おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ぽーん( д )  ゚ ゚
ピンク「ひとりはさみしい・・・・・・ねえ、ついていってもいい?でも、今度は・・・・・・殺さないでね・・・・・・」

↑このセリフの意味がようやく理解できました。


【イケニエノヨルプレイ日記19】


●ブラックの物語 4.過ち
『ピンクと再会したがその精神状態は正常とはいえなかった。一体何が・・・・・・』


座り込んだまま動かないピンク。
ピンクはブラックの顔を見ないまま、ブラックに告げた。

ピンク「ごめんなさい・・・・・・ あたしのことは 放っておいて・・・・・・」


いやいや、こんな所に放っておけるかい。
イケニエ化しちゃったんならまだしも、まだ無事っぽいじゃない。
一緒に行こうよピンク!

ピンク「あたしが ちゃんと・・・・・・ レッドのこと 大切にしてれば・・・・・・ おねがい・・・・・・ あたしのことは 放っておいて・・・・・・」

・・・ダメだ・・・話聞いちゃいねぇ・・・。
ブルーの時もこんな感じだったよね、この子。
レッドが死んじゃった事でかなりショックを受けてるみたいですね。

何度話しかけても上記のセリフしか言わないので、仕方なく先へ進む事に。


ちなみに今回のステージは、ソノゴ4で来た骸骨型銅像のあったステージ。
ソノゴのゴール地点から、スタート地点を目指して逆走する事になるっぽいです。

少し進むと、箱の上に何者かの手記を発見。

▼何者かの手記
民衆から逃げ 少女と共に ここまでやってきたのだが・・・・・・ うかつだった
さっきから 息子の幻覚が見える
生贄に選ばれた人間に現れる 特徴的な症状だ
私はもうすぐ 生贄となり 意識を失ってしまうだろう・・・


生贄に選ばれると幻覚が見えるのか。
ピンクが前回「レッドの顔が思い出せない」とか言ってたのもこれに関係してるのかな?
てか、この内容的に、ブラック父は殺されたというより、イケニエ化しちゃった可能性が高いですね。
やっぱりブラックのターンのラスボス、ブラック父なんじゃ・・・。

余談だけど、Dグレで神田の過去編が出てきたのが、私がこのゲームをやる前で良かった。
このゲームのこの辺りを先に知ってたら、間違いなく神田が幻覚見てるシーンで「ヤベェ!神田がイケニエになってしまう!」とかって口走ってたところだぜ。
・・・結局ここで今口走ったけど(笑)


どうでもいいけど、壁の上の穴にいるイケニエ♂が妙に可愛い。
なんであの子はずっと首かしげてんの?
お前はコダマ(@もの○け姫)か(笑)

コダマ(笑)が降りて来ない事を祈りつつ、その先の死体安置室へ。
ここで何を思ってか一旦戻ってみたんですが、スタート地点にいたはずのピンクの姿が消滅。
えええええ!?どこ行ったんだあの子!
まさかブラックが見てない隙に、ブラックの来た道を逆走してった・・・のか?
動けるなら一緒に行けば良かったじゃない。
どんだけブラックと一緒が嫌だったんですか。
ホント、なんだってんだよー・・・orz

何だか悲しさを覚えつつ死体安置室へリターン。

・・・・・・あれ?ピンクさん?

なんで死体安置室に座り込んでんの!?
スタート地点からここまで一本道だったじゃない!
いつの間に瞬間移動したの!?

どういう事だとブルブルしながらも、とりあえずピンクに話しかけてみる事に。
すると、ピンクから衝撃のセリフが飛びだしました。

ピンク「ねぇ おねがいだから あたしのこと・・・・・・ イヤらしい目で見るのは もうやめて・・・・・・」

全力で噴き出しました(笑)
事実か妄想かはさておき、腹筋が弾けるほどクッソ噴いた!
イヤらしい目って・・・!ブラックがピンクをイヤらしい目で見てるって・・・!
しかも嫌がられてるし。
ヤッベェ、何だこの腹筋崩壊ゲーム。
イケニエノヨルは、ホラーのくせにちょこちょこ笑いを取り入れてくるよね(笑)


ひとしきり笑った後、振り返ってもう一度ビックリ。

・・・あれ?何でレッドとブルーまでいるの・・・?

