おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
終着駅
お久しぶりなイケニエプレイ日記。
今回からイエローのターンです。

・・・お姉ちゃんもイケニエ共も、ちょっと本気出し過ぎじゃない?


【イケニエノヨルプレイ日記11】


●イエローの物語 1.終着駅
『駅にたどり着いたイエローは不穏な空気を感じ取っていた・・・・・・』


おぉ!最初の選択画面で表示されるマップの場所が変わってる!
ソノゴの時もブルーの時も、絶対同じ場所だったのに。
やっぱ今までのは全部あの家で起こってた事だったんですね。

イエローは他の4人より遅れて駅にたどり着いた。
そのときの彼女は、待ち受ける過酷な運命など知る由もなかった・・・・・・


友達とちょっと旅行に行くだけで過酷な運命に巻き込まれるとか、普通誰も考えませんって。
想像出来てるヤツのがスゲェよ。

ブルー「そっか・・・・・・ 駅に着いちゃったんだ でも こっちには来ない方がいい 大変な状況なんだ・・・・・・」
イエロー「幽霊なんているわけないでしょ? レッドたちにからかわれてるだけよ」
ブルー「残念だけどレッドはもう・・・・・・ おねがいだからこっちには来ないで・・・・・・」
イエロー「イヤよ みんなと一緒にいたいもん とにかく 急いでそっちに向かうから」


イエローさん、電話してるところ悪いけど、背後に幽霊と呼ばれるモノが立ってますよ。
気付いてないみたいだけど、早くも遭遇しちゃってますよ。

あと、この駅、ちょっと怖すぎるだろ。
もう駅からして何か出そうじゃないですか。
てか、さっきすでに出てたしね、幽霊少女。
最初の駅でどんだけ観光客怯ませる気だよ。

とりあえず駅の宿舎方面へ歩いていくと、踏切の向こう側に例の少女が立っているのを発見。
あの子、もしかしてイエローのターンでも案内役になってくれるのかな?・・・と思いながら近づくと、カンカンカンと警告音が鳴りだし、踏切の棒が行く手を遮断。
あーこれは多分、あのパターンですね。
電車が通り過ぎたら、向こうに立ってたはずの人が消えてるっていう。
ハッ!お前の行動なんてお見通しだぜ!ビビる訳がな・・・・・・・・・!?!?!?

調子ブッこいてすみませんでしたあああああああ!!!!!

なんで!?なんで『お姉ちゃん』がこっち向かって歩いてくんの!?
さっきまで少女だったじゃない!
消えて終わりだと思ってたからめっちゃデカイ声で大絶叫かましちゃったじゃない!
ただでさえ怖いんだから、これ以上予想の斜め上の行動とらないでくださいよ全くもう!!

開始1分で早くも泣きそうになりつつ、踏切奥の改札口を通過。

ガシャーーーン(シャッターを殴ったような音)

もちろん早くも2度目の大絶叫。
何なんこの駅・・・本当に最悪の終着駅じゃないですか・・・。
この時点でやっぱり帰ろうと言い出さないイエローが勇者すぎる。
まぁ既に終電も終わってそうだけどさ。


建物の中に入ると、誰かからのメールを受信。
送り主が『?ISO~』ってなってたから、これもあの少女からかな?

▼(少女?) 件名:
囲め・・・
囲め・・・


・・・何が何を囲むって・・・?
もうホント止めてよね、こういう不吉なメール。
この建物から出ちゃいけない予感ムンムンじゃない。

・・・って思ってたら、建物内にあるテレビが勝手に点き、砂嵐画面が映し出されました。
調べても何も出ないけど、放置してても消える気配なし。
よーーーーく見ると、髪の長いイケニエの姿が映ってるように見えたのは私の気のせいだと思いたい。

ここにいるのも危険な気がしてきたので、もう一つの扉から駅の外へ。
道なりに進んでいくと階段があり、階段下の道路は、左が通行止めになってました。
そして、その奥に頭を抱えてるイケニエ2体を発見。

イエロー「なに・・・・・・ あいつら・・・・・・」

強いて言うなら、あなたがさっき否定した幽霊と呼ばれる部類のものです(笑)
ね?やっぱブルーの忠告を信じるべきだったでしょ?

・・・って思ってるのに、イエローさん、まさかの勇者発言。

イエロー「・・・・・・まだ間にあう!」

ここを進もうと思うなんて、どんな猛者だよイエロー。
とはいえ、扉から駅には戻れなかったし・・・・・・ええい、ままよ!
アイツ等と逆方向に向かってダッ・・・・・・ん?・・・あれ?
おいおいおい!ふざけないでくださいよリモコンさん!
なんでこんな時にクルクル回ってんの!?
なんでこんな時に操作不能になっちゃうの!?

