おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ミエナイモード = 心折設定
一応、予習なしで、自分の記憶だけを頼りに進めてみようと思ったのです、が。
2つ目のトンネルの時点で早くもその勇気はへし折られ、ホテルからはバッチリ1周目のプレイ日記読みながら、ルグレの出てくる位置を確認しながら進めました。

ヘタレで申し訳ない・・・ルグレが怖すぎて、自分の記憶だけでは無理でした。


【ナナシノゲエムプレイ日記13】


●アトフツカ(2周目)

ついにやってきました。
ミエナイモードをやる上で、一番心配だったミサキホテルステージ。
始める前から不安しか感じない(笑)


そういえば、あさひちゃんの絵日記見てて思ったんだけど、ミサキホテル行った後、朋花さんが殺されるまでスッポリ日記が抜けてるのは、お父さんがいない寂しさからだろうか・・・。
喜びにしろ、悲しみにしろ、自分の感情が大きく揺れ動いた時にだけ書いてるのだとしたら・・・と考えると、何だかますます切ない気持が込み上げてきました。

せめて湯谷さんがあんな狂った事しなければ、まだ少しは救いがあったかもしれないのに・・・。
何度考えても、湯谷さんがした事はガンジーも助走付けて殴るレベルですよね。


さて、大山教授の「おって向かう」発言に、嬉しい様な悲しい様な気持になりつつ、ミサキホテルへ向かいます。

まずは、とっても通りたくないトンネル×2本。
1周目でも突っ込んだけど、なんでここからスタートなんでしょうね。
廃ホテルへ行くってだけで十分恐ろしいんだから、わざわざ恐怖度アップさせなくてもいいじゃない。

この時点ではまだプレイ日記を読み返してなかったので、確か1本目のトンネルの真ん中に尾高ルグレがいたよなと思い出しながら、左端を通って奥へ。
見えないってったって、どうせこの辺りはルグレのいる場所把握出来てるんだし、怖がる事もないだろう。
さっさと通り過ぎてオサラバだぜ!

・・・と、油断しながらダッシュしてたら。

突如右耳のイヤホンに入ってきたルグレの吐息音。

最近、サイレン以外のホラーゲーム進めてなかったけど、サイレン以外で久しぶりに盛大に叫んだ(笑)
落としそうになったDSをなんとか持ち直しながら、急いでトンネルから脱出。
トンネルが記憶してた以上に長く感じて、42.195km完走した気分になりました。


1つ目のトンネルを抜けた先のバス停にて、理子ルグレとも遭遇。
・・・したはずなんだけど、理子は息遣い聞こえなかったな。
オバカ先輩・・・もとい、尾高先輩と違ってなんて優しいの!(笑)

・・・と、思ったら。
その先のお地蔵様が並んでる脇道で、後を追ってきた理子ルグレの吐息と足音にめっちゃビビりました。
そういや理子が追ってきて、横を通り過ぎてくんだった・・・。
すっかり忘れてたよ・・・。


早くもビビらされながら、2本目のトンネルに到着。
私の記憶だと、このトンネルは確か、出口付近にある灯台へ行く道から尾高ルグレがガシャーンって突撃してくるくらいしかルグレが出て来なかったはず。
よーし、安心してどんどん進むぜ!
確か、がれきで進めないから、右の扉に入るんだったな。

ブラーン(天井から逆さまにぶら下がるルグレ)

↑こいつ、ミエナイモードでも普通にバッチリ見えました。

こんなインパクトあるヤツを忘れてたとか、どんだけ記憶力ないんだよ私。
もうね、叫ぶどころの可愛い衝撃じゃなかった。
DS、リアルに放り投げたからね。
1周目だったら、どこで何が出るか分からず、常に緊張感を持って進んでる分、まだ救いようがあるんですよ。
驚く事に変わりは無いとはいえ、なんとなく精神的にね。
だけど、2周目でどこにルグレいるか把握してるつもりで余裕ブッこいてた最中の出会いはアカン。
本気で心臓止まるかと思った・・・orz

