おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
説明書の操作方法ページくらいは読む様にしようと心に誓いました
サイレンのプレイ日記は書かない予定でしたが、以前プレイ日記どうしようかなって書いた記事の拍手が予想以上に多かったので、ちょこっと書いてみようと思います。
日記の穴埋めにもなるしね。

他のゲームと違ってメモはとっておらず、覚えてる範囲でだけなので、途中記憶違いなんかもあるかも。
シナリオ名の確認の為、攻略本見ながら書いてますが、自分が進めた部分以外は読んでない・・・もとい、友人にネタバレになるから読むなと止められてるので、進めた部分以外の事はほぼ知らない状態です。


あ、ちなみに難易度はノーマルでやってます。
零のナイトメアまでフルコンプしてるんだからって調子に乗りました。
今からでもイージーでやり直したいくらいです(笑)


【サイレン プレイ日記】


0:00 赤い海からサイレンが響き、一つの村が消えた。


●あらすじ

0:00 赤い海からサイレンが響き、一つの村が消えた。

村は寸断され、歪められ、内陸にあるはずもない赤く染まった海に囲まれていた。
恐怖と混乱の中、人々は自分たちを支配している恐るべき法則の存在を知る。

───海から響くサイレンに誘われ、人は屍人になる。

人々は、精神的にも状況的にも追いつめられ、一人また一人とその数を減じていく。
サイレンに誘われ、人でなくなった者たちは、やがて共同体を築き、人間社会のような生活を始める。
すり替わっていく。人が屍人に。村が屍人の村に。

赤い海に閉ざされ異界と化した村で、絶望的な戦いが始まる。(説明書より)



友人曰く、『屍人』というのは、いわゆるゾンビ化した人間の事らしい。
なので、倒しても数秒後、数分後には復活しちゃうんだとか。

要は、ゾンビ化した人間がウロつく村からどうにか脱出せよってゲームなのかな?
まぁ、ゾンビなら大丈夫だろ。
昔からゾンビってのはどうも幽霊より怖いと思えないんだよね。


・・・もちろん、こんな余裕ブッかましてた自分を、プレイ開始1秒で殴りたくなったのは言うまでもない(笑)


──────────


●登場人物

サイレンは登場人物(プレイキャラ)が多いらしいので、出てきたキャラから順に紹介していきたいと思います。

▼須田 恭也(すだ きょうや)♂ 16歳 高校生
好奇心旺盛な、ごく普通の少年。謎めいた都市伝説に惹かれて羽生蛇村へ向かう。村で行われていた秘祭の儀式を垣間見たことをきっかけに、怪異に巻き込まれていく。


この恭也くんという子が主人公らしい。
サイレンは実際の俳優さんをモデルにしてると友人が言ってたんですが、なかなかカッコイイ子ですね!

しかし、こんな所に好奇心だけで乗り込んでくるってどんだけの猛者なんだ・・・。
都市伝説なんて、聞いて面白いと思ってるだけでいいじゃない。
真実確かめる為に怪しい村に向かわなくてもいいじゃない。

てか、サイレンも秘祭とか儀式とか関係してるんですね。
そのパターンで行くと、ラスボスは綺麗なお姉さんですか?(笑)


──────────


●須田恭也 前日/09:28:57 上粗戸/眞魚岩
(デモシナリオ)


まずは『デモシナリオ』と呼ばれるムービーのみのシナリオからスタート。

自転車で森へとやってきた須田恭也は、自転車を降りて森の中を歩いていた。
途中、石で必死に地面を掘り続ける、白い犬を連れた少女の姿を目撃する。
恭也が木の陰から覗き見ていると、その気配を察知した少女は、犬と共にその場を逃げ出してしまった。


早速可愛い女の子を発見!
友人曰く、この子は何やら物語の鍵を握る重要人物らしい。

どうでもいいけど、横に連れてる白い犬がどう見ても某犬のお父さん(笑)


──────────


●須田恭也 前日/23:11:03 上粗戸/眞魚岩
終了条件『駐在警官からの逃亡。』


森を進んでいくと、何やら儀式めいた事をやっている村人に出くわした恭也。
その中に、先程見た美しい少女の姿を発見し、思わず声をあげてしまう。
村人の一人が恭也の存在に気づく。

反射的にその場から逃げだす恭也。
しかし、一瞬、逃げる自分の後ろ姿のようなものが見え、思わず立ち止まってしまう。

恭也「何だこれ・・・」

物音が聞こえ、振り返ると、そこには拳銃を構え、怪しげに笑う警官が立っていた。


怖っ!儀式で歌ってるあの歌、めっちゃ怖っ!!
メロディも怖いけど、何言ってるかよく分かんないのがまた、妙に不安を煽ってきやがるぜ。
もうこの時点で、絶対これはロクな儀式じゃねぇって思えてくる不思議(笑)

追ってきた警官も、なんか既にヤバそうな雰囲気だし、そんな人があの中に普通にいたってどういうこったい。
しかもこの人さ、動けるようになった(プレイ開始)直後、なんて言ったと思いますか?

