おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
予想外です
コメントで、『それぞれの物語の最後にはボスのような存在(ブルー編では、巨大化レッド)がいる』と教えて頂いてたので、イエロー編では誰だろうと色々予想してたのです・・・・・・が。

人の予想を見事に裏切ってくれる采配でした。

これだからホラーゲームってやつは・・・orz


【イケニエノヨルプレイ日記14】


●イエローの物語 4.運命に抗う
『ロープウェイの中でイエローは少女と話しツクヨミの伝承を知る そして・・・』


前回は少女によってロープウェイでどこかに連れていかれる所で終わったので、一体どうなるのかとドキドキしてたのですが、どうやらすでにどこかに到着したらしく、2人してロープウェイの外に立っていました。

少女「どうしても いくの?」
イエロー「ええ 会いたい人がいるから」
少女「きけん」
イエロー「危険だから・・・・・・一緒にいたいし 一緒にいてあげたいの」
少女「よく・・・・・・ わからない」
イエロー「あなたにとっての お姉ちゃんと同じ 彼は 私にとって大切な人なのよ さあ・・・・・・ 私を あなたの家まで 案内してくれる?」


一体ロープウェイの中でどんな話をしたんだろう。
イエローは「あなたが次期ツクヨミなのよ」的な事も全て聞いちゃったんだろうか・・・。

てか、イエローカッコイイな!
吊り橋効果も相まって、ブルーへの思いがさらに燃えあがったって感じですね!(ニヤニヤ)
愛する人に会う為、健気に頑張るイエローがとっても可愛い(*´▽`*)


★家を目指せ

さて、味方になってくれた少女に導いてもらいつつ、ブルーの待つ家を目指したいと思います!
少女の後に続いて階段を下り出した所で、ブルーからメールが届きました。

▼(ブルー) 件名:連絡ありがとう
家から ロープウェイ乗り場が 見えてるよ
イエローが乗ってる ロープウェイが 無事に着いたら・・・
やっと 会えるんだね よかった・・・


私もブルーに早く会いたいよ!

・・・と感動してたら、妹が横から「果たして本当にブルーは大丈夫かな?」とか言ってきやがった。
更に「これ実は、『やっと会えるんだね。よかった・・・。ようやく君を殺せるよ』って続くんやったらどうする?」とかって不吉な想像までするもんだから、急に激しい不安感に襲われてしまった。
でも、そうだよね。ブルーが絶対安全とは限らないんだよね。
ブルーは最後に拳銃拾ってたし、コメントでも『予想外のボス』って教えて貰ったし、ブルーが拳銃でイエローを殺そうとしてくるって可能性は十分にあると思うんだ。
少女を味方につけたと思ってテンション上がった直後だったから、余計テンションだだ下がりでした。

その状態でトボトボ階段を下りていくと、突如前方にイケニエ♀登場。

・・・なんか今、おかしな登場の仕方したぞ。
崖から後ろ向きに落ちてったのを逆戻しした感じで、崖から起きあがってきたぞ。
何あのインパクトある登場の仕方。
ビビッて叫んじゃったけど、後から思い出して盛大に噴き出した(笑)

とはいえ、ヤツに近づくのは危険なので、右側・・・・・・にもいらっしゃるうううう!!!!

建物の角曲がろうとしたら、予想外の近さにイケニエ♂がいて、思わず全力バック走。
ビビった!マジでビビった!その位置はちょっと近すぎるだろ!
間違えて前進してたら危うくゲームオーバーだったぞ!

さっきまでのテンションはどこへやら。
早くも恐怖心に支配されながら、イケニエ達を避け、一直線に奥にある扉へ。


更に次の扉をくぐると、今度は電車が止まっている場所に出ました。
周りはトンネルというより洞窟みたいな感じなのに、線路が通ってるのか。
なんか不思議な場所だなぁ。
崖下に少女がいるので、そちらを目指して右にある丸太へ。

・・・ん?
丸太を渡った先の崖っぷちになんか手が見えるんだけど・・・・・あぁ、また落ちかけてるのか(笑)
皆本当によく落ちかけてますね。
イケニエ達は目をくり抜かれてるから、前が見えなくて・・・とか?
・・・いや、アイツ等思いっきりこっちガン見して襲ってきてるじゃないか。
単にアホなだけか(笑)

