おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
決戦ドンバトル!サトシVSアイリス!!
凄く楽しかったドンバトル。
私の見るペースはいつも通り遅かったんだけど、楽しすぎてあっという間だった気がします。
ライバル達大集合って本当に凄い!


【決戦ドンバトル!サトシVSアイリス!!】


準決勝第一試合は、サトシVSディーノ!
サトシはどんなバトルをするんだろう?
ディーノさんはなかなか手強かったりするのかな?

・・・と、ワクワクしてたんですが。

スタート直後、約30秒でサトシの勝利が決定(笑)

ドンバトル開催した時は、『モブキャラに力入ってるなー、もしかしてこの中から再登場するようなキャラとか出てくるんじゃね?』とか思ってたあれは何だったのか。
とりあえずサトシ、決勝進出おめでとう。
タイトルでネタバレしてたにしても、こんなに早く決まるとは思ってなかったよ(笑)


続く第二試合は、アイリスVSルーク。
ルークのゴビットに対し、アイリスはなんと、キバゴを選択!
この試合がキバゴの公式バトルデビュー戦になるんですね!
最近のキバゴは、竜の怒りをバッチリコントロール出来るようになって、ロケット団とのバトルなんかでもしっかり見せ場を作ってくれてますからねぇ。

しかし、竜の怒り以外に覚えている技は、ゴビットに無効のひっかくのみ。
なのに、初っ端からひっかくを指示してしまったアイリス。
あらら、アイリスがこういうミスするのって結構珍しいですね。
いつもはサトシのミスに突っ込んでる側だし。

ラングレーは案の定呆れ気味。
そんなラングレーに、「まだバトルは始まったばかりだから」とフォローするサトシが素敵!
この時の声が、怒るでもなく、ムキになるでもなく、相手を宥めるかのように凄く優しいんだ。
ラングレーを前から撮ってて、サトシは後ろ姿しか映ってないってのがまた憎い演出じゃないですか。
是非とも表情を見てみたい所だけど、見せない事でまた妄想が膨らむぜ(笑)


何とか竜の怒りで持ちかえそうとするも、ゴルーグの多彩な技にどんどん追い込まれていくキバゴ。
ジャイロボールで追いかけられても、逃げるしか出来ないのが辛いなぁ。
竜の怒りを発動する暇もなければ、すぐに繰り出せるひっかくは相手に無効。
逃げる方法にしたって、鬼ごっこのようにただひたすら走るのみ。
この辺りは技の少なさだけでなく、バトル経験の少なさもちょっと仇になったかもしれませんね。

そしてついに転んでしまったキバゴ。
これまでか?・・・・・・と思った次の瞬間。

キバゴ、逆鱗発動!

この大ピンチで新技習得しちゃうとはキバゴやるぅ!
しかも超強えええええええええええ!!!
キバゴの圧倒的な猛攻により、ゴビットはあえなくダウン。

キバゴ初バトルで初勝利おめでとう!

アイリスも決勝進出決めたし、本当におめでたい!
これで決勝はサトシVSアイリスと決定。
・・・タイトルでもう出てるけど(笑)

一緒に旅する仲間同士がブツかるって事で、どっちも平等に応援しなきゃいけないデントは大変ですね。
平等に応援って、簡単な様で案外出来ないもんですよ。
どっちに勝って欲しいってのがなくても、気づいたら優勢な方を応援してたりね。
私も上記の事を踏まえて考えるなら、デントにどっちをより応援して欲しいかでスゲェ迷ってる(笑)
デンサトも捨てがたいし、デンアイも捨てがたい。
サトシ大好きなデントも、アイリス大好きなデントも、どっちも大好きなんだよおおおお!
うぐぐ・・・・・・やっぱ平等に応援お願いしますデントさん(笑)


