おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ゾロア・ザ・ムービー!ポケモンナイトの伝説!!
BW最終回までに、デントの肩書が一体いくつ増えるのか、凄く楽しみになってきました。
もう「○○ソムリエ」って言い出したくらいじゃ驚いてやらないんだから・・・!


【ゾロア・ザ・ムービー!ポケモンナイトの伝説!!】


いつものアニポケと雰囲気の違うバトルからスタートしたから、一体何事かと思ったけど、『ミラクルファイター・ザ・ムービー24/ミラクルシューターの謎』という映画のワンシーンだったんですね。
一瞬、なんか別のアニメ録画しちゃったのかと思ったよ(笑)

その予告を見て早速テンションMAXになっちゃったデントさん。
「イッツムービーターイム!」の時のポーズ、ちょっとばかしあらぶりすぎだろ。
予告で「テンションMAX」とかって書かれてたけど、MAXになんの早ぇよ(笑)
しかも、そのテンションで意気揚々と映画評論し始めるから、まさかまさかと思ったら、案の定言いやがった。

デント「僕は映画ソムリエだからね!」

も~~~またそうやって肩書増やすんだから~~~!
これで何個目ですかデントさん!
前回もフィッシングソムリエという新たな肩書増やしたばっかじゃないですか!
サンヨウジムジムリーダーで、ポケモンソムリエで、サイエンスソムリエで、ソムリエ探偵で、釣りソムリエで、映画ソムリエでもあるって、どんだけ多趣味なんだお前!

しかも、一つ一つがまたしっかり極めてあるというか、かなり詳しいというか。
何度も言ってるけど、口先だけの『ソムリエ』じゃないのが凄いよね。
デントはきっと、サトシが気になって旅に出ちゃう所から察するに、なかなか好奇心の強いタイプみたいだし、一度気になりだしたらとことん追及したくなっちゃうんだろうなと思う。
で、その興味の対象が、デントの場合かなり多くあって、それがこの多趣味に繋がってるんだろうね。
これだけ多くのものに興味を持つとなると、極めるのも相当大変だと思うんだけど、デントは根が真面目だから、やるならとことんやりたくなっちゃって、結果、ここまで来ちゃったんじゃないかと思います。

『ソムリエ』とは自称で名乗ってる人も多い(実際に、資格とかは決められてないけど『映画ソムリエ』を名乗ってる方もいらっしゃる)し、デントのこれもそんな感じなんだろうなぁ。
自分が大好きな物事をある程度極めれたなと思ったら、『ソムリエ』と名乗る事にしてるとか。
それこそが、デントの自信の証であり、その物事に対する愛や敬いでもあるんじゃないかな、なんて思います。

・・・デントの『○○ソムリエ』に対して本気で考察しちゃった自分がちょっと恐ろしい・・・(笑)

そういえば、デントが『映画ソムリエ』だとか言い出した時、アイリスが面倒臭そうな顔してたよね。
なのに、一切突っ込みはなし。
ついに「面倒臭そう・・・」っていう突っ込みまで消えたか(笑)


そんな中現れた1匹のゾロア。
ゾロアと聞いて、一瞬あの映画の子を思い浮かべちゃったけど、この子は別個体みたいですね。
映画の子は♂だったけど、この子は♀だし。
サトシが映画のお話を出さないのは予想通りだったからいいとして。
今までイッシュのポケモンとの初対面時は大体「このポケモンは?」って初めて見た的な発言してたのに、今回は図鑑で調べたりはしてたものの、あえてそういうセリフはなかったのがちょっと気になったり。
言わないけど、ゾロアは知ってるよって事なのかなと思って、ちょっぴり嬉しくなっちゃいました!
「野生なのか?」ってゲットしたそうにしてたのも、あの子を思い出しての事だといいなぁ(*´▽`*)

