おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
零~紫の日記~
サイレンのプレイ日記書こうと思ってたんですけども。
その後、イケニエノヨルとかナナシノゲエム2周目も進めようと思ってたんですけども。

楽しみにしてくださってる方がいらっしゃましたらすみません。

零の誘惑に負けました(笑)


【零~紫の日記~プレイ日記1】


ずっと、待ってた・・・


●あらすじ

(公式サイトより)

その日記は、ある日、突然届けられた。

「紫の日記」

いつの頃からか、都市伝説で囁かれる古い日記。
不気味な古い写真や、意味不明の文字が綴られたその日記の最初のページ・・・
ぽかりと空いた、白紙のページに、「あるはずのない」文字を見た者は・・・
神隠しに遭い、やがて変わり果てた姿となって発見されるという。

「顔の削がれた」遺体となって・・・


都市伝説のランダムに届けられる『呪いの日記』・・・って書くと、何だかナナシノゲエム思い出しますね。
あれは7日以内に謎を解かないと死んじゃうって話だったけど、これはどうなんだろう?
期限とかはなく、怨霊にやられるか、自分の生命力・精神力が尽きるかしたら終わり・・・って感じ?

何にせよ、いきなり謎の日記が届くって嫌な設定ですね。
私なら、とりあえず名前とか書いてないか見て、怪しかったら即行捨てる(笑)


──────────


●登場人物

(公式サイトより)

▼眞夜
「紫の日記」に囚われていたという謎の少女。
失った記憶を取り戻すため、主人公と共に「紫の日記」を調べることになる。

▼老婆
日記に関わる者の前に現れる謎の老婆。
彼女が唱える不気味な呪文には、「紫の日記」に関わる秘密が隠されているという。
そして、その呪文を聞いてしまった者は「紫の日記」から決して逃れることはできない、とも・・・

▼囚われた男
ある理由から「紫の日記」の都市伝説を調べるうち、その呪いに囚われた男。
正気を失い、呪いの一部となった彼は、同じように日記を調べる人々を呪いへといざなう。

▼仮面の少年
かつて「紫の日記」に囚われ、神隠しに遭った少年。
日記を調べる者の前に現れて「遊び」に誘う。
「遊び」に負けてしまった者は、少年と同じように神隠しに遭うという。


公式サイトのムービーに出てきた方々ですね。

眞夜が本当に可愛い(*´▽`*)
声が久川さんなのがまた最高ですね!セラムンの亜美ちゃん!
こんな子が画面から飛び出してくれたなんて、なんという素敵設定!
・・・触れないのが口惜しい・・・(笑)


──────────


まず最初に、『顔の登録』って画面が出てきたのにビックリして、思わず3DSを閉じました(笑)

まいった・・・主人公の名前登録しろってんならよくあるけど、顔の登録なんて初めてだよ。
って事は何か?顔を登録=負けたら自分の顔が削がれるのを体験できますよってか?
名前の入力はなかったけど、名前入れるより余計臨場感出てんじゃねぇか。

自分の顔を登録するのは嫌だったので、とりあえず妹の顔を登録しときました(笑)

あと、ゲーム中は3DS本体の事を『射影機』、ARノートの事を『紫の日記』と呼ぶらしい。
更に現実世界と融合させてきましたね。
刺青の聲もキャッチコピーが『侵食する恐怖』だったけど、こっちのがよりリアルだなぁ・・・。


この物語は、「射影機」と呼ばれる古いカメラを偶然手に入れたあなたの元に、一冊の本、「紫の日記」が届けられたところから始まります。あなたの現実を蝕む恐怖の物語をお楽しみください。

今回は射影機を最初から持ってる設定なんですね。
主人公は一体どうやって射影機を入手したのかが気になる。
偶然って事は、別に麻生博士の子孫って訳じゃなさそうだし、どっかに売ってたんだろうか・・・。


「ありえない話だと思っていた 他愛もない都市伝説の類だと それが・・・現実のものとなるまでは・・・」

「ねえ・・・聞いた? ・・・来たんだって・・・先輩のところに」
「うそ・・・」
「・・・『紫の日記』 最初のページには・・・何も書かれていないんだけど・・・ そこに文字が浮かんだら・・・ それを見た人は・・・ 先輩の顔・・・『削がれてた』って・・・」

「気をつけろ・・・ それは絶対に・・・見てはいけない・・・ 見たら・・・」


「・・・ずっと、待ってた」



紹介ムービーでも流れてたムービーに、男の声が追加されてました。
この声の主が『囚われた男』かなぁ。
多分紫の日記に載ってた写真の男性の事だと思うんだけど、なかなかのイケメンでした!

