おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
フキヨセジム!VSフウロ空中決戦!!
先日アップした黒白プレイ日記で、白ではまだアロエさんに勝ってないと書いてたけど、さっきようやく白でもアロエさんに勝つ事が出来ました!
いやぁ強かった。
アロエさん・・・もとい、ミルホッグさんのトラウマっぷりは本当に半端ないですね(笑)

これで黒白が一段落するまではと自重してたアニポケ感想が書ける。


【フキヨセジム!VSフウロ空中決戦!!】


前回、フウロちゃんの考案したエアバトルに異論を唱えたデント&サトシ。
そして、ジムリーダーとはなんたるかを教える為、バトルを挑んで惜しくも負けてしまったデント。

正直、デントが負けてしまって、皮肉にもフウロちゃんのエアバトルが正しいと証明してしまう形になったもんだから、サトシの挑戦は受けるつもりないだろうなぁと思ってたんですよね。
だから、一体どうやってバトルさせるのかと思ってたんですが・・・まさか今まで見学してたトレーナー達が「バトルを見たい」と後押ししてくれるとは!
やっぱ皆、エアバトルより本物のバトルを望んでたんだなぁ。
前回、誰も文句言わずに列に並んでたし、バッジ貰って喜んでる人もいたもんだから、案外エアバトルのがいいと思ってる人多いんじゃないかと心配してたんだよね。
いやはや良かった良かった!

中でも何が一番良かったって、これだけのトレーナーの心を動かしたのは、間違いなくデントだって所ですよ。
デントとのバトルがあったからこそ、皆もっとフウロちゃんのバトルを見たいって思ったわけでしょ?
デントのバトルは無駄じゃなかったんだと思えて、それだけで前回のショックが吹っ飛んでいきました!
こうして見ると、デントはサトシとフウロちゃんを繋ぐ、一番大切な役割を果たしていたんですね。
前回感想には自重して書かなかったけど、画面の前で思いっきり「スタッフてめぇ何デントを噛ませ犬役にしてんだコノヤロウ」とか叫んで本当にすみませんでした(笑)

あと、デントが予想以上に落ち込んでなかったようで、ほっと一安心。
前回のバトル終了後、一回も画面に出ないからかなり落ち込んでるんではないかと凄く心配だったんですよ。
しかし、予想以上にどころか、予想を二周り上回ったくらい普通に画面に出てきたな。
折角だから落ち込みデントももうちょっと拝みたか・・・ゲフンゲフン(笑)


何はともあれ、フウロちゃんと無事バトル出来るようになったサトシ。
バトルは翌日との事で、一旦ポケセンへ戻ったんだけど・・・・・・

突然のアイリスの生足膝枕に目玉がぶっ飛びガールでした。

ふおおおおお!ふおおおおお!キバゴそこ代わ・・・ゲフンゲフン!
どこ世代を狙ったサービスショットですかこれは!

しかも、その直後に映し出されたサトシもサトシで、逆さまになって考えてるかと思ったら腹チラしてるしさ!
デントはデントでいつもピシッとしてるのに、寝巻になった途端結構なくつろぎポーズしてるしさ!
あざとい・・・この子達本当にあざとい・・・。
本当にありがとうございます。


逆さま腹チラで何してるかと思えば、サトシはどうやら明日の作戦を練っていたらしい。
サトシの明日の手持ちは、ワルビル、ハトーボー、ピカチュウの3体。
何か考えがあってこの3体を出したのかと思えば、単なる勢いだったようで。
まさにサトシらしいチョイスですね(笑)

『フウロさんの想定にないもの=根性』で頑張ると気合を入れるサトシ。
アイリスとデントはずっこけてたけど、実はこれが一番大切な事なんだろうなぁ。
フウロちゃんの脳内バトルでは相性や巧みな技構成はあっても、恐らくサトシの様な奇抜な作戦や根性論は存在してないんじゃないかと思うんだよね。
サトシがフウロちゃんのペースに巻き込まれず、サトシらしいバトルをする事。
計画的なバトルで勝つよりも、こっちの方が今のフウロちゃんには必要な気がします。


そんなこんなでバトル当日。
サトシがせりあがってくる床でちょっと飛び出す様に登場するもんだから、あぁ人間大砲が出来ない代わりに、ちょっとでも大砲気分を・・・って事ね!
ふふっ、スタッフたら粋な事してくれちゃって。

・・・と思ってた次の瞬間。
突如床下からせりあがってきた大砲。
そして、大きな音と共に「ぶっ飛び~!」と言いながら飛び出してきたフウロちゃん。

わぁ!人間大砲じゃないですかぁ!