イケニエはスルーして奥の扉へ入ると、またもやブルーからのメールが届きました。

▼(ブルー) 件名:そういえば
さっき 廃屋の中で 何者かの手記を 見つけたんだ
昔 この渓谷で 何が起こったのか・・・
少しずつだけど わかってきたよ


このメール、今必要だった?
別にそんな急いで知らせなきゃいけない事でもないよね?
しかも肝心の『何が起こった』って部分伏せてるし。
わざわざ人の好奇心煽るだけのメールを送ってくるんじゃない。
メールの音にも結構ビビるんだからな!

更に奥の扉をくぐると、再び森の中らしき場所に出ました。
おぉう・・・川が真っ赤に染まってらっしゃる・・・。
誰よ川に絵具流した人。

どこに行けばいいか分からずしばし迷っていると、奥の高台に少女を発見。
でも、そっちへ行く道はイケニエ♂が歩いてるんだよなぁ。
ちょっとスペースがあるから、その時に横をすり抜ければいいのかな?
よし、そうと決まれば早速・・・・・・

ズザーーーー!(坂道を滑り落ちた音)

・・・えぇぇ~~~・・・ここで滑り落とすってアンタ・・・えぇぇ~~~・・・。
しかも、急いで上ろうとしても、途中で滑って上れないというオマケ付き。
何この罠怖い。
コントの様に何度も滑り落ちるイエローに、隣で見ている妹大爆笑。
笑いたくなる気持ちは凄く分かるが、こっちは真剣だコノヤロウ。

そして、ズザーーーっとする事数回。
さっきまで上の道をウロウロしていたイケニエ♂がついに穴にハマって抜け出せないイエローを発見。
あああああ一直線にこっち向かってらっしゃるううううう!
てか、お前は滑らないのかよ!ずるいぞ!(笑)

何とか横をすり抜けて逃げようとするも、結局また滑り落ち、あえなく捕まってゲームオーバーに。
・・・何なのこの罠・・・orz


チャレンジ2回目。
まずはイケニエ♂を避け、坂道をズザー。
ここは必ず落ちないと通れない仕様っぽいですね。
んで、この後どう這い上がろうかと思っていると、妹からこんな助言が。

妹「焦って走るな。歩いてみろ」

なるほど!それは目から鱗だった!
確かにさっきは焦りまくって思いっきりダッシュしてたっけ。

イケニエ♂が目の前を通り過ぎたのち、助言に従い、ゆっくり歩いてみると、普通に抜け出せました!
ありがとう妹!
しかし、あまりにあっさり抜け出せたもんだから、さっきの事を考えるととっても嫌になった(笑)


気を取り直して、道なりに進んでいくと、崖っぷちになっている狭い場所に差し掛かりました。
ここでもまたイケニエ♀が落ちかけてる(笑)

イエロー「狭い道・・・・・・ 渡れるかなぁ…… 最近 太っちゃったから・・・・・・」

・・・え?あれで?
何言ってんのこの子。十分痩せてるじゃない。
お前が太かったら、私なんかどうなるんだ。そんな狭い道、絶対通れないぞ(笑)

どうせ落ちかけてるやつは襲って来ないだろうと高をくくり、悠々と突破。
その先にいる少女を追いかけ、更に崖下へ行くように進んでいくと、またもや岩肌に扉を発け・・・・・・

なんか来たああああああ!!!

扉の前で待ち伏せかよお前!卑怯だぞ!

