おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ヤブクロン戦隊と秘密基地!?
次回はベル@リナリーボイスが出るらしい。
楽しみ過ぎて仕方ない。
とりあえず、アニポケ見る時間と感想書く時間を確保する為に、しばし時間が止まればいい。

ちなみに、Dグレの巻き戻しの町に行けば時間を永遠に使えるじゃない!って思ったけど、巻き戻ってるだけだから、寝て起きたら書いた感想も白紙に戻ってるんじゃないかと気づき、くっそおおおおってなった。
いっそ精神と時の部屋にこもりたい。


今回も簡潔かつ、真夜中2~3時のテンションで書いてます。


【ヤブクロン戦隊と秘密基地!?】


今回の話は、難しい問題だなというのが正直な印象でした。
子供の気持ちと、大人の事情。
どっちの言い分も間違ってないから、どっちも正しい。
だからこそ、お互いにしっかり話しあわなければ結局は結論が出ない訳で・・・。
かといって、話しあったから必ず良い結論が出るとも限らない。
ううむ、やっぱり難しい。


本編。
シッポウシティへ向かう途中、突然三輪車暴走族・ENJI(園児)の泥だんご攻撃を受けたサトシ達。
デントはそういう汚れるキャラじゃないイメージがあったし、サトシはいつも超人だから、まぁ当たらないだろうと思いきや、2人してものの見事に顔面に命中。
しかも、泥ぶつけられるイメージから一番遠かったデントに真っ先に命中。
なんてこったいデントさん。
まぁ、あんな突然じゃ避けれなくて当たり前か。

・・・って思ったら、アイリスは柵の上に飛び乗り、華麗に回避してるではありませんか!
アイリス、カッコいいな!
未だかつてサトシの超人っぷりにこんなに近かったヒロインがいただろうか(笑)

怯んだ一同の横を楽しそうに三輪車で駆け抜けていく園児達。
その際、園児達の連れていたヤブクロンに引っ掛かり、サトシの帽子が持っていかれてしまう。
後の言動的に、まるで戦利品のような扱いを受けてたけど、これ、ただ引っ掛かっただけだよね(笑)


園児達を追いかけていた女性2人に案内され、とある家へ移動したサトシ達。
ここは帽子を被った方の女性・キクヨさんが経営している育て屋らしい。
で、もう一人の女性は、ユリさんといって、キクヨさんの孫であり幼稚園の先生をしているとか。
育て屋と幼稚園って、ゲームでも3番道路で隣接してたアレだよね。
こういう『ちゃんとゲームに沿ってるんだ』って分かる設定を発見すると何か妙に嬉しくなる!

ところで、ゲームでも思ってたけど、育て屋と幼稚園が隣接ってなんか面白いよね。
『ポケモンを育てる所』と『人間を育てる所』が並んでるんだもんね。


それはさておき。
ユリさんの話によると、子供達が暴走族化したのは、あのヤブクロンが関係しているらしい。

スクラップ置き場で泣いてたヤブクロンを発見した子供達が、幼稚園でヤブクロンを飼いたいと言い出した。
でも、ヤブクロンはゴミが大好きなポケモン。
幼稚園をゴミだらけにする訳に行かず、ユリさんはヤブクロンを元の場所に戻してきた。
しかしその翌日、子供達とヤブクロンがスクラップを集め、幼稚園の一角に秘密基地を造ってしまった。

そして今に至ると。
冒頭でも書いたけど、これは本当に難しい問題ですね。
ヤブクロンが大好き、独りじゃ可哀相という子供達の言い分は間違ってない。
でも、幼稚園をゴミだらけにする訳にはいかないというユリさんの言い分も間違いじゃない。
それぞれの立場から見た『正論』を述べてるだけなんだよね。

しかし、何がダメって、お互いがお互いの話を詳しく聞いてない所だよね。
聞いてないっていうか、相手の気持ちを理解しようとしてないというか・・・。
相手の意見を聞いて、自分の方が間違いだったと気付く場合だってある。
相手の意見を聞いて、それならここは譲ろうと、お互いに譲歩しあえる時もある。
だからこそ、話し合う事が大切なんだよね。

