おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第207夜 歩みだすもの
例えるならば、ナギサの岬でもうバイバイだと思ってたのに、最終回でまさかまさかのオーバ登場。

・・・くらいの衝撃を受けたので、先にSQ10月号のDグレ感想を書きたいと思います。
オーバの時は腹筋が崩壊したけど、今回は涙腺が崩壊した。


今のうちに書いておく。
多分、冷静な感想書けてない(笑)


【第207夜 歩みだすもの】


●あらすじ

一旦アジトへ戻ったティキは、シェリル達に今までの事を説明していた。
アポクリフォスの強さ。
どうにか足止めしてアレンは逃がせた事。
そして、ロードがアポクリフォスの攻撃を受け、消えてしまった事。

シェリル「アレン・ウォーカーを庇って ロードが消えただと・・・?」

シェリルの顔色が見る間に変わっていく。
ティキが、ブックマンから何か聞き出せたのか尋ねるも、シェリルの意識は逸れたまま。
代わりに、フィードラが答えた。

シェリル「それが貝みたいに口閉じちゃってるんだぶ~~~」
ティキ「おいおい 眼帯くん死にそうだぞ」

当のブックマンは、ティキの話を聞き、険しい表情を浮かべていた。
苦しそうなラビを心配しつつも、ブックマンは確信する。

ブックマン(ついに動きだした 我らが記すべき歴史)

同時に、押し黙ってしまっていたシェリルが突然叫び出した。

シェリル「なんでアレン・ウォーカーを庇って消える ボクのロード ボクのロード ボクのロード ボクのロード 消えた・・・? ロードが ボクの・・・ッッ」

理性を失いかけているシェリルを諭すようにティキが声をかける。
ロードが死んだのであれば、自分達のノアメモリーが何かを感じとるはず。
それが無いという事は、ロードの「夢」が一時的に壊れただけだろう、と。

それを聞いたシェリルは、今度は落ち着いた口調で、しかし先程以上に険しい視線でブックマンへ質問する。

シェリル「ブックマン 14番目とロードはどういう関係だったんだ?」

何も答えないブックマンを睨みつけながら、シェリルはもう一度同じ質問を繰り返す。
これはヤバいと踏んだティキは、一旦話題を変えるべく、フィードラに話を投げかける。
チャオジーの中に仕込んだ寄生蟲についてだ。
チャオジーをすぐに殺すのではなく、そのまま寄生蟲を残しておき、教団内からアポクリフォスを見張る。

そこまで話した直後だった。
シェリルがノアの力を使い、ラビを椅子ごと壁へと吹き飛ばす。
壁に激突させた後もその力を緩めることなくラビを苦しめていくシェリル。

シェリル「吐け ブックマン」

ラビを人質に取り、ブックマンに更なる脅しをかけた。


それから三ヶ月後。
とある墓地の前で佇むルベリエに、部下が声をかける。

部下「ルベリエ長官 アジア支部長が謁見されたいそうですが」
ルベリエ「こちらから伺うと伝えてくれ」

彼の前にある墓には、『HOWARD LINK』と書かれていた。


所変わって、黒の教団本部では、怪我をしたエクソシスト達が治療を受けている最中だった。
そこへもう一組、クラウド元帥とティモシーが帰還する。
任務先で熱を出した、とクラウド元帥がティモシーをエミリアに預けた。
そしてすぐ、「5時間後に私と出発だ」とミランダへ声をかける。

その隣では、ロブもクロウリーに次の任務の話をしている。
「一時間後に出発するぞ」というクロウリーの呼びかけに、元気よく答えるチャオジー。
だが、チャオジーを診ていた医者は、今帰って来たばかりではないかとそれを引きとめる。
そんな医者の前で、チャオジーは大丈夫だと言わんばかりに、自分のイノセンス・・・『洗礼ノ腕輪(アームオブバプテスマ)』を発動して見せた。

チャオジー「任務してないと気が滅入りそうなんですよ」

自分がふがいないばかりにラビとブックマンが攫われた。
神田もいない今、エクソシストの数は少なく、自分だけが休んでいる訳にはいかない。
そう力強く宣言するチャオジーだったが、その体内では、いまだ消えずに寄生蟲が教団内を見つめていた。

そんなチャオジーを、ひいては皆を励ます様に、クロウリーが声をかける。

クロウリー「ブックマンとラビはきっと生きている きっと大丈夫だ それに・・・・・・・・・」

クロウリーの脳内に浮かんだのは、楽しかった頃の記憶。
笑いながら過ごした、ラビやジョニー・・・そして、アレンとの日々。

その雰囲気を敏感に感じ取ったチャオジーは、眉間にしわを寄せる。
またアレン・ウォーカーの話題なのか、と。
アレンは監査官を殺し、ノアと逃げた。
それが、チャオジーの知っている『事実』なのだ。

