おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
マネキンを見たら動くと思え
零4作目の亞夜子&翳さんの部屋で苦手意識が芽生え。
呪怨で更にその意識が増長し。
ついにイケニエノヨルでトドメをさされました。

あのクソマネキンめ・・・orz


【イケニエノヨルプレイ日記17】


●ブラックの物語 2.騒々しいパレード
『明らかになっていくブラックの父親の道程。そして、突如現れたレッド。この先には一体何が・・・・・・』


ゆらゆらとブラックに向かって歩いてくるレッド。

──────────ブツかる!

そう思った瞬間、レッドはブラックの体をすり抜け、そのまま奥の扉へと歩いて行った。


レッド、巨大化はしてないものの、もうダメじゃないですか。
それは残像だとでも言うかの如くブラックの体すり抜けちゃってるじゃないですか。

体の大きさと、イケニエ化の進み具合から察するに、これはブルーの所へ現れる前のレッドなのかな?
この後彼は巨大化してブルーの前に出てきて、「うおっ!眩しっ!」ってされるんですね(笑)


★レッドを追え

レッドが消えていった扉が開けっぱなしになってたので、そちらへ進みます。
入った直後、凄い音立てて扉が閉まるもんだから、思わず叫んでしまった。
サイレンやってる時は「自動で閉まってよ(自分で閉めない限り閉まらないので)」って思うのに、イケニエやってる時は「勝手に閉まらないでよ」って思うんだから、人間って自分勝手ですね(笑)

扉の先は大きな洞窟の様な場所になっており、吊り橋が一つ掛かっていました。
吊り橋の先には、佇むレッドの姿が。
おぉ!ちゃんと待っててくれてるじゃない!

吊り橋渡りだしたら右方向に駆けてっちゃったけど、もしかして今回の案内役ってレッド?
てっきりまた少女を追いかけるんだと思ってたのに、今回はレッドを追いかけろだもんね。
レッドがブラックをどこかに導いてくれてる・・・のか?
まだイケニエ化してないっぽいし、実はレッド、最初は皆を助けようとしてくれてたんじゃ・・・

・・・と、思ってたら、レッドからのメールを受信しました。

▼(レッド) 件名:フクシュウダ・・・
アイツヲ コロス
コノテデ ヤッテヤル
ジャマヲ スルナヨ


一瞬で期待を裏切りやがったよコンチクショウ。

そして彼は一体誰に対して復讐するつもりでいるのか・・・。
ブルーの時にも同じ様なメール送って来てたから、ブルーではないと思う。
ピンクでもないだろうし、イエローはまだ着いてないし、残るはイケニエか少女かお姉ちゃんか・・・。
やっぱ自分を殺した相手を怨んでるだろうし、イケニエなのかなぁ。


橋を渡り終えて右へ行くと、その先の通路は左右の壁から飛び出してるトゲで進路を塞がれていました。
よく見ると、その奥の壁にミイラっぽいものが沢山貼り付けてあるのが見える・・・。
なんという嫌な空間・・・。

こっちには進め無さそうなので逆方向へ行ってみると、なんと少女が立っているではありませんか!
しかし、こちらもトゲが道を封鎖。
・・・え?何これ?どうしたらいいの?
少女の奥にスイッチっぽいものが見えるけど、ここからじゃ届かないみたいだし・・・。

とりあえず橋の方へ戻ってみると、橋近くにある細い岩にスイッチが付いているのを発見!
これか!
なんで裏側にあるんだよ。思いっきり見逃してたじゃない(笑)

早速ポチっとやってみると、何かが開いた様な音が響き渡りました。
通路に戻ってみると、少女がいた側のトゲが消失。
スイッチ側にいた少女もミイラ側に移動してるし、これで奥にあるスイッチを押したら、今度はミイラ側にあるトゲが引っ込んで先に進めるって寸法か。
何このハイテクな仕掛け!この村、以外にやりおる(笑)

ではこっちのスイッチも・・・・・・ポッ!?

ダダダダダ(駆け足バック)

・・・あっぶねぇ・・・。
スイッチ押そうとしたら、足元に袋イケニエが座ってやがった。
何も考えずにスイッチだけ見て進んでたら、確実に捕まってるパターンじゃないですか。
トゲ以上に危ない仕掛けしやがって・・・。

とはいえ、奥のスイッチを押さない限り先へは進めず。
1歩1歩慎重に近づき、襲って来ないのを確認しつつ、なるべく遠くからスイッチをポチッ!
よっし!押せた!これで先へ進める!

てか、結局あの袋イケニエ、襲って来なかったな。
スイッチ押したら消えたし、何あの度胸試しみたいな罠。
ブラックの物語その1で初っ端からアイツに襲われてるだけに、結構近寄るの勇気いるんだからな!


トゲも無事引っ込んだので、ミイラ側の通路を進んでいきます。
それにしても、何でこの通路はこんなにたくさんミイラ飾ってんだろう・・・。
悪趣味過ぎて笑えないし、万一動きでもしたら私は泣くぞ(笑)

開けた場所に出ると、目の前をレッドが右方向へ横切っていくのを目撃。
後を追いかけてーーーーーー!?!?!?