個人的に、厳しい意見を言うと、今回はユリさんがもう少し頑張るべきだったかなと思う。
園児達は色んな事を学びだしたばかりだから、まだまだ感情を優先しちゃって、『生き物を飼う』という事に対しての責任問題やその重要性はぼんやりとしか理解出来てないはず。
だからこそユリさんが、ヤブクロンを飼う事に反対する理由・・・「幼稚園がゴミだらけになる」以外の責任問題や重要性を、もう少し丁寧に教えるべきだったんじゃないかな、なんて。
ましてやユリさんは幼稚園の先生。
子供達を教育していく立場の人間。
頭ごなしに否定するんじゃなく、もう少し違った方法で説得を試みるべきだったね。

・・・と偉そうに言ってみたものの、相手が子供であろうと誰であろうと、自分の意見を主張するだけなら簡単だけど、相手の意見を聞くって凄く難しい事だとも思うんだよね。
私もこんなん言ってるけど、絶対出来てないもん。
頭に血が上ってる時なんかは特に(笑)

相手の話を聞き、相手の立場になって相手の気持ちを理解する。
そうすれば見えなかったものも見えてくるかもしれないし、解決策もすんなり見つかるかもしれない。
分かっちゃいるけど、難しい。


そんなこんなで、子供達の造り上げた秘密基地へとやってきたサトシ達。
秘密基地のクオリティが予想以上に素晴らしすぎてビビった(笑)
しかも、この大量の粗大ゴミを、あのか弱い園児&ヤブクロンがたった一晩で運んだ・・・だと?
いやいやいや、無理を仰るなかれ。大人でも難しいぞ。
流石アニポケマジック(笑)

サトシが思わず「やるなぁ!」なんて嬉しそうにしてたけど、気持ちは凄いよく分かる。
木の上の秘密基地とか、聞いただけでワクワクしちゃうよね!

その秘密基地に、『ヤブクロン戦隊』と名乗り、たてこもる園児達&ヤブクロン。
秘密基地に戦隊ごっこ・・・この発想が、子供らしくて本当に可愛い(*´▽`*)
ちゃんと段ボールで防具や武器まで作ってるのが結構本格的ですね。

園児達の説得役として進んで名乗り出たサトシ。
皆が困りきった様な顔してる中、サトシだけ笑みを漏らしてたのが印象的でした。
キクヨさんは意味深な表情もあったのでさておき、ユリさん、アイリス、デントの3人は多分、『大人の立場』からのみ、物事を捕えて意見してたんだよね。
でもサトシは、『大人の立場』で物事を考えつつも、『子供の気持ち』も理解できた。
だからこそ、子供の意見を聴きたいと思った。
長い旅で『大人の意見』を学んできた反面、まだまだ『子供の純粋な気持ち』を忘れてないサトシだからこその目線、だからこその意見なんだろうなと思う。


早速基地に乗り込むサトシだけど・・・・・・あっさり捕獲。
いや、でもあれは仕方ない。
てか、何あの『扇風機アタック』の完成度の高さ!
扇風機の回転を利用してロープを絡め取り、スクラップの山を崩して敵を落とし、その先に置かれた滑り台で着地点を誘導し、見事タイヤへズボッとお尻をハマらせ捕獲。

天才か(笑)

何だか映画『ホーム・ア○ーン』に出てくる仕掛けを思い出した(笑)


捕獲されたサトシは、子供達と一緒に基地の中へ。
ここでのサトシの対応が本当に素晴らしかった!
いきなり怒るとか無理やり本題に入るんじゃなく、まずは子供達と仲良くなろうとするのがいい!
サトシは計画的にではなく、素だったのかもしれないけど、最初に出した話題が、基地を褒める事だったのも、この後の良い結果に繋がったんではないかなと思う。
大人は「ゴミを集めて迷惑だ」と怒る所だけど、この基地は子供達とヤブクロンが力を合わせて造ったもの。
この場面で『凄い』と素直に認めてくれる人の存在って、結構重要だと思う。

