おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
キュレムVS聖剣士ケルディオ
メロエッタ短編に続いて、ケルディオ長編の感想。

一番気になった部分は、もちろん某ソムリエの某発言でした(笑)


【キュレムVS聖剣士ケルディオ】


今回の主役は、『サトシ』ではなく、『ケルディオ』って感じでしたね。
まだまだ未熟者な主人公・ケルディオが、途中で出会ったサトシ達の力を借りて自分の犯した過ちの償いをする為に頑張り、その中で大切な事に気づき、成長していく・・・みたいな。
悪役が出てくる訳でもなく、小難しい謎解きがある訳でもなく、大きなどんでん返しがある訳でもない。
単純明快で分かりやすい、主人公ポケモンの成長物語。
そういう意味では、いつものポケモン映画と雰囲気が違ってて面白かった!

でも、シンプルだからこそ、賛否両論ありそうですね、今回の映画。
単純なお話を、王道ストーリーとして楽しめるかどうか。
もっと小難しいお話が好きという人にとっては、詰まらないと感じてしまうかもしれない。
個人的には、ポケモン達のこういう単純でシンプルなお話、結構好きでした。


・おぉ!ポケモン達が全国図鑑順に飛んできた!
・死ぬ気で私の嫁を発見しました。
・OPバトルは、サトシのピカチュウVSクリムガン。
・クリムガンのトレーナー、誰だったんだろ?
・個人的には、サブマスVSトウトウコンビを期待してました(笑)
・ケルディオ、早速登場!
・ビリジオンと特訓中なのか。
・草の声が聞けるとか、ケルディオスゲェ。デントといいお友達になれそう。
・ビリジオンさん、その頭から生えたでっかい角、何ですか?
・聖なる剣・・・あれが・・・あんな所から生えるんだ・・・。
・↑隠しきれない動揺。
・ケルディオも剣を出そうとするけど、不発。
・最後に使えるようになるんですね、分かります。
・お次は、テラキオンとの特訓。
・大岩に潰されたかと思ったら、普通に持ち上げた!テラキオンさんかっけええええ!
・テラキオンさんの剣もそこから出るのね。
・コバルオンにも特訓を挑むケルディオ。
・コバルオンの圧倒的な存在感が、とてもリーダー的。
・しかし、やっぱり剣の出る場所が気になる(笑)
・いや、3匹目までくると大分見慣れてきたっていうか、普通にカッコよく見えてきたけど。
・キュレムと戦って聖剣士になりたいというケルディオ。
・聖剣士という資格を取る為のテストが、キュレムと戦って勝つって事・・・なのかな?
・↑この辺が結局上手く理解出来なかった。
・3匹に止められたけど、ケルディオはこっそり一人でキュレムの元へ。
・それだけの自信があるというか、自分の実力を過信しちゃってるんだろうなぁ。
・威圧感たっぷりに登場したキュレム。
・高橋さんの低音ボイスも相まってめっちゃカッコイイ!
・しかし、私の中のキュレムたんは、氷タイプなのに寒くてプルプル震えてるような可愛いイメージでした(笑)
・ケルディオ「僕は聖剣士だ」
・ちょおおおおおお!言っちゃったよおおおおおおお!
・ケルディオはキュレムが作った氷のゲートをくぐってしまい、バトルスタート。
・気付いて追いかけてきたけど、間に合わなかった3闘達。
・圧倒的な実力差のケルディオとキュレム。
・やっぱり3匹の言うとおり、ケルディオにこのバトルは早かったのか。
・実力以上に思い上がる奴は自滅する(byグリーン@ポケスペ)・・・ですね。
・止めようとする3闘を氷漬けにしちゃったキュレム。
・ケルディオが挑んだバトルだもんね・・・。
・角を折られてしまい、恐怖に囚われ逃げ出すケルディオ。
・ポケモンの体の一部が欠けるというのが、何だかとっても恐ろしく感じた・・・。
