビリつつ、中へ入ると、そこはリビングになってました。
ここも窓段ボールで塞がれてるし・・・。
そしてまたもや何故か部屋から出れないという悲劇。
どうせ玄関の扉も閉まってるんだから、ワザワザここまで閉めなくてもいいじゃない。

薄型テレビに近づくと、勝手にテレビが点き、砂嵐画面が・・・。
呪怨で散々やられたパターンだから予想はしてたぜ!
一瞬「ふぉ!」って声が出たけど、まだ大丈夫。
きっと中にロトム@ポケモンが入り込んでるだけだ(笑)

テレビの近くにある扉を開いてみると、そこは寝室でした。
絵画と観葉植物がある以外は、部屋いっぱいのドでかいベッドが一つ置いてあるだけのシンプルな部屋。
くそっ・・・金持ちめ・・・!
真ん中のベッドに明らかに怪しい膨らみがあるけど、一旦スルーしてベッドの回りをぐるりと探索してみたんですが、飾ってある絵画に何やら違和感を感じ、しばしガン見。
近づき過ぎてたので、少し離れ・・・・・・た瞬間に全て理解しました。
真っ赤な絵の中に、白い顔が浮き出てた。
先輩、この絵捨てた方がいいっすよ。

・・・さて。
いつまでも無視してるのもあれなので、勇気を出してベッドの膨らみをチェック。
何もいなかったパターン来い!・・・と思いながら布団を捲ると、中にあったのは抱き枕でした。
なんだ・・・ビビらせやがって・・・。
一安心した所で、枕の横にメモが落ちているのを発見。

▼尾高先輩のメモ
今日で5日目だ・・・ 今日も大学には行けそうもない リコたちはどうしているだろう ゲームは相変わらず進まない ひとつめの町の外に出ることもできない 思いつくことはすべて試したが なにが足りないのかわからない リコに送るんじゃなかった・・・


学校休んでまでゲームやってるって事は、尾高先輩はこのゲームがヤバいっていう確証を掴んだんだろうか。
普通なら、どんなに頑張っても最初の町から出れないゲームなんて、飽きて途中で止めちゃうだろうし。
てか、理子に送った事をそんなに後悔してるなら、何故主人公にまで送ってきやがったバカヤロウ!


他には何もないようなので、リビングに戻って。
奥のキッチンの方へ行ってみると、ゴミ袋が勝手にもぞもぞ動いてるのを発見。
何このあらぶるゴミ袋・・・。
よく見ると、なんか血がついてるようにも見える・・・。
先輩ってば、一体このゴミ袋に何詰めたんですか・・・。
破って何か出てきたら困るので、ゆっくり近くのカウンターへと移動。

次の瞬間、上に置いてあったカップめんの中から、まさかのゴッキー登場。

ゴッキーって言っても、伽椰子みたいな霊の事じゃないですよ!
害虫と呼ばれてる黒光りする方のリアルゴッキーですよ!
まさか幽霊ではなく、リアルにゴキブリと遭遇するとは思ってなかったよ!
この発想は凄い(笑)

何だか妙に和みながらキッチンの中の方へと向かうと・・・

タッタッタッタッ(走っていく様な足音)
キィ~ バタン(ドアを開け閉めする音)

カンダ「オダカ先輩?」

本当に尾高先輩かなぁ・・・違うと思うけど・・・。
キッチン近くにも扉があったけど、後回しにして音のする方へ行ってみる事に。


リビングの扉が開くようになってたので、廊下へ出てみると、さっき開かなかった右の扉からシャワー音が。
あらやだ!嬉し恥ずかしサービスシーン!?
(↑さっきのゴッキーで和み過ぎて、かなり油断してるプレイヤー)

そんな事を考えながら、ワクワクと突入した脱衣所ですが、洗面台に血の様な赤い染みを見つけた上に、鏡のひび割れがちょうど顔みたいに見えて、一気にテンション急降下。
さっきの部屋といい、ここといい、ちょっと汚すぎるぜ先輩。

