おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
俺はまだおじさんじゃねぇ! byブラック
イケニエノヨル進めました!

今回の少女の勘違いは、樹月くん(@零・紅い蝶)のはまだ可愛い勘違いだったなと思える勘違いだった。
おじさん・・・ブラックがおじさん・・・(笑)

そういやあの少女は、ソノゴでも『あなた』をお姉ちゃんと勘違いしてた事があったっけ。
幽霊達の勘違いっぷりって本当に凄いですね。


【イケニエノヨルプレイ日記16】


●ブラックの物語 1.憑夜見を沈めよ
『憑夜見渓谷の伝承と自分の父親の関係を解き明かすべくブラックはひとり夜を歩く・・・・・・』


新聞記者だった父親が、自分たちの家庭を顧みず追い続けていた憑夜見渓谷の謎・・・・・・
その真実を確かめるべく、ブラックは仲間たちと離れ、ひとり渓谷を探っていた


ブラックはどこからスタートするのかと思いきや、ここに到着した直後からスタートみたいですね。
一人で、イエローの物語3でやってきた2回程床が抜けた吊り橋付近(ブランコ側)まで来たらしい。
ここからブラックがあの奇行に至るまでの真実が明らかになっていくのか。

ブラック「あいつらを ここに連れてきたのは 失敗だったみたいだな・・・・・・ まさか本当に 生贄たちが 徘徊しているとは・・・・・・ オヤジ・・・・・・ オレの知らないところで 一体 何していたんだ・・・・・・」

ブラックの父親はここでいたいけな幼女とニャンニャンしてたみたいですよ(笑)

・・・という冗談はさておいて。
ブラック父は家族を捨ててまで少女を助けようとしてたんですね。
自分が世間に儀式の事を公表してしまったが為に命を狙われる事になった少女を・・・。
最初はブラック達を捨ててこんな所で幼女と何してたんだって思ってたけど、なんていい人だ。


さて、早速スタートしたはいいものの・・・・・・いつもの指示が出ないな。
適当に進んで行けばいいんだろうか。
素直に先へ進む前に、とりあえず回れ右。

・・・してみたら、吊り橋に何かが座ってらっしゃるじゃないですか。
袋被ったイケニエっぽなぁと思いながら近づいてみたら、やっぱり袋イケニエでした。
何道塞いでんだよ、と、余裕綽々で近づいてみたら、なんと突然元気よく起立!
そのまま一直線にブラックに向かってダッシュ!

・・・って、ちょっと待って!速すぎない!?
速い!絶対速い!速すぎるって!!!

待って!本気で待って!待っ・・・・・・あああああああ!!!

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

・・・素直に先進んどけばよかった・・・orz


チャレンジ2回目。
今度は吊り橋をスルーして先に進みます。

イケニエ♂がウロついてるので、ヤツが左の行き止まりへ行った隙に中央の道へ。
ヤツにバレた音がしたのでダッシュで進ん・・・・・・・ぎゃああああああ!!!
ちょっ・・・なんで木が倒れてくるんですか!
ブルーの時の岩といい、イエローの時の吊り橋といい、物理的に傷つけようとしてくる事の多いゲームですね。
霊的意味でなく生命の危機を感じるのなんて、サイレンだけで十分だよコンチクショウ!
(※サイレンでは、銃やナイフといった武器で倒される)


道なりに進んで、崖にある扉をくぐった先で、少女からメールが届きました。

▼(少女) 件名:
おじさん もどってきて くれたのね うれしい


おじさんじゃねーし。お兄さんだし。戻って来てねーし。
てか、ブラックは絶対初対面なのに、嬉しいも何もある訳ないじゃない。
この短い文にどんだけ突っ込ませるんですか。

そしてここから少女の勘違いが始まった(笑)


次の扉をくぐるも、そこは広い空間になっているだけで先へは進めず。
どうせここの壁が崩れるんだろ?と思いながら近づいてみるも、崩れる気配はゼロ。
・・・・・・あれ?まさか道間違えた・・・?