警官「了解、射殺します」

一般男子高校生に向かって言うセリフじゃねぇYO。
プレイ開始1秒で早くも余裕が消えたのは、まさにこのセリフのせいでした(笑)


背後からバンバン銃声が聞こえますが、とりあえず、友人の指示通り、一直線にプレハブ小屋へ。
ちなみに、懐中電灯は消した方がいいとの事なので、スタート直後に消してあります。

少し進んだ所でプレハブ小屋を発見!
扉を開き、中へ入り、一息・・・・・・・・・ 友人「扉閉めて!扉!早く!」

な ん で す と ・ ・ ・ ?
えええええええ!?サイレンって閉まるのは自動じゃないの!?
扉から離れると勝手に閉まってくれるっていうあの親切設計じゃないの!?
自分で閉めなきゃ開いたままになっちゃうの!?
ちょっ・・・知らない!私知らないよその仕様!
私の知ってるホラーゲームはもっと親切だった!(笑)

更に、机の上にある『車の鍵』を拾おうとするも、○ボタンを何度押しても拾ってくれず。
懐中電灯つけてないからかと思ってもう一度チャレンジするも、またしても拾ってくれず。
おい恭也!どうした!鍵の存在を何度も確認してないでさっさと拾え!

・・・と思ってたんですが、よくよく見ると、『△ボタンのメニューから~』ってちゃんと書いてあった。
つまり、○ボタンは単なる確認で、△ボタンで拾ったり何だりの操作をするらしい。
何という面ど・・・ゲフンゲフン。
ちなみに、この時点では操作方法どころか、説明書も攻略本も一切読んでません。
操作方法も分からずに進め出したので、軽くパニック状態でした(笑)

ワタワタしながら何とか鍵をゲット!
これでプレハブ小屋の隣にあったトラッ・・・・・・ほふっっ!?!?

ちょっと待って!なんで警官が入口に立ってんの!?
何で普通にプレハブ小屋入ってきちゃってんの!?
ちょっと待って撃たないで!落ち付いて話し合おう!
あっ!1発撃たれた!・・・けど、まだ大丈夫なのか。
とりあえずここから逃げ・・・・・・ パーン!(2発目が命中)

ゲームオーバー

どうやら2回撃たれるとダメみたいですね。
体力ゲージは見れないけど、時間が経てば体力が回復する仕様らしいので、連続で撃たれるのがダメっぽい。


チャレンジ2回目。
ルートは分かったからさっさとクリアするぞ!

・・・と、意気込んだのですが、ここで攻略本を熟読してた友人からこんな命令が。

友人「アーカイブ集めて」

アーカイブとは、全部で100個あるアイテム(持ち歩いたりするものではなく、それを発見したという事が記録される)で、全部集めると何が起こるかよく分からないんだけど、まぁ零でいう霊リストみたいに、やりこみが好きな人が集めて満足するものではないかと思ってる。
要は、集めなくてもいいけど、どうせやるならしっかりコンプしちゃおうぜって事らしい。


アーカイブゲットを念頭に置き、早速トライ。
まずは、懐中電灯を消し、プレハブ小屋へ一直線。
入ったらすぐに扉を締め、机の上にある『車の鍵』を入手。
後、小屋の奥へ行き、なんかの雑誌を・・・・・・・・・あれ?

暗くてよく見えない・・・・・・だと・・・?

何ふざけた事抜かしてんですかこの子は。
この状況で明かりを点けろってか?
いいか、よく聞け。かくれんぼで大切な事は、『音をたてない』、『声を出さない』、『明かりは点けない』、『むやみに動きまわらない』の4点なんだ。
動きまわらないのが無理だというなら、他3つくらいはしっかり守らないとダメだろ!

しばらくその場にしゃがみこみ、「無理・・・絶対に今は無理・・・」と呟くヘタレプレイヤー。
零3作目の螢のターンからずっと言い続けてますが、こういうかくれんぼ的な恐怖、本当にダメなんですよ。
しかも、なまじ映像がリアルすぎるから、余計臨場感あって怖いし。

とはいえ、最初のステージすらクリア出来ないのは悔しい。
意を決して懐中電灯を点け、アーカイブ『広報はにゅうだ』をゲット!
よし!よくやった私!

