おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
消えたホタチ!ミジュマル最大の危機!!
イッシュは米国が舞台だから、発音も本格的な物を狙ってるんですかね。
フゥレイヴァーとか、デェリィーシャスとか。

・・・って書きながらふと気付いたんだけど、よくよく考えたら、デントもアイリスも米国人なんですね。
気付いた瞬間、激しい電流がバッチバチ体中を貫いていきました。
ヤベェ・・・ヤベェぞこの設定・・・アイツにプラスの影響しか与えてないじゃないか・・・。

こうしてますますデントにハマっていく訳ですね、分かります(笑)


【消えたホタチ!ミジュマル最大の危機!!】


一体どこから突っ込めばいいか分からなかったので、初っ端から順番に書いて行きます(笑)


旅の途中で、ケニヤンというトレーナーとバトルをする事になったサトシ。
ケニヤンの正しい発音は、オーバの間違った発音に近いイントネーションなんですね。
でもサトシはオーバの正しい発音に近いイントネーションで『ケニヤン』と発音。
ううむ・・・なんかつられて発音してたら、どっちが正しいか分からなくなってきた(笑)

それはそうと、ケニヤンの声優さんにはビックリしました!
なんか聞き覚えあるようなないような声だなーって思ってたら、脇さんじゃないですか!
脇さんって俳優のあのお方ですよね?某ヤンキー教師ドラマとかに出てた・・・。
まさかこんな普通の回で声優が本職じゃない方を採用してくるとは・・・。
無印時代にも小林幸子さんを採用した回とかあったから、あってもおかしくはないんだけども。


そんなケニヤンが出したポケモンは、シママ。
シママ可愛いなー!
この子もクリア済の白で手持ちポケとして使ってたので、結構思い入れがあります。
最初は防御面でちょっと心配だったけど、最終的にうちの特攻隊長になってくれたんだよね。

対するサトシはピカチュウを選択。
・・・・・・したはずが、またもや勝手にミジュマル登場。
この子は本当に自由な子ですね(笑)

てか、ずっと思ってた事だけど、BWはテーマがテーマなだけに、この子を見てると、ポケモンは本当に『自分の意思で』トレーナーについてきてくれてるんだなって思う。
これだけ自由に出入りできるって事は、逃げだすくらい、やろうと思ったら普通に出来そうだもんね。
サトシのツタージャもトレーナーを自ら捨てたかもってくらいだし。


さてさて。
相手が電気タイプなだけにサトシは心配するも、当の本人はホタチがあるから大丈夫とやる気満々。
その言葉通り、電撃波を見事防いでみせるなど、今回も大活躍!
まさにホタチートの名に相応しき防御力!
弱点である電気技が完璧に防がれるんだもんなぁ。
これはホント、相手にとっては厄介すぎる武器だと思う。

しかし、バトルの途中でシママの二度蹴りがホタチにヒット!

そのままホタチはお空の彼方へ。

ホタチといえば、上にも書いた通り、電気技まで防いじゃう優れた防御力を誇る上に、シェルブレードで攻撃も出来ちゃうというミジュマルにはかかせない万能武器。
万能すぎて毎回頼りに頼りまくってたアレ。
・・・が、今、ミジュマルの手元を離れ、遠くのお山へと飛んで行ってしまった・・・と。

・ ・ ・ 終 わ っ た (笑)

失礼ながら、今まで本当にホタチに頼りまくってたじゃないですか。
頼り過ぎて、ホタチが手元から離れた途端に負けちゃう事だってあったじゃないですか。
もう一つ頼りになりそうな技といえば、アクアジェットがあるけど、あれはいまだに微妙なテイスト。
アニメ的に考えたら、見つからないままって事はないだろうと思いつつも、とりあえず今やってるケニヤンとのバトルはどうなるのかとか考えたら、もはや上記の言葉しか浮かばなかったぜ(笑)

バトルを中断し、急いで探しに向かったミジュマル。
もちろんサトシ&ピカチュウもミジュマルを追いかけ、山へ。
対戦相手が消えてポカーンとなるケニヤンに、デントが「明日改めてバトルしたら?」とすかさずフォロー。
サトシのフォロー役・・・もとい、保護者としての立場が段々定着してきましたね(笑)

余談だけど、「ホタチもミジュマルの一部~」って説明してるデントが、何だかぶんちきのアレっぽかった!