・キュレム「勝負はまだ終わっていない」
・そっか、それでキュレムに追われる事になるのか。
・ここでようやくタイトルコール。
・こんなにも長時間サトシ達が出て来ない映画が、いまだかつてあっただろうか・・・(笑)
・きゃああああああ!冒頭で歴代ポケモン映画のカットが出てるううううううう!!!!
・興奮しすぎて過呼吸起こすかと思った!
・OP曲は『やじるしになって!』。まだCD買ってない時だったので、ここで初めて聞きました。
・列車に乗るサトシ達。
・はっ!バッフロンの群れがいるじゃない!2年連続映画登場おめでとう!バッフロン!
・はしゃぐポケモン達がめちゃくちゃ可愛い(*´▽`*)
・クールなツタージャ姉さんと、迷惑そうなエモンガにもニヤリ!
・3人で同じ雑誌を覗きこんでるのが可愛い!近い!近いよ君達!
・列車が大きく揺れ、サトシがアイリスへ突っ込んだ!
・きゃああああああああああ!ナイス!ナイスサトアイいいいいいいいいいいいい!!!!
・・・・と、大興奮した直後、アイリスがサトシを押し避け、今度はデントに突っ込むサトシ。
・ふおおおおおお!サトシがデントを押し倒したああああああああああ!!!
・しかも起きあがった体勢が・・・体勢がヤバイ・・・!何このデンサト!・・・いや、サトデン!?
・どっちでもいいけど、この流れがツボ過ぎて、思わず席から立ち上がりかけた。
・ところで、早くどいてあげて下さいデントさん、サトシさん。
・君達の下でピクピクしてる手だけ見えてるヤナップが超気になる(笑)
・3分の停車時間内に駅弁買おうと超真剣な3人。
・駅弁ソムリエってなんだよ!映画でまで新しい肩書増やすなよ!(笑)
・メトロソムリエとしての愛が、駅弁にまで及んだんだろうか・・・。
・ダルマッカ弁当可愛い!私も欲しい!
・マリン「もうかりまっか~ダルマッカ~♪」
・↑この歌も可愛い(*´▽`*)
・店に付いた途端、何やら語りだした駅弁ソムリエ。
・いいから早く買えや。時間ないんだろ(笑)
・弁当15個・・・ちゃんとポケモン達の分も入ってる!
・冷凍オレンの実が美味しそう。
・弁当15個全部サトシに持たせるんかい(笑)
・列車に乗り遅れたズルッグ。一生懸命走ってるよおおおおお!
・ツタージャ姉さんがツルのムチで無事救出。
・サトシがズルッグをぎゅうって抱きしめて「ごめんよ」って言ってる姿に凄いキュンとした!
・抱きしめ方が、本当に愛おしくて大切なものって感じがして凄く好き!
・逃げてきたケルディオが、偶然この列車(の屋根)に乗車。
・ケルディオを発見するサトシ達。
・サトシと並んだケルディオが、予想以上に大きくてちょっとビックリ。
・「キュレムが来る・・・!」と怯えるケルディオ。あぁ、トラウマになっちゃったのか・・・。
・・・・と思ったら、マジでキュレムさんがいらっしゃった!
・フリージオ達に捕まえて来いと命令するんじゃなく、自らおいでなさるんですね。
・キュレムの冷気で凍っていく列車に、なんだかちょっとした恐怖を感じた。
・トンネルのおかげで何とか難を逃れた一行。
・オババ様から聞いたキュレムのお話を思い出すアイリス。
・ゼクロム&レシラムと同時に生まれ、その両方の遺伝子を持つ最強のドラゴンポケモン・キュレム。
・しかし、ゲームではあんまり強いって聞かな・・・ゲフンゲフン(笑)
・ポケセンで無事回復したケルディオ。
・ジョーイさん、キュレムの住処まで知ってるのか。スゲェな。
・キュレムに襲われた理由を話すケルディオ。
・一番重要な部分はまだ抜けてるけど、ちゃんと誤魔化さずに理由を話すケルディオが偉い!
・逃げ出したとか、自分のせいで仲間が氷漬けになったとか、なかなか言えないよね。
・精神的にはまだまだ未熟だけど、素直な良い子なんですね!