ちなみに、DSは上手い具合にクッションの上に落ちたので、無事でした(笑)


これでこそもう尾高ルグレ以外出ないだろうと思いながら出口を目指して進んでたのですが、途中でいきなり左横に理子ルグレが見えて、もう一度盛大に叫びました。
いやいやいや、こんな所に理子さん突っ立ってたっけ!?
アカン!さっきから私の記憶にない所でルグレが出てきてもうアカン!
ミサキホテルに入った後、もっとルグレが増える&それこそどこにいるか覚えてないってのに、今からこんなに驚かされてるようじゃ、絶対クリアまでこぎつけないよ!

・・・・・・よし、1周目のプレイ日記読み返そう(笑)


※ここから先は、プレイ日記を読み返しつつ、進めてます。


そんなこんなで、ようやくミサキホテルに到着。
ホテルに到着するまでに、早くも神経が衰弱しきった気がする。
ミエナイモード、怖すぎるだろ・・・。

主人公「こんな・・・廃墟に・・・誰もいるわけないじゃない・・・。」

代弁ありがとう(笑)
ホントさ、こんな廃墟見て、あさひちゃんがいると思う方がビックリだよ。
しかも、1周目と違い、今回はあんだけ徘徊しまくってたルグレが見えないという鬼畜設定付き。
ただでさえ懐中電灯の光部分しか見えないっていう鬼畜設定だったというのに・・・。

とりあえず立ち止まってても仕方ないので、最初の1歩を踏み出し・・・・・・1歩戻りました(笑)
この玄関ホールに、赤服ルグレが徘徊してるんだけど、ルグレの足音と吐息を頼りに進むしかないんですよ。
・・・・・・。
・・・・・・。

・・・無理に決まってんだろ。

いや、位置把握はなんとか出来るとしてもですよ。
見えなさ過ぎて、最初の1歩を進む勇気が全く湧いてこない。
さっきのトンネルで早くも心が折れていた為、しばらくスリープモードにして休憩したのは言うまでも無い。

このままクリアできないのでは悔しい事この上ない。
ので、勇気を振り絞り、ルグレの足音が遠ざかった隙に猛ダッシュで奥の扉をオープン!
いよっしゃあああああ!!!いけた!やってやったぞおおおおおお!!!
↑まるで全てクリアしたかのような喜び方。


しかし、まだまだ続く心折設定。

食堂を通り、厨房に入った所で左からルグレが来るのは分かってたんだけど、どうせ吐息と足音だけだろうと思ったら、思いっきり姿が見えてて、何故か謝罪しながら猛ダッシュで廊下へ。
何で見えるんだよお前は!
トンネルでのあいつもそうだったけど、見えた方がどこにいるか分かって安心ではあるけど、見えないと思ってる中、急に見える恐怖って計り知れないもんですよ!

でも、その後のお風呂場にいるルグレは、ある程度近づくと姿が見えたのには助かった!
全く見えない状況じゃ、それこそクリア出来ないだろうもんねぇ。

男湯ルグレが見える位置をキープしつつ、後を追って女湯へ移動。
この調子で女湯の赤服ルグレも華麗に交わしますか!
えーと、確か1周目は、プレイ日記に書いてないけど、廊下ですれ違う様に奥へ行ったんだっ・・・け?
記憶では赤服ルグレは左端を歩いてきたはずだから、右端を駆け抜ければいいか!
よし、作戦が決まった所で、足音を聞き、一直線に奥の扉へGO!

・・・したら、捕まりました・・・orz

しかも、リトライは玄関からスタートって・・・。
どんだけ人の心をへし折れば気が済むんですか・・・。


一旦休憩し、気合を入れて再スタート。
頑張って風呂場まできて、今度は赤服ルグレが風呂場に入ってきたのが見えたと同時に、入れ替わる様に廊下へ。
よし!今度は上手くいった!