サトシ&ピカチュウも合流し、3人で一生懸命ホタチ捜索。
最初に王冠を発見した時、ミジュマルが普通にポイッて投げ捨てるもんだから、てっきりここでコジロウが出てきて「この王冠はプレミアのついた~うんぬんかんぬん」って言い出すかと思った(笑)
BWのシリアスロケット団なコジロウは王冠にどんな反応を示すんだろう。
ちょっと見てみたい気もする。
出来れば今までみたいに弾けてくれると嬉しい(笑)

あと、バチュル!
ミジュマルのお腹にくっついたバチュルが本当にちっちゃくてかんんんわいいいいい!!!
あの子、小さい小さいと思ってたけど、本当に手乗りサイズなんですねぇ。
あのサイズといい、バチュバチュって鳴き声といい、本当に癒される(*´▽`*)


しかし、肝心のホタチは結局見つからず。
とりあえず、明日のケニヤンとの再戦に備え、一旦『ホタチの代用品』を探す事に。

まずはアイリス提案の『イアの実』。
ホタチに似てるからって理由で選んできてたけど、どう考えても不安いっぱいである。
早速ピカチュウの10万ボルトでテストしてみるも、案の定2つに割れて黒コゲに。
・・・ほらな(笑)
デントが「強度が足りなかったか」って言ってたけど、それは最初見た時から分かってたでしょ。
普通に考えてピカチュウさんの電気技は木の実1つで防げるほど甘くないですって。

でも、それ以上にビックリしたのがこの後のデント&アイリス&キバゴの行動。

何故あの黒コゲを食べようと思った(笑)

見るからに焼き過ぎて炭になってるじゃない!
そんなん食べても「うぇ~苦っ!」ってなるだけだから止めときなさいって!・・・って思った、のに。

アイリス「でもこれ、香ばしくてイケる!」
デント「ん~、生だとすっぱいけど、火を通すとまろやかなテイストになってデェリィーシャス!」


マジっすか!?
あの炭、見た目に反してそんなに美味しいんだ!?

そして今回もデントの発音が素晴らしい事に(笑)
どんだけ綺麗な発音で『デリシャス』って言っちゃうんですかデント・・・いや、宮野さん!
おかげで毎回のように腹筋が鍛えられてるじゃないですか!
もちろん大歓迎ですけども!(笑)
あぁぁ・・・この発音のせいでどんどんデントと宮野さんにハマっていく・・・。
何この宮野マジック(笑)


お次はデント提案の『デント愛用クロッシュ』。
いやいやいや、電気対策として考えるなら、どう考えてもそのチョイスはおかしいぞ。
強度はよくてもそれ以前に問題があるだろう。
・・・・・・と思ってると、案の定10万ボルトで普通に感電。
ですよねー。
アイリスも突っ込んでたけど、金属だもん。そりゃ電気を通しますよ(笑)

丹精込めて磨いた愛用クロッシュが黒コゲになり、涙するデント。

何あの可愛い泣き顔・・・!

あまりの可愛さに、凄い顔でしばし固まってしまったじゃないか。
これを見るのが熱下がった後で本当に良かった・・・。
発熱真っ最中だったら確実にまた40度超えてる所だった・・・。
危ねぇ危ねぇ。


そうこうして辿り着いたのが、イシズマイが作ってくれた岩のホタチ!
おぉ~!これは素晴らしい彫刻!
流石イシズマイ!

でも・・・・・・ちょっとデカすぎやしないかい?(笑)

もはやミジュマルと同じ大きさじゃないですか!
重量的にも、ミジュマルが持ち歩くとは到底考えられないレベルに達してますけど!
実際に試してみると、大きいだけあって強度と防御面では大丈夫なようですが、やっぱりというか何と言うか・・・重すぎてミジュマルが潰れちゃうという結果に。
いや、前例2回もだったけど、今回も試さずとも分かりきってた事だろ、これ(笑)

余談だけど、倒れたミジュマルをかいがいしく葉っぱで仰ぐピカチュウが可愛い(*´▽`*)

今までホタチに頼り過ぎてたのではないかと指摘するアイリス。
うん、それは私も思ってた(笑)

