おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ストーキング・マネキン
『絶対にうしろを振りかえってはいけません・・・・・・』

・・・って言われると、ついつい振り返りたくなるのが人間の性ってもんじゃない。
まさかあんなものがあるなんて思わないじゃない。

・・・振り返るんじゃなかった・・・orz


【イケニエノヨルプレイ日記3】


●ソノゴ・・・ 3.闇の廃トンネル
『死期が迫っている者には染みが顔に見えるといわれる古い廃トンネルへとあなたをいざないます・・・・・・』


あなたが訪れる廃トンネルは、有名な心霊スポット・・・・・・
そこを歩くにあたり、ひとつだけ約束があります
絶対にうしろを振りかえってはいけません・・・・・・


トンネル云々はいいけど、それよりも何故今回の主人公はこんな所に来ちゃったんですか。
1は道に迷って、2は少女に頼まれてって理由がちゃんとあったのに、今回は理由なしですか?

心霊スポットってくらいだから、肝試しかなぁ・・・。
何を思って一人で来ちゃったんだか・・・。
せめて友達の一人や二人道連れにしてこいよ。


そんなこんなで、今回はトンネルの出入り口からスタートです。

★廃トンネルの奥へ進め

振り返るなと言われた直後ですが、早速振り返ってみる主人公@プレイヤー。
だってやっぱ振り返ってみたくなるもんじゃない(笑)

しかし、背後に何かあるのかと思いきや、別に何か変わったものは見当たらず、道が続いていました。
なんだ、振り返っても何もないんじゃん。あれはただの脅しかよ。

トンネルから離れるように道を進んでみると、大きな門のような扉を発見。
この扉であのトンネルを完全に封鎖してあるって事か?
ますます嫌な雰囲気じゃないかあのトンネル。

もちろん扉は開くはずもないので、Uターンしていざトンネルの中へ。
何か落ちてないか注意しながら奥へ進んでいくと、突如張り切りだしたBGM。
一体何事!?と思い、辺りを見渡す主人公@プレイヤー。
その拍子にうっかり振り向き、ものの見事に大絶叫。

なんで背後にマネキンなんか立ってんだよおおお!!!

訳が分からない!訳が分からない!
さっきまで何度か振り返ってたけど、ずっといなかったじゃん!
何急に現れちゃってんの!?
零でもこのパターン(振り返ると・・・)で車イス置いてあってビビったんだから止めてくれよ!

更にこのタイミングでこんな事を口走る妹↓

妹「マネキンって言えばさ、お前の苦手なあれに出てきたよね。ほらあの、伽椰子の・・・」

おかげで、マネキンが伽椰子に変身したあの恐怖を見事に思い出しました。
余計な事しやがって・・・。

しかし、これは呪怨ではない上に、イケニエノヨルで襲ってくるのは、イケニエと呼ばれし霊のみのはず。
今目の前にいるのはたかがマネキン。
こんなん屁でもねぇぜ!

・・・と、ずかずかマネキンに近づいてみた所、マネキンに襲われて死にました。

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

・・・マネキンまで襲ってくるなんて聞いてないよ・・・orz


チャレンジ2回目。
どこでマネキンがくるか気になって、バックで歩いてってみたら、音がし始めた辺りで急に出てきやがった。
何コイツ、瞬間移動?どんなハイスペックなマネキンだ。

どうしようと思っていると、突如メールを受信。

携帯『しぬの?』

いきなりぶしつけに失礼なメール送ってきやがって・・・。
バカなの?お前が死ぬの?って返してやりたい。
余談だけど、『バカなの?死ぬの?』を初めて使ってみたけど、これの元ネタって何なんだろう?
何も知らないのに使ってしまったぜ(笑)


それはさておき、メールを読み終わった直後、出入り口に向かって例の少女が走って行くのが見えました。
何これ?追いかければいいの?
マネキンに近づいたら襲われるってのにどうしろと?

・・・と、考えていると、妹から突然こんな命令が↓

妹「どこまで接近したら襲われるかマネキンに近づいて試してみろ」

襲われるのを分かってて何故近づかねばいかんのか・・・。
鬼かお前は。

でも、距離が分かれば奴を振りきって横をすり抜ける事も出来るかもしれないので、一応実行。
その結果、結構大接近しないと襲って来ない事が判明しました。

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

なんか無駄にゲームオーバーになってしまった気がするけど、まぁいいか(笑)
よし、次は振り切ってやる!


チャレンジ3回目。
メール受信後、少女を追いかけ出入り口へ早速リターン。
マネキンは壁際ギリギリを駆け抜けてみたら上手くすり抜ける事が出来ました!