また、リーダー・ヒロタくんの被ってる帽子が自分のだって分かってただろうに、怒るどころか、自分からは全く話題にも出さないってのも良かったと思う!
仲良くなれば返してくれるなんて保証はどこにもないけど、それでもサトシは皆を信じてたって事だよね。
こういう小さい所からも、子供達を信じ、理解し、歩み寄ろうという姿勢が伺える。

で、いつ話題を出すかと思いきや、その前に自己紹介。
そして、優しく分かりやすくピカチュウの説明。
更にこの和んだタイミングで「俺はお前達の敵じゃないよ。ただ話をしにきたんだ」と笑顔で一言。
そりゃ子供達も素直に心開くわ!
サトシってば、いつの間にか子供達の扱いテクまでしっかり身につけちゃってたんですね。

余談ですが、サトシが説明してる最中、「10万ボルトって技が使える」と言った直後、サトシに本当に10万ボルトを打って見せたピカチュウは、まさに黄色い悪魔でした(笑)
その直後でも「ピカチュウは可愛くて強い」と自慢気なサトシに、ピカチュウへの深い愛を見た(笑)

そんな可愛いピカチュウに対抗し、ヤブクロンもウインクして可愛いポーズを披露。
ほふっ!!!ちょっ・・・何この子!めっちゃかんわえええええ!!!(*´▽`*)
ヤッベェ!ポケモンが可愛すぎて本当に毎回死ねる!(笑)
ああもう!そんなポーズ取らなくてもお前は十分可愛いよ!
ゲームで初めて見た時から「何この可愛いごみ袋!」って心奪われてんだから、これ以上心奪うなよ!

サトシ「お前もかわいい・・・かもしんない」

↑おいサトシ!『かも』じゃねぇ!ヤブクロンは普通に可愛いんだ!
・・・と全力で叫んだのはこの私です(笑)

子供達&ヤブクロンと仲良くなった所で、ヒロタくんから帽子返却と謝罪の言葉が。
何ていい子なんだ!
ヤブクロンを守る為にこんなに必死になってるくらいだもんね。
敵だのなんだの言ってたのだって、それだけヤブクロンの事を真剣に想ってるから。
本当に優しい良い子なんだ。


一方、今回のロケット団は、とある町の駅のホームにて、またもや待ち合わせ中。

・・・って、うぉい!!
ヤブクロンと大量のスクラップが消えた事、ニュースになってる!
どんだけ凄い事やらかしちゃったんだあの子達(笑)

そんな中、待ち合わせ場所にやってきたロケット団員の男性。
今回はフリントさんじゃないんですね。ちょっと残念。
折角だし、フリントさんの活躍ももっと見てみたい。

ちなみに、今回受け取ったアイテムは、『とある石のダミー』。
実は前回送ったデータでメテオナイトがもう発見されてるって分かって、盗み出す為に急遽そのダミーを作りました・・・なんて簡単なものじゃないんだろうなぁ(笑)
一体何の石のダミーなんだろ?
こちら動向もますます気になってきました。


戻って、サトシ達サイド。
先生と和解するよう説得するサトシだけど、子供達はそれを拒否。
子供達からしてみれば、ユリさんの行動は「僕達の大好きなヤブクロンを追いだすなんて酷い!先生は僕達が嫌いだから意地悪してるんじゃないの?」って感じにしか見えないんだろうね。
本当は子供達の事を一番に考えてるからこその行動なんだけど、肝心のそこが伝わってないんだよなぁ。

頑固にヤブクロンが大好きだという事をアピールする子供達。
臭い匂いを出しても「臭くない」と必死に耐えようとする姿が健気ですね。
この子達、本当にヤブクロンが大好きなんだ。
ヤブクロンを傷つけまいとする優しさに思わずキュンとさせられました。

そしてそんな優しいこの子達を育ててくれてるのは、間違いなくユリさん。
ユリさんのやってる事だって、元をただせば子供達の思っての事なんだし、ユリさんの優しさは間違いなく子供達に受け継がれ、伝わってるはず。
分かりあえないはずがないんだよね。


そんな中、例のサングラスをかけたメグロコが秘密基地の敷地内に登場!
あの終わり方が気になってたけど、本当に再登場してくれるとは!
確かコメントで教えて頂いた情報によると、この子はピカチュウとバトルしたくてついてきた・・・んだっけ?