そういえば、ミジュマルは攻撃重視なサトシの手持ちでは珍しく防御重視の子なんですよね。
ホタチで守り、隙を見て攻める。
あんまり意識してなかったけど、DPのドダイトス育成時に学んだあの戦法をちゃんと活かしてたんだなぁ。
本来サトシのバトルスタイルは攻撃重視って感じだけど、ちゃんとミジュマルの特徴を活かし、ミジュマルに合わせたバトル(守り重視)をしてたんだと思うと、何だか凄く感慨深いです。
大々的に取り上げられてはいないけど、DPまでに学んだ事をちゃんと実践してたって事だもんね。

デントも、ホタチがない今、「攻撃こそ最大の防御」だと攻撃のテイストを高める事を提案。
とはいえ、ケニヤンとのバトルは明日。
今から攻撃の特訓をした所で間に合うとは考えられない。

サトシ「あの盾を、ホタチと同じくらい使いこなせるようになるんだ!ミジュマル、お前なら出来るさ!」

何故もっと小さくすればいいという発想が誰一人出なかったのか(笑)
あまりに出ないもんだから、途中からその疑問が綺麗さっぱり頭から抜け落ちてたくらいだよ。


そんなこんなで始まった岩ホタチを使いこなす為の特訓。
サトシが一緒に体を動かしてるのが良いですね!
一人じゃ途中で諦めてしまう事でも、一緒にやってくれる人がいるってのは大きいよなぁ。
ダイエットなんかでも、一人でやるより誰かと一緒にやったほうが絶対続くもん。
ポケモンだけに頑張らせるんじゃなく、自分も一緒に体を動かし、その苦労を分かち合う。
同じ苦労を一緒に体感するからこそ、仲間意識や絆が生まれ、信頼が芽生える。
だからこそ、サトシとポケモン達の絆はあんなにも強いものになるんだろうね。

そして何より大切なのが、ポケモンの力をトレーナーであるサトシが強く信じてあげる事。

サトシ「大丈夫!お前なら絶対やれる!」

ミジュマルが夜に一人で特訓しようと思えたのは・・・絶対使いこなすぞと最後まで頑張れたのは、サトシがこうしてミジュマルを強く信じてくれてた事が大きいと思う。
自分を信じてくれて、一緒に頑張ってくれる人がいる。
サトシが自分を信じてあそこまで頑張ってくれたからこそ、その期待に応えたかったんだろうね。
これぞデントの言うとおり、熱い汗と涙のテイストですね!

しかし・・・

デント「熱いっ!熱いねぇ!汗と涙のテイストがするなぁ!」

↑ごめん、やっぱり噴いた(笑)


特訓のおかげで無事岩ホタチを持ち上げれるようになったミジュマル。
自信も満々に、なかなか来ないケニヤンの元へ。
ホタチがなくなってかなり自信を失くしてたみたいだけど、あの特訓は岩ホタチを使えるようになっただけでなく、ミジュマルの自信にも繋がってたみたいですね。
これもサトシが「お前なら出来る」って言い続けてくれたおかげかな。

サトシ達がケニヤンの元へ着くと、そこにはバトルに向けシママの最終調整をしてるケニヤンの姿が。
自転車型の自家発電装置でシママに電気を送ってパワー調整とはまた考えましたねー。
シママの特性『避雷針』をしっかり活かしてる。
その為の方法が、自ら自転車をこいで自家発電とは、何だかサトシと似たものを感じますね(笑)
ケニヤンもきっとポケモンの為に自ら動くタイプなんだろうなと思った。


ミジュマル(サトシ)VSシママ(ケニヤン)。
岩ホタチで上手く電撃波を防いだ!

・・・かと思いきや、パワーアップした電撃波&二度蹴りであっさり破壊されてしまった岩ホタチ。
えええええ!あんだけ苦労して使えるようになったのに、もう岩ホタチの活躍終わり!?
早い!早いよぉ~!!
見た目は迫力あったのに、予想以上に活躍してないよ岩ホタチ!(笑)

あっさり破壊されてしまった事に焦るサトシだけど、ここで思い出したのがデントの言葉。

『攻撃は最大の防御なり』

やだ!デントの言葉がヒントになっただなんて素敵!(笑)
まぁデントは元々ジムリーダーだもんね。
その上、ポケモンソムリエだもんね。
こういうアドバイスは上手いだろう事は最初から分かってたんだけども。
しかし、実際にこうしてデントのアドバイスが活かされると思わずドキッとしてしまう。
欲を言えば、アイリスのアドバイス(ホタチに頼り過ぎってアレ)も思い出してくれると尚嬉しかった。
このアドバイスは、状況的にアイリスのあの言葉があってこそのものだと思うんだ。

