おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
トルネロスVSボルトロスVSランドロス!(後半)
遅くなってしまいましたが、3雲バトル後編の感想。
これ、やっぱ劇場版にしてもおかしくない内容だったと思うんだ。


【トルネロスVSボルトロスVSランドロス!(後半)】


ボルトロス&トルネロスの争いを止める為、ランドロスを召喚したサトシ達。
前回のお話を見終わった後は、ミロス島の守り神と言われているけれど、ランドロスもいきなり呼び出された事に腹を立てて、2匹と一緒になって暴れ出したりしないだろうな・・・?

・・・なんて考えていたのですが、この子はかなり物分かりの良い子だったようで。
ユウトさんから話を聞き、快く仲裁役を引き受けてくれた優しさにキュン!
ゲームでの設定通りというか、ミロス島の伝説通りというか、ランドロスはあの3匹の中で一番の常識人・・・いや、常識ポケモンみたいですね。
なんだか、ボルトロス&トルネロスのお父さんかお母さんみたい(笑)


んで、肝心の2匹の止め方はというと。

まずは落ち付いて話し合い。

思わず大文字にしてしまったけど、いやはやこの止め方にはビックリした!
てっきり、圧倒的パワーでフルボッコにして強制ストップかけるつもりだとばかり思ってたよ!
オカンが喧嘩してる兄弟2人にビンタ食らわして「いい加減にしなさい!」って感じにさ。
はー・・・そっか、話し合い・・・。
ランドロスはユウトさん達の話をキチンと聞いてくれただけあって、凄く理性的な性格なんですね。

しかし、問題児2匹は全く話を聞いてくれないようで。
話し合おうとするランドロスに対し、思いっきり敵対心ムンムンでバンバン攻撃!
今こそこの言葉を2匹に送りたい。
『ランドロスの爪の垢を煎じて飲ませたい』(笑)

この子達は3匹まとめて『3親父』って呼ばれてるけど、ランドロス以外の2匹は性格は凄く子供だよね。
見た目はおっさんっぽくても、精神的にはかなり幼いのかもしれない。
だから、暴れる時は周りの事を考えず、好き勝手暴れるし、ランドロスに注意されても聞こうとしない。
これが本当に小さな子供ならまだいいんだけど、この子達は『小さなパワー』じゃないのが困る所ですね。
ひとたび暴れようものなら、それこそ世界に影響を及ぼしてしまう。
でもきっと、彼ら自身はその重要性に気付いてないんだろうなぁ。
だからこそ、ランドロスというストッパーが必要になってくるんですね。


それにしても、ランドロス凄いな!
実質2VS1で戦ってるっていうのに、全く引けを取ってない。
どっちかっていうと、押してるような場面もあったもんね。
それだけ2匹に比べてランドロスの力は強大という事なんだろうか。
サトシ達の攻撃はあまり効いてなさそうだっただけに、よりランドロスの強さが伝わってきますね。

一方で、何も出来ずに祈るしかできないサトシ達に、『自然の猛威(3雲達の乱闘)の前にはどうする事もできない人間達の姿』を垣間見た気がして、少し恐ろしくも感じました。
ランドロス達って言わば自然の象徴だもんね。
その中でも、風、雷、大地っていう3大猛威とも呼べるものの象徴ってのが、また恐ろしさを演出してるよなぁ。


そんな中、3匹の戦いに巻き込まれ、大怪我をしてしまったキバゴ&ゴチミル。
キバゴおおおおおおお!!!ゴチミルたああああああん!!!
さり気なくキバゴを庇いながら倒れてるゴチミルに、思わずウルッときてしまった。
ゴチミル、キバゴの事大好きだったもんね。
ランドロスを呼び出す時もキバゴに励まされたし、キバゴに御礼をしたかったんだろうね。
この子、本当にいい子だなぁ。

戦いをランドロスに任せ、サトシ達は一時退却し、2匹を治療。
復活草が取れない状況だからどうするのかと思ってたけど、ユウトさん、予備の復活草持ってたのか!
備えあれば憂いなしとはよく言ったもんだなぁ。
3雲の乱闘=自然の脅威ならば、復活草=災害時の非常袋を表してるのかな?
普段から備えておくのは大事なんだよって言われてる気がした。
今回のお話は『自然の脅威』をテーマに動いてるっぽいしね。


2匹が元気になった所で、再び戦場へと戻ってきた一行。
3匹共大分疲労してきてますね。
それでも尚説得を続けようと頑張ってるランドロスさんにキュン!