・もちろん協力しちゃうサトシ達。困ってる子を放っておけない彼等の優しさが大好きです。
・その前に、腹ごしらえ。
・ようやくダルマッカ弁当試食。中身はサンドイッチなんですね。めちゃくちゃ美味しそう!
・海まで凍らせるキュレムの冷気。夏なのに、見てるだけで寒くなった。
・キュレム&フリージオからの逃亡劇スタート。
・このキュレム、自分の意思でホワイトキュレムにもブラックキュレムにもなれるんですね。
・他の子みたいに条件なしでフォルムチェンジ出来るってのが便利。
・アイリス&デントと逸れるサトシ&ケルディオ。何故そっちへ行っちゃった!
・蹄からハイドロポンプを噴射して空を飛んじゃるケルディオがスゲェ!何それカッコイイ!
・ポケスペのブルーのカメックスを思い出しますね!あれもカッコよかった!
・途中でケルディオに捕まりながら壁を走っちゃう超人サトシ(笑)
・サトシがガントル出したんですが・・・・・・・あれ?ダンゴロ・・・あれ・・・?
・凍った河をガントルに乗って横断。なんというガントルの有効活用(笑)
・地下鉄の使われてない路線を使って街から脱出する事に。
・地下鉄ってワードが出た途端、デントに物凄い期待を抱いてしまった自分がいた。
・鍵が掛かっていて開かない扉を蹴破るケルディオ。
・ケルディオ「これでいいのか?」 ←余裕の表情なケルディオがマジイケメン!
・ケルディオは可愛い系の子だと思ってたけど、なかなかどうしてカッコイイじゃないですか!
・しかし、これって器物破そ・・・いえ、何でもありません。
・鉄道博物館に通じていた路線。デント、さり気なくテンションあがってんな(笑)
・そこにあった飛行船を使う事に・・・って、それ、勝手に使っていいの!?
・飛行船を追いかけるキュレム&フリージオ。
・アイリス「残念でした!ここにいるのは私とキバゴだけよ!」
・ええええええ!?アイリス、飛行船操縦出来たの!?ええええええええ!?
・キュレムの冷気で凍りつき、飛行不可能となり墜落して行く飛行船。
・アイリスーーーーーーー!!!キバゴーーーーーーー!!!!
・このシーン、本気でアイリス&キバゴがお亡くなりになるんじゃないかと思ってかなりハラハラした!
・映画でそんな事ないと思ってはいたけど、尋常じゃないくらいアイリス&キバゴを心配しました。
・心配しすぎるあまり、うっかり泣きかけたからね(笑)
・アイリスが引き付けている間に、別ルートで逃げていたサトシ達。
・動きだすトロッコを追いかけるフリージオ&キュレム。
・今度はデントさんがおとりですか!
・トロッコを運転するデントがめちゃくちゃカッコイイ!
・その隣で放電しっぱなしなマッギョさん。そんなに放電しっぱなしで大丈夫か?
・トンネル付近にて、イワパレスが岩石砲発射!
・↑これを命令するデントがまたイケメンで、周りにバレないよう密かに悶え苦しんだ。
・キュレムの冷気で車輪が凍りつき、止まってしまったトロッコ。
・デントとマッギョしかいないのを確認し、何もせず去っていくキュレム。
・邪魔したのに何もしないで去ってってくれるとは優しいな。
・・・・アイリスの飛行船の止め方は、完全に死ねと言ってるようなもんだったけど。
・その間に、キュレムの住処を目指し、森(山?)の中を進むサトシ&ケルディオ。
・なんでこんなに助けてくれるのかという問いかけに対し、当然の様に「友達だから」と答えるサトシ。
・一度会ったら友達だからとこんなにも親身になってくれるサトシの優しさにキュン!
・ケルディオもきっとここでサトシにオチたに違いない。
・キュレムの住処に到着直前、あのトラウマ出来事を思い出し、恐怖で動けなくなるケルディオ。
・あんだけ自信満々に挑んでの、あの結果だもんね。
