おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ドラゴンバスター登場!アイリスとドリュウズ!!
今回のアニポケは凄くいい話だった。
前回のアレは何だったのかと思うくらいいい話だった。


【ドラゴンバスター登場!アイリスとドリュウズ!!】


ドリュウズとアイリスに心奪われ過ぎた回だった!
今まで勝手にクールなイメージを持ってたんだけど、なんという・・・!なんという・・・!!
予想以上に純粋で、繊細で、カッコイイイメージはそのままなんだけど、とっても可愛らしい子。

そして、取り戻したアイリスとの絆。
画面の前で、泣けてくるわ悶えるわで、本当に苦しい30分でした。
アイリスとドリュウズが好き過ぎて、言いたいことは沢山あるんだけど、何て言えばいいか分からない。
上手く感想書けるか自信ないけど、頑張ってみます。


本編。
冒頭から早々に登場した新たなアイリスのライバルキャラ・・・になるのかな?
自称・ドラゴンバスターのラングレー。
ドラゴンバスターとは、ドラゴンタイプのポケモンを倒すのを趣味にしている人の事らしい。
しかもそれを趣味にしてる理由が、昔、竜の里でドラゴンポケにボコボコにされたから。
な・・・なんという分かりやすい逆恨み(笑)
何か目的なり、それなりの理由があってやってるならまだしも、単なる憂さ晴らしじゃないですか。
どんだけ酷い目にあわされたかは知らないけど、アイリスの「子供ねぇ」に激しく同意せざるを得ない。
カッコよく『ドラゴンバスター』なんて言ってるけど、実はお前しかいないだろそれ(笑)

口調も挑発的で高圧的。
態度もデカイし、子供だと言われても開き直る始末。
分かりやすい嫌われキャラだなぁ(笑)

しかし、なんでアイリスの事知ってたんだろ?
アイリスがよっぽど有名なのか・・・もしくは竜の里出身者を全員把握してるとか?
前者ならともかく、後者だとしたら、彼女が一体どんな負け方をしたのか激しく気になる。
究極の負けず嫌いなだけかもしれないけど、竜の里出身者全員把握してるだなんてよっぽどだぞ(笑)


ラングレーの挑戦・・・もとい、挑発を受ける事にしたアイリス。
ラングレーのポケモンは、ツンべアー。
ずんぐり大きくて逞しい。カッコイイ(*´▽`*)
でも、氷タイプポケってアイリス苦手じゃ・・・と心配したんだけど、案外大丈夫そうでしたね。
寒がってはいたけど、だからって戦うのを放棄するとかはなかったし、苦手は苦手なりに、ちゃんと氷タイプにも向き合おうとしてるっぽいですね!
もしかして、シューティーに注意された事でちょっと思う所とかもあったのかな?

対するアイリスは、ドラゴンポケであるキバゴを選択するんだけど・・・。
竜の怒りを使えるようになったとはいえ、キバゴはまだまだ経験不足。
頑張ってはいたんだけど、相性的にも経験的にも、相手が悪かったですね。


続いて、ドラゴンタイプではないけれど、ドリュウズでツンべアーを相手取る事に。
「え・・・えぇ?ドリュウズで行くの?」って驚いてるサトシがなんか可愛い(*´▽`*)

アイリスは、ツンべアーが挑発すればドリュウズもやる気を出すと考えたようで、その予想は的中。
もちろん、いつもの様にアイリスの命令はオール無視だったけど。
最初は好調にツンべアーに対抗するドリュウズだったけど、アイリスとの息はあってない上に、恐らく今回は、いきなり攻撃された事で怒りに任せて戦ってただけ。
対するツンべアーは、ラングレーとのコンビネーションバッチリで、冷静に戦ってる。
そんなやみくもなバトルで、何度も勝てるほどポケモンバトルは甘くないんだよね。

結果、ドリルライナーで向かって行った所を岩砕きで弾き返され、ドリュウズは戦闘を放棄。
ラングレーにスパイシーな事言われた(byデント)けど、言い返せないのが悔しいですね。
アイリスもドリュウズに期待して結構挑発しちゃってたからなぁ。
なのに、結果は『負け』ではなく、ポケモンが命令を聞かずに『試合放棄』だもんね。
こういう反抗期で負けるのを見ると、ポケモンバトルは本当にポケモンとトレーナーが一つになって初めて勝てるものなんだなと改めて実感しますね。


そして、アイリスの口から語られたアイリスとドリュウズの過去。
今までずっと気になってた部分がついに明らかになりましたね!

まずは2人の出会いから。

子アイリスがめっちゃめんこい(*´▽`*)

可愛すぎるだろあの子!
野生ポケモン達と遊ぶのが大好きってのも可愛すぎるだろ!
しかも、やっぱり運動神経抜群だし。
小さい頃からやっぱり野生児なアイリスに、スゲェキュンキュンした!