もー・・・また!まった何か倒れてきやがったよ!
何かって言うか、ミイラが!
何でこのゲームはそう、物理的にプレイキャラの命を狙ってくるかな。
イケニエに襲われるのとはまた違った恐怖も味わって下さいって事?
余計な恐怖を組み込みやがって・・・orz

しかも、左へ視線を向けてみたら、通路の途中にアーチ状の岩があるんだけど、その上にイケニエ♀が腹ばいで乗っかってスタンバってるのが見え、更に気力ダウン。
オマケに、さっき右側に走って行ったはずのレッドは、下にある神秘的な滝壺付近で優雅に佇んでるし。
どう見てもあいつが降ってくる罠にしか見えない・・・。

とりあえずレッドの駆けて行った右方向へ行ってみると、その先は行き止まりになっていたものの、奥の岩の上に、何者かの手記が置かれていました。

▼何者かの手記
民衆は ツクヨミを 海の底に沈めれば この伝統が 世間に漏れることは ないだろうと考えた
しかし そうはならなかった
ツクヨミは 海に沈められてなお 生贄を求めつづけたのだ・・・・・・


お姉ちゃんは海に沈められた後、怨霊化して生贄を求めだしちゃったのか。
本来生贄はツクヨミの予知の為に必要だったらしいけど、怨霊化したお姉ちゃんが予知の為に生贄を求めるとは思えないし、自分を殺した村人への復讐みたいなものだったのかなぁ。


さて、こっちに行けないって事は、あの岩アーチの下くぐらなきゃいけないって事か。
・・・よし、イエローの時は落ちてきたのにビビッて立ち止まってダメだったから、一気に駆け抜けよう。

腹を決め、深呼吸をした後、一気に猛ダッシュ!
アーチの下をくぐってレッドの待つ滝壺へ・・・・・・って、おいいいいいいい!!!
なんでイケニエ♂になってんの!?
そこにいたの、レッドだったじゃん!!

一瞬怯んで立ち止まりそうになったものの、妹が後ろから「止まるな!駆け抜けろ!」と檄を飛ばしてきたので、言われた通りそのままイケニエ♂に向かってダッシュ!
よっしゃあ!まだ立ち上がりきってなかったから上手く回避できた!
そのまま一気に滝の裏まで走り、大きな扉へと飛び込みました。

直後、再びレッドからメールを受信。

▼(レッド) 件名:オイオイオイオイ
テメェモ ジャマスンノカ
オヤジダケデ ジュウブンダ
ヒッコンデロ


・・・オヤジ?

オヤジってブラックの父の事だよね?
なんでレッドが知ってんの!?
・・・ハッ!まさか、ブラック父はイケニエではなく、少女と同じ様に幽霊になってて、復讐しようとしてるレッドを何とか思いとどまらせようとしてるって事!?
ブラック父、姿は見えないけど、どっかにいるのかなぁ。


扉の先には2つ扉があったけど、左の扉は開かないので、正面の扉へ。
すると、レッドが左方向へ歩いていくのが見えました。
さっきから走って逃げてたくせに、今度はのんびり歩いてやがった。
お前余裕だな(笑)

辺りを見回してみると、右側の岩陰に隠れるように立ってる少女を発見。
何かあるのかと思い近づくも、特に何かある訳でもなく、少女が大人しく消えただけ。
何だったんだ今の・・・。
まぁいいや、とりあえずレッドを追って進・・・・・・・!?

ちょっと待って!ちょっと待って!!ちょっと待って!!!

何でマネキンが歩いてきてんの!?

くっそー!もうお前と出会う事はないと思ってたのに!
こんな洞窟で出てくるなんて絶対ないと信じてたのに!
なんという期待の裏切り方!
きっと誰もここでお前の登場は待ち望んでなかったよ!

ダッシュで逃げようと駆けだすも、なんと今立っている水路は決められた場所しか足場がないらしい。
しかも、その決められた足場というのが、マネキンが一直線に歩いてきてるルートオンリーという悲劇。

逃げられる訳・・・ないじゃない・・・(笑)

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

ホラーゲームをやる度、どんどんマネキンが苦手になってきてる気がする。


チャレンジ2回目。
瑠璃様のアドバイス『実は少女のいる場所が安全地帯』というのはここの事だったんですね。
不意に思い出して、少女のいた岩陰に隠れて見たところ、マネキンはこちらに気づかず岩の前を通過。
ヤツが入口付近まで行き、こちらに背を向けた隙に猛ダッシュで逃げてみたら、普通に逃げ切れました!
瑠璃様、本当にありがとうございます!
瑠璃様のアドバイスがなければここで積んでました(笑)