この子も映画の子同様、色んな人・ポケモンに化け、早速皆を惑わせてくれてましたねー。
見返してて気づいたんだけど、ポケモンはさておき、人間で化けたのが、映画ヒロインだったりアイリスだったりしたのは、やっぱり女の子だからなのかな、なんて思ってみたり。
やっぱり化けるなら男の子より女の子がいい!っていう、今後の布石もあったんだろうなと。


そこへやってきたゾロアのトレーナー・ルーク。
みなみさんがアニポケ出るってのは教えて頂いてたから知ってたんだけど、この子だってのは知らなかったので、最初の第一声聞いた瞬間、スゲェ心臓が高鳴ったよ!
いつくるかとずっと楽しみにしてました!
みなみさんといえば、前髪のはねたピカチュウ(NN:レオン)を連れたトレーナー・ヒロシですよね!
サトシと性格的に一番近いライバルで、なのにサトシよりどこか一枚上手で、凄く見ごたえあったんだよね。
今どうしてるのか凄く気になる。
また登場してくれないかなぁ。

話を戻して。
ルークは逃げたゾロアを探していたらしい。
ピカチュウに化けて惑わすゾロアだけど、サトシはピカチュウをちゃんと見分けてましたね!
前はメタモンに変身されて「どっちが俺のピカチュウ?」なんて言ってただけに凄く嬉しかった(*´▽`*)

結局ゾロアに逃げられてしまったので、とりあえず自己紹介をする一同。
ルークは助手のゴビットと一緒に映画撮影をしてるのか。
カチンコ持ってるゴビットが何だか凄く可愛い(*´▽`*)

あと、ルークが普通に感心してた辺り、ポケモン界でも映画ソムリエは普通にいるっぽいですね。
映画評論家みたいなもん・・・なのかな?。
お○ぎさん&ピ○コさんみたいな感じの事やってそう。


んで、色々話をしているうちに、ゾロアが何故怒って逃げたのか判明した訳だけど。
映画大好きで、ヒロイン大好きで、ヒロインしかやりたくないと主張する乙女ゾロアって何だそれ!
可愛すぎて堪らん!(*´▽`*)
勇者や悪役もいいけど、やっぱ女の子としては可愛くて綺麗なお姫様になりたいよねぇ。

そんな映画大好きなゾロアと映画製作大好きなルークの出会いはまさに運命ですね。
利害関係の一致という点でも、いいパートナーに巡り合えたという点でも。
更に、サトシ達まで手伝ってくれる事になるなんて、これまた良い展開!
ルークの努力が実を結び、夢が着実に実現してってるってのが、この1話に詰め込まれてる気がしました。

これは勝手な妄想だけど、その影の功労人はきっと、あの映画館館長のマシューさんだと思う。
裏の倉庫を貸してくれたり、アドバイスをしてくれたり、きっと心からルークを応援してくれてるんだよね。
ルークに手伝いをさせていたのも、映画を見せてあげる為って理由の他に、映画に関する機材を扱わせてあげる為とか、そういう理由なんかも入ってたんじゃないかな、なんて。
ルークは本当にいい出会いに恵まれたなぁ。

あ、そうそう。
余談だけど、デントが真っ先に手伝い(映画出演)を申し出たのって、実は単に自分が映画に出たいからじゃなかろうかという気がしてならない。
いや、純粋に困ってる人は見過ごせないってのもあったんだろうけど、この後の彼のハッスルっぷりを見てると、どうもその気持ちがすっきり拭いきれない(笑)


気を取り直して、早速準備にかかる一同。
衣装を作ってるハハコモリ&クルマユの進化系コンビ。
並んで剣作ってるサトシ&デント、ゴビット&ミジュマル。
材料の紙もってトテトテ走っていくピカチュウ。
サンドイッチもぐもぐしながらハンマーでトンカンやってるサトシが可愛い!
ケンカするツタージャ&エモンガ。
・・・のとばっちりを受けてペンキ被っちゃうサトシ&アイリス。
そして最後は皆で雑魚寝。

何これ可愛すぎる・・・!