あと、ポケモン達は皆可愛いんだけど、とにかくヒヤップが天使だった!
多分ここでハッキリとは書いた事ない気がするから一応書いておくけど、BWから出てきた新ポケモン内での私の嫁ポケモンは、ヒヤップとバッフロンだったりする。
サンヨウジム戦で出てきた時は、他にも書きたい事沢山あったし、早く放送に追いつきたかったので自重してたんだけど、水遊びするヒヤップが天使すぎて今回は自重できなかった(笑)

あの水遊びする様子は、まさに私の理想のヒヤップそのまんま!
ヒヤップといえば、穏やかというかのんびり屋というか、ちょっとぽやーっとしてて、天然で、ちょっぴりドジっ子で、水際でぱちゃぱちゃやってるのが似合う子ってイメージだったので、スゲェヒットだった!
くっそおおおおお!可愛い!可愛すぎるぞヒヤップううううう!!!

・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・。
話しが逸れたので元に戻して。

ある日、ミネズミの巣を奪ったモグリューとケンカをした子アイリス。
このモグリューが、後のドリュウズらしい。

デント「えぇ!?ポケモンとケンカしたの!?」

どの口がそれを言うか(笑)

お前も前回やっただろ!
マッギョとリアルファイトしただろ!
しかも、勝った上にゲットまでしちゃったじゃないか!
そのせいで、翌日本気で腹筋筋肉痛になってたからな!(笑)

サトシも前にピカチュウとバトルしてたし、何なのこのメンバー・・・。
全員ポケモンとリアルファイトした事あるってなかなかねぇぞ。


そのケンカは残念ながら負けちゃったんだけど、アイリスは懲りずに毎日モグリューに挑戦。
アイリスはかなりの負けず嫌いだったんですね。
で、10回目の挑戦の時、上手くモグリューを弾き飛ばす事に成功!

・・・と思ったら、なんと蔦に絡まった拍子に、モグリューが崖に落ちかけちゃうという大ピンチ!
それをアイリスが間一髪助け、二人は和解。
この時、アイリスに抱きつかれたモグリューが赤くなってたのにキュンとしてしまった!
照れるモグリューが可愛い(*´▽`*)
ふむふむ、モグリューがアイリスに惚れたのはこの瞬間か(笑)

以来、大の仲良しになったアイリスとモグリュー。
バトルをすれば連戦連勝。
山篭りして更に強くなり、ついには竜の里バトル大会で優勝・・・って、凄いなお前等!
クリムガン回でも思ったけど、やっぱアイリスにはバトルセンスがあるんですね。

優勝者決定後、拍手と共に現れた一人の男性。
白い髪に、白い立派な顎鬚。
これってまさか・・・と思ったら、やっぱりそうだった!

シャガさーーーーーーん!!!

えええええ!?シャガさ・・・・ええええええええええ!?
ゲームでもカッコ良いと思ったけど、アニメでもめちゃくちゃカッコイイおじ様じゃないですか!
アイリスとはどこで知り合うのかなって思ったら、もう過去に出会ってたのか!
しかも、アイリスの憧れ・ドラゴンマスターをやってらっしゃるだなんて!!!
シャガさんが出るなんて予想外だったよ!・・・って思ったけど、ちょっと思い当たる節があって前回の予告見返したら、それっぽい影がすでにチラッと登場してましたね。
デントのせいで綺麗さっぱり抜け落ちてた(笑)

アイリスの挑戦を受け、バトルをする事にしたシャガさん。
「100勝目がドラゴンマスターなんて最高じゃない?」なんて、子アイリスはかなり強気ですねぇ。
今まで負けなしだった事もさることながら、今大会での優勝、ひいては、先だってのバトルでモグリューがドリュウズに進化した事が、更に自信を持つ事に繋がったんだろうね。

しかし結果は、シャガさんのオノノクスに惨敗。
手加減一切なしで圧倒的な実力差を見せつけるシャガさんに、厳しさとその裏に隠された優しさを感じました。
アイリスとドリュウズは確かに強い。
二人は更なる高みを目指す事のできる実力も持っている。
だからこそ、上には上がいる事を証明して見せたんでしょうね。
負ける事で得られるものがある。
どん底から這い上がる事で得られるものもある。
『本当の強さ』とは、単純にバトルが強いだけじゃダメなんだよね。
これはいわば、アイリスとドリュウズに『本当に強く』なってもらう為に与えられたシャガさんからの試練。
それを、こんなにも厳しく、こんなにも優しく与えてくれるシャガさんは本当に素敵な人ですね。
後ろでそっと嬉しそうに頷いたおばば様がまた素敵だった!
アイリスは良い大人に恵まれましたね。