戻ろうかと振り返ってみると、なんと背後に影ニエに囲まれた少女が座ってるではありませんか。
今までいなかったのにいつの間に現れたの!?
助けなきゃいけないんだろうかと思い近づいてみるも、触れる前に影ニエも少女も消滅。
ついでに何故か懐中電灯も消灯。
コラ、何故勝手に消える。

気を取り直して明かりを点けてみたら、扉の前に少女が立ってて思わず絶叫!
オマケに、突然イケニエ♀に変身して追いかけてきたので、更に大絶叫!

ここでようやく壁が壊れてくれたので、猛ダッシュで逃げます。
走っていく少女を追いかけて辿り着いたのは、これまたイエローの物語2で来た事のある場所でした。
イエローが自殺した場所近くの牢屋から脱出する時に通った、高速ジジイのいたあの場所。
まさかまた高速ジジイが出てくるんじゃないんだろうな・・・。

ドサッ・・・!(何かが落ちてきた音)

・・・ん?何の音・・・・・・はぁ!?
え?何でイケニエ♂が右側の高台に横たわってんの?
さっきまでいなかったじゃない!
まさか今の音、上からコイツが降ってきた音・・・?
いやいやいや、折角高速ジジイいないのに余計なオプション付けんなよ!


とりあえずイケニエと反対側の高台を見てみると、そこにラジオが置いてあるのを発見。
霊石ラジオきたー!と、零ネタを叫びながら早速ゲット。

ブラック「ラジオ・・・・・・ 普通の放送じゃなさそうだ・・・・・・」

ラジオの音声が流れてたけど、何を言ってるのか全く分からない。
イケニエ達の音声を受信してる・・・んだろうか?

ラジオの近くに何か置いてあったので調べてみると、月形のオブジェを入手できました。

ブラック「憑夜見渓谷・・・・・・ ツクヨミ・・・・・・ そして 月形のオブジェ か・・・・・・」

何これ?一体何の為に拾ったのブラックさん。
私にはこれの必要性がサッパリ分からないよ。
とにかく先に進むかあああああああああああ!!!!

ちょっ・・・なんでこっち側にもイケニエ♂が降ってくるの!?
一応通路に戻れるよう、奥側に落ちてきてくれたみたいだけど、通路に戻る際、かなり近く通るからね!
結局怖い思いする事になるんだから、いっそ降ってこないでよ!

急いで通路に戻り、先を進んでいくと、その先の高台(右)に、もう一つ似たようなオブジェを発見。

ブラック「意外に重たい・・・・・・ 側面には 複雑な模様が彫られてるな・・・・・・」

重たいのにワザワザ拾って、しかも持って行っちゃうんですかブラックさん。
私ならそんな重いもの、絶対置いてくよ。
武器にするにしても、もっと使いやすそうなもの選ぶわ。

そして振り返ると同時に、またもや降ってくるイケニエ♂。
お前等はどんだけ降ってくんのよ。
しかも今回は今立ってる場所のすぐ横に落ちてくるとか・・・。

起きあがってくんなよ~と念じつつ進もうとした所で、少女からまたもやメールが届きました。

▼(少女) 件名:
おじさん また いっしょに あそぼうよ


だから、俺おじさんじゃねぇって! byブラック

少女はブラックとブラック父を勘違いしてるっぽいですね。
なんでブラックの携帯のメアド知ってるかが不思議だけど。
てか、メアド知ってるなら、携帯がおじさんのものじゃないって事にも気付いてよ(笑)


再び先へ進もうとした所で、ふと目に留まった高速で動く赤い炎。

やっぱり出たか高速ジジイ。

あぁもう、やっぱりここは彼のテリトリーなんですね。
懐中電灯をオフにし、彼が目の前を通り過ぎた隙に、イエローが来た牢屋側へとダッシュ!

牢屋へ行く前に、両側にも通路があったので調べてみたのですが、なんと壊れた壁からイケニエ♂が登場!
ぎゃああああ!余計な所調べるんじゃなかったああああ!!!

