おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
レッドオオオオオオ!!!
お久しぶりなイケニエノヨルプレイ日記。

こうなる事は分かっちゃいたけど・・・レッド・・・orz


【イケニエノヨルプレイ日記7】


●ブルーの物語 2.血の行方
『霊体を目の当たりにし、伝承を信じはじめたブルー。ピンクの電話を受け、リビングへ戻るのだが・・・・・・』


いつの間にかブルーは無事リビングに辿りついていたようで、今回はリビングからスタートでした。
『リビングに戻るのだが』なんて書いてあるから、てっきり戻る所からスタートなのかと心配したじゃないか。
親切設定で良かった(笑)

ブルー「・・・血の跡?」
ピンク「うん、まだ新しいの。気がついたらレッドもいなくて・・・・・・」
ブルー「でも一緒にいたんじゃ・・・・・・。あの悲鳴の電話・・・・・・一体何が起こったの?」
ピンク「あたし・・・・・・何をしてたか・・・・・・覚えてないの・・・・・・。ねえ・・・・・・おねがい。血の跡が何なのか、確かめに行ってくれる?」


覚えてないって事は、ピンクは気絶してたのか、それとも霊に意識を乗っ取られてたのか・・・。
なんか怪しい気もするけど、ピンクがレッドに何かするとは思えないしなぁ・・・。

自由に動けるようになったので、とりあえずピンクに話しかけてみました。

ピンク「行ってくれるんだね。ブルーのそーゆーとこ、あたし好きだな」

あぁもうこの子はまたそんな事言ってブルーを惑わせるんだから。
なんという小悪魔ちゃんか。
ありがとう、大好きです(笑)

ちなみに、今回はニーハイを調べても「ブルー?何をじっと見てるの?」と冷たい反応で終わりでした。
流石にこの状況じゃ面白い会話はなかったか(笑)


気を取り直して、血の跡を追う為、肝試しとは逆側の扉をオープン。

・・・したら、いきなり外に繋がっててスゲェビックリした。
リビングから出たらいきなり外に繋がってるって、どんな作りになってんだこの家。
しかも、なんか女性のすすり泣きみたいな声聞こえるし・・・。
レッドも血の跡を追うのも諦めて今すぐここから逃げ出したい。

★血の跡を追え

血の続いてる先にまたすぐ扉があるけど、左右にも行けたので、まずは右側へ。
すると、イエローからメールが届きました。

▼(イエロー) タイトル:みんな元気?
私も電車に乗ったよ
もうすぐそっちに着けると思う
ブルーと一緒に夜を過ごせるのが なんだかとっても楽しみなんだ


そういやイエローはまだ合流してないんでしたね。
ブルーと一緒に夜を過ごせるのが楽しみだなんて、なんて可愛い事言ってくれるんだ。
そりゃブルーも惚れるわ(笑)

・・・と思いながらメモってたら、もう一通イエローからメールが届き、思わず絶叫。

▼(イエロー) タイトル:あ!
さっきのメール 変な意味じゃないから!
ほら 私 実家暮らしだし みんなと夜中までなかなか遊べないし…
勘違いしないでね・・・


メール打つの早いなイエロー!
あまりの早さと送ってくるタイミングの悪さに、こっちは本気でビビらせて頂きました(笑)

ところで、これはツンデレ・・・ですかね?
勘違いしないでって・・・何これ可愛い(*´▽`*)
しかし、今はそんな事言ってる場合じゃない。
まだ到着してないって事は、イエローはまだ助かるんじゃないの?
「こっちへ来ちゃダメだ。今すぐ引き返すんだ」って連絡入れてあげればいいのに。


先に進もうとすると、どこからともなく男性の叫び声が聞こえ、こちらもつられて絶叫。
何?今の声。レッド?ブラック?それともイケニエ?

その先の曲がり角曲がると、奥に少女が立ってるのを発見。
・・・あれ?こっちが当たりなの?
左にも行ってみる為、一旦戻ると、置きっ放しになってたオモチャの車が動いてビックリ!
ホラーゲームに出てくる小物は自由すぎて困る。

左に行ってみると、奥に見えてる地下へ行ける階段みたいな所にイケニエ♂の姿が!
でも、結構距離あるので大丈夫だと思って近づくと、いきなり消滅。

あれ?・・・・・・と思った直後、なんと、イケニエ♂が目の前に出現。

ビビリすぎて操作を誤り、あえなくゲームオーバーになりました・・・orz

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』


チャレンジ2回目。
もう一回左へ行けないか行ってみたけど、やっぱりイケニエ♂に気付かれ、追われる羽目に。
今度は何とか上手く逃げつつ、素直に正面の扉に入ろうとしたけど、扉は閉ざされており、入れませんでした。
やっぱりあっちの少女がいるルートが正解だったのか。
その後、イエローのメールが届いた辺りで、イケニエが消滅。
良かった・・・助かった・・・。