しかし、入口どころか、扉まで戻ってみるも結局何もなし。
なんだよ・・・ただの引っかけかよ・・・。
仕方ないので戻・・・・・・ろうとして振り返った所で、思わずフリーズ。

マネキンがこんな所まで追いかけてきてた。

何コイツ・・・追いかけてくるのはトンネルの中だけじゃなかったの・・・?
一度出会ってしまうと、トンネルから出てもずっと追いかけてくるって事?
何というストーカー。

しかも、気持ちを落ち着かせる為、一旦扉方向に向いてもう一度振り返ったら、更に大接近してるしさ。
何勝手にだるまさんが転んだ形式で近づいて来てるんですか。

お前と遊んでる暇はねぇ!と、もう一度横をすり抜け、猛ダッシュでトンネルへ。
そのまま奥へと進んでいくと、途中でボーっと突っ立ってるイケニエ♂を1体発見。
右を向いてたので、左側をすり抜け更に奥へダッシュ。

すると、その先は行き止まりになってて、壁に貼り紙が一つ。
調べてみると、簡潔に一言だけこんな文字が。

『フリカエレ』

振り返るなって言ったくせに、ここで振りかえらせるってどんな罠だよ!
さっきから言いつけ破って散々振り返ってたけど、今こそ振り返るのは思いっきり遠慮させて頂きたい(笑)
だって、絶対後ろにいるよね。
なんかイケニエっぽい変な声も聞こえてるし・・・。

どうしようと思っていると、ここでまたもやメール受信。

携帯『しぬのね』

いや何勝手に断定してんですか!
まだ死にませんって!
てか、こんな恐ろしい場所で死んで堪るか!


とりあえず、ずっと壁とにらめっこしてる訳にもいかないので、勇気を出して一気にクイックターン!

・・・してみたら、絶対いると思ってたあのマネキンは消えてました。
しかし、その代わりにフラフラ向こうへ歩いていくイケニエが3~4体ほど出現。
なんてこったい。
状況悪化してんじゃねぇか・・・orz

どうやらこいつ等を避けて進めって事っぽいけど、無理無理無理。
だって数が多すぎるもん。
フラフラあっち行ったりこっち行ったり、もう私にどうしろっていうのさ。

そのまましばしタイミングを伺っていると、何故か地面に吸い込まれるように消滅したイケニエ♂が1体。
・・・・・・え?
何か今、まるでマリオが土管に入って行くように消えた奴がいたぞ(笑)
でもこれで道は開けた!ありがとうマリオ!

この隙にアイシールドさながらのダッシュでイケニエ達を避け、元来た道を引き返・・・・・・あれ?

なんで出入り口が無くなってんの・・・?

ちょっと待って落ち付かせて。
今、トンネルの出入り口から一直線に奥まで来て、行き止まりで180度振りかえっただけだったよね?
んで、イケニエ達を避けながら、来た道ずーっと戻ってきただけだよね?

なんで目の前に壁があって梯子が掛かってんの?
一体いつの間にワープした・・・もとい、させられたんだ主人公!

オマケに、よく見ると梯子を上った先にイエローの姿が見えるではありませんか。

ブラックと違って死にかけでもなければ、ピンクみたいにイケニエになってる訳でもなさそう!
普通に生きてるっぽく見える。
てか、このまま梯子を上っていけば、スカートの中覗けるんじゃないか!?(笑)
ひゃっふう!待っててイエローちゃん!

ワクワクはぁはぁしながら、今までにないルンルン気分で梯子を上る主人公@プレイヤー。
この瞬間の私は確実に変態だった(笑)

梯子を上った先は階段の踊り場みたいになっており、更にもう一つ梯子が。
パンチラを期待したイエローも、いつの間にかそのもう一つの梯子の上に移動してたので、引き続きパンチラを求め、猛ダッシュでもう一つの梯子を上・・・・・・!?!?!?

・・・り切る前に、ゆっくり下へバック。

今、イエローがいたはずの場所に、例のお姉ちゃんの姿が見えたんですが・・・。
なんでお姉ちゃんがあんな所にいるの?
彼女はお風呂場に生息してるんじゃなかったの?
お姉ちゃんも一応スカートだったけど、裾長いから全然パンツ見えないし、本当に散々だぜ・・・。

一か八か、そのまま梯子を上りきってみると、案外何事も無くお姉ちゃんは消えてくれました。
何だよ、ただ出てきてビビらせただけかよ。
どうせならパンツの一つくらい見せてってよ(笑)