ピカチュウを見るや否や、突然ストーンエッジで攻撃をしかけてきたメグロコ。

えええええ!?
ちょっ・・・いくらなんでも、それはいきなりすぎるんでないかいメグロコさん!?
突然バトル仕掛けられたってピカチュウも対応しかねるよ!(笑)
きっとこの子はちょっとせっかちな性格に違いない。
説明なんて面倒くせぇ!思い立ったら即行動!みたいな(笑)

子供達にまで被害が及ぶ事に怒ったヤブクロンが毒びしで反撃。
毒びしでメグロコが足止めされた隙をつき、ピカチュウがアイアンテール、ヤブクロンがヘドロ爆弾を打ち込み、そのままメグロコはお空の彼方へ。
・・・・・・あれ?
突然襲ってきてバトルで負けてお空の彼方へって、なんかデジャヴ・・・。
あれ?ロケットだ・・・あれれ?(笑)

いやはや、それにしても、予想以上にあっさりとした退場にはビックリした。
折角出てくるんだから、もっと何かあるのかと思ってたのに・・・ちょっと残念。
この子は一体今後どうなるんだろう?
無印のプリンみたいな感じになるのか、それともそのうちサトシにゲットされるのか・・・。
出来れば後者であると私が嬉しい。


一件落着して和んでる所に、今度は、痺れを切らしたユリさん達が登場。
ここでも、子供達の味方になった上で、両者に話し合いをさせようとするサトシがいいと思う!

サトシ「ユリ先生、少しは子供達の話も聞いてあげてよ」
ユリ「サトシくん、アナタは黙ってて!ここは私の幼稚園なの!」
サトシ「この子達の幼稚園でもあるだろ!」


サトシのこの一言はかなり的を得てると思う。
ユリさんが忘れていたのは、まさにそこだと思うんですよ。
最近はずっと敬語マスターだったサトシが、思わず敬語を忘れてまで伝えたかった事(笑)
ここはユリさんがいて、子供達がいて、初めて幼稚園と呼べる場所になる。
本来は協力して住みやすい場所にしていかなきゃいけないのに、これだけ聞いてると、ユリさんはまるで子供達はそっちのけにしちゃってる感じがあるよね。

でも、ユリさんがそう言うにはちゃんと理由があるわけで。

ユリ「私は、子供達を守らなきゃならないの!」

やっとユリさんの本音が聞けた!
そうなんだよね。
ユリさんは子供達をそっちのけにしてるんじゃなくて、ただ子供達を守ろうとしてただけなんだよね。
子供達を守る為には、子供達の意見ばかり通す訳にはいかない。
結果的に子供達を泣かせる事になっても、意見を押し通さなきゃ守れない時だってある。
だから今回も、子供達の事を考えてヤブクロンは飼えないと否定した。

なんていうか、裏を返せばただの優しさのぶつかり合いだよね、これ。
ヤブクロンに対する優しさと、子供達に対する優しさ。
どっちも同じ優しさなんだけど、向かう方向と種類が違うから対峙してしまった。
優しいって凄く良い事に思えるけど、『ただ優しいだけ』じゃダメなんだと思い知らされますね。


シキジカを出し、ヤブクロンの強制排除を図ろうとするユリさん。
それに対し、このバトルは自分がやると言い出すサトシ。
サトシってば、中立の立場にいたはずが、完全にヤブクロン戦隊に寝返りましたね(笑)
でもまぁ今の場合、まず冷静にならなきゃいけないのは大人である先生の方だもんなぁ。
ユリさんは子供達を守らなきゃって思いにとらわれ過ぎてて、周りが見えなくなってる節もあるしね。
サトシが本当にそこまで考えて行動してるかは分からないけど、何となく直感で分かってるのかな?