チャオジー「オレは次にウォーカーと会ったら戦いますよ!!」


その頃、科学班では、ジョニーが机でぐっすりと眠りこけていた。
ジジは「またここに泊まったのか」と呆れながら、ジョニーに声をかける。

ジジ「どーせ頼んでる分析 まだかかるんだろが いったんベッドで寝てこい また倒れんぞ」

しかし、ジジの思惑は外れ、しっかり分析を終わらせていたジョニー。
分析結果、実験報告書やその他もろもろのものをジジに渡すと、大きな欠伸をしながら部屋へ戻って行った。

ジジ「おやぁ?」

ジョニーに違和感を感じたジジは、リーバー、キャッシュと共にジョニーの後を付ける事にした。
班長会議寸前で引っ張って来られ、怒り心頭なリーバーに、ジジが説明をする。
今までよく倒れていたはずの、科学班イチ体力がないジョニーが、この三ヶ月、一度も倒れていない。
更に、今までは運動なんてあまりしなかったはずなのに、現在進行形で運動をしている。
これには流石にリーバーも違和感を感じ、真剣にジョニーを見つめ出した。

ジョニーが宿舎へ戻った後も、更に追跡する3人。
するとジョニーは、風呂ではなく、保管庫へと入って行った。
彼が手にしたものは、アレンの遺留品が入った箱。

リーバー「何をしているジョニー アレンの遺留品が持ち出し禁止なのは知ってるよな? 棚に戻せ」

その声に、ジョニーは箱を起き、ゆっくりと振り向いた。
そして・・・

ジョニー「リーバー班長 オレ科学班辞めます」

実家の祖母が足を悪くして、家業を継がなければいけない。
持っていた仕事は全部処理して引き継ぎも済ませた。
一気に捲し立てるジョニーを、ジジが「何いってんだよ」と大声で止める。

リーバー「・・・・・・おまえ ・・・・・・・・・・・・アレンの所に いくつもりか・・・・・・・・・・・・?」

その質問には答えず、ジョニーは涙を浮かべ、リーバー達へ頭を下げた。


一方、任務でフランスのプロヴァンスに来ていたマリとリナリー。
ゲートが開くまでの間、公園にあるベンチでジジから聞いたジョニーの件について話し合っていた。

ジョニーは家業を理由に辞めるの一点張りだが、恐らく真の目的は、アレンの所へ行く事。
しかし、科学班は教団の機密情報や知識を多く持っている為、退団には厳しい制限が付く。
万が一破ってしまえば、それこそ一生監獄に入れられてしまうくらいの。
リーバーはそれを心配して、今も承諾していないらしい。

その話を聞いたリナリーは、ポツリ、呟いた。

リナリー「仲間ってなんなのかな・・・」

リナリーの脳裏に浮かぶのは、アレンが去って行ったあの日の事。
アレンを信じていたはずなのに、あの時自分は、去ろうとする彼に何も言えなかった。
自分には、アレンを助ける覚悟が出来ていなかった。
「仲間だ」と言っておいて、自分はアレンより教団を選んでしまった。

悔しそうに表情を歪めるリナリーの頭を、マリが優しく撫でてやる。

マリ「それは悪い事じゃない おまえにはコムイや長年共に過ごしてきた教団の皆との絆があるんだから」

自分だって同じだ、とマリは続ける。
皆との絆があるからこそ、今ここにいる。
でも、アレンとの絆がなくなってしまったわけではない。

マリ「どんなに離れていても我々は繋がっている」

力強く言い切ったマリの言葉を受け、リナリーは少しの涙と笑みを浮かべた。


そろそろ時間だ、と2人がベンチから立ち上がる。
その近くでは、サッカーをして遊んでいる子供達が、ボールを遠くに飛ばし過ぎてしまったようだ。
向こうから歩いてきた青年の足元に、ボールが転がって行く。
「投げてぇ~ ボールゥー」と、青年に声をかける子供達。
青年はボールを掴み、子供たちへと近づいていく。

不意にリナリーが振り返ると、その青年は、ボールを子供達に手渡し、一直線にこちらへ歩み寄ってきた。
リナリーが言葉を失い、立ち止まる。
それに気付いたマリも、振り返り・・・懐かしい心音を、聞いた。

マリ「ばかやろう・・・・・・ どうして戻ってきた・・・? おまえは・・・・・・ もう・・・・・・・・・・・・ 自由に・・・ なってよかったんだぞ・・・・・・・・・っ」

涙を浮かべるマリとリナリー。
その視線の先には、かつての仲間・神田ユウが立っていた。

神田「「おかえり」じゃねーのかよ?」



──────────


神田、おかえりなさい!!!

