おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
トルネロスVSボルトロスVSランドロス!(前編)
てっきりジム戦だと思ってたら、いきなり映画バリのスペシャル回が始まって動揺を隠せない。
なんかちょっとルギア映画とアルセウス映画を彷彿とさせるよね。


【トルネロスVSボルトロスVSランドロス!(前編)】


海の上であらぶる風。
雷雲の中に突撃するカメラワーク。
壊された遺跡に雷が落ちて・・・・・・という、物々しい雰囲気からスタートした今回。

あまりの壮大さに、一体何の映画が始まるのかと思ったじゃないですか。
雷雲の中の映像が流れた時なんか、セルフで脳内に映画のOPテーマが流れ出したからね。
あの奥からゼクロムが飛んできても、なんら違和感ないくらいの壮大さだった。
むしろ飛んでこなかった事に違和感を感じたくらいです(笑)

いやはや、前回の終わりでヤーコンさんが戻ってきたっていうから、勝手にジム戦だとばかり思ってたよ。
次回予告見れなかったのもあって、本当に衝撃的なスタートでした。


気になるヤーコンさんはというと、復活草が取れないので、ジムはお休みとの事。
今更だけど、サトシって本当にジム運悪いよね(笑)
流石トラブル運・ミラクル運・巻き込まれ運が常にMAX状態な主人公。

復活草を持ってきたらジム戦をしてやると言われ、復活草を探しに行く事になったサトシ達。
市場へ行ってみてビックリ。

チャールズさん、まさかの再登場。

てっきりあの回だけだと思ってたのにチャールズさん!
原作キャラが再登場する事はあれど、チャールズさんまで再登場してくれるとは!
結構ツボったキャラだっただけに、このサービスは嬉しかった(*´▽`*)

チャールズさんが知り合いに聞いてくれるも、やっぱり不足してるらしい復活草。
ヤーコンさんが動くくらいだもんねぇ。
かなり深刻な状況まできてるんだろうね。

仕方ないので、復活草が採取出来るという、ミロス島へ行ってみる事に。


ミロス島にて、復活草採取を生業にしているユウトさんに出会ったサトシ達。
ユウトさん曰く、ミロス島には守り神としてランドロスがいるという伝説が残っているらしい。
かつてトルネロスとボルトロスの戦いに巻き込まれ、ミロス島は危機的状況に陥ってしまった。
その戦いを止め、この土地を豊かにしてくれたのが、ランドロスなんだとか。
んで、それ以来復活草が採取できるようになったんだけど、最近急に採取できなくなった・・・と。
なんだかとってもアルセウス映画を思い出す内容ですよね。
内容は色々違うんだけど、ランドロスの立ち位置がなんとなく。
多分、本当はゲームでの設定をモチーフにしてるんだろうけど。

それにしてもこの島、パッと見、何も異変が起こってない様に見えるのが不気味ですね。
島民達も普通に生活してるし、草木が枯れてる様子は見られない。
しかしその一方で、復活草だけは枯れていて、草ポケモン達にも異変が起きている。
気付かないうちにじわじわと侵食してくる恐怖って感じが、凄くゾクッとする。


余談だけど、ユウトさんの所へ向かう途中、デントが「きついね・・・」って言ってたけど、きっと体力的にきつかったのはデントさんだけだったと思います(笑)
サトシは体力的に疲れたっていうより、予想以上に長い距離だったから、精神的に疲れてただけっぽいよね。
そして、やっぱり元気だったのがアイリス。
薄々思ってたんだけど、基礎体力はアイリスの方がサトシよりあるんじゃないだろうか。

ついでにもう一つ余談。
ユウトさんが持ってるポケモンが、ドレディアだのゴチミルだの、女の子系のポケモンばっかだった事に思わずニヤリというか、あらまぁって感じになりました。
そういう系の子を揃えたくなる気持ち、めっちゃ分かります(笑)
そこにラルトス系の子とか、ミミロル系の子とか、ムチュール系の子とかも是非入れたいよね。


話を戻して。
翌日、ランドロスの祠にて雨乞いの儀式をする事になったユウトさん&一行。
皆、草の束を1つずつ持ってる中、デントだけ2つ持ってた事になんかキュンとした。
ひょろっこくて体力あんまなさそうなのに何その男アピール!
くっそ!デントくっそ!

そんなこんんで早速始まった雨乞いの儀式。
デントの「アンビリーバボー!」に突っ込むべきかどうか数分悩みました。
そして、突っ込むのは止めようって結論に至ったけど、結局気になり過ぎて書いてしまった・・・。
くっ・・・不覚・・・!