しかし、バトルの途中、シキジカの体当たりがスクラップの山に命中!
スクラップ全体のバランスが崩れ、辺りは崩壊寸前。
ユリさんがずっと心配してた事が現実になっちゃいましたね。
ユリさんが冷静になれなかった(焦ってた)原因の一つはこれじゃないかと思う。

バトルを中断して子供達を助けようとするも、頑として動こうとしないヒロタくん。
そんな中、ヒロタくん目掛けて倒れてくる大きな棚をユリさんが背中でキャッチ!
自分の身を呈して子供を守るユリさんが素敵!
咄嗟にこんな事出来ちゃうなんて、やっぱりユリさんは素晴らしい人ですね。良い先生だ。

ヤブクロンにもユリさんの思いが伝わったらしく、ヘドロ爆弾でスクラップを吹き飛ばし、危機脱出!
このヤブクロン、実はかなり強いんでないかい?
その行動に、ユリさんもついに心動かされた模様。
自分が子供達を守ろうとしたように、ヤブクロンもまた皆を守ろうとしてくれたんだもんね。


一段落した所で、お互いに謝るユリさんと子供達。
お互いに相手の気持ちを考えてなかったと気付けたみたいで本当に良かった!
私もよく自分の意見だけバンバン喋って相手の気持ちを考えてなかったなんて事があるので、これを機に相手の立場になって考える事の大切さをもう一度かみしめたいと思います。

和解した後、ユリさんが出した結論は、ヤブクロンを幼稚園で飼うというもの。
一番の問題だった強烈な匂いは、キクヨさん曰く、人と仲良くなれば臭い息は出さなくなるらしい。
やっぱりそのパターンだったか。
ベトベトンやクサイハナもそうだったし、きっとこの子もそうだと思ってました。

デント「キクヨさんその事知ってたんですか?」
キクヨ「わしゃそだて屋じゃぞ」
アイリス「だったら先に教えてあげれば良かったのに」
キクヨ「ポケモンも子供も、育て方は自分で見つけて行くものじゃ」


ナイスキクヨさん(笑)
キクヨさんは何となくユリさんの出す結論を見守ってる感じがしてたし、恐らく祖母として、同じ『育成』という仕事をしているものとして、ユリさんの力量を確かめようとしてたんでしょうね。
これを教えてくれたって事は、合格だったのかな?


その夜、子供達の代わりにスクラップを元の場所に戻すサトシ達。
ニュース沙汰になっちゃったからねぇ(笑)

どうでもいいけど、腕まくりしてるデントに何だかとってもキュンとした。

翌日。
御礼にとキクヨさんからポケモンのタマゴをゲットしたサトシ。
ほほう、これが噂のあの子のタマゴか。
もう何が生まれるかは知ってるけど(笑)、何が生まれるか凄く楽しみです!


次回はついにベルが登場!
リナリー@伊藤さんボイス!
リナリー@伊藤さんボイスがついにポケモンに!

早く見たい(*´▽`*)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/06/10 23:21】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<拍手返信 | ホーム | ひえひえ>>
コメント
>スモッド様
返信が遅れてすみません(><)

この回は本当に難しい問題を見事に描き切ってくれましたよね!
どちらの意見も正しいから、どっちの味方にもなれるし、どっちの味方にもなれない。
実際にも十分起こりうる事なだけに、本当に考えさせられるお話でした。

