おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
う し ろ
かなり日が空いちゃいましたが、紫の日記進めました!
今回の私のテンション↓

( ゚∀゚)o彡゜あきら!あきら!


【零~紫の日記~プレイ日記6】


●隠された言葉

日記から現れた少年。
彼が「いいもの」として残したのは眞夜の写真が収められたブローチだった。
彼がどうしてこれを持っていたのか。
彼を追うことで、失われている眞夜の記憶が戻るのだろうか。


前回から大分空いちゃいましたが、前回は仮面の少年とかくれんぼで遊んで勝利。
景品として眞夜の写真が入ったブローチゲットしたんでしたっけ。

自分の写真が出てきて眞夜も驚いてるみたいだけど、やっぱり何も思い出せないらしい。
あの少年が眞夜と知り合いなら、もう少し眞夜に何かしら反応してもいいんじゃないかと思うんだよね。
でも、少年が特に反応してなかったって事は、やっぱり眞夜の写真はあのブローチに偶然入ってただけで、少年と知り合いだからとかではないんじゃないだろうか。

それとも、少年には主人公(プレイヤー)の姿は見えてたけど、横にいた眞夜は見えてなかったのか。
プレイヤーが射影機を持ってたからこそ、あの日記内の世界と現実世界が繋がったんだし、あちら側にいる人達には射影機を持ってる主人公しか見えてないって事もありそうだけど・・・。

どちらにせよ、あの少年からもう少し話を聞く必要がありそうですね。
眞夜も、自分についての記憶を取り戻す為にも、あの子にもう一度会いたいと思ってるらしい。

眞夜「お願い、あの子を探して。」

私も探そうと思ってるけど、一体どうやって探したらいいのか・・・。
とりあえず日記内を適当に見てみ・・・

眞夜「こたえて・・・どこにいるの?」

普通に呼びかけんのかい!(笑)

しかも、「探して」ってプレイヤーに頼んだ直後にそれですか!
探しても何も、眞夜さん自ら探しちゃってるじゃないですか!

少年「ここだよ・・・」

お前も普通に答えんな(笑)

「どこにいるの?」「ここだよ」じゃないよ。
あまりに素直な受け答えに、思わず噴き出しちゃったじゃない。
前回のかくれんぼといい、今回といい、ホラーらしくないっていうか・・・なんかほのぼのしてるよね(笑)
相手が子供で、遊んでるつもりで絡んできてるからだろうか。
急に飛び出してきたのにはビックリしたけど、あれもホラーっていうか悪戯って感じだったし。
いいな、こういうの(笑)


・・・と、勝手にほのぼのしてたら、突如ブローチが震えだした模様。
おい、どうしたブローチ!何勝手にあらぶりだしてんだ!

眞夜「「あの子の言葉」に反応したみたい。「隠れている場所」を教えているんだわ。」

このブローチ、そんな力持ってたんだ・・・。
中にある眞夜の写真ゲットしたら、本体はもう用なしかと思ってたぜ。


で、早速ブローチを調べるのかと思ったら、紫の日記を調べなきゃいけないらしい。
ブローチが震えてるのに日記調べろってどういう事だよと思いつつ、7ページ目・子供の日記にサークルを合わせると、ドクロと忍者が描かれたカードの上にブローチが落ちてきました。

眞夜「見て、ブローチが・・・!」

ブローチが勝手に動いてる!?
おいおいおい更にあらぶりだしたぞこのブローチ!一体どうした!

眞夜「ブローチの向きが文字を指しているみたい・・・ これは・・・「う」・・・を指しているのかしら。」

おぉ!そういう事か!
あの子はブローチと日記に書かれてる文字を使って、自分の居場所を知らせようとしてくれてるのか。
さっき普通に喋ってたんだから、今回も普通に喋ってくれればいいのに(笑)
回りくどい事しやが・・・あ、そうか!恥ずかしがり屋さんか!
仮面つけて顔見せないようにしてるくらいだもん、きっと恥ずかしがり屋さんなんだわこの子!
うふふ可愛いなぁもう(*´▽`*)

えーと、最初の文字は「う」だったよね。
で、次が「し」・・・・・・?

