おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
イケニエノヨルプレイ日記25
呪いの内容がどんどん鬼畜化してきた気がしてならない。


【イケニエノヨルプレイ日記25】


●ソノゴ・・・ 3.闇の廃トンネル(2周目)

▼時を刻む呪い
時とともに 呪いが侵食する 限られた時間を 無駄にするな


えーと・・・要は、チンタラやってねぇで猛ダッシュでゴールしろって事ですか?

走るな、敵が見えないときて、今度は時間制限

相変わらず鬼畜な呪いをかけてきやがりますね。
くっそ・・・時間制限とか、私が一番苦手なやつじゃねぇか・・・orz


とりあえず、スタートした瞬間にA連打!連打!!連打!!!
うおおおおおお上の血がどんどん下がってくる!これは焦る!
今回も最初に『絶対にうしろを振りかえってはいけません・・・・・・』って説明あったけど、そんな余裕ねーYO!

途中少女が書けていくのが見えたけどスルー。
「しぬの?」というメールが来たのも、立ち止まらずに走りながら開き、さっさとクローズ。
メールなんて悠長に読んでる暇あるかぁ!

そして、一番奥の行き止まりで『フリカエレ』という張り紙を調べ、回れ右。
振り返った先にはめっちゃイケニエ達が歩いてる・・・けど。
今はお前等にビビってる余裕ねーんだよおおおおと叫びながら、イケニエ達の隙間をぬって強引に突破!
途中でまた「しぬのね?」というメールが来たけど、これも走りながら開き、さっさとクローズしておきました。

しかし、今これ書きながらふと思ったんだけど、もしかしてメールって読まなくても進めたんじゃ・・・。
イケニエ達をすり抜け終わるまで開かなかったけど、別に何もなかったし。
うぐぅ・・・無駄な動きをしてしまった。

あと、ちょっと余談になりますが、気になって後から調べてみたら、「しぬの?」メールも、「しぬのね?」メールも、『?ISO-202-JP?B?』が差し出し人でした。
2周目のソノゴ1でもちょっと書いたけど、やっぱ少女はお姉ちゃんを助けようとしつつも、徐々に徐々にイケニエ達の影響でおかしくなってるっぽいなぁと思う。
意識を乗っ取られかけながらも、最後の力を振り絞って『あなた』に助けを求めてた少女。
きっと少女は最後の最後までお姉ちゃんの事を考えてくれてたんだろうね。
そして、死んだあとも尚・・・。
なんだか彼女の懸命さと健気さに涙が出そうになりました。


無事イケニエ達をすり抜け、ハシゴに到着。
上にイエローが見えてたり、近づいたらお姉ちゃんに変化したりしたけど、どうせ何も起こらないのは1周目で知ってるので、お構いなしに猛スピードで駆け登る『あなた』@プレイヤー。
左側に少女が出てるけど、消えるのを待たずに背後のハシゴへと突撃。
少女もまさかこんな勢いで飛び込んでこられるとは思うまいて(笑)

そのまま扉をくぐり、崖っぷちに立ってるイエローの所までダッシュし、ようやくゴール!

・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・。
キツかった・・・。
今回はマジで死ぬかと思った・・・。
『あなた』というより、私の右手が(笑)

しかし、今までで最短タイム叩きだした気がする。
あまりに焦ってて、ビビる事もなかったしね。
人って焦ってると恐怖すらも忘れる事が出来るんですね(笑)


最後のイエロー自殺シーン。
これは『ブルーが逃げ出した後の世界』だって事は分かってるんだけど、『あなた』がここに来るまでかなり時間はあったはずなんだし、ブルーが追いかけてきてここで止めてくれてれば・・・と思わずにはいられない。
結局ツクヨミの予言通りになっちゃってるんだもんね。

しかし、よくよく考えたら、ツクヨミの予言ですでに『イエローは死ぬ』と言われてたのに、よくまぁお姉ちゃんはイエローの体を乗っ取ろうと四苦八苦してたよね。
乗っ取ろうというか、性格には、呪いに変わってしまったツクヨミの力の継承だけど。
きっとイエローが死んじゃう前に、どうにかツクヨミの力を継承してしまおうと思ってたんだろうけど・・・。
とすると、実はお姉ちゃんは、ツクヨミでありながらも、ツクヨミの予言を覆そうとしてたって事になるのか。
そもそもツクヨミである事をあまりよく思ってた感じはしないし、そういうのも影響してたのかなぁ。