しかし、ここでついに表舞台へ登場したロケット団。
3人の名乗りを聞くの、久しぶりだなぁ。
ロケット団ラジオでは毎回聞いてたけど(笑)

あ!ラジオで思い出した!
今更だけど、ライモン地下鉄事件でもそうだったように、最近はロケット団が名乗りを上げる時 = 大がかりな事件の実行時ってイメージが強くて、この名乗りが昔より遥かに重く聞こえる気がする。
DPまでのお笑いロケット団じゃないもんね。
やってる事が本当に『悪役』って感じでさ。
ラジオではDPまでの雰囲気に戻ってただけに、なんかこのロケット団見てると妙に寂しくなってしまった。
サトシ達と敵対してるのは変わらないはずなのに、今まで以上に距離感があるっていうか・・・。

ライモンシティに行くまでの間、ニャースと旅を共にしてたのも、そう感じる要因の一つかもしれない。
あの時のニャースは、何となくDPまでの雰囲気をまとってたもんなぁ。
シリアスロケット団には大分慣れたつもりでいたけど、やっぱりDPまでの彼等が恋しく感じてしまうのは、私が無印からのファンだからだろうか・・・。


話を戻して。
ロケット団はランドロス達3匹を光の檻で捕獲し、ゼーゲル博士のヘリで回収。
・・・あの檻、どんな科学力をもってすれば作れるんだろう(笑)

どうやらロケット団の狙いは、3雲達のゲットのみだったみたいですね。
3雲を使って今すぐどうこうしようって訳ではなかったのか。
ライモンの時といい、なんだか自分達の戦力強化を目標に動いてる印象を受けるなぁ。
結局シーズン2までにプラズマ団は出ないって聞いてるけど、いつの日か合いまみえるだろうプラズマ団との決戦の為に戦力強化したいんだろうか?

でも、その為の代償は本当に大きなもので・・・。
自分達の欲望の為に島の環境を乱し、ひいては世界にも影響を及ぼしてしまう(事になる可能性がある)とか、そりゃあユウトさんじゃなくても怒り心頭ですよ。
やむを得ない事情があったならまだしも、今回のは完全にロケット団の身勝手な事情が原因だもんね。
ポケモン達も自然環境も、自分達の勝手な都合だけでどうこうしていいものじゃないんだよね。


ランドロス達を助けるため、総力戦で檻を攻撃するサトシ達。
しかし、一体どんな科学力を使っているのか、全くビクともしない光の檻。
あー・・・そうですよね、DPまでのロケット団が作る檻だってかなりの強度だったもん。
ゼーゲル博士が加担して更に軍資金が出るようになれば、これくらいの檻、楽勝に作れそうだよ。

しかも、ここでアイキャッチにいくもんだから、今度こそやられたんじゃないかとかなりハラハラした!
檻も壊せない。ロケット団はヘリで逃げる。こりゃもう完全に終わったな、と。
そう思ってたのに・・・さ。

デント「檻を攻撃してもダメなら、レーザーを発している場所、つまり、本体を狙えばいいんだ!」

ダンゴロのラスターカノン、エモンガのめざめるパワー、ヤナップのソーラービーム、キバゴの竜の怒り、ピカチュウの10万ボルトがヘリを一斉攻撃!

そして、レーザー発生装置、あっけなく破壊。

解放されたランドロス達に安心しつつも、なんだか無性にロケット団に同情してしまった自分がいた。
恐らくかなり時間をかけて作戦を練り、下準備をし、石碑を壊し、ようやく行動に移しただろうっていうのに、実際にランドロス達をゲットしてた時間の短さったらもう・・・。
あのままランドロス達が攫われても困るんだけど、ちょっと成功時間短くないかい?
彼等のここ数日の頑張りが、ほんの数分でパァになったのかと思うと、本当に同情せざるを得ない(笑)

でも、ムサシのセリフ的にはまだ諦めてないっぽかったよね。
って事は、もしかしてこの3匹、また狙われる事になるのか?