少女のいた先に進んでみると、こちらにも裏口らしき扉がありました。
中に入ってみると、なんとそこには所狭しとお札がびっしり!
あああしかもハリーが蛇語を話してる時みたいな変な声まで聞こえるし・・・。

怖いから一回出ようと振り返ると、扉に何やら1枚、他とは違う雰囲気のお札が貼られていました。
調べれたので調べると、勝手に剥がしちゃったブルー。
何?このお札、どっかで必要になるの?・・・と、思っていると、ここで少女からメールが。

▼(少女) タイトル:
イケニエ フウジノ オフダ
ゼンブデ サンマイ
ゼッタイニ ハガサナイデ


おっっせぇよ!もう剥がしたよ!
ブルーが躊躇なく剥がしやがったよ!!
あぁもう・・・ホント、何やってくれたんだよブルー・・・orz
オマケに、床下にイケニエが見える・・・何この罠・・・。

奥の扉へダッシュするも、扉は開かず。
そんな予感はしてたさ・・・。
これはつまり、忠告無視してお札三枚剥がせって事かな?

他にはどうしようもないので、早速右の壁上部にある二枚目をぺりっ。
探しまくって探しまくって探しまくった挙句、ようやく台の上あたりの天井にある三枚目を発見し、ぺりっ。
よし、これで3枚剥がし終・・・っっっふ!!!

ホントいきなり出てくるなあの少女・・・。
これで扉が開きますよと教えてくれようとしたんだろうけど、いちいちビビるわ・・・。
てか、どっかに案内するつもりならあんな紛らわしいメール送って来ないでください。
剥がしちゃいけないもの剥がしたかと思ったよ。


気を取り直して。
開いた扉の先は、なんと、ソノゴ1で訪れたあの玄関に繋がっていました!
あの場所はこう繋がってたのか!

二階の扉は、血の跡を追わないと・・・と言ってブルーが進んでくれないので、1階に戻って先へ進みます。
廊下の血の跡を追って行くと、曲がり角辺りで、電話の音が聞こえてきました。
そういやこの先のちょっと広いスペースに置いてあったっけ。

広いスペースに辿りつくと、また右側の壁に手が生えてるのを発見。
やっぱりいた!
こう何度も目撃すると、この場所に手が生えてないと今度から心配になっちゃうじゃないか(笑)

手が消えたのを確認後、さっきから鳴りっぱなしの電話へ近づい・・・・ふぉう!?!?
ちょっ!ちょっ!ちょっ!なんかリモコンから声したぞ!?
電話に触ってもいないのにリモコンから声出るだなんて、一体誰が予想してただろうか・・・。
てか、今何喋ってた・・・?
「俺はお前みてぇ」とかって聞こえた気がしたんだけど、全く意味が分からん。


とりあえず、血の跡を追って扉の先へ。
ソノゴ1で見たとおり、血は例のトイレに続いていました。
トイレの中に入ってみると、今回もやはり血は天井の穴からポタポタ。

ブルー「これは・・・・・・ 一体・・・・・・」

天井裏(穴)を覗いたらレッドがいるんじゃないかと思ったけど、どうやら穴は覗けない様子。
結局この血ってなんなんだろう?
レッドもいないし、もう少し先に進めば分かるのかな?

トイレから出ると、ここでまたもやブラックからメールが届きました。

▼(ブラック) タイトル:生贄の霊について
おまえも幽霊を見たか?
霊は何らかの手段で封じられているらしく まだ数は少ない・・・
だが油断するな
いつ封印が解かれるかわからないからな


何らかの手段で封印・・・?
ごめん、さっき解いちゃったかも(笑)
いや、だってあの部屋から出るにはそうするしかなかったんだもん・・・。
あれは絶対不可抗力だった。


トイレ奥の書庫を進んでいくと、 壊れた壁の向こうにイケニエ♂の姿を発見。
更に、左側から「ふふふ・・・」という女の子らしき笑い声が・・・。
そういう声出すの本当に止めてくれ・・・凄い怖い・・・。

ソノゴと同じ場所(左の壊れた壁の向こう)に少女がいたので近寄ると、またもやタンスがドーン。
ええい、またそのパターンか!
まさか2回目があると思ってなくてスゲェ叫んだわ!