余談だけど、最後に聞こえる女性のセリフ「・・・ずっと、待ってた」。
こういう事言われると、紅い蝶の紗重を思い出しますね。
・・・紅い蝶のリメイクどうなったんだろう・・・(笑)


──────────


●プロローグ

「紫の日記」
それが届けられたのは、先ほどのことだ。
宛名も差出人も不明の、悪戯のような荷物。
封を開き、その本を取りだした時、射影機が唸るような音を立てた。
その本・・・ 紫の日記に呼応するように・・・


おぉ・・・射影機さんが早速何かを感じてらっしゃる・・・。
この主人公はこの時点でさっさと捨てておくべきでしたね。
まぁ、ここで捨てちゃったら眞夜にもあのイケメンにも会えないので、気合を入れて進めていきます!

まずは、荷物の中から小さな紙片をゲット!

▼射影機についてのメモ
「射影機」
ありえないものを写し出すカメラ。ありえないものとは、「この世のものではないもの」のこと。
この噂が本当なら、「射影機」で「紫の日記」を見れば・・・あるいは・・・


誰だか分からないけど、これの送り主も射影機の事を知ってたんですね。
そこまで調べ上げたけど、結局本物の射影機を入手する事は出来なかったという訳か。
今回の世界は、今までの零シリーズ以上に射影機が有名になってる設定なのかもしれない。


ここで、実際に射影機を使ってみるチュートリアルに突入。
この時に主人公が持ってる射影機の画像も見れたんだけど、スゲェ現代風でビックリした。
和風なあの雰囲気はそのままに、軽量化&現代風にアレンジしてやがる・・・。
何このオシャレ射影機。カッコ良すぎて凄いキョドったじゃないか(笑)

気を取り直して、早速お試し撮影。
言われた通り、目の前、次は明るい所を映すと、突如何か靄みたいなものが写り込みました。
もう一度同じ場所を撮れというので、同じ場所をパシャリ。
すると、今度はハッキリ『紫の日記』のとあるページが写り込んでるではありませんか!
チュートリアルに見せかけていきなりヒント写り込みを持ってくるとはやるな。


早速写り込んだ紫の日記の1ページ目・白紙のページを射影機で見てみると、勝手にサークルが現れ、そのサークルに射影機自身のサークルを合わせると、文字が浮かび上がってきました。

『ずっと 待ってた』

ふぉう!ちょっ・・・声!
文字に合わせて女の人の声まで聞こえるなんて聞いてないよ!
テレビの音が煩いからヘッドホン付けてたもんだから、いきなり声聞こえて叫んじゃったじゃないですか!
くっそー・・・今回は叫ばないで冷静に進めるつもりだったのに・・・。
私の野望は開始数分で一気に崩されました(笑)

しかし驚きはここで終わらない。
文字が消えたと思った瞬間、突如画面越しに紫の日記が歪みだし、暗転。

次に明るくなると、画面に写っていたのは見知らぬ廊下でした。
・・・訂正。
紹介ムービーにちょろっとだけ出てきた、日本人形が落ちてるあの廊下でした。
今回の舞台はこの屋敷・・・なのかな?

とりあえず周りを見てみるかと十字キーに手をかけるも、画面は回らず。
あれ?と思って3DSを持ち直すと、なんと画面まで一緒に動くではありませんか。
えええええ何そのシステム!
戦闘は自分で動かなきゃいけないのは知ってたけど、こういう探索は今まで通り、普通に十字キーとかで周り見渡せるんだと思ってたのに、周り見渡す時も3DSごと自分で回転しなきゃいけないの!?
面倒くさっ!(笑)

あと、ビックリしたのが、この屋敷内の探索の仕方!
従来の零シリーズ同様、自分で好き勝手動いて隅々まで探索できるのかと思ってた、のに。

まさかの自動スクロール。

毎回毎回最初の1歩を踏み出すのに戸惑ってるので、今回もまずは周りをキョロキョロ見渡してたんですが、突然勝手に画面が前へ前へと進みだしてかなり焦った。
最初の1歩が進めないヘタレさんもこれで安心、ちゃんと進まさせてあげますよってか?
なんというビビリに優しくない設定(笑)

いやああああ!怖い怖い怖い!勝手に進まないでえええええ!!!
本当にごめんなさい!無理!強制スクロールは無理いいいいいい!!!