・・・・・・いやいやいや!思わず和みかけたけど何だこれ!
うふふ気持ち良さそう!とか言いかけたけど、何やってんですかスタッフ!
アニメで人間大砲再現とか、一体誰が予想してると思ってんですか!
スタッフのおふざけに慣れてるはずの視聴者ですらこれは予想だにしてなかったよ!
しかしその一方で、アニポケスタッフならこれくらい余裕でやってくれる気すらしてる自分もいる。
だってDPでオーバコスの女の子ブッ込んできたり、最終回にオーバ出したりするくらいだもん(笑)


さて、バトルの初戦は、ワルビル(サトシ)VSココロモリ(フウロ)。
ワルビルは初めてのジム戦ですね!
この子はかなりの実力だし、ストーンエッジも持ってるので、なかなかいい勝負するのでは?と思ってたんだけど、ココロモリにストーンエッジを跳ね返され、結構あっさりダウンしちゃったのが残念。
穴を掘るで相手の攻撃をかわし、隙を突いてストーンエッジってのは良かったんだけどなぁ。
でもまぁ、相性も悪かったし、初めてのジム戦にしてはなかなか良い動きしてたんではないかと思います。
これから旅する中でどんどんバトルに慣れてって、今度こそ活躍してくれる事に期待!


代わりにサトシが繰り出したのは、今回一番の注目株・ハトーボー!
今回一番の注目株だからか、ハトーボーの戦闘はいつも以上に気合が入ってた気がする。
空中戦っていつもカッコいいけど、こんなスピード感あったっけ?って思うほどスピード感半端なかった!

その素晴らしいスピードを活かし、ココロモリを無事撃破したハトーボー。
観客の歓声がわき立ってるのがいいですね!
さっきココロモリがワルビルを倒した時は歓声なんて上がらなかった事を考えると、皆サトシを応援してるのか。
皆、フウロちゃんにはここで負けてもらって、普通のバトルをするようになってほしいんだろうなぁ。

しかし、この負けもフウロちゃんにとっては予想の範囲内だったようで。

フウロ「世の中意外な事って、意外なくらい起こらないものなのよね」

↑なんか、このセリフこそがフウロちゃんがエアバトルを始めた真の理由な気がした。
前回の感想でもちょっと書いたけど、フウロちゃんにとって今までのバトルは、ほぼ自分の予想通りの展開、予想通りの結果ばかりだったんじゃないかと思うんですよ。
そうしていつしか、デンジみたいに、そういうバトルが詰まらなく感じるようになってしまった。
だからフウロちゃんは、ジムリーダーとしてバトルする時間よりも、自分の趣味である飛行機の方に情熱を注ぎたいと考えるようになってしまったんじゃないかな、なんて。

うーむ・・・フウロちゃんのジレンマが自分の持ってるジレンマと似てて感情移入してしまうのと、何となくデンジを思い出す展開なのとで、ついフウロちゃんの過去について真剣に考えてしまう(笑)


さて、フウロちゃんが2体目として出したのは、ケンホロウ。
ハトーボーの進化系だからか、はたまた、ハトーボーに疲れが残っているからか。
なんだかハトーボーより一周りも二周りも強く感じますね。
さっきはスピードで勝ったけど、今度はハトーボーが振りまわされてる感じ。

フウロちゃんに「奇跡は起こらない!」と言われ、ハトーボーを一旦戻した時のサトシが凄く悔しそうだった。
何とかココロモリは倒せたけど、ここまでフウロちゃんの予想通りの展開だもんなぁ。
フウロちゃんと虚を突いてるようでいて、フウロちゃんからしたらまだまだ全部予想の範囲内なんだよね。
フウロちゃん、強いな。


ハトーボーの代わりにフィールドに出たのは、ピカチュウ。
ギリギリまで引きつけてからのアイアンテール → エレキボールの流れ技は流石ですね!
相性がいいとはいえ、あっという間にケンホロウを倒して見せたピカ様がとっても頼もしい(*´▽`*)

とはいえ、この展開もやっぱりフウロちゃんにとっては予想内。
「ちょっと面白かったよ」なんて言ってたけど、そこまで心に響く何かがあった訳ではないんだろうなぁ。
デント戦の時も思ったけど、フウロちゃんは一体どこまで予想しちゃってんだろう。
なんとなくだけど、バトルが進むにつれて、サトシの良さも出てきてるけど、それに比例してフウロちゃんの「やらなくても結果が分かる」は口先だけじゃないという事がどんどん証明されてってる気がする。


フウロちゃんの最後のポケモンは、もちろんスワンナ。
相性では断然ピカチュウが有利だし、電気技で一気に攻め落としたい所だけど・・・も。

アクアリングで電気技弾いちゃうってどゆこと?