何何何!?どゆこと!?
突然の(イエロー以外)全員集合に軽くパニックになりつつ、順番に話しかけてみる事に。
まずは死体安置のベッドに転がってるレッドへ。

レッド「てめぇが 自分のオヤジのことばっか 気にしてるから こんなことになっちまった 全部 おまえのせいだ いつか絶対 復讐してやるからな」

妹曰く、これはブラックの見てる幻覚ではないかとの事。
あぁ・・・そういえば、ついさっきそんな事が書いてある手記拾ったっけ。
会話の内容から察するに、ブラックの皆に対するイメージが幻覚として現れてるのかな?

・・・って事は、ブラックはピンクをそういう目で・・・(笑)
この5人の中でブラックだけ相手いないんだなって思ったら、レッド×ピンク←ブラックだったんですね。
友達の彼女を好きになってしまった切ない片想いか。
何という妄想が広がる展開・・・!
イケニエノヨル内でブラックが一番大好きになった瞬間でした(笑)


最後に、部屋の出入り口に突っ立ってるブルー(幻覚?)をチェック。

ブルー「ひどい状況だよ・・・・・・ いつ誰に裏切られるか 全くわからない でも僕だけは 君を裏切らない だから君も 絶対に裏切るなよ・・・・・・」

言い終わると同時に、ブルーがイケニエ♂に変身し、襲撃。

お前が裏切るのかよおおおおおおお!!!
しかも、言い終わった瞬間!
裏切らないって約束した瞬間だったぞ今!
何この酷い裏切り!バカ!ブルーのバカ!・・・いや、ブラックの幻覚のバカ!

盛大に叫びながらスタート地点に向かって来た道を引き返しいいいいいいいいい!!!!!

また物理的に攻撃してきやがった!
逃げようとしたら目の前の(レッドがいた辺りの)ベッドが落ちるとか、何その孔明の罠!
おかげで後ろにイケニエ♂が迫ってきてるってのに、一瞬バックステップ踏んじゃったじゃないか!


震えるコントローラーを必死に操作しつつ、なんとかスタート地点へ続く扉まで逃げると、突如イケニエが消滅。
・・・良かった・・・何か分からんが助かった・・・。
今のもまさか幻覚だったりしないだろうな?

気を取り直して先へ進もうとすると、今度は途中で布団が捲れて落ちてきて、再び大絶叫。
しかも、ビックリしてクルクル回ったら、周りに影ニエさんとか沢山出現してたのに気づいちゃったし。
この部屋、前来た時もイケニエでいっぱいだったじゃん。
やっぱ死体安置室とか霊安室はダメなんだよ。
とにかく雰囲気からして危険だもん。

その先の通路に入ると、今度はソノゴでイケニエを避ける為に入った窪みに座ってる少女を発見。
おぉ!しかも調べられるじゃないか!
少女にこんな風に話しかけられるのってこれが初めてじゃないですか?

少女「わたし おじさんのいうとおり ちゃんと かくれんぼしてるよ おじさん・・・・・・ もどってきて くれるよね」

そっかー、ちゃんとかくれんぼしてたんだー、偉いねー。
・・・だが断る(笑)
今はもうそれどころじゃないんだよ。
よくよく考えたら、ブラックが幻覚見始めてるって事は、イケニエ化スタートって事じゃないですか。
少女もブラックには助かるヒントくれないし、自分でどうにかするしかないじゃないですか。
チェンソー持って登場した時はイケニエ化してなかったし、きっとどうにかなるって信じてる!


更に先へ進むと、また誰からかのメールが届きました。

▼(???) 件名:
ブラック オオキクナッタナ


これってもしかして・・・もしかしなくても、ブラック父!?

『オオキクナッタナ』って事はそうだよね!?
お父さんってば、イケニエ化しても尚、何とか愛する息子にメールを送ってくれたのか・・・。
何と言う素敵なお父さんだ。
しかし、こんな事をされるとますますブラック父=ラスボスフラグに思えてくるじゃない(笑)


道なりに進んでいき、次の扉に入ると、またもや高速爺ちゃんと遭遇。
扉に入る前にいきなり周りが赤くなったから怪しいと思ったよ。
お爺ちゃんは懐中電灯さえ点けなければそう恐れる事もないので、さっさと先に進みます。

それよりも気になったのが、この部屋からガラス越しに見えたピンク!
スタート地点に座ってるピンクが見えたから、やっぱりピンクはまだあそこにいたのかって思った直後、ピンクがいきなり立ち上がって消えたのが見えたんですよ。
まさかスタート地点にいたピンクからして幻覚だった・・・のか?