・・・と、早くも絶叫をかましつつ、頑張って周りを見渡しながら(強制的に)進んでいく主人公。
廊下突当たりに見えてる人物画と、途中に落ちてる日本人形が凄く不気味・・・。

廊下突当たりまでくると、今度は右方向へ。

ガシャーン!

ぎゃああああああああああ!!!ごごごごめんなさいいいいいい!!!

早くも限界を感じ、ここで一旦ポーズ画面に突入(笑)
自分の足で進むのも怖いけど、進む勇気が出てないのに強制的に進まされる恐怖ってのが本当に耐えがたい恐怖過ぎて、この短い間に色んな決心がへし折られた・・・orz

勝手に右曲がった瞬間、「待って!左から何か来たらどうすんの!?」って思って、思わず振り向いたけど、その間も画面は勝手に先へと進んでいくんですよ。
そしたら今度は、今見えてない前方に何かあるんじゃないかって想像して、前を向く訳ですよ。
でも、やっぱり画面は止まらず進んでいく。
あああどっち向いてりゃいいんだ!ってパニックになった所へ、突然ガシャーンという何かが割れる音。
零は恐怖心を煽り、恐怖の想像を駆り立てるゲームだとは知ってたけど、今回が一番ヤバイ・・・。
強制スクロールによってその恐怖の想像がいつも以上に膨れ上がってる気がする・・・。


早くも小休憩を挟みつつ、プレイ再開。
周りを見渡して音の出所を探してみると、さっき通り過ぎた棚の上にあった花瓶が落ちただけみたいでした。
落ちた理由は深く考えちゃいけない・・・零ではそんなん日常茶飯事だもの(笑)

しかし、ホッと一息ついたのもつかの間。

女「ずっと・・・待ってた・・・。ずっと・・・」

!?
この声、私が勝手にラスボスさんだと思ってる方の声じゃない!
ままままさかもう登場しちゃうの!?
恐る恐る振り返ってみると、前方の曲がり角に、白い服の女性が立っているのを発見。

・・・って、あれ、眞夜じゃん!

ほっほーい!早くも眞夜に会えるなんて嬉しすぎる!
さっきまでの恐怖心はどこへやら。
強制スクロールに対し、「もっと早く!いっそ走れ!」と暴言を吐きながら眞夜の後を追いかけます。

曲がり角を曲がり、とある扉の前までくると、スクロール停止。
同時に、「開けてはダメ!その先には彼女が・・・」という眞夜の声が!
声のした方を見てみると、いつの間にか隣に立っていた眞夜。
そして主人公に近づき・・・・・・


・・・暗転した、と思ったら、ここで現実世界へ戻ってきたようで。
画面には先程の屋敷ではなく、カメラ機能で私の部屋が写っていました。
そして聞こえてきた素敵ボイス。

???「ここは・・・どこ?あなたは・・・さっきの・・・あの家にいた人?私の声は・・・聞こえる?お願い・・・聞こえていたらこっちを向いて・・・」

眞夜ちゃんいらっしゃーい!(*´▽`*)

ふおおおお!本当に眞夜ちゃんが出てきてる!
私の部屋にいるように見える!
なんという素敵設定!グッジョブ!グッジョブ零スタッフ!