一方、負けたアイリス&ドリュウズはというと、このバトルが元であの冷戦期間に突入。
アイリスはドリュウズが閉じこもってしまった理由を、「今まで負けなしだっただけに、あそこまで完敗だったのが悔しかったから」だと捉えていたようだけど、デント曰く、原因はそれだけじゃないようで。

デント「負けた事よりも、アイリスへの不信感が原因かもしれないな」

本能的に勝てる相手ではないと悟っていたドリュウズ。
それとは裏腹に、自分たちなら大丈夫だと過信してしまったアイリス。
その気持ちのすれ違いが、ドリュウズにああいう態度を取らせてたんですね。
だけど、アイリスはその気持ちを汲み取れなかった。
そればかりか、旅に出てからもずっと自分の考えを正さないままドリュウズに語りかけてしまっていた。
思えば、ラングレーとのバトルの「ツンべアーに挑発されればドリュウズだってやる気になるはず」っていうアレだって、いわばアイリスの思い込み・・・ドリュウズの気持ちを無視した作戦だもんね。
自分の気持ちを汲み取ってくれないトレーナーへの不信感。
だからドリュウズはアイリスの命令を聞こうとしなかったのか。

あと、アイリスがあまりバトルをしたがらないもようやく見えた気がしました。
以前、「負けるのイヤだもん」と言ってたけど、あれにはこういう背景があったんですね。
たった一度の敗北。
されど、負けは負け。
それ以来バトルをしてくれなくなったドリュウズを見てきたアイリスにとって、『バトルに負ける事』は、『ポケモン達に新たなトラウマを刻んでしまうかもしれない事』に思えて怖かったのかもしれない。

それにしても、デントってば目のつけ所いいな!流石ジムリーダー!
・・・って思ったけど、よくよく考えたらこれぞデントのお得意分野だった。
そうだよ、ポケモンソムリエってこういう事するのが本業だよ。
今まであんだけはっちゃけてたもんだから、すっかり忘れてたよ。
優しくアドバイスするデントにキュンとするやら、この普通さが逆に面白いやらでどうしようってなった(笑)


その夜、ドリュウズと一緒に寝転びながら、自分の行いを反省し、涙するアイリス。

アイリス「ドリュウズ・・・ごめんね・・・私・・・私・・・!あなたの気持ち、分かろうとしてなかった・・・。なのに、頑張れ頑張ればかり言って・・・」

アイリスの言葉を受け、昔を思い出すドリュウズ。
その思い出すシーンってのがさ、アイリスの笑顔ばっかなのがまた・・・ね。
あと、子アイリスがモグリューに勝つ為特訓してる姿ってのがね!
も~~~結局お前アイリス大好きだろ!
本当に反抗したいならこんな場面思い出さないよ!
でも、だからこそあれだけ心を閉ざしてたんだろうなというのも分かって、なんか涙出てきた。
ドリュウズはアイリスが大好きだったから、アイリスが自分の事を分かってくれなかった事が凄く悲しくて、寂しくて・・・でも、やっぱり大好きな気持ちだけはどうしても変わらなくて・・・。
その結果、結局どうやってアイリスに向き合えばいいか分からなくなっちゃったんだろうね。
冒頭でも書いたけど、ホント、何という純粋で繊細な子だろう。

しかし、アイリスの言葉でようやく何かを吹っ切れたらしいドリュウズさん。
寝てるアイリスを置いて、こっそり一人で新技・気合玉の特訓だなんて男前というか・・・粋だねぇ!
きっと閉じこもってた理由には、不信感だけじゃなくて、アイリスの言うとおり、負けなしだったのに負けたショック・・・そして、また負けてしまう事への恐怖なんかもあったんでしょうね。
アイリスはちゃんとドリュウズの事を分かってくれた。
ドリュウズとしっかり向き合おうとしてくれた。
だから今度は自分が頑張る番。・・・って事だよね!


その後、ドリュウズがいない事に気づいたアイリスが合流して一緒に特訓する事に。
アイリスが一緒に特訓する事は素直に受け入れたくせに、アイリスが駆け寄ろうとしたらふいっとそっぽを向いちゃて、見えない様に「ごめん・・・」みたない雰囲気を出すドリュウズに思わずニヨニヨしてしまった!
きっと『今のアイリス』に駆けよってもらう資格はまだ自分にはないとか考えてるんだぜ。
気合玉を完成させてこそ、アイリスに笑顔を向けてもらえる資格があるとか考えてるんだぜ。
くっそ可愛いなドリュウズ!
あー今日も自分の妄想がオイシイです(*´▽`*)

で!で!!で!!!
すっかり日が上った頃に、ようやく気合玉を完成させたドリュウズ。
その時の振り向き笑顔にまずキュン!
すかさずドリュウズに抱きついたアイリスにキュンキュン!!

