おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
大山教授うううううううう!!!!!
お久しぶりなナナシノゲエムプレイ日記です。

・・・大山教授・・・。
いつも危険な場所に教え子をたった一人で送りだすあの鬼畜さ。
いつも送ってくるメールのタイミングの悪さ。
行く前に調べておくべき事を、後々メールで送ってくるあの情報の遅さ。
こっちがルグレに遭遇して酷い目にあってる真っ最中だというのに、「廃病院なんて言っても、どうせ何も起こらないよ(笑)」とか言ってくるあの呑気さ。
そして今回も、数年前の失踪者を残り2日で見つけ出せというあの無茶ぶり。

いつ殴ってやろうかと思ってましたが、今まで散々文句言って本当にすみませんでした。
まさかあんな衝撃的&感動的な展開が待ち受けてるだなんて思ってもみなかった・・・。


【ナナシノゲエムプレイ日記6】


●アトフツカ

前回は生田さんのおうち訪問をして、生田さんの娘・あさひちゃんの絵日記をゲット!
あさひちゃんになって過去に起こった事を知るという不思議体験もしたので、早速教授の元へ。

南都大学 大山研究所

大山教授曰く、やっぱり生田家では殺人事件が起こっていたらしい。
父親の生田さんがいない間に、母親のトモカさんが惨殺されたけど、子供であるあさひちゃんはその場におらず、難を逃れた・・・というのが事件のあらましだとか。
主人公が体験したのは、あの家で過去、実際に起こった事だったんですね。

とはいえ、夢で見たとか、呪いのゲームがとか、そんな話が警察に信じて貰えるはずがない。
そもそも、犯人である湯谷さんだって、とっくの昔に病院で変死しちゃってるしねぇ。
とにかく今は、事件の事より、この呪いの根源を辿る方が先決ですね。

まずは持ち帰ってきたあさひちゃんの絵日記を読んでみる事に。

▼いくたあさひの絵日記
8月 はれ
パパとママと かいすいよくにいきました しちしみさきのミサキホテルにとまりました。 うみでいっぱいあそぼました。 らいねんもぜったいにいきたいです。

8月 あめ
ママが死にました。 パパがおうちにいたらママは死ななかったとおもいます。 わたしはおしごとをするパパがきらいです。 パパのつくるゲームはもっときらいです。


あんだけページあったのに、2日分しか書かれてないって・・・(笑)

教授が警察で聞いた情報によると、生田さんは、朋花さんが死んだ後も何故かゲームを作り続けていたんだとか。
それに耐えられなくなったあさひちゃんは、ある日を境に家出。
しかし、あさひちゃんの捜索願は出ていないらしい。
大山教授曰く、度重なる不幸で生田さんが完全壊れてしまったのではないか、との事。
会社解雇に、妻他殺に、娘家出・・・そりゃ気もふれるよなぁ。

大山「そうして、誰からも忘れられ放置されたゲームに娘を残して殺された生田朋花の怨みが宿り── まさに領域の横断なのだよ── 呪いのゲームを生み出した・・・。」

・・・え?・・・朋花さん・・・?
いやいやいや、今までの流れからすると、完全にあさひちゃんの方でしょ?
確かに殺されたのは朋花さんだし、あさひちゃんは死んだと確定した訳ではなく、行方不明なだけだけどさ。
でも、この流れだと、どう考えても生きてるとは思えないじゃない。
朋花さん以上にゲームを怨んでるのは明らかだったじゃない。

大山「カンダくん。残り1日。その間に生田あさひを捜して保護することで、母親の無念は晴らされるのではないのだろうか・・・?『しちしみさき』は七つの崎があることで有名な景勝地『七支崎』のことなのだろう。そこには確かに『ミサキホテル』があった。きみは先にそこへ。」

うう~ん・・・まぁ、どっちが原因にせよ、あさひちゃんを探さなきゃいけないのは確定だもんね。
しかし、失踪したの何年前だと思ってんだよ。
万一今も生きてるんだとしたら、そんな所で見つかる訳ねーだろ。
そこで見つかる時は死んでる時だよ。
そして、また主人公一人でそんな怪しい所に向かわせるのか・・・orz

・・・と、思いきや、ここで大山教授から驚きの一言が!