扉が2つあるので、とりあえず手前の扉からチェックすると、そこはトイレでした。
・・・本当に何の気なくでした。
何の気なく便座をタッチしてみたんですよ。

カンダ「こ、これは!立派なものが残ってる・・・。」

何に反応してんだ主人公!(笑)

さっきからさ、もっと他に突っ込みどころは沢山あったはずなんだ。
不自然に段ボールの貼られた窓とか、勝手に点いたテレビとか、顔の浮き出てる絵画とか、動くゴミ袋とか、洗面台の血みたいな染みとか、その他もろもろ。
それらはものの見事にオールスルーしたくせに、トイレで見つけたモノにこんな食いつくなよ。
てか、スタッフも何故こんなコメントを作った!
ゴキブリといい、立派なものといい、絶対ウケ狙っただろ(笑)

妹にも見せつつ、一しきり大爆笑した後、ようやくシャワー音のするお風呂場へ。
扉を開くと同時にシャワー音はストップ。
・・・チッ、やっぱりただの肩すかしか・・・。
CALLINGの時もそうだったから予想はしてたさ!クソッ!

ここも、水浸しで汚い上に、鏡に人の顔みたいに見えるひび割れがある以外は何もないので、もう一度廊下へ。
すると、どこからともなくあの謎のゲームの音楽が聞こえてきました。
ん?もしかして先輩、まだゲームやってんの?


音を頼りにリビングへ戻り、さっき行かなかったキッチン近くの扉をオープン。
すると、さらに廊下があり、扉が3つほど並んでいました。
とこっとん豪華なマンションですね!ホント、どんだけ金持ってんだ尾高先輩!

順番に、手前の扉からチェック。
入ってすぐの部屋は、クローゼットと鏡のある、いわば衣裳部屋でした。
また鏡割れてるし・・・。
尾高先輩、何で鏡全部割ってんだろ?
何か映っ・・・・・・ほおおおおおおおおい!!!

ビビった・・・鏡が急に倒れてきた・・・。
ちゃんと固定しといてよね・・・。

アイテムっぽいものもないので、お次は隣の部屋へ。


隣の部屋は、大きなスクリーン&音響器具のある映画観賞部屋になっていました。
何故かスクリーンの電源入りっぱなしだけど、それよりも一言突っ込みたい。
何度も言ってるけど、ホントどんだけいい部屋に住んでんだよ先輩!
こんな映画観賞部屋まであるって、普通の家でもそうそうねぇぞ!
くっそー!金持ちめ!

何だか恐怖よりも憎さを覚えつつ(笑)、部屋内を調べると、スクリーンに一枚のメモが貼られていました。

▼尾高のメモ
今日で6日目・・・ もう今日しかのこされていない 1週間の噂が本当なら・・・俺は だがゲームに変化があった 今日になって俺のキャラがアイテムを入手した これはクリア条件のひとつか ひょっとしたら俺は助かるのかもしれない


まさかそのアイテムって『みずのドール』じゃないよね?
それなら結構早い段階で見つけたんですが・・・。
こんなメモ残す余裕があるなら、一体何のアイテムかとか、どこで入手したかとかも書いといてよ。

ここも他には何もないようなので、最後に一番奥の部屋へ。


ゲーム音の音量的に、一番奥の部屋が音源みたいですね。
中に入ると、部屋内は真っ暗で、何やらぽたぽたと水滴の音が・・・。

カンダ「オダカ先輩いるんですよね・・・?」

ポーン ポーン(TSの受信音)

主人公が声を発した直後、こんなタイミングでまさかのゲーム配信。
そして迷わずゲームを進め出す主人公。
この状況でゲームやりだすって凄いな!(笑)


ゲームの方は、前回の続きみたいで、ヴァルナの村からスタート。
辺りが暗くなってる所からして、もう夜みたいですね。
門番がいた所が進めるようになってたので、村の奥へ進んでみると、聖なる泉に着きました。
そこに村人たちが集合し、儀式中の様子。

話しかけてみると、『今年は良い人形が手に入った』だの、『今年の人形には名前がある』だの、『今年の人形は生きてるみたいにいい出来だ』だの、何やら嫌な予感のする話を聞かせてくれる村人たち。
そして極め付けにこれ↓

村人「にんぎょうのなまえは・・・オ・・・ダ・・・」

オ・・・ダ・・・・・・カ?
まさか尾高先輩の事ですか!?
ちょっ・・・何このゲーム!怖っ!!!
普通のRPGじゃねぇかと思ったらめっちゃ怖っ!!!