2人で笑顔の見つめ合いにキュンキュンキュン!!!

くっそおおおおおおお前等可愛すぎんだろおおおおおお!!!
もー!もー!もー!アイリスもドリュウズも愛おしすぎる!
色々すれ違いもあったけど、ついに和解できたというこの感動!
新技の特訓を通して取り戻した2人の信頼関係!
相手が心を入れ替えたら、素直にそれを認め、自分も心を入れ替えれるってのがまた素晴らしいじゃないですか。
実際にやろうとしてもなかなか出来ない事だよ。
事実、ちょっと寂しいけど、結局ダメだった例を私は何件か知ってるしね。
こういう所は本当に見習わなきゃなぁって思う。
とはいえ、そんなに上手くいかないのが人間関係の難しい所なんだけども。


さてさて、グッドタイミングで朝食も出来た様で、2人は呼びに来たサトシ達と一緒にテーブルへ。

・・・と思ったら、ラングレーが全部平らげてたー!
3人分作ってあったはずなのに完食って凄いな!(笑)
でもね、人のご飯は勝手に食べちゃダメだと思いますよ。
食べ物の怨みって本当に怖いんですよ。
食べ物一つでなんでこんな凄いケンカに発展したんだろうと後から思っても仕方ないんですよ。
えぇ、もちろん実体験です(笑)


何はともあれ、再戦する事になったアイリスとラングレー。
やっぱり命令を聞くのと聞かないのとではバトルの質が全然違うなーと思わせる一戦でした。
心なしか、ドリュウズの動きにも今まで以上にキレがあるもんね!

途中で一度ドリュウズが膝を着いた時、アイリスの「ドリュウズー!」っていう呼び声に反応してまた立ち上がるっていう流れでもまたキュンキュンさせられた!
その直後の「大丈夫だ、俺に任せろ」的なドリュウズのアイコンタクトがカッコイイ!
シャガさんの時みたいに、互いの気持ちがすれ違っていない。
お互いがお互いを信頼し、お互いの為に頑張ろうとしてる。
くぅ~!反抗期後のデレ期突入話はこういう瞬間が本当に堪りませんね!(*´▽`*)

勝負は結局引き分けに終わっちゃったけど、ここで素直に勝ちじゃないのがまた面白いですね。
アイリスとドリュウズにはそれだけまだ伸び代があるって事だもんね!

ラングレーもまた再登場してくれそうですね。
上の方で、この子はアイリスのライバルになるのかなと書いたけど、ライバルとはちょっと違う気がしてきた。
同じ目標を目指してる訳でもなければ、むしろドラゴンタイプを倒すのが趣味だなんて、アイリスの夢(ドラゴンマスター)を邪魔しようとしてる節さえ感じるもんね。
ライバル的な位置づけではあるけど、ライバルと言うよりは『敵』って言う方がしっくりくる(笑)
またいい性格してて、見るからに嫌われキャラやってるもんだから、余計そっちのがしっくり。

最後の去り際なんか、

ラングレー「君!次会う時はもっと美味しい朝食をご馳走してね」

・・・だもんね。
戸惑うデントを見ながらスゲェ噴き出した(笑)
ここまでくるといっそ清々しい女王様っぷりですよラングレーさん。

ラングレーは今後どんな風にアイリスと絡んでくるのか分からないけど、こういう対極なキャラを通してアイリスの成長を描くというのは面白いと思うので、ラングレーの再登場が凄く楽しみです!

外見以外褒める所のない子だな(←失礼)と思ってるけど、ラングレー、嫌いではないです。
こういう子は今後どういう風に変わっていくのかってちょっと楽しみになってしまうんだよね。
こんだけツンツンツンツンしてた子がそのうちデレてくれると私的には凄くオイシイ(笑)


そして最後に今回一番の爆弾が投下。

アイリスに笑顔で抱きつくドリュウズ。

ドリュウズから抱きついたーーーーー!!!!
アイリスにギュウって!笑顔で!ドリュウズから!!
もー!もー!もー!何なのこの子!何でこんな可愛いの!