サトシ。
今回のサトシは本当に見事な対応でしたよね!
相手が子供だという事を忘れず、まずは相手の警戒を解き、キチンを話を聞く。
その上で先生にもキチンと話を聞いてもらえるよう説得を試みる。
分かっていてもなかなか出来る事ではありませんし、本当に素晴らしい対応だったと思います!
昔からポケモンや友達に対してはかなりの包容力を持った子ではありましたが、旅を重ねて、それが更に成長している気がします。
今回は必ずしも成功したとは言い難い結果(バトル途中でアクシデントがあった為)でしたが、これもまた良い経験になったはず。
BWでのこういう面での成長もまた楽しみですね(^^)

園児達。
この子達は仰る通り、まさにスーパー園児でしたよね!
あの秘密基地&トラップの完成度の高さは本当に見事としか言いようがありませんでした(笑)
私も、園児ならばあの段ボールの服が精いっぱいだと思います(笑)

しかし、やはり彼等のスーパーたる一番の所以は、ヤブクロンに対する愛情でしょう!
サトシが耐え切れなくなるくらいの臭い匂いを、「臭くない」と必死に耐えるあの姿には本当に心打たれました。
ポケモンが寂しそうだったから友達になっただけでなく、その子を守る為にここまで行動できるなんて、本当に素晴らしいです!
もちろん年齢が年齢だけに、周りの事情を考えてなかったのはダメではありましたが、その優しい心は決して間違いではありませんし、そんな優しい彼等なだけに、今後の成長が楽しみでもありますね(^^)
彼等の優しさを見てると、ユリ先生がいかに優しい、良い先生なのかが凄く分かる気がします。

そんなユリ先生は、本当にいい先生だという事はよく分かるのですが、それだけに今回こうして対立しちゃたのはちょっと残念でもありましたね。
とはいえ、彼女もまだまだ若いですから、未熟な点も多いはずですし、今回の事はとてもいい経験になったはず。
子供達にあんな優しい心を教えてる素晴らしい先生なだけに、こういう経験を重ねる事で、より素晴らしい先生になっていけるのではないかなと思います!
なにはともあれ、最後にはちゃんとお互いの優しさが通じ合えて本当に良かったですよね(^^)

キクヨさん。
この方は最初から何故あまり口出ししないのかと不思議に思ってたんですが、最後の最後に見事決めて下さいましたね!
仰る通り、ただ教えるだけではなく、時には見守るだけに徹し、自分で答えを見つけさせるというこのやり方は、何となくキクノさんを思い出しました。
ポケモン界のご年配の方は本当に素晴らしい方が多いですし、こういう方がいらっしゃるから、ああいう素敵な考えが出来る人が多い世界になるんでしょうね(^^)

話は変わって、追記について。

ひえひえマット。
私がこのマットを買ったのは雑貨屋さんだったので、雑貨を売っているようなお店ならば結構置いてあるのではなかと思いますよ(^^)
ちなみに、45×120cmの大きさで、5250円(税込)でした。
サイズの方は、上記サイズの半分くらいや、マクラくらいの小さいサイズのもありました。
なかなかひんやりと気持ちよく眠れますので、是非是非お勧めです(^^)

ピカチュウのウインク時のBGM。
なんと!ビレッジブリッジのアレンジだったんですね!
わわわ全然気づいてませんでした!
凄く素敵な曲でしたし、是非ゲームの方で確かめてみたいと思います(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/06/26 16:50】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです。
確かに今回は難しい問題でしたね、どちらも正しいだけに、もし自分があの現場にいたなら
若し現実に園児たちが連れてきた動物を飼いたいみたい鼻なしにたまたま居合わせたらどうするか?
なかなか答えが出ないですね。

サトシ
いきなり話題に移るのではない所やヤブクロンを想う気持ちを理解したり、先生に訴えるところなり
本当に魅力的なところばっかり、子供たちが重い気持ちをしっかりキャッチしそれを先生にぶつける
あの包容さは素晴らしいですね。

園児たち
確かにスーパー幼稚園児だった。秘密基地の作りっぷりが完璧すぎる。あの木の上までどうやって運んだ
のでしょうか?先生たちに頼らず自分立ちであそこまでやるとは
(自分なら園児が着てたあのダンボールの服が精いっぱいorz)
まして扇風機による追い出し作戦、確かに某映画を彷彿とさせる仕組みだった。