眞夜「あの・・・あなたは・・・私のこと・・・見えますか?」

はいはい、可愛いお顔がバッチリ見えてますよ!
私のいる位置が微妙だから、思いっきり荷物の上に乗っかってるようになってるけど(笑)

眞夜「私は「眞夜(まや)」・・・あの家にずっと囚われていたの・・・。ずっとずっと昔から・・・あそこに・・・。そこに、あなたが現れて・・・気がついたら、ここにいた・・・。あの扉の先には・・・・・・「黒い服の女」がいて・・・彼女は・・・家に誘い込んだ人を捕まえて・・・「顔を削ぐ」の・・・」

ふむ・・・眞夜はずっとあの家に閉じ込められてたのか。
一体何の為なんだろ?
普通に考えるなら儀式の為の巫女とかっぽいけど、今までは儀式の巫女=ラスボスだったからなぁ。
今回のラスボスは恐らく、顔を削ぐという「黒い服の女」の方だと思うから、眞夜ちゃんはまた別の理由で閉じ込められて・・・・・・・・・ハッ!

もしかして、紅い蝶みたいに2人巫女がいるとか!?
条件は何か分からないけど、2人の巫女がいて、それが眞夜と黒い服の女だった。
んで、黒服女さんは儀式に失敗して怨霊化=ラスボスに。
でも、眞夜は何とか助かって怨霊にはならなかったけど、代わりにそれまでの記憶を失くした上、あの家に閉じ込められたままになってしまった、とか。

もしくは・・・1作目みたいに、実は黒い服の女=眞夜で、眞夜は子霧絵みたいに、ラスボスの良心から生まれた霊体だった、なんてのもあ・・・いや、こっちはないか。
良心から自分を止める為に生まれたんなら、なんで記憶ないんだよって感じだもんね。


とりあえず、ここでプロローグは終わり・・・かな?
心霊カメラは自動セーブらしいので、自動セーブが入る=一区切りだと思う。

まだ触りしかやってないけど、キリがいいので、プレイ日記もここで区切りたいと思います。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2012/01/18 23:02】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<ドロップキック | ホーム | ゴーストカメラ>>
コメント
>テンシ様
返信が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません(><)
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます♪

テンシ様も心霊カメラ、購入されたんですね!
もうクリアしちゃっただなんて凄いです!
私はプレイ日記用にいちいちメモりながらやってるのと、それでなくとも進めるのが遅いので、まだまだ序盤くらいしか進んでません(^^;)

ラスボスは難しかったでしょうか?
零シリーズは全部やってますが、今回は操作方法&戦闘方法がいつもと違って自分で動かなければいけないので、ちゃんと倒せるか不安いっぱいです(笑)

ナイトメアモード。
私はまだクリアしてないので、あくまでも推測なのですが、恐らく『難易度が高いモード』の事だと思います。
従来の零シリーズにも『ナイトメアモード』というものが存在しているのですが、それは、敵の攻撃力、防御力、体力全てがアップし、更にフェイタル(心霊カメラでいう、敵を弾き飛ばせるサークルが赤く光るあれです)の時間が短くなるモードだったんですよ。
簡単に言うと、敵が強くなって倒しにくくなるモードの事ですね。
多分、心霊カメラのナイトメアも同じように敵が強くなってるんじゃないかなと思います。

また、従来の零シリーズは、ナイトメアモードをクリアすると、特別なEDが見れるなど何かしらオマケもありましたので、今回もナイトメアモードをクリアすると何か特別な事が起こるかもしれません。
あくまでも私の予想なので、何も起こらないという事も考えられますが(^^;)

私もまた頑張ってクリアして、ナイトメアモードにも挑戦してみたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2012/05/22 02:04】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんいちは!
いきなりですが、心霊カメラ買ったのでプレイしてみました!!
とてもドキドキしていますが何とかラストボスを倒したところです。
ところで思ってたのですが本編をクリアしてから出てくる撮影&バトルか何かは忘れましたがナイトメアってなんですか?
教えてください。

ではこの辺で…
【2012/05/07 19:06】 URL | テンシ #-[ 編集]
>未来亞。様
はい!零の誘惑に負けてついにスタートしちゃいました!
他のゲームが終わってないのですが、気になって他のゲームに集中できなくて(笑)

それはさておき、未来亜様はもうやられた事があるんですね!
憑きもの診断の澪繭は私も先日出ました(^^)
澪と繭、出るとしても別々に出るかと思ってたのに、セットで登場したので凄くビックリでした!
他には刺青の鎮女ちゃん達なんかも出てくるんですね。
私は宮大工は何度も出てくるのですが、まだ鎮女ちゃんには出会ってないですね~。
またやってみたいと思います!