決勝は明日との事で、ポケセンへと戻った一行。
ルークは何故ベルに撮影を任せようと思ったのか。
ベルはルークのゾロアが大好きでよく周りをチョロチョロしてるし、人懐っこいから一番頼みやすかったんだろうけど、ある意味一番頼んではいけない人に頼んでしまったよね。
見事にゾロアしか映ってビデオになる事なんて目に見えてたでしょうに。
ところでルークさん、そのビデオ、いくらで売っ・・・ゲフンゲフン(笑)

あと、ベルの手作りドレスやら帽子やら着せられてる時のゾロアの目が何気にツボだった!
何あの面倒くさそうな目・・・めっちゃ可愛い・・・(笑)


一方サトシ達は、デントの手料理で決勝進出祝賀会中。
そこへやってきたカベルネに、明日の決勝戦で『ソムリエ対決』を申し込まれるデントさん。
デントとしては落ち付いてバトルを見たいからと挑発も軽く受け流し、断ろうとする訳なんだけど・・・も。

デント「カメラを向けられたら、映画ソムリエとしてやらない訳にはいかないねぇ」

な ん で だ よ (笑)

映画ソムリエってそっち!?
映画を評論するとか、その映画をよりよいものにする為にアドバイスするとかでもなく、そっち!?
あああなんだよ!お前の言動に毎回惑わされっ放しだよ!

更には、その様子を見ていたらしいケニヤンがソムリエ対決の審判に立候補。
ケニヤン、ソムリエの言ってる事なんて分かるんだろうか・・・(笑)


その頃、本物のライモンシティにいるロケット団は、大観覧車内で作戦会議中。
何やらライモンシティで行動に出るみたいですね。
もう準備は最終段階まで来てるけど、万全を期すためにもう一つ奥の手を用意しているというニャース。
一体何を考えてるんだ・・・?

余談ですが、コジロウが「ここが地下鉄のホーム・・・」って言った瞬間、凄い勢いで立ちあがりそうになった。
ヤベェヤベェ・・・確実に某双子を意識しすぎてるぜ・・・(笑)


翌日。
バトルも気になるけど、デントとカベルネのソムリエ対決もスゲェ気になる。
今更だけど、カベルネってば、なんでそんな素敵な企画思いついちゃったの・・・?
どう考えてもここに約一名、バトルに集中出来なくなる人が出てきちゃうじゃない(笑)

「バトルに劣らず熱いテイストになる」と意気込むカベルネに対し、「熱くなり過ぎず、常に情熱と冷静の間にいなければ的確なテイスティングは出来ない」と返すデント。
ケニヤンの言うとおり、本番前の前兆戦はデントの勝ちですね。
カベルネはデントへの対抗心がありすぎて、ちょっと熱くなりすぎてる感じだもんなぁ。
ちゃんとソムリエ試験に通ったくらいだから、カベルネにだってちゃんと実力はあるはず。
でも、デントへの対抗心と偏見が、彼女の実力を曇らせちゃってるのかな、なんて思います。


さてさて、ついにスタートしたサトシVSアイリスのバトル!
サトシはピカチュウを、アイリスはドリュウズをそれぞれチョイス。
お互いに一番付き合いの長いパートナーを選んできましたね。
サトシもアイリスも、一番大切なバトルの時に選ぶのがこの子達ってのが良いじゃない(*´▽`*)

相性的にも持ち技的にも、ピカチュウが断然不利だけど、サトシのバトルは相性を覆すバトル。
これまでも『これは絶対に無理だろう』という場面をどうにかしてきたサトシ達だからこそ、相性だけじゃ結果がどうなるかなんて、全く想像がつかないんだよね。
これまで一緒に旅してきたとはいえ、アイリスとしても何やってくるか分からなくて怖い相手なんじゃないかな。

サトシにしても、やっぱりドリュウズは相性的に考えて厳しい戦いになる事は目に見えてる。
加えて、最近判明したアイリスの過去とかアイリスの強さを踏まえると、これまた一筋縄ではいけないはず。
ドンジョージさんの言うとおり、このバトルは本当に見物ですね!