最後に青い服の神官みたいな人に話しかけると、『松明を持っていない人は儀式に参加できない。松明が欲しければ、村の道具屋へ行け』と言われたので、一旦村へリターン。
松明を貰う為に道具屋へ行ってみるものの、売り切れ&自分用にとっといた分までないらしい。
・・・え?じゃあ儀式には参加できないの?
別にしたい訳じゃないけど、しなきゃ先に進めないんじゃ・・・。

どうしようと思いながら道具屋を出ると、何やら中央の井戸におかしなキャラがいるのを発見。
バグったように姿がぼやぼやしてて、男なのか女なのかもよく分からない・・・。
恐る恐る近づき、話しかけてみました。

「コレ アゲル・・・。」

おぉ!誰だか知らないけど、ありがとう!

・・・って思いきや、ここでゲーム終了。
あれ?今何貰ったの?そんなとこで切らんでも!


現実世界。

カンダ「あれ・・・?なんでおれ・・・懐中電灯・・・持ってるんだ・・・?」

なん・・・だと・・・?
まさかゲームで貰ったもの = 懐中電灯だったって事?
そんなアホなと思いつつ、懐中電灯のスイッチをオン。

次の瞬間、壁に照らし出された少女の落書きにビビリ、思わず大絶叫。
なんてものを壁に描いてんだ先輩!
しかも、可愛いとか綺麗とかじゃなくて、めっちゃ不気味だし!
ライト点けた途端そんなもん浮かびあがったらそりゃ叫ぶわ!

それでも幽霊じゃなかった事に安心しつつ、辺りを見渡してみると、壁にまたメモが貼られていました。

▼尾高のメモ
今日が最終日だ・・・ 段ボールの隙間から光がもれる 朝日が怖い 俺は寝る間も惜しんでこのゲームのことだけを考えてきたがもう時間がない せめてヒントだけでも残せれば ゲームで人が死んでたまるか ゲームに殺されてたまるか 俺はもう誰にもこのゲームは送らない ここで止めてやる おやじ おふくろ 死にたくない


先輩は先輩なりにずっと独りで戦ってたんですね。
ヒントだけでも残そうとしてくれるなんて優しいなぁ。

・・・でもさ。
『俺はもう誰にもこのゲームは送らない』って何ですか?
じゃあなんで主人公に送りやがったんだコノヤロウ。
おかげでこっちはこんな面倒な事に思いっきり巻き込まれちゃったじゃないか!

・・・ハッ!もしかして、これを主人公に送ったのって先輩じゃないのか?
先輩は止めようとしてたけど、ラスボス霊がそれは許さんって事で、先輩のTSから配信できるようになってる相手にランダムに送りつけたとか、そういう事ですか?
何それ怖い・・・。

更にぐるりと見渡すと、ロフト部分に上る梯子を発見。
さっきからぽたぽた落ちてる水滴もロフトから落ちてるみたいなので、勇気を出して上へ登ってみる事に。

上ってすぐに目に留まったのは、壁に描かれた海と灯台の落書きでした。
これも先輩が描いたんだろうか・・・。
さっきの女の子の落書きといい、これといい、何かのヒントになってんのかなぁ?
一応覚えておこう。

横を見てみると、スッポリ頭までシーツらしきものを被った人が座っているのを発見。
壁に灯りが反射してる所から推測するに、どうやらTSをやってるっぽいです。
しかし、何故ここはこんなに水浸しになってるんだろう。
ゲームの聖なる泉に人形を捧げるってアレが脳裏をよぎる・・・。
まさか・・・。

恐る恐る近づき、話しかけてみる主人公。

カンダ「オダカ・・・先輩・・・?」

すると、その人はゆっくりとこちらに倒れ・・・ふおっほおおおおいいいい!!!