お姉ちゃんに関しては、肝心の性格が分かるような描写はあまりなかったので、一体どんな子で、どんな思いでツクヨミになったのかとか、つい色々考えちゃいますね。
どうせならもっとお姉ちゃんの生前についても知りたかったなぁ。


──────────


●ソノゴ・・・ 4.静寂の死体安置室(2周目)

▼迷う者への呪い
一歩進むたびに 呪いが侵食する 無駄な回り道をするな


迷子になる度に呪いが侵食するのかと思ったのに、まさかの歩数制限って・・・。

何度も言わせてもらうぞ。
どんだけ鬼畜なんですかこの呪いシリーズは。
歩数制限って、ある意味時間制限よりキツくないか?
ゲームでは定番の制限ではあるけど、よくもまぁそれをホラーゲームでやろうと思ったもんだよ。
ホラーで歩数制限って普通聞かねぇぞ。
スタッフの頭の柔らかさと、それを決断した鬼畜さにはホント度肝を抜かされますね(笑)


とりあえず、余計な歩数を使わない様、動きだす前に目的地への最短ルートを見極めてからスタート。

骸骨電波を拾う為のラジオを入手し、イケニエの動きを封じながら階段下へ。
イケニエの動きを見つつ、最短ルートを見極めつつ進んでいかなくてはならない。
ルート大体覚えてたからよかったけど、忘れてたら完全アウトだぞこれ・・・。
この呪い、このステージでは思ってる以上に大変かもしれない。

脳内で1周目ではどんなルートだったかを思い出しながら奥へと進んでいきます。
拷問部屋の奥の通路辺りにブラック父の書いた手記があるのも思い出したんだけど、それを取る為には途中でちょびっとだけ道を逸れなきゃいけないんだよね。
手記の内容は知ってるから、別に読む必要はないんだけど・・・。

・・・と、悩んだ末、たった数歩で取れるんだしと思い直し、一応ゲットしておきました。
多分、場所的に気付かなかったら気付かなかっただし、ゲットしなくても普通にゴール出来るんだろうけどね。

そういえばこの手記、1周目はまだ少女とブラック父の関係を知らなかったから「どういう事?」という疑問が先立ってしまって、あまり内容を理解出来てなかったけど、今見ると凄く切なくなってきますね。

ブラック父は、自分がイケニエになってしまうと自覚した後、少女に「かくれんぼをしよう」と嘘をつき、少女をどこか分かりにくい場所に隠れさせた。
その間に、自分はなるべく少女から、この家から離れようとした。
なるべくイケニエ化を食い止めるために。
万一イケニエになってしまっても、自分が少女を襲ったりしないように。
しかし最後の時になって、度々幻覚で見た自分の息子・ブラックへの想いが溢れだして止まらなくなり、せめてメッセージだけでもと思い、この手記を残したんでしょうね。
これがブラックの元へ届く事を願って・・・。

イケニエに選ばれた時に見える幻覚は恐らく、自分の大切に思っている人なんだと思うんだけど、ブラック父には自分の息子・ブラックの姿が見えてた。
きっとブラック父は優しい、家族思いのいいお父さんだったんだろうなぁ。
それだけに、自分のせいで追いこんでしまった少女を助ける為といえど、自分の家族を捨て去る決意をするという事は、彼にとって並々ならぬ苦しみだったのではないかと思う。
ブラック父責任感の強さと優しさを思うと、本当に胸が締め付けられますね。

この手記、結局ブラックのターンではゲット出来なかったんだよね。
この場所は通ったのに、ブラックがこれを読む事はなかったのかと思うとまた切ない・・・。


話がそれましたが元に戻して。
細い通路を通りぬけ、死体安置室へと到着。
ちょっと進むとイケニエが落ちてくるので、急いで戻って、細い通路の横穴へIN。
歩数制限があるのに戻らなきゃいけないって、精神的にキツイですね。
大丈夫なように出来てるんだろうけど、戻る=歩数ロスってイメージがどうも拭えない。

1周目ではここで追ってくるイケニエ達に何度も引っかかってしまいましたが、今度はしっかり3体全員やり過ごしてから、横穴から脱出し、再び死体安置室へ。
どこから湧いたのか分からないイケニエ達の隙間を潜り抜け、一旦奥にある愛しの骸骨ちゃんの元へダッシュ!
1周目でもビビったけど、ここ、2周目でも本当にすり抜けれるか凄い不安になりますね(笑)

最後は一番奥の扉に飛び込み、落ちてきたイケニエはスルーして奥で待ってる骸骨ちゃんと合流しゴール!