まさかこんなに早く神田が再登場するなんて思ってなかったよ!
もういっそ数年単位で出てこないんじゃないかと覚悟してたのに!
↑この、『しばらく会えないだろう』と覚悟してたら、案外早く登場しちゃった感が、なんだか最終回オーバん時の衝撃を思い出しちゃったんだけど、今回はあの時以上の衝撃でした。

確かに人気投票1位だったけどさ、だからってもう登場するとは思わないじゃない。
神田がログアウトしてから何話目よ?
アレンが思い浮かべて・・・などの登場抜かしたら、第200夜以降出てないから、7夜目にして早くも登場?
サービス良すぎるよ星野先生。
一応10カ月は経ってるんだけど、その間にも、神田の話題が出たり、回想なんかで1コマだけ登場してたりもしたから、何だかそんなに久しぶり感がないんだよね。
ホント、嬉しすぎて涙出た。

なんか普通に優しそうな顔してるしさ。
真っ先に出会ったのがマリさん&リナリーってのも最高すぎるしさ。
相変わらずイケメンだしさ。
どこで調達したのか、ちょっとボロボロになってるけど、カッコいい服着てるしさ。
あぁもう!とにかく本当に良かった!!!それしか言えない!

髪の色もちゃんと元に戻ってて本当に良かったよおおおおお!!!
あの髪、本気で戻らないんじゃないかとこっそりずっと心配してたんだから!(笑)
浅紫色の髪した神田も大好きなんだけど、やっぱり神田といえば黒髪ってイメージだったもので。

何て言うか・・・今回結構いろいろ思う事や衝撃があったはずなのに、最後に出てきた衝撃がデカすぎて、それ以外の衝撃が一気に全部吹き飛んだ気がします。
ラビとブックマンがどうなってるかも出てきて嬉しかったはずなのにさ・・・。
フィードラさんへの見方もちょっと変わったりしたはずなのにさ。
チャオジーやジョニーについても色々語ろうと思ってたのにさ!
ホント、なんなんこの神田ビッグバン・・・。
神田ファンにとって、神田の登場ってこんなに多大な影響を及ぼすものだったのかと再認識させられたよ・・・。

さっきから神田についてしか語ってない・・・もとい、語れない自分にもビックリだよ・・・。
久しぶりの登場でどんだけ人を惑わすつもりだよあの男・・・。
ホント、この1話に衝撃凝縮しすぎじゃないですか?
神田なんて特に、登場しただけでお茶の間を吹っ飛ばせるというのに・・・。
ホントムカツク・・・マジカッコイイ・・・この展開に心から感謝申し上げます(笑)

さて、長くなってきたし、そろそろ神田以外の感想を書かねば・・・!
このままじゃ本気で神田についてだけ語って終わっちゃいそう(笑)


本編!
ティッキー、無事アポさんから逃れ、戻ってこられたんですね!
結構ボロボロになってるけど、手のアレ以外、大きな傷はないみたいで良かった!
『アレンを逃がす為に』こんなボロボロになったのかと思うと、本当に萌える(*´▽`*)

ロードちゃんの方も、ノアメモリーが破壊されたとかではなさそうで、とりあえず一安心・・・かな?
しかし、一時的に『夢』が壊れた・・・・・・ううむ、大丈夫なんだろうか・・・。
てか、ロードちゃんの本体ってどこにあるんだろう?
そもそも、この現実世界と呼べる場所にあるのかどうか・・・。
ティッキー達は口ぶりからして本体の場所は知らなさそうだよね。
もしくは、会いに行けないって分かってるか・・・。
じゃなきゃ、真っ先に無事を確認しにいってるだろうし。

その話を聞き、今までになくブチ切れたシェリルさん。
・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・すみません、やっぱロリコンだったのかとか思っちゃいました(笑)
いや、だって娘が危険な目に遭って怒るっていうよりなんか・・・・・・だったんだもの・・・。

前から気になってたんだけど、『ボクのロード』ってどういう事だろう?
なんか、シェリルさんはロードちゃんを気にしすぎだと思うんだよね。
ノアメモリーに何か秘密でもあるんだろうか・・・?
何もないなら、本当にただの変た・・・ゲフンゲフン(笑)


それはさておき、今回はノア側で気になった人・・・いえ、むしろ一番気になった人がもう一人。

フィードラ「それが貝みたいに口閉じちゃってるんだぶ~~~」
フィードラ「うん、殺っちゃうぶ?」
フィードラ「どして?」


喋り方、可っっ愛いなおい!(笑)

語尾の『ぶ』ってなんなんだよ!可愛すぎるだろお前!
あんな気持ち悪い能力で読者をドン引きさせたくせに、まさかまさかの可愛さだよ!
スゲェキュンとしちゃったこの気持ちをどうしてくれんの!?
何コイツ!凄い勢いで愛でたくなってしまった!