急いで懐中電灯を消し、警官がいなくなるまでひたすら待機。
してたら、「次はスタート地点まで戻って」なんて命令が来るもんだから、軽く泣きそうになった。
外に出たらヤバいでしょうに、なんて事を言うんだ。

ここまできたらもう自棄だと、思いきってプレハブ小屋から飛び出し、一直線にスタート地点へ。
すると、崖の下に何か落ちているものを発見!これがアーカイブか!
早速ゲッ・・・・・・あれ?なんで『拾う』コマンドが出ないの?
目の前に落ちてるじゃない!
おい!早く拾ってくれよ恭也!警官の笑い声近づいて来てんじゃん!おい!おいいいいいいい!!!

ゲームオーバー

拾えなかったのは、多分、立ち位置が悪かったんだろうね。


チャレンジ3回目。
まずは先程と同じ手順で、プレハブ小屋で『車の鍵』と、アーカイブ『広報はにゅうだ』をゲット。
次に、急いでスタート地点まで戻り、立ち位置を調整。
すると、今度は何とかアーカイブ『石田徹男の警察手帳』をゲットする事に成功しました!
あの警官、石田徹男って名前なんですね。

次に、撃たれない様気を付けつつ、プレハブ小屋横に停めてある軽トラへ一直線!
車の鍵を開け、急いで車に乗り込・・・・・・と思ってたのに、ここでまさかの操作ミス。

 車に乗る
→叫ぶ

恭也「おーい!(大声)」

呼 ぶ な バ カ 。

なんでそこで叫ぶを選択したんだよ!ええい下ボタンを押した左手が憎い!
見てた友人は大爆笑してたけど、操作してるこっちは相当ビビったからね(笑)


それでも石田警官が追いつく前に何とかトラックに乗り込む事に成功!
はー・・・よかった、助かっ・・・・・・ パーン!(銃声)

・・・フロントガラスに銃痕が・・・。
全然助かってないじゃない・・・。

車内にもアーカイブがあるというので、急いで辺りを見回してみた所、助手席に雑誌を発見。
アーカイブ『BANG-バン-』をゲットできました!
これでこのステージのアーカイブはコンプしたらしい。

最後は車にエンジンをかけ、発車。

そして、石田警官に車で体当たり(笑)


終了条件達成


まさか敵を車で引かせられるとは考えてなかったよ!
凄いゲームだな、これ(笑)


それにしても、簡潔に書くつもりが、結構ガッツリ書いてしまった。
本当はもう後何回か死んだ気もするんだけど、もうその辺の記憶は綺麗さっぱり消えてました(笑)

とりあえず今回はここまで。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/10/23 23:59】 | SIREN | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ソムリエ対決!イシズマイVSフタチマル!! | ホーム | どうあがいても、絶望。>>
コメント
>柚木様
あわわわ・・・そんなに恐ろしいゲームなんですか・・・?(((( ̄□ ̄;))))ガクブル
一応もう少し先まで進めてあるのですが、いまだに何故私がプレイせねばならんのかと思ってます。
今までのホラーゲームのビビリ&ヘタレっぷりを是非見せてやりたいくらいです。
まだ序盤ですが、すでにそれくらい叫びました(笑)
友人が隣で面白い事を言ったり、笑ったりしてくれるから、なんとか進めてるんだと思います(^^;)

プレイ日記の方は、友人と会った時に一気に進めてるので、他のゲーム以上に不定期になりそうな予感ムンムンですが、予想以上に面白そうな内容だったので、また時間のある時に書いていけたらと思ってます(^^)
またアップしましたら覗いて下さると嬉しいです♪

「ひーかり輝ーくコンブダシ~」 。
↑めっちゃ噴き出しました(笑)
何という美味しそうな歌詞でしょう!
今度あの歌が流れたらそう変換して聞いてみたいと思います( ̄m ̄*)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/11/13 14:40】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
おぉぉついにSIRENがスタートしましたか…!((((゜д゜;))))

私は某笑顔動画でとある方の実況プレイを拝見したので、ストーリーなどは知ってます……が。
怖すぎて何回叫んだか分かりません\(^o^)/

最初の歌で叫び、駐在警官でキョドり、主人公のアクロバティックさに戸惑い……。
プレイ出来る米さんホントすごいです!!


これから先、色々と絶叫ポイントがあると思いますが、どうか心臓に気をつけて頑張ってください(笑)
また余裕がありましたらプレイレポを書いてくださると嬉しいです^^


ところで、SIRENのあの不気味な歌の導入部分は
「ひーかり輝ーくコンブダシ~」
に変換すると怖さが和らぎますよ!(´^ω^`)笑
【2011/11/11 14:44】 URL | 柚木 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1768-f48f71e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。