おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
柚木ちゃんおめでとう小説
柚木ちゃんの投稿漫画が、某雑誌で新人賞4位を獲得されたとか!

柚木ちゃん、本当に本当におめでとうございます!!!(*´▽`*)
柚木ちゃんのオリジナル漫画の一ファンとして、私も凄く嬉しかったです!

※もし柚木ちゃん的に上記情報掲載が都合悪ければ、ご連絡頂ければこの部分はすぐ削除します。


で、そんな柚木ちゃんへのお祝いに、神アレ小説を書かせて頂きました!

リクエストは『切な甘』との事だったのですが・・・切な甘なのか何だか微妙な事に・・・。
あと、直球表現はないものの、最初から最後までほんのり裏展開です(笑)
もし読まれる方がいらっしゃいましたが何卒ご注意くださいm(_ _)m


【体温】


ボンヤリと薄暗い光の中。
ベッドに横たわりながら、僅かに意識がまどろむのを感じた。
先程からの行為で体が限界を訴えているのだろう。
現に、腰から下半身にかけての痛みと、全身の疲労感で、寝返りを打つ気力すらない。

さっさと寝てしまおう。
そうは思うが、無意識に動く度、下半身に走る鈍い痛みがそれを邪魔する。

無機質な天井から隣へと視線を移せば、その原因となる人物が横になっているのが映る。
長く伸ばした黒髪が、白いシーツの上に散りばめられている様は、何だか一枚の絵画の様に見えた。
彼の顔立ちが凄く整ったものだというのも、そう思わせる要因の一つだ。
起きている時はあんなにムッツリ警戒MAXな表情をしているのに、その寝顔は、どこか安心したような、油断しきったような表情をしている。
そのギャップに思わずドキリとしてしまったのも否めない事実ではあるが、同時に、自分だけぐっすり寝やがってという怒りが沸々と込み上げてきた。


確かにここしばらくは会えない日が続いていた。
それこそ数日ではなく、数週間単位で。

しかし、だからといって一体一晩に何回ヤれば気が済むのか。
愛しい人に会えなかった分を取り戻す為に・・・、とでも言えば聞こえはいいが、生憎彼がそんな甘い事を考えるタイプではない事はよく知っている。
恐らく、相手の事を気にせず、溜まった分を気が済むまで吐きだしただけだろうと結論付けた僕は、こっちの腰事情も考えず寝こける顔を憎々しげに睨みつけてやった。



しかし、不意にシーツから出ていた右手を握られ、途端、そちらへと意識を奪われる。
掴んだ相手はもちろん眠りこけている彼だ。
起きている時は絶対やらないだろう行動に驚きを隠せず、怒りが一気に消失していくのを感じた。

もう一度整った顔へと視線を戻せば、心なしか、少しばかり表情も柔らかくなった気がした。
一体何の夢を見ているのだろう。
誰が君の隣にいるんだろう。

君が手を握っている相手は僕?

それとも・・・・・・




「神田なんか僕の上で腹上死しちゃえばいいのに」




ポツリと呟いた言葉は、静まり返った部屋の中で、予想以上に大きく聞こえた。


もう寝よう。
痛みはまだあるけれど、先程よりは大分マシになってきている。
何より今は、右手にこの温もりがある。
今なら眠れる気がする。

そう思い、視線を天井へ向け、目を閉じる──────────と同時だった。


「いい度胸じゃねぇか」


右から聞こえてきたのは、聴き慣れた低い声。
しかも、あまり機嫌が良いとは言えない調子の。

そっと目を開き、声の方向に顔を向けると、寝ていたはずの彼がバッチリ目を開き、こちらを見ていた。


「・・・いつ起きたんですか」
「テメェが訳の分かんねぇセリフ吐く直前」
「・・・・・・」

なんとタイミングの悪い時に起きてくれたのか。
どうせ起きるなら、もう少し早く起きて声の一つでもかけてくれてれば良かったのに。
背筋に嫌な汗が走り、思わず視線を逸らす。


何か言われる前に謝ってしまおうか。
いやしかし、元を正せば悪いのはやりすぎた神田であって、僕ではない。

そんな事を悶々考えていると、ふと目の前に影が出来た。
つられて天井を見上げると、そこにあったのは天井・・・ではなく、綺麗に整ったあの顔。

「ちょっ・・・何やってんですか!」

慌てて両手で押しのけようと抵抗を試みる。
しかし、その手を神田はあっさりと捕えてしまった。

「はーなーせー!」

体全体を捩じる様に動かしながら相手を睨みつける。
本来ならばもう少し力を込めてやりたい所だが、いかんせん、こんな時でも例の痛みがそれを妨げる。


「死ぬほどヤられたいんだろ?ヤってやるよ」
「そんな事言ってない!勝手に脚色するなバ神田!」

体がダメならばと口頭で最後の抵抗を試みるも、神田は止まる気配を全く見せない。
ニヤリと意地の悪い笑みを浮かべ、覚悟しろとばかりにそのまま覆いかぶさってきた。





神田の吐息。

神田の匂い。

神田の感触。

全てが僕の脳を支配していく。
触れられる度、その箇所が熱を帯びていく。

神田の体温を感じる。

ただそれだけの事が、こんなにも嬉しいと思える。



あぁ僕は、一体どれだけ彼を愛しているというのだろう。


彼には、『あの人』がいるというのに・・・。




神田の首に両腕を回し、ギュウっとしがみつく様に抱きつく。
離れてしまわないように。
彼がどこかへ行ってしまわないように。

それに応える様、神田もまた僕の背に手を回し、自分の方へと引き寄せた。





神田に、このまま本気で死んでほしいと思ってる訳じゃない。

けれど、もしそうなれば、神田が永遠に自分のものになる気がしたんだ。




神田が僕に誰を重ねていようとも、


今、彼が肌で感じているのは、紛れも無く『僕』の体温なのだから。





― FIN ―


──────────


自分で書いておきながら、アレンさんがちょっと病んでる気がしてならない(笑)
こんなものでよろしければ受け取って下さると嬉しいですm(__)m


※柚木ちゃんのみお持ち帰り可能です。


スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/06/28 23:37】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<サイト更新 | ホーム | 多分主人公は結構キレやすい>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1650-d3f1a412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。