そんな園児が立てこもった、ヤブクロンが大好きだから、においさえも臭くないと言い切り
先生にも真っ向から対抗、ヤブクロンのことをそこまで思いやり自分たちの考えを貫き通せるのも
またすごいです。ただ年齢だけに何故先生が底まで否定するかは推測がつかず
ヒロタもかたくなに動きませんでしたが、先生の勇気ある行動が彼の心をも動かしましたね。


ユリ先生
子供たちを守りたいという一心でヤブクロンを育てるのを拒み続けた。ゴミが増え、においが充満したら
子供たちの健康を及ぼしかねない、だからこそ子供たちの願いと言えど健康と安全を守るために
ヤブクロンのことと子供たちとすれ違っていた。先生だからこそ、子供たちを預かる責任があるがこそ
そうしたい気持ちが全身に伝わってきて本当に難しい問題でしたが、仰る通り具体的に説明があると
子供たちも納得したかもしれませんね、なんとしてでも「守りたい」という気持ちだけが前面に
ですぎてしまたった子供たちが本当に大好きな純粋な気持ちまで行き届かなかった
身を挺して必死にヒロタ守る。先生の責任と思いやる気持ちがひしひしと伝わりましたね。

最後には和解できたのが良かった、仰る通りお互い相手の気持ちがようやく通じ合えた

キクヨさんは流石でしたね。一文字違いのキクノもあれこれ指示するのではなくじっと見守り
自分たちで答えを見つけさせる。その一方で
あの時の双眼鏡or観察力、今回のバトルの一旦中止などを言ったのも彼女たちです
こうした指導の切り替え辺りは流石はご年配、こんな方がいたら立派な人間に育ちそうですし
ユリさんもそうしてあそこまでに至ったのでしょうね。

次回
書いていただいたくらいのチラーミィ好きの僕と、ゲームでもなかなかいいキャラだったベルが同時に
出るということで僕も見た時相当テンションが高かったことを思い出しました。
お楽しみに


追記1
短いのでこちらに 自分もひえひえマットを検討中なのですが百貨店以外だとどんなところに
打っているのでしょうか?差支えなければ大凡の値段と共に教えて頂けると幸いです。

追記2
この回でピカチュウがウィンクした時のBGM覚えていますでしょうか?
このBGMとてもきれいで優しいBGMなのですが実はこれゲームのビレッジブリッジのアレンジで
ゲーム内でもその橋の右側から下に回って左のところから橋桁を上に行った行き止まりの
青髪の少年に話しかけると同じ音楽を聴くことが出来ます。機会があればお聴きください。
(↑こんな説明で分かるでしょうか? 笑)
ではでは
【2011/06/21 08:41】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>toshiki様
サトシの貰ったタマゴ、何が生まれるかはもう知ってるのですが、どんな風に孵るのか、どんな性格の子になるのか凄く楽しみです(^^)

メグロコ。
この子は是非是非サトシにゲットしてほしいですよね!
今回は悪役っぽくなってましたが、凄く良い子ですし、サトシと絶対気もあうと思うんですよ。
この子が今後どうなるか楽しみです(^^)

それにしても、メグロコのあの飛ばされ方は本当にロケット団を思い出させる演出でしたね~(笑)
一方、ロケット団の方は今回も見事なシリアスっぷり!
彼らが今後どのように物語が絡んでくるかも凄く気になる所ですね!