・・・って思ったんだけど、バック走で逃げたら、影ニエになって勝手に消えてくれました。
ありがとうというべきか、驚かすだけに出てくんなというべきか(笑)

イケニエもいなくなった所で扉に入ると、ブルーからメールを受信。

▼(ブルー) 件名:さっき・・・
地方新聞の 記事みたいなものを 見つけたんだ
誰かを 海に沈めた 事件があったらしい
1987年の 出来事だ
記事を書いたのは たぶん ブラックの 父親だと思う・・・


だからね、そういう事は会ってから話してくれればいいんだって。
お前もイケニエに散々追いかけられただろ?
イエローも今まさに追いかけられてる真っ最中かもとか思わないんですか。
大山教授(@ナナシノゲエム)並みにタイミング悪い子だな(笑)


その先の扉に入ると、少女が左方向へ駆けていくのを目撃。
・・・したけど、そっちにイケニエ♂が頭を抱えて突っ立ってたので、しばし硬直。
何で道塞ぐように突っ立ってるかなコイツは・・・。

でも結構広い場所なので、追いつかれる前に横を通り抜けてしまえば・・・・・・

ズザッ!!(小さなくぼみにハマった音)

何回穴に落とすんだよコンチクショオオオオオオオ!!!
しかも今は後ろからイケニエ♂が向かってきてるってのに!

ダダダダッと足踏みで抜け出し、少女の立ってる場所へ一直線。
すると、突如音が止み、追いかけてきてたイケニエ♂も消えてくれました。
よかった・・・心強い味方が出来て本当に良かった・・・。

さて、扉から先へ進む・・・・・・!?!?!?

バタン(扉の閉まる音)

・・・今、扉開いたら向こうからイケニエが歩いて来てて、思わずバックしてしまった。
でも、心を落ち着かせてからもう一度扉を開くと、そこにイケニエの姿は見当たらず。
おぉ!戻って正解だったんじゃん!よくやった自分(笑)

イケニエも消えたので安心して奥の扉へ向かうと、扉直前でまたもやブルーからメールを受信。

▼(ブルー) 実は・・・
さっきの記事には イエローの名前が 書かれてた
はじめは そんなわけ ないって思った
でも どう見ても これは 君の名前だ
ねぇ イエロー
君は 僕に何かを 隠しているの?


え・・・?ブルー、そんな記事拾ったっけ?
そんな記憶は一切ないのですが・・・。
これ終わった後、気になって自分のプレイ日記読み返してみたけど、やっぱり書いてなかった。
えー・・・どこでそんなもん拾ったんだよブルー・・・。

それにしても、偶然拾った記事にイエローの名前が書いてあるってどういう事だ?
実はイエロー=記憶を失ったお姉ちゃんで、あの幽霊はお姉ちゃんの残留思念でした、なんて事ないよね?

てか、記事に名前書いてあるっていっても、イエローと同姓同名なだけの別人でしたって可能性もあるだろ。
一体どこで絶対イエローの事だと確信したんだよブルー。
どんな記事だったのかもちゃんと教えてくれよ。


メールの内容を気にしつつも扉をくぐると、再び外へ出ました。
森はもう抜けたのかな?
イケニエ達を避けつつ坂を上ると、奥に明かりのついた建物を発見!
あれがブラックの別荘か!

恐らくゴールであろう場所が見えた事で、ルンルン気分で先へ。
しかし、全てがそう上手くいくはずがない。

少女のいる階段を下りた所で、なんと階段上に襲う気満々なイケニエ♀が出現。

★家に逃げ込め!

ですよねええええええ!!!
絶対何か来ると思った!
今までのイケニエの量的に、絶対何事も無く終わる訳ないと思ってた!

ダッシュで先を急・・・・・・貞子おおおおおおおおお!!!

途中にある井戸から貞子(イケニエ♀)が出てきてるうううううう!!!
もーやっぱ井戸はダメなんじゃん!
零とかサイレンとか、とにかく井戸のあったステージは毎回ロクな目にあってないもん!

もう井戸なんか絶対信用しねぇ!と呟きつつ、左にある階段を下り・・・・・・ほふっ!?

突如前方で高速移動し始めた赤い光。
嫌な予感がして懐中電灯をオフにしてみると、案の定高速ジジイがお散歩中でございました。

お爺ちゃんがのんびり歩いてる横を通り抜け、猛ダッシュで家へ駆け込・・・・・・

ぎゃああああああああ!!!!!