大山「今回はぼくもおって向かうよ。ああ、尾高くんの部屋にだね、ちょっと気になるものがあってだね、そこを調べておきたいのだよ。」

・・・・・・・・・え?
『おって向かう』?
え!?後からとはいえ、今回は来てくれるの!?
何それ!どうしよう!予想外の展開すぎて、超嬉しかった!(笑)

大山「ひとつ気にかかるのは絵日記の最後のページが破り取られてしまっていることなのだが・・・。」

あ、まだ破り取られてるページがあったんだ。
でも、あんだけ白紙ばっかの絵日記ですよ?
最後のページだって白紙の可能性、かなり高いと思う(笑)


ミサキホテル 旧道

カンダ「ミサキホテルへ行くにはこのトンネルを通るしかない・・・か・・・。」

トンネル・・・orz

なんでよりによってトンネルなんか通らねばいけないのか・・・。
トンネルっていえば、つい最近イケニエノヨルでかなり恐ろしい目に遭ったばっかだというのに。
教授はホテルに行けって言ってるんだから、ホテルからスタートすればいいじゃない。
何このふざけたシステム。
せめてこの辺くらいは車で突破しといてくれよ。

ブツブツ文句を言いながらトンネルへ近づくと、トンネルに入る直前、大山教授からメールを受信。

▼(大山教授) 件名:生田氏雑感
担当していたゲームの開発中止。勤め先の解雇。妻の死。一人娘の家出。短期間にここまで不幸が重なれば、精神を病まないほうが不思議だよ。警察に保護を頼んではいるが、果たして無事に回復するだろうか・・・。
ふと、生田氏が独りで自宅にいた理由を考えてみたが・・・おそらく娘がいつ帰ってきてもいいように待っていたのだろうね。


生田さん、一体どうなったのかと思ってたけど、教授がちゃんと警察に届けてくれてたのか。
家を差し押さえられてでも娘が帰ってくるのをずっと待ってただなんて・・・。
しかし、一体いつからあそこにいたのか・・・。
食事とか大丈夫だったのかとか、色々気になるなぁ。

てか、何故今これを送ってきた。
雑感とか、現時点ではどうでもいいよ。
生田さんのその後だって、さっき「警察に言っておくよ」って言ってくれればいいだけじゃない。
全くこの教授はもう・・・。


さて、早速トンネルを進んでいくと、途中で前方にルグレ♂を発見。
・・・・・・あれ?あのルグレ、尾高先輩じゃないか?
尾高先輩、今まで全然出て来なかったのにこんな所で登場しちゃうだなんて・・・。
でも、ここにルグレがいるという事は、あさひちゃんはこの先にいると見て間違いなさそうですね!

壁際を通り抜け、少し進んだ所で振り返ってみた所、うおおお~と言いながら駆け足で追ってきてるのが見えたので、出口まで振り返ることなくダッシュ。
トンネルを抜けると、尾高ルグレの息遣いも消え、どうにかやり過ごせた様子。

あ、そうそう。
途中で数回振り返ってみましたが、イケニエノヨルみたいに背後にマネキンはいませんでした(笑)


トンネルを抜けた先の道にはバス停があり、そこにまたルグレ♀が立っているのを発見。
このルグレ♀は理子・・・かな?
尾高先輩といい、理子といい、今回は懐かしい人がよく出てきますねぇ。
バス停の前を通り過ぎると、やっぱり追ってきた理子ルグレ。

ダッシュで逃げて先・・・・・・あれ!?ちょっ・・・工事中!?
なんか道路工事の人形が道を塞いでるんですが!
どこ行きゃいいんだよくそっ!!

振り返ってみると、少し戻った所の脇に人形の警棒が光ってるのを発見。
理子ルグレを上手く避けながらそちらへ行ってみると、脇道があり、そっちへ進めるようになっていました。
良かった・・・ちゃんと道があった・・・。
一本道だったけど、一瞬道間違えたのかと思った。


お地蔵様が等間隔で並んでる脇道を進んでいくと、ここでまたもや大山教授からメールが。

▼(大山教授) 件名:移動中
遅くなったが、今そちらに向かっている。
調べものに時間がかかってしまいすまなかった。もうしばらくだけ一人で辛抱してほしい。
ところで、湯谷氏に呪いが降りかかかったことは自業自得といえるし同情の余地は微塵もないが、生田氏がその真実を知るすべは、今後もないのだろうね・・・。それは果たして幸せと呼べるのだろうか。