特に最後の雑魚寝がもー!もー!ホント可愛くて!
皆で共同作業ってのだけでもキュンキュンしてるのに、その上仲良く雑魚寝だなんてもう!
「もう」しか言えなくなるレベルには悶えたぞこのシーン(*´▽`*)


準備も出来たので、撮影前にルークから簡単にストーリー説明。
『マサラ国』に思わず反応してしまったのは私だけではあるまい。
あと、アイリスに「デントが悪役?」と話を振られた時のデントの反応。

デント「ははは、分かってないね。冒険活劇では悪役がポイントなんだよ。つまり、演者の重厚で渋~いテイストが、ヒーローヒロインのカッコよさを際立たせる影の主役というわけさ」

「ははは、分かってないね」の声の低さと渋さに盛大に噴き出した。
もうヤダこのソムリエ。
いつも語りだすと笑いしか生み出さないんだもん(笑)

しかし、悪役が影の主役ってのは分かる。
悪役に魅力がなければ、主人公がどんなによくったってつまらない話になってしまう。
こういうお話はやっぱ、悪役ありきの主人公だもんね。
流石映画ソムリエを名乗るだけあって、どこが重要か分かってるなぁ。


撮影現場に移動し、撮影スタート。
緊張でガッチガチ大根役者なサトシが可愛いなぁ。
こういうのになると途端不器用になっちゃうのがサトシらしいよね。
そんなサトシに、またもや渋い声でデントがアドバイスするんだけども。

デント「サトシ、演じるごとに命を懸けるヒロインを熱く描いた名作『デスマスの仮面』を見ていないのかい?」

これデントに言わせたの、絶対わざとだろスタッフ!
絶対何か狙って言わせただろ!
シッポウ博物館での某事件が脳裏を過って、すげぇ噴き出したぞ(笑)
しかも、サトシに熱血演技指導する時のポーズがまたあらぶってて、更に腹筋が崩壊。
デントはどうしてこう、変なスイッチが入る度、あらぶるんだろう。
普段がイケメンな分、声までイケメンな分、その破壊力は本当に半端ない。

しかし、それだけ熱弁した挙句、サトシに「よくわからないけど」と言われちゃうデントが不憫で仕方ない。
あと、コケル時の「はぁ!」って声がめちゃくちゃ可愛くてキュンキュンしてしまった。
いいぞもっとやれ(笑)

あ、狙ってると言えば、サトシの来てたポケモンナイトの衣装!
あれ、カラーリング変えれば某波導の勇者にも見えるよね。
てか、某波導の勇者そのものだと思うんだ。
映画繋がりでこっちもちょっと狙ってたのかな、なんて。

アイリスがゾロア演じるユリア姫の声を演じてるのも良かった!
アイリスの「サトシ様~」には思わず顔がニヤケたぜ(*´▽`*)

そんな中、一番ノリノリだったのが、やっぱりデント。
悪役をあんなにもイキイキと演じるデントは、もはやただの宮野さんだった(笑)


サトシの緊張もほぐれ、撮影は順調に進んでいく・・・かと思いきや、そうでもなく。
ドラゴンマスター・アイリスのシーンで、キバゴのアクションが上手くいかず、即興で演出を変更したりというトラブルがあるというのがなかなか面白いですね!
実際の映画撮影でも、進めながら演出変更ってのはよくあるらしいしね。
この辺りはスタッフの実体験なんかも元になってるのかな。

更に、洞窟へと移動した所で、ゾロアを狙ったロケット団からの妨害が。
珍しいポケモンであるゾロアをルークから奪ってゲットっていうのが、今までのロケット団みたいですよね。
「ヤな感じー」はなかったものの、ムサシの「ゾロアに何をするんだアンアンアンと聞かれたら!」とか、ゾロアの化けた♀ニャースにメロメロになっちゃうニャースとか、ちょっと前までのノリが戻ってた気がする!
やっぱこういうちょっとギャグが入った方がロケット団らしいよなぁ。

