おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
白熱ドンバトル!エモンガVSダゲキ!!
今回ももれなく「デントォォォォォ!!!」ってなりました。
えぇ、そりゃもう、両手の拳を思いっきり机に叩きつけたくなるレベルで。


【白熱ドンバトル!エモンガVSダゲキ!!】


今回はツタージャ(サトシ)VSコマタナ(ラングレー)のバトルの続きからスタートですね。
弱ったツタージャへと遅い来るコマタナのハサミギロチン!
このピンチをどう切り抜けるのか!?

・・・という所で終わってましたが、リーフブレードで見事に弾き返してくれました!
流石ツタージャ姉さん!
バトルに強いだけでなく、いざという時の根性もピカ一ですね!

オマケに、飛ばされたコマタナの両手の刃が地面へとグサリ。
前回に引き続き、またハマって動けなくなったよこの子!(笑)
全身が刃物だからこ、色んな所に刺さりやすい。
相手の特徴を上手く利用する結果となりましたね。

この隙にリーフストームを打ち込み、コマタナは戦闘不能に。

サトシ、準決勝進出おめでとう!

サトシに褒められて得意気なツタージャ姉さんがめっちゃ可愛い(*´▽`*)
ラングレーの言うとおり、フィールドに助けられる形になったけど、そこを上手く利用出来るのも実力だよね。
フィールドを制する者がバトルを制す!・・・って誰かが言ってたし。

そして、ギャラリーではこの人もいつの間にか大ハッスル中でした。
そんなにサトシのバトルが魅力的に見えたのか。
隣にいるケニヤンに目キラキラさせながら同意を求めるって相当だぞ。
ホント、サトシ大好きだなデントは。

デント「正しく誇り高きファイターによる刃と刃の切れ味鋭いマリアージュ!見ている僕達の魂も震わせる、暑くて胸躍るテイストォ!だった!ケニヤン~も、そう思うだろ?」

途中の踊りぃ!!!(笑)

テンション高いテイスティングくらいじゃもう驚きはねぇと思ってたのに、何で踊っちゃったんだよ!
おかげでまたこうして突っ込む羽目になってしまったじゃないか!
てか、デントのテイスティングタイム、見る度にどんどんアクションが大きくなってってる気がする。
一体いつだったんだよ、お前がそこまでネジぶっ飛んだ瞬間・・・。

あと、『ケニヤン』の発音、デントは『ン』にアクセントを置いちゃったんですね。
一番なさそうな所に置いたな(笑)


バトルが終わってから、やっぱり言い合いを始めちゃったアイリス&ラングレー。

デント「嫌い嫌いも好きのうち。良きライバルの条件さ」

デントお前今スゲェ良い事言ったぞ!
そうだよね!嫌い嫌いってのも一種の愛情表現だよね!
サトシと歴代ライバル達もそうだし、今のデントとカベルネだってそうだよね!
別作品だけど、神田とアレン(@Dグレ)だってそうだよね!(笑)
うふっふっふっふ・・・だからケンカっぷるってこんなに萌えるんだよなぁ。
ラブラブップルももちろん大好きだけども。


続く二回戦のアントーニオVSディーノ戦は、もちろん省略バージョンでお届け。
あああアントーニオさんが負けちゃった!
こっそり応援してたのに!(笑)


2試合終わった所で、しばし休憩。
ツタージャがデント特性ポケモンフーズを食べていると、いつも通りデントを批判しながらカベルネ登場。
この子はホント、事あるごとにデントに絡んできますね。
可哀相なツタージャとか言ってるけど、一体どこまでが本心なのか。
デントをこれだけ敵視&気にしてる時点で、相手の実力認めてますって事なのにねぇ。
それが違うなら、ソムリエとか関係なく、デントという人間が気になってて、とにかく気を引きたいだけとかね。
どっちに転んでも私はオイシイぞ、カベルネ!(笑)

そんなカベルネをツルのムチであっさり追い払っちゃうツタージャ姉さんもナイス!
サトシも言ってたけど、あのツタージャ姉さんが認めるくらいなんだから、マズイはずがないんだよね。
料理上手とか、デントは本当にポイント高いな。

デントにレシピを聞くって事は、ケニヤンもある程度自分で作ってるみたいですね。
豪快な見た目とは裏腹に、そういう事もちゃんとこなせるのか。
ケニヤン凄いな!