早く来てくれ教授。
こっちはすでにルグレが張ってやがる。

更に道なりに歩いていくと、右側の草むらを理子ルグレが通っていくのが見えました。
えええええ!?あいつ、こんな所まで追ってきたの!?
あ、でもこっちに気付かずにスルーして歩いて行ってしまわれた。・・・よかった・・・。

安心して先を進むと、またもやトンネル発見。

今回どんだけトンネルあるのよ・・・。
他のゲームでトンネルの恐怖を味わった後にトンネル2連発は地味にキツイぞ。
近づいてみると、入口には金網が張ってあり、立ち入り禁止の看板が。
よし、帰ろう(笑)

・・・って思ってんのに普通に開くしね・・・。
立ち入り禁止にしてるんなら、鍵くらいかけとけコノヤロー・・・orz


泣く泣くトンネルを進んでいくと、奥はがれきの山で進めなくなっていました。
右側に扉があったので近づいてみると、勝手に扉がクローズ。
また叫んで煩いって怒られたじゃない。

右側の扉に入り、先へ。
こんな狭い通路じゃ流石に何も出な・・・・・・ぎゃあああああああ!!!!!

おいっ・・・おいいいいいいいいいい!!!
狭くて通路に立てないからって何も上からぶら下がってくる事ないだろ!!
零4作目の逆さゴッキー思い出して相当叫んだぞ!
ホント、こういうインパクトある登場する霊は配置しないでいただきたい。
こういうのが出る度、進む勇気と気力が一気にマイナスになってるんだからな!

ビビッて後ろ下がったら、何もする事なく勝手に消えてくれて本当に良かった。
しかしかなり気力を削がれたので、しばしポーズ画面で休憩(笑)

気を入れ直して先に進んでいくと、出口らしき扉を発見。

・・・って思ったけど、出口じゃなかった。
またさっきのトンネルに戻っただけだった。
くそっ・・・まだトンネル続くのかよ・・・。


壁にある赤い矢印に従って再び歩きだす主人公。
しばらく進むと、途中でまた理子ルグレが左側に出現。
さっき変な方向に歩いてったけど、間違いだったと気付いて戻ってきたか(笑)

理子ルグレに気付かれない様、右側をダッシュで通過。
途中で『七支崎灯台』って赤字で書いてある所があったんだけど、その先にある金網からどこかへ行けるのかと近寄ってみた所、向こうから尾高ルグレが金網に激突してきました。
油断しすぎててまた叫んだ・・・。
ヤツが金網をぶち破ってこないとも限らないので、振り返る事なく猛ダッシュでトンネルを脱出。


ミサキホテル

カンダ「すっかり廃墟だ・・・。 ずいぶん前に廃棄されたのか・・・。」

また大山教授に騙された・・・。
何回目だよこのパターン・・・orz
オマケに、懐中電灯の光が当たる部分しか見えないとか、鬼畜すぎて本気で泣きたい。
こんな所にあさひちゃんがいるはずがない。
いるとしたら絶対お亡くなりになってるって。
帰りたいけど、当然扉は開かなくなってるし、本当にもう嫌だ・・・。

意を決して先へ進もうとしたら、赤服ルグレが徘徊してるのが見え、即行ポーズ画面突入。
いやいやいや、出るの早いでしょルグレさん。
ホテルが廃墟だったってだけで相当凹んでるのに、初っ端から赤服ルグレ配置は酷い。

赤服ルグレに見つからない様、後を付けるように奥へ歩いて行き、急いで扉へIN!
はー・・・見つからなくて良かった・・・早くも死ぬかと思った・・・。

次の部屋・食堂らしき場所には何も無く、更に奥の扉から厨房らしき場所へ。
ここにも何・・・!?!?!?

クルッ(Uターン)
ギィ・・・バタン(食堂へ戻る主人公)


・・・今、左側になんかいた・・・。
思わずビビッて食堂に戻ってしまった・・・。
でも仕方ない。
だって、ルグレの位置が予想以上の近さだったんだもの。

ここでもしばし休憩後、意を決してもう一度扉をオープン。
そして、右奥にある扉に向かって一直線!
一瞬チラッと見えたんだけど、ここにいたのは、ユタソフト社員のルグレ♂(黄色シャツ)っぽかった。
尾高先輩に、理子に、ユタソフト社員ルグレ・・・今回はルグレ総出なんですね。
そんな出血大サービスしてくれなくても良かったのに。


