おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
第215夜 A.Wをたずねて・キミの傍に その3
感想その3!


【第215夜 A.Wをたずねて・キミの傍に その3】


●本編 その3

アレンを無事捕獲した翌日。
そういえばジョニー、お酒飲み過ぎて酔いつぶれてる隙に、お金盗まれたんでしたっけ。
色々あってすっかり頭から抜けてたよ。
んで、お金を稼ぐ為に修理屋をやってる訳か。
流石ジョニー、器用だなぁ。

このお店開いてるコマ、ツボった所が色々あったけど、わざわざ取り上げるまでもないので、箇条書きで。

・アレンのトランクに座ってる神田。アレン逃亡防止の為?
・ジョニーの荷物に足乗っけてる神田。盗難防止の為?
・ぶっすーとした表情で並んでる神アレ。この似た者同士め。
・看板に乗っかってるティム。
・ティムの上に乗っかってるジョニーのゴーレム。何この可愛い図。萌え死ねる。


教団からの追ってじゃないと説明を受けるも、尚も仏頂面なアレン。
この後の神田とアレンのケンカがもー可愛くて可愛くて!

神田「なんか喋れよ テメェ コラ ぶっせぇツラしやがって」
アレン「この手錠はずしたら喋ってやってもかまいませんが」
神田「あ゛あ゛!?」


『喋れ』と命令口調な神田に、『喋ってやってもかまいません』と上から目線口調なアレン!
このお互い一歩も譲らないのが神アレだよねー(*´▽`*)
なんか久しぶりに神アレらしい神アレのケンカを見た気がして凄いほっこりした!
ケンカって見てるとハラハラするものなのに、こいつ等のはなんでこんなに萌えるんだろう。
神アレがいなければ、私はこんなにもケンカップルにハマる事はなかったと思う。

ちなみに手錠というのは、リーバー班長がコムイさん逃亡防止用に作ったもので、よからぬ事(逃亡)を企むか半径20m以上離れると、手錠を付けてる2人に高圧電流が流れちゃうらしい。
手錠っていうか、鎖がないからちょっと変わった腕輪って感じのデザインですね。
逃げた側(コムイさん側)にだけ電流流せばいいのに、まさかの両方に電流・・・。
なんて捨て身なものを作っちゃったんですかリーバー班長(笑)

しかし、半径数メートル以上離れると電流・・・か。
そういや私が昔書いた神アレ小説にもそんなオモチャ出したなぁ。

それだけに本当に悔しい。

何故手錠を付けているのが、アレンと神田ではなく、アレンとジョニーなのか。

そこは神田だろおおおおおおおお!!!
誰が何と言おうと神田だろおおおおおお!!!
流れ的にジョニーじゃないとおかしいとか、そういう事じゃないんだ。
神田とアレンが手錠で繋がれて離れられなくなっちゃうという状況が大事なんだ。
先生・・・手錠で離れられなくなった神アレが・・・見たいです・・・!

しかも、唯一解除ワードを知ってるだろうジョニーが、うっかり解除ワードを忘れるというオイシイ状況。
もう一度言わせてもらうぞ。
何故神田しなかった!誰だこの手錠はめたヤツ!

ジョニー「つっ使う気なかったんだって!! なのに 神田 がカバンから勝手に出して・・・っ」

神田・・・やっぱりお前か・・・。
なんでアレンの腕に手錠はめた後、自分の腕にもう片方をハメなかったんだ!
うぐぐ・・・こんな素敵なものが出てきたのに神アレで実行されないだなんて・・・!
惜しい!惜しすぎる!くっそおおおおおお!


・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・。
過ぎた事は仕方ない、一旦落ち着こう。

アレン「あ゛ーーーーー バカのすることってほんと嫌だ!!!」
神田「テメェが話聞かずに縛った縄ブチブチ切って逃げっからだろうがぁ!!!」


(*´▽`*)(*´▽`*)(*´▽`*)
いやぁ、神アレのケンカってホンット癒されますね!
ドーパミン大放出されて、全然落ち付けないけど(笑)

この後、ケンカが中断しちゃった時のコマで、神田がアレンの胸倉掴んでるのにもニヤニヤ。
このポーズ!今まで幾度となくやってるであろうこのポーズ!
かーおーちーかーいー!!!(バンバンバン)
睨みあってるはずなのにこんなにもキュンキュンさせるなんて恐るべし神アレ・・・。


印刷機修理の為、席を外す事になったアレン&ジョニー。
荷物番の神田はその間にケンカを中断した原因・・・左腕に感じた痛みをチェック。
おおう・・・腕のイノセンスが飛び出した十字傷が何だか凄い事に・・・。

神田(チッ・・・・・・ 咎落ちの前兆・・・か・・・?)