ポーン(ホームボタン音)

襲う気満々のイケニエ♀に追いかけられて。
井戸から出てきた貞子、もといイケニエ♀にビビらされ。
ゴール手前の高速ジジイに怯まされ。
ようやく家に着いたと思ったら、突然上からイケニエが眼前に降ってくるってどんな罠なの?

あまりの恐怖の連続に、ブッ倒された後の屍人(@サイレン)のようなポーズでうずくまったわ。
妹から「お前の叫び声にビビるから静かに叫べ!」って怒られたけど、私は悪くない・・・。
こんなにも恐怖を詰め込んできやがったイケニエ共が悪いんだ・・・(笑)


しばし休憩後、ホームを解除し、ようやく家の中へ。

イエロー「ブルー・・・・・・ どこにいるの・・・・・・」

ブルー、玄関で待っててくれた訳じゃないのか。
ここにいないって事は、リビングかな?

先へ進む前に、玄関横の棚の上に手記が置いてあるのを発見。

▼何者かの手記
ツクヨミの力は 代々 継承され 彼女らは 生贄を求めた
その 未来を見通す能力は 長きにわたり 政治的に 利用されてきたという
そして 次の継承者もまた 予知によって 定められる との話だ

『違う筆跡で 続きが書かれている』

オヤジに果たせなかったことを 俺は 果たさねばならない
この物語・・・・・・ 今日で終わらせてやる


前半部分はさておき、どうやらブラックが何かを決意したようですね。
この物語を今日で終わらせる・・・か。
でも結局、ソノゴのチェンソー持ってぶっ倒れてくるあのシーンに繋がるんだよね。
ブラックはチェンソーで一体何をしようとしたんだろ?


とりあえず、リビングへ・・・・・・行こうとしたら、どこからともなく男性の低い声が。

???「殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す!」

何怖い事口走ってんのこの人・・・・。
ブラック?ブルー?まさかのレッド?
余談だけど、最初「ドドスコスコスコろす殺す殺す殺す!」って聞こえて盛大に噴き出した(笑)

声を辿っていくと、どうもトイレから聞こえる模様。

イエロー「だれ・・・・・・?」

イエローのセリフ後、トイレは調べられなくなってしまったので、諦めてリビングへ。
リビングの扉を開けようとした所で、ムービーに突入しました。


リビングの扉前で立ち止まるイエロー。
その背後には、チェンソーを持った血塗れの男が立っていた。

ブラック「・・・・・・殺す」



『運命に抗う』 END


イエロー編のラスボスお前かよおおおおおおおおお!!!!

『お前の事は大切な友達だと思ってる』とかってメール送ってきたくせに!
何いきなり手のひら返ししちゃってんのこの子!
現時点でイケニエノヨル一番の衝撃だったよ!

ブラックは『ソノゴ』でチェンソー持って倒れてきた上に、『あなた』に「逃げろ」と忠告までしてくれたので、てっきり最後まで正気を保ち、イケニエ達と戦ってたんだと思ってました。

てか、イエロー編のラスボスは、ブルーだと思ってたんですよ。
ブルーの物語の最後で拳銃拾ったし、今回も「君は 僕に何かを 隠しているの?」なんてイエローを疑うようなメール送ってきたので、まさかの主人公VSヒロインになるんだとばかり・・・。

ブラック・・・ブラックか・・・。
チェンソー持ってたよね、あの人・・・。
何だか『ジェ○ソン』の映画があまりに怖くて途中で見れなくなったのを思い出してしまった。
・・・嫌だなぁ・・・。


・・・あ!でも待って!
よくよく考えたら、イエローはあの崖から自殺するし、ブラックもイケニエ達の呪いで死んじゃうんだよね。
2人共ソノゴの主人公『あなた』に目撃されてるって事は、それまで2人共生きてるという事。
という事は、結局ブラックはイエローを殺さないでくれるって事じゃないか?

あああイエロー編最後がどうなるのか凄く気になる!
チェンソーは怖いけど、次も頑張って進めたいと思います!