しかし、映画撮影といえば、ムサシの女優魂が疼きそうなものなのに、今回は全く触れず。
ううむ残念・・・。
今のムサシは自分の夢>ロケット団の任務ではないんですね。


で、このロケット団のどたばたを、これも映画の一部でしたという設定で使っちゃう訳なんだけど、も。
ここでまたアイツですよ。
アドリブで色々お話を変えつつも、しっかりストーリー作ってくれるのはいいんだけどさ。

デント「これが私の真の姿、ポケモン魔道士デントさ!」

ポケモン魔道士はまだいいよ。
この際、ポケモン魔道士ってのはまだいいんだ。

問題は、いつもの服に仮面とマントっていうあのセンスだよ。

なんでそのチョイスなんだよ!
お前の中の魔道士のイメージどうなってんだよ!
マジシャンかなんかと絶対混ざってんだろ!(笑)

しかも、よーく見るとあの仮面、☆マークがワンポイントとして入ってるじゃない。
ただの仮面じゃなく、ちゃんとワンポイントが入ってる辺りが、適当に選んできたとかじゃなく、いざという時の渾身の切札として準備してたように見えてならない。
デントってオシャレっぽいし、きっとセンスもいいんだろうな、なんて思ってた私の妄想を返せ(笑)

あぁもう・・・この魔道士に今回もどんだけ腹筋崩壊させられた事か・・・。
毎回毎回デントのスイッチが入る度、視聴者の腹筋が崩壊の道を歩んでってる気がしてならない。
しかしそれでこそ私が見込んだ男。
是非今後も自重する事なくはっちゃけてってください(笑)


色々トラブルはあったものの、何とか完成し、大成功を収めた『ポケモンナイトの伝説』。
ゾロアの幻影が解けてしまった為、急遽アドリブで、実はドラゴンマスター・アイリスが本物のユリア姫でしたっていう展開になったのには思わずニヤケざるを得なかった!
白いドレスを着たお姫様なアイリスがめちゃくちゃ可愛い!!(*´▽`*)
結果的に、サトシがアイリスのナイトになるのかと思うと胸熱過ぎる!

ラストのセリフから察するに、デントも操られてただけで実はいい魔道士でしたって事で、サトシと共にユリア姫の元に仕える事になるっぽいのにもニマニマ。
アイリスがサトシ&デントのお姫様か。最高ですね・・・!(*´▽`*)

あ、あと、さっき書き忘れてたけど、サトシのこのセリフ。

サトシ「私とユリア姫は心で繋がっているんだ!」

演技だと分かってるけど、サトシが言ってるのかと思うと、凄く胸が熱くなりました。
いやホント、最高の映画だよルーク!(笑)


しかし、館長さんからは「バトルシーンにもうちょっと迫力が欲しい」と厳しい一言。
そこで、色んなバトルを経験する為、ライモンシティで行われるバトルトーナメントに出場する事に。
バトルという事で、もちろんサトシはやる気満々で出場宣言。
いつもは見守る側なデント&アイリスも、面白そうだと出場宣言。
そして、ルークと共に皆でバトルトーナメントへ行く事に。

・・・って、えええええええええ!?

ルーク、次回も出るの!?

いや、みなみさんボイスのキャラが、結構重要キャラとして出るってのは聞いてたんですよ。
でも、失礼ながらルークは違うのかな・・・というか、ルーク以外のキャラとして、もう一度出演されるのかなと勝手に思ってたもんだから、凄いビックリした。
だってルークは外見的に、今回限りのモブキャラっぽかったんだもん(笑)


次回は早速そのバトルトーナメントが行われるようで。
シューティー、ベル、カベルネ、ラングレーとライバル達が大集合しちゃうってなんだその素敵な内容!
もうこの情報だけでテンション一気に急上昇ですよ!

しかし驚きはこれだけで終わらない。

まさかまさかのケニヤン再登場。

ええええええ!?一話限りのゲストじゃなかったの!?

てか、予告!サトシと一緒に予告にまで喋ってる!