いやぁ、それはどうだろう。
『35年前のアレン』はイノセンス適合者で、尚且つノアであるネアと友達だったけど無事だったし。
大体神田は、アレンが14番目として覚醒するなら即行ぶった切るつもりでいるはず。
それに、『ネア』に協力してるんじゃなくて、あくまでも『エクソシストであるアレン』に協力してるんだし。
現状から考えて、神田が咎落ちになる理由はまだないと思うんだけど・・・。

この後の展開から推測するに、これもアポさんの仕業じゃないのかなぁ。
アレンのイノセンスをあんだけ操れるんだから、神田の六幻だって例外ではないはず。
アポさんが、自分の計画の邪魔になりそうなエクソシストに牽制の意味で何かしてるんじゃないだろうか。


そんな神田をじっと見つめてたティムキャンピー。

神田「わっ びっ・・・ いたのかよおまえ!?」

ヤベェ・・・驚いてる神田が可愛すぎる・・・!
「ビックリした」と最後まで言わない辺りが神田らしすぎてキュンキュンした!
あと、神田も普通にこういう表情を見せてくれるようになったんだなぁ、なんて思いもちょっぴり。
神田は帰って来てから、ちょっと感情豊かになった気がする。

神田「・・・・・・んだよ まだ俺がモヤシの金盗ると思ってんのか・・・・・・? ・・・・・・・・・ いっとくがテメェだって充分怪しいんだからな 昨晩の記録みせろっつてもみせねぇし・・・・・・ 大体おまえ「14番目」が残した奏者の資格の一つだったワケだろ 今もお前の主人は「14番目」なのか? あいつの傍でおまえはどっちと一緒にいるつもりなんだよ」

ありがとう神田。
アナタは今、読者の大多数が思ってた事を一気にぶつけてくださいました。
・・・ティム、喋れないから結局分かんないままだけど・・・orz

でも、泣いたって事はやっぱ、ティムも揺れてる・・・のかな。
きっとティムは、アレンとも長い時間を共にしてきたけど、口ぶり的にネアとも長い時間を共にしてきたはず。
ティムにとってはネアもアレンも大好きで大切な存在なんだろうなぁ。
何これ・・・皆板挟みになってる・・・。
アレンだけでなく、ティムも含めて皆辛い状況にいるんですね。

ところで、神田も突っ込んでたけど、ティムの涙はどこから出てるんですか?(笑)


そんな中、ついに現れた枢機卿。

うわあああああ来ちゃった!来ちゃったよアポさん!
ティムは気付いてるっぽいから、神田とアレン&ジョニーに早くこの危機を知らせてあげてええええ!!

てかアポさんも人が悪いよね。
アポさんは多分、アレンと一緒だったティムを知ってる。
神田の事だって、団服着てるんだし、当然エクソシストだと分かるはず。
むしろ、イノセンスレーダーで違う服着てても分かりそう。

・・・というこの状況で、あえて何も知りません風に神田に話しかけるあの演技!
こんの確信犯め!
何というチョコザイなイノセンスなのアポさん!
荒らしの前の静けさだとでも言いたいの?怖すぎるわ!
いっそいきなり襲ってくれた方が分かりやすくていいんじゃないかとすら思えたぜ。


その頃、印刷機修理中のジョニー&アレン。
アレンはやっぱりジョニーのあの言葉が凄く嬉しかったようですね。
思い出し照れしちゃってるのがめちゃくちゃ可愛い(*´▽`*)

しかし同時に、自分の寂しさに気づいてしまい、色々と迷いが生じている、と・・・。
アレンはさ、とにかく一人で頑張ろうとしすぎなんだよね。
難しく考えるのをやめにして、さっさと2人に甘えちゃえばいいだけなのに。
まぁ、他の人への被害なんかを考えて、それを素直に出来ないのがまたアレンらしいんだけども。

でも、ジョニーにしたって神田にしたって、それは覚悟の上なんだよね。
危険を承知で、アレンについていく、アレンを信じると決めてる。
アレンはまだ2人のその思いの強さを分かってないんだろうなぁ。
アレンには一人で背負うだけが優しさじゃないんだよって事を教えてあげたい。
ジョニーも神田も、例え自分が無事でも、アレンが傷ついちゃ意味ないって思ってるからこそ、アレンを追ってここまで来たんだよって事を教えてあげたい。
こういう甘えベタな所、本当にそっくりなんだから。神田と(笑)


最後は「やっぱり離れよう」とアレンが考えた所で、アポさん登場のお知らせ(イノセンス暴走)。
次回はアポさんとアレンが対峙しちゃうのかな?
ティムに誘導されて神田が助けにきてくれるといいなぁ。
で、そのまま3人で逃亡しちゃえば尚良い。

次回が早く読みたいです!



スポンサーサイト

[テーマ:D.Gray-man | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/07/12 23:52】 | Dグレ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<拍手返信 | ホーム | 第215夜 A.Wをたずねて・キミの傍に その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2031-b3798b5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。