おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第210夜 A・Wをたずねて・理由 感想その4
Dグレ感想その4!
今回1番・・・いや、やっぱ2番目かも(笑)
2番目に書きたかった感想です。


【第210夜 A・Wをたずねて・理由 感想その4】


●あらすじ

神田に破壊されたAKUMAの言葉を受け、ジョニーが神田に尋ねる。
折角自由になれたのに、何故戻ってきたのかと。

「あいつをノアに覚醒させたのは俺だ」

六幻を握りしめ、神田は静かに答えを紡ぎ出す。

「北米支部のこと・・・? でもっ あれは伯爵がアルマを使って神田に・・・ 神田ひとりが悪いんじゃないよ!!」

「教団がどうなろうが どうでもよかった だからパリでの任務のとき あいつのノア化の片鱗に気付いてて無視した コムイにも報告せずに ほっといた 俺はノアやAKUMAより教団が憎かったから」

神田がゆっくりと振り向く。
その顔は穏やかな、それでいて切ない笑みを描いていて。
ジョニーの目に涙が浮かぶ。

「でも今は この後悔が 安らかに死ぬにはちょっと邪魔なんだよ」

言い終えると同時に、この煙は体に毒だからと、神田はジョニーの荷物を持って歩き出す。
前を行く神田の背を眺め、ジョニーは涙を流した。


───── 「ごめん」と 言いそうになってオレはやめた ─────

───── 「ありがとう」 ─────

───── 「ありがとう」 ─────

───── 神田はアレンの為に戻ってきてくれたんだ ─────



──────────


(´;ω;`)ブワワッ!!!

神田の言葉を読みながら、思わず涙が溢れそうになりました。
「アレンの為に戻ってきた」って部分にはもちろん萌えさせて頂いたんだけど(笑)、「でも今は この後悔が 安らかに死ぬにはちょっと邪魔なんだよ」って部分が・・・ね。
そっか、やっぱり神田の体はもう・・・ってのがじんわり伝わって来て、本当に切ない。

神田はきっと、死ぬ事を恐れていない。
だけど、死ぬならきっちり自分の落とし前はつけていく、って感じなんだろうね。
その覚悟をするまでに、神田は一体どんな事を考えたんだろう・・・。
考えれば考えるほど泣きそうになってくる。


神田「教団がどうなろうが どうでもよかった だからパリでの任務のとき あいつのノア化の片鱗に気付いてて無視した コムイにも報告せずに ほっといた 俺はノアやAKUMAより教団が憎かったから」

「オハヨウ」の件を報告しなかったのはそういう理由があったんですね。
曲がりなりにもアレンを仲間と認めているからこその行動・・・って訳ではなかったのか。

でも、考えてみれば、神田が教団にいたのって、『あの人』を探すのに一番適した場所だからなんだよね。
自分の過去を必要以上に説明しないまま、いかに効率よく『あの人』探しが出来るか。
警察や探偵に頼むより、こっちのがよっぽど確実だもんなぁ。
エクソシストであった本体さんと関係してる人を探すんなら尚の事。
だから神田は教団を助け、教団に居続けたんだよね。

ただ、それなら、教団がレベル4の襲撃を受けた時だって助けなきゃよかったんじゃ・・・という疑問もふわり。
エクソシストでなくなれば、あの人探しが難しくなるし、最悪、続行出来なくなる可能性もある。
それを防ぐために・・・ってのも確かにあったとは思うんだけど。
でも、それをいえば、アレンのノア化だってあの時は大丈夫でも、教団に帰った途端、いきなりノアとして覚醒して教団を滅ぼそうと動き出す可能性だってあった訳なんだよね。
あの時点で神田はあの人へのヒントなんてまだ全然入手してなかった訳だし。

・・・・・・あ、そっか。
レベル4の時はさておき、パリの時はサード達がいたんだ。
サード達の行動を見て、神田が「また新しい人体実験をしたのか?」と思ってもおかしくはないし、教団への怒りがふつふつ湧き上がった状態だったってのもあったのかも。


しかし、個人的には、そういう打算的な部分の中に、少しの良心があったと信じたい。
いくらあの人の為だからって、あそこまで身を張って憎むべき教団を守るものか?って思うんだよ。
アレンとラビと力を合わせてレベル4の攻撃を受け止めてたあのシーンとか、レベル4の攻撃からコムイさんを守る為に身を呈して庇ったあのシーンとか。
いくら再生能力があるとはいえ、跡形もなく消し飛ばされちゃ、いくら神田だって再生出来ないと思うんですよ。
そして、あの攻撃にはそうなる可能性だってあったはず。
それでも神田は動いた。動いてくれた。
その理由は、決して打算的な計算だけじゃなかったと信じたい。

アレンの事を報告しなかったのだって、「アレンが教団に囚われる事になったらどんな事をされるか」という事を、ほんの少しでもいいから、考えてくれた上での行動だったらいいなぁ。
教団で辛い目に遭ってきた神田は、誰よりもその辛さを理解できるはずだと思う。

てか、実際そういう部分は絶対にあったと思うんだよ。
でも、こういう事って後から考えると、後悔すべき点ばかりが目に止まっちゃうものじゃない。
神田も、「自分にそういう打算的な部分があったから、結果的に見捨てる事になってしまった」という後悔ばかりが先走って、上記のように言っただけなんじゃないかと思うんだよ。

神田に夢見過ぎだろうか・・・とも思うけど、このセリフ↓がね。

神田「でも今は この後悔が 安らかに死ぬにはちょっと邪魔なんだよ」

こんな事言っちゃう優しさを持った子が、完全に自分の利益目的だけで動いてる訳がないじゃないって思う。


あぁそうだった。
このセリフについても色々語りたかったんですよ。
いや、上でもすでに語っちゃってるけど(笑)

よくよく考えたら、神田が今まで「死ねない」というほど執着したものって、『あの人』だけなんだよね。
神田って、今までだって色々後悔する事はあっただろうけれど、あの人とアルマの事以外は、「どうにかしたい」と思えるほど後悔した訳じゃなかったんじゃないかと思う。
「仕方なかったんだ」とかって切り捨てる事が出来た。無理やりにでも切り捨ててきた。
しかし、今回ばかりはそうできなかった。

こんな神田に、「このままじゃ死ねない」と思わせたアレンってかなり凄いんでないかと思う。
神田の閉じた世界を、どんな形であれ広げてくれた。
そのきっかけがアレンなんだと考えると、本当に萌・・・ゲフンゲフン。
いえ、アレンファンとして、神田ファンとして、本当に嬉しく思います(笑)

でも、そう思えたのが死の間際になってってのが本当に切ない・・・。
大切な事に気づくのって大抵遅いんだよね。
神田の寿命があとどれくらい残ってるかは分からないけど、最期に後悔しない人生を送ってほしいものです。
・・・できれば奇跡が起こってアレンと共に長生きしてほしいってのが本音だけど(笑)


ジョニー(「ごめん」と 言いそうになってオレはやめた 「ありがとう」 「ありがとう」)

ジョニー(神田はアレンの為に戻ってきてくれたんだ)

私はむしろ、ジョニーに「ありがとう」って言いそうになった。
神田はアレンの為に戻ってきたとか、そんな事言われちゃ仕方ないじゃない。
ごめん・・・本当にごめん・・・。
折角の感動的な場面だというのに、脳内は「何その神アレ!」ってお祭り騒ぎだった(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2011/12/08 23:27】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<第210夜 A・Wをたずねて・理由 感想その5 | ホーム | 第210夜 A・Wをたずねて・理由 感想その3>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1812-661cd4b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。