ちょっ・・・デント戦の時もそうだったけど、アクアリング万能すぎやしませんか?
前回は火傷治しちゃって、今回は電気技全部弾いちゃって。
こんだけ出来りゃあ、麻痺ったり毒になったりしても直りそうだし、他の技も全て弾いちゃいそうじゃない。
もうこれ一つ持ってりゃ何でも来いじゃないですか(笑)

ちなみにこのチート技、編み出したのはフウロちゃんではなく、お祖父さんであるマイルさんらしい。
何凄い技編み出してんですかマイルさん。
この技だけでマイルさんがどれほど凄腕トレーナーだったのかがよーく伝わってきたよ。

それにしてもフウロちゃん、マイルさんのジム戦の記録全部見て勉強してたとは!
やっぱこの子、ジム戦が面倒な訳ではないんだろうなと思えるエピソードですね。
これは私の勝手な予想だけど、フウロちゃんは実は物凄くバトルが大好きだったんじゃないだろうか。
それこそ、飛行機で飛ぶのと同じくらい。
強い相手といい勝負をするのが大好きで、だからジムでもより沢山の人とバトルしたいと思ってて。

しかし、いつしかバトルは自分の予想通りの展開ばかりで詰まらなく感じるようになってしまった。
バトルへの情熱が薄れると同時に、『より沢山の人とバトルをしたい』という気持ちも、『沢山の人が来てくれるんだから、より沢山の人をさばかねば』みたいな使命的な感情に変化してしまった。
だから彼女は、『エアバトル』を選んだのではないかな、と思いました。

これについてはもうちょっと考察があるんだけど、続きはバトル終了後辺りで。


さて、予想外の展開で電気技を封じて見せたフウロちゃん&スワンナ。
でも、これで終わりじゃないのがサトシの持ち味なんだよね。
中に浮かんだ輪を足場に、電光石火でスワンナに突っ込んでいく作戦は流石!
このフィールドを上手く活かした戦法はサトシならではですね!
何も言わなくても理解し、すぐに行動に移せちゃうピカチュウも素敵(*´▽`*)
この二人は本当に言葉がいりませんね。この熟年夫婦め!

残念ながら電光石火の当たりは浅く、スワンナからバブル光線&暴風&ブレイブバードというフルコースを受けてしまい、ピカチュウは惜しくもここでダウン。

・・・かと思いきや、ピカチュウが一度立ち上がるんだよね。
でもサトシが「もういいんだ」って止めて、戦闘不能って事になって・・・。

この時のフウロちゃん、今までで一番動揺してた気がする。
フウロちゃんにとっては、あのフルコースでピカチュウは完全にダウンさせたはずだった。
しかし、ピカチュウはまだ立ち上がろうとした。戦おうとした。
この『根性』は、ピカチュウとサトシの絆があってこそのもの。
上でもちょっと書いたけど、これこそが、フウロちゃんの『想定にないもの』なんだろうね。


その根性論・・・トレーナーとの絆を今回一番見せてくれたのは、サトシの最後の1匹・ハトーボー!
最初こそ押してみせたものの、やっぱりスワンナは強くて、暴風で飛ばされ大ピンチ!・・・という所で、

ハトーボー、ついにケンホロウに進化!!!

きたあああああああ!姉さん進化きたあああああ!!
進化シーン、めっちゃカッコイイ!!
進化するのは分かってたけど、思わず鳥肌が立ちました!
倒れてギリギリの状態からの進化!
お約束の展開だけど、やっぱこういう展開は燃えますね!