・・・・・はい、止めろ。
大体分かったもう止めろ。最後の文字は指さなくていい。
指さなくていいって言ってんのに指すんだからもおおおおおおお!

最後の文字 → 「ろ」

でしょうね!
「うし」まできたらそうくるでしょうよ!
ほのぼのさせといて急にホラーテイスト持ってくるんだからもーーー!

振り向きたくない・・・けど。
振り向きたくないけど、でも!
後ろにいるってのが分かってるから、今回は覚悟を決めて振り向けるんだよね。
てか、そこにいるって分かってるんだから驚くはずがねぇ!

よし!そぉ・・・・・おおおおおおおおいいい!!!

近い!予想に反して近いよ少年!
予想以上に近い位置&振り向き終わる前に見えたもんだから、結局盛大に叫んだじゃない!
いると分かってて叫ぶとは思わなかったよ!
しかも、「ここだよ・・・」って言った後に飛びかかって来て、もう一度ギャア!
自分のチキンっぷりと、少年の小賢しさにめっちゃギリィってなった。


オマケに、こっちの心臓が落ち付いてないってのに、そのまま少年との戦闘に突入。
遊んでる感覚だったから戦闘はないものと思ってたけど、やっぱあるんですね。

▼姿の見えない怨霊
隠れて姿が見えない怨霊に対しては探知ガイドが反応しません。このような怨霊に対しては、画面中央上部のランプを頼りに怨霊を探しましょう。このランプは怨霊が近ければ近いほど明るく光ります。


少年は海斗さんや白い手と違って、ちょっと特殊な動きをするのか。
説明通り、姿が見えないのでフィラメントを頼りにカメラをあちこちぐるぐる。
眞夜も「目の前」とか「後ろ」とかアドバイスしてくれたのが助かった!

見つけたらそそくさと逃げていくので、ちょいちょい攻撃。
しばらくしたらジャンプして飛びかかってきたので、シャッターチャンスでパチリ!
逃げてく時にチマチマ攻撃してたのが功を奏したのか、シャッターチャンス一発で倒す事が出来ました!


眞夜「大丈夫・・・?よかった・・・ あの子は・・・また隠れてしまったみたい・・・ 気をつけないと・・・ あの子もあの家に囚われている・・・ 遊びに負けてしまったら、あの子に「つれていかれる」かもしれない。」

おおう・・・サラッと恐ろしいアドバイスをありがとう眞夜ちゃん。
そういやあの子、「自分が勝ったらお前を連れていく」みたいな事言ってたっけ。
危ない危ない・・・気をつけねば。

それはそうと、少年が消える際、何かを落としていった模様。

▼破れた日記
ほんのなかに いえがあった
くろいおんなが ぼくをみつけて
おねえちゃんに なってくれた
ぼくは おうちに ずっと
だれもいなくて ひとりだったので
あそべるので うれしい
でも ほんとは こわい
にげると かおがなくなるから
いっぱいいたのに みんなみんな
かおがなくなった から こわい
おめんでかくれば だいじょうぶかな
おめんをかぶった ぼくは だれ
ぼくは あきら だよ つれてって


『 あ き ら 』

なんて・・・!なんっっって素敵な名前してんだお前!
あきらって!あきらって!私の大好きな名前じゃない!
三上(@ホイッスル)のせいで相当ツボってしまった名前じゃない!
サイレンでも『あきら』って名前出てきて(志村晃さん)相当ハイテンションになったというのに、零シリーズでもついに『あきら』きちゃいますか!ありがとう!
ヤッベェ・・・今、少年に対する恐怖が一気に吹っ飛んでったぞ・・・。
恐るべし『あきら』の威力(笑)