・・・と思ってたら、アイリスが嬉しそうに抱きつき返しながら一言。

アイリス「大好きよ!ドリュウズ!」

萌え過ぎてパンクするかと思った。
死因:萌え死にとかホント勘弁して頂きたい。
2人の笑顔に心がほんわか暖まるやら、嬉しさで泣けてくるやら、2人の関係が好き過ぎて悶えるやら、最後の最後でどんだけ追い込まれなきゃいけないんですか。

本当はもっともっとこの2人ついて語りたい事があるんだけど、好き過ぎて逆に何を語ったらいいか、どこから語ったらいいか全然まとめられない。
ので、時間も遅いし、ここで区切っておく事にします。


あ、そだ。
ちょっと気になったんだけど、今回のライブキャスター、まだ放送されてない回の映像使ってありましたね。
いきなりバスラオとヤナップがドンパチしててビビってたら、最後の最後で釣りしてるデントがチラッと映って、思わずガタっと立ち上がりかけてしまった(笑)

このデント釣り回は今後放送されるんだろうか・・・。
楽しみでしかたない(笑)


次回はダンゴロのお話。
久しぶりにロケット団も絡んでくるみたいで、凄く楽しみです!

それにしても、久しぶりに落ち付いて見る事の出来た予告だった気がする(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/03/08 23:45】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<ミエナイモードの本気 | ホーム | フィギュア>>
コメント
>kivaxtuto様
ソウリュウにオババ様・・・確かにありそうですね。
アイリスに負けを体験させたのは、単にシャガさんの思いつきではなく、オババ様も一枚絡んでたようですし、アイリスの成長を見る為に、わざわざやってきてるなんて事も十分に考えられると思います!
個人的には、その時、シャガさんとオババ様の関係なんかももう少し説明があるといいなと思います。

ウララちゃん。
ウララちゃんは口は悪いですが、全くの礼義知らずという訳ではありませんし、優しい一面もありますし、何より自分の夢に向かって一心不乱に頑張るだけの強さを持った良い子だと思いますよ(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/31 23:05】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>スモッド様
この回は本当に素晴らしい回でしたよね!
アイリスとドリュウズの絆に心を震わされ、思わずウルッとさせられました!
コレ以来、アイリスとドリュウズが大好き過ぎて、2匹が並んでるのを見るだけで嬉しくなっちゃいます(*´▽`*)

デント。
あの話を聞いただけでどこに問題があったのかを的確に指摘してきたのは流石ソムリエですね!
これが彼の本来のお仕事なんだとは分かってましたが、最近のギャグ連発で綺麗に頭から抜けてただけに、思わず同様してしまいました(笑)

シャガさんとオババ様。
天狗になってるアイリスへ、圧倒的な実力差を見せつけ、一気にドン底へ撃ち落とす。
一見何とも荒っぽい方法ではありますが、ああいう天狗になってる状態はちょっとやそっとの事じゃアドバイスを聞き入れれなくなってる事も多々ありますし、あれが一番良い方法だったのかなと思います。

スモッド様の仰る通り、私もこれはきっと、シャガさんとオババ様が天狗になってるアイリスを見て、2人で仕組んだ事ではないかなと思うのですが、そうしようと思ったのは、アイリスに実力があったからこそのはず。
2人からのこの愛のムチを、きっとアイリスはまだ完全に理解出来ていないかもしれませんが、今後出てくるであろうシャガさんとの再会に向けて、彼女がどんな成長を見せてくれるのか、本当に楽しみです(^^)

今回のドリュウズとの和解は、まさにその為の第一歩ですよね!
今まで分からないまま、やみくもに突っ走ってただけだったのが、デントからのアドバイスを受け、ようやくドリュウズと向きあう事が出来た。
ようやくドリュウズの気持ちを考える事が出来るようになった。
これまでだってアイリスはちゃんと、『自分なりに』ポケモンの気持ちを分かろうとしてたと思いますが、それだけではダメなんだという事が分かったはず。
仲間の大切さを改めて知ったと同時に、ポケモンとの交流についてまた一つ学べた良い機会だったと思います(^^)

一方のドリュウズも、アイリスが自分の気持ちを分かってくれなかったように、自分もその為の努力を怠っていた事に気付けたのではないかなと思います。
アイリスに自分の気持ちを分かってもらえなかったのが寂しかったというのは確かにあったと思いますが、きっと、恐怖もあったのではないかなと思うんです。
また負けるんじゃないかという恐怖。
またアイリスに自分の気持ちが届かないかもしれないという恐怖。
その恐怖から目をそむけていた結果が、あの引きこもり期間だったのかな、なんて。

でも今回、アイリスの涙を見て、ようやく前へ進む勇気を出す事ができた。
アイリスを信じる勇気が持てた。
あれだけ最高のパートナーだったんですから、きっとこれからはもっともっと最高のパートナーになってくれると信じて、彼等の今後の成長を見守っていきたいと思います(^^)