道なりに進んでいくと、所々牢屋になっており、中にイケニエが入れられてるのを発見。
こいつらは牢から出れないから安心だろうからスルー。

しかし、その先の通路がまたもやトゲで封鎖されておりました。
またこの仕掛けかよ・・・。
一体どこにスイッチがあったってんだ。

近くには見当たらないので渋々戻ってみると、マネキンをやり過ごした直後の道に小さな分かれ道があり、その奥にスイッチがあるのを発見。
なんて分かりにくい場所にあるんだ・・・。
さっきはマネキンの事で頭いっぱいで、こんなものに気づける余裕ある訳ないじゃない。

早速スイッチを押し、トゲを解除。

・・・と同時に、なんと、足元に袋イケニエ出現&牢屋のイケニエ解放。

足元の袋イケニエはさておき、トゲと同時に牢屋の扉まで開く仕組みなんか作んなよ!
お前等がこの先に進もうとする度、牢に入れたヤツ全員出てくる事になるんだぞ!

イケニエが襲ってくる前に猛ダッシュで駆け抜けると、開けた場所でレッドが階段を上っていくのを発見。
と同時に、今度は少女からメールが届きました。

▼(少女) 件名:
おじさん わたし おじさんの いうとおりに してたのに


おじさんの言うとおりにしてたけど、おじさんは戻ってこなかった。
何で戻ってこなかったの?・・・って事かな。
少女はブラック父の行く末を今もまだ知らないんですね。
どうにか教えてあげれたらいいのになぁ。

あと、少女はまだブラックをおじさんだと勘違いしたままなのね(笑)


今来た道はトゲが再び出てきて戻れなくなったので、先へ進みます。
階段に向かう為、道なりに下っていくと、途中で看板を発見。

▼連絡事項
余所者が 我々の集落を嗅ぎまわっているようだ
憑夜見について知られると 厄介なことになる
余所者を この通路で見かけた場合 迷いなく 口封じをするように


余所者ってブラック父の事だよね。
こんな目立つ所にこんな機密文書書いちゃってまぁ。
嗅ぎまわってるブラック父がこれを見つけたらどうしてたんだよお前等(笑)
結局ブラック父が戻ってこなかった事から察するに、見られてはいないみたいだけど。


階段を上っていくと、さっきレッドが立ってた場所に、またもや少女が立っていました。
今回は少女とレッド、2人が案内役だったんですね。
おじさんと勘違いしてるだけあって、少女が優しいのが嬉しい(*´▽`*)

その先の扉を開けると、奥にレッドがモデル立ちしてるのを発見。

ブラックが見ていると、レッドは徐に両手を天にかざした。
その先には壊れた天井。

そして、上の階にはお姉ちゃんが立っていた。


『騒々しいパレード』 END



レッドがお姉ちゃんの配下についておる・・・!

イケニエ化してなさそうだからって安心してたらこれだよ。
自分を殺したヤツに復讐するんじゃなかったのかよレッドさん。
多分、犯人はあなたが崇めてるその御方、もしくはその配下ですよ。


それにしても、今回は予想外だった。
主にマネキンが。
まさかあんな所で再会するだなんて思ってもみなかったよ・・・。

上でも書いたけど、こいつのせいでどんどんマネキンが苦手になってきた気がする。
もう二度と出て来ないでいただきたい(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2012/01/11 23:13】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<心霊カメラ~憑いてる手帳~ | ホーム | サイト更新>>
コメント
>瑠璃様
おぉ!次回でついにお姉ちゃんの目的が判明するんですね!
何故あんなに少女がイエローとお姉ちゃんを接触させたくなかったのか・・・。
お姉ちゃんを守ろうとしてたにしても、何故イエローとの接触が危険なのかが分からず、ずっと気になってました!
早く知りたいです(≧∇≦)

レッド。
レッドは正気ではなかったんですね!
イケニエ化してなかったので、てっきり実は最初からお姉ちゃんの配下だったのかと思ってました(笑)
・・・って事は、死んでからイケニエ化するまで、ずっと操られてたって事でしょうか?
ううむ・・・レッドがどうなってるのかも気になる所です。

ブラック編のボス。
トラウマ級の恐怖・・・ですと・・・?( ̄□ ̄;)
一体どんな恐ろしいものがくるというのですか・・・orz
今パッと思いついたのは、散々出てきてくれたマネキンでしたが、まさかコイツが全力で追いかけてくるとか・・・?
あああ一体何がくるかわかりませんが、想像しただけで恐ろしすぎます(><)
ブラック最後の章は、いつも以上に気合を入れて頑張りたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2012/01/28 00:42】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
次回の章では「お姉ちゃん」の目的?のようなものが分かるかもしれません。それが分かれば少女がイエローを「お姉ちゃん」と接触させたくなかった理由が分かるかもです。それからレッドは既に正気ではないと思っておいた方が良いかと。
それから、そろそろブラック編のボスについても少しだけ書いておきましょうか。
ブラック編のボスについて一言だけ言えるとしたら、それは「恐怖」です。めちゃくちゃ怖いです色々なものが。米神さんにしてみたら、ある意味トラウマ級の怖さなのではないかと思います。
それでは次回も頑張ってください♪
【2012/01/25 15:35】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1847-5f23daaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。