・恐らくケルディオにとっては、初めての挫折で、あの圧倒的存在感&角を折られるという圧倒的実力差。
・これはケルディオでなくてもトラウマになる・・・よなぁ。
・ケルディオ「やっぱり僕は行かない・・・」  サトシ「じゃあ、俺が代わりに行ってくる!」
・サトシいいいいいいいい!!!イケメン過ぎるだろサトシいいいいいいいいい!!!
・一瞬、何かを言いかけて、でも言わずに「俺が行ってくる」だけ言葉に出したってのがまた良いじゃない。
・きっとサトシは「ここまで来たのに!」とか言いかけたんだと思う。
・だけど、ケルディオを信じて言わなかった。ケルディオに、『自分で』覚悟を決めさせる為に。
・それこそが、ケルディオの為になると思ったから。
・短い間だけど、サトシはそれだけ親身に考えてくれてたんだと思うと、凄いキュンキュンした。
・氷漬けの3闘を発見し、早速救出にかかるサトシ達。
・あぁ・・・チャオブーさん、やっぱりアナタはサトシのポカブが進化した子だったのね。
・ガントル&チャオブーという、私が進化した事を知らない2匹を前面に押し出してくれるなんて(笑)
・そんなサトシ達を邪魔だとばかりに追いだそうとするキュレム。
・そこへ、ケルディオ登場!
・きっと怖くて堪らなくて、全てをサトシ達にまかせて逃げ出してしまいたかったんだろうな・・・。
・だけど、その恐怖に打ち勝って戻ってきたのかと思うと、もうケルディオを思いっきり抱きしめてあげたい。
・ホントよく勇気を出したよ!偉いケルディオ!
・サトシ「お前の事、信じてたぜ!」
・サトシいいいいいいいい!お前はもうっ・・・どこまでイケメンなんだっっっ!!!
・こんなにも迷いなくケルディオを信じてくれたサトシにキュン死にしそう・・・!
・素直に「聖剣士だと嘘をついた」と伝えるケルディオ。
・キュレムはやっぱり嘘を見抜いてたのか。そうだと思った。
・再びキュレムに挑む覚悟を決め、氷のゲートをくぐるケルディオ。
・そして、ケルディオは『覚悟の姿』に!
・このケルディオがめちゃくちゃカッコイイ!
・自分の為に、こんなにも必死になってくれる人達がいた。
・そして、こんなにも自分を信じてくれる人達がいた。
・それらに気付き、その思いに応えたいと心から思えた事が、ケルディオをあの姿にしたんですね。
・角の復活が、ケルディオの勇気の復活を表してるみたい。
・ところで、さっき足止め頑張ってたアイリス&デントだけど、この2人も無事合流したようで。
・アイリス、マジでヤバいんじゃ・・・と心配したけど、普通に飛行船で戻ってきましたね。
・あの飛行船も無事だった事に一番ビックリした。完璧に墜落してってたじゃない・・・。
・ちょうど湖に不時着して、氷が溶けたから再び飛んできたって事かな?
・なんにせよ、アイリスもデントも無事で本当によかった!
・再び始まるキュレムVSケルディオ。
・最初のバトルと違い、なかなかいい勝負!
・迷いがなくなった事が、ケルディオに強さを与えたんですね。
・この辺り、順番が大分曖昧なのですが、キュレムの技がぶつかり、コバルオン達も無事救出。
・サトシ達がどんなに頑張っても壊れなかったのに、キュレムさん一発ですか!
・キュレムとケルディオの戦いの風圧で飛ばされかけるピカチュウ。
・・・・を、即座にキャッチするサトシにめっちゃキュンとした!
・あと、ビクともしなかった帽子にビックリした(笑)
・徐々に劣勢になっていくケルディオ。
・それでも最後まで諦めないっていう覚悟の目をしてるのがいいじゃない。
・ケルディオ、この短時間で本当に大きく成長したなぁ。
・でも途中で、キュレムの技でケルディオが氷漬けになっちゃうんだよね。
・サトシ達も皆心配してて、もしかしてケルディオ負けちゃうの?・・・って感じになった次の瞬間でした。