とりあえず、フィードラのあだ名は『ブー太郎』でいいですか?
・・・ちび○子ちゃん知ってる人なら分かってくれるよね?(笑)


んで、そんなノア達に現在進行形で捕獲され中のラビ&ブックマン。
久しぶりに様子が分かって嬉しい!・・・んだけど、何という喜べない状況・・・。
ブックマンは話させる為に乱暴な事はされてないみたいだけど、ラビが・・・。
死にそうって、どんだけギリギリなんですか!
しかも、その状況でシェリルさんに壁にめり込まされるしさ。
もう止めて!ラビのHPは限界よ!

それにしても、ラビがここまで追い込まれてるのに、ブックマンは今までずっと口を割らなかったって・・・。
それがブックマンの使命感からなのか、それだけ話せない重要な内容なのか・・・。
キャラグレでサラッとブックマン死亡宣言が載ってただけに、凄く気になる。
この話の内容こそが、ブックマンの生死を決めちゃうんじゃないかという気がして・・・。

あと、ブックマンはアポさんの事を知ってたみたいですね。
ブックマンが記すべき歴史・・・ついに動き出したって事は、ある程度どうなるかも予想してたのかな?
ノア達じゃないけど、本当にブックマンの知ってる秘密ってのが凄く気になる!
ラビもかなり限界だし、シェリルさんもブチ切れてるし、ブックマンはこの後どうしたんだろう?
またそのうち出てくるだろうけど、凄く気になります。
何より、3ヶ月後にまだ戻ってないってのが一番気になる!
もしブックマンが全て話しちゃったとして、その後どうなったかだよね。
ラビが生きてるのは確定として、ブックマンは・・・。
2人共生きてるにしても、教団に戻る意思はあるのか・・・。
そのままノア側についちゃった、なんて事も考えられたり・・・?
あああ彼等のその後も早く読みたい!


しかし、三ヶ月後とはまた飛びましたねー。
もう少しアレンとマザー達の話だったり、ラビ達のその後だったりが描かれるのかなと思ってたんだけどなぁ。

ルベリエさんは形だけのお墓参りですか。
建前上、リンクは死んだ事になってるんだし、ルベリエさんがお墓参りに行かないってのもおかしいもんねぇ。
リンクはズゥ爺ちゃんに治してもらった後、どこに保護して貰ってるんだろう?
リンクの方もどうなってるのか気になるなぁ。

気になると言えば、『アジア支部長の謁見希望』ってのも気になる。
ズゥ爺ちゃんが絡んでるって事は、バクちゃんはリンクについて何か聞かされてるんだろうか?
灯台もと暗しって事で、実はアジア支部で保護されてる可能性もあるんじゃないかな、なんて思うんだけど。


所変わって、教団本部。
エクソシストの数が減った事で、残ったエクソシスト達は更に忙しくなっちゃったみたいですね;;
元々エクソシスト不足って言われてたから、そんな気はしてたけども。
しかし、怪我の手当を受けてるって事は、皆まだ帰ってきたばっかだろうに、5時間後に出発とか、1時間後に出発とか、ちょっくらハードすぎやしませんか?
医者が思わず止めようとする気持ちも凄くよく分かる。

でも、AKUMAと戦って勝てるのは、現時点ではどう足掻いても彼らだけである事も事実。
敵を倒すという言葉だけを聞いていれば凄くカッコよく聞こえるけど、こうして自分の時間を減らして、自分の体力の限界と戦いながら、嫌でも駆り出されるのが現実。
適合者になれたとしても、生半可な気持ちじゃエクソシストは続けられないんだと改めて実感させられますね。

とはいえ、医者に止められてた張本人であるチャオジーのやる気と根性にはちょっと脱帽。
この子は本当に頑張り屋さんというか、真っ直ぐというか・・・。
自分がやらなきゃって思ったら、とことん頑張ってくれるのが本当に偉いですね。
汽車の中で寝たからってそうそう疲れは取れないだろうに・・・。

しかし、その真っ直ぐさが仇となって、アレンの事を今でも良く思ってないみたいで・・・。
確かにノアは敵だってのが教団内の常識だし、チャオジーにしたら、アニタさん達を殺された敵みたいなもんだから、気持ちは分かるんだけどねぇ。
オマケに、アレンがどんな状況で脱出せざるを得なかったのかは知らない・・・というか、ノア達と組んでリンクを殺して脱出したと思ってるみたいだし。

でも・・・でもさ。
事情を知ってる読者としたら、チャオジーのアレンへの態度は地味に痛いんだよね。
チャオジーだって良い奴だと思うんだけど、あまりにアレンを敵視するもんだから、ついイラッと・・・ね(笑)
将来的にはきっとチャオジーもアレンの事を分かってくれると信じてます。

・・・いや、その前にチャオジーの体内にある寄生蟲が問題か。
教団を中から見張る為に、チャオジーの中にまだ潜んでるんだもんね。
これってある意味、知らず知らずのうちにチャオジーもノアの片棒を担いでた事になると思うんだけど、チャオジーがこの事実を知ったら一体どんな反応をするのか・・・。
合わせてアレンの真実を知った時、果たしてアレンを責める事が出来るのか・・・とかね。
これがきっかけで和解してくれると一番いいんだけどなぁ。


あ、そうそう!
チャオジーといえば、今回ついにチャオジーのイノセンスの正式名称が判明しましたね!

