おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
放課後はゴーストタイム!?
※日付遡って書いてます。


アニポケ見ました。肝試し回。

そういやゴーストで思い出したんだけど、アニメで『もりのようかん』って出てきてないなぁ。
ゲームだと女の子とおじいさんの霊出現したり、赤い目がこっち見てたりとなかなか面白いホラースポットになってるから、アニメだとどうなるのかちょっと楽しみにしてるんだけどな。
ロトムに関係あるからまだ取ってあるだけって可能性もあるけど。
いつかやってくれると嬉しいです。

さて、続きから感想です。


【放課後はゴーストタイム!?】


何だろうこの回。
サトアオとかリアル恐怖とか色々ありすぎて、素晴らしくお腹いっぱいです。
最後の予告なんか、あれはもう絶対・・・ねぇ?(笑)
語りたい事はいっぱいあるけど、とりあえず順番に書いていきます。


スクール5日目はゴーストポケモンとの正しい触れ合いという名目で肝試しを実施。

初っ端からサトアオきた。
予告でサトアオペアになる事は分かってたけど、まさかアオイちゃんからサトシを誘ってたとは・・・!
前回のボートといい、アオイちゃんの行動力には本当に驚かされます。
この時はまだ気になってるけどあんま自覚なくて、無意識にサトシばっか構っちゃうとかっぽいな。

・・・って、うぉぉぉ!何だその腕ガシッは!
アオイちゃん、普通に気合入れただけっぽくも見えるのに、サトシから腕絡めに行ってるし!
初っ端から美味し過ぎるだろコレ!
サトヒカハイタッチも好きだけど、サトアオのガシッもいいなぁ。

そうそう。ビックリといえば、タケシと組んだミツキ!
暗いところ苦手だから一緒に組んで欲しい、と言いながらモジモジするあの姿に思わずキュンとしました。
失礼ながら、こんな奴いたっけレベルのキャラだったのに、コイツこんなに可愛かったのか!
思わぬダークホース登場に思いっきりキョドりました。
この時の登り棒に寄りかかるタケシがまたカッコよくて、何かもう色々とヤバかった。私が(笑)

あと、今回やはりヒカリはモテるという事が判明。
コウヘイ以外にもヒカリを狙う男子がいたとは!思わぬ伏兵だったぜ・・・。
とりあえず、ヒカリの『背後に迫り来るむさ苦しい気配』発言には思いっきり噴き出しました。
そして、その直後のケンスケのセリフ。
「この上腕二頭筋はなんのため?どんなゴーストが出てもヒカリを守るため!
この大胸筋は何のため?ゴーストが怖くて飛び込んでくるヒカリを受け止めるため!」

オマケにご自慢の大胸筋をピクピク。
すこぶる止めて欲しい(笑)

もう一人の、元祖ヒカリを狙う男子・コウヘイは、謎の女の子に誘われ、催眠状態に。
この時は絶対ゴーストポケモンの仕業だと信じて疑わなかったんだけどなぁ。
この女の子についてはまた後ほどまとめて書きます。

最後に、ムサシが選んだのは親衛隊男子のあのメガネっ子。
何か手帳見ながら計算したり、ニャースにゴーストポケモンに変装するよう言ったり、相変わらずの負けず嫌いっぷりだなぁ。
ポケモン奪うとかよりスクールで優勝する事の方が目的になってきてるような・・・(笑)


それはさておき、夜になり早速肝試し・・・もとい、プログラムがスタート。
さり気なく、しっかりスタッフやってるコジロウがカッコいい!
こういうの見ると、ロケット団って普通に働くほうが性にあってるんじゃないかと思う。

さて、赤組の第一組目はサトシ&アオイちゃん。
勝手にこのペアはトリとして最後だと思ってたんだけど、一番最初だったんですね。
「怖い時は正直に言えよ。オイラが守ってやるぜ!」なんて、アオイちゃんってばなんと逞しい。
でも『怖い時は~』なんて言ってる割に、二人共『肝試し』っていうより、純粋に『ゴーストポケモンとの触れ合い』として楽しんでるように見える。
サトシなんか、怖がるどころかゴーストポケモンへの対応が素晴らしく大人びてたし。
「ごめんな」って言い方がまた優しくて余計カッコよく見える!
サトシってホント、こういう咄嗟の判断が上手くなってきたなぁ。