・映画館に来てた子供達「ケルディオ頑張れー!負けないでー!!」

・↑この応援で米神さん、涙腺大崩壊(笑)
・なんなん・・・お前等その純粋さなんなん・・・。
・今年の映画は案外泣かなくて済みそうだな、なんて思ってたのにとんだ大誤算だよ。
・子供達の純粋さに見事に負けました。
・そして、スゲェピッタリのタイミングで、まるで子供達の応援に応えるかのようにケルディオ復活。
・なんなんだよこの計った様な神タイミング・・・どんだけ泣かせにきてんだよ・・・。
・どのタイミングだったか抜けてて申し訳ないけど、ケルディオは聖なる剣も見事習得!
・このまま一気に勝負を決めれるか!・・・と思ったら、キュレムさんの技がサトシ達の方向へ!
・「コバルオンさん助けてあげてー」って叫びかけた。
・勝負を投げだしてでもサトシ達を救ってくれたケルディオ。
・ケルディオがイケメンすぎるううううううううう!!!
・あの可愛い子がこんなにも成長しちゃって・・・と、何故か母親気分になった米神(笑)
・結局これが原因で勝負には負けちゃうものの、キュレムはケルディオを認めてくれたようで!
・キュレム「いい剣だ」
・↑もう泣く所ねぇだろって油断してたら、この一言で泣いた。
・キュレムさん・・・それはあかん・・・男前過ぎて惚れてまうやろ・・・。
・今年は泣かない予感ムンムンだったのに、結局2度にわたって泣かされてしまったぜ。
・キュレムが引っ込んで行こうとした途端、崩壊を始めたキュレムの住処。
・そうね・・・かなり大暴れしまくってたもんね。
・むしろ、今まで崩壊しなかったのが奇跡だよ。
・キュレムの住処なくなっちゃうじゃないどうすんのおおおおおお!?
・・・・って思ったら、めっちゃクールに凍らせて崩壊ストップさせちゃったキュレムさん。
・流石氷タイプ、こんな場面でもクールですね。
・氷が溶けたらまた崩れるんじゃ・・・と思ったけど、キュレムがいる限り凍ったままだから大丈夫か。
・最後は3闘&ケルディオで、聖剣士の誓い。
・「一人よりも二人~(以下略)」ってあの言葉が、今までのケルディオの冒険を思い出して心に沁みるなぁ。
・EDはローラさんの『Memories』。歌声がめちゃくちゃ綺麗(*´▽`*)
・ひゃっふううううう!!!3人の水着姿きたああああああああああ!!!!
・ありがとうございます!ありがとうございます!本当にごちそうさまでした(笑)
・元気よくはしゃぐサトアイも可愛いし、それを見守るデントも素敵(*´▽`*)
・出来る事ならもっと近くでガン見したかった(笑)
・何を話してたでもないのに、いきなり見つめあって笑い合うサトピカにキュン!
・え?何今の可愛いの!?なんでそんな素敵な事しちゃったの!?いいぞもっとやれ!
・そういえば、サトシ達、あの飛行船で街へ帰ってましたね。
・返す時、怒られたのかどうかとか、どう言い訳したんだろうとか、色々気になってしまった(笑)
・今回のロケット団の出番は、ウォーリーを探せレベル。
・列車の近くで見つけたけど、セリフとか何もなかったのが寂しいなぁ。
・ルギアの時みたいに、ロケット団とサトシ達が共闘するお話が見たい。
・来年はゲノセクト映画!
・これに関してはすでに色々続報が出てるけど、ケルディオ映画を見た時の感想なので、スルーしときます。


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/08/10 23:29】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<トルネロスVSボルトロスVSランドロス!(後半) | ホーム | メロエッタのキラキラリサイタル>>
コメント
>スモッド様
返信がかなり遅れてすみません(><)

この映画は確かに大人が自分を振り返ったり、子供に転んでも立ち上がる事の大切さを教えるのにピッタリの映画だったかもしれませんね。

一旦何かに躓いてしまうと、落ち込んでなかなか前を向けなくなってしまう。
また失敗するんじゃないかという恐怖。
先へ進もうとした時に、これ以上悪い事が怒るんじゃないかという不安。
しかし、それらを乗り越えた人にしか見ることのできない素晴らしい『結果』がある事を忘れてはいけないんですよね。
人生七転び八起きとは本当によく言ったものですね(^^)