儀式は滞りなく進み、上手く成功・・・・・・するかと思ったら、突如トルネロス登場!
アニメで見ると印象の変わるポケモンって多いけど、この子も印象結構違うなぁ。
おっさんおっさん言われてるけど、なかなかどうしてカッコイイじゃないですか!
・・・超はた迷惑なレベルで暴れてるけど(笑)


トルネロスの石碑に何かあったのかもという事で、皆で小島その1へ向かう時になるんだけど、「ここは僕に任せて!」と、一人残ってトルネロスを足止めする役を買って出たデントさん。
おいおいおい何そんなカッコイイ大役引き受けちゃってんの?
ジムリーダーの真の実力発揮しちゃうよってか?
もう!デントってばもう!何そのカッコイイ役割!
思わず歓喜の雄たけびを上げてしまったじゃない!
ポケモンじゃなかったら確実なる死亡フラグだけどな!(笑)

一つ気になったのが、トルネロス相手なのに、相性の悪いヤナップを選択した点。
最初は、もー何やってんのデント!いくらマイビンテージだからって!・・・と思ったんだけども。
よくよく考えたら、デントはトルネロスを倒そうとしてるんじゃなく、足止めしようとしてるんだよね。
もしかして、必要以上に傷つけない様、あえてヤナップにしたのかなぁ・・・なんて思い直した途端、こんな時でも滲みでるデントの優しさにぐおおおおおってなった。

デント関係でぐおおおおってなった所がもう一つ!
トルネロスとの圧倒的な実力差に、思わず舌打ちしちゃったデントさん。
・・・もう一度書きます。

デントの舌打ち。

あのデントが舌打ちですよ?舌打ち!
神田(@Dグレ)とか、そういうキレキャラなら分かるけど、デントですよ!?
あの穏やかで紳士的で物腰柔らかくてたまにおかしくなるけど基本的にいつもニコニコしてるあのデントが!
滅多な事じゃ怒ったりしないあのデントが!
もーもーもーカッコイイしワイルドだしカッコイイし凛々しいしカッコいいしデントオオオオオオ!
デントの舌打ち一つで完全に私の脳内は破壊されました。
お前の舌打ちは爆破スイッチか!


その頃、トルネロスの石碑に到着したサトシ達。
この石碑、トルネロス達を祀ってあるのかと思ってたんだけど、魔除けだったんですねー。
確かにあの伝説じゃ、ランドロスは島を助けてくれたけど、トルネロスとボルトロスは暴れただけだもんなぁ。

しかし、ロケット団が楔を破壊した為、トルネロス達は再び島へと舞い戻って来てしまった。
そして、再びあいまみえたトルネロスとボルトロスは、たがいに激突。
まさにあの伝説が今、再び再現されようとしてるんですね。
なんか本当に映画でやってもおかしくないレベルの内容だよなぁ。

それにしても、この2匹はなんで争ってるんですかね?
ゲームじゃ互いにイタズラして回ってて、ランドロスに成敗されたって設定だったけど、今回はどう見てもイタズラし合ってるとかじゃなく、言うなれば憎み合ってるって感じだもんなぁ。
縄張り争い・・・なんだろうか?


サトシ達は、トルネロス&ボルトロスの戦いを止めようと奮闘。
色々注目すべき点はあったんですが、とりあえず順番に。
まずはツタージャ姉さんは、なんといっても吹っ飛ばされた直後の避け方ですよね!

サトシ「ツルのムチで避けろ!」

サトシの腕にツルのムチ巻き付けて回避って!

何それ可愛いいいいいいツタージャ姉さんもサトシも可愛いいいいいいい!!!
思わず大文字にしてしまうくらいツボったよ!
自分の腕を利用しろとか一切言ってないのにこの示し合わせたかのような回避!
サトシとツタージャ、息ぴったりですね!

ドリュウズの登場も嬉しかった(*´▽`*)
中の人ネタで申し訳ないけど、トルネロスVSドリュウズって、中の人的にはノボリさんVSクダリさんになってるじゃないって気付いて、無性に悶えました。
ダメだ・・・サブマス回は終わったはずなのに、まだサブマスに惑わされてる・・・(笑)

そして、何と言っても今回一番の注目株だったのが、マッギョさん。
いや・・・ね、マッギョ登場は別にいいんだよ。
問題はその後だよ。

ピカチュウ on the 空飛ぶマッギョ。

確かにさ、マッギョならピカチュウの電気に痺れることはないよ。
でも、他にいたじゃない飛行要因。
ハトーボー姉さんがいたじゃない。
ピカチュウ乗せるのは無理だろうけど、飛ぶだけならエモンガちゃんもいたじゃない。
なんなの・・・アニポケではデントのマッギョ=飛べるってのが常識なの・・・?(笑)
マッギョも、さも当たり前かのような顔して普通に飛ぶしさ・・・。
なんなの・・・こうして突っ込んでる私のがおかしいみたいじゃない・・・(笑)


皆頑張るも、尚も止まらない2匹の戦い。
ユウトさんの提案で、ゴチミルの力を借りてランドロスを呼ぶ事に。
ランドロスを呼ぶのには巫女が必要で、その巫女役をアイリスがやる事になる訳だけ・・・ど。

巫女姿のアイリス、めっちゃ可愛い(*´▽`*)

民族衣装が似合いそうな子ではあったけど、まさかここまで似合うとは!
前に映画撮影でお姫様になったのもめっちゃ可愛かったけど、こういうのもいいですね!