恐ろしいほどハイテンションになった私とは裏腹に、何やら凄い険しい表情の眞夜。

眞夜「くろいおんな・・・「黒い服の女」のこと。あの子は・・・あの「黒い服の女」と一緒にずっとあの家にいた・・・ ひとりで寂しかったから・・・ 「お姉ちゃん」の家族になった・・・ そして、逃げられなくなった・・・ 逃げると・・・「かおがなくなる」から・・・ ・・・・・・」

あぁ・・・名前に気を取られて他の内容全部すっ飛んでたけど、かなり重要な事言ってたんですね(笑)
あきらは家に誰もいなくて、ずっと一人で寂しくて・・・それで囚われちゃったのか。
誰もいないって家族がいなかったって事なのかなぁ。
親戚の家とか施設とかに入れられてたんだろうか。
主人公に遊ぼうって呼びかけてきたのはそういう背景があったからだったんですね。

一応私なりに解釈してみると、まずあきらは何らかの形(拾ったとか)で紫の日記を入手。
で、中を開いたらあの家に取り込まれて、どうしようって思ってたら黒服の女と遭遇。
そこで2人がどんな会話をしたのかは分からないけど、黒服の女は「家族になってあげる」と巧みにあきらの心を上手く揺さぶり、あきらを家に捕える事に成功。
あきらは最初は純粋に遊び相手が見つかって喜んでたけど、あの家から逃げようとした人が顔を削がれたのを見たか聞いたかしちゃって、黒服の女に恐れを抱く様になった・・・って事か。

てっきりあきらは状況を上手く理解してないのかと思ってたけど、ちゃんと分かってたんですね。
分かってるからこそ、恐怖から目を逸らそうと『遊び』を持ちかけてきた。
まだ子供だけど、彼は彼なりに、何とか上手くたち回ろうとしてたんですね。


危険かもしれないけど、あきらと遊んであげればもっと情報を入手できるかもしれないという眞夜。
やっぱもう一度あきらを探さなきゃいけないのかー・・・と思ってると、またもや声が聞こえてきました。

あきら「・・・みつけて・・・つれてってよ・・・」

「つれてって」って事は、やっぱりあきらもあの家から逃げたいんですね。
自分じゃどうする事も出来ないから、主人公達に助けを求めてる。
もしかして、あの日記落として言ったのも、状況を分かってもらおうとワザと落としてったんだったりして。

眞夜「・・・また・・・あの子の声・・・ どこかに隠れているんだわ・・・ お面で顔を隠して・・・」

セーブはないけど、『ちょっとだけストーリー』ではここで一旦区切られるみたいなので、一応区切っときます。
区切るというか、タイトル入れとくだけだけど。


●お面から覗く目

彼等のホームは紫の日記なので、探すとしたらやっぱり日記ですよね。
お面で顔を隠すってのがヒントになってるんだとしたら、お面が沢山あったあのページかな?
早速8ページ目・お面の写真のページをチェック。

またあきらが飛び出してきたけど、予想済みだった&名前でテンション上がってたので、今回は驚かなかった!
ふっふっふ、はっはっは、何度も同じ手に引っ掛かると思うなよ!


あきら「新しい遊びをしようよ・・・ もしこれに勝ったら・・・ そうだなぁ・・・ 「ひみつ」を教えてあげるよ・・・ 「あのおんなのひみつ」・・・」

あの女の秘密・・・って!おい!
新しい遊びに勝ったらなんか凄い重要な情報をくれるって事!?
てか、あきらはそんな重要そうな事を知ってるくらいあの女と仲良いの!?
流石家族になったと言ってただけあるな。
彼女もあきらに対しては、逃げようとしない限り、普通に優しく接してくれてたんだろうか・・・。

色々気になる点もあるけど、とりあえず今は新しい遊びに勝つ事が先決ですね。

あきら「四つのお面に隠れたぼくを・・・ 見つけられるかな・・・?どのお面に隠れようかな・・・ ぼくが見たお面に隠れるからね。」

簡単に説明すると、

使うページはお面が上に2つ、下に2つ並んでるページのみ。
まず、あきらがお面のうちの一つに入る。(あきらが入ったお面は目を瞬きさせてる)
次に、お面からお面へと、あきらがどんどん移動していく。
(あきらは、自分の入ってるお面の目が見た方向にあるお面へと移動していく)
最終的に、どのお面に移動したかと当てる。

・・・という遊びらしい。
動きは結構ゆっくりなので、ミスる事なく1発で的中!