まず最初に効き目がないと分かっていながらも、10万ボルトで気合を入れるピカチュウ&サトシが素敵!
サトシ&ピカチュウって言ったら10万ボルトだもんねー。
なんかこの技を気合入れる為の合図にしてるってのが可愛い&嬉しかった。

ドリュウズは、効果抜群のドリルライナーで初っ端からアクセル全開!
メタルクロ―や穴を掘るでガンガン攻めるドリュウズに王者の貫録を見た気がした!
かつてはアイリスと村の頂点に立ったくらいだもんね。

それに対し、電光石火やエレキボールを駆使して上手く攻撃を交わし、着実にダメージを与えていくピカチュウ。
相性が悪いならば悪いで、それなりの戦い方ってものがある。
それをすんなりやってのける辺りが流石ピカチュウ&サトシですね!


白熱するバトルに比例して、ソムリエ対決もどんどん白熱!

・・・かと思いきや、デントの提案で途中で終了。
今の2人の実力差なら、きっとデントがカベルネに実力を見せつけて完膚なきまでに負かす事だって出来たはず。
あえてそれをせず、途中で止めてあげる優しさを持ってるのがデントの良い所ですね。
こういう対応は流石大人だなぁ。

カベルネもカベルネで、口ではあんな事言ってるけど、ちゃんとデントの実力を認めてるのが偉い!
素人目から見ても、確かにデントの方が言葉選びがスムーズで上手いもんなぁ。
その部分を誤魔化さず、ちゃんと自分の実力を分かってるのがカベルネの良い所だと思うんだ。
更に、無理に強がったりせず、素直にデントの提案を聞きいれたのも評価してあげたいです。
カベルネ、やっぱ良い子だよ。


あと、バトル開始と同時に、よりよいアングルで撮影できるよう移動してた撮影チーム。
ゾロアを追いかけ回す事で撮影の邪魔になってたベルと、それにイライラしてた様子のルークだったけど、なかなかどうしていいコンビじゃないですか!
ベルはいつの間にかルークの手伝いするようになってるし、ルークもベルにちゃんと仕事を任せてる。
衝突する事もあったけど、映画撮影を通してこの2人にもちゃんと絆が生まれてたみたいですね!


バトルの方は、本当に互角の戦いだったけど、体力の消耗戦になり・・・やっぱり相性でしょうね。
渾身の一撃は、ピカチュウのメタルクロ―より、ドリュウズのドリルライナーの方がダメージを多く与える。
今までの攻撃だって、ピカチュウよりドリュウズのが効果抜群な分、ダメージを多く与えてただろうし。
そこに、穴を掘るからの気合玉コンボという怒涛の攻撃で、ついにピカチュウがダウン。

バトル終了直後、ドリュウズに抱きつくアイリスと、ピカチュウを抱きしめるサトシに凄いキュンキュンした!
ソムリエじゃないから上手い言葉が出て来ないのがもどかしいんだけど、ポケモンとトレーナーとの絆・・・とでも言えばいいのかな?そういうものがふわっと溢れてきてる気がして、胸が凄くほっこりしました。
ホント、サトピカもアイドリュも皆愛おしくて仕方ない。


優勝したアイリスは、カメラに向かってインタビュー。
最後の最後にようやく気付いた。

幼いころ、敵なしだったアイリスとドリュウズ。
しかし、そんな自信はシャガさんによって見事にへし折られてしまった。
それ以来、きっとアイリスは自分に自信が持てなくて・・・。
それに呼応するように、ドリュウズとの関係も全然良くならなくて・・・。
だからBW開始の頃のアイリスはあんなにバトルを嫌がってたんだよね。

でもドリュウズと和解した事で、アイリスの胸に再び小さな希望が芽生えた。
キバゴの成長や、新しい仲間との出会いが、アイリスに勇気を呼び戻してくれた。
そして今回の優勝はきっと、アイリスにとって何よりの自信となったはず。

ドンバトルは、アイリスの復活劇を描く為のものだったんですね。
素敵な大会を見えてくれて本当にありがとう!

そして、優勝おめでとうアイリス!!