この時、アオイちゃんがハッとした様なというか、意外だったみたいなというか、とにかくそんな感じの表情してたのは、そんなサトシをさらに見直したからだといい。
「コイツ、ただの熱血野郎かと思ってたけど、こんな対応もできるんだ」みたいな。
そうやって少しずつサトシに惹かれていけばいいさ。


その頃、スタート地点では、タケシ&ミツキが出発。
ダークホース・ミツキくんの素敵発言がこんな所でも・・・!
「何かあったら守ってくださいね~」
ウッカリ大文字にしちゃうくらいビックリした。
そんな可愛い声でそんな可愛い事言わないでください。
危ない妄想に走るじゃないか(笑)


一方、青組のスタート地点では、10人全員出発したはずなのに、少女が一人遅刻。
これもあの霊少女の仕業なのかなぁ・・・。
よく考えると・・・いや、よく考えなくても不自然な点が多いんだよね。

まず、他の人とペアを組んでいたなら、相手の子が出発前に気づくはず。
つまり、遅刻した子は誰ともペアを組んでいなかった事になる。
だとすると、何故遅刻した子はペアを作らないままいたのか。
極め付けが、高々10人しかいない中、見知らぬ子が混ざっていて何故誰も気づかなかったのか。
そして、遅刻した理由が寝坊。

これってつまり、霊少女がこの子を眠らせて成りすましてたって事?
何気なく聞き流してたけど、よく考えたらそこまで手の込んだ仕掛けしてたんだ、あの子・・・。
うっわ怖っ!何気に本気で怖い話に出てきそうなパターンじゃないか!
今リアルに背筋ゾクッとした!


戻って、タケシ&ミツキペア。
驚かしてきたゴーストポケモンにミツキはビビるけど、その隣にはものすごく冷静な男が一人。
別段驚きもせずに、いつもどおりポケモンフーズを与えるなんてさすがタケシ!
一緒にいるのが気の弱いキャラな分、余計に大人っぽく見える。

そしてヒカリ&ケンスケ・・・てか、ケンスケはやはり期待を裏切らない奴だった。
こういうキャラって真っ先に逃げるタイプだよなーって思ってたら案の定やってくれました。
上腕二頭筋や大胸筋はヒカリのためだけど、ヒラメ筋はヒカリの為じゃなかったんですね(笑)

仕方なく一人で行こうと決意するヒカリ。
すぐ近くをコウヘイが一人歩いて行くのに気づいてたけど、女の子は見えなかったのかなぁ?
身長の関係で見えなかっただけって風にも見えるんだけど、どうなんだろ。

あと、コウヘイが霊少女に誘われるがまま、崖から飛び降りそうになったのにはビビりました。
いつもだったらゴーストポケモン達の悪戯程度だから、こんな命の危機に陥る事なかったのに・・・!
本気で命狙ってくるとか、本気で怖いから!
ポケモンだと思って甘く見てたぜ・・・。
ホント、ヨノワールに助けられなかったらどうなってた事か・・・。

あ、ヨノワールといえば、ヨノワール出現時の音楽がダークライ音楽でした!
この音楽カッコよくて好きなんだよなー。
まさかこんな所で使用してくれるとは!音響スタッフに感謝です。


一方ニャースは、サトシ達を脅かすためジュペッタに化けて待機してたけど、変装に手こずって失敗。
そしてあの霊少女、ニャースまで引き連れていこうとしてましたね~。
こっちもヨノワールに助けられて難を逃れたけど、本当に手当たり次第だなぁ。

ヨノワールがタケシ達に攻撃したのはこのまま肝試しを続けるのは危険だと知っていたからだろうな。
ダークライ音楽使われてるだけあって、なんかダークライと被るなぁ。
本当は皆を守ろうとしてたのに、最初は誤解されてる辺りなんか特に。
こんなん言ってたら、何かダークライ映画見たくなってきた。