ちょっ・・・先輩、顔!顔めっちゃ怖っ!!!
ここだけ妙にリアルなムービー入るもんだから、思いっきり叫んだわ!

カンダ「せ・・・先輩・・・!?し・・・死んでる・・・!」

やっぱ先輩はダメだったか・・・。
こんな表情で、こんな場所で死んじゃうなんて、彼に一体何があったんだろう・・・。


画面が暗転した後、尾高先輩の部屋から脱出したらしい主人公は、マンションの通路に立っていました。
いつの間にか来ていた理子に話しかけられ、ようやくハッとする主人公。
どうやら理子は、尾高先輩もカンダも携帯が全然繋がらなくて、心配して駆け付けてくれたらしい。
あの部屋内、ずっと圏外だったのか・・・。

オダカ先輩について教えると、急いで中へと入って行った理子。

理子「キャア―・・・ッ!」


『アト ムイカ』


ここでやっとセーブできました。


結局尾高先輩は、あのゲームに出てきたのと同じように死んじゃったって事ですよね?
うわぁ・・・めっちゃ嫌だ・・・。

主人公に残された時間は、あと6日。
何とか生き残れるよう頑張りたいと思います!


・・・って、そういやこれ、EDはどうなるんだ?
バッドEDとグッドEDに分かれてるのか、一つしかないのか・・・。
それとも、1周目はバッドEDで、2周目でグッドEDとか?

まぁとにかく頑張って最後まで進めたいと思います!


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/05/24 23:50】 | ナナシノゲエム | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<せめてもうちょっと何か情報をくれ | ホーム | ラン・ラン・ラン>>
コメント
>時崎様
なんと!これも最低2周はやらないと真のEDが見れないゲームでしたか!( ̄□ ̄;)
しかも分岐ルートが2箇所もあるとは・・・。
いや、しかしそれでこそやる気が出るというもの!
真のEDが見れるまで頑張って進めたいと思います(`・ω・´)

遊び心が見え隠れ・・・。
カップ麺からゴッキーとか、トイレのアレとかもそうですよね(笑)
まさかホラーゲームで違う意味の恐怖を味わう羽目になるとは思ってなかったので、盛大に笑わせて頂きました(≧m≦)
他にも面白い仕掛けやコメントがないかじっくり探しながら進めていきたいと思います!

ミクボイス。
おぉ!ミクボイスまで出てるんですか!
凄いですね!
聞けば分かるという事は、結構分かりやすい使い方をされてるんでしょうか?
こちらもまた探してみたいと思います(^^)

では、アドバイスありがとうございました☆
【2011/06/08 02:06】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
あっ・・・
あの、言い忘れてましたが、
確か、アトイツカと、アトヨッカって・・・
分岐ルートあるんです。
で、その各分岐に別々のアイテムがあり、
最低、二周やらなくてはいけないのです。
次作のナナシノゲエム目も同じくです・・・
でも、この作品、遊び心が結構、見え隠れしておもしろいですよ・・・?
それと実は、この作品、コラボが多く、初音ミクの声もあるんです!
あるんですが・・・まぁ、聞けば分かります・・・えぇ。
【2011/06/03 19:28】 URL | 時崎 #-[ 編集]
>藍猫様
返信が遅れてすみません;;
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます♪
プレイ日記を以前から読んでいただいてるだなんて、嬉しすぎて頬筋がニヤけた状態のまま動いてくれません(*´▽`*)
本当にありがとうございます!

藍猫様もナナシノゲエムをプレイされた事があるんですね!
結構細かく色んなものを調べないとグッドEDにはいけない上に、アイテムが変な所にある・・・これはなかなか難しそうですね(><)
一応自分なりに細かく見てるつもりなのですが、怖くなったら適当に調べてさっさと進んじゃう事があるので、気を付けたいと思います!