話が逸れたのでを戻して。
ここでついに守りを捨て、攻撃に出たミジュマル&サトシ。
すると、特訓の成果でパワーだけでなく、スピードまでアップしていたらしく、体当たりが次々ヒット!
亀仙人(@DB)の特訓で、重い甲羅を付けて生活してるうちに、自然とパワーもスピードもアップしてたってのがあったけど、ミジュマルの特訓も、無意識とはいえそれと同じ事やってたのか。
スピードでかく乱するのもサトシの得意戦法だし、これでまた一つミジュマルのバトルの幅が広がりましたね!

もちろんシママも負けておらず、ニトロチャージでスピードを上げながら反撃!
サトシは一か八かアクアジェットを指示するも、やっぱり的外れなテイストは相変わらず。
最終的に、2匹して岩に突撃し、シママは戦闘不能に。
ミジュマルは何とか立ち上がり、バトルはミジュマルの勝利!
ミジュマルは電撃波一回食らっただけだったけど、シママは体当たり何度も食らってたからねぇ。
そこが勝負の分かれ目かな。


バトル終了後、ミジュマルのホタチを見つけてきてくれたキバゴ。
バトル中、ずっと姿が見えないと思ったら、ずっとホタチを探してくれてたのか!
なんて良い子なんだキバゴ!
バトルは朝からだから、キバゴも朝からずっと探してくれてたのかと思うと、抱きしめたい衝動に駆られた。

ホタチが見つかって安心したのか、パタリと眠ってしまったミジュマル。
デント曰く、今回のバトルは、今のミジュマルにとって限界ギリギリのバトルだったらしい。
今まで主流でやってた『ホタチでカバー』が出来なかったんだもんね。
ミジュマルにしたら、バトルスタイルそのものを一新させられたって感じだったんだと思う。
でもこれでホタチが飛ばされた時にも対処できるようになっただろうし、岩ホタチの特訓が思わぬところで役にった(スピードアップ)し、一石二鳥ですね!

ただ、問題はスピードでかく乱した後なんだよね。
シェルブレードが使えない状況だった場合、体当たりだけで決めれたらいいけど、そう上手くいく訳もないし。
出来ればアクアジェットでどーんと決めたいところ。
今後の課題は、このアクアジェットをどう完成させるかですね。
頑張れミジュマル!
お前ならきっと出来ると私も信じてる!

・・・映画では出来てたしね(笑)


あ、あと最後に一つ。
今回もロケット団出ませんでしたね。
毎回出る訳じゃないと分かってるけど、出ないとやっぱ寂しいなぁ。


次回は恋するモンメンのお話か。
なんだか嫌にイケメンなモンメンが映った事に盛大に噴き出してしまった。
何あのイケメンチラーミィを連想させるモンメン(笑)

とりあえず、きっとサトシが蚊帳の外になるだろう事は想像できました(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/02/15 23:16】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(13) |
<<27歳イケメン院長・・・か | ホーム | ケルディオ>>
コメント
>kivaxtuto様
ポカブやチャオブーは連続で何度も何度も使っていた訳ではなく、1度やっては違う技を出したり、回避したりだったのに対し、シママは連続で何度もニトロチャージを使い、どんどんスピードアップしていきましたよね。
ポカブやチャオブーの時はまだ警戒するほどのスピードアップじゃないからあえて言わなかったけど、シママは警戒しなきゃいけないほどスピードアップしたから「このままじゃ・・・」と言い出したのではないでしょうか?

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/12 00:31】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ニトロチャージでスピード上がるの言及されたのこの回が初でしたか
ベルのチャオブーとサトシのポカブには言及されてませんね。
【2012/03/11 11:00】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>スモッド様
突っ込み所が多すぎて突っ込み切れないくらい面白い回でしたよね(≧m≦)
木の実もそうですが、あの岩ホタチはどう考えても大きすぎるのに、何故誰も疑問に思わなかったのか。
あのくらいの大きさがないと、ホタチの強度にならないという事なのかもしれませんが、それにしたって大きすぎますよねぇ(笑)
バトルで使う事を考えたら、必然と「小型化する」という結論に行きつくでしょうに(^^;)