扉の先の廊下を進み、今度は『男湯』と書いてある扉へ。
しかし、入った瞬間からルグレの足音と息遣いが聞こえ、思わずフリーズ。
ちょっと存在感アピールしすぎだろアイツ等・・・。
姿を見ないうちからどんだけ威圧感飛ばしてんだよ。

恐る恐る進んでみると、浴室の結構すぐそこをルグレ♂が歩きまわってるのが見え、再びポーズ。
この辺りで、今回のあまりルグレ率に、そろそろ本気で投げ出したくなりました(笑)

入口の赤服ルグレ同様、気付かれないヤツの後をつける様に移動し、奥の壊れた壁から隣の女湯へ。
よし!よーし!
そのまま一気に脱衣所まで移動し、ようやく一安し・・・・・・

んじゃねえええええええええええええ!!!!!

ちょおおおおお目の前から赤服ルグレがこっち向かって歩いてきてるじゃないですか!
何その巧妙な罠!
ここまで来て一安心だと思わせといて、前からもやってくるって、何その泣きそうな罠!
ここで今回一番の大絶叫をかまし、DSがまたもや落下(布団の上)。
DS落とすのこれで何度目だよ・・・。

急いでDSを拾い上げ、赤服ルグレに捕まる前に女湯へ戻り、どうにかセーフ。
あああ・・・よく見ると風呂のお湯が真っ赤じゃないですか・・・。
オマケに、こんな所にまで首つりロープかかってるし。
浴場という夢のパラダイスゾーンになんて事してくれるんだ全くもう。


しばらくして落ち着いた所で、赤服ルグレの徘徊ルートを見極め、隙を付いて廊下へ。
よし、今度こそ一安心!

・・・と思ったのに、右からルグレ♂が追ってきてるううううう!!!

今回ホントルグレ出過ぎだろ!
核心に迫ってるからってちょっと張り切り過ぎてるだろ!
物語の真実を確かめる前に、プレイヤーが力尽きるわ!

ダッシュで左へ逃げ、101号室は入れないので、102号室へ逃げ込む主人公。
今度こそ・・・今度こそ一安心・・・・・・できるはずないですよね!はい!すみません!

てか、なんで部屋内で赤服ルグレが待ち伏せてんですか・・・orz

急いで廊下に戻ろうとするも、ここでまさかの扉反抗期。

カンダ「あれ・・・?開かなくなった・・・。」

・・・なんでやねん・・・orz

泣きそうになりながらどうしようとウロウロしてると、ふと妙な事を発見。
さっきからあの赤服ルグレ、立ち止まったまま襲って来ないぞ・・・?
もしかして、ヤツの奥に何かあるのか?

横を通り抜けられるのではないかと思い、ヤツに向かって突撃・・・・・・

ガタ!ガタ!(扉の揺れる音)

カンダ「ヤ・・・ヤバイ・・・!はさまれた・・・!?」

な ん で す と ! ?
ちょっ・・・何言ってんの!?
コイツの奥に何かあるんじゃないの?
まさか逃げれないとでも言いたいの!?
あああ本気でどうすりゃいいんだよおおおおお!!!

・・・と、パニックに陥った瞬間、このタイミングでまさかのゲーム配信が。
こんな時にゲーム出来るほど余裕あるやつなんていねぇよ。


しかし、そんなプレイヤーの気持ちを綺麗にスルーし、勝手にゲーム画面に突入。
タイトルはもちろん『アトフツカ』。

場所は、恐らくこのミサキホテル・・・かな?
主人公は部屋の中にいて、その前に主人公と向き合ってる男性キャラが一人。
あれ?現実とリンクしてるなら、目の前にいるのって赤服ルグレ♀じゃないの?
扉を挟んで廊下には、白黒のバクッた人が仁王立ち。
ん?これが廊下でドンドンやってるルグレ・・・になるのか?

どういう事か状況が飲み込めずにいると、画面に驚くべき文字が映し出されました。

男性「ぼくだよ カンダくん! おおやまだ!」

・・・・・・大山・・・・・・教授!?
ままままさか大山教授ですか!?
えええええ!?一体どうなってんの!?