よかった・・・なんとか血が垂れ終わる前にクリアできた・・・。
もう画面ほとんど真っ赤だけどな(笑)
あえてギリギリで行けるようになってるのか、私の操作が悪かったのか。
前者だと信じたい(笑)


最後に、この骸骨銅像について少し。
イケニエの動きを封じる強い電波を出し、『あなた』を助けてくれたこの銅像達。

『4つの像・・・・・・あなたを助けてくれた強い思念は、一体誰のものだったのか・・・・・・かつて犠牲になったであろう4人の死者にあなたは心当たりがあるでしょうか・・・・・・』

↑この文を読んで、1周目ではイエロー以外の4人(ブルー、ブラック、ピンク、レッド)の事だと思ってたんですが、ブルーは現在も生きてるはずなので、ちょっと違うようですね。

現時点で死が確認されてるのは、ブルー以外だとちょうど4人。
あの銅像はまさか『イエロー、ブラック、ピンク、レッド』の4人・・・なのか?
『あなた』がイエローとブラックの死を目撃した後、この場所に来たんだとするなら、イエローとブラックも銅像に意志を宿して・・・ってのは出来るだろうし。

ただ一つ気になるのは、この銅像が『イケニエ1体に対し、1つ造られた』という点。
レッドとピンクはイケニエ化してたからいいとしてもですよ。
イエローとブラックは、『あなた』が目撃した限りでは、イケニエ化してないんだよね。

何よりも、ブルー達が来た時にはもうすでにイケニエの巣窟になっていたこの憑夜見渓谷。
ここで新たなイケニエが出来たとしても、もう銅像を作る人なんていなかったんじゃなかろうか・・・。
だとすると、イケニエ化したレッド&ピンクの為の銅像なんてものも存在するはずがない。
もしあの銅像が『誰の為のものか』決まっているんだとしたら、実はあの4体の銅像は、ブルー達5人とは全く関係ない人物なのではないだろうか・・・なんて。

4人の死者に心当たりといえばレッド達しかいないけど、上記の事を踏まえて考えると、どうも違う気がする。
銅像になって助けてくれそうといえば、ブラック父もそうだけど、だとすると他3人がいないし・・・。
これに関しては、結局謎は解けないままなんだろうか。
一体誰が助けてくれたのか凄く気になる。

とりあえず2周目をプレイしながら、それっぽい答えも探してみたいと思います。



スポンサーサイト

[テーマ:ゲームプレイ日記 | ジャンル:ゲーム]

【2013/03/07 23:59】 | イケニエノヨル | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<柚木ちゃんへ | ホーム | 難関突破!天空の塔を登れ!!>>
コメント
>rdrks様
返信が遅れてしまい、申し訳ありません(><)
初めまして!
訪問&コメント、ありがとうございます♪
rdrks様もイケニエノヨル、大好きなんですね!
同志様にお声をかけて頂けるなんて凄く嬉しいです(≧∇≦)

2周目クリア特典。
なんと!ブラックとピンクの関係に迫る何かがみれるんですか!?( ̄□ ̄;)
それは絶対に見なくては!

現在なかなか時間が取れず、クリアはまだまだ先になっちゃうかもしれませんが、最後まで頑張りたいと思います!

では、コメントありがとうございました☆
【2013/06/17 14:02】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
初めまして!!rdrksです!!
イケニエノヨル持っていませんが大好きです!!
2週目大変ですけどクリアのご褒美がなかなか良いですよー!!^^
ピンクのブラックに対しての言動が少しだけ分かったりします!!
ぜひぜひチャレンジしてみて下さい!!!
【2013/06/02 19:19】 URL | rdrks #Uh.Z9EPo[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/2098-885772ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。