ケンホロウ♀、めちゃくちゃ美しい・・・ほぅ・・・(*´▽`*)
ケンホロウは♂と♀で対になってるイメージがあります。
♂は派手なカッコよさ、♀は静かな美しさ。
どっちが好きかっていわれると選べないくらいどっちも大好きです。

あと、ここで図鑑説明が入って「♀の飛行能力は♂を上回る」って言った瞬間に、もう一回鳥肌立った。
その事自体は最初から知ってたから驚きはないんだけど、なんていうか・・・サトシのケンホロウは♀じゃない。
つまり、さっきのフウロちゃんのケンホロウ♂より飛行能力があるって事じゃない。
さっきフウロちゃんのケンホロウ♂の強さを見た後だからってのもあって、サトシスゲェポケモンゲットしちゃったぞ!みたいな感覚になって、凄くゾワッときた。


そして、期待通り・・・いえ、期待以上の素晴らしい空中戦がスタート!
フィールドを飛び出し飛び回るケンホロウとスワンナの攻防はまさに圧巻!
自由に空を舞う2匹がもう美しすぎて、カッコ良過ぎて、ずっと鳥肌立ちっぱなしだったよ!

フウロちゃんもバトルの楽しさを思い出したようで、途中からかなりあらぶってましたね。
「いけいけスワンナ!」なんてノリノリで応援しちゃってるし。
・・・私は画面の前でそれ以上にあらぶってたけど(笑)
やっぱりこの興奮はエアバトルじゃ味わえないんだよね。
ギリギリの攻防、予想外の展開を体感するからこそ味わえる興奮。
だからサトシは、挑戦者達は皆、フウロちゃんとの『実際のバトル』を望むんだよね。


最後は新技、ツバメ返しがヒットし、見事ケンホロウの勝利!
ツバメ返しの魅せ方がまたカッコよかった!
ケンホロウの瞳がスワンナを捕え、瞳孔がギュッと小さくなり、急スピードで接近!
カッコイイしか言ってないけど、本当にカッコよかった!
この技エフェクトが好き過ぎて、巻き戻して5回くらい見てたもん(笑)

トレーナーとポケモンの絆が生み出す奇跡。
最後の最後まで諦めず戦ったからこそ掴めた勝利。

サトシ、ジェットバッジゲットおめでとう!

これでついにバッジも6個目ですね!
私の観賞ペースからいけば、ようやく6個目ですが(笑)
うーむ・・・エピソードNどころか、シーズン2に入るのもまだまだ先になりそうだなぁ。
目標は今年の映画が放映されるまでにシーズン2に入る、だけどちゃんと達成できるだろうか・・・。


ところで、最後に気になった事が一つ。
「今度からはエアバトルじゃなく、ちゃんとしたバトルをする」と宣言してたフウロちゃん。
サトシとのバトルを通してバトルの楽しさを改めて知り、思い直してくれたのは良かったんだけど・・・。

結局のところ、デントの言う『ジムリーダーとはなんたるか』はフウロちゃんに伝わってない気がする。
確かにサトシとのバトルはフウロちゃんにとって予想外で、自分の予想を覆されて考えが変わったってのは分かるんだけど、結局フウロちゃんが分かったのは、『バトルの楽しさ』だけなんじゃないかなと。

というか、そもそもフウロちゃんはジムリーダーとしての信念を最初から持ってたのか、だよね。
さっき書いたように、きっとフウロちゃんはバトルが大好きなんだろうという事は分かったし、よりよいバトルをする為に研究するほどの熱意も持っている。
そして、実際にいいバトルをする腕も持っている。
けれど、ジムリーダーとしてトレーナーを導こう、みたいな気持があったかと言われれば、そう読みとれる部分は前回も今回も全然見えなかった訳で・・・。
これまでフウロちゃんは、『バトルを楽しむ事』を目的にジムリーダーやってたんじゃないかな、と思う。
だからこそ、バトルの楽しさを感じられなくなった挙句に、エアバトルを選択したのかな、なんて。

なので、この先サトシ以上に楽しいバトルをする相手が現われなかったらと考えるとちょっと心配でもあったり。
デントに勝つほどの実力を持つくらいだし、そんな相手がポンポン現れるとは限らない。
また飛行機の方の情熱が高くなった時に彼女がどうするのか・・・。

とはいえ、ジムリーダーとしての本来の役目は、『トレーナーと楽しいバトルをする事』ではなく、『バトルを通じてトレーナーとポケモンの絆を見極める事』、そして『トレーナーの可能性を引き出す事』なんだよね。
今後、色んなバトルを通じてフウロちゃんがその辺りをどう自覚していくのか。
ちょっとその辺も見てみたい気がするのですが・・・。
そのうちフウロちゃんも再登場してくれないかなぁ。

とりあえず、フウロちゃんにはいい先生・マイルさんが付いてるし、大丈夫だと信じてます!
フウロちゃん自身も「立派なジムリーダーになるよ!」と言ってたしね。


次回は、『願いの鐘祭り』なるお祭りに参加するお話らしい。

ケニヤンきたーーーーー!
しばらく出ないのかと思ってたから、これは嬉しい!
ダゲキさんにも会えるのがめちゃくちゃ嬉しい(*´▽`*)