『洗礼ノ腕輪(アームオブバプテスマ)』

なんか難しい名前になりましたね。
実際に発音してみたら、バプテスマ辺りで思いっきり噛みました(笑)

イノセンスの名称って確か、自分で決めれるんだよね?
『洗礼』ってついてる辺りがチャオジーらしいなぁ。
方舟でアニタさん達がくれた力だって言ってたもんね。


あと、個人的に気になったのが、クロちゃん。
発動中ってのもあるだろうけど、なんていうか・・・性格がちょっと逞しくなったよね。
クロちゃんはアレンやラビと一番仲良かったから、2人が消えてかなりショックだったと思う。
だけど、きっと2人は無事でいると信じてるからこそ、2人が戻ってきた時にまた一緒に笑えるよう、自分もしっかりしなければ・・・とか考えてるんだろうなぁ。
前までのクロちゃんなら、ラビ達の話が出たら凄く落ち込んでそうな印象があるだけに、「きっと大丈夫だ」と他人を励まそうとする姿がとても力強く、逞しく見えました。


その頃の科学班。
まさかジョニーがアレンを追いかけようとしてただなんて・・・。
ジョギングなんかで体力作りしてたのも、アレンと行動するにあたって、危険もいっぱいあるだろうし、ぶっ倒れたりしてアレンに迷惑かけない様に・・・とか考えての事なんだろうね。

アレン脱走の後、なんか凄く微妙な表情浮かべてたからハラハラしてたんだけど、ジョニーはやっぱジョニーだ!
アレンの事をちゃんと信じて、自分が危険かもしれないのに、それでもアレンを助けようとしてくれてる。
ありがとうジョニー。
ジョニーの勇気ある行動で、アレンファンとしてもなんか少し救われました。

しかし、こんな良い話なのに、その直前までのジジさんのギャグっぷりがスゲェ(笑)
「おやぁ?」の顔から始まり、劇画タッチのあの顔。
リーバー班長&キャッシュをひっつかんで走ってた時のあの顔!
どんだけ顔芸するんですかジジさん!(笑)

そして極め付けは、ジョギングするジョニーを見た時のこの反応。

ジジ「ちょっとおい あれなんだ!? 走ってる・・・ ジョニーが走ってないかおい!?」

どんだけ見くびってたんですか(笑)

リーバー班長も突っ込んでたけど、そりゃジョニーだって走るよ!
てか、今までだって絶対小走りくらいしてたって!
ちょっと走ってるだけで、クララ(@ハイジ)が立った時のようなこの反応。
腹筋が痛くなるくらい笑ってしまった(笑)


一方、任務先のリナリー&マリさん。
おぉ!リナリーの髪が更に伸びてる!
小ツインテールっぽい縛り方してる!
リナリーをツインテールに戻す計画があるってのはこれの事だったのか。
この髪型のリナリーも可愛いなぁ(*´▽`*)
ツインテールっぽい感じだから、凄く初期を思い出す。

あと、マリさんが一緒ってのも凄く嬉しい!
マリさんファンとしては、こんだけマリさんが出てくれるなんて夢のようです(*´▽`*)

それにしても、ジジさんってば、マリさんにまで連絡入れちゃってたんですね。
しかも受話器の向こうで大泣きしながら(笑)
マリさんの話によると、ジョニーの件について、リーバー班長はまだ承諾していないとか。
機密情報や知識を多く持ってる分、科学班の退団はかなり厳しい制限が付く。
しかも、破れば一生監獄行き・・・か。
部下思いなリーバー班長にしたら、アレンも心配だけど、ジョニーも心配だろうし、そりゃ承諾できないわな。

でも思い返せば、キャラグレでアレンの離脱後の新衣装は、ジョニーのデザインって書いてあったんだよね。
って事は、裏を返せばそれって、ジョニーが退団してアレンと行動するって事?
『アレンは一人じゃない。仲間が出来る』とも書いてあったけど、仲間ってジョニーの事だった・・・のか?
ジョニーがどうなるかも凄く気になる所です。
今のジョニーなら、許されないなら、黙って脱走だってしちゃいそう。


その話を聞いたリナリーは、自分はアレンに仲間だと言っておきながら、教団を選んでしまったと後悔。
リナリーはあの瞬間、誰よりもアレンの近くにいた。
一番アレンを引き留められる可能性を秘めていたし、付いていく事も出来た。
そのどちらも出来なかった事を、ずっとずっと悔やんでたんですね・・・。