シューティーですらまだなのに!(笑)
ケニヤンってそんな重要キャラだったんだ・・・。
確かに再登場してほしいなとは思ったけども。


何はともあれ、次回からのドンバトル大会が楽しみ過ぎる!


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/04/16 23:41】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<ポケノブ配信 | ホーム | あらまぁ>>
コメント
>スモッド様
この回は本当に見事デントに持ってかれましたよね!(笑)
観終わった直後はデントのテンションの高さに飲み込まれたという感想しか出てきませんでしたもん( ̄m ̄*)

しかし、デントって本当に多趣味ですよね。
一つの事にハマったら、しばらくそればっかりに没頭しちゃうとかそういうタイプなんだろうとは思うのですが、あの極めっぷりを見ていると、本当に一体いつジム戦をやっていたのかと疑いたくなっちゃいますね(^^;)
その上お店もやってますし、彼は本当に忙しい毎日を送ってたんではないかと思います。
まぁ、忙しいといっても自分の趣味に没頭できるので本人にしたら幸せだったかもしれませんが(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/20 23:35】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです、
デントのテンションの高さっぷりは流石ですね、映画にかける想いとか台詞とか悪役のやり方やデスマス仮面の説明、魔導師の変身とかサトシをはるかに超越する主役っぷりでしたね、これだけ多くの趣味をもち足も運んでいるとなると暇ないでしょうね、彼はいつ事務戦やってたの?(笑)

懐かしのポケモンでのみなみさんの声とかアイリスのドレスとか緊張してしまうサトシもいいのに
デントが全部持ってた(笑)
【2012/06/17 10:11】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>イーブイ♂様
映画みたいな♂ゾロアも可愛かったですが、♀のゾロアもまた凄く可愛いですよね!
女の子にしか化けたくないもんというあの態度が本当に堪りません(*´▽`*)

ルーク&ユリア姫。
彼等はテイルズのパロだったんですね!
名前は聞いた事あるのですが、全く知らないので、全然気づきませんでした(^^;)

デント。
彼の肩書、どんどん増えてってますよね!
一体どこまで増やすつもりなのか・・・。
どんどんネタキャラになっていく彼を不憫に思う一方で、いいぞもっとやれという思いもむくむくと・・・(笑)
気付けばデントにどっぷりハマってる自分が恐ろしいです( ̄m ̄*)

ドンバトル。
ライバル皆大集合ってのが面白そうですよね!
ケニヤンの再登場にはビックリしましたが、再登場してほしいキャラの一人だったので、これは嬉しかったです(^^)
優勝者は誰になるのか、本当に楽しみです♪

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/05 01:48】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>いちる様
確かに6月頃なら、ゾロアーク映画を思い出して丁度いい頃ですもんね(^^)
私もゾロアを見ながら、映画のあの子は元気だろうか・・・なんて懐かしく思い出してました。

ゾロアのイリュージョン。
サトシは映画で沢山ゾロアの変身を見てましたからね~。
アニポケ内であの時のお話は出てませんでしたが、サトシもゾロアを思い出して懐かしんでくれてるといいですよね(^^)

ライバル達。
言われてみれば確かに(笑)
シューティーにしても、カベルネにしても、ラングレーにしても、皆ツンツンタイプですもんねぇ( ̄m ̄*)
キツイ子同士の邂逅・・・その時に、お互いに相手をどう思うだろうと考えると、ちょっと面白いですよね(笑)
個人的にはああいう子達は結構好きなタイプなので、凄く楽しみです(≧∇≦)

最後になりましたが、ケニヤンの再登場、本当にビックリでした!
でも、私もケニヤンはサトシのいいライバルになるだろうと思ってたので、再登場してくれて本当に嬉しいです(^^)
ケニヤンの今後の成長からも目が離せませんね!