デント。
最初はタケシ程のはっちゃけはないだろうと思ってましたが、彼もなかなかの個性を発揮してくれてますよね(笑)
タケシのお姉さん病に代わるものが、デントの「●●タイム」なんだと思ってます( ̄m ̄*)

特訓シーン。
サトシ&ピカチュウが一緒に頑張ってくれてるってのが本当に素敵ですよね!
仰る通り、サトシ達が一緒にいてくれた事こそが、ミジュマルにとって何よりの心の支えとなっていたんだと思います。
ポケモンだけに頑張らせるのではなく、トレーナーも同じ修行をし、同じ苦しみを味わい、時に励まし合いながら、一緒に笑い合う。
こうした触れ合いこそが、サトシとポケモンの間に強い絆を生み出しているんでしょうね。
時には無茶しすぎて見てるこっちがハラハラする事もありますが、サトシのこういう部分はずっと変わらないでほしいものですね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/07 22:10】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>toshiki様
ミジュマル、見事・・・とは言い難い部分もありましたが、本当によく頑張りましたよね!
ホタチを失くした事によって見えた新たな戦法。
新たな可能性。
まだアクアジェットが完成してないなど問題はありますが、ミジュマルの今後の活躍に期待ですね!

ケニヤン。
サトシと似てる部分もありますし、なかなか良いライバルになってくれそうですよね!
シママとのバトルは一応ミジュマルの勝ちではありましたが、ホタチがなかったしアクアジェットも未完成の状態でしたし、是非もう一度リベンジマッチが見たいものですね!

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/04 18:36】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです、ホタチ紛失でのお騒ぎ面白い回ですね、
代用品のイアの実とかしかもそれを食べちゃう2人とかクロッシュ、そしてデカすぎるホタチとか
誰もが突っ込みそうなに突っ込むことなくやってしまう3人が愉快すぎる、デントの発音もそうですが
タケシとは別の意味で周りをがらりと変えてしまいますね

ホタチが使いこなせるようともに特訓するシーンは僕も大好きです。
仰る通りそばに一緒に頑張ってくれる人がいる、たったこれだけでミジュマルがどんなに助かり、そしてやろう
という気になったか、僕もサトシの絆の要因にはそうした所以があると思います。

ではでは
【2012/03/04 10:25】 URL | スモッド #-[ 編集]
>ねこ様
初めまして!
訪問&コメントありがとうございます(*´▽`*)
いつも感想を読んでくださってるとの事、本当に嬉しく思います!
しかも、私の感想を読んでポケモン熱が再熱しただなんて、なんと嬉しい事を仰って下さるのですか・・・!!
あまりの嬉しさに涙がチョチョギレそうです(´;ω;`)

ねこ様は現在、プラチナを進められてるんですね!
プラチナ、本当に面白いですよね(*´▽`*)
ある意味一番大好きなソフトです。
・・・もちろん原因はあのアフロですが(笑)
私もプラチナはED後の世界をまだ制覇してないので、そのうちまた進めたいなと思ってます。

BW2。
私も公式サイトでこの情報を入手したのですが、まさかまさかの2でしたね!
グレーじゃないのかよと何度突っ込んだ事か(笑)
とりあえず、これも黒2白2両方買う予定でいますので、また進めたらプレイ日記書かせて頂きますね(^^)
といっても、SSや黒白を進め終わってからになるでしょうが;;
気長にお待ちいただけると嬉しいですm(__)m

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/04 01:41】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
4つまとめて返信させて頂きます。

ケニヤン、本当にいいキャラでしたよね!
サトシとも結構似た一面があるようですし、良いライバルになりそうな子ですよね。

シママへの電気注入は・・・まぁあれくらいは良いんじゃないでしょうか?
私もそれって一種のドーピングじゃ・・・なんて思いましたが(笑)

ミジュマル。
そういえばキモリもヒットアンドウエイ戦法やってましたね。
ただ、ミジュマルのホタチは『避けて』ではなく、『受け止めて』から攻撃に移るので、どちらかというとドダイトスのアレの方が近いのかなと思ってます。
サトシは『避けて攻撃』というのはAGで学んだでしょうが、『受け止めて攻撃』というのをしっかり認識したのはDPが初なのではないかと思うので、基準にしてるのはこちらかな、なんて。
どちらにせよ、今回の事でバトルの幅がぐーんと広がったはず!
まだまだ問題はあるものの、今後の活躍に期待ですね(≧∇≦)