今後の放送。
おぉ!延期になってた話がついに放送されるんですね!
この回が放送されるのなら、ゾロアーク映画のあのシーンも普通に放送されるんじゃないでしょうか?
この話は大丈夫なのにゾロアーク映画のあのシーンはダメ、なんてやったら、それこそ矛盾してると文句が出るでしょうし(^^;)
今やってる映画なんかでも、結構洪水を思い出す様なシーンがあるものも普通に上映される事が多くなってきましたしね。

延期になったというロケット団VSプラズマ団のお話が放送されるのも楽しみですね!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/06/19 19:07】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
実は私も、謎のタマゴを受け取る際に貰ったチラシで、キクヨさんがサトシにタマゴを渡してるシーンのみ画像で見たんですが、てっきりおじさんかと思ってました(笑)
なかなかワイルドな服装でしたし、やっぱ勘違いしちゃいますよねぇ(^^;)

ヤブクロンの方は、言われてみれば確かにモンメンに見えない事もないかもしれませんね。
普通に止まってるんじゃなく、バーっと影が通り過ぎて行くだけですから、ちょっと分かりにくいものもありますしね。

メグロコ。
是非是非サトシにゲットしてほしいですよね!
今回はいきなり攻撃を仕掛けてきたりとちょっと悪役風になってましたが、本当は凄く優しい良い子ですし、あの個性的な感じもサトシにはぴったりのポケモンだと思います。
今後、この子がどうなるのかも凄く楽しみです!
DPのヒポポタスは結局ゲットせず仕舞いでしたが、BWではサトシが次々ポケモンをゲットすると言われてますし、期待したいところです(^^)

次回。
簡潔に書けない・・・という事は、もしかしてベルではなく、デント関係でしょうか?
私が冷静でなくなる=今ならデント関係が一番ありそうなので(笑)
最近はわざと簡潔にしているというより、強制的に簡潔にせざるを得ない状況なので、多分長くしたくても出来ないと思いますが、なにはともあれ楽しみです!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/06/19 17:06】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
サトシがポケモンのタマゴを貰いました。
あのグラサンメグロコが再登場。
あの子は是非サトシにゲットして欲しいです。
グラサンメグロコが空に吹き飛ばされて星になりましたが、何故かポケモンがロケット団ポジションになってますね。今作はロケット団がプラズマ団関連の事で忙しいからサトシ達にストーカー行為をしなくなりましたからね。ロケット団の今後の作戦が楽しみです。
あと、久々に公式サイト見て来たら来週は4月7日に放送予定だった『釣りソムリエ!デント登場!!』を放送するようです。映像見る限りだとなんでもベルがサトシを川に突き落としたりプルリルがサトシを海に引きずり込もうとするシーンがあったりヤナップが溺れかかるシーンがあるから放送延期になったとか。近いうち、釣りソムリエ回同様、放送延期となったロケット団VSプラズマ団(3月17日放送予定だった)も放送解禁になるかもしれませんね。また、ゾロアークのDVDを見たんですが、ゾロアークがスイクンに化けて津波を起こすシーンがありました。毎年恒例、映画の前に放送していますが、今年は津波のシーンはカットされそうですね。また、アメリカでは震災の1日前に日本で放送されていた『ヒウンシティ!フシデパニック!!』までの放送日が決まっているようです。アメリカは原発とは無関係ですし、ロケット団VSプラズマ団を先行放送しそうですし、順番通り(ロケプラ→ヒウンジム戦→釣りソムリエ回)に放送しそうですね。
【2011/06/18 19:34】 URL | toshiki #GAkJEmLM[ 編集]
これはキャンペーンと連動してた話なので
キクヨさんがサトシにタマゴを渡すシーンが前々から公開されていましたが
ポケスマでキクヨさんの声を初めて聞くまでキクヨさんをおじさんだと思ってました・・・

そういえばOPのヤブクロンのシルエットをモンメンだと勘違いしていました・・・

やっぱあのグラサン個体はゲットして欲しいですよね!
次の再登場話は色んな意味で衝撃を受けるはずです。

そういえばDPではサトシに懐いたヒポポタスがいて再登場もしましたが
結局ゲットはしませんでしたよね・・・

そういえば最近のアニポケ感想はなるべく簡潔にしているようですが
ベルの初登場回は簡潔にしようとしてもしきれないかもしれませんよ。
【2011/06/17 11:14】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1630-d415670d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。