大山「ここのルグレは ぼくに まかせて きみは はやく ゲームを! いくた あさひを みつけるんだ! ぼくに かまうな! きみは いま じぶんのことだけを! かんがえるんだ・・・! デジタルな のろいの れんさ! いま! ぼくは! それを! みずから! たいけん! している! けんきゅうしゃにとって! これいじょうの よそこびはない!! さぁ! カンダ! さきに すすむんだ!!」

これって、ゲームを通じて大山教授が主人公のピンチを助けに来てくれたって事!?
マジっすか!何その熱い展開!
ありがとう!本当にありがとう大山教授!
今まで散々殴りたいやらお前がいけやら暴言吐いて本当にすみませんでした!(笑)

しかし、ゲームを通じて助けに来たってのが気になるな。
まさか教授、すでに死ん・・・・・・いや、考えるのは止めよう。

とりあえず動けるようになったので、教授に言われた通り、先へ進みます。
バグった人に近づくと、教授の前からやり直しになるので、バグった人に近づかない様気を付けて移動。
その途中、バグってない人が何人かいたので話を聞いていくと、「ここは死者の集まる場所」だとか、「お前はまだ間に合うから引き返せ」だとかって事を何人もに言われました。
ここが死者の場所だとしたら、やっぱり教授・・・。

一番上の教会にある鈴を調べると、『あいのティアラ』を入手!
これでアイテムは全部取った・・・のかな?
って事は、今回は真のEDが見れるのか!
なら、2周目はアイテム取らずに別EDルートで決定だな(笑)

他に行くところはないので、その近くの白黒だけどバグっていない倒れてる人をチェック。

???「・・・・・・。 ク・・・ルナ・・・。 クルナ・・・! クルナ! クルナ! クルナ! クルナ! クルナ! クルナ! クルナ! クルナ! クルナ!」

来たくて来たんじゃねぇよ!
命かかってるからくるしかなかっただけだよ!
・・・と思ってると、ここでゲーム終了。


ゲームが終わると同時に、目の前にいた赤服ルグレも消滅。
おぉ!本当に消えた!ありがとう教授!!
扉はまだガタガタ言ってるので、壊れた壁から隣の部屋を経由し、再び廊下へ。
奥の階段から2階へと進みます。

廊下を進んでいくと、203号室に入れたので早速チェッ・・・!?
・・・クしようと思ったけど、中でルグレ♂が徘徊してたので即行Uターン。
これ以上ルグレに構ってられるか!

・・・って思ったのに、廊下に出た途端、廊下の奥にルグレ♂が突っ立ってるし・・・。
何なのよ・・・今回本当にルグレ祭りじゃない・・・。

一旦廊下奥のルグレは無視して、その先の204号室にも入れたので、そちらを先にチェック。
扉が赤でグチャグチャに落書きされてから凄く嫌な予感がしてたんだけど、中にルグレは見当たらず。
代わりに、顔を赤く塗りつぶされた女の子の絵が描いてあるのを発見しました。
これ、尾高先輩の家に書いてあったあの落書き・・・だよね。
多分モデルはあさひちゃんなんだろうけど、凄い不気味で恐ろしい・・・。

廊下へ戻ってみると、奥のルグレ♂が無事消えてくれてました。
良かった、諦めてくれたか。

曲がり角を曲がり、どんどん先・・・・・・・・・・・・あぁ、まだいたの・・・。
曲がった先の突当たりで待機してるってお前・・・何先周りしちゃってんですか。
途中にある208号室が入れたので、そちらに入ってから廊下に戻ると、また消えてくれてました。
何もしないなら出てくるんじゃねぇと言ってやりたい。
ちなみに、208号室にも女の子の不気味な絵が描いてありました。
あさひちゃんは至る場所に落書きして回ってたみたいですね(笑)


一番奥にある階段から3階に移動。
廊下に出てすぐにある扉に入ると、またもや食堂みたいな場所に出ました。
そしてやっぱり待ち構えてたルグレ♂。
どうせ待ち構えてるだろう事はお見通しだぜ!
お前なんかに構ってられるか!あばよおおおおおおおおお!?!?!?

なんで!?なんっで赤服ルグレまでウロついてんの!?
1匹で十分だろ!
1VS2は卑怯だろ!

泣きごとを呟きながら、奴等の合間を縫って何とか右側の扉へIN。
はー・・・何とか助かっ・・・・・・ってねえええええええええ!!!!

また右側からルグレ♂が追ってきてるうううううううう!!!!
くっそおおおお!またこのパターンかよ!
さっき1階でもやってくれたじゃないですか!