でもさ、あの状況ですぐに「私も行く」なんて言える人、そうそういないよ。
マリさんの言うとおり、リナリーにはリナリーの『大切なもの』があるんだし、ましてやそれが教団内にある以上、そう簡単に捨てるなんて出来る筈がない。
リナリーの選択は、決して間違いではないんだよね。

むしろ、自分の選択をこんなにも悔やんでくれてるのは、それだけアレンを大切に想ってくれてるから。
その気持ちを今も忘れず持っててくれてる事が、アレンにとっては一番の救いだと思う。
もちろん、リナリーが付いてきてくれたら嬉しいは嬉しいだろうけど、アレンにしたら、大切な人を自分のせいで危険な目に遭わせるかもしれない・・・とかってずっと気にしてそうだしね。


にしても、マリさん、本当にいい事言うなぁ!

マリ「どんなに離れていても 我々は繋がっている」

仲間ってのは、傍にいるだけが仲間なんじゃないんだよね。
離れていても、お互いに信じあえるからこそ、そこに絆が生まれる。
絆があるからこそ、再び巡りあえた時に力になる事だって出来る。
だからこそ今、自分のやるべき事、出来る事を全力で頑張らなきゃいけないんだよね。

ホント、カッコ良すぎるだろマリさん!
人を諭す天才ですかアナタは!
しかも、頭撫で撫でしながら諭してくれるとか・・・どんだけ・・・どんっだけ最高のシチュエーション・・・!
私もマリさんに頭撫で撫でされたい・・・。
でも、リナリーの頭撫で撫でもしたい・・・。
どっちでもいい、一瞬そこ代わってくれ(笑)


マリさんといえば、気になってた右手の指、ちゃんと義指みたいなの付けてましたね!
一見すると、黒い指キャップハメてるだけみたいな感じの、シンプルなヤツ。
どうなってるかずっと気になってたので、ちゃんと見せてくれて良かったです!


・・・・・・で、ですよ。
今回一番の問題はこの後ですよ。

まさかまさかの神田再登場。

サッカーしてる少年達でフラグ立てて。
ボールが飛んでった先に歩いてくる一般人に紛れてチラッとだけ見せて期待させて。
ボールの着地点と共に、一旦ここで靴のアップで興味を引き付け。
子供達の「投げてぇーボールゥー」とかマリさん&リナリーなんかを挟んで散々焦らし。
ようやくリナリー視線からの肩~背中アップ。
更に次のコマで少し遠めの、しかし誰だか分かっちゃうくらいの全身像。
この時点で早く顔が見たくて仕方なくなってるというのに、その後もリナリーとマリさんが気付く過程をじわりじわりと挟みつつ、その合間合間に少しずつ顔を映していくというテクニック。
そしてもう一回後ろ姿を見せつけるという、トドメの焦らし。
マリさんとリナリーの涙を挟み、ようやく見たかった顔がでっかくドーン。

このプロのもったいぶらせ方!

これでより感動を煽るって!イケメンの登場シーンで感動を煽るって!!!
くっそおおおおおお!!!
神田めくっそおおおおおおお!!!
登場シーンまでイケメン過ぎるだろお前ええええええ!!!
絵になり過ぎてて、一瞬背景に綺麗な花背負ってる幻が見えたわ!

しかも、神田だというのに、ちょっと微笑んでる優しげな表情というオマケつき。
今まで事にちゃんとケリつけて、今度は自分の意思で戻ってきたぜとでも言いたいのか?
ったく、良い顔しやがって・・・!
クッソイケメン過ぎて思いっきり噴き出したじゃないか!涙が!!

ホントさ・・・アルマの事がスッキリした事で、イケメン度がますますアップしたんじゃないの?
だって、サッカーしてた子供達、ボール渡してもらう際に、神田見て頬染めてたもん。
皆してうっかり見とれちゃった、みたいな顔してたもん。全員男子なのに。
お前、ボール渡す時一体どんな顔してたんだよ。
絶対優しく微笑んで「ほら」とかってやってたんだろ?
そりゃうっかり子供達だって頬染めるわ。
男すらも虜にしてしまう魔性の男・神田ユウ。

・・・ハッ!待って私!
うっかり神田の魔力に騙される所だったけど、おかしいだろ!
男ですら頬染めるボールの運び方ってどんなだよ!
てか絶対ここの頬染めうっとり顔はいらんだろ!
普通に「ありがとうお兄ちゃん」みたいな顔してても良かっただろ!
ホント、何故このシーンを入れたんですか星野先生。
これじゃまるで神田がよっぽどのイケメンみたいじゃないですか。
・・・いや、よっぽどのイケメンですけども。
再登場シーンで、公式イケメン設定に更にプラス材料持ってきたヤツ、初めて見たぜ・・・。
本当にありがとうございます(笑)