最後に、ラングレーとのバトルが引き分けだったのがまた面白いですよね!
今後の伸び代を予感させる素晴らしい結果だったように思います。
次までにどんな成長を見せてくれるのか本当に楽しみです(*´▽`*)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/31 22:06】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>toshiki様
イッシュ版ウララちゃん!(笑)
確かにどことなくウララちゃんを彷彿とさせる所がある子ですよね( ̄m ̄*)
ハーリーさんの意地悪さと、ウララちゃんの口の悪さ、そこに更にムサシの女王様っぷりを足した様な子だなという印象があります。
個人的に、ラングレーは今まで出てきたどのライバルより凄い性格してるんじゃないかと思います。
上記であげた3人にしたって、自分の夢に向かって一生懸命だったりと何かしら尊敬できる所がありましたが、ラングレーはどう見ても逆恨みでドラゴンタイプに八つ当たりしてるだけですからねぇ(^^;)

しかし、今までにないタイプだからこそ、この子が今後、アイリスとの触れ合いを通してどんな風に変わっていくのか凄く楽しみでもあります!
ラングレー、嫌いではないので、恐らくあるであろう次の登場が待ち遠しいです(^^)

ラングレーとカベルネ。
言われてみれば確かに、やってる事は似た様な事してますね。
どっちも負けたのが悔しくて、その逆恨みで・・・ですもんね(笑)
ただ、内容は全然違うと思うんです。
カベルネを庇うとか、ラングレーを悪く言いたい訳じゃないのですが、カベルネはあくまでも人に迷惑をかけない方法でのリベンジを選択したのに対し、ラングレーの選んだ道は、まさに八つ当たり街道まっしぐら(笑)
どうせならラングレーも、「いっそ私がドラゴンマスターになってやる!」ってなってれば、それこそカベルネと同じと言えたんですけどねぇ・・・。
そこがこの二人の違いであり、各々の個性であり、今後の見所になるのかなと思ってます(^^)

ドリュウズ。
負けると分かってたのに戦わされた。
そしてやっぱり負けてしまった。
アイリスへの不信感が、彼の心を閉ざす鍵となってしまっていたんですね。
ポケモンバトルはトレーナーとポケモンの心が一つにならないと勝てないといいますが、本当にその通りだと思います。
実力でもう負けてるにしても、ドリュウズとアイリスの心がもっとしっかり繋がっていれば、もう少し違った結末を迎えていたかもしれませんね。

とはいえ、そんなわだかまりも今回で無事解決!
今後この2人がどんな風に成長して行くか。
そして、いつか来るであろうシャガさんとの再会がどんな風になるのか、本当に楽しみです(^^)

最後にエモンガですが・・・あの子はまた気難しいですからね~(^^;)
とはいえ、全く命令を聞かない訳ではありませんし、仲間思いな一面もある良い子ですから、ちゃんと命令を聞いてくれる日もそう遠くはないはず!
どんな風に成長していくのかこちらも楽しみです♪

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/30 00:06】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>いちる様
いやぁ、あのヒヤップはまさに理想のヒヤップ過ぎたもんで、つい夢中になってガン見してしまいました( ̄m ̄*)
いつかアニポケ本編で水遊びするヒヤップが見たいなと思ったのですが、まさか本当に出してくれると思ってなくて、かなり動揺した結果が今回の記事の暴走です(笑)

いちる様のヒヤップは臆病な女の子だったんですね!
なんと可愛らしい(*´▽`*)
ヒヤップには呑気や能天気、臆病やおっとりなど、可愛い系、大人しい系の性格が似合いそうだと思ってたので、まさに理想のヒヤップです!
ちなみに、うちのプレイ日記書いてる白のヒヤップは、冷静で暴れる事が好きという何ともハードボイルドな子でした(笑)
何も考えずに一発ゲットした結果がこれです。
物欲センサーってこんな所でも働くんですね・・・orz
もちろんヒヤップならどんな性格でも愛してますが(`・ω・´)b

シキジカ。
あの子もすっごく可愛かったですよね~!
毎回アイリスを運んでくれるってのが、アイリスとの仲良しっぷりとシキジカの優しさを上手く表してて、凄くほんわかしちゃいました(*´▽`*)

ミネズミの家は私も気になってたんですが、モグリューとアイリスが仲良くなった後はちゃんと取り返せたんじゃないかなと思います。
それまでは対立してる上にアイリスが勝った訳ではありませんから、返してもらう訳にもいかず、ミネズミは違う場所に巣を作ってたとか、アイリスの家に一時的にお世話になってたとかではないかなと思ってます。

デント。
今回のデントはしっかりお仕事してましたよね!
あのアドバイスがあまりに的確すぎて、前回とのギャップに、一瞬「どうしたデント!」なんて思っちゃいました(笑)
デントは結構ネタキャラになってますが、こういうカッコイイ部分や頼りになる部分もどんどん出して行って欲しいものですね(^^)

