おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ズルッグとわがままゴチム!
キバゴがデントにどんなイメージを抱いてるのか、よーく分かった(笑)


【ズルッグとわがままゴチム!】


キバゴとズルッグのバトルトレーニングからスタートした今回。
失礼ながら、今まで2匹がやってた練習バトルは、子供同士の戯れみたいなイメージだったんだよね。

それが今回はどうですかこのバトル!
お互いに技も増えて、なかなかいいバトルを魅せてくれるようになったじゃないですか!
キバゴもズルッグも成長したなぁと思ってたけど、本当に成長しましたね~!
最初の頃と比べて、バトルにかなり迫力が出てきた気がする。

結果はいつぞやと同じ様に、竜の怒りの爆発で2匹揃ってダウンしちゃったけど(笑)
成長したと思ったけど、こういう所は変わってないのが可愛いですね!


そして、可愛いと言えば、バトル後の2匹だよね!
目が合ってニコってして、一緒に水辺に移動して。
一緒にお水飲んで、また目が合ってニコってして。
ニッコニコ楽しそうに水掛け合いっこして。
ニッコニコ楽しそうに追いかけっこして。

・・・ここが楽園か・・・!

あぁもう可愛すぎる!可愛すぎるぞお前らあああああ!!!
キバゴとズルッグが仲良しっぷりを見せ付ける度、全速力で天まで駆け上りそうになったよ!


そんな中、追いかけっこする2匹は、ちょうどやってきたゴチムと衝突。
思いっきりゴチムを睨みつけるズルッグに、「いきなり睨みつけるは止めるんだズルッグ」と制止するサトシが、とってもお父さんでなんか熱いものが込み上げてきた。

てか、それよりも!
このゴチムの中の人、愛河さんじゃないですか!!!
きゃあああああ愛河さん!愛河さん!愛河さあああああんんん!!!
前回の山口さんに引き続き、またまた無印時代の懐かしい御方の声を拝聴できるだなんて・・・!
以前コメントで、BWでは懐かしい御方達の声がまた聞けると教えて頂いてましたが、この事だったんですね。
ゲストでもこうしてポケモンに再登場して下さった事が嬉しい!
ロケット団のラジオでも続々懐かしい御方達がゲストに来てくださってるみたいだし、いいなぁこういうの!
なんか同窓会で懐かしい友達に会った様な、ウキウキした気分になっちゃいますね(*´▽`*)

このゴチム、コハルさんという女性トレーナーと一緒にジム巡りをしてるそうなんだけども。

どうやら、ズルッグに一目惚れしちゃったらしい。

あのズルッグに初春の訪れが・・・!
まだまだ子供だと思ってたけど、本当に成長したねズルッグ!

・・・と、一瞬思ったけど、ズルッグは多分、ゴチムの気持ちに全く気付いてなかったよね。
なんでこうなったのか分からずに巻き込まれてたって感じ。
まだ産まれたばかりってのもあるんだろうけど、やっぱりトレーナーに似てこういう事には鈍いんですね(笑)


本格的にゴチムのお話へ行く前に、ちょっと話はそれますが。
昼食を取りながら、これからライモンへ向かうコハルさんに、ライモンの良さを教えてたあのシーン。
この流れはもしや・・・と思ったら。

案の定、メトロソムリエ・デント襲来。

地下鉄の良さについて延々語りだすデント。
思いっきりドン引きしてるっぽいコハルさん。
さぁいつでも突っ込んでおくれと言わんばかりのこの光景に、いつも通り「何やってんのデントさん」とか、「メトロソムリエ自重」とかって冷静に突っ込んでやろうと思ってた・・・のに。

デント「あの街の地下鉄は、サブウェイマスターのノボリさん、クダリさんという素晴らしい兄弟によって管理され、最新の技術を投入した車両・・・(以下略)」

チクショウ!サブマスの名前出しやがってチクショウ!ズルイですよデントさん!
しかも『素晴らしい兄弟』ですって?なんて素敵な評価!流石分かってらっしゃるデントさん!
はいはいはい!そのお話なら後1時間は続けてくださって結構ですよ!
正確には、電車の話じゃなくてその管理者である双子の兄弟についてのお話を是非お願いします!是非!