その頃アイリスは、ラングレーに化けたゾロアを使って偽映像を撮影中。
アテレコで「アイリス様が優勝すると思います~」なんて、考えたなぁ(笑)
もちろん途中でラングレーにばれて怒られてたけど。
そこへゾロアを追いかけてベルも乱入。
ゾロアを中心に、良い具合に引っ掻き回されてるなぁ。
皆のやりとりがいちいち可愛い!


休憩終了後の第二試合は、デントVSルークのバトル。
ルークがバトルしてる間、撮影を頼まれたサトシを見て心配そうにしてたピカチュウがかわええ(*´▽`*)
流石ピカチュウ、サトシの事をよく分かってらっしゃる。

緊張してるルークに、「リラックスし、勝利する瞬間をイメージするのが大切」とアドバイスするデント。
ドンジョージさんの言うとおり、完全にジムリーダーの癖が出てますね(笑)
シューティーの時と違って、相手がバトルに関してはほぼ初心者ってのが、ジムリーダー心をくすぐったのかな?
初心者ってバトル慣れしてない分、色んな可能性も秘めてるもんね。

2人が選んだポケモンは、デント→マッギョ、ルーク→メラルバ。
ルーク、メラルバなんて持ってたんだ!
映画では特殊効果として役立ってくれてたらしいけど、それにしても珍しい子持ってんなぁ。
ルークはホント、仲間に恵まれた子ですね。

バトルがスタートしたと同時に、今回もデントの「イッツ、テイスティングタイム!」が炸裂。
「聞かなくてもいいよ」と言いつつ、一番聞く気満々で聞き耳立ててるカベルネが可愛い!
「そういうお前が一番聞き耳立ててないか?」って突っ込むラングレーもナイス!
ラングレーとカベルネ、毒舌コンビとして結構気が合いそうな気がする(笑)

肝心のバトルの方は・・・・・・うん、良いバトルだったと思う。
デントが完全にジムリーダーの顔になってたけど、凄く良いバトルだったと思う。
けどさ、ちょっと突っ込み所が多すぎやしないかい?
もはやどこから突っ込んだらいいのか全然分からないよデントさん!

メラルバの糸を吐くでマッギョがぐるぐる巻きにされた後、メラルバがトドメに火炎放射をかまそうとした瞬間。

デント「その炎貰った!」

そのポーズ貰ったぁ!(笑)(←突っ込みとしての意味で)

もう何なんそのポーズ・・・何なん・・・!!!
有名な「キラッ☆」っていうあのポーズじゃないですか!
しっかり右目がキラッしてるしさ!
まさか公式でデントのキラッが見れるとは思わなんだ・・・。
恐るべしアニポケ(笑)

更に、火炎放射でマッギョに絡みついた糸を焼き切った後の、ルークへのテイスティング。
言ってることは至極まともなのに、いちいち腹筋ブレイクなポーズ決めるもんだから、全然集中できない(笑)
あのうっとりと酔いしれたような表情。
あの身をよじって自分を抱きしめる様なポーズ。
今度からデントはエロソムリエとお呼びしてよろしいでしょうか(笑)

他にも、「しかし」の時に一瞬ブラックデントみたいな表情してたとか、「ノンノン」とか、テイスティング終了直前の謎のポーズとか、色々突っ込み所はあったけど、一番の突っ込み所はこちら↓

空飛ぶマッギョ。

予告で我が目を疑って。
しばらく考えた結果、空を飛んだんじゃなく、技で空に跳ね上げられて落ちてきてる所だったんじゃと予想。

・・・してたのに、本当に自力で飛びやがったよあの子!!!
デント曰く、「優れたトレーナーとは、常にあらゆる状況に応じたトレーニングをしているものさ。ジム戦でチャレンジャーの要望にあったテイストのバトルを提供できるように」らしい。
ジムリーダーって凄いですね。
普通、マッギョを飛ばそうとは思わねぇよ(笑)
一体どんなトレーニングしたんだデント・・・。
それに見事応えてみせたマッギョも凄すぎる・・・。