ラングレー。
敵という意見に賛同頂き、ありがとうございます!
ライバルというと、例えいがみ合ったり、ケンカばかりしていても、同じ目標に向かって、お互いを高めあっていける関係というイメージがあったのですが、ラングレーはちょっと違うよなと。
高めあうどころか、アイリスの夢を邪魔してる事にもなりかねないので、そうなるとむしろ敵キャラじゃないか?なんて思ったんですよ。
悪役ではない敵役といいますか・・・こういうキャラは珍しいので、この子が今後アイリスとどう絡んできて、どう変わっていくのか、凄く楽しみです(^^)

ただ、いちる様の仰る通り、ライバルキャラが大好きな私としても、是非ノゾミのような仲良しライバルキャラというのも出てきて欲しいな、なんて思ってます。
今後に期待ですね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/29 23:22】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ソウリュウについたらオババ様もいるかも知れませんね。

ウララは初登場時に上から目線ですが潰したポフィンを弁償しようとしましたね。
【2012/03/29 23:13】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
>kivaxtuto様
確かに今回は、ドリュウズとの和解だけでなく、新ライバルポジのキャラが登場までありましたから、結構ぎっしりした内容でしたよね。
個人的には、ドリュウズとの和解がこんなに早く解決すると思ってなかったので、もう数話引っ張ってもよかったかなと思いました(^^;)

ラングレーの声。
福圓さんでしたね~。
ミジュマルの声も可愛いですが、それとはまた違った可愛らしい声だったので、ED見るまで全然気づきませんでした!

オババ様とシャガさん。
シャガさんがもし竜の里出身なら、年齢的に考えて、幼馴染のような関係なのかもしれませんね。
で、お互いに大人になった今、新たなドラゴンマスター育成の為に色々協力しあってる、みたいな。
そこで白羽の矢が立ったのがアイリスだった・・・という事かもしれませんね。
シャガさんは恐らくソウリュウジムで登場してくれると思うので、その時にアイリスとどんな会話をするのか凄く楽しみです(^^)

ドリュウズ。
キバゴに対しては、自分がやられたポケモンの進化前という事はあまり意識してないでしょうが、アイリスと仲良しって所には嫉妬を感じていたかもしれませんね。
キバゴとの特訓を彼が見ていたかは分かりませんが、もし知っていたら、「自分の事は分かろうとしてくれなかったのに、あいつの事はあんなにしっかり考えて・・・」くらいは考えていたかもしれません。
裏を返せば、アイリスがキバゴの特訓にあれだけ慎重になっていたのは、ドリュウズとの事があったからこそなんでしょうけどね(^^;)

何はともあれ、無事和解出来たアイリスとドリュウズですが、これでキバゴがかすんだという事はないと思いますよ。
ポケモンによって魅力は違いますし、感じ方も人それぞれです。
アイリスのパートナーは、ドリュウズよりキバゴの方がいいという方だっているでしょうしね。
キバゴがどんな風にアイリスと絆を深めていくのかも楽しみですね(^^)

残る一番の問題児はエモンガですが・・・この子は本当にどうなるんでしょうねぇ?
あれ以来バトルシーンが出て来ないので判断しにくいですが、全く命令を聞かない訳ではありませんし、あとは毎回エモンガにどうやる気を出させるかが重要になるのかな、なんて。
個人的にはまたツタージャ姉さんとの絡みが見たいです( ̄m ̄*)

直接技と関節技。
確かに相手に接近すれば、それだけ相手からの反撃を受ける可能性が高くなるという事ですからね。
しかし、関節技は関節技で、距離がある為に相手に避ける猶予を与えてしまうというデメリットもあります。
どちらの技もいい所と悪い所がありますから、とにかく使い時を見極める事が大切でしょうね。

では、コメントありがとうございました☆
【2012/03/29 22:52】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちは、スモッドです。
この回は昨年一年間で放映された中ではヒカリ特別編第2位に入るほどの大好きな回でした。

デントがとても優しかった、アイリスがやるべきことをしっかり教えている、不信感を取り除き
ドリュウズの気持ちを読み取るためにすべき行動を

教えるといえばシャガとおばば様も素敵、天狗になっている彼女を圧倒的な力でへし折り、挫折を味あわせ
底から這いあがってくることで得られる強さ、バトルの強さ云々だけでなく、現状満足をせず向上心を
持つことやドリュウズをどう見て伸ばしていくのか?彼女がやるべきことがまだまだたくさんあることを
あんなにやさしく教えるなんて、おばば様がうなづいていたということはこれはシャガとおばば様が
事前に計画をしていたのじゃないかと推測してみたり、調子に乗り圧倒的上に立つシャガにも
平気で挑み100勝目という数値だけで相手を見ていない、常に傍にいているおばば様なら
アイリスが徐々に天狗になっている様子は知っていたでしょうから
自分を見つめなおし、本当に自分は何を
すべきなのか?そして今のデントやサトシをはじめそこで相談に乗ってくれる仲間たちがいるということ
負けることで、どん底をを味会うことでそれらはより強く大きく学びえる、DPでもこれは非常に
濃密に丁寧に描写していました。自分にも当てはまるだけに規模に銘じたいところ。