私も落ち込んだ時、立ち止まってしまった時は、この時のケルディオを思い出し、もう一度立ち上がれる人間になりたいものです。

では、コメントありがとうございました☆
【2013/06/13 22:34】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
挑んでへし折られる、日常生きていたら誰もが何度も経験する事柄ですが。その上で自分の弱さを受け入れて
底から周りに支えられながら自分と向き合い立ち直り、そしてなお向かっていく。これらは社会に出てから
より表面化される出来事だけにキュレムを見て前半はあるあるって感じ取れましたし、後半はケルディオの強さン感銘を受けました。コバルオン・ビリジオン・テラキオンらの「何を学ぶか?」の名台詞然りサトシがケルディオより先に進もうとしたり、ケルディオの背中を押す周りがとても優れていますね、ケルディオの勇気は勿論こうして背中を押せる大人でありたい。うむこの映画って案外大人向きでもあるのかな?
【2013/04/15 08:28】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>AI様
ゲノセクト、1匹だけかと思いきや、4匹も登場するなんてビックリですよね!
一体どんなお話になるのか凄く楽しみです(^^)

アニメの方にもゲノセクト登場するんですか!
こちらも一体どんな風にサトシ達と絡んでくるのか気になる所です。

最後になりましたが、情報を書き込む事について、一つ忠告をば・・・。
教えて下さるのは大変ありがたいのですが、ご存じの通り、私はまだそこまでアニメを見ておりません。
なので、出来るだけネタバレになりそうな情報(ポスターの内容など)は避けて頂けると助かります(><)
ずっと気にしない様にしてたのですが、一時、何度注意してもネタバレをしてくる方がいらっしゃったもので、ちょっと敏感になってるんです;;
すみません(><)

では、コメントありがとうございました☆
【2013/01/27 00:32】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
今年の神速のゲノセクトでは
赤いゲノセクトが筆頭に4匹のゲノセクトが出るようで
それぞれ違うカセット持ちのようです。

またアニメにも先行登場するみたいですね。

ポスターにはサトシ、ピカチュウ、アイリス、キバゴ、デント、ヤナップの他に
カイリューやリザードンもいました
【2013/01/17 16:06】 URL | AI #N1FyqZVk[ 編集]
>いちる様
昨年の映画はまさに『ケルディオの映画』でしたよね。
仰る通り、これまではサトシ達主人公組の人間とゲストポケモンとでW主役って感じだっただけに、こんな風にサトシ達が完全補佐役に回るのはとても珍しく感じました。
でも、こういうのも面白い試みだと思いますし、新鮮でよかったです(^^)

ケルディオも予想以上に素敵な子で、ますます大好きになっちゃいました!
普段はどちらかというと可愛い系なのに、バトルとなるとあんなにも逞しくカッコよく見えるなんてズルイですよね。
そのギャップにキュンキュンしました(*´▽`*)

聖剣士。
3闘も本当にカッコよかったですよね!
皆大体想像してた通りの性格だったのですが、中でもテラキオンはまさに想像通りって感じのアニキ肌だったのが嬉しかったです(*´▽`*)
なんだかケルディオを中心に、皆家族って感じなのがまた良いですよね!
見てて凄く微笑ましかったです♪

やじるしになって!
この曲、本当にいい曲ですよね!
元気が良くて前向きで、聞いてるだけで頑張ろうと思えてくる凄く素敵な曲だと思います。
残念ながらまだOP映像は見れてないのですが、これだけの神曲ですし、きっと素敵な映像に仕上がってるんだろうと、今からワクワクしています(*´▽`*)

パッケージのネタバレについては・・・いっそあれだけ見事にやってくれると清々しかったです(笑)
でも、映画でチャオブーとガントルを見ておいた分、2匹分の衝撃が軽減しましたから、その点においてはよかったかな、なんて。
・・・それ以外の子に関する衝撃は計りしれませんでしたが(笑)

私が現時点で見終わったアニポケでは、まだガントルしか進化してませんが、いつ他のメンバーが揃うのか、凄く楽しみです!