その頃、サトシ&アオイちゃんはもうすぐ頂上という所まで来てました。
でもムウマに驚かされて逃げ回った後、迷子に。
いつもみたいに「なんだとー!」って突っかかっちゃうアオイちゃんを、「そんな事より」って軽くスルーしちゃうサトシが良かった!
取り乱さずに自分達の置かれてる状況をちゃんと把握できてる所が素敵です。
最近のサトシって本当に、状況分析上手くなってきたな。
熱くなって良い場面と冷静にならなきゃいけない場面ってのがちゃんと分かっててスゴイ!

そこへ、あの霊少女が現れ、サトシ達に「こっちよ」と手招き。
「なんだ、そっちか」 「助かった~」 「じゃあ案内してもらおうぜ!」
明らかに怪しいのにバッチリ信じちゃう二人。
サトシならやってくれると信じてたけど、アオイちゃんもやっぱり信じちゃうんですね。
さすが似たもの同士(笑)


スクールの方では誰もメダルを取らずに帰ってきた事を不思議に思ったナナカマド博士が、帰ってきた生徒達全員から話を聞き、あのヨノワールについて色々と推測中。
博士によると、この辺りのゴーストポケモンは皆、研究所で管理しているポケモンばかりで、その中にヨノワールはおらず、また、野生のヨノワールもこの辺にはいないとの事。
ただ、先日の遺跡修復工事の際、ちょっとした事故があり、とある洞窟が発見されたらしい。
ナナカマド博士はその洞窟が伝説の『霊界の入口』で、ヨノワールがそこから誰かを霊界に連れて行こうとしているのではないかと推測。

結果としてあのヨノワールは良い奴だったけど、博士が心配するって事はもしかして、図鑑にある『人を霊界へ連れて行く』って感じの事件が本当にあったのかなぁ?
私的に、図鑑のあの説明文は、『頭のアンテナで死んだ人の情報(霊界からの電波)を受信し、その魂を霊界に連れて行く』って事だと思ってたけど、本当はどうなんだろう。
今回のヨノワール見てたらその説が有力だと思うんだけど、はっきり『死んだ人』なんて書かれてる訳じゃないから、生きてる人間を死へ誘うヨノワールもいるんだろうか・・・。
ポケモンって本当、奥が深いなぁ。


さて、霊少女に案内され、サトシ&アオイちゃんは無事遺跡へ到着し、メダルをゲット!

そしてサトアオのダブル『ゲットだぜ!』。

何ですかこの可愛い子達は。
「そのポーズカッコいいなー」 「じゃあ一緒にやるか?」じゃねぇよ、もう。
二人で一つのメダル持って、一瞬背中合わせになって、最後はまるで二人の愛の結晶かの如く前へ突き出したあの決めポーズ。
そして二人のノリノリウキウキなあの笑顔!
何コレ・・・私の魂を霊界に導くための罠ですか?萌え死ねと仰るのですか?
望むところだ(笑)

ついでにサトハルの半分こコンテストリボン思い出してさらに悶えました。
あれもスゴイ良かったなぁ。


盛り上がる二人に、霊少女がさらに手招きをし、洞窟へと誘う。
今この子完璧に飛んでたのにそこはスルーなんだね、二人共(笑)
そしてやっぱり疑わずに付いていこうとする天然コンビ。

そこへヨノワールが現れ、二人を制止。
でも、少女に攻撃しようとするのを見て勘違いした二人は、ヨノワールに攻撃。
ヨノワールが倒れたのを見てニヤリと笑う霊少女。
こういう演出って本格ホラーによくあるなぁとか思いつつも、この時はまだゴーストポケモンの仕業だと思って余裕で見てたのになぁ。

少女の後ろの洞窟が怪しく歪み、サトシ達を中へ引きずり込もうとする。
同時に、少女の声もおじさんの様な声に豹変。
ちょっ・・・ゴツいってか、怖っ!おっさんボイスめっちゃ怖っ!!