とはいえ、バッドEDとグッドEDがあるとなると、両方見てみたくなるのがゲーマーというもの( ̄m ̄*)
とりあえず1周目はどちらのEDを迎えるか分かりませんが一旦クリアして、2周目で見てない方のEDを目指したいと思います!

今後の展開。
なんと!あの操作方法でアクション要素まで出てくるんですか!?( ̄□ ̄;)
油断してました・・・。
てっきり今回はアクションシーンはほぼないもんだとばかり・・・orz
しかもビビるだなんて、どんな鬼畜なアクションですか・・・。
アクションは基本苦手なのですが、なんとか頑張りたいと思います(T▽T)

最後になりましたが、頑張って進めて行きたいと思いますので、よろしければまた覗いてやってください(^^)
もし詰まってしまう事があったら、その時はアドバイスなんかも頂けると嬉しいです(><)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/06/03 00:50】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>時崎様
返信が遅れてすみません;;
お久しぶりです!
ナナシノゲエム、ついにスタートしちゃいましたよ~!

ゲーム画面のちらつき。
あれはやっぱりそういう仕様だったんですね!
壊れてるんじゃなくて良かったです(笑)
しかし、バグ仕様だと思うと、ますますあのゲームが不気味に感じてきました・・・。
しかも、現実とリンクしてるだなんて、なんという恐ろしい・・・!!!
言われてみれば確かに、先輩は湖の生贄になった=水浸しで死亡でしたもんね。
ってことは、あの懐中電灯はやはりゲーム内で貰ったものだったんですね!
これからも注意深くチェックしてみたいと思います!

アイテム。
各章でアイテムを集めないとトゥルーEDが見れないとは!
あのドールは何に使うのかと思ったら、EDに必要な物だったんですね。
…という事は、逆にアイテムさえ全部集めていれば、1周目でもトゥルーEDが見れるって事ですよね?
よし!頑張って全部集めてみたいと思います!(`・ω・´)

あの娘&やつら。
あの娘というのは、先輩の家で曇りガラスから覗いてたあの子でしょうか?
そしてあの娘の他にまだ会ってない奴もいるんですね・・・。
なんだこれくらいのホラーなら結構余裕だぜ、なんて油断してた私がバカでした・・・orz
そうですよね、まだ序盤ですもんね(T▽T)
また気合を入れ直して進めたいと思います!

最後に、このゲームには隠しパスなんてのもあるんですね!
まだまだ先になるかもしれませんが、是非教えて下さると嬉しいです(^^)
それまで頑張って進めますね!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/06/02 23:07】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
初めまして、藍猫と申します

いつも攻略日記、楽しく拝見させて頂いてます



ナナシノゲエムは続編含めクリアーしましたが、現実、ゲーム内含めてしっかり要所要所を調べないとグッドEDは難しいかと…
ゲーム内のアイテムは必須ですが、変なとこにあったりもするので取りこぼしには要注意です
私的にはバッドEDも是非見て欲しいと思いますが←




もう少し後に出てくるとある方辺りからかなりアクション性も出てくるので、是非頑張って下さい
私もかなりビビったので(笑)

リアクションを含めて今後も期待してます!!
【2011/05/30 06:08】 URL | 藍猫 #.56ou876[ 編集]
久しぶりです!
いやー、イケニエの時は、ちょっとやってないもので見てるだけ・・・
しかし!ナナシノゲエムは二作ともやりましたので、アドバイスできます!

バグ仕様です(笑)それと体感しましたが、ゲームと現実はリンクしています。注意深く見てください。

えっと、みずのドールですが、これ、単品では機能しません。各章各ルートに一つずつアイテムがあるので、集めてください。そうしないとトルゥーEDには行けません。

まだまだ、こっからですよ・・・あの娘には会っていますが、ヤツらにはまだ会ってませんからね
ある程度、行ったら、ちょっとした隠しパスも教えましょう
では。
【2011/05/29 00:54】 URL | 時崎 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1613-81b2f9b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。