あきら「うわっ!見つかった・・・ 今度は見つからないぞ・・・」

あれくらいのスピードなら軽い軽い!
どうせまだやるんだろ?ほらほら、早く隠れてごらんなさい(得意げ)

あきら「隠れるんだから、近くで見るな・・・ あっちへいけ!全部のお面が見えるくらい・・・」

お・・・おぉ・・・ごめん。
私が邪魔だったか(笑)


あきら「ここからが本気だぞ・・・ ふふふ・・・ 動くお面がひとつだけとは限らないからな・・・」

基本的にルールは同じなんだけど、あきらが入ってるお面以外のお面の目も動いちゃうらしい。
いくつ動こうと、最初にあきらが入ったお面さえ分かってれば、後は目を辿るだけだから今回もチョロいぜ!
そこだぁ!

あきら「そこじゃないよ・・・」

なんですって!?
え!?嘘!?どっかで見間違えた!?

やり直しでも同じルートを辿るみたいなので、もう一度じっくり観察。
・・・あぁ・・・右下のお面見てなきゃいけない所で、右上のお面見ちゃったのか・・・。
チョロいとか言っときながら見事に惑わされてるじゃないですか米神さん。

あきら「くっそっ!また見つかった・・・ あと一回・・・今度こそ本気だからね・・・」

なにそのタツボン(@ホイッスル)みたいなセリフ、と突っ込んで通じる方は何人いるだろうか(笑)
説明するのは面倒なので、気になった方は「そろそろ本気出すよ 水野」で検索してみてください。
多分どっかに書いてあるはず。


あきら「次は速さで勝負だ・・・ 失敗したら・・・ずっと遊んで貰うからな・・・」

今度はスピード勝負か。
速くなるって言っても、まぁ所詮は子供のゲームだしな。
多分大丈・・・・・・・・・

・・・・・・ばねぇ!
おいおいおい!なんで他の目も一緒に動いちゃうんだよ!
てっきり1回目の一つしか動かないパターンのが速くなるんだと思ってたのに!
油断してたら他の目も動いた事にビックリして一気に分かんなくなったぞ!(笑)

あきら「絶対に・・・見つけられないよ・・・」

そうね・・・完全に見失ったもん・・・。
あてずっぽうでやるしかないじゃない。
とりあえず適当に一番最初にあきらが入った左上を選択。

あきら「そこじゃない・・・ 次失敗したら・・・ ・・・こっちに来てもらうからね・・・」

今思い返してみても結構簡単なゲームだったなと思ってるのに、2度も間違うだなんて自分でもビックリです。
どうせ子供の考えるゲームだし・・・と油断した自分をぶん殴ってやりたい。
本気出さなきゃいけないのはあきらじゃねぇよ、私だよ。
あきらさん、調子ブッこいて本当にすみませんでした。

今度は私も本気でガン見し、2度目のチャレンジにてようやく正解。
紫の日記をプレイする時はもう二度と油断しねぇ(笑)


あきら「しょうがない・・・ じゃあ、やくそくどおり・・・ ひみつを教えるから、もっと近づいてよ。あのおんなに見つからないうちに・・・」

他の人に聞かれない様に警戒してるのか。
あきらの声を聞こうと日記に近づい・・・・・・あれ?あきらが消えた?
ちょっとちょっと!教えてくれるんじゃなかったの!?

???「見つけた・・・逃がさない・・・ どこへも行かないように・・・」

!?

おいおいおい!黒服の女に思いっきり見つかってるじゃないですか!
・・・ハッ!あきらが消えたのってもしかして、彼女が連れ戻しちゃったって事!?
あきらあああああああ!!!

