おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
柚木ちゃんへお祝い小説
柚木ちゃんが夢へ向かって大きく前進しちゃったみたいなので、一ファンとして勝手にお祝い(笑)

今回は、N主♂(ポケモンBW)小説を書かせて頂きました。
腐った表現はほとんど出てないものの、それっぽい雰囲気はちょっぴり出てるので、もし読んでみようと思われる方がいらっしゃいましたら、ご注意下さい。


【柚木ちゃんへお祝い小説】


ぽかぽか陽気に誘われるように鮮やかに色を付けた桜の木の下。
ひらひらと舞い散る花弁を眺めながら、ぼんやりとあの日の事を思い出していた。


どうして彼は行ってしまったのか。

どうして僕は彼を止めなかったのか。


もっと話したい事が沢山あったはずなのに。
「サヨナラ」と笑う彼を見ていたら、何故か言葉が何も出て来なくて。
Nの一挙一動、全てを邪魔してはいけない気がして。
どうしても体を動かす事が出来なかった。

否、彼を止めてはいけないと感じてしまったんだ。

彼を縛るものは、もうどこにもない。
Nはようやく自分の為に生きる事が出来る。

色んな事を体験する為に。
色んな事を知る為に。
そして、自分の本当の夢を見つける為に、彼は旅立った。

そんな彼を止める権利は、誰も持っていない。


その思いは今でも変わっていないし、自分の判断が間違っていたとも思っていない。

・・・・・・けれど。


ズキズキズキ。


この胸を刺すような痛みが、酷く自己を主張し続けるもんだから。
やっぱり自分は後悔しているのだと、否が応でも自覚してしまう。

もしあの時、立ち去ろうとする彼を、なりふり構わず止めていれば。
動かなかった体を、どうにかして動かしていたのなら。
何か、変わっていたのだろうか。

彼は今も・・・隣にいてくれたのだろうか。



(何を今更・・・)

ふと、自分のあまりの浅はかさに、自虐的な笑いが込み上げてきた。

そう、こんな事をいくら考えても、全ては『今更』なんだ。
いくら後悔しようとも、もう二度と『あの時』は戻ってこない。
いくら願っても、もうNはここにはいないんだ。


ゆらりと目の前の視界が歪んだ気がして、慌てて眼をこする。
今更だと言いつつ、まだ涙が出るほど感情が揺らいでしまうなんて・・・。
どうやら僕は、自分で思っているよりずっと彼を──────────



考えをリセットするように、ふるふると頭を大きく振り被る。
こんな事ばかり考えていても、何か変わる訳じゃないんだ。

思考の渦から脱出した所で、ようやくポケモン達の賑やかな声が耳に飛び込んできた。
天気もいいので、一休みついでに手持ちポケモン全員、ボールから出して遊ばせてある。
何をしているのかは分からないが、皆楽しそうに駆け回っているのが見えた。

彼等に混ざって、気を紛らわせてこようか。
こうして座っているよりは随分マシなはずだ。

重い腰を上げると、息を一つ吐いて、ポケモン達を見た。



・・・・・・あれ?
どうしたんだろう。
さっきまでの楽しそうな雰囲気から一変、何やら騒いでいるように見える。

「おーい皆ー、何かあったのー?」

ポケモン達の様子からして、困った事があった訳ではなさそうだ。
恐らく、何か珍しいものでも見つけたんだろう。
のんびり声を掛けながら、彼等の方へと歩み寄っていく。


後少し・・・という所で、突然ゼクロムが一際大きな声を上げた。
その声に驚き、思わず歩みを止める。

僕の方を・・・否、僕の後ろに広がる空を見つめながら、ゼクロムは何度も何度も声を上げる。
その声はまるで、誰かを呼んでいるように聞こえる。

「ゼクロム、一体どうし・・・・・・」







「     」







ゼクロムの声に呼応する、小さな声。
聞こえた、と認識した瞬間にはもう、無意識に振り返っていた。

ゼクロムが見上げる方向に見えたものは、こちらへ向かって飛んでくる小さな小さな影。
まさか・・・いや、そんなはずは・・・・・・。

もう一度ゼクロムに視線を向けると、ゼクロムは一旦鳴くのを止め、こちらに顔を向けた。
その表情は、予想通り喜びに溢れていて。
僕と目が合うと、一度だけ、ゆっくりと頷いた。



ズキズキとした痛みが、ドキドキという鼓動に変わっていくのを感じる。

堪らず、僕はその影の方へ向かって駆け出した。




「Nーーーーーーーーーー!!!」




大きく手を振り、主張する。

僕はここだと。

僕はここでお前を待っているんだと。







まずは一発殴ってやろう、とか。
連絡先も教えずに勝手に消えた事を説教してやる、とか。

色々考えていたんだけれど。



レシラムから下りてきたNの笑顔を見たら、この言葉しか出て来なかった。







「おかえり、N」

(「ただいま」と、君が嬉しそうに笑うから、それ以上何も言えなくなったんだ)





──────────


どのCPにしようか色々考えてたんですが、BW2発売も近いので、N主♂にしてみました。
前回書いたN主♂といい、今回のお話といい、私はよっぽどNに戻ってきて欲しいんだろうね。
どっちもNが戻ってくる話なんだもん(笑)


勝手に書いて、勝手に送りつけて、何とも迷惑な奴で申し訳ないです;;
こんな小説でよろしければ受け取って下さると嬉しいですm(__)m

最後になりましたが、柚木ちゃん、夢へ向かっての大きな一歩、本当におめでとうございます(*´▽`*)



スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/03/31 23:13】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<15回目のともだち記念日 | ホーム | ライバルくん観察日記>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1927-5d4f9c84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。