廊下で追ってくるルグレは、姿や声を認識する前にダッシュで左へ。
102号室へ逃げ込み、赤服ルグレと再会した所で、ゲーム配信。
ゲーム内で大山教授が助けに来てくれた場面は、何度見ても感動ですね!(*´▽`*)

しかし、この後の大山教授の運命を考えると、本当に泣けてくる・・・。
KYメールしたり、一番大切な情報がめっちゃ遅かったりと、抜けてる所もあったけど、いい人だったのに。
そもそも、ゲームの呪いなんておかしい話をあんなに真剣に聞いてくれて、こんなにも親身になってくれるような奇特な人、そうそういないよね。
・・・大山教授・・・(´・ω・`)


大山教授の助けを借り、先へ進みます。
壊れた壁から隣へ移動し、ルグレに気を付けながら3階へ。
最初の食堂には2体のルグレがウロついてるので、個人的に、ここが一番の難所だと思ってたんです、が。

こいつ等もお風呂場のルグレ同様、ある程度の距離まで近づいたら姿が見えるじゃないですか!
よっしゃあ!これなら何とかなる!
ある程度の距離を保ちつつ、相手のルートを特定し、隙をついて奥の扉へ!

廊下に出ると、また右側からルグレ♂が追ってくるので、追いつかれない様に猛ダッシュ!
そして、最後の扉前にいる赤服ルグレと出会う前に、1周目でやったようにUターン。
追ってくるルグレ♂の脇を通り過ぎ・・・・・・

・・・ようとして捕まりました・・・orz

えぇ~・・・1周目はこれでなんとかなったじゃん・・・。
どうしろってのよ・・・。


今回のリスタートは、3階の食堂から。
さっきよりちょっと優しいですね(笑)

しかし、追ってくるルグレ♂の脇を通り抜けれないのならば、もう私に手は無い。
覚悟を決めて赤服ルグレに捕まるか、もう一回ルグレ♂の脇すり抜けにチャレンジしてみるか・・・。

・・・というような事を、ルグレの足音に注意しつつ、赤服ルグレに襲われないギリギリのところで迷ってたんですが、ルグレ♂の姿が見える前に、突如足音とルグレの気配が消滅。
・・・あれ?消えた?ルグレ♂が一行に来ないよ?
不思議に思って振り返ってみるも、赤服ルグレさんもいつの間にか消滅してた模様。

・・・やった!
よく分からんが、助かった!
まさかこれも大山教授の力だったりするのか・・・?


一安心した所で、奥の結婚式場へ。
そして、白骨化したあさひちゃんを発見。
白骨化したその姿はとっても恐ろしいんだけど、なんかもう、悲しさの方が勝っててちっとも怖いと思えない。
あさひちゃんはずっとここで、一人でお父さんの迎えを待ってたのかと思うと、本当に切ないですね・・・。

ゲーム配信後のあさひちゃんの日記がまたより一層切なさを醸し出してますよね。
「もう一度、パパとママと私とで朝日が見たい」
そんな小さな願いも叶わなかったのかと思うと、本当に胸が締め付けられる・・・。

これを見てると、EDを知ってるだけに、早く会いに行ってあげないとって気持ちになりますね。


BGMも変わった所でホテルを引き返し、トンネルへ。
大山教授からの不安を煽るメールを受け取りつつ、トンネルの入口へと到着。
へーい!大山教授!・・・いや、ルグレ教授!
出来れば追いかけっこをスタートする前に、ゲーム内で助けに来てくれた優しさを思い出してほしいな(笑)

そんな私の願いもむなしく、ルグレ教授との追いかけっこがスタート。
1周目でまさかの速さに驚愕したのを覚えてたので、スタートした直後から猛ダッシュしてやりました。
なんとか追いつかれる前に脇道へ逃げ込み、ゲームを受信しつつ、灯台への道へと到着!


『サイゴ ノ ヒ』


なんとかクリア出来ましたー。
2回目捕まった時は、もう完全に終わったと思ったよ(笑)

あと一息でクリア!
よし!最後まで気を引き締めて頑張りたいと思います!


スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2012/11/26 23:03】 | ナナシノゲエム | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<強制縛りプレイ | ホーム | 16個目のバッジ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2071-169c7cd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。