その晩アイリスがドリュウズに謝るシーンは涙しました。ドリュウズの本当の気持ち、オノノクスの時に
気が付かなかった自分の過ちにやっと気が付くことができた。やっと正面かドリュウズを見ることができた。

一方ドリュウズもモグリューの時から懸命に自分に勝とうと奮闘するシーンを思い出した、諦めないで
何度も頑張り続ける彼女の姿を、やっと意図が結んだ練習シーンは良かったです。

その状況下にも関わらず勝利ではなく引き分けなのが流石はポケモン、アニメ自体が厳しい現実を
描写し、直後彼女が語ったように気持ちがわかるように彼女がまだスタート地点に立ったことを示している
ところは本当に素晴らしい。ゴールなんてないんですね

ともあれ学びえることが多かったのはアイリスを通して視聴者であることを痛感したお話でした。
ではでは
【2012/03/24 18:45】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
アイリスのライバル、ラングレーが登場!
ラングレーは凄く性格が悪いですね。
ハーリーより悪いですね。
人の食べ物まで勝手に食べちゃうなんて。
なんというかイッシュ地方版ウララ。
この娘と全く同じ性格であるカベルネとの絡みも見てみたいですね。
ドリュウズが言う事を聞かない理由が昔、シャガのオノノクスに岩砕きをしろうとしたら負けた事だったなんてね。
これはトラウマになるはずです。
あとはエモンガのわがままが直ればいいですね。
ドリュウズは言う事を聞くようになったし今後の活躍に期待です。
【2012/03/20 18:39】 URL | toshiki #1wIl0x2Y[ 編集]
あのポケモンたちが遊んでいるところでヒヤップに目がいくとは・・・米神様の目の付けどころは面白いですね。私も夢の跡地で貰ったのはヒヤップだったので思い入れはありますが・・・性格と性別は臆病な女の子でした。

私は小さいころのアイリスがモグリューと生身のケンカでコテンパンにされた時に毎回回収してくれていたシキジカが可愛いと思いました。結局ミネズミの家は取り返せたんでしょうか?

私もデントがソムリエらしいなと思いました。ポケモンと人間がより仲良くなるためのアドバイスをするのが本来の仕事ですよね。さすがAランクのソムリエ!

ドラゴンバスターはライバルというより敵…なるほど!しっくりきます!BWのそういうポジションキャラはひねくれた奴が多い中で敵、という言葉はピッタリです。でもどうせならDPのノゾミのようなお互い鼓舞して高めあえるようなすっきりしたライバルもほしいかな・・・なんて(笑)
【2012/03/20 13:14】 URL | いちる #-[ 編集]
ライブキャスターの話はアーティー戦とエモンガゲットの間が本来の予定でした。

そういえば触れてませんけどラングレーの声はミジュマルと同じ福圓美里さんですね、
実は彼女はアイリス役のオーディションに最終選考で落ちてるんですよね。

良い話だったのは確かですが長編をダイジェスト気味に見ているような感じも。

ツンベアーのあの格闘技は最初「ばかぢから」かと思いましたが
過去を連想させるオノノクスが「ばかぢから」を覚えられませんしね
オババ様とシャガさんは深い関係にある感じですがアイリスは違う感じなので
アニメではアイリスはシャガの事を「シャガさん」って呼ぶのですかね~

ドリュウズは思ったよりも小さかったですね
ゲームでの高さが0.7mなので当然なのですが。

気合玉を覚えかつては乱れ引っ掻きも使っていたドリュウズですが
モグリュー時代にアイリスに使った技は泥掛け?

ドリュウズが心を閉ざしていた原因は分かりましたが
コテンパンにされたオノノクスの進化前のキバゴを
アイリスがゲットし仲良しになった事に
嫉妬心もあったのですかねぇ~

アイリスとドリュウズの絆が見せられてキバゴが霞んだって事はないですかね~

それにしてもエモンガゲット当初は手持ちの事情から主戦力かなと思いましたが
キバゴは竜の怒りを完成させ引っ掻くのキレも上がり
ドリュウズは言う事を聞く様になり気合玉も覚えた事で
彼女が一番の問題児になってしましましたかね(笑)

目上にもタメ口の昔のアイリスは自分が発表当時に今のアイリスに連想してたキャラでした。

ドリュウズの気合い玉取得で分かった事はアニメの接近技のリスクの高さですかね
(忘れたボルテッカーもそうなのですかね~)
【2012/03/20 01:40】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1905-92a133ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。