さて、梯子を上った先は、何やら切り立った崖を加工したような場所になっていました。
左に例の少女と、その奥にまた上る梯子が見えるけど、それとは別に、真っ直ぐ進んだ所にも下に降りれる梯子があったので、先に下へ降りてみる事に。
多分少女がいる先が正規ルートだと思うんだけど、こっちに何かあるかもしれないしね。

梯子を降りた先は、崖を降りていける道はあったものの、途中で道が途切れており、入れそうな扉もなし。
特にアイテムらしきものも見当たらないので、梯子の上へリターン。

多分この子は主人公を導いてくれてるはずだと自分に言い聞かせながら少女に近づいてみると、思った通り、襲ってくるでもなく、普通に消えて通してくれました!
この子はやっぱ、基本的には主人公を導いてくれてるみたいですね。
コメントで教えて頂いた情報では、たまに敵か味方か分からない行動をする事もあるけど、この子の目的はあくまでも『お姉ちゃんを助ける事』らしいので、一応味方ではあるんだろうと思う。


少女の後ろにあった梯子を上ってみると、その先には大きな扉が一つ。
早速扉を開き、中へ入ってみると、そこには両側が切り立った崖になっている細い一本道になっていました。
これ、高所恐怖症の人にはキツそうだなぁ。
高所恐怖症じゃなくても落ちちゃいそうで怖いもん。

その道の途中に、またもやイエローの姿を発見。
今度こそ消えるなよと念じつつ、近づ・・・・・・!?!?!?

イエロオオオオオオオ!!!!!

ちょっ・・・近づいたら、イエローが崖から飛び降りちゃったよ!?
折角無事生き延びてる子に出会えたと思ったのに、目の前で自殺って!
一体どうしたイエロー!
何があったんだイエロー!

身を投げたそのとき、彼女は安らかな笑顔でした・・・・・・
なぜ自ら命を絶ったのか、今はまだ謎に包まれたままですが、
あなたのもとに残された携帯電話、そのメモリーが・・・・・・
身を投げた女性の道程を明らかにしてくれることでしょう・・・・・・


『闇の廃トンネル』 クリア



安らかな笑顔で自殺って、本当に一体何がどうしてこうなったのか・・・。
イエローは怪我してるでもなく、普通に生き残ってたっぽいから、ブラックの言ってた『呪い』とやらから何とか解放されたのかと思ったのになぁ。

まだ出てきてないブルーとレッドがどうなったかも気になる所です。
レッドは、説明書に『最初の犠牲者』なんて書かれてたので、確実に無事ではないだろうけど(笑)
ブルーは一応主人公って書いてあったけど、果たして無事でいてくれてるやら・・・。


ちなみに、今回のこの章をクリアした事で、『モノガタリ』に『イエローの物語1』が追加されました。
ブルーの物語クリアしないと追加されないと思ってたけど、そうじゃないんですね。

一応、ソノゴを全部クリア後、モノガタリの方を追加されてった順に進めたいと思ってます。
現状で考えるに、ソノゴ、ブルーの物語、イエローの物語、ブラックの物語の順になるのかな?
また頑張って最後まで進めたいと思います!


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/06/05 23:59】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<神田ハピバッ! | ホーム | Dグレ22巻>>
コメント
>瑠璃様
いやぁ、今回は思いっきり振り返ってかなり後悔しました(笑)
まさかあんなものが付いてきてただなんて・・・(T▽T)
しかし、仰る通り、人間は禁止されるとついついやってみたくなるというもの。
あんな事を最初に言われるとついつい振り返っちゃいますよねぇ(^^;)

とりあえず無事クリアできて一安心・・・なのですが、このマネキン、まだ出てくるんですか・・・!?( ̄□ ̄;)
マネキンにも今まで散々ビビらされてきたので、是非遠慮願いたいものです・・・orz
とりあえず、マネキンを見かけた場合は100%警戒したいと思います!

時間が経てば自然消滅するイケニエ。
おぉ!時間が経てば消える奴はこのトンネルの奴以外にも出てくるんですね!
よし!積んだと思ったらしばらく立ち止まって様子を見ていたいと思います!

では、コメント&アドバイスありがとうございました☆
【2011/06/19 18:07】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
まあ…人間は禁止されると逆にやりたくなってしまう生き物ですが……本当にここは振り返ると後悔する場所だったんですよ~w振り向いたら何故かマネキンいるし、しかも追いかけてくるし。あ、そうそうこのマネキンは今後も何度も何度も出てくるんでイケニエさん同様注意しててくださいね♪
それから、これからも「時間が経てば自然消滅するイケニエ」が出てくると思いますので、もし「詰んだ!」と思う場所があっても少し離れた場所で待機していれば道は開けるので諦めないで頑張ってください!
【2011/06/17 17:37】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1622-17714b25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。