↑こんなテンションになってしまい、もはや突っ込みどころじゃなかった。
私もサイレンプレイ中に線路やトロッコを見て「カナワタウンみたい」とか言い出して友人に突っ込まれたくらいだし、もはや私はメトロソムリエに対しては何も言うまいて・・・。
私が興味あるのは電車じゃなくてサブマスの方だけど。


話をゴチムに戻しまして。
ゴチムの希望を聞き、サトシにズルッグを交換して欲しいと言い出したコハルさん。
それに対するサトシの答えはもちろん、

サトシ「俺、交換はしません」

だよねー。
サトシが逃がしたり交換したりする時って、ポケモン自らもそれを望んでる時とか、そうする事が自分の元にいるよりポケモンの為になると判断した時だけだもんね。
自分の都合だけで手放す事はしない。それがサトシ。
交換は悪い事ではないんだけど、サトシは自分がゲットした子を凄く大切にする子だからこそ、交換にしろ逃がすにしろ、『手放す事』には物凄く慎重になっちゃうんだろうね。
そして、それだけ大切にしてくれるからこそ、ポケモンとの間に強い信頼関係を築くのに繋がる。
この考え方こそが、サトシのバトルスタイルの根本であり、サトシの性格の大元にあるものなんだろうな。


しかし、そんな事では諦めないゴチム&コハルさん。
「コハルさんがバトルに勝ったらズルッグを交換する」という条件で、サトシにバトルを申し込む。

・・・までは良かったんだけどさ。
なんだろう・・・この時のサトシを挑発するコハルさんが、なんかめっちゃ怖かった。
いや、怖いってのはちょっと違うかも。
違和感とか、気味悪いとか・・・って言った方が正しいんだろうか。

それまでのコハルさんは、おっとりしてて、トレーナーなのにゴチムの尻に轢かれてて、でも優しく思いやりのある良い子って感じのイメージが漂ってたんですが。
サトシへのあの挑発の仕方。
「勝つ自信がないからバトルを受けないんだ」までは分かるけど、あまつさえ、サトシのバッジを偽物呼ばわりしちゃうってのが、なんかそれまでのイメージとかけ離れ過ぎてたんですよね。
それだけゴチムの機嫌を損ねてしまうのが怖くて必死だっただけなのか。
それとも、これがコハルさんの本性なのか・・・。
別にこういう挑発をする人が嫌いだとか、そういう話ではないんですが、最初に抱いたコハルさんのイメージとはかなりかけ離れてたので、何だか必要以上に反応してしまいました。


それはさておき。
まんまと挑発に乗ってバトルを引き受けてしまったサトシ。
ズルッグをかけて、ポカブ(サトシ)VSバルジーナ(コハルさん)でバトルする事に。
で、このバトルがまた面白いというか変わってるというか。

なんでゴチムちゃんが命令してるんですか(笑)

正確には、ゴチムが技を決めて、コハルさんがその通りに命令を言ってるという、何とも不思議な光景。
完全に主従関係逆転しちゃってるよね。
これじゃあどっちがトレーナーなのか分からない(笑)
いやはやゴチムさん、マジパネェっす。
見た目はあんなに可愛いのに、すでに女王様の貫録が漂ってるじゃないですか(笑)

そんなゴチムに文句も言わず従ってるだけなコハルさんも、なかなかの変わり者だよなぁ。
旅に出たばっかりだっていうし、まだポケモンとの距離感を上手く掴めてないのかもしれない。
もしくは、このひっくり返った主従関係こそが、彼女も望んでいる形態か。
世の中には本当に色んなトレーナー&ポケモンがいるもんですね(笑)


バトルの結果は、無事ポカブが勝利し、交換の約束も破棄。
見守ってたポケモン達は皆心配してたけど、中でも一番心配してて、一番安心したのがキバゴだよね。
サトシ達の言動一つ一つに反応してる姿がもうめちゃくちゃ可愛くて!
キバゴは友達やライバルとしてだけでなく、『お兄ちゃん』としてもズルッグに接してて、だからこそこんなにも心配してたんだよなって思うと、なんかもう色んなものが込み上げてきた!


バトルが一段落した所で、雨に降られ、山小屋へと逃げこんだ一行。

・・・デントに前髪が出来ておる・・・!!!

デントがタオルで髪拭いてるシーン!
デントに!前髪が!できてらっしゃる!前髪が!
ふおおおおおお何度も妄想してた前髪デントが公式でおいでなさったあああああ!!!!
可愛い可愛い可愛いようデントおおおおおお!(*´▽`*)
もう東京方面に足を向けて寝るなんてできない・・・アニポケスタッフ様に足を向けるなんて無礼な事・・・!