あと、あの女の子の笑い声はどうやら壁近くに置いてある人形の声だったらしい。
いつものようにこっちをガン見しながらうふふあははと笑ってらっしゃいました。

壊れた壁から廊下に出ると、廊下の一番奥に、天井からぶら下がってるイケニエ♂を発見。
また落ちてくるぞあれ・・・と思いながら近寄ったら、案の定落ちてきやがりました。
ふっふっふ、お前が落ちてくるのはもう予想済みだ。もうビビらねぇ。
それより、何で毎回頭だけ天井にめり込ませてんのこの人?
ぶら下がり健康法か何かですか?(笑)

奥の壁に何かかけてあるので調べてみると、どこかのカギをゲット。

ブルー「カギ?どこのだろう 勝手にとっちゃっていいのかな・・・・・・」

いいよ。後から絶対必要になるに決まってるんだから。
さて、風呂場の方に行ってみますか!

・・・と思いながら振り返ったら、なんと背後にイケニエ♂。

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

なんでやねん・・・orz


チャレンジ3回目。
さっきはカギ取った後、メモ取ったり何だりともたもたしてたので、今度はカギ取ったらすぐ、ダッシュで逃げればいいんじゃないかと思ったんだけど、残念ながらそういう事じゃなかったらしい。
カギ取ってすぐ振り返ったけど、その時はすでにイケニエ♂が通路を塞いでらっしゃいました。

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』


チャレンジ4回目。
今度はぶら下がったイケニエ♂を無視して、お風呂場方面へ行ってみる事に。

ブルー「ダメだ。カギがかかってる。血の跡はこっちに続いてるのに・・・・・・」

ほらー!やっぱカギ必要なんじゃん!
・・・ハッ!そうか!先にカギが必要だと認識しとかなきゃダメだったのか!
面倒なシステムだなぁもう。

とりあえずカギ取りに行・・・・・・なんっでじゃああああああ!!!

振り向いたらイケニエ♂が立ってたんだけど、どゆこと!?
お前さっき天井からぶら下がってたじゃん!
ワザワザ追いかけてくんなよ!

でもさっきと違い、今回はすぐ消えてくれました。
カギの所へ戻ってみると、さっきのぶら下がってたイケニエ♂はいなくなってたので、安心してカギをゲット!

ブルー「このカギはもしかして・・・・・・。でも一体誰が何のためにカギを・・・・・・」

そりゃもちろん、プレイヤーを困らせる為、怖がらせる為でしょうよ(笑)


カギを開き、脱衣所へ。
中は相変わらず血塗れでとっても恐ろしい・・・。
ブルー達がきた時は、壊れたり散らかってたりはしてたけど、血はなかったんだろうか?

風呂場に入ると、笑い声とも泣き声ともとれる女性の声が・・・。
またかよ・・・怖すぎて中に進めない・・・。
オマケに、このタイミングで衝撃の事実が発覚。

後ろ振り返ったら、妹寝てやがった。

なんか静かだと思ったよ!
怖がる姉を見捨てて寝るとは何という冷たい妹・・・。
なんだってんだよー・・・orz

でも、ここまで来て止めるのも悔しいので、この章だけでも終わらせるべく、そのまま続行。

恐る恐る中へ足を踏み入れ、一番奥の風呂桶へ。
血がそっちに続いてるって事は、もしかして風呂桶内にレッドが倒れてるんじゃ・・・。
怖さのピークを感じ、妹を起こそうとするも、全く起きる気配はなし。

仕方ないので、勇気を出して風呂桶内を覗くと、中に携帯が一つ落ちていました。
多分レッドのだよなと思いつつ、早速チェック。

ブルー「これは・・・・・・一体誰の・・・・・・」

なんだ、ここにもレッドはいないのか・・・と思った瞬間。

上から降ってきたレッド。


『血の行方』 END


・・・心臓が止まったかと思った・・・orz
最後のレッドで、間違いなく今回最大の絶叫をかましました。
瑠璃様の仰ってた絶叫注意とはこの事だったんですね・・・。

レッドはホント、一体誰に殺され、ここまで運ばれたんだろう・・・。
一番ありそうなのが、イケニエ達(霊と呼ばれるモノたち)に殺された。
記憶のないって言ってるピンクも怪しいは怪しいんだけど、気絶してたって線も考えられるし・・・。

ちなみに妹は、ピンクが気絶してる間に、ブラックかイエローがやったんじゃないかと予想。
イエローはまだ到着してないと突っ込んだら、「あのメールこそが、そう思わせる為の罠」だと言われた。
そんなサスペンスになってたまるかい(笑)