追いかけてくるイケニエ♂を振りきり、急いで牢屋への扉へ向かうと、扉に穴が2つ空いてるのを発見。
調べてみると、なんとさっきのオブジェがピッタリハマるではありませんか!
何の為に使うのかと思ったら、この扉を開く為の鍵になってたんですね~。
拾っといて良かった!
拾ってなかったら、高速ジジイがウロつくあの通路に戻らなきゃいけなかった所だよ。

さて、これで先・・・・・・うおおおおおおおおおおおおおい!!!

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

いつの間にかさっき出てきたイケニエ♂が背後にいた・・・orz
何だよ・・・振り切ったと思ってたのに、しっかり追いかけてきてたのかよ・・・。


チャレンジ3回目。
ラジオ&オブジェを拾い、今度は余計な寄り道をせずに扉へ一直線(笑)
扉を開くと同時に、再び少女からメールが届きました。

▼(少女) 件名:
おじさん また いなくなるの?
おいていかないで


何この可愛いメール。
「大丈夫、置いていかないよ。君の傍にずっといるよ」とかって言いたくなったじゃない。

実際にブラック父がいなくなったのは、村人達に捕まったから・・・かな?
あの文章から考えて、ブラック父が少女を裏切るとは考えにくいし。
多分村人に捕まって殺されちゃった・・・とかだろうなぁ。


先に進んでいくと、行き止まりの壁の前に少女が立っていました。
置いていかないでと言いつつ、結構近くにいたんですね(笑)

この子は大丈夫だろうと高をくくり近づくと、一瞬イケニエ♂に変身し、消滅。
何今の罠・・・。
襲ってくる訳でもないなら、いちいちビビらせないでよ・・・。


行き止まりの壁を調べると、それは牢屋のあの棚だったらしく、ついに牢屋へと到着!
・・・あれ?ソノゴで主人公を助けてくれた骸骨の像が1体置いてある!
こんなもの、イエローの時にはなかったはずだけど・・・。

ブラック「気味の悪い像だ・・・・・・ でも・・・・・・ なぜだろう 懐かしい感じがする・・・・・・」

懐かしい・・・?
私は初めてこの銅像を見た時、かなりビビりましたけど・・・?
こんなもんに初対面で懐かしさを覚えるって、スゲェなブラック!
でもこの子は悪い子じゃないって分かってるから、私も安心した!
ソノゴでめっちゃ助けてくれたもんね。

そういや、あの骸骨達・・・4人の被害者って結局誰の事だったんだろう?
現時点じゃブルー、ブラック、イエローは生きてるし、ブラックとイエローが死んだ時間的に考えると、ソノゴで主人公を助けてくれたのは、ブルー達ではない気がしてきたんだよね。
・・・・・・。
・・・・・・。
・・・・・・。

・・・まさかこれ、ブラックの父じゃないよね・・・?
いや、それにしたって残る3体は誰だって話なんだけども。
ううむ気になる・・・。
とりあえず後から出てくる事を祈って、今は置いときます。


グルリと牢屋内を見渡してみると、棚に何者かの手記を発見。

▼何者かの手記
ツクヨミの力は 代々 継承され 彼女らは 生贄を求めた
その 未来を見通す能力は 長きにわたり 政治的に 利用されてきたという
そして 次の継承者もまた 予知によって 定められる との話だ


政治的に利用・・・か。
ニュアンス的に、あまりよくない事にも使われてたのかな。

ブラック「生贄を求める ツクヨミの力・・・・・・ オヤジは それを追っていたんだな そして 何らかの理由で 命を奪われた・・・・・・ いったい なぜ・・・・・・」

そりゃあ・・・と、色々考えようとした所で、突如BGMが怪しげな雰囲気に変貌。
何何何!?何が起こるの!?とドキドキしてたら、カメラがグルリとブラックの周りを回り・・・・・・

・・・・・・レッド!?