この後も色々突っ込みたいシーンがあったけど、今回一番反応したのは間違いなくここでした(笑)


そんなこんなで、山小屋に泊まる事になった一行。
このまま無事に一晩過ぎてくれればいいんだけど・・・このチャンスをゴチムちゃん・・・いえ、我儘女王ゴチム様がそうやすやすとお見逃しになる訳がなかった。
真夜中にズルッグを誘い出すなんてキャ!大胆ねーゴチムちゃんってば!
・・・内容は木の実食べに行くという至って健全なものだったけど(笑)

しかし、木の実を一緒に食べながらランデブーして、その後はどうするつもりだったんだろう?
まさかそのまま駆け落ちでもするつもりだったのか・・・?


一方、ズルッグを心配するあまり、悪夢を見てしまったキバゴ。
その悪夢の内容が・・・さ、なんていうか・・・ね。
どっから突っ込んでいいか分からないんだけど・・・・・・ヒドイな(笑)
サトシがアホの子だったり、巨大凶悪ゴチムに手乗りコハルさんと彼女らの関係を見事に表してたり・・・

てか、デントの扱い!ポケモン魔道士って!(笑)

まさかここでポケモン魔道士に再開出来るとは思ってなかったよ!
夢とはいえ、いきなりあの格好のデントが映し出されるもんだから、堪え切れずに盛大に噴き出したよ!
デントっていうか、どっちかっていうと声と喋り方にだけども!
これも毎回毎回突っ込んでるけど、ホント宮野さん自重(笑)
腹筋が持たないから!宮野さんのせいで毎回腹筋が崩壊の一途を辿ってるから!
最近アニポケ一気に見だしてから、マジで腹筋が筋肉痛になってるんだからね!(笑)


悪夢で飛び起きたキバゴは、ズルッグとゴチムがいない事に気づき、2匹を追いかけて外へ。
キバゴとゴチムでズルッグの腕を引っ張りあってるシーンは、モロに大岡越前の子争いですよね。
どっちが本物の母親か決める為に子供の手を引っ張らせ、子を思って先に話した方が本物の親だっていうアレ。
今回はキバゴが先に離したのを見て、なんだかほっとしちゃいました。
ゴチムのズルッグを想う気持ちは決して嘘なんかじゃなかっただろうけど、今までずっと一緒に旅して、仲間として、ライバルとして、お兄ちゃんとして接してきたキバゴの方が、より想う気持ちが強かったんでしょうね。
だからこそ、ズルッグが痛がってる事に真っ先に気付き、手を離す事を選択した。

ゴチムは我儘な性格だからってのもあるんだろうけど、なんていうか『好き』って気持ちだけが先走って、周りの状況を見極める事が出来なくなってたように思う。
自分の気持ちが上手く制御できなくて、自分自身に振りまわされてる感じ。
思いこんだら一直線、猪突猛進タイプなんだろうなぁ。


んで、そんな猪突猛進ゴチムちゃんは、キバゴと争ってる間にダストダスを怒らせてしまうんだけど、ここで助けに来てくれたのが、我らがツタージャお姉様!
ツタージャはずっとキバゴ達を気にしてくれてたもんねぇ。
颯爽と現れて、ツルのムチでキバゴとズルッグを救出するそのカッコよさにはもうシビレビレMAX!
さり気なくゴチムだけ置いてけぼりになってるのが分かってらっしゃる(笑)

あと、ピカチュウやサトシが必死に説得してる中、痺れを切らして攻撃しようとするゴチムをツルのムチで叱咤し、止めてくれたシーン!
もーもーもーツタージャ姉さんがカッコ良過ぎて腹の底から叫びたい!
そんな私を是非ツルのムチで止めてくださいツタージャお姉様(笑)

結局ダストダスは何とか沈める事が出来たけど、それで納得しないのが我儘ゴチムちゃん。
今度はツタージャに敵対心を燃やしちゃったらしい。
この時点でゴチムの脳内から綺麗さっぱりズルッグの事が吹き飛んでたんではなかろうか(笑)
ツタージャへの対抗心が先走って、ズルッグには見向きもしなかったもんね。
本当に我儘というか何というか・・・自分の感情に振りまわされてる子だなぁ(笑)


翌日。
前日の因縁から、バトルする事になったゴチムとツタージャ。

・・・で、完膚なきまでに実力差を見せつけるツタージャ姉さん。

バトルっていうより、叱咤だよね。
我儘ばっかなゴチムに、「世の中あなたの思い通りに行く事ばかりじゃないのよ」みたいな。
ふくれっ面で泣きべそをかいてるゴチムに、鼻で笑って見せたのがもう!もう!
ツタージャ姉さんカッコ良過ぎるだろ!また惚れ直したじゃないか!
前もいったけど、もう一回言わせて頂こう。
一生付いて行きますお姉様あああああああ!!!