自信を取り戻したアイリスは、これからもっともっと強くなっていくはず。
彼女とポケモン達のこれからの成長が本当に楽しみです!


今回は最後のライバルたちとのお別れシーンもかなりの見所満載ポイント!
まずはアイリス&ラングレー。

ラングレー「とにかく、さっさとドラゴンマスターになってよ!じゃないと、私のライバルと呼べないから」

ラングレーったらもう!もう!
何この子!めちゃくちゃ可愛いじゃないですか!
アイリスを倒すって言ってるくせに、「早くドラゴンマスターになってよ」って!
ドラゴンバスターとしては、本当はドラゴンマスターが増えない事のが得だろうにねぇ。
何だかんだ言いつつ、アイリスの夢を応援してくれてるんじゃない(*´▽`*)
ラングレーは悪役ポジというのは間違いじゃないけど、やっぱり『悪』ではないんだよね。
もはやドラゴンバスターってのは言い訳で、単に全力のアイリスを見てみたいだけ、そんなアイリスとバトルしてみたいだけなのかもしれない・・・なんて思います。


お次はデント&カベルネ。
まだまだ対抗心ムンムンなカベルネだけど、なんとなーく良い雰囲気に見えるのは私の目が腐ってるから?(笑)
この2人はお互いにお互いを高めあっていける、そんな存在になってくれるといいなって思います。


ルークは今回の映像で最高の映画を作ると宣言。
それにベルが手伝うと名乗り出たのにはビックリした!
ゾロアと一緒にいたいってのが一番の目的だとしても、手伝いをしてる時のベルの様子を思うに、きっとベルもルークと協力して何かを作る事に楽しさを見出したんじゃないかと思う。
ベルがいると色々ハプニングも多そうだけど(笑)、良い映画になるといいなぁ。
ルークもそのうち再登場してくれるといいよね。
BW2で折角良い設定あるんだしさ。


ケニヤンとサトシはお互いにもっと強くなる事を宣言!
この2人は本当に仲良いよなぁ。
その割に、ケニヤンの発音は最後まで間違ったままだったけど(笑)


次回は・・・・・・えーと、ニャースがナチュラルにサトシ達と一緒いるんですが・・・。
あれがニャースの言ってた作戦と関係ある・・・のか?


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/06/09 23:47】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<じんつう | ホーム | ダーク・シャドウ>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/02/07 23:30】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/01/25 01:02】 | #[ 編集]
>スモッド様
デントとカベルネのソムリエ対決はかなり予想外の出来事でしたが、凄くよかったですよね!
カベルネは口ではあんなに反抗的な事を言いつつも、ちゃんとデントの実力を認め、自分の実力不足とも向き合ってるというのが素晴らしいと思います(^^)
強がるのは簡単ですが、自分の弱さや相手の強さを認めるのは本当に難しい事ですし。

きっとデントもそれは分かってたはず。
だからこそ、勝敗をつけることなく終わらせたんでしょうね。
今回のソムリエ対決は、2人の関係に少なからず影響を及ぼしたはず。
カベルネとデントの関係が今後どんな風に変化していくのか、凄く楽しみです(^^)

アイリス。
今回はいわば、アイリスの復活劇の為のお話だったのかなと思いました。
一度失くしてしまった自信と信頼関係。
それを取り戻す事は決して簡単な事ではありませんし、事実、アイリスはかなり苦労していました。
しかし、サトシ達との旅を経て、ようやく取り戻す事が出来た。
その経験から、多くの事を学んだ。
仰る通り、今回の優勝はアイリスが今まで努力したからこその結果だと思います。

きっとまた壁にぶつかる事もあるとは思いますが、その時どう乗り越えていくのか。
今までの経験をどのように活かすのか。
今後どのように更なる成長を遂げていくのか、本当に楽しみですね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/07/21 01:41】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです、
ソムリエ対決には驚きましたが、冷静に分析するはずがカメラが向いたがばっかりにガチ対決に
それでもカベルネがデントにはまだ遠いと実感してしまう、それでもデントは優しく2人のバトルを
見ようとアドバイスするところがいいですね。