しかし・・・あのコスプレはなんでしょうか・・・。
サトシのアデクさん、ピカチュウのバッフロンも気になるけど、一番気になるのはやっぱりあの人。

デントのあれ、カミツ・・・・・・いえ、なんでもありません(笑)



【追記】
そういえば!
オーキド博士のポケモンライブキャスター、シビルドンでしたね!
シビルドンといえばクダリさん。
しっかりばったり双子が映ってた事に喜び悶え、CM中ずっとじたばたゴロゴロしてました。

しかし、次回予告で一気にその喜びが吹き飛んだのは言うまでもない(笑)

スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2013/02/28 23:17】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(8) |
<<ナナシノゲエムプレイ日記15 | ホーム | ポケモン黒白プレイ日記3>>
コメント
>イーブイくん様
サトシ、無事6個目のバッジゲットしましたね!
フウロちゃんがエアバトルとか言い出した時には一体どうなるかと心配しましたが、無事バトルをしたうえでのゲットになった事にホッとしました(*´▽`*)
仰る通り、ケンホロウ同士のバトルが見れなかったのはちょっと残念でしたが・・・。

フウロちゃんもちゃんとバトルする事の楽しさを思い出してくれたようで良かったです(^^)
とはいえ、デントのいう『ジムリーダーのなんたるか』はまだ完璧に理解しきっていないのではないかと思うので、今後色んなバトルを通して、今以上にジムリーダーとして自覚していってほしいものですね。

では、コメントありがとうございました☆
【2013/06/13 23:04】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
サトシ6個目のバッジGETおめでとうございます。
フウロちゃんが和解してくれて良かったです。
ジム戦でピンチの時に進化して逆転勝ちはこれで2度目ですね。
AGのナギの時みたいにケンホロウVSケンホロウは見てみたかったです。
【2013/04/16 20:20】 URL | イーブイくん #1wIl0x2Y[ 編集]
>スイーナ様
フウロちゃん、考え直してくれて本当に良かったですよね(*´▽`*)
あんな燃えるバトルしちゃったら、もうエアバトルなんて言ってられないですもんねぇ。

とはいえ、デントの言う『ジムリーダーのなんたるか』をハッキリ意識した描写がないのが気になる所。
今後、ジムバトルを重ねていく上で、フウロちゃんなりのジムリーダーとしての拘りを見つけてくれるといいな、なんて思います。

アクアリング。
これ、本当にビックリでしたよね!
まさかアクアリングで電気を完全に弾いちゃうなんて一体誰が予想していたというのか(笑)
アニポケは本当に人の予想の斜め上の展開が上手いですよね。

ケンホロウ。
サトシのケンホロウ、本当にカッコよかったです(*´▽`*)
『♀の飛行能力は♂をも上回る』って所で凄くゾワッとして、ツバメ返しで瞳孔がきゅっと狭くなり、ロックオンした瞬間に感動が最高潮に達しました!
彼女の美しさ、逞しさ、勝利に、心から拍手です(*´▽`*)

アニメ飛行タイプジムリーダー。
ジムリーダーは皆、タイプ問わずに変わり者が多いイメージがありますが、言われてみれば確かに飛行タイプは抜きんでてますね(笑)
ハヤトさんしかり、ナギさんしかり、フウロちゃんしかり、皆一度見たら忘れられないだろうってくらい個性派な方々ばかりでした( ̄m ̄*)

ちなみに、私もハヤトさん大好きですよ~!
石田さんボイスですしね( ̄m ̄*)
ハヤトさんは初めて出会った時に、サトシとピジョットの背に乗って空を飛ぶのは最高に気持ちいいと意気投合していたのがとても印象的でした。

では、コメントありがとうございました☆
【2013/04/02 21:29】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
スイーナです!


フウロちゃん、しっかりジムをやるようになってよかったですよね!

アクアリングは驚きました。
水で電気を防いだ?!←みたいな

ケンホロウのかっこよさは異常なほどでした!

……ところで、「アニメ飛行タイプジムリーダー」って変わり者ばかりじゃないですか?

ハヤト…私服が袴、鳥ポケモンの気持ちを知りたい!→ハンググライダー(袴のまま)

ナギ…(大空の)神と更新、オオスバメに対する指示が細かい(右斜め40度にもういっぱーつ!!)