てか、『通信が切れました』ってなんぞ!?

おいいいいいいい!!!・・・と叫んでる間にイケニエに追いつかれ、あえなくゲームオーバーに。

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

リモコンが操作不能になるのは卑怯じゃない・・・orz


チャレンジ2回目。
リモコンの調子をしっかり確認後、イケニエから逃げるように道路を右方向へダッシュ!
心なしか、イエローの方がブルーや『あなた』より走るの遅い気がする。
いや、私の手の震えが邪魔して上手くボタンを押せてないだけか?

しばらく走ると、途中のガードレールから這い上がって来ようとするイケニエを発・・・・・・

バスうううううううううううううう!!!!

いいい今!今!バスが前方から猛スピードで突っ込んできたかと思ったら、そのままイケニエが這い上がってこようとしてるガードレールに激突しやがった・・・!!!
引き殺されるかと思って相当叫んだけど、まさかバスがイケニエ倒してくれるとは思わなかった(笑)

しかし、前方のイケニエは何とかなったけど、同時に行く手も塞がっちゃったんだよね。
一瞬ありがとうって思ったけど、余計な事しやがって・・・orz

イエロー「どこかに・・・ どこかに 隠れなきゃ・・・・・・!」

ここで隠れるって言ったら、バスの中?
いやだなぁ・・・囲まれてすぐ捕まっちゃいそうじゃない。

・・・・・・と思ってたのに、まさか下水に入っちゃうとは。
さっきからイエローの行動力とその発想にビックリだよ。
こっちは別荘目指してただけなのに、なんで下水なんか探索せねばならんのかという不満でいっぱいですよ。


下水の底に着くと、ピンクからメールが届きました。

▼(ピンク) 件名:sig&rbなさい
学a$24fのスロープで待ち合わせて みんなで$F死44にjdn$BB破
&呪dfer でも もう 戻れないね・・・
ifen&&hosono
ごめんなさい・・・


これ、前にピンクがブルーに送ってきたメールだ・・・。
凄い文字化けしてるけど、ピンクは皆に一斉送信してた・・・のか?

奥に進み、扉を開くと、影ニエさんが横切っていくのを目撃。
影ニエさんを追いかければいいのかと思ったけど、扉をくぐると影ニエさんはすでに消えてました。
代わりに、ちょうど階段で上った先の壁から手が生えてるのを発見。
どうせ近寄ったら引っ込むんだろ?と思いながら、余裕綽々で近寄るプレイヤー。

・・・の、心をへし折る様に出てきたイケニエ♀。

ですよねー。
お風呂場の鏡から生えてた時も出てきたもんね。
くそっ・・・油断するんじゃなかった・・・。

更に奥へ進んでいくと、なんと、扉をブッ壊してイケニエ♂登場。

何そのダイナミックな扉の開け方!
もうちょっと大人しく開きなさいよ!
ああああ思いっきりこっちガン見してこっち向かってきてやがるううううううう!!!

ダッシュで今来た道を戻り、しばらく様子見。
こっちに向かってきてるかと思ってたけど、どうやら忘れてくれたらしく扉とは関係ない方向へフラフラ歩いてってくれたので、その隙に背後を通り、急いで壊れた扉へ。


壊れた扉の先の扉をくぐり、下り坂を道なりに下へえええええええええ!?!?!?

ちょおおおおおお!なんで途中から勝手に滑ってっちゃうの!?
しかも、終着点にはちゃっかりイケニエ♀(女子高生ルック)が用意されてるし!
いつもいつも準備万端で罠張りやがってええええ!!!

でもこの子は顔を抱えてるだけで何もしてこないのかな?・・・って思ったら襲ってくるしね!
絶対来ると思ってたよ!

ダッシュで右へ逃げ、奥にある階段へ。
階段を上って行くと、途中で壊れた通路に差し掛かりました。

イエロー「横に歩けば 通れるかな・・・・・・ 前に倒れないようにしないと・・・・・・」

イエロー、本当に勇気あるな。
こんな高い場所で、こんな不安定な足場を通ろうとするとか、どんな勇気だ。
まぁ下に戻る事も出来ないんだから、それしか選択肢はないんだけども。

横歩きで何とか壊れた通路を無事通過。
その先にある梯子を上って、ようやく下水道から脱出出来ました。
はー・・・ようやく空が見えた・・・。


マンホールから出た場所は、例のガードレールに突っ込んだバスの後ろでした。
直後に、なんとブラックからメールが!

▼(ブラック) 件名:俺は
お前のことを 大切な友達だと 思ってる
だからこそ 忠告させてくれ
すぐに帰れ
渓谷へは来るな
いいな?