いらないと言えばさ、あのマフラーを直す仕草。
あの仕草もさ、入れちゃったことによってより神田のイケメンっぷりをアップさせちゃってるよね。
普通に歩いてくるだけでよかったのに、なんでまたそんなカッコいい事しちゃったのか・・・。
ボール渡しただけで子供♂が見とれるくらいだもん。
そんな事したら、その場にいる人達全員、神田の色気にやられて倒れちゃうだろ。
神田は外見にあまり興味ないように見せかけて、実はどうすればカッコイイか分かってんじゃないかと思う。
あぁもう、マフラー直しただけでこんな突っ込まれるヤツ、早々いないぞ。
座ってるだけですっげー突っ込まれたアフロなら知ってるけど(笑)

で?最初に言ったセリフが

神田「「おかえり」じゃねーのかよ?」

はぁ~全く・・・この子はホントどんだけ人の心を掴めば気が済むのか・・・。
「おかえり」って言って欲しいなんてさ、神田も以前と変わったよね。
前なら「おかえり」って言われてもそんな嬉しそうじゃなかったのに、自ら志願しちゃってるだもんね。
これが全てアレンとアルマの及ぼした影響かと思うと・・・。
アレンとアルマの想いが神田の笑顔を取り戻したのかと思うと・・・!!!
も~止めてそういうの~。
こっちの心臓と脳みそが持たないよ!萌えすぎて全然持たないよ!
・・・もちろん嘘です。もっとやって頂いて構いません(笑)


ところで、神田が首から下げてる小さな袋は、アルマの何か・・・ですかね?
絶対アルマの何かですよね?
神田がそんな大切そうに首から下げてるだなんて、アルマ関係のものとしか思えない。

あと、荷物らしい荷物を何も持ってないのも気になる。
お前は一体今までどこで何してたんだよ。
マテールに飛んで、アルマを見届けて、それからどうした?
誰かに助けて貰ったんじゃないかと思うんだけど、一体それが誰なのか・・・。

個人的に、実はアレンだったら萌える。
アレンがマザーの所に飛んだ後、マザーやバーバに事情を話してアレン自身、もしくはマザーかバーバが、マテールまで神田を迎えに行ってたとかだと凄く嬉しい。
んで、アレンと話し合った結果、「じゃあ俺は一旦教団へ戻る。六幻も取ってきたいし」みたいな話になって、単独でリナリー&マリさんの所へ来た、とか。
マザーが教団の情報を何らかの形で入手したりできれば、リナリー&マリさんという神田にとって都合良い2人の任務先を知る事だって可能だっただろうし、なんで『2人の前』に来たのかってのも説明がつくと思う。
その辺りも後からちょっと教えてもらえると嬉しいなぁ。


それにしても・・・・・・はぁ・・・。
これでまた神田に悶えさせられる日々が始まるのか。
登場だけでこんだけ熱く語らせといて、今後はそれ以上に語らせるつもりなのか。

・・・あれ?何これ?目からしょっぱい水が出てるよ・・・?
神田再登場が嬉しすぎて泣くとか・・・ホント悔しい・・・。
神田にこれだけ惑わされてるのが悔しすぎて仕方ない・・・。


最後に一言。

星野先生、本当にありがとうございましたあああああ!!!!!


スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/09/02 23:52】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<シキジカのCギアスキン | ホーム | イースターラビットのキャンディ工場>>
コメント
>さい様
返信がかなり遅れてしまい、本当に申し訳ありません(><)
お久しぶりです!
またのコメント、本当にありがとうございます(*´▽`*)
更に、私の書き方のファンだなんて言って下さり、本当に光栄です!
あまりの嬉しさに思わずお空の上のお花畑を三歩してきましたよ!
本当に本当にありがとうございます♪

ラビに対する叫び!
バッチリ届きましたよ~!
分かります。めっちゃ分かります。
狂おしいほどにそのお気持ちが理解できます!
あのラビは本当にヤッバイエロさを醸し出してますよね!
最初にあのラビを見た瞬間の私の心拍数、尋常じゃなかったですもん(笑)
状況的にはとても緊迫したシーンではあるのですが、ラビのエロさに思わず注目してしまった人はかなり多かったのではないかと思ってます( ̄m ̄*)

個人的に、苦しそうに薄めを開いたあの表情が一番ツボでした(*´▽`*)
私があの場にいるノアなら、有無をいわさずお持ち帰りしてるところです(笑)

あ、あと、こういうコメントは大歓迎ですので、どしどし書いてくださってOKですよ(笑)

最後になりましたが、最近はかなり冷え込む日が続いてますから、さい様もお体には十分お気を付け下さいねm(__)m

では、コメントありがとうございました☆
【2012/11/24 22:58】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
お久しぶりです。
以前「クラウンとオーギュスト」から飛んできて、無礼承知で初コメントさせていただいた者です‥‥‥

丁寧なお返事までもらッてしまい調子に乗ッて再びコメントを失礼します

遡ッてアニメの感想読ませて頂きました。
そしてようやくアニメの最終回を迎えました。

そしてコミックも自分を焦らしながらも23巻にようやく突入です。

コミックも本誌の感想と一緒に舐めるよう読んでます(笑)
恐らく管理人様の書き方のファンなんだと思います☆
勝手にファンになりましたスミマセン。

そしてアルマ編で久々に本気で泣きました。
切なすぎる(泣)



今回、ここのコメントが管理人様に届くのかわからないのですが。
実はどーーーしても言いたい事がありまして。

本ッッッ当にしょーもない事なので届いて欲しいのと、恥ずかしさで届かなくてもいいかなという思いがあるのですが、

いえ、ホントはわかッて欲しいです!!
分かち合いたいんです!