そして、これがルークに良い閃きを与える結果となったようで。
自分に向かって糸を吐き、上手く熱湯&泥爆弾を防ぎきったと思ったら。

炎の噴射を利用し、メラルバも飛びやがった。

ええええええええ!?
メラルバも飛ん・・・ええええええええええ!?
確かにマッギョの飛び方よりはありそうだけども!
でも、長いさなぎ期間を経て、進化し、ようやく空を飛んだ時のあの感動が台無しだよ!(笑)

最後はメラルバの上空からの火炎放射を決め、マッギョは戦闘不能に。
いやぁ、まさかルークが勝っちゃうとは!
実力的に考えて、てっきりデントが勝ち進むかと予想してたんですが、これは意外なテイストでした。

ルーク、二回戦進出おめでとう!

しかし、このバトルはどっからどう見てもジム戦でした(笑)
途中からどころか、最初からデントはルークの秘めたる実力を引き出そうとしてたようにしか見えなかったもん。
負けちゃったけど、ルークの実力を引き出せた事でデントも大満足してるみたいだしね。
デントはジムリーダーな上にソムリエでもあるから、バトルそのものより、ついついトレーナーとポケモンの相性や秘めたる実力を見ようとしちゃうんだろうね。

あと、デントが負けた事で喜ぶカベルネに、「いい性格してるね」と苦い表情なラングレーが印象的だった。
そういやラングレーはアイリスに負けろとは言ってないもんね。
あくまでも「私が倒す」だもんね。
そっか、同じ毒舌タイプのライバルだけど、こういう所は結構違うのか。

ちなみに、サトシに任せてあったはずのカメラは、最終的にピカチュウさんが担いでました。
だよねー、サトシがバトルを見ながら撮影に集中出来るわけがないよね(笑)
ピカチュウ、フォローお疲れ様&ナイスフォロー!


第四試合は、アイリスVSケニヤン。
ついにケニヤンはアクセントどころか、名前自体間違えられるようになったか・・・。
「カニヤン」ってまた酷いな!
なんかコサンジ・・・いえ、コサブロウを思い出しますね(笑)

アイリスが選んだポケモンは、エモンガ。
バトルが始まる前、エモンガに「ボルトチェンジの時に勝手に交代しちゃダメよ」と言い聞かせてたけど、エモンガ、ちゃんとそれを守ってくれてましたね!
「このバトル、すっごく楽しいの!」と笑顔のアイリスに対し、笑顔で応えてたのが凄く印象的でした。
今までエモンガといえば、「バトルなんて面倒臭~い」って感じだっただけに、これは意外だった!
アイリスは今まで、ドリュウズの事があってどこかバトルを楽しめずにいたけど、ドリュウズとの問題が解決した事で、心からバトルを楽しむ事が出来るようになった。
それが、エモンガにもいい影響を与えてるのかな、なんて思いました。
ポケモンと向き合うにはまず、トレーナーに迷いがあるとダメだもんね。
とはいえ、ゼクレシ映画の時に勝手にボルトチェンジしちゃってた所を見ると、まだマイペースっぷりは健在みたいだし、今回が特別なだけかもしれないけど。

一方ケニヤンは、ダゲキをチョイス。

正座で出てきたダゲキに、一瞬にして心を奪われました。

ダゲキめっっっっちゃカッコいいじゃないですか!
何あの落ち付きっぷり!ヤッベェ!凄いツボった!
しかも、エモンガお得意のメロメロをインファイトでことごとく粉砕しちゃうあの逞しさ!
更に、ビルドアップで見せてくれた隆々たる筋肉美!
その姿はまさに『漢』!
漢字の『漢』と書く方の『おとこ』!
くっそおおお!ダゲキのカッコよさくっそおおおおお!!!

・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・。
BW2のメンバーにダゲキさん入れようかと真剣に考えたレベルのツボだったぜ・・・。
アニメで動くポケモン達の魅力はホント計り知れないですね。

あと、メロメロが効かなくて膨れてるエモンガも果てしなく可愛かった。

さてさて。
格闘タイプのダゲキに対し、飛行・電気タイプのエモンガの方が断然有利かと思われるも、残念なことにエモンガは飛行タイプの技は覚えておらず。
メロメロも効かないし、これはエモンガにとって結構キツイ戦いになるなぁ。

しかし、なんとここでエモンガの特性・静電気が発動!
よーしこれは行ける!