しかし悪夢はこれだけで終わらない。
左側へ猛ダッシュで逃げていくも、突当たりの扉の前で赤服ルグレが待ち伏せしてるのを発見。
前方の赤服ルグレ、後方のルグレ♂。

・・・もう嫌だ・・・orz

途中の扉はどこにも入れなかったというのに、何この挟み撃ち・・・。
どんだけプレイヤーを絶望させれば気が済むんですか。

もちろん、一旦ポーズ画面で休憩。
普通に考えて、前方の赤服に突っ込むのは危険すぎる。
さっきみたいにゲーム配信されて大山教授が助けに来てくれるって保証もない。
こうなったら、後ろからくるあいつの脇をすり抜けて逃げてみるか・・・!
いつも動かない大山教授だって今回は頑張ってたじゃないか!(←励まし)

やったるぜぇ!と気合を入れ直し、うおりゃあああああ!と迫りくるルグレ♂の脇をすり抜け逆方向へ!
すると、見事大成功!
更に、振り返ってみると2体とも勝手に消滅してくれてました。
やった!私やったよ大山教授!


ルグレ達が無事消えたので、奥の扉へ。
ここは結婚式場・・・かな?
奥へ進んでみると、右奥のテーブルで突っ伏してる白いワンピースの女の子を発見。

カンダ「あさひ・・・ちゃん・・・?」

・・・でしょうね。
多分まだ白骨化まではなってないと思うけど、ガリガリで、どう見ても生きていない状態での発見。
予想してたこととはいえ、なんか切ないなぁ・・・。


そして、ここで2度目のゲーム配信。
場所は前回倒れてる子がいた、ホテルの教会からスタート。
式場からは外に出れないので、倒れてる子に話しかけてみる事に。

???「キタノ・・・。 ココマデ・・・。 ドウシテ・・・? アナタハ ドウシテ キテクレタノ・・・? ワタシハ アナタヲ・・・ コロソウト シタノニ・・・。 パパハ・・・ キテクレナカッタノニ・・・ ワタシハ・・・ ゲエムヲ ユルサナイ・・・。 パパヲ ウバッタ・・・ ゲエムガ・・・。 ママヲ コロシタ・・・ ゲエムガ・・・! ネエ・・・。 ドウシテ パパハ・・・ キテクレナイノ・・・? ズット・・・。 ズット・・・ マッテタノニ・・・。 ネエ・・・ ドウシテ・・・? ズット・・・。 ズット・・・ マッテタノニ・・・。 ズット・・・。 ズット・・・。 パパ・・・ヲ・・・。」

あさひちゃんはここでずっとお父さんを待ち続けてたんですね。
ゲームより自分を見て欲しくて、ただその一心で・・・。
考えれば考えるほど切ない・・・。


ゲームが終わると、目の前からあさひちゃんがいなくなっていました。

カンダ「あさひ・・・ちゃん・・・? 消え・・・た・・・。」

遺体だと思ってたけど、あれは霊体だったんだろうか。
テーブルの上に何やら残されていたので、早速チェック。

▼いくたあさひの絵日記
8月7日 はれ
もういっかい パパとママとわたしとで あさひをみたいです。


カンダ「これが・・・絵日記の最後のページだったのか・・・。」

何この泣ける日記・・・。
しかも、日記をどかしたらその下に大きく太陽の絵が描いてあって更にブワワッ!
血かと持ってブルブルしてたのに、そんな不意打ちの切なさが隠してあっただなんて・・・。
オマケに、BGMまで切ない感じにチェンジ。
さっきまで本気で脅かしにかかってたくせに、今度は本気で泣かせにきやがった。


それはさておき。
この後どうすればいいか分からないので、とりあえず戻ってみる事に。
切ない音楽になったからもしかしてと思ってたけど、案の定ルグレも全員消えていました。
主人公がきてくれた事で、あさひちゃんの考えが少し変わったんだろうか・・・。

3階の食堂まで戻ると、大山教授からメールを受信。

▼(大山教授) 件名:遅れてすまない
これを読んでいるということは無事のようだね。よかった。
遅くなってしまったが今そちらに向かっている。じき旧道に差しかかる。
カンダくんも早く戻ってきたまえ。


あ、大山教授、生きてたんだ(笑)
死者の世界とか言われてるゲーム内にいたから、てっきり死んだんだと思ってたよ。

何はともあれ、大山教授もこちらへ向かってるみたいだし、さっさとホテルを脱出するか。
でも、来た道全部戻るのは面倒だなぁ。

・・・と思っていると、3階の階段への扉を開いた所で画面がホワイトアウト。
おぉ!ここでクリアか!よーし!次でラス・・・・・・・・・

・・・・・・・・・は?