とりあえず、これでブルーの物語3が解禁されました!
このままブルーの物語を進めていきたいと思います。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/08/19 23:50】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<夢って本当に自分の妄想を映し出してくれるぜ | ホーム | 御在所>>
コメント
>菜々様
初めまして!
訪問&コメント、ありがとうございます(^^)

電話の声、そんな恐ろしい事言ってたんですか!?( ̄□ ̄;)
あわわ・・・しっかり聞こえなくてよかったです(笑)

ずっと見ている・・・あの声の主は、ずっとブルーの行動を見張ってたって事ですよね。
メールで頻繁に「邪魔するな」と送ってきてたレッドという線が一番強い気がしますが・・・ううむ、一体あの声は誰だったのか。
気になる所ですが、最後まで進めても明かされないままでしたし、この辺りは解釈をプレイヤーにゆだねてるんでしょうね。

それにしても、その『誰か』は一体どこでブルーを見張っていたのでしょう?
イケニエ・・・霊になって、ずっとブルーを追ってきてたんでしょうか?
考えるだけでゾクッとしちゃいますね・・・。

では、コメントありがとうございました☆
【2013/01/25 01:05】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
電話の声は「俺はお前を見ている」なんですよ。
ブルーはずっと何かに見られていたんでしょうか……?
【2013/01/15 19:41】 URL | 菜々 #pMIPecFk[ 編集]
>瑠璃様
剥がさないと部屋から出れない=剥がすしかないけど、その代わりにイケニエの封印解放。
どっちを選んでもブルーにとって最悪の事態になるという・・・。
何という巧妙な罠でしょう(笑)
あそこへ案内したのはあの少女ですが、これも彼女の計算のうちなんでしょうか・・・?
ブルーにとって味方の様な気もしますが、いまいちハッキリしない部分もあるので、彼女の目的が何なのか計りかねますね。
お姉ちゃんを助ける事とこれが一体どう繋がっていくのか、凄く気になる所です!

鍵のイベント。
こちらも本当に見事な罠でした(笑)
まさか扉を調べる前に鍵ゲットしちゃったらダメだったなんて(^^;)
時には散策せずにさっさと先に進んじゃう事も必要なんだと思い知らされました。
・・・と言いつつ、何か取り逃しあったら嫌なので、今後も調べちゃうでしょうけど(笑)

レッドを殺した犯人。
なんと!イケニエに殺されたんじゃないんですか!?( ̄□ ̄;)
次のステージ進めて、もしかしてそうじゃないかとは思ってましたが、まさか本当にそうだったとは・・・。
という事は、現時点で怪しいのは、ブルーを覗く、ブラック、ピンク、イエローの3人・・・。
イエローはまだ到着してないので恐らく違うでしょうから、ブラックかピンクって事ですよね。
うむむ・・・現時点ではどちらにも怪しい点があるので、何とも言えませんね・・・。

・・・ハッ!勝手に生きてる人だと思ってるけど、実は霊ではあるけど『イケニエ』ではないあの『少女』、もしくは、いまだに謎の多い『お姉ちゃん』のどちらかが犯人という事もありうるんじゃ・・・!( ̄□ ̄;)
あああ一体誰がやったのか物凄く気になってきました!
とりあえず頑張ってまた進めていきたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/09/16 17:06】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
「絶対に剥がさないで」と言われたにも関わらずイケニエ封じのお札を剥がしてしまっブルー。仕方が無かったとはいえこれが原因で後の状況が更に悪化してしまったのは間違いないですね。
鍵のイベントはやっぱり初見じゃ分からないですよね~。特に米神さんのような「怖くてもステージの隅々まで探索する派」の方はこの罠に引っ掛かりやすいと思います。
レッドを殺した犯人…ネタバレになってしまうんで詳しくは言えませんけどレッドは、実はイケニエに殺されてません。…では誰に殺されたかと言うと…まあそれは後々ww
【2011/09/10 16:33】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
>臨在様
ラストのレッドは本当にビックリですよね!
中にあるのは携帯のみ・・・と思わせておいて、帰ろうとした途端、いきなり上からドーン!
まさに孔明の罠とも言えるほどの巧妙な罠!
私も間違いなく今回一番の大絶叫かましました(T▽T)

私もお風呂入ってから進めてたので、後から風呂いく事にならずに本当に良かったと思いました(笑)
これを見た後に風呂入る勇気はなかなか出ないですよね(^^;)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/09/08 23:28】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ラストのレッドでびくっΣ(@_@。ってなりました…お風呂入ってから見てよかったです…
【2011/09/07 02:39】 URL | 臨在 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1701-aab4cbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。