駅弁。
私も最初は15周年にかけたのかなと思ったのですが、それにしたって買い過ぎだろうと思ってワザワザ計算したんです(笑)
15周年を意識してワザとそうしたのかもしれませんが、ピッタリポケモン達+サトシ達の総人数が15って何だか凄いですよね!

ズルッグ。
モンスターボールに戻せば・・・・・・同感です(笑)
私もボールに戻すという手があるだろうと、何度叫びかけた事か(≧m≦)
ああいう場面に直面すると、焦ってボールの存在をつい忘れちゃうんでしょうね。

映画館の子供達。
そうなんですよ!
皆さん行儀良くて、シーンと静まり返ってた中、突如響いた応援の声。
子供達は純粋ですから、魅入ってしまって、つい叫んじゃったんでしょうね。
今年は泣かないでいけそうだと思ってた所にとんだ涙腺崩壊の罠でした(笑)

では、コメントありがとうございました☆
【2013/01/17 00:02】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
私も今回の主人公はあくまでケルディオだったのが気になりました。
ポケモンはサトシとピカチュウと仲間たちの物語、というのが基本ですからちょっと新鮮でした。

聖剣士の3匹がカッコよかったです。
豪快なテラキオン、凛としたビリジオン、毅然としたコバルオン、それぞれ違うカッコよさでしたね。
特にテラキオンがやんちゃな兄貴って感じでお気に入りです。


OPの『やじるしになって!』はCD出てなかったので初めて劇場で2番を聞いてますます好きになりました。
そして列車の中でのポケモンたちもとっても可愛かった!
あと窓の外を飛んでいたモンメンとエルフーンが気になりました。
以前OPのCD買った方がいい、なんて言ってしまいすみません(>_<)まさかあんなネタばれジャケットだなんて知りませんでした。

駅弁ソムリエには私も突っ込みたくなりました。「それって普通のソムリエとメトロソムリエの延長線じゃないの?」と思いました。
15個ってポケモンたちも含めた数だったんですね!!そこに気付くなんてすごいです!!
私はてっきり15周年とかけているものだと思ってました
。実際にあるだるま弁当のイメージがあったので縦置きで中身も洋食だったのが意外でした。おかげでケルディオも食べやすそうだったけど。

ズルッグが置いてかれたのには焦ってしまいました。逆に何で忘れられてるの!?という驚きもありましたが。余談ですが、モンスターボールに戻せば済むのでは、というのは禁句でしょうか?

街のポケモンセンターで聖剣士たちの説明をする際の映像記録がなんかきれいで見入ってしまいました。

親を歩いている時のケルディオ、扉を開けた時はたくましかったのにサトシがお腹すいたと言ったときに「弁当もうないの!?」と言った時はさっきのたくましさはどこに・・・と思いました。
そしてそのあと、キバゴが「バゴゴ・・・」と言ってたんですけど、今までのアニメを見ている限りだと「ボクも・・・」と言ってると思うんですけどキバゴもおなか空いてたんでしょうか?

ガントルとチャオブーの進化、知ってしまいましたね・・・。
ガントルがカーリングのストーンみたいになっておりこれが正しい使い方なのかわからなくなりました。
私が最初にチャオブーの進化を知った時の感想は・・・以前行ったイベントで松本梨香さんが「ゲームではポカブを選んだけどサトシのポカブが進化するまでポカブのまま育てる」とおっしゃっていたのでこれで梨香さんのポカブも進化できる!!と思ってしまいました。

映画館の子どもたち、そんなに素敵なこと言ってたんですか!!そんな空間にいたなんて羨ましいです。
私は子どもたちは親御さんと話してるのがちらほら、というのがほとんどで内容は聞きとれず、という感じです。去年なんて内容は聞こえたものの「なんでデントだけ寝袋使ってるの?」でした(笑)

これからは4匹そろって聖剣士ですね!おっしゃる通り最初の台詞にプラスした感じがよかったですね。
【2012/12/31 21:47】 URL | いちる #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2066-a4e96f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。