フウロ…大砲でブッ飛びーっ!、エアバトル


……そして、ハヤトに関しては私得でしかないという((笑


長々失礼しました!
【2013/03/27 17:42】 URL | スイーナ #-[ 編集]
>いちる様
私も最初、いちる様同様に『エスパーVS悪』だからワルビルのが相性いいじゃんと思ったのですが、フウロちゃんの「地面は飛行に当たらない」という一言で、『悪技も当たらなければ怖くない』という事かと思いなおしたんですよ。
アニメでは必殺「かわせ!」もありますし、飛行タイプは空を飛んでる分、アニメではより物理技が当たりにくい演出になってるように思います。

ピカチュウVSスワンナ。
こちらは相性バッチリだっただけに、負けちゃったことが本当に悔しかったですよね(><)
アニポケでは『相性をひっくり返すバトル』が度々描かれていますが、ピカチュウには是非勝って欲しかったものです。

ケンホロウ。
ハトーボーの進化シーン、本当にカッコよかったですよね(≧∇≦)
感想でも書きましたが、本当に鳥肌が立ちっぱなしでした!
♂をも上回る♀の飛行能力・・・出てくるかは分かりませんが、シューティーもハトーボーを持っていましたし、是非シューティーのケンホロウ(予定)とのバトルを見てみたいものです(^^)

フウロちゃん。
感想にも書きましたが、正直彼女がこのバトルを通じてジムリーダーのなんたるかまではキチンと理解出来てない様な気がしてます。
しかし、バトルにおける無限の可能性、それを自分が引き出した時の喜びはきっと伝わったはず!
マイルさんという優秀な先生も近くにいることですし、これからは自分なりにジムリーダーとしてのやりがいや楽しみを見つけ、フウロちゃんらしい良いバトルをしていってほしいものですね(^^)

最後に、本多さんについて。
私も訃報をニュースで知りましたが、正直現実に起こった事だとはすぐに理解できませんでした(><)
ナタネさんだけでなく、色んなアニメでお声を拝聴する機会の多かった方だけに、もう彼女の新しい作品を見る事は出来ないんだと思うと、本当に悲しいです・・・。
心からご冥福をお祈りしていますm(__)m

では、コメントありがとうございました☆
【2013/03/06 22:39】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
>AI様
ケンホロウ同士の対決、確かに見てみたかったですね~!
♀の飛行能力は♂を上回る・・・一体どれくらい凄いのか、実際に目にしてみたかったです。

ケンホロウといえば、確かシューティーもハトーボーを持ってたはず。
あの子は声的に♂かなと思ってるので、いつかシューティーのケンホロウ(予定)とサトシのケンホロウとのバトルをやってくれるといいですね!

新技は、個人的にツバメ返しのエフェクトが大好きだったので、ツバメ返しでいいかなと思ってます。

では、コメントありがとうございました☆
【2013/03/06 22:12】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
ココロモリとワルビル、ひこうとじめんとして考えると相性が悪いですけど、エスパーとあくと考えると相性いいからいけるかも、思った自分がいたんですが、発想がのんきすぎましたね。

ピカチュウはでんきタイプだからみずとひこうのスワンナには勝ってほしかったんですけどねぇ。
AGのヒワマキジムではスワンナと同じタイプのペリッパーと引き分けでしたし。

ハトーボー、もといケンホロウのゲットしてからの一番の見せどころすごくカッコ良かったです。
サトシのポケモンで2回進化したのはこれで7匹目ですね。

これからはフウロが本当に輝けるバトルをしてくれるといいなと思いました。祖父のマイルさんが言った「スワンナの純白の羽がくすんで見える」という言葉はそのとおりだと思ってたのでポケモンにとっても本当のバトルがいいと思います。

追伸
ジムリーダーと言えば、先月の18日にDPのナタネを演じた本多知恵子さんの訃報を聞いてショックを受けました。
【2013/03/01 15:23】 URL | いちる #-[ 編集]
キクノさんのカバルドンもそうでしたが
フウロのケンホロウもアニメでは♂でしたね
ゲーム通り飛行能力が上な事が言及されましたし
ケンホロウ同士の対決も見たかったですね。

何気にハトーボーがゲームでは覚えられない翼で打つを使ってましたね
ムックル系もゲームじゃ覚えられない風起こし使ってましたが

それと新技はブレイブバードに対抗する意味でゴットバードが良かったですかね
【2013/03/01 08:59】 URL | AI #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2095-fbb35bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。