あと、ミジュマルの寝顔は本当にプリティでかなり悶えさせられました!
私がむしろ抱っこしたかった!
サトシの超人っぷりについては・・・あれくらいはついに驚きもせず、さも当たり前化の様に感じるようになりました(笑)

デントがケニヤンとバトル。
それもありといえばありなんでしょうが、ケニヤンがバトルしていたのは、あくまでもサトシですから、ケニヤンは『サトシと』バトルがしたかったんだと思います。
単純にバトルがしたかったのであればデントに代わりにやってもらえばいいでしょうが、『サトシと』バトルがしたかったのであれば、デントが代わりにやっても意味がありませんから。
デントはそれを分かってて、バトルを先延ばしにしたんだと思います。

突っ込み役。
一応アイリスやデントがたまに突っ込んでますが、肝心な時に突っ込みが出ませんよね(笑)
しかしそのボケっぱなしという状況がまたオイシイというか、新たな面白さを生んでるのではないかと思ってます( ̄m ̄*)
画面の前では毎回「誰か突っ込め!」と盛大に突っ込まされてますが(笑)

入野。
おぉ!入野さんもアニポケに出演されるんですか!
アニポケは声優さんが本当に豪勢ですねぇ。
一体どんな役で登場されるのか凄く楽しみです(*´▽`*)

声優アワード。
アニポケに関連されてる方が3人も受賞されただなんて、ファンとしても凄く嬉しいですね!
皆さんのこれからの活躍にますます期待です(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/04 00:14】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/03 10:53】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/02 20:57】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/03/02 14:50】 | #[ 編集]
ミジュマルはシママに相性からして負けると思いましたが勝ちました。
ホタチが遠くに飛ばされた時の仕草がかわいかったです。
ケニヤンは性格が温厚なキャラなので再登場して欲しいです。
【2012/02/29 19:05】 URL | toshiki #1wIl0x2Y[ 編集]
 初コメ失礼します。いつも米神さんのするどいツッコミを楽しく拝見させていただいています。米神さんのブログを見てから、ポケモン熱が再発し、現在なぜかプラチナをやり直しています。これからも記事を楽しみにしています!
(ホラー系は音楽なしでは読めませんが…読んでいるだけで想像ができてコワいです。)
 ところで、今日のポケモンだいすきクラブに、ポケモンBW2の情報が載っていました。2012年6月発売だそうです。画像は明らかにレシゼク+キュレさんでした。またプレイ日記を期待しています。
【2012/02/26 20:59】 URL | ねこ #-[ 編集]
ケニヤンはガキ大将風の見た目に反して温厚でフレンドリーですよね
ライバルは可愛い顔立ちに似合わず毒舌な子が多いのに。

避けると受けるの違いはあれど単純な力押しではない戦法は
サトシのキモリ(ジュカイン)のヒットアンドウエイが原点ですかね
回避スタイルは後のグライオンも大きな武器になりましたし
(ジュカインは進化してパワーアップしたので力押しも増えましたが)

ホタチはミジュマルの体から染み出るカルシウム成分が凝固したもののようなので
つまりは見つからなくてもまた新しいのが出来た?

そういえばサトシがミジュマルを抱っこしたり
ミジュマルのトレーニングでのサトシの超人っぷりや
ラストのミジュマルの寝顔はどう思いましたか?

そういえばシママのパワーアップ方法は一種のドーピングですかね・・・
(まぁピカチュウもタケシ戦で似た様な事をしているが・・・)

シママはニトロチャージでスピードを使い続けて挙がってましたが
サトシのポカブやベルのチャオブーは何故そうならない・・・

そういえばシママに有利な相手としてアイリスはツタージャとピカチュウを挙げてましたが
何故ツタージャと同タイプのクルマユは挙がらなかったのか・・・
(ニトロチャージが問題とはいえそもそもシママには電気技は特性により効かないのに・・・)

バトルを望むケニアンにデントが代わりにバトルをするという考えはなかったのですかね?

普段は誰かがボケになると誰かがツッコミ役になりますが
今回はみんな比較的ボケてました(振り回してました)ね(笑)
ミジュマルは振り回されただけで突っ込んではないので
やっぱツッコミ役はいた方が良いですね
【2012/02/26 01:52】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1876-18d34c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。