キバゴ&ズルッグ回かと思いきや、まさかのツタージャ回。
ビックリしたけど、久しぶりにツタージャ姉さんの活躍が見れて嬉しかった(*´▽`*)


次回はアイリスが主役のお話っぽいですね!
マッギョがモノズにふんづけられてたのがめっちゃ気になる(笑)


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/08/04 23:29】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<アイリスとモノズ!育て屋修行!! | ホーム | メブキジカ!春夏秋冬勢揃い!!>>
コメント
>スモッド様
サトシの『よっぽどの理由がない限り交換しない』という意志が見れたのは本当によかったですよね!
シリーズ毎にリセットされると言われてる彼ですが、こういう根本的な部分は全く変わってない事に毎回安心しちゃいます(^^)

ツタージャの叱咤シーンも本当によかったですよね!
ツタージャは自分の意志表示もハッキリしてますし、何事にも節度というものをわきまえたりと、本当にしっかりした子です。
それだけに、あのゴチムの自分勝手さは許せなかったんでしょうね。
悪い事をする子がいれば、しっかり叱咤出来る所も彼女の魅力の一つだと思います!
以前コメントで『表のリーダーがピカチュウならば、裏のリーダーはツタージャ』と仰ってた方がいらっしゃったのですが、まさにその通りですよね!
自ら表舞台に立つ事の少ない彼女ですが、これからもこの調子で他のメンバーを支えて行って欲しいものです(^^)

しかし、そんな素敵なシーンもたくさんあったのに、やっぱり一番気になったのはキバゴの夢でした(笑)
サトシにしてもコハルさんにしてもなんかズレてて面白いのですが、何より面白かったのは間違いなくデントでしたよね( ̄m ̄*)
キバゴの中のデントがどんなイメージなのかよーく分かりました(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2013/03/05 19:54】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
こんにちはスモッドです。
サトシの交換をしない意志だったりツタージャがゴチムに叱咤するなどシリアスも多い特に後者は
ツタージャの生きたちから考慮すれば厳しく指導するのもうなづけますね。そしてこれだけシリアスなの
それ以上にキバゴの創造の夢の中のがあまりにもインパクトが強すぎて噴きました。泣いているアイリス
以外全員が不思議、コハルのキャラも「あれ~アハハハ」になっているサトシ、そして何より
ポケモン魔道士ってキバゴはいったいデントをどう思っているのだろうか、これは本当におかしかった
鉄道を深く語りだすこともしますし、デント面白すぎます。
【2013/02/27 11:31】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>メタル様
言われてみれば確かに、サトシの手持ちッ子はタイプによって結構性格が似てますよね。
多少の違いはあれど、基本性格や境遇が似たタイプといいますか・・・。
水タイプなんて、進化したのはクラブオンリーですもんね。

炎タイプが一番進化率が高かったり、一番強調されてたりするのは、サトシのモデルが『レッド』だからというのもあるんでしょうね。

このパターンはこのパターンで面白いのですが、たまには水タイプだけどクールで暗い過去持ちとか、草タイプだけどお調子者とか、炎タイプだけどしっかりもののまとめ役、なんてパターンも見てみたいですね( ̄m ̄*)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/12/30 21:28】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>いちる様
何事もそうですが、『適度』が一番なんですよね。
ポケモン育てるのも同じで、愛を持って育てなければいけないけれど、甘やかしすぎるのではポケモンの為にならない。
だからといって、厳しいだけでは愛を感じられず、絆を繋げない事もある。
サトシみたいに、互いに適度な距離を保ちながら、甘やかす時は思いっきり甘やかし、いけない事をした時にはキチンと叱咤する事が大切になってくるんだと思います。
これはポケモンに限らず、実際の子育てや友人関係でもそうですよね。
互いに甘えてばかり、嫌味を言ってばかりではなく、言いたい事を言い合いながらも、しっかり愛を持って絆を繋いでいけるといいなと改めて感じました(^^)

コハルさん。
この子は、自分が嫌われたくないと思う人のご機嫌を取る事を何よりも優先してしまう性格なのかなと思います。
その為ならば、他の人が対象機嫌悪くなろうが仕方ない事だと思っているのかな、なんて。
失礼な言い方をすれば、ある意味判断力に欠けた方なんだろうな、と。