えーっと・・・ちょっと待って。
一旦落ち着かせて。
何で今、終わったかのように思えた直後に、トンネル(立ち入り禁止の方)なんかに移動しちゃったの?
音楽も切ないオルゴール調のやつから一変して、いつもの恐ろしげな雰囲気に戻っちゃったしさ。
こっから先は別に必要なくないですか?
どうせ教授と合流して一緒に帰って終わりでしょ?
なんでわざわざトンネルまで歩かせちゃうわけ!?

訳が分からないので、とりあえずゲーム画面を確認。
おぉ・・・わずかにノイズが走ってやがる・・・。
何だこの嫌がらせ。
何度も言うけど、さっきの所で綺麗に区切れたじゃない・・・。


文句を言っても仕方ないので、渋々トンネルを戻っていく事に。
少し歩いたところで、再び大山教授からメールを受信。

▼(大山教授) 件名:トンネルの
入口に着いたよ。ここで待っている。気をつけて戻ってきてくれ。


トンネルの入り口ってどっちのだよ。
ここに来るまで2回通ったぞ。
これで1つ目の方まで戻れなんて言ったら、まさかの長さに泣くぞ(笑)

ノイズはあるけどルグレの姿は見えないので、駆け足でどんどん進んでいきます。
途中、がれきを越える為の脇道に差し掛かったところで、またもや大山教授からメール。

▼(大山教授) 件名:寒い
真夏とはいっても、さすがに夜は冷えるね。
海が近いせいだろうか指がうまくうごかないいいいいいいいい


・・・それ、本当に寒さのせいですか・・・?
何だこのメール・・・なんでこんなに不安を煽るんだ・・・。
いや、ホテル出た所で終わりじゃなかった時点で、すでに嫌な予感はムンムンだったけどさ。

不安を胸に抱えつつ進んでいき、ようやくトンネルの出口へ到着。
・・・けど、なんか金網の向こうにルグレっぽいヤツが立ってる・・・。

カンダ「教授・・・。」

いやいやいや!何言ってんのお前!
あれ、どう見てもルグレですよ!?
教授にも見えるけど、どう見てもルグレでしょ!?

プレイヤーが戸惑ってる間に、画面はムービーに突入。


ゆっくり金網の扉を開き、こちらへと向かってくる大山教授。
しかしその顔は青白く、目は黒く窪んでいる。
大山教授はすでに、ルグレに変わり果てていた。



ほらなー!!!
嫌な予感がしてたんだ!
とにかく逃げ・・・・・・って、速えええええええええええ!!!!!

教授速いよ!何その足の速さ!
今まで出てきたルグレの中で最速じゃないですか!!
あまりの速さに本気で泣きそうになったわ!
ルグレになっても鬼畜な人だな!

何とか脇道の扉・・・・・・ぎゃあああああああああああ!!!!!

今!今扉開けた直後に目の前を教授が通ってったああああああ!!!!
何あの人!ホント速すぎるだろ!
あまりにビビッて本気で涙出たわ!

でも、何とか無事逃げ切れたらしく、脇道に逃げ込む事が出来ました。
そして、ここで3回目のゲーム配信。


場所は前と同じく、ホテルの教会からスタート。
あぁ・・・音楽がまたバグってる・・・。

訳が分からないので、順番に話しかけていくと、目の前のキャラが突如バグッ子に変身。

あさひ「マダ アイツハ イキテイル! アタシヤ ママハ シンダノニ・・・!」

話し終わると、バグッ子は消失。
やっぱりまだあさひちゃんの呪いは解けてなかったんですね。
とりあえず今は、全員に話しかけて、あさひちゃんの声を聞けって事か。

順番に話しかけていった結果、あさひちゃんの意見をまとめると、こんな感じ↓でした。

・自分や母親よりゲームを選んだ父親が憎い。
・ママも父親を憎んでるはずだから、自分が代わりに怨みを晴らす。
・こんなゲームを作った人は全員あさひちゃんが呪い殺した。
・そして、ゲームを受け取ってしまった主人公ももう絶対に逃げられない。