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/05 01:40】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>kivaxtuto様
ケニヤンの再登場、本当にビックリでしたよね!
私もてっきりあの回だけのゲストだと思ってました。
しかも再登場で早くも次回予告までやっちゃいましたし、ケニヤン、なかなかの重要キャラですね。

ミラクルシューター。
確かに公式大会なんかでは使えなくても、非公式大会ならそういう大会もありそうですね!
アニメでミラクルシューターを使うとどうなるのか、是非是非見てみたいものです(^^)

ルーク。
バトルの手持ちにビックリ・・・ですか。
というと、あの子はゾロア以外にも珍しいポケモンを持っているという事でしょうか?
一体どんなポケモンが出てくるか、凄く楽しみです(^^)

アテレコ。
アイリスがやらないならば、後から誰かに頼むか、いっそナレーションだけで見るサイレント映画にしてたのかもしれませんね。

ゾロア。
ゾロアはお姫様役を一番やりたがってましたから、多少不服な部分もあったと思います。
しかし、それ以上に映画大好きな子だと思うので、良い映画に仕上がってた事でその不満もどこかへ吹っ飛んだのではないでしょうか?
後々アイリスに懐いてる所を見ると、別に恨みや妬みはなさそうですしね。

キバゴの竜の怒りに吹っ飛ばされたあれは、多少演技も入っていたでしょうが、威力はかなりのものですから、直撃すればあれくらい吹っ飛ぶんじゃないかと思いますよ。

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/05 01:21】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
アニメのゾロアが♀なのは映画の個体と差別化させる為だったんでしょうね。
♂ポケに化けるのは平気なのに人間の男性に化けるのは苦手という所がまた可愛らしいですね。
ルークとユリア姫って完全に「テ○ルズ オブ ジ ア○ス」のパロですな。
しかも、ルークの声優はコ○ンだし。
デントが映画ソムリエだったとは。
いくつ○○ソムリエがあれば気が済むんだ。
ゾロアが♀ニャースに化けた時の仕草が可愛かった件。
次回からはドンバトル編がスタート!
シューティー、ベル、カベルネ、ラングレー、ケニヤンが再登場!
しかもケニヤンが再登場してくれるなんてめっちゃ嬉しい限りです。

【2012/05/17 19:59】 URL | イーブイ♂ #1wIl0x2Y[ 編集]
今回のお話はTV東京系だと去年の6月下旬に放送された話だったので映画とゾロアのお話ということで劇場版と絡めたお話だったのだと思います。

姿を変えられるポケモンは珍しいはずなのにそこに触れなかったのはやっぱり劇場版が背景にあると思います。

次のお話では今までのライバル的キャラクターが多数出ますがほとんどのキャラが敵を作るタイプの性格なので彼らが遭遇するととんでもないことになる予感しかしないのが少し不安です。

その中でケ二ヤンはいい奴だったので1回限りのゲストじゃなくてとっても嬉しいです。
【2012/05/17 16:17】 URL | いちる #-[ 編集]
今回の映画ソムリエは原作にもある某設定にも生かされてますのでお楽しみを。

ケニヤンが1話限りではなかったのは驚きました
エミーちゃんの方が需要感じてましたし。

サトシ達やライバルもミラクルシューターを
非公式のお祭り大会で使用しないですかねぇ~

ルークはバトルの実力よりも手持ちに驚くかも知れません。
ルークはライバルとはまた違った同世代の主要キャラになりそうで
またゲームにもある某施設にも絡んだりとか。

ゾロアは人語喋れないのでアイリスがアテレコしてましたが
サトシ達と会う前は全ての役を人語を喋れないゾロアでやるつもりでしたが
ルークは自分や館長さんや町の人達にでも声を掛けて手伝って貰おうと?

しかしアクシデントで結果的に影武者役になったゾロアは不服でしたかねぇ~

キバゴのアクションは実力が設定と伴ってないので仕方無いですね
しかし竜の怒りで飛ばされたサトシとピカチュウは演技? マジ?

しかしエレキボールに10万ボルトを纏わせたら本当に使えそうですね
(そこに忘れたボルテッカーで突っ込んだら更に?)
【2012/05/17 02:34】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1942-0dd6b37c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。