無事ロケット団の野望を阻止した所で、再びバトルを始めちゃった3匹。
おいおいおい、今の話聞いてただろ2匹共!
これは全てロケット団の・・・・・・って、そっか。
彼等にとってはロケット団もサトシ達も、同じ人間だもんね。
彼等の認識では、『人間が自分達の石碑を壊し、自分達を呼び寄せた』くらいにしか感じてないのかも。
だから、ロケット団のせいだろうが、サトシ達が関係なかろうが、どっちでもいい。
とにかく暴れたいのに止めようとする人間たちもランドロスも邪魔だ、みたいな。

オマケに、困った事にランドロスさんが脱出の際に怪我をしてしまったようで・・・。
怪我しても尚、おかまいなしに攻撃しちゃう2匹に向かって、本気でやめろおおおおって叫びたくなった。
彼等はもう少し状況判断能力を付けるべきだよね(笑)


しかし、ユウトさんが持っていた最後の復活草を使い、ランドロスが復活!
ユウトさんが復活草を持ってきて、ゴチミルがそれをランドロスに渡すって流れがいいじゃないいいじゃない!
まさに伝説通り!
こういう流れは王道パターンでよくある話だけど、凄く大好きです。

あと、体力回復したランドロスの2匹の説得の仕方も良かった!
冒頭で私が予想してた通り、圧倒的パワーでフルボッコにしだすから、あぁ・・・やっぱりそういう方法になっちゃうのね・・・なんて思ったら、2人の動きが止まった隙に話し合いに持ちこんじゃうとは!
力で抑えつけるのではなく、キチンと状況を説明し、理解してもらった上で説得する。
暴力ではなく、話し合いで解決しようとする姿勢が凄く共感できる!
いつの時代も暴力で解決しようとする人はいるけど、それだけじゃ誰も付いてきてくれないんだよね。
話し合って、お互いの事を理解しようとするからこそ、新しい1歩を踏み出す事が出来る。
無駄な争いをしてる人達にこそ是非見て何かを感じて欲しいワンシーンですね。


ミロス島を再び復活草の生える豊かな土地に戻す時に、実はランドロスだけでなく、トルネロスとボルトロスの力も豊かな土地を作るのに必要だったって分かるのが素敵!
トルネロスの雨風、ボルトロスの電気、ランドロスの土。
全てが自然には大切なもので、どれか一つが欠けてでも、豊かな土地は生まれなかった。
自然とポケモンと人間。
微妙なバランスで保たれているそれらの関係は、ちょっとした事で崩れてしまうけれど。
その微妙なバランスを、お互いに支え合う事が大切なんだと改めて知る事が出来たお話でした。

今まであんなに戦ってた3匹が、最後の最後で力を合わせるというのがまた良いですね!

床にふしていたドレディアやモンメン達も元気になったようで本当に良かった!
くるくる踊るドレディアがめちゃくちゃ可愛い(*´▽`*)


ランドロス達のおかげで、無事復活草を持ち帰る事が出来たサトシ達。
これでようやくジム戦が出来ますね!

ホドモエジムにはミジュマル、ツタージャ、ダンゴロで挑むのか。
何やらダンゴロが進化するっぽい感じだったけど・・・。
無事にバッジをゲット出来るのか、どんなバトルになるのか、凄く楽しみです!


スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2012/08/11 23:09】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<ご報告 | ホーム | キュレムVS聖剣士ケルディオ>>
コメント
>スモッド様
今回のお話は仰る通り、環境がいかに大切なものであるか、人間による環境破壊がどれほどの影響を及ぼしているかをテーマに描かれてた様に思います。
そもそも、地球に水があり、空気があり、植物や生物が生まれた事は奇跡的な事であるのに、その微妙なバランスで保たれている『自然』を、そこに生きている私達自身の手て壊してしまっている現実。
その問題について、深く考えさせてくれる素晴らしい回でしたね。

私達一人一人の力は小さいけれど、その小さな事から、自分のやれる範囲で環境保全に努めていけるといいですね(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2013/06/13 22:56】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
仰る通りこれは自然をテーマにしていますね、最後に力を合わせてミロス島を元に戻していく過程はまさにそれを象徴させる展開でした、つまりロケット弾が行ったことは私利私欲でその環境を破壊してしまうこと。普通に考えれば「許さない」で終わるでしょうが、よくよく考えれば人間の行いで環境が変化しているのは今本当に起きていること。絶妙なバランスで成り立っているこの環境が崩れかけている。それをテーマにしているのかな?