『憑夜見を沈めよ』 END


ちょっ・・・今、ブラックの後ろにレッドが立ってたんですが!
なんでレッドがここにいるの!?
突然現れたって事は、もう死んじゃった後・・・だよね?
でも、巨大化してないって事は、ブルーの元へ現れる前って事?
ええええええ!?
予想外の登場に、一体どうしたらいいか分からないくらいパニクったよ!

まさかブラックの物語のラスボスもレッドになったりしないだろうな・・・。
もうあの巨大化レッドを相手にするのは嫌だぞ。
あれは本当に恐ろしかった・・・。


それはさておき、今回はブラック父について色々分かった事がありました!
まず、ブラック父は儀式について世間に公表した上、少女を庇ってたから村人達に殺された。
んで、殺された事を知らない少女は、いつまで経っても帰ってこないおじさんは、自分を裏切ったと思った。
それがあの「おじさんきらい」とか「おじさんも裏切ったんだよ」に繋がる・・・んだよね?
おじさんはいい事しかしてないのに、なんで裏切った事になるのかと思ってたけど、そういう訳だったのか。

しかし、何度も言う様に、「あの人」ってのが分からん。
今の今まであの人に当てはまりそうな人が見事に出てきてない気がしてならない。
ブルー達5人の中の誰かの事だろうか・・・。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2011/12/26 23:31】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<七色アーチ | ホーム | ハッピーバースデー&クリスマス!>>
コメント
>瑠璃様
明けましておめでとうございます!
昨年はコメント&アドバイス、本当にありがとうございました(^^)
こちらこそ、今年も仲良くしてくださると嬉しいです!

イケニエノヨル。
この土地で何が行われていたのか、大分ハッキリしてきましたね(^^)
少女が何故守ってくれようとしてたブラック父に怨みを抱いてるのかも分かってきましたし、かなり核心に近づいてきたのかなと思っています。

しかし、この先にこれ以上に衝撃的な展開が待ち構えてるとは・・・。
正直、チェンソーブラックが一番衝撃的すぎたので、何が起こるのかさっぱり想像がつきません(^^;)
とりあえず、何かが起こるという事だけはしっかり頭の隅に置いておきながら進めたいと思います!

次のステージ。
少女の立ってる場所が安全地帯なんですね!
アドバイスありがとうございます(^^)
まだ進めてないので凄く助かります!
近々プレイする予定なので、瑠璃様からのアドバイスを胸に、また頑張りたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2012/01/13 01:30】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
明けましておめでとうございます!今年も米神さんのブログを楽しみにしていますね^^
だんだんとこの土地で起きた出来事の核心に近づいてきましたね。これから更に衝撃的な展開が待っているんで楽しみにしていてください。
さてさて、もう大分時間が経ってしまったので、もしかしたら既にプレイ済みかも知れませんが次のステージでは少女が立っている場所に注目してみてください。「ここ絶対に通れないじゃん!」と思える所も実は少女のいる場所が安置だったりします。少女はブラックを「おじさん」だと思っているんで多少は優しいんです(笑)
それでは今年も頑張ってくださいね☆
【2012/01/11 21:06】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
>todhiki様
明けましておめでとうございます(^^)
昨年も沢山のコメント、沢山のポケモン情報を頂き、本当にありがとうございました!
物凄く参考になりました♪

2012年のマヤの予言は私も聞いた事があります。
・・・が、ノストラダムスの予言も全然気にしてなかったので、今回も全く気にせずに終わりそうです(^^;)
というか、多分これ書いた数分後には綺麗さっぱり忘れてそうです(笑)

昨年は災害など色々ありましたし、今年はいい事が沢山ある年になるといいですね!

では、コメントありがとうございました☆
今年一年がtoshiki様にとって素晴らしい一年になります事をお祈りしていますm(__)m
【2012/01/01 23:26】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今年はマヤにより12月21日に地球滅亡が噂されていますが、これは流石にデマですね。
【2012/01/01 15:21】 URL | toshiki #XRwiWfgU[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1832-5ae1e02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。