・・・と思いきや、静電気も何のその。
てか、本当に静電気効いてます?と聞きたくなるレベルのあの動き!
流石ダゲキさん・・・まさに漢だぜ・・・!

ところがアイリスも負けてはいなかった!
静電気による痺れが出るまでメロメロ弾幕を投入!
これは考えましたね~。
いくら気合があっても、麻痺は麻痺。
ゲームでもそうだけど、いつまでも連続して動けるなんて、運よくいく訳がないんだよね。

そして狙い通りダゲキが静電気で動けなくなった所へトドメのボルトチェンジ!
この一撃でダゲキは戦闘不能に。
インファイト連発で防御&特防も下がってた分、効果が出たんだろうね。
アイリス、本当によく考えたなぁ。
ちゃんと最初のお願い通り、勝手に交代しなかったエモンガも偉い!

アイリス、二回戦進出おめでとう!

さり気に、今回のバトルは全部『ピンチをチャンスに変えての勝利』でしたね。
サトシもルークもアイリスも、途中までは相手が押してたけど、一瞬の隙を突いて逆転勝利!
バトルってホント、最後まで何が起こるか分かりませんね。


発表された準決勝の対戦カードはこちら↓

ディーノVSサトシ
ルークVSアイリス

デントがルークに「二回戦を戦った者として君の健闘を祈る!」って言ってるのを聞いて、「えぇ~あたしは?」と寂しそうにデントに尋ねるアイリスにキュンとした(*´▽`*)
おいデント!ルークにも頑張ってほしいけど、お前が応援すべきはやっぱこっちだろ!
アイリスが寂しがってるじゃないか!ちゃんと応援してあげなさい!

まぁこんな事言いつつ、きっとバトルが始まったら無意識にアイリスを応援してくれるはずだ。
そう信じてます(笑)


次回はついにドンバトル優勝者が決定!
準決勝を勝ち進むのは誰になるんだろう?

・・・とか思ってたのに、清々しいほどにネタバレしてくれちゃってますね(笑)

ピカチュウとドリュウズじゃ、ドリュウズの方が有利だけど、一体どうなる事やら。
次回も凄く楽しみです!


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/05/10 23:32】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<『オーバ』ーヒート | ホーム | ルグレの真の恐ろしさを身をもって体感した>>
コメント
>スモッド様
デントのダンステイスティング、色んな意味で凄かったですよね( ̄m ̄*)
ポケモンソムリエ達は、テイスティング中は自分の世界に入っちゃう人が多いイメージがありますが、仰る通り、デントはその中でもきっと群を抜いてると思います。
毎回毎回、アイツはどうしてこうも人のツボをついてくるのか。
回を増すごとにデントにハマっていく自分が恐ろしいです(笑)

しかし、ギャグ担当かと思いきや、ソムリエとして、また先輩トレーナーとして、キチンと大切な事も教えてくれる。
このギャップがデントの魅力の一つなんでしょうね(^^)

デント対ルーク。
仰る通り、ジムリーダーはトレーナーの真の力を見極めるのが本業ですから、緊張で実力が出し切れてない子を見ると、つい勿体ないなんて考えてしまうのかもしれませんね。
こういう大会ではデントにとって勝敗という意味ではマイナス要素になってしまうでしょうが、対戦相手からしたら、デントとのバトルを通して得られたことはかなり大きいはず。
今回のバトルを見ながら、改めてデントはジムリーダーなんだなと思いました。
ソムリエをやってる事からも、きっとデントは自分がバトルして勝つより、トレーナーやポケモンを育てる方が性にあってるのかもしれませんね。

では、コメントありがとうございました☆
【2012/07/21 00:53】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです
まさか踊りながらテイスティングするとは、ソムリエ協会の中でも間違いなく独特の1人でしょうが
そのあとのよきライバルの台詞は流石ですね、ポケモンも魅力をしっかり分析する仕事だからこそ
こうしたこともわかってくるんですね、