いや、でもレッドがどうの言ってたし、メールも来てたし、あれは本物だと思うんだけど・・・。
スタート直後に会ったのは本物だったけど、実はブラックが進んだ後にどっかに移動しちゃってて(戻った時もいなかったし)、今見えたのはブラックの幻覚だったんだろうか・・・。

不思議に思いながら次の扉に入ると、今度は廊下をピンクが横切っていくのを目撃。

ピンク「くそッ あいつも幻覚か・・・・・・ まさか 俺はもう・・・・・・」

・・・うん、イケニエとして選ばれて幻覚見てるんだろうね。
しかし、見れば見るほどピンクばっかだな、お前の幻覚。
ブラックがどんだけピンク大好きなのかがよーく分かった(笑)


さて、ピンクの幻覚を追いかけ・・・・・・ようとしたら何か声が聞こえる・・・。
「助けて・・・」って聞こえる・・・。
これはピンクの声か?
毎回言ってるけど、助けて欲しいのはこっちの方だ(笑)

気を取り直して、ピンクが歩いて行った先の扉へ。
ソノゴのスタート地点・階段が多い地下室への入口の部屋まで辿り着きました。
ここまできたらゴールはもうすぐかな?
よーし、一気に階段を駆け上ってゴールだ!

・・・と思った瞬間、突如鳴り響いたけたたましいサイレンの音。
何この音!?なんでサイレン鳴ってんの!?
脱走者がいるぞ捕まえろっていう合図じゃなかろうね!?

ワタワタパニクりながら進んでいき、最後の踊り場に差し掛かった所で、柱の陰からあの少女が登場。
おぉ!味方よ!助けに来てくれたのかい?

・・・なんて一瞬でも思った私がバカでした。

少女「おじさん どうして もどってきて くれなかったの・・・・・・?」

少女が消えると同時に、目の前にイケニエ♂登場。

お前も裏切るのかよおおおおおおお!!!
何このゲーム!なんで皆して裏切ってくるんですか!
全部ブラックの幻覚だとしたら、ブラックはどんだけ皆に裏切られると思ってるんですか!
あああもうちょっとでゴールだったのにいいいい!!!

ダッシュで階段を駆け下りていくと、このピンチの最中にまさかのメール受信。
こんなバッドタイミングでメール送ってくる大バカ者はどこのどいつだボケエエエエエ!!!
悠長に見てる暇なんかあると思ったら大間違い・・・・・・・いや、待てよ。

そういや瑠璃様が、『「このタイミングでメール送ってくるなあああ」な時にメールを受信する時があるので、そのメールは出来たら次の部屋に入る前に読んでください』って言ってたっけ。
これだ・・・このメールに違いない。
しかしまさかここまで叫びたくなるバッドタイミングで送ってくるとは思わなかった(笑)

これは是非見てみなければと思い、一旦逃げるのを中断し、携帯をチェック。

▼(ピンク) 件名:こわいよ
やっぱり・・・ 置いていかないで・・・


それ、もっと早く言ってくれない?

このタイミングで言っちゃう!?
いや、ピンクは知らなかったんだろうけどさ。
でも、このタイミングだぜ!?(大事なことなので何度でも言います)
スタート直後に一体何回話しかけたと思ってんですか。
あの時素直に一緒に来れば良かったじゃない。
何もこのタイミングで言いだす事ないじゃない。

こっちは今逃げるのに必・・・・・・!?

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

・・・今、携帯の画面閉じた瞬間に、目の前にイケニエ♀のドアップがあった・・・orz
どうやら後ろから追いかけてくるイケニエ♂だけでなく、下にもイケニエ♀がいたらしい。

まずはイケニエ♂で注意を後方に逸らし、逃げてる途中でピンクがメールで足止め。
そして全く意識のいってなかった前方からイケニエ♀がとどめにドーン。
なるほど、見事な罠だった。


チャレンジ2回目。
リトライは、入口ホールに着いた直後からスタート。
今度はピンクからのメールがきても、一応開くだけ開きつつ、すぐ閉じて一気に下を駆け抜け、イケニエ♂がいた側とは反対側の階段から上へ。
そのまま一番上の扉に続く階段へ・・・・・・