相手の顔色を伺う事は凄く大切な事ですし、もちろん出来ないより出来る方がいい事です。
しかし、相手の顔色ばかり気にして自分の意見を押し殺したり、間違った事をしてしまうようでは本末転倒になってしまうというもの。
彼女にはこれからの旅を通して是非、相手の顔色以外に、何が大切か、どうする事が正しいのかという『判断力』、そして間違った事を指摘する『勇気』を学んでいって欲しいものですね。

キバゴの悪夢。
申し訳ないくらい噴き出しました(笑)
いちる様が前回のコメントで注意してくださったというのに、我慢できませんでした。
いや、デントのあの喋り方だけなら我慢できたと思うんですよ。
魔道士の格好が・・・ね(笑)
あの格好が私の腹筋を見事吹き飛ばしてくださいました。
いちる様の仰る通り、夢というものは思いもよらない展開があったり、おかしな事になっていたりという事がよくありますが、キバゴのこの夢は本当にどこから突っ込んで良いかわからないくらい突っ込み所満載でしたね( ̄m ̄*)

ハトーボー。
私も彼女だけボールから出されてなかったのが物凄く気になってました!
他の子は皆出てましたし、彼女も最初から出してあげればよかったのに・・・(´・ω・`)

ツタージャ姉さん。
今回の彼女、本当にカッコよかったですよね!
ゴチムをクールに止めるあのムチさばき!
そして、最後のバトル後の不敵な笑み!
もー全てが素敵過ぎて、鼻血出してノックアウトでしたよ!
しっかりしたお姉様タイプなだけに、こういう叱咤役は彼女にピッタリですね(*´▽`*)
私もツルのムチで叱咤された・・・ゲフンゲフン(笑)

ズルッグ。
仰る通り、一番渦中にいたはずなのに、一番何が起こったか理解してない辺りが、まだまだ子供って感じで可愛いですよね( ̄m ̄*)
技的には大分成長してきましたが、こういう所を見ると、まだまだ子供なんだなぁという感じがして、思わずほっこりしちゃいますね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2012/12/30 21:02】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
サトシのポケモン達をタイプ別に分類してみると、草タイプは、しっかり者が多くピカチュウに次ぐポケモン達のまとめ役、水タイプは、進化しないものが多い上に、お調子者でトラブルメーカー、炎タイプはつらい過去を持つ者が多いが、努力家タイプと言えるのではないでしょうか。この三つのタイプ以外も分類してみても面白いと思います。
【2012/12/05 22:49】 URL | メタル #-[ 編集]
以前ポケモンの気持ちをないがしろにし必要以上に厳しいトレーナーは大嫌いだと書きましたが、
それとは逆にポケモンを甘やかすことがこんなにも恐ろしいことだったなんて知りませんでした。
平気でバルジーナ、シキジカ、ダルマッカを差し出そうとしたということは
この甘やかしはゴチム限定なんでしょうか?

バトルを受けさせるためとはいえサトシのバッジを贋作呼ばわりされたのはとっても悔しかったです。
ライモン行くならカミツレさんに聞いてみろ!と怒鳴りたくなりました。
しかもコハルが持っていた2つのバッジはベーシックバッジとビートルバッジだったので余計に悔しかったです。
アロエさんとアーティさんに勝ったってことですよね・・・。

キバゴの悪夢には突っ込みたくなりました。ゴチムとコハルの大きさがおかしいものの
上下関係としてはこっちが正しいと納得してしまったり、
サトシがバトルで負けたのにあっさりしてたりデントが変人だったりアイリスがしおらしかったりズルッグがあっさりさよならだったり・・・
夢とはときに理屈で説明できないものですが、この夢はどこから突っ込んでいけばいいのかわかんなかったです。
目が覚めた時はっとして呟いていたところと、肝心の2匹がいないことに気付いた時のリアクションも面白かったです。

いなくなった3匹を探しに行くシーンでハトーボーを出してましたが、
他の手持ちはみんなボールの外で寝てたのに何故彼女だけ出てなかったのかが気になりました。

今回もツタ姐様かっこよすぎました。
相手を小馬鹿にした笑い方でも彼女だと妙に決まってしまうのが不思議です。
でも、おかげでこっちもすっきりしました。

最後に、一応この騒動の渦中だったはずのズルッグが一番状況を分かってなかった、という落ちが良かったです。
いつの間にかキバゴとも楽しく遊べるほどに精神的に成長してましたが、ここはまだやっぱり子供ですね。
【2012/12/05 16:28】 URL | いちる #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2062-6b2bc593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。