そのデントはシューティーで戦ではジム戦さながらの指導で自分を見せるのですが、ルーク戦では
相手が緊張しているから分かりやすい映画の撮影にたとえルークが本来の力を引き出しやすいように
指導していましたね、戦っている以上勝ちたいのは当然ですが、相手が持っている力が発揮できなければ
それはもったいない、ジムでも経験しているその想いがこの2つの違いなのかもしれませんね
そのイメージをすぐに膨らませた力が今回のルークの勝利につながったのかもしれませんね。
【2012/07/08 10:42】 URL | スモッド #-[ 編集]
>イーブイ♂様
素直じゃないライバル達、本当に面白いですよね( ̄m ̄*)
ラングレーは口ではああ言ってますが、自分で自分が子供っぽいと認めてますし、何より最後のアイリスへの応援!
ライバルが実力を付ける事を応援するなんてなかなか出来ない事ですし、案外一番大人な対応をしているのは彼女かもしれません。

カベルネ。
この子もラングレー同様、心の中ではちゃんと相手の実力を認めてるんですけど・・・。
デントを前にすると、どうも意地やプライドの方が先立っちゃうんでしょうね(^^;)
相手の実力を認める勇気はちゃんと持ってるんだし、後は素直に相手の意見も聞き入れる事が出来れば、もっといいソムリエになるんじゃないかと思います。

2人共、次に会う時にどんな風に成長しているのか、どこまで強くなっているのか、凄く楽しみですね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/17 21:44】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>いちる様
バトル後のツタージャ、私も凄くツボでした!
普段はクールでツンツンイメージが強いだけに、得意そうなあの表情や、リラックスしたような笑顔でポケモンフーズを食べるあの表情には凄くキュンキュンさせられました(*´▽`*)
ツタージャの笑顔は本当に可愛いですよね♪

ルーク。
デントとの戦闘で、メラルバに新たな可能性を見出したルーク。
対戦相手のこういう隠れた才能を引き出す事こそが、ジムリーダーの役目なんでしょうね。
今回はジム戦ではないのに、ジム戦の醍醐味というものを、ジムリーダー視点で堪能させてもらった気分でした(^^)

次回。
ピカチュウが持ってる技は効果なしor効果が今一つなものばかりなのに対し、ドリュウズはピカチュウに効果抜群技を持ってますからね~。
どんなバトルになるのか、本当に楽しみです!

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/13 21:38】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
サトシVSラングレーはツタージャがコマタナのハサミギロチンをリーフブレードで弾き返し、コマタナの刃を地面に突き刺し、見事リーフストームでKO!
ラングレーは自分が負けたのをフィールドのせいにし、ドラゴンタイプに負けた訳じゃないからノーカンと強がってましたね。
アイリスの「子供ねぇ」はまさに同意せざるを得ないですね。
カベルネはデントのポケモンフーズに文句をいい、ツタージャのつるのムチでまたしごかれましたね。
まさに自業自得ですね。
デントが負けたのを喜ぶカベルネですが彼女によく似た性格のラングレーに「いい性格してるわね」と突っ込まれたね。
この2人は今後のバトル大会でも絡んで欲しいですね。
エモンガが言う事を聞くようになって良かったです。
それにしてもカベルネはゾロアに頭を踏まれたり、ゾロアを追いかけるベルに押し倒されたりと最後まで散々な目に合いましたね。
【2012/06/07 21:00】 URL | イーブイ♂ #1wIl0x2Y[ 編集]
バトル終了後に抱きかかえられている所とお手製ポケモンフーズを尻尾ではね上げてから食べ、美味しさに気づいたら笑顔になり黙々と食べ続けていたツタ姐様が素敵過ぎました・・・

メラルバはまだ進化してないから飛べないと言っていたルークもデントと戦うことで新しいスタイルをつかめたようで良かったです。

次回でピカチュウが持ち技のうちじめんタイプに効果のないエレキボールと10まんボルト、はがねタイプに効果の薄いでんこうせっかとアイアンテールでどこまでできるのかが見ものです。
【2012/06/06 00:50】 URL | いちる #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1969-00ed8c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。