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/11/26 23:08】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<牧場 | ホーム | 1125(いい双子)の日>>
コメント
>瑠璃様
やはりロープウェイの中で色んな話を聞いてしまった可能性が高いのですね。
しかし、瑠璃様の仰る通り、それでも尚ブルーに会う事を選択したイエローは本当に強いと思います!
「危険だから・・・・・・一緒にいたいし 一緒にいてあげたいの」という台詞には思いっきり心打たれました(*´▽`*)

お姉ちゃんとイエロー。
この2人はやはり別人なんですね。
しかし、となるとイエローの名前が書いてあった記事というのがますます気になってきました。
ブルーが拾ったのは、あの拳銃を拾った後だったとして、何故イエローの名前が書いてあるものがあの家にあったのか。
イエローは実はこの村出身だったりするんでしょうか・・・?
ううむ・・・謎だ。
今後の展開に注目したい所です!

次回。
やはり次回はブラックと恐怖の鬼ごっこなんですね(T▽T)
チェンソー持って背後に立たれた瞬間からそんな予感はしてました・・・orz
イケニエに追いかけられるのも怖いですが、友人に殺されそうになって逃げるというのもまた凄く恐ろしい展開ですよね(><)
ブラックは何がどうなってそういう結論に辿りついてしまったのか・・・。

とりあえず、光が無ければあまり見つからないんですね!
アドバイス、本当にありがとうございます(*´▽`*)
どうにか逃げ切れるよう頑張りたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2011/12/09 22:33】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
おぉ!人気投票があったんですね!
どんな順位になってるのか気になるので、また後で覗きに行かせて頂きます(^^)
番外編のお話も、一体どんなお話になるのか凄く楽しみです(*´▽`*)

小三、小四が休刊というのは、私もニュースサイトでちょっと見ました。
ポケスペが掲載されてる雑誌が休刊になってしまうのは本当に寂しいですね(><)
次はどの雑誌で掲載していく事になるのかも凄く気になる所です。

好きなポケスペキャラ。
一番・・・う~ん・・・一番ですか・・・。
ポケスペは好きなキャラが多すぎるので、一番というのは決めれないかもしれません(^^;)
でも、やはり初代主人公レッドさんは格別に大好きだと思う事が多々あります!
まさに原点にして頂点(笑)
あと、ルビーくんには思いっきり一目惚れしたので、いまだにこの子も特別ですね。
女の子では、ルビーくんとセットでサファイヤがお気に入りだったりします(^^)

あああでもやっぱりここにあげてない子も捨てがたい!
好きなキャラが多くて、いい意味で困ります(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2011/12/08 22:37】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
イエローはきっとロープウェイの中で少女にツクヨミのこととか、この土地であった全ての出来事を聞かされたのではないのかな?と思います。それでも尚「ブルーに会いたい」と願うイエローは本当に強い子ですよね!凄くカッコいいと私も思いました。
ブルーが見つけたというイエローの名前が書いてあった新聞記事は確かにブルーの物語では拾ってないんで、もしかしたらあの拳銃を拾った後、見つけたと考えるのが妥当でしょうねぇ。またはイエローを待っている間に見つけたとか…。とりあえず一つだけ言えることは「お姉ちゃん」とイエローは別人物だってことだけですかねぇ。
さてさて、次回はブラックとの恐怖の追いかけっこが待っていますね☆ブラックは怖いですよ~。巨大化レッドなんかと比べられないくらい恐ろしいですから♪頑張って逃げてください。アドバイスを一つするとブラックは光が無ければ案外近くにいても気づかないことが多いですから隠れながら逃げると良いでしょう。
果たしてイエローに待ち受けるのは希望か絶望か!?お楽しみに!www
【2011/12/06 13:12】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
http://family.shogakukan.co.jp/kids/netkun/pokemon/official/
見たくなかったら見なくても良いですが
第2回ポケスペ人気投票の結果が出ました。
人物部門1位とポケモン部門1位には番外編が作られますね。

そういえば小学三年生と小学四年生が休刊になってしまうようで・・・
特に小四はポケスペが連載されてるだけに・・・
(小四、ポケモンファンと共にポケスペが掲載されているコロコロイチバンが
隔月から毎月発売になったのはそれを見通して?)

米さんってポケスペキャラの中では誰が1番好きですか?
【2011/12/03 02:35】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1798-ab2d502e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。