おままごとにっき
自作サイト『おままごと』の管理人日記。 自由気ままに書きなぐってます。 本家サイトもついでに覗いてもらえると嬉しいです。
おままごと
↑『おままごと』本家サイト↑

【 注 意 】
※このブログは腐女子が書いているので、腐的発言がいつ飛び出すか分からない事をご了承ください。
※腐女子に嫌悪感を抱く方は、閲覧するしないは自己責任でお願いします。
読んだ後に文句を言われても、対応しかねます。
※原作者様・出版社様、その他もろもろの団体様などとは一切関係ありません。
※不適切な発言・行為やミスなんかを発見されましたら、注意・忠告してくださると嬉しいです。
※諸事情で連絡なしに日記が止まる場合があります。
※管理人が「これはちょっと・・・」と判断したコメントは容赦なく削除させていただきます。
※コメントも不特定多数の方が読まれる可能性があります。ネットマナーはお守りください。
※下ネタは、『管理者にだけ表示を許可する』という欄にチェックを入れ、非公開設定で投稿ください。

下ネタ云々に関して詳しく書いてあります → コメント投稿時の注意事項
こちらの記事も読んでいただけると嬉しいです → 腐女子発言について

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
鬼太郎
※遡り日記


友人と映画『ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』見に行ってきました。
最近リメイクされた方のアニメは全然見てないんだけど、小さい頃から好きだったアニメです。

何気に、ぬりかべさんが一番好きです。
UFOキャッチャーでぬりかべさんぬいぐるみ欲しさに何千円も粘っちゃうくらいには(笑)

そうそう。入場者特典として、占い付きストラップが貰えました。
3人で行ったので3つ貰えたんだけど、友人がわざわざぬりかべさんを探して私にくれたんだぜ!
ひゃっほう!ありがとう!
ちなみに、残る2つは目玉のおやじと一反木綿でした。


さて、続きから映画感想です。
時間が経ちすぎたので、覚えてるところだけ。


【ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!】

●あらすじ
「ゲゲゲの鬼太郎さん、私を助けてください……」妖怪ポストに手紙が届いた。差出人は風祭華。最近、彼女の身の回りで怪奇な事件が起こっているのだ。だが鬼太郎たちが到着する直前、華は妖怪・鏡爺によって鏡の中にひきずりこまれてしまった。さらに鏡爺は、ネコ娘たちを全国各地へ吹き飛ばすと、鬼太郎を鏡の世界へ閉じ込めた!なんとか鏡爺を破り、鏡の世界から脱出する鬼太郎。しかしそんな中、遥か太古に閻魔大王が封印したはずのヤトノカミが、甦りはじめる。閻魔大王をも苦しめる、妖怪を超えた存在・ヤトノカミ。その復活の鍵を握るのが華だと知った鬼太郎は、彼女を守るため、日本を救うために立ち上がる。世界中の妖怪たちも注目する中、全国各地から日本妖怪四十七士が集結!ゲゲゲの鬼太郎史上最大の、見たこともない妖怪大バトルがついに始まる!
(goo映画より)


──────────


本編感想の前に、思いっきりビックリした事から。

ヒロイン・風祭華ちゃんの声が小林沙苗さんだった!

他にも、ブックマンやらミスター・サタンやらオーキド博士やらポケダンのピカチュウやらと、聞いた事ある声がいっぱいだったんだけど、ソレより何より小林さんの出演にビックリ。
最後のスタッフロールで小林さんの名前が流れていくのを見ながら思わず、
私「・・・奥さん、今の見まして?」
友「えぇ、バッチリ目撃しましてよ」
なんて、何ともマダム的会話を繰り広げたものです。


それはさておき、鬼太郎は2008年で40周年だったらしく、冒頭で新旧キャラが大集合してました。
野沢雅子さんとか戸田恵子さんなど、昔の鬼太郎の声優さんも出てて凄い豪華だった!
それにしても、昔と今のを比べると随分絵柄も変わったんですね~。
猫娘を見てると、スタッフによる萌え追求の一面が垣間見えるようです(笑)


本編。
人間同士の繋がりが希薄になった事がヤトノカミ復活の原因になる、という発想が面白かった!
大人になるにつれ、子供の頃持っていた大切な心が失われていく。
人と人との繋がりが淡白なものになっていく。
まさに現在の人間模様を表した映画でした。

そんな中、華ちゃんと華ちゃんのお母さん、そして華ちゃんのお母さんと鏡爺のやりとりには目頭を熱くさせられました!
鏡爺の言葉で大切な事を思い出したお母さんが華ちゃんを助けるため、自ら危険に身を晒すシーン。
切れたと思った繋がりでも、ちゃんと取り戻せるんだって感じがして、本当に泣けた!


でも、そんな感動シーンで一つ気になることが。

鏡爺とお母さんの会話終了後、鏡爺は鏡の中へ。
その鏡に映った華ちゃんの姿を見たお母さんは思わず駆け出し、鏡へ激突。
しかし、母の一念岩をも通す。
お母さんは鏡に無理やり入り込み、何とか華ちゃんを救出する事に成功。

鏡に激突した時点で、鏡の中への入口は閉じたと思ってたのに、まさかの展開でした。
私にはどう見てもお母さんが自分の力で鏡に入り込んだように見えたんだけど、本当はどうなんだろ?
鏡爺の力を借りたのか、自分で入り込んだのか・・・。
後者の場合、母の一念岩をも通しすぎなので、できれば前者である事を祈ります(笑)


あと、最後に鬼太郎が皆の力を借りてヤトノカミを倒すシーン。
「日本爆裂」なんていってたけど、まさか本当に日本型の攻撃が飛んでいこうとは・・・。
そこはもっとこう、違う形に変化させるというか・・・例えるなら、かめはめ波みたいに光線系じゃないんかい、みたいな(笑)
思わずツボって笑ってしまったぜ。


まぁ突っ込み所もありましたが、総評すると感動もできたし凄く面白かったです!
映画はもう終わってた気がするけど、DVDとかで見ても損はないかな。

スポンサーサイト

[テーマ:腐女子の日記 | ジャンル:アニメ・コミック]

【2009/01/11 23:07】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<必殺技名なんか叫べるわけがない | ホーム | 紅い蝶クリア!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://komesuzu.blog88.fc2.com/tb.php/746-486121e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

米神鈴音

Author:米神鈴音
【誕生日】3月15日
【生息地】富山県
【サイト】おままごと  
【傾 向】笛、Dグレ、セラムン、ツバサ中心。
     お題配布も少々。
【FC2プロフ】プロフ画面へ

++おえび++

□■Web拍手(現在:Dグレ)■□

このサイトを登録 by BlogPeople

BlogPeopleガチャガチャブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

Blog People
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。