そのバトルは本当に拮抗しましたが、アイリスの優勝で終わりました。もしドリュウズがまだ信頼関係を
持てていなかったらこんな奇跡は起こらなかった、ドリュウズの気持ちを理解し、自分が足りなかったことを
努力して信頼関係を取り戻した結果がこうして報われた、調子に乗るような仕草は見られないどころか
景品を贈ることまでやっている。ドリュウズとやるべきことはまだまだたくさんあることを自覚している
証拠ですね。同じようにドリュウズとアイリスの成長がおこれからも楽しみですね
【2012/07/08 10:51】 URL | スモッド #-[ 編集]
>イーブイ♂様
キバゴ、新技・逆鱗を習得しましたね~!
いきなりの習得でビックリ、その圧倒的な強さにビックリで、2重の驚きでした!
まだまだ赤ちゃんだなぁと思ってましたが、いつのまにか大会のバトルで勝てるほどの実力を付けてた事が凄く感慨深いです。
これでまた一段と戦力になってくれそうですね(^^)

ピカチュウVSドリュウズ。
サトシが勝てなかったのは残念でしたが、アイリスの復活劇だったと考えるならば、とても素晴らしいバトルだったと思います!
サトシは実力的にもかなり手強いですし、相性だけで攻略できる相手ではありません。
しかし、ドリュウズとの素晴らしい絆で見事アイリスは勝利を勝ち取った。
この経験は彼女が失っていた自信を取り戻すキッカケとなってくれたはず。
ここから彼女のドラゴンマスターへの挑戦が『本当に』始まったんではないかな、なんて気がしました(^^)

ベル。
今シリーズのベルは本当にゾロアを追いかけ回す事に徹してましたよね(笑)
チャオブーとの交換まで持ちかけちゃったのにはビックリでしたが(^^;)
よっぽどゾロアが気に入ったんでしょうね。
そのうち、いつの間にかゾロアが手持ちに入ってると面白いかも、なんて( ̄m ̄*)

ゾロア。
そういえばカベルネには化けてませんね。
単に映像では出て来なかっただけで、裏では化けてたのかもしれませんが。
今度もしまた会う事があるなら、カベルネに化けたゾロアも見てみたいものですね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/23 21:59】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>いちる様
確かに今回の逆鱗は、キバゴが意識して使ったというより、火事場の馬鹿力といいますか・・・無我夢中で訳の分からないまま使っちゃったという雰囲気でしたね~。
発動時が発動時なだけに、次に上手く使えるという保証はないですし・・・。
キバゴは強力な技を覚えますが、幼さゆえに使いこなすまでには時間がかかるかもしれませんね(^^;)

しかし、だからこそ今後どんな風に成長して行くのか、どのようにそれを乗り越えていくのかが凄く楽しみです!
今後の成長に期待ですね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/06/19 21:53】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
キバゴ、逆鱗の習得おめでとう!
ベストウイッシュが流れたのでピカチュウがドリュウズに逆転勝ちすると思ってたけどそんな事はありませんでした。
今回のベルはゾロアしか撮影しなかったり、チャオブーをゾロアのあまりの可愛さにを交換に出そうとしたりとウザキャラでしたね。
それにしても何でゾロアはカベルネだけには化けなかったのでしょうか?
次回はニャースがサトシ達と同行。
でも、最後は裏切りそうな気がします。
【2012/06/18 19:59】 URL | イーブイ♂ #1wIl0x2Y[ 編集]
土壇場でキバゴが会得したげきりんですが、ゴビットを倒した後でもゲーム通りこんらんが続いていただけでなくあの後の様子からキバゴ自身記憶にないまま無意識に使ったように見えたので、これをどうコントロールするかが今後のポイントになりそうですね。同じ効果のあるはなびらのまいを使うポケモンのほとんどは何の影響もなく使いこなせているようですし。

【2012/06/14 17:33】 URL | いちる #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/1970-e150efe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。