ズボッ!!!(階段が抜けてハマった音)

・・・ブルー、イエローのターンに引き続き、ブラックでもハメられるとは・・・orz
このゲーム、床が抜けてハマるパターン大好きですね。
おかげでこっちはサイレンででも、吊り橋見た瞬間に思わず足踏みはどのボタンだったか確認したさ。
完全に吊り橋=ハマるって公式が脳内に出来あがってた(笑)

ビビったけど、このパターンはもう慣れたので、いつも通りダダダと足踏みし、脱出。
よーし!後は扉を開くだけ・・・・・・って、あれ!?
ちょっ・・・なんでポインタ反応してくれないの!?
まさか扉に近づき過ぎてるのか?

ブラック!扉からもう少し離れ・・・・・・ふぉ!?

画面『 あ な た は 呪 わ れ ま し た 。 』

扉開けるのにモタモタしてたら、イケニエ♀が早くも追いついてたらしい。
またもや彼女のドアップを見る羽目になってしまったぜ・・・。


チャレンジ3回目。
3度目の正直で、今度は何とか扉に無事入る事ができました!
よっしゃあ!ゴール!よく頑張った私!


イケニエ達から逃れ、扉をくぐったブラック。
だが、その背後にはまだイケニエ♀が迫ってきていた。

近くに置いてあるチェンソーに気付いたブラックは、咄嗟にそれを掴み、電源を入れる。
そして、近づくイケニエ♀に向かって思いっきり振り下ろす。

しかし、チェンソーが振り下ろされる直前、ブラックの目に映ったのは・・・

イケニエではなく、怯えるピンクの姿だった。


『過ち』 END



・・・・・・・・・え?

えーっと・・・ブラックは幻覚を見てて、イケニエ達が自分の友達、友達がイケニエに見えてしまってて、追いかけてきたイケニエをチェンソーで攻撃したと思ったら、それはピンクで・・・?
つまり、ブラックはイケニエと間違えてピンクにチェンソーを振りおろしちゃったって事だよね?

つまり、ブラックは間違えてピンクを殺・・・・・・えええええええ!?!?!?

待って待って待って!
今回のターン、新たな情報が色々出てきたと同時に、スゲェ衝撃の展開まで来ちゃったぞ!
ブラックがピンクの事好きかもってのが分かってウッキウキしてたというのに!
ブラックはピンクがイケニエになったのを見て悲しむんだろうなって思って切なくなってたというのに!
まさか自らの手で愛する人をイケニエにしちゃってたとは・・・。
ブラックが血塗れだったのはこういう事だったんですね・・・。

衝撃的過ぎてもはや何を言ったらいいか分からない・・・。
このムービー見た後、しばし放心してしまったくらい衝撃的だった。

散々ブラック父がラスボスとして出てくるんじゃないかって予想してたけど、これはピンクだよね。
絶対ピンクがイケニエ化して襲ってくるよね。

・・・なんか嫌だなぁ・・・。
イケニエノヨルやってきて、一番戦いたくないラスボスかもしれない。
戦うっていっても、また逃げるだけなんだろうけどさ。
ブラックは愛するピンクに襲われながら進んでいくのかと思うと・・・ね。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2012/02/21 23:45】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<眞紅の蝶 | ホーム | リグレーと未確認飛行物体!>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/01/23 09:20】 | #[ 編集]
>瑠璃様
これ、本当に衝撃的な展開ですよね。
まさかブラックがピンクを殺しちゃうだなんて・・・(><)
ピンクはてっきり他のイケニエ達にやられたもんだとばかり思ってたので、予想外すぎてどう反応したらいいかすら分からなくなったくらいです。

信頼出来ると思ってた人が自分に向かってチェンソーを振りおろしてきた・・・。
この前には恋人であるレッドを亡くしてますし、ピンクの気持ちを考えると本当に切ないです(TT)

レッド×ピンク→ブラック。
おぉ!そういう考え方もあるのですね!
確かにピンクは随分とブラックにメールを送ってきてますし、最初のプロローグでは、ピンクのニーハイを調べたら、「ブラックもいるし・・・ね?」なんて気になるセリフも言ってますし、ありえない事ではないですよね。
あの時、なんで恋人であるレッドがいる事ではなく、ブラックを気にしたのかとずっと気になってたのですが・・・なるほど。
上記の様に考えるとしっくりきますね!