眞夜「今のは・・・「黒い服の女」の声・・・ 彼女に・・・見つかってしまったの?」

彼女の声が消えると同時に、あきらのいた場所にぽっかりと穴が開いてるのを発見。
この穴・・・またあの家と現実世界がより深く繋がってしまったって感じがして不安感を煽ってきますね。

眞夜「あの子が黒い服の女に・・・ 早く、穴の中を見て。助けないと・・・!」

・・・あ、あの穴、覗かなきゃいけないのか。

恐る恐る穴にサークルを合わせるも、「見えないからもう少し近づいて」と言う眞夜。
なんて恐ろしい事を言っちゃうのかあなたは。
こんな覗いたら何か起こりそうな穴、私にはここまでが精一杯だよ。


とはいえ、覗かない事には先に進めないので、深呼吸をし、意を決して穴にズームイン。
穴の先は案の定、あの家の一室に繋がっていました。

しかし、覗いた直後に見えたのが人形のドアップで、早速大絶叫。
近ぇよ!なんでそんな近くに日本人形がぶら下がってんだよ!
ここ、見えてる位置的に考えて、天井付近だろ?
変なとこに人形吊るすんじゃない!
紅い蝶に出てきた桐生家の首つり人形の部屋思い出したわ!


呼吸を整えつつ、響き渡る苦しそうな唸り声を頼りに見回すと、床に転がり苦しんでるあきらを発見。
その傍らには黒服の女まで立ってらっしゃる・・・。
やっぱあきらは彼女に捕まっちゃったんですね。
そして顔を・・・。

そのまましばらく見ていると、急に操作不能に陥り、彼女がこちらをガン見。
やべぇ!見つかった!?
ししししかもこっち向かって歩いてきてるううううう!!!

・・・と、かなりハラハラしながら見てたんですが、そのまま視界からログアウト。
なんだ・・・見つかってなかったのか・・・。
さっきのは振り返っただけかよ脅かしやがっ・・・てぇい!!!

やっぱり覗き返してきやがったコンチクショウ!!!
バッチリしっかり見つかってるじゃないですか!
てか、一瞬安心させといて戻ってくるなんて巧みな戦術止めろ!
そのまま来るだけでも十分恐ろしいんだから、いっそそのまま一気にかかってこいよ!
3DSまた落としかけたじゃないか!


この穴から彼女が出てくる、もしくはあの家に引きずり込まれるかと覚悟してたんですが、どうやら出てもこなければ、引きずり込まれる事もなかったようで。
カメラには、無事現実世界(私の部屋)が映し出されてました。

眞夜「・・・だめ・・・ あの子も・・・顔を・・・ 私たちが見つけたように、黒い服の女もあの子を見つけて・・・ あの子も、顔を削がれて・・・ きっと・・・あの海斗さんと同じように・・・ あの子はもう・・・誰でもない・・・怨霊・・・ だとしたら・・・ 次に逢った時は、私たちに・・・」

これであきらも怨霊の仲間入りしちゃったって事か・・・。
ゲームを吹っかけてきた時はまだ無事で、もしかしたら助かる可能性もあったかもしれないけど、これであきらは助からない事が確定しちゃったんですね。
ちょいちょいビビらせてきたけど、折角仲良くなれそうだったのに・・・。


ところで、ちょっと気になったんですが、黒服の女の顔、なんか眞夜に似てなかっ・・・た?
3DS落としかけたくらいだから、もちろんしっかりガン見した訳じゃないんだけども。
もう一度じっくり見てみたいけど、オートセーブだからやり直し出来ないのがなぁ。
見るとしたら、最初からやり直すしか・・・・・・あ!そっか!『ちょっとだけストーリー』で見れるかも!


タイミング良くここでオートセーブ入ったので、今回はここでストップ。

終わってから早速『ちょっとだけストーリー』をやってみたんですが、ビンゴでした!
案の定あきらと遊んだ後、あの穴から家を覗く所まで見る事ができました!