江戸上陸前の船上での戦い、上空からの攻撃にラビが撃たれて海に落ちた時の。
ペンタクルの浮き出た横顔が色ッぽいと言ッていた管理人様なら!
きッとわかッてくれると思うのです。

くだらない事を書き連ねてすみません。


第207夜「歩み出すもの」の冒頭。
ブックマンと並んで座らされてるラビ。
ぐッたりうなだれてる姿と、その次のページの息も絶え絶えのラビ。



なんか物凄いエロくないですか?!


ああぁああぁぁあ
すみません‥‥
コメントをするかしないかこれでも3日くらい悩んだのですが
我慢できませんでした。
忙しい中とんでもないコメントをすみません。

本当に失礼しました。
暑かッたり涼しかッたりするので体調には気を付けて下さいね。
更新楽しみにしています。
【2012/09/25 22:27】 URL | さい #dKMVxDgA[ 編集]
>アキ様
お久しぶりです!
今月のDグレの最後は本当に衝撃的な展開でしたよね!
私も思わず叫ばざるを得なかったです。
嬉しすぎて本気で涙が出ました(笑)

神田の噂。
なんと!星野先生がそんな嬉しい事仰ってたんですか!?( ̄□ ̄;)
他のサイトさんには全然行けてなかったので、全く知りませんでした(^^;)
人気投票1位になった神田が再登場しない訳ないだろうと信じてたので、あまり不安はありませんでしたが(笑)
とはいえ、アキ様同様、私もまさかこんなに早く再登場するとは思ってなかったので、本当にビックリです!
星野先生、本当にサービス良すぎですよね(*´▽`*)

神田の再登場。
個人的には、実はアレンとは既に再会していて、教団につくと見せかけて、実はアレンと繋がってるとかだといいな、なんて思ってます。
アポさんの事もあるので、ノア達がポワズで教団内から見張ってるように、アレンも神田にアポさんを見張ってもらってるとか。
・・・脱走してしまった上に、3ヶ月も立っている今、神田がすんなりと教団に戻れるかは分かりませんが(^^;)

でも、なにはともあれ、アキ様の仰る通り、絶望続きだったリナリーやマリさんにとって、神田との再会は本当に大きな希望を得たも同然だったと思います!
死んだと言われていた仲間が、皆にとってはある意味一番再会は絶望的だっただろう神田が戻ってきたんですから、アレンやラビ達の事だって諦めず頑張ろうと思えたはず。
これから神田の活躍、ならびにリナリー達がどう選択して行くのか凄く楽しみですね(^^)

最近は本当にめまぐるしい展開で、どうなっていくのか全く想像がつきませんが、きっと彼等ならば切り抜けてくれるはずです!
一人ではどうにもならなくても、マリさんの言うとおり、彼らには仲間がいて、離れていても繋がっている絆を持っている。
Dグレですから、まだまだ絶望する事も多いでしょうが、最後まで希望を持って頑張って欲しいものですね(^^)
今後の展開が本当に楽しみです!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/09/07 22:54】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちは!お久しぶりです!今月のジャンプSQを読んで飛んできてしまいました(笑)
今月は本当に衝撃的なラストでしたね…!ネット上で情報出回っていたようなのでご存じかもしれませんが実は200話直後のサイン会の際に星野先生は「神田は再登場させるつもり」とおっしゃっていたのを直接聞けたので安心して待っていられましたが、まさかこんなに早い再登場になるとは…衝撃と同時に本当にうれしい展開でした。
そして米神様の感想の通り本当に感動的な再登場でしたね。教団側につくか、アレンにつくかはわかりませんがこのどん底状態での生存はリナリーやマリにとって大きな希望になると思ってます。
再登場時には活躍させたいというキャラグレでの星野先生のお言葉もありましたし、これからの展開が神田ファンとして本当に楽しみです。

物語自体も大きく動いている様子が伝わっていてここ数号本当に目がはなせません。
アレンやラビたちがどう動いてどう物語を支えるのか…この先が本当に楽しみです。
それでは、米神様の次回の感想も楽しみにしております。
【2011/09/04 21:47】 URL | アキ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1702-3dcb40df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。