ただ、あくまでも今回のピンクの幻覚はブラックが見たものであり、ブラックの思考が生みだしたものだという事を考えると、もしかしたら、『レッド×ピンク←→ブラック』という、ブラックとピンクが両想いだという可能性もあるのでは・・・!?
ううむ・・・何とも奥が深いですね。
どれが正解と言う事はないかもしれませんが、また自分なりに色々考察してみたいと思います(^^)

次回。
実はちょっと時間が取れなくてまだ進めれてないのですが、やはりピンクがラスボスなのですね・・・orz
あまり対峙したくないラスボスになってしまった事が、今から残念でなりません(TT)

しかし、ブラックとはまた違った恐怖・・・一体ピンクは何をしかけてくるのですか・・・((( ̄□ ̄;)))
何がきてもビビらない様、気合を入れて挑みたいと思います!

では、コメント&アドバイス、そして面白い考察を教えて頂き、本当にありがとうございました☆
【2012/03/30 00:19】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ソノゴ…2でのピンクの台詞にはこんな意味があったんですよね~実は。怖くて怖くて仕方が無くて、信頼できる人に着いて行ったらいきなり攻撃されて死んじゃったんですから、何だか可愛そうですよね~。
レッド×ピンク←ブラックですか!そうか、そういう考え方もあったのか!実は私はレッド×ピンク→ブラックだと思ってたんですよね~。ピンクはレッドと付き合ってるけどブラックにも気がある…みたいな。まあ、このゲームはもともと様々な考え方が出来るようになっていて、はっきりとした解答は用意されてないので真相は謎ですけどねぇ。
私もイケニエに見えていたものが実はピンクで、ブラックがピンクを殺してしまったと知った時はまさしく(゜д゜)な状態でしたwww
次は…もしかしたら既にプレイしてしまったかと思いますが、ボス戦です。相手は勿論ピンクです。ピンクはまた怖いですよwブラックとは違う意味での怖さです。
それでは次回も頑張ってください!
【2012/03/21 21:47】 URL | 瑠璃 #-[ 編集]
>ねこ様
こちらこそご丁寧にありがとうございます(^^)

私も自分が絶対に正しいと自信を持てるほどコメントの仕方をマスターしている訳ではないので、上手く言えないのですが・・・とりあえず、うちのサイト&ブログではあまりマナーとか気にしなくても大丈夫ですよ(笑)
管理人を呼び捨てにするもよし、タメ口で話もよし、自分の予想・意見なんかもお好きに語っちゃってくださって構いません。
また、同じ記事にいくつもコメントするというのも全然OKですよ~(^^)

強いて注意すべきところをあげるとすれば、『他の方の迷惑になるコメント(他の方への誹謗・中傷や、荒らしコメント)だけはお止めください・・・と言った所でしょうか。
あ、でも、私への反対意見や反論、注意なんかは真摯に受け止めさせて頂くつもりですので、もし間違った事を書いていたら、こちらこそ注意して頂けるとありがたいですm(__)m

色々書きましたが、まぁあまり難しく考えず、普通のお友達と話す様に、楽しくお話して頂けると嬉しいなと思います(^^)
よろしければまたコメントしてやってください♪

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/17 23:10】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
 同じ記事に何度もコメントを投稿するのもどうかと迷っておりましたが、これだけは書かせてください。
 米神様、時崎様、暖かいお言葉ありがとうございました。まだまだコメントの仕方など間違うことも多いかと思いますが、その際は遠慮なくご意見いただければ嬉しいです。
 ありがとうございました。
【2012/03/12 20:48】 URL | ねこ #-[ 編集]
>時崎様
お久しぶりです(^^)
なかなかコメントに行けなくてすみません;;

時崎様はイケニエノヨルはやられた事ないんですか。
ルグレとイケニエが似てると仰ってたので、てっきりこちらもプレイ済なのかと勝手に思ってました(^^;)
ナナシも怖かったですが、こちらもなかなかの恐怖ですよ~。
私もまだクリアしてませんが、ストーリー的にもなかなか面白いですし、結構お勧めです(^^)

これ、最後はどうなりますかねぇ?
ホラーゲームとはいえ、やはりゲームにはハッピーエンドを求めちゃいますよね!
ブラックにとっては救いのない展開になってきてますが、せめてブルーやイエローにとって感動的なエンドになってくれる事を祈ってます!