で!で!このシーンの一番のポイントが、サトシとデントだよね!

無言なのに超笑顔。

これ、絶対見惚れてただろ(笑)
あまりの可愛さに、もう言葉も出ないくらい見惚れてたに違いない。
だってあの満面の笑みですよ?
もう見てるこっちが笑顔全開になるっつーの!
いいぞもっとやれスタッフ(*´▽`*)
アイリス大好きな2人が本当に愛おしい。


そして始まったランドロス召喚の儀式。
ゴチミルのサイコパワーがアイリスの言葉をランドロスに伝え、ついにランドロスが──────────

・・・って所で、前編終了。
分かっちゃいたけど、いい所で区切ってきますね。

そういや今回のロケット団はただ成り行きを見守ってるだけだったけど、予想通り、彼等の作戦はランドロスが出てきてからが本番みたいですね。
一体ここにどんな風にロケット団が絡んでくるのか。
そして、どんな風に収拾されるのか。

次回が楽しみです!


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/08/08 23:22】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<メロエッタのキラキラリサイタル | ホーム | デントとポッド兄弟バトル!バオップVSヤナップ>>
コメント
>スモッド様
巫女姿のアイリス、本当に可愛かったですよね(*´▽`*)
以前のゾロア映画回でのドレス姿もめちゃくちゃ可愛かったですし、アイリスは本当に色んな衣装が似合う子ですよね!
野生児と言われてるだけあって、普段はあまりあれこれ着飾ろうとしない子というイメージがあるので、そのギャップがまたいいのかもしれませんね(^^)

アイリスには是非またドレスアップしてほしいものです♪

では、コメントありがとうございました☆
【2013/04/12 22:05】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
巫女のアイリスが可愛い、仰る通りもともと民族衣装っぽい服なので会いそうだとは思いましたが、これほどまでに一致するとは、あの映画のドレスといいドレスアップしたら案外似合うのかも?
【2013/04/10 17:58】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>いちる様
ユウトさんのゴチミル、本当に可愛かったですよね(≧∇≦)
あの控え目で優しい性格に物凄くキュンとさせられました!
ホント、どこぞのゴチムさんに見習って頂きたいくらい(笑)

個人的に一番ツボだったのは、キバゴに励まされた時の照れたような表情でした。
仰る通り、好きな子に応援されてやる気を出しちゃうなんて可愛すぎますよね!
今回はきっとゴチミルに萌える為の回だったに違いありません(笑)

サトシ達。
伝ポケを倒さずに止めようとするあの優しさも本当に素敵でしたよね!
トルネロス達が暴れているのは、石碑が壊されたからであって、彼等のせいじゃない。
必要以上にポケモンを傷つけないようにとの思いやりが暖かいですよね(*´▽`*)
ああいう緊急事態ではなかなか出来ない事ですし、そういう意味でも彼等を尊敬です!

では、コメントありがとうございました☆
【2013/01/06 23:26】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ユウトさんのゴチミル可愛かったです!
サトシたちが訪問してた時は留守だったけどドレディアと並ぶもう一匹のパートナー。
持ってきたふっかつそうが枯れたときの申し訳なさそうな表情を見て思わず
「ゴチミルのせいじゃないよ!!」って言ってあげたくなりました。
そのあとの珍しい来客を興味深そうに見ていたところもなんか可愛かったです。
ところで、何気にゴチミルはアニメ初登場なんですよね。
進化形のゴチルゼルや進化前のゴチムに比べて出番が遅かったですね。

ランドロスを呼ぶ儀式にはゴチミルの力が必要だと言われても
とても自分にはできないとでも言いたげなゴチミルを励ましてくれるキバゴも可愛かったです。
それでやる気を見せちゃうゴチミルも素敵だった!

伝説と呼ばれているポケモンたちに立ち向かっていくサトシたちやポケモンたちもかっこよかった!
倒すつもりはないにしてもなかなかできることじゃないですよね。

今回の感想はほとんどゴチミルのことになってしまってすみません。
後編の感想も楽しみにしてます。



【2012/12/21 10:50】 URL | いちる #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2070-8ea12ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。