で、今回は来るの分かってるので覚悟してじっくりガン見したんだけど・・・やっぱり似てる気がする。
声が眞夜と同じ久川さんだから、私が勝手に眞夜に似てると思いこんでるだけ?
以前コメントで頂いたヒントに『澪繭』っていうキーワードがあったのもあって、無意識に眞夜と黒服の女は双子かもって思いこんじゃってるのもあるのかなぁ。
ううむ気になる・・・。


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2012/07/16 23:39】 | 零シリーズ | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<ポケスペ40巻 | ホーム | 激走!バトルサブウェイ!!(前編)>>
コメント
>ミッフェル様
返信がかなり遅れてしまい、本当に申し訳ありません(><)

ホラーっぽくないなーと油断した途端これでした(笑)
『心霊カメラ』とタイトルがちょっと違うので、勝手に従来の零シリーズより怖くないだろうと高をくくってる部分もあったのですが、甘かったです。
所詮は零ですもんね。
テクモさんがそんな生ぬるいホラーゲーム作る訳ありませんでした(笑)

人形も毎回毎回仕掛けられてますが、毎回毎回叫ばされてるのが凄く悔しいです。
油断してる・・・というか、人形なんか来ないだろうなって思ってるような場面でも遠慮なく持ってくるのがまたあざといですよね。
テクモさんは本当に人の怖がるポイントを把握しすぎている・・・(笑)

話は変わって。
出かけ先で知り合いに会いたくないなーって時に話しかけられるとどうしてもテンション下がっちゃいますよね(笑)
せめてスルーしてくれればいいのですけどねぇ。
まぁ、顔見知りに出会ったのにスルーする方が失礼だと考える方も多いですし、礼儀を考えると挨拶しなきゃと思っちゃうんでしょうけど(^^;)
ああいう時こそ、黒子のスルースキルが欲しいって思っちゃいますね(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/09/26 22:54】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>未来亞。様
お久しぶりです!
返信がかなり遅れてしまい、本当に申し訳ありません(><)

あきらくん。
ホント、ご友人の仰る通りですよ!
節句の素敵な名前のお面付けたお茶目癒しボーイだったというのに、あんなにもあっさり顔を削いでしまうだなんて・・・!
きっと可愛い顔してるだろうに、その素顔を見れないままだった事も凄いショックでした(><)
黒い服の女、イケメンだろうが可愛いショタだろうが、本当に容赦ないですね。

ヒント。
妹さん&ご友人さんからのヒント、ありがとうございます!(≧∇≦)
新ヒントは『鏡』ですね。
『澪繭』と合わせて考えるに、黒い服の女とは眞夜にとって『もう一人の自分』みたいな存在・・・という事になるのでしょうか?
現時点では、黒服の女と眞夜の関係は、姉妹、もしくは零1作目の霧絵のような自分の良心的存在が分離したものなど、とにかく深く関係しているものなんだろうと思ってたので、当たらずとも遠からずと捉えていいのかな、なんて思ってます。

あ、でも澪繭がちょっと違うかもしれないという事は、姉妹ではないという事ですかね?
霧絵と子霧絵のように一つの存在が2つに分離してしまったものの方が答えに近いのかも・・・。
仮にそうだとしたら、もし眞夜が本体だった場合、黒服の女は眞夜の心の闇が具現化したもの・・・とか?
ううむ・・・色々考えられますね。

ラスボス戦。
ありがとうございます!
そう言って頂けると凄く心強いです(*´▽`*)
しかし、実際に3DSを持って動かなさなくてはいけないという辺りが、運動神経ゼロな私の一番のネックになりそうな気がして・・・(笑)
何度か挑戦する羽目になるでしょうが、なんとかクリア出来るよう頑張りたいと思います!

では、コメント&アドバイス、本当にありがとうございました☆
【2012/09/26 21:30】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/08/24 18:54】 | #[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/08/24 14:53】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2011-5a87bd8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。