呪怨みたいに全く救いのない展開というのも、ホラーゲームとしてはありなんでしょうけどね(^^;)
正直、呪怨はもう色んな意味でトラウマでした(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/11 21:39】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>ねこ様
まずはコメントの内容ですが、自分なりの予想を書いて頂くのは問題ありませんよ(^^)
むしろ、色んな方のご意見、考察を拝見する事でゲーム攻略のヒントになる事もありますし、大歓迎です!

ピンク。
考えてみれば、ピンクは本当に男運がないですよね(笑)
ニーハイマニアにチェンソー男・・・。
チェンソー男はこういう状況に陥ったからこその結果ではありますが、ニーハイマニアは元からですもんね。
ある意味このゲームで一番可哀相なのはピンクではないかという気すらしてきました(笑)

レッドを殺した犯人。
言われてみれば確かに!( ̄□ ̄;)
ピンクの記憶がないっていうのはずっと引っ掛かってたんですが、まさかレッドを殺すほど混乱する事はないだろうと思ってたので、この考えには至りませんでした。
でも、人とイケニエの区別がつかなくなるのならありえない話ではありませんよね。
また、そう考えれば「レッドをもっと大切にしてあげれば・・・」というセリフとも繋がりますし。

はー、そうか。
ピンクが錯乱してレッド殺害・・・そういう可能性もあるんですね。
むしろ、状況を考えると、その可能性が高い気がします。
レッドの口ぶり的にも、レッドを殺した犯人はまだ生きてる人物っぽかったですし。

ソノゴでブラックがまだ生きて、一度お姉ちゃんに挑もうとしたっぽい事を言ってた事から察するに、ブルーはきっと引き金を引く事はないと思うのですが・・・。
私もハッピーエンドが好きなので、レッドとピンクはもう無理だとしても、せめて残る3人だけでもハッピーエンドで終わって欲しいものです(><)

では、貴重なご意見を聞かせて頂き、本当にありがとうございました☆
【2012/03/11 19:42】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
お久しぶりです!イケニエはやってないんで全く分かんないですね(苦笑)
ねこさん、大丈夫ですよ。ストーリーのネタバレにはなってないと思いますよ。ハッピーを求めるのはおかしくないですよ。Callingもナナシノゲエムも零もいいエンドです!ま・・・呪怨とかは、救いも回避すらもないですが(苦笑)
【2012/03/08 23:26】 URL | 時崎 #-[ 編集]
 すみません、追加します。
 ついついストーリーの先読みをしてしまったのですが、もしこのコメントに問題がありましたら、すぐにでも削除させていただきます。
 ご意見のある方は教えてください。よろしくお願いいたします。
【2012/03/06 22:08】 URL | ねこ #-[ 編集]
 ホラー記事は(怖いから)書き込まないつもりだったのに、気になる点があってつい書き込んでしまいました。
 読み始めは「ニーハイマニアよりブラックの方がいいかも…」(ピンク視点)、読み進めるうちに「こんなタイミングの悪い女いらねぇ」(ブラック視点)、そして読み終わって「こんな男達よりブルーの方がいい!(イエローいるけど)」(ピンク視点)と、脳内で登場人物の思考を想像しておりました。巨大ニーハイマニアとチェーンソー男…ピンクの男運のなさが悲しいです。
 冗談はさておき、今回の記事を読んでちょっと思ったのですが、
1.イケニエに選ばれると幻覚により、人とイケニエの区別がつかなくなる。 2.ピンクは選ばれている可能性が高い(ブラックメール・談) 3.レッドが死んだ時、部屋にはレッドとピンクしかいなかった(ブラック放浪中・ブルー肝試し中・イエロー未到着)
 以上のことから考えるに、レッドを殺したのは…。そして、それが正しければ、ここで起こったのは友人同士の…もしイエロー編最後でブルーが発砲すれば、イエロー以外の4人での殺人連鎖…。まさか、イエローまで連鎖に参加とか、ないですよね…。考えたはいいものの、外れてほしい予想です。
 この先が怖いです。イケニエもストーリーも。ホラーでハッピーエンドを望むのはおかしいでしょうか。でも、少しぐらい救いがほしいです…。
【2012/03/06 21:38】 URL | ねこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1891-cfa47fb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。