ストーリーモード。
今後もやっぱり怖いんですね・・・。
今作は強制スクロールで一瞬心が折れそうになっただけに、すでにビビり度MAXなのですが、零マスター目指して最後まで頑張りたいと思います!

それにしても、面倒臭いとは・・・(笑)
でも、実際に立って自分で戦闘しなきゃいけないって時点で覚悟は出来てます!
恐怖と面倒臭さで3DSを投げつけない様気を付けながら進めていきたいと思います(笑)
また進めたらプレイ日記書きますね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/02/03 00:49】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>瑠璃様
はい、ついにプレイしちゃいました!
本当は他のゲームが一段落してからと思ってたのですが、零の誘惑に負けました(笑)

しかし、仰る通り3DSで零は現実味たっぷりすぎて本当に恐ろしいです(><)
まだストーリーでは霊との戦闘が出てませんが、オマケの呪いの顔退治というゲームで一度戦闘をやったのですが、自分の部屋で怨霊に襲われるあの恐怖!
そして、3DSをカメラに見立てて、実際に自分で動いて戦わねばいけないあの臨場感!
この先どんどん難しく&恐ろしくなっていくであろう事が不安すぎて仕方ありません(^^;)
でも今まで零シリーズは全部クリアしてるので、今回も最後まで気合で乗り切りたいと思います!

短編ホラームービー。
公式サイトは何度か覗かせてもらってるのですgが、短編ホラームービーはまだ見てなかったんですよ。
ちょっと時間が長そうだったので、時間のある時に見ようと思ってそのまま忘れてまして(笑)

・・・で、瑠璃様のコメントを拝見し、思い出したついでに見てきたのです・・・が。
物凄く進める勇気を削いでいくムービーですね、あれ(笑)
途中で普通に叫びましたよ!
特に公園でのやり取りとか、本当に怖すぎます(><)
ただのフィクションだと書いてあっても、実際にあのゲームをやってる身としてはついつい自分もああなったら・・・なんて想像しちゃって身の毛がよだちました(T▽T)
あんな恐ろしいムービーを宣伝用として公開しちゃうなんて・・・。

進める勇気がざっくり削がれましたが(笑)、零ファンとしてここで諦める訳にはいきません!
今後もしっかり妹を隣に配置して進めていきたいと思います(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/01/29 23:29】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
紫の日記始められたんですね~!!
私は先日友達が持ってきてくれて一緒にプレイしました~
なんか憑いてる幽霊診断するモードで、妹についている幽霊が澪繭でしたw
「私は…お姉ちゃんの首を絞めなければならんのか」
「やめて!?」
という会話が延々と続き、もう一回妹を撮影すると次ついていたのは刺青の聲で杭打ってくる子ですた…
妹…強いなあ…

ちなみにストーリーモード。
プロローグがもう怖いんですが…
これからも…怖いですよ;;
そしてめんどくさいですwww

どうか3DSを壊さないで頑張ってくださいね!
【2012/01/29 12:51】 URL | 未来亞。 #-[ 編集]
零の新作プレイし始めましたか!こちらのプレイ日記も楽しみに待ってますね♪
私は動画サイトでこれの実況プレイを見たんですけど、3DSって凄いですね!本当に自分の部屋に人がいるような感覚でとても面白そうでした!!でも、それだけゲームと現実がリンクしているように見れて、恐怖感が増すのも確かですね…。それでもいつか3DSを手に入れたら、プレイしてみたいな~と思ってます♪
そういえば、米神さんはこのゲームのHPをご覧になったことはありますか?今、このサイトで短編ホラームービーと言うのを公開してるんですけど、ご存じでしょうか?
ご覧になっていないのなら是非視聴してほしいな~と思っています。あ…でも、もしかしたら怖すぎてこれからゲームの続きをプレイできなくなるかもなので、ちょっと注意ですね。何て言ってもこの「零 ~紫の日記~」と関連あるストーリーになってたりするので。あっでもゲームのネタバレは無いんでそこはご安心ください!
…と長々書いてしまいましたが、既にご存じの情報でしたらすみません…。
【2012/01/26 21:06】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1855-3f3bcca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。