そのロケット団緻密に練った作戦があっさりと撃沈し確かにお気の毒(余談ですがポケモンバトルしていたら
練った計画が数分で崩れるのはよくあることです(´・ω・`) )
【2013/04/15 08:41】 URL | スモッド #LkZag.iM[ 編集]
>スイーナ様
まずは、お褒め頂き、本当にありがとうございます!
こんな稚拙なブログでもちゃんと楽しんでいただけているのだと思うと、本当に幸せです(*´▽`*)

そして、ご指摘もありがとうございます!
スイーナ様の突っ込みに大笑いしました(笑)
ホント、ボルトロスもう一匹召喚って、完全にトルネロス沈める気だとしか思えない所業ですよね( ̄m ̄*)
一体トルネロスに何の恨みがあるというのか(笑)

記事の方は早速修正させていただきましたm(__)m
また何か見つけましたら、どしどしご指摘して頂けると助かります(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2013/01/27 01:49】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
どうもー。このブログのポケモン関連を全て見るために手当たり次第観覧させていただいています。スイーナです!

いやぁ、あの回はすごかったですよね。
ロケット団は私も同情しました。レーザーは完璧だったのに。

さて、私の大好きなおもしろくてわかりやすいこのブログですが、一つ突っ込ませてください

ボルトロス&トルネロスの争いを止める為に、ボルトロスを召喚………


…ボルトロス召喚してどうするんですか(汗
トルネロス負けますよ(汗



……それではまた。絶対どこかにコメントするので。(多分1度に2、3個ペースで)
【2013/01/17 23:45】 URL | スイーナ #4dJXDWew[ 編集]
>いちる様
都心部ではこのお話が2011年最後だったんですね!
人間とポケモン、人間と自然、自然とポケモン。
それぞれが同じ星で共存し、影響し合っている事、その重要性について描かれた今回のお話。
映画にしてもおかしくないほどの素晴らしさでしたから、仰る通り、まさに締めくくりに相応しいお話ですよね(^^)

ユウトさん。
復活草が取れないって言ってる中、あんなにもあっさり予備の復活草を差し出すなんて本当に凄いですよね。
キチンと状況に合わせて正しい判断の出来る、そんなユウトさんだからこそ、ランドロスもあれだけ親身になってくれたのではないかなぁ、なんて思います。

ロケット団。
彼等はやってる事はかなり壮大で凄いんですが、最後の最後でやらかしてますよね(笑)
シリアスになってもそういう詰めが甘い所は相変わらずなのに、何だかちょっと安心感を覚えてます( ̄m ̄*)
厳密に言えば、ロケット団の3人っていうより、機械を作ってるゼーゲル博士のミスですけどね(笑)

ラスト。
ゲームでは描かれなかったアニメオリジナルの神話を見せてくれたのがよかったですよね!
ランドロスだけでなく、トルネロス、ボルトロスもいて、初めて豊かな土地になる。
ポケモンの神秘さと、自然との繋がりの深さを改めて知る事ができた気がします。

では、コメントありがとうございました☆
【2013/01/17 00:13】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
TV東京系では2011年最後の放送だったのでそれにふさわしい内容でした。

予備のふっかつそうはとても貴重なもののはずなのにそれをすぐに出せるユウトさんが素敵でした。

ロケット団のマシーンは以前のライモンの件でも思いましたが、ちょっと詰めが甘い感じですよね。
まぁ、圧倒的な悪の力を見せつけられても困りますが。

ゲームの神話ではランドロスが他の2匹を懲らしめて、という感じでしたが、
思ったより平和的に終って本当に良かったですね。

次回は見どころ満載なので心の準備をお願いします。
【2013/01/01 13:37】 URL | いちる #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2074-568db1fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。