良い忠告だ、ブラック。
しかしさ、悲しい事に、すでに退路を断たれちゃったんだよねー・・・。
戻ろうとしても、イケニエ共が全力で追いかけてくるしさ。
いっそこのまま違う所へ行きたいくらいだけど、別の道も見当たらないし、一体どうしたらいいやら・・・。


とりあえず、事故ってるバスに近づいてみるも、特に変わった様子はなし。
奥からイケニエがくる気配もないので、逆側にあるバスの駐車場方面へ。

バスの合間を縫って奥へ行くと、大きな門の前にお姉ちゃんが立ってるのを発見。
あぁ・・・なんか待ち伏せしてらっしゃる・・・。
背後のあの門・・・って、まさかあのトンネル・・・?

お姉ちゃんに近づくと、お姉ちゃんが突如消失。

そして、イエローの隣で再びこんにちは。


『終着駅』 END


最後のお姉ちゃんがイエローの隣に立ってたやつ。
思いっきり叫んで、妹に「予想できただろ」って怒られたけど、言い訳させて頂きたい。
確かに、消えた直後に背後にいるかなってのは予想してたんだけど、予想以上に恐ろしい顔してたのと、予想以上にイエローに近かった事に驚きを隠しきれなかったんだ。
むしろ、自分でプレイしてないとはいえ、全然叫ばない妹に私はビックリだよ。

てか、イエローのターン、なんか恐怖度アップしてません?
今まで以上にイケニエ共が本気で襲ってきてる気がしてならないんですが。
ご近所に謝りに行かなきゃいけないんじゃないかと心配してるレベルで叫んだぞ。

続けてイエローの物語を進めていくつもりだけど、次のターンではもう少し優しくなっててくれる事を祈ります。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/10/17 23:34】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(3) |
<<日本刀展 | ホーム | 夢特性ハピナス>>
コメント
>瑠璃様
ホント、ホラーゲームの主人公って何でそんな所行くんだって所を突き進んでくれますよね!
普段は大人しいとか怖がりだとかって設定のキャラですら、見るからに恐ろしい場所でもガンガン進んでくれますし。
こっちは断じて進みたくないというのに。
彼等の猛者っぷりには本当に脱帽です(笑)

イエロー。
なんと!イエローは超重要人物なのですか!?( ̄□ ̄;)
確かに遅れてくるとか、最期に自殺とか、ちょっと特別っぽい感じではありましたが・・・・・・はーそうか、イエローがキーなんですね。
てっきりブルーの思い人として特別扱いになってるだけなのかと思ってました(笑)
彼女の今後の動向に、しっかり注目したいと思います!

次のステージ。
イエローが飛び降りた場所となると・・・例のトンネルを通った先の崖ですよね。
・・・って事は、あの扉の先はやはりあのトンネルに繋がってるんでしょうか・・・?
またマネキンにストーキングされないことを心から祈ってます(T▽T)

イエロー編のボス。
そんなに驚く相手なんですか!?( ̄□ ̄;)
驚くってことは顔見知りで、なおかつ敵にならなさそうだったのにって人ですよね?
一体誰なんだろう・・・。

ちなみに、これを読んで瞬時に浮かんだのは、ブルーでした。
よく考えたら、ブルーって最後に拳銃拾ってるんですよね。
イケニエに銃なんて効くのか?と疑問だったのですが、人間になら有効ですし、可能性としてはありかな、なんて予想してます。

今回の最後のお姉ちゃん。
これ、あまりの近さに絶対ビックリしますよね!
あれで全く驚かない妹達(瑠璃様の妹様も含む)にビックリですよ(笑)

では、コメントありがとうございました☆
次のステージも頑張ります!
【2011/11/10 14:56】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
すみません!↓のコメントに名前を入れ忘れてました!
【2011/11/08 16:59】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
ホラーゲームの登場人物たちってつくづく勇気ありますよね~www自分だったら絶対に進むのを諦めるような場所でも突き進んでいくんですから。
でもそれがプレイヤーの不安を煽っていたりしてるんですけどねw
イエローのターンではイケニエさんも「お姉ちゃん」も色んな意味で本気(と書いてマジと読む)です。何と言ってもイエローはこの物語の超重要人物ですから。次回の章でイエローの正体…というかこの土地とどう関係があるかが分かると思います。その場所はソノゴ…3にてイエローが飛び降りた場所です。
それからイエローの物語の「ボス」は「えええええええ!!?お前!?」な人物ですw米神さんならきっと驚いてくれると思ってますww

追記 私もこの章の最後にイエローの超近くに「お姉ちゃん」がいたことに驚き「ヒッ…」と声をあげてしまいましたwそして隣にいた妹に冷ややかな目で見られましたww
【2011/11/08 16:58】 URL | 名前未入力 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1761-974f5c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。