でもそんな恐怖すら綺麗サッパリ吹き飛ばす萌えシーンが!
飛ばされそうになるアオイちゃんの腕を、しっかりと掴むサトシ。
サトシの服を引っ張り、一生懸命サポートするピカチュウ&コリンク。
そして今回一番の名言。

「俺は諦めないぞ!この手は絶対離さない!」

サトッ・・・サトシッ!カッコよすぎるだろお前!!
離さないって!離さないって!!
しかもアオイちゃんの体が浮くほどの引力にも耐えるあの腕力&根性!
そりゃアオイちゃんも落ちるわ!
あまりの萌えに、思わず「霊少女ナイス!」とか叫んじゃったぜ(笑)
こんなピンチシーンをあんな笑顔で見る羽目になるとは・・・。
恐るべしダイパ(笑)


サトシ達のピンチを救ってくれたのはやっぱりヨノワール!
サトシ&アオイちゃんをしっかり抱きしめながら守ってくれてる姿にスゴイキュンキュンしました!
ヨノワールカッコいいなぁ。
そして、そのまま霊少女に攻撃!
霊少女は洞窟(霊界)の中に消え、洞窟も落石で完全に入口が塞がれ、これにて一件落着。


それにしても、あの女の子が本物の幽霊だったというオチにはかなり驚愕しました。
何が一番怖かったかって、こういう話をポケモンでやるって所だと思う。
途中でも書いたけど、最初見たときはゴーストポケモンの悪戯だと思てたのに・・・。
まさかこんなオチが来るなんて思ってもみませんでした。
あのヨノワールはやっぱり霊界の番人だったんだろうな。
洞窟が発見された事でこの世にいてはいけないモノが飛び出し、霊界の番人が探し回ってたって感じ?

あと、これは私の考えすぎだと思うけど、少女が引き込もうとしてたあの洞窟。
紫色に歪んだあの空間が、何気にディアパルのいたあの世界を彷彿とさせました。
もしかしてギンガ団の動きによる時空の歪みとか関係してたりするんだろうか・・・。
前回のナナカマド博士の発言(ネオラントのやつ)も気になるし、サマースクール編はただの番外編だと思って見てたけど、実は本編にも関係してくるのか?
ポケモンファンによるとアオイちゃんもそのうち再登場するみたいだし、ただの番外編じゃないのかも。


さて、次回はサマースクール最終プログラム。
サトシがバネブーに乗っ・・・・・・えぇぇぇぇ!?
バババ、バネブーって人が乗っても大丈夫だったのか!
いや、スゴイ衝撃映像だ。

そしてもう一つ、かなりの衝撃映像が!

サトシの笑顔にアオイちゃんが頬を赤らめてた・・・!

くほぉぉぉぉ!マジでサトアオ・・・いや、サト←アオきた!
どうしようコレ!どうしようコレ!
いつもの様にサトシの特性『鈍感』が発揮されて、全く気づかずに終わりとかなりそうな気もするけど(笑)

もうホント、素敵過ぎるぞサマースクール編!

スポンサーサイト

[テーマ:ポケットモンスター | ジャンル:アニメ・コミック]

【2008/10/06 23:52】 | ポケモン | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ボブって誰だ・・・ | ホーム | 第43話 「さまよえる石像」>>
コメント
>kivaxtuto様
ジンダイさんのポケモンはどの子もかなり強いですからね~!
それプラス、ヨノワール自体が元々強ポケの分類に入るポケモンですから、伝説のポケモン達にだって負けないレベルの強さを発揮するに違いないと思いますよ(^^)

では、コメントありがとうございました☆
【2010/10/26 11:55】 URL | 米神鈴音 #-[ 編集]
*今更のコメントどうもスミマセン

あのサトシのリザードンを破ったジンダイさんのサマヨールがヨノワールに進化したら
レジ3体にも負けない実力になりますかねぇ~
【2010/10/26 08:47】 URL | kivaxtuto #DLhE2T5I[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/649-84e3872b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。