あさひちゃんの気持ちは分かるけど、やり方がダメだったよね。
ゲーム関係者だけじゃなく、関係のない人達にまで被害出しちゃってるもん。
しかも、寂しくて誰かを連れてきたかったとかじゃなくて、理由は言うなれば、壮大な親子喧嘩・・・。
巻き込まれたこっちの身にもなってくれと突っ込んでしまいたい(笑)


ゲームが終わると、音楽が病院で理子ルグレに追いかけられた時のあの音楽に変化。
まさかまだ教授追いかけてきてんのか!?
ビクビクしつつ、猛ダッシュで道なりにホテル方面へ引き返す事に。

灯台への入口辺りまで戻ると、またもや誰かからメールが。
こんな時に誰だよこんちくしょおおおおおお!!!

▼(大山教授) 件名:無事か?
研究室のPCからこのメールを自動送信するようにしておいた。ぼくの心配が考えすぎであることを祈っているが、もしもの時のためにね。未だひとつだけ気になる点がある。
君が言っていた尾高くんの部屋の落書き。あの落書きは何を意味しているんだろう?


教授・・・ああなっちゃう事を自分で予想してたのか・・・。
ホント、考えすぎであって欲しかったぜ。
でもそれを予想してちゃんとこんなメールを残しておいてくれただなんて教授・・・!!!

カンダ「オダカ先輩の・・・部屋の落書き・・・?確か・・・灯台が描かれていた・・・。灯台・・・?さっきの・・・最後の日記のページ・・・!あそこにも灯台が描かれていた・・・!確か・・・この近くにも灯台があった・・・。そこに行けば・・・!」

ありがとう教授!
教授のおかげで呪い解除への道が見えてきたみたいです!

灯台への扉を開いた所で再びホワイトアウト。


『サイゴ ノ ヒ』


ようやく次で最後か・・・。
一体どんな結末が待ち受けているのか、最後までしっかり見届けたいと思います!


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/11/10 23:52】 | ナナシノゲエム | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ツタージャ配信 | ホーム | 拍手返信>>
コメント
>臨在様
私も教授が「朋花さんが元凶」だと言い出したときにはビックリしました!
今回あさひちゃんの遺体を発見せずとも、子供が原因であろうことは、今までの事を踏まえて考えれば分かっただろうに(笑)
しかしこういう所がまた大山教授らしい気もしますね( ̄m ̄*)

それはさておき、今回は本当に鬼畜でした!
トンネル、お地蔵さんの並んだ獣道、廃ホテルと、場所だけでもかなり恐ろしいというのに、その上まさかのルグレオンパレード。
もう止めて!米神のDSはボロボロよ!・・・と思わず叫びました(笑)

でも今回は、大山教授に本当に救われました!
まさかあの場面で、ゲームを伝って助けにきてくれるなんて・・・!
最後はルグレ化しちゃったのは残念でしたが、自分が死んでも尚、教え子を助けに来てくれたあの勇気と優しさに、心から感謝です。
情報遅いやら何やらと文句ばっか言っちゃってましたが、よくよく考えたら、全部主人公を助ける為に頑張ってくれてたんですもんね。

ちなみに、教授の所にゲームが配信されてたのかはまだ定かではないのですが、恐らく配信されてて、未プレイだったんだと私も考えています。
最初の方で「これはある配信されてきた人の・・・」と差し出されたTSは大山教授のものでしたし、「プレイしなかったらどうなるんだろう?」などと意味深な発言もしてましたし。
最後の章でその辺りも明かされるんじゃないかと思うので、しっかりチェックしたいと思います!

最後にあさひちゃんがどんな結論を出し、どんな風に終わっていくのか、しっかり見届けたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/11/29 14:18】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
やっぱり怨みはあさひちゃんの方ですよね?教授…

トンネル、等間隔で並ぶお地蔵さま、廃墟と化したホテル…嫌な組み合わせですね(笑)
そしていい加減教授は人を向かわせるなら下調べをするべき。
でも助けてくれたんですよね、しかし教授も…
教授は未プレイ?でしたよね??
クリア成功→生還
クリア失敗→ルグレ化
未プレイ →強制ルグレ化 って感じでしょうか。

次でラストですね…あさひちゃんがお父さまを許してあげられるといいです…
【2011